EXILE 関連記事

  • FANTASTICS、「Sunshine City Christmas Party!」点灯式に参加

    FANTASTICS、デビュー前の心境語る ミニライブに1500人

    エンタメ

     ダンス&ボーカルグループ・FANTASTICS from EXILE TRIBEが8日、東京・池袋サンシャインシティで行われた「Sunshine City Christmas Party!」のウェルカムツリー点灯式に参加。12月5日に迫ったメジャーデビューに向けて意気込みを語った。@@cutter FANTASTICS from EXILE TRIBEは、2016年12月29日に結成。去年と今年は「夢者修行」と題し、全国各地で公演を行い技術を上げてきた。リーダーの佐藤大樹は「計2回の“夢者修行”、どちらも違う課題があった。公演が終わるごとに皆で反省会をして、次の公演で課題をクリアできるように毎日繰り返していた修行だった。いまは財産になった」と自信たっぷりに振り返った。  昨年行われたボーカルオーディションで、3万人の応募者の中から八木勇征と中島颯太が加入。そして来月、待望のメジャーデビューが待ち構えている。現在の心境を聞かれた八木は「まだ見ぬ世界に僕たちの高揚感がある。チャレンジする気持ちがすごく強い。デビューしてからも進化できるように頑張っていきたい」といい、中島も「“夢者修行”で学んだこと、チームとしていろんな困難を経験した。全てをデビューに向けて頑張ってきたので、これからも新しい時代を作っていけたら」と気合十分に語った。  点灯式後にはミニライブが実施され、メジャーデビュー発表後、初の単独ライブとあって会場にはファン約1500人が集結。デビュー曲『OVER DRIVE』と収録曲『WHAT A WONDER』の2曲をパフォーマンスし、会場は悲鳴にも似た歓声に包まれていた。

  • 『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』にて

    本気モードのEXILE、本性が丸裸に…今夜放送『魂のドッキリ映像SP』

    エンタメ

     今夜放送の『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』(TBS系)で、岩田剛典、関口メンディーらEXILEのメンバーが大掛かりなドッキリを仕掛けられることが分かった。@@cutter まず、同局の人気特番『最強スポーツ男子頂上決戦』の落下するボールに向かって走りタッチできればクリアという「ショットガンタッチ」を舞台に、落とし穴ドッキリを計画。  競技が“スポーツ男子落とし穴頂上決戦”状態になっているとは知らず、黒木啓司、佐藤大樹、白濱亜嵐、世界、橘ケンチ、NAOTO、NESMITHの7人が本気で挑戦する。本気モードから突然開いた穴へと一直線、いきなり“地獄”に落とされたメンバーが見せる表情に注目だ。  また、非の打ち所のないイケメン・岩田を危機的状況に陥れ、本当の人間性を探る企画も。イリュージョン企画で、先輩・ATSUSHIが入ったBOXがそのまま爆破されるという危機に直面した岩田の行動を探る。  さらに、先日プロ野球の始球式で133kmの剛速球を投げたメンディーに、メジャーリーグ入団という夢あふれるドッキリを敢行。夢のオファーから入団会見までの1か月に完全密着し、スタジオ収録と同時進行で入団会見に臨んでいた関口に史上最悪のネタバラシを行う。  ほかにも、EXILEメンバーが乗ったタクシーが突然ドリフト連発の大暴走する企画や、楽屋にメンバーのそっくりさん、予想外の動物などさまざまなドッキリを用意する企画で、EXILEの人間性を丸裸にしていく。  『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』はTBS系にて9月12日20時放送。

  • 岩田剛典

    岩田剛典「20代でやりたい事は成し遂げた」【ドッキリ企画インタビュー】

    エンタメ

     EXILE、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーにとどまらず、俳優としても著しい活躍を見せる岩田剛典。そんな彼が、9月12日放送の『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』(TBS系)でドッキリの餌食に…。クランクイン!では、番組に協力して岩田にインタビューを実施。ドッキリとは知らず、真面目に取材に答えてくれた岩田に、復活したEXILEのことや、パフォーマとして俳優として、まい進する日々で生まれた変化を聞いた。@@cutter 今年5月、約2年半ぶりにステージに復活したEXILE。岩田はそのときのことを「EXILEの曲の持つパワーや、復活を持ってくださっていたファンの思いを肌で感じました」と振り返る。現在は9月15日からスタートする全国ツアーに向け、リハーサルを重ねている彼は、「日が近づくにつれ、みんなの集中力も研ぎ澄まされてきていて、よりチームワークを感じます」と語る。  「15人体制になった今、僕がずっと憧れていたEXILEの初期メンバーはATUSHIさんしかいなく、EXILEという在り方も常に変わってきてる。新しい形のエンターテイメントをお届けできるツアーになると思う」。  2010年に三代目JSBのメンバーとして芸能界入りした岩田。2014年にEXILEに加入し、さらに俳優業を本格化してから仕事のスタンスが変わってきたという。  「最初はいろいろしないといけないと気負う部分があったけれど、今は三代目でもEXILEでも、いい意味で意識していない。一人ひとりがEXILEで、僕は役者のときも“一人EXILE”だと思っていて。みんな各々の役目があるし、そこに尊敬できる関係値もある。僕がやったことがEXILEになっていくので、今は自分の好きなようにやっているだけです」。  俳優としては主演作が続いているが、手応えはまだ感じないという。「お仕事が続いていくことはありがたいですが、納得がいく芝居ができたとは感じていなくて。表現者として、もっともっと質の高いものを届けたいという思いがあるので、自分の存在意義を常に探してる感じですね」。  俳優業での経験自体が、岩田に大きな影響を与えているんだとか。  「監督や演者さんとの出会いは一期一会で、僕はそれが何よりも自分の財産になると思っていて。作品によって現場の空気やできるものは違うけど、皆が一丸となって1つの作品を作ろうと奮闘するのは同じ。最高に好きな仕事の工程なので、そういう座組の中に自分が1ピースとして参加できることにものすごくやりがいを感じるんです。またそれで誰かに感動を与えられたり、もしかしたら誰かの人生を変えるかもしれない。これからも突き詰めたいです」。 @@separator 仕事にストイックな岩田だが、表に出るとき以外は無になるそうだ。  「人が変わったようで、本当にフラットかも(笑)。仕事でも、取り繕うと疲れるので、基本的には肩肘張らずなるべく自分らしくいれるようにって心掛けてはいます」。  来年、30代に突入するが、20代最後の1年で試みたいことを聞くと「30代、40代の準備」という回答が。「29才の間に何かを成し遂げたいという思いはないです。自分の中でやりたいことは成し遂げたと思えているので。30代は、モノを作る側の仕事にも挑戦したい」と意気込む。  以前、「スーパースターになりたい」と言っていた岩田だが、今はどんなスーパースター像を抱いているのかを聞くと、意外な答えが。「実はスーパースターという言霊にすることで、その言葉に自分が追いつくように努力する環境を自分で作り出しているんです。そうすることで、社会や人のためになれると思える仕事ができたらいいし、そこに力を注いでいきたいんです」。  今回の特番は、15人体制になってから初のバラエティーに。「自分たちも手探りの状態ですが、皆さんに楽しんでいただけるコンテンツを作れるように頑張りたい」という岩田。何においても全力で取り組むところが、彼が多くの人に愛される要因なのかもしれない。(取材・文・撮影/高山美穂、ヘアメイク/下川真矢)  『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』はTBS系にて9月12日20時放送(番組内容に変更の可能性あり)。

  • 『PRINCE OF LEGEND』(上段)主題歌を歌うm‐flo、(下段左から)コラボする片寄涼太、川村壱馬、吉野北人

    『PRINCE OF LEGEND』の主題歌はm‐flo 各チーム曲には片寄涼太らも参加

    映画

     片寄涼太や佐野玲於らが参加する“プリンスバトルプロジェクト”『PRINCE OF LEGEND』において、ドラマと映画の主題歌をm‐floが担当することが決定した。片寄は「80年代の音楽が軸にありながら、m‐floさんらしい雰囲気もある楽曲で『PRINCE OF LEGEND』の世界観にとてもはまっていると思います」と絶賛している。@@cutter 『PRINCE OF LEGEND』は、すべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶えるプロジェクト。今をときめくイケメンが集結し、連続ドラマや2019年春公開予定の映画などを通じて“伝説の王子誕生”を描く。10月から日本テレビで放送開始となる連続ドラマで流れる楽曲には、“80年代ミュージックカルチャーへのオマージュ”というテーマが設けられており、m‐flo書き下ろしの主題歌『Piece of me』も、m‐flo節に80’s感を落とし込んだキャッチーな楽曲となっている。  本作には「Team奏」や「Team京極兄弟」など個性豊かなチームが登場するが、その各チームのテーマ曲も全てm‐floがプロデュースを行い、80年代に大ヒットした洋楽をカバー。チーム曲には、本作で“セレブ王子”朱雀奏を演じ、グループとしても今年初となるドームツアーを開催したGENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルである片寄、同じく“ヤンキー王子弟”を演じた川村壱馬、“ダンス王子レッド”を演じた吉野北人も参加する。  m‐floの☆Taku Takahashiは主題歌の発表に際して「作品の楽曲のテーマである“80’s感”をm‐floなりに80年代の懐かしさ、キュンとするものを入れることにこだわりました」とコメント。片寄は「チーム曲でのコラボは、自分としても新しいチャレンジになりました。THE RAMPAGEの2人とともに、作品に華を添えるような楽曲になったように感じます。作品に登場する各チームの雰囲気にあった楽曲になっていますので、そのあたりも楽しみにして頂ければと思います」と話している。  ドラマ『PRINCE OF LEGEND』は、日本テレビにて10月3日より毎週水曜24時59分放送。映画『PRINCE OF LEGEND』は、2019年春全国ロードショー。

  • TBS特番『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』収録後囲み取材にて

    関口メンディー、メジャーリーガーに!? 粉まみれで「早く帰りたい…」

    エンタメ

     関口メンディーが29日、TBS系列のバラエティ番組『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』収録後の囲み取材に、EXILEメンバーと共に出席。ドッキリ企画で粉まみれになったまま「早く家に帰ってシャワーを浴びたい」と終始うなだれていた。@@cutter 同番組は、EXILEの再始動を記念し、メンバーの見たことのない表情を初出しするドッキリ特番。豪華ゲストやEXILEメンバーが仕掛け人となり、数々のドッキリを試みる。  囲み取材には、関口の他にATSUSHIやAKIRA、TAKAHIRO、岩田剛典、白濱亜嵐、橘ケンチ、黒木哲司、TETSUYA、NESMITH、SHOKICHI、NAOTO、小林直己、世界、佐藤大樹が出席した。  ドッキリ企画の一つで、ATSUSHIのピンチに遭遇した岩田は「完全に策にハマりましたね。『スタッフ、何やってるんだよ!?』と。夢にもドッキリだと思わず、本当に『ATSUSHIさんをどうしてくれるんだ!』という気持ちで頭がいっぱいでした」とドッキリを受けたときを振り返った。  一方、先日始球式で球速133km/hを記録したことから、大谷翔平も所属するロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムにスカウトを受け、アーティスト活動との“二刀流”で入団するという本格的なドッキリを受けたばかりの関口は、粉まみれで報道陣の前に登場。「早く家に帰ってシャワーを浴びたい」とぼやきながら「HIROさんのメールの言葉とか説得力があって…」と回想した。  移籍会見に仕掛け人の1人として同席したAKIRAは「セットが嘘くさかったんですけど(笑)、メンディーが入ってくると本当に会見場なんじゃないかと思えるくらい緊張感が漂ってきて。メンディーもオーラを発しているし、記者の人も本物に見えて、本当にメジャーリーガーに見えてきた」と口に。  それについて関口は「会見前に大谷選手でイメージトレーニングしていたんで。でも向こうは(入団会見を)海外でやっているのにおかしいですよね、そこに気づかなかった。クオリティーの差に驚きです」と本音をこぼした。  さらに、入団会見と同じように「現在の心境を漢字一文字で表すとどうなるか」と問われた関口は「今は…“帰”」と回答。帰宅願望を熱烈にアピールして、メンバーの笑いを誘っていた。  『魂のドッキリ映像SP EXILE史上最悪の1日』は、TBS系列にて9月12日20時より放送。

  • ドラマ『PRINCE OF LEGEND』メインビジュアル

    片寄涼太、佐野玲於…王子がいっぱい『PRINCE OF LEGEND』連続ドラマ化決定

    エンタメ

     『HiGH & LOW』シリーズをプロデュースしたHI‐AXチームが手掛ける“プリンスバトルプロジェクト”の連続ドラマ『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系/毎週水曜24時59分)が、10月3日より放送されることが決定。ドラマでは王子たちが“トップオブザプリンス”を目指して戦うきっかけが描かれる。@@cutter “女の子”として生まれたすべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクト“プリンスバトルプロジェクト”。片寄涼太や佐野玲於をはじめとする今をときめくイケメンが集結し、このたび放映される連続ドラマをはじめ、2019年春公開予定の映画『PRINCE OF LEGEND』、さらにゲームやライブ、イベントなどメディアを横断して、“伝説の王子誕生”を描いていく。  総資産数兆円と言われる朱雀グループの御曹司、朱雀奏(片寄)はすべてにおいて気品が溢れる“セレブ王子”。ある日、父の紹介で下町ヤンキー界のカリスマである“ヤンキー王子”こと京極尊人(鈴木伸之)と出会う。住む世界も性格も真逆の二人だが、あることをきっかけに“大切なもの”をかけて戦うことに。  しかし、そこには尊人の弟・京極竜(川村壱馬)、生徒会長王子・綾小路葵(佐野)、ダンス王子レッド・天堂光輝(吉野北人)、先生王子・結城理一(町田啓太)、美容師王子・嵯峨沢ハル(清原翔)らも参戦。14人の王子は、それぞれのプライドをかけた”プリンスバトル”を展開していく…。  ドラマの放送決定と併せてビジュアルも初公開。スーツ姿のかっこいい14名の王子たちが、何かに向かって走っているような疾走感あふれるデザインに仕上がっている。  ドラマ『PRINCE OF LEGEND』は、10月3日より日本テレビ系にて毎週水曜24時59分放送。

  • 追悼の長文コメントを出した岩田剛典

    FANTASTICS中尾翔太さん、22歳で死去 同郷の岩田剛典らEXILE TRIBEが追悼

    エンタメ

     FANTASTICSの中尾翔太さんが6日午前7時23分、胃がんで死去したことを8日、所属事務所が公式サイトで発表した。22歳での早すぎる旅立ちに、追悼の声が続々と上がっている。@@cutter FANTASTICSは、EXILEのメンバーである世界と佐藤大樹を中心に2016年に結成されたダンスグループ。中尾さんはパフォーマーとして活動し、2017年にボーカル2人が加わって9人グループとなった。  体調不良を訴えた中尾さんは、精密検査で胃がんが発見された。3月3日に公表をして、治療に専念するため活動を休止していた。家族やHIROをはじめとするEXILE TRIBEの総力サポートで闘病に当たる中、FANTASTICSは全国ツアーに「夢者修行 FANTASTICS 9」と銘打ち、8人が9人分の思いでパフォーマンス行っていた。  中尾さんの訃報に、メンバー全員で毎日のように連絡を取り合い、「必ず翔太は助かる、完全復活する」と信じていたというリーダーの佐藤は、「悔しいことに誰も想像していなかったタイミングでその時はきてしまい 大事なメンバーである翔太に二度と会うことが出来なくなってしまいました」と公式サイトにつらい心中を告白。  「正直、9人揃ったパフォーマンスをまだ一度も出来ていないこと 日頃から応援くださり待ち続けてくださった皆さんの前でステージに上がらせてあげられず何もする事の出来なかった僕たちは心底悔しいです」としつつ「一度も弱音を吐かずに病と闘い続けた翔太」に「最高の景色を見せられるように俺たち8人は頑張るね」とメッセージを送っている。  また、「EXILE mobile」にはMAKIDAI、AKIRA、黒木啓司、橘ケンチ、白濱亜嵐、関口メンディー、USA、岩田剛典、SHOKICHI、TAKAHIRO、NAOTO、松本利夫、ATSUSHI、TETSUYA、NESMITHら先輩たちや、後輩であるBALLISTIK BOYZのEXILE TRIBEメンバーからメッセージが更新されている。  中尾と同郷の名古屋出身である岩田は、「22歳というあまりにも早く、残酷な現実に自分もショックで言葉を失いました。残念でなりません」として11歳か12歳の頃に初めて会った中尾さんを「キッズ時代から群を抜いてセンスと才能があった」と回想。  ドラマ撮影終了翌日に見舞った際に「いま1番の娯楽はテレビでLDHメンバーが活躍する姿を観れることだと言っていて、何より『崖っぷちホテル!』を毎週楽しみにしてくれていると言ってくれました。彼の声は自分にエンタテインメントの世界で生きる意義を改めて気付かさせてくれました」「痩せてしまったその身体つきからは考えられないような強靭なハートで最後の最後まで戦い抜いた翔太に、心の底からのリスペクトの気持ちでいっぱいです」と語っている。 引用:http://m.ex-m.jp/    https://www.ldh.co.jp/management/fantastics/

  • (左から)『音楽の日』に出演する宇多田ヒカル、中居正広

    中居正広&宇多田ヒカル、10年ぶりトーク実現 『音楽の日』出演者発表

    エンタメ

     中居正広が総合司会を務める7月14日放送の『音楽の日』(TBS系/7月14日14時)に、宇多田ヒカルが出演することが分かった。同局で、かつて中居がとんねるずの石橋貴明と司会をしていた『うたばん』以来10年ぶりに、中居と宇多田のトークが繰り広げられる。@@cutter 震災復興への願いを込めて、2011年からスタートした同番組。8回目を迎える今回は、「アノ日の歌」をテーマに、約13時間にわたる生放送となる。誰の心の中にもある「あの日、あの時の歌」をコンセプトに、各地を中継で結び、音楽で日本中に元気を届ける内容だ。  宇多田は、ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』のイメージソング『初恋』を披露するほか、中居と10年ぶりにインタビュートークを展開する。  また、毎年行われる恒例の合唱企画では、東京・赤坂、北海道、福島、広島、沖縄、台湾を結んだ6元中継を行い、EXILEの代表曲『道』を、EXILE ATSUSHIとEXILE TAKAHIROが、400人を超える子どもたちと大合唱する。  併せて第一弾として、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、E‐girls、ももいろクローバーZ、WANIMA、Perfume、SEKAI NO OWARI、DA PUMPなど、23組の豪華アーティストの出演も発表された。  『音楽の日』は、TBS系にて7月14日14時放送。

  • “再会”した初恋の人にも高速ツッコミを忘れない…トークの得意なEXILE/NAOTO

    三代目NAOTO、元彼女と“再会”し涙ぐむも予想外のオチ

    エンタメ

     三代目J Soul Brothers/EXILEのNAOTOが、6日放送の『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系/毎週水曜19時)に出演。中学時代の“元カノ”と番組を通して再会し、目を潤ませる場面があった。@@cutter 彼が当時恋をしていたのが、クラスメートの岩永さん。「中1年から3年間好きだった」「一目惚れに近かった」というNAOTOは、ある女子から「岩永さん、片岡(NAOTO)のこと好きらしいよ」と言われて「生まれて初めて心臓キュッと」なり、「既に両想いなんだ」と岩永さんの家に突撃した。  だが、岩永さんの返事は「うん、ありがとう」という微妙なもの。NAOTOのことは気にはなっていたものの、「ある先輩のことも気になっていた」という彼女にあっさりフラれてしまったのだ。その後も岩永さんを思い続けていたNAOTOは、中学3年生で無事に岩永さんを“初彼女”にすることができたが、別の高校に進学したため、高校1年生の夏頃に自然消滅してしまったという。  番組スタッフが彼女に連絡を取り、真相を直撃したところ、「中3の時にだんだん好きかも…と。面白いし、いろいろ良いところも見えて来て…3年ぐらいにやっと気づき始めた」と告白。破局後は「結構引きずっていた」そうで、「かなり好きだったので。やっぱりずっと忘れられなかった」と語った。  19年ぶりに、好きだった子を見つめるNAOTOは「あんま変わってない」とうれしそう。現在は銀行で働いている彼女の現状が語られると、NAOTOは目をウルウルさせ、今にも泣きそうだった。  だが番組スタッフから「三代目メンバーだったら誰が好き?」と聞かれた岩永さんは、食い気味に「ガンちゃんです」。今までしみじみとVTRを見ていたNAOTOは「オイ!! 早いな!」と苦笑いしていた。

  • 始球式で133kmの剛速球を投げてなお悔しがっていたEXILE/GENERATIONSの関口メンディー

    関口メンディー、始球式で133キロに「我ながら助っ人外国人感ぱない」

    エンタメ

     GENERATIONS/EXILEの関口メンディーが5日、東京ドームで行われた巨人×楽天戦の始球式で133キロの球を投げたときの様子を自身のインスタグラムにアップ。似合いすぎるユニフォーム姿とその投球スピードに「プロじゃん!」「本当に助っ人外国人みたい」「選手名鑑のってそう」「すごいというかもはや面白い」「やばいファンになりそうです」と話題になっている。@@cutter この日はGENERATION from EXILE TRIBE全員でパフォーマンスを披露した後に、一人ユニフォーム姿でマウンドに向かった関口。「小さい頃から野球をしていた身として本当に光栄な経験をさせて頂きました」と人生初の始球式に挑むも、「結果は133kmで目標の140kmには届かず悔しい思いをしたので次回リベンジで140km投げたいです」という高すぎる目標設定を明かし、ユニフォーム姿のバストアップ写真を投球の動画と写真をアップした。  自身でも「#我ながらユニホームが似合い過ぎ」「#助っ人外国人感ぱない」「#顔がガチ」「#爆笑」「#目指せ140km」「#ちなみにポジションはサードでした笑」とハッシュタグを入れた通り、似合いすぎるユニフォームと始球式とは思えない目標設定に各方面から称賛とツッコミが殺到した。  ほか、小さい頃に東京ドームで観戦経験があるというメンバーの佐野玲於は「うちの関口くんが始球式にて133キロを記録しました。流石ですw」「133キロの剛速球を投げた関口選手」とツイッターやインスタグラムのストーリーでコメント。同じくメンバーの白濱亜嵐や三代目J Soul BrothersのNAOTOも自身のインスタグラムのストーリーに「始球式で133km投げる男」「助っ人外国人? #抑えの切り札」として関口の動画をアップ。  自身も野球経験があり、元中日選手、現広島のコーチである山田和利を父に持つ俳優の山田裕貴も関口のインスタグラムに「すごい!!!」とコメントを寄せている。 引用:https://www.instagram.com/mandy_sekiguchi_official/    https://twitter.com/sanoreofficial

  • 川村壱馬の秘密を暴露する鈴木伸之 ※『PRINCE OF LEGEND』公式インスタグラム

    『プリレジェ』インスタに注目! “王子”たちの秘密を“王子”が暴露!?

    エンタメ

     2019年春公開の映画『PRINCE OF LEGEND』公式インスタグラムが、フォロワーが増えるたびに出演者が出演者の秘密を動画で公開する企画を実施。現在、劇団EXILEの鈴木伸之、THE RAMPAGEの藤原樹、長谷川慎がTHE RAMPAGE川村壱馬の、EXILE/GENERATIONSの関口メンディーが同じくGENERATIONS佐野玲於の秘密を公開し、ファンの間で盛り上がっている。@@cutter 本作は、2014年から2017年にかけて大ヒットした『HiGH&LOW』シリーズを手がけたスタッフが、映画、ドラマ、ゲーム、ライブ、イベントなど各方面に展開する新プロジェクト。“王子が大渋滞”というキャッチコピーで、注目の若手俳優たちがチームに分かれてバトルを繰り広げていく。  13日、公式インスタグラムのフォロワーが5万人を突破した記念に“王子”キャストが別の“王子”の秘密を暴露していく企画がスタート。  第1弾の鈴木は、劇中で弟を演じる川村について「壱馬は焼肉屋に行くとユッケを一人で5人前食べます。あいつは食いしん坊です。カルビも大好き。カルビ食ってユッケ食ってカルビ食ってユッケ食って…あいつは果てしないです」とささやかな秘密を暴露。「だからこれからあいつのことをインスタグラムに乗っけるときは #ユッケ王子 でお願いします」と締めくくった。  7万人を突破した14日には、関口メンディーが、同じGENERATIONSメンバーの佐野について「よく(一緒に)お酒を飲むんですけど…ま、たまにですね、お酒を飲んで酔っ払ってくると『メンディーお前頑張ってるな』と。あの“塩”の会長が“砂糖”の部分を見せてくれます」と佐野のツンデレ対応を穏やかに微笑みながら報告した。  8万人突破の15日に登場した藤原と長谷川は、鈴木に続き川村の秘密を暴露。「壱馬さんの下着、めっちゃ派手です。派手パン王子です」「…確かに(笑)」と、メンバー同士ならではの秘密にファンは大盛り上がり。  それぞれ「ユッケ王子かわいい」「リアル兄弟に見えた」、「めんめん親子エピありがとう」「玲於くんなんだかんだメンさんのこと大好きだもんね」「塩王子は砂糖になっても上からなんですね」、「いつまこむり強すぎ…」「まことちゃんが壱馬の下着派手言うたあとの笑うとこくそかわいい」といった反響が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/prince.of.legend/    https://twitter.com/PRINCELEGEND_PR    https://twitter.com/therampagefext

  • 女優のアリシア・ヴィキャンデルとライリー・キーオと共演するという小林直己

    EXILE小林直己、アリシア・ヴィキャンデルの相手役でハリウッドに

    映画

     EXILE/三代目J Soul Brothersの小林直己が、リドリー・スコット製作総指揮の映画『アースクエイク・バード(原題)』でハリウッドデビューを果たすという。オスカー女優アリシア・ヴィキャンデルと、ライリー・キーオの相手役を務める大役だ。Deadlineが伝えた。@@cutter 3月に映画化が伝えられた本作は、日本在住経験のある英作家スザンナ・ジョーンズが2001年に発表した同名小説が原作。東京と佐渡島を舞台に、日本在住の英国人女性ルーシーとリリー、そしてカメラマンの日本人男性・禎司(テイジ)の三角関係から発展する殺人事件を描く。  アリシアが容疑者ルーシー、ライリーが被害者リリーを演じる。また、映画『高慢と偏見とゾンビ』の俳優ジャック・ヒューストンが、東京をベースに音楽活動している英国人ミュージシャン役で出演することが決まっている。監督兼脚本は映画『アリスのままで』のワッシュ・ウェストモアランド。彼はちょうど作品の背景となっている時期に1年間、日本に留学していたという親日家だ。  2015年から英語の勉強を始めたばかりにもかかわらず、2016年のモントリオール世界映画祭授賞式ではナチュラルに英語スピーチをこなし、通訳までできるようになっていた小林。映画はこの5月より東京や佐渡島などで撮影が始まる予定。

  • 映画『Vision』に出演する、(左上から時計回りに)岩田剛典、夏木マリ、田中泯、美波、森山未來

    岩田剛典、河瀬直美監督『Vision』に出演 美波、森山未來、田中泯、夏木マリと共演

    映画

     三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が、フランスの名女優ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏がダブル主演する河瀬直美監督の映画『Vision』に出演することがわかった。さらに、美波、森山未來、田中泯(特別出演)、夏木マリが出演することが発表された。@@cutter 本作は、世界中を旅しながら紀行文エッセイを執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ(ビノシュ)が、とあるリサーチのために訪れた奈良・吉野で山守の男・智(永瀬)と出会い、文化の壁を超え、次第に心を通わせていく姿を描く。  岩田は智と同じ“山守”として、山で生きている青年・鈴(リン)を演じる。スタントなしで実際にケヤキの木に登るなど、果敢に撮影に挑んだ岩田は、「河瀬組は役者にリアルを追求する現場だったように思います。英語で芝居をするのも初めての経験でした。撮影現場でアドリブの芝居を求められることが多かったのもとても印象深いです」と撮影を振り返る。  ジャンヌのアシスタント・花を演じる美波は、「河瀬監督の世界の一部になれたこと、長年の憧れの存在であるジュリエット・ビノシュと共演ができ、本当に嬉しいです」と喜びのコメント。岳(ガク)という猟師に扮する森山は「朝の光を浴びて、起きようとする一歩手前の浅い眠りの中でふっと陥ってしまう一瞬の、でもずっと見ていたくなる夢、のような時間でした」と作品に対する思いを表現。猟師の源(ゲン)を演じる田中は、「映像の仕事の中で、嗅ぎとり感じとるべき表現が現場にあるというのは、私にとって初めての体験でした」と語っている。  河瀬組初参加となる夏木は、智とジャンヌの運命を導くアキという老女を演じる。ビノシュは、夏木との共演するシーンのファーストカットの際、「あのマリという人はどんな俳優なの?」とスタッフに尋ね、自らの携帯で夏木の情報を検索するなど一目を置く存在だったという。夏木は「ビノシュの自然な演技を近くで拝観して興味深かったです。死ぬかと思ったこともありましたが、仕上がりがとても楽しみです」とメッセージを寄せている。  映画『Vision』は2018年に全国公開。

  • 『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』より、コブラ(岩田剛典)

    『HiGH&LOW』最終章、SWORD各リーダーたち&エリの新場面写真が到着

    映画

     累計興行収入45億円、累計入場者数350万人を突破した映画『HiGH&LOW』シリーズの最終章『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』から新たな場面写真が6枚解禁された。@@cutter 本作はドラマ、配信、コミック、SNS、アルバム、ドームツアー、映画と数多くのメディアやエンタテインメントを巻き込み展開するプロジェクト『HiGH&LOW』の映画シリーズの最終章。SWORDのメンバーや琥珀、九十九、雨宮兄弟が最強の敵・九龍グループに立ち向かっていく様を描く。    今回新たに公開されたのは、SWORD各リーダー、コブラ(岩田剛典)、ROCKY(黒木啓司)、村山良樹(山田裕貴)、スモーキー(窪田正孝)、日向紀久(林遣都)、そしてエリ(鈴木梨央)が映された場面写真。  SWORD壊滅行動が遂行され、コブラ、ROCKY、村山良樹、スモーキー、日向紀久がそれぞれの場所で打ちひしがれる表情のビジュアルとなっている。さらに、エリがたった一人で佇む場所は一体どこなのか。衝撃的な展開を予測させるかのような一枚となっている。  映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』は11月11日より全国公開。

  • 『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』第1弾完成披露イベントにて

    岩田剛典、『HiGH&LOW』生コン飲込みシーンをネタばらし「ゴマ豆腐使った」

    映画

     三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が31日、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』の“超”完成披露試写会 FIRST MISSIONに出席。予告編でも披露された、生のコンクリートを口から飲まされるシーンについて「あれ、ゴマ豆腐なんで、ご安心を」と笑顔でネタばらしした。@@cutter 同作は、LDHが展開する「HiGH&LOW THE MOVIE」シリーズの最終章。政府と結託する九龍グループは、SWORDを壊滅し、無名街でカジノを建設することを企てる。そして山王連合会が分裂寸前に追いやられるなか、一堂に会したSWORDのメンバーや琥珀、九十九、雨宮兄弟が負けじと九龍グループに立ち向かっていく様を描く。  山王連合会総長・コブラ役の岩田は「この三年間、楽しい撮影もあったんですけど、つらい撮影もあった。いろんなことを経験させてもらいながら、最終章、完結編をお届けてできる日まで至ったのは大きな経験になった」と感無量の様子。今作について「伏線も回収されている。エンドロールを見たときにグッときてしまった。今までの歴史が感じられる、今までで一番感動できる作品」とアピールした。  また、予告編でも披露された生のコンクリートを飲まされるシーンは「あれ、ゴマ豆腐なんで、ご安心を」と笑顔でネタばらし。会場を安堵の笑いで包んだ。  黒崎会・会長の黒崎君龍に扮した岩城滉一は、岩田との対峙シーンを振り返って「顔が近くて『かわいい~!』と思った」と告白。岩田を横目にしながら「ここのところ番宣でほとんどずっと一緒にいた。だいぶかわいさに慣れてきた」と明かし、ほほ笑んだ。  雨宮兄弟の次男・雨宮雅貴を演じたTAKAHIROは、本作のアクションについて「どんどん期待値が高まる作品」と評価。「その期待にお応えできるように、アクションチームと取り組んできた。1カットを長回しで撮るシーンがあって、集中力がとんでもなく費やされた。あと画面で雰囲気を出すために、現場もホコリとかすごい感じ。撮影が終わって、鼻の穴から一握りくらいのホコリが出てきました」とジョークを飛ばし、共演者を笑わせていた。  今回の試写会には岩田やTAKAHIRO、岩城のほか、AKIRA、青柳翔、橘ケンチ、小林直己、小野塚勇人、加藤雅也、笹野高史、高嶋政宏、木下ほうか、中村達也、早乙女太一、HIRO(企画プロデュース)、久保茂昭(総監督)、中茎強(監督)、平沼紀久(脚本)の18名が出席。最終章を迎え、感極まった久保総監督が目をうるませる一幕もあった。  映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』は、11月11日より全国公開。

  • 白濱亜嵐ファースト写真集『TIMBRE』

    白濱亜嵐、初のソロ写真集発売決定! DVD付きでメイキング動画も収録

    エンタメ

     白濱亜嵐(EXILE、GENERATIONS from EXILE TRIBE)のファースト写真集『TIMBRE(ティンバー)』が11月21日に発売が決定。表紙画像(仮)&先行カットと、白濱の「色々な僕のこだわりだったり、すごく好きなものがつまった写真集になっています」といったコメントが到着した。@@cutter ファッションアイコンとしてもワールドワイドに活躍する白濱が「TIMBRE」(音色)をキーワードにインスパイアされた世界観をプロデュースした本作。パンキッシュなスタイルから、モード感と躍動感が溢れるスポーティなコーディネートまでを網羅し、セクシーかつやんちゃな一面ものぞかせるファン必見の一冊に仕上がった。  さらに、本人初の約2万字インタビューでは、自身のルーツからGENERATIONSに至るまでのエピソードを完全収録。付属のDVDでは、写真集のメイキング動画はもちろん、本編には収録されていない、南の島で自然体の姿を見せる白濱に迫った未公開画像も初公開される。  GENERATIONSデビューから5年間の集大成ともいえる本作について、白濱は「TIMBREとは音色という意味なのですが、白濱亜嵐という音を様々な音色で表現させて頂きました」と解説。「今の24歳の自分を感じて下さい」と等身大の自分が写っていることをアピールしている。  白濱亜嵐ファースト写真集『TIMBRE』(1850円・税別)は、徳間書店より11月21日発売。

  • ドラマ『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』に出演する岩田剛典

    岩田剛典、『世にも奇妙な物語』初出演&初主演!運命の恋テーマに「あったらいいな」

    エンタメ

     岩田剛典が、人気ミステリードラマ『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』(フジテレビ系/10月14日21時)の第1弾出演者として決定。EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのメンバーでもある岩田は、俳優としても活躍。今作で、本ドラマシリーズの初出演、初主演となる。@@cutter 岩田が出演する作品は“運命の恋”をモチーフにした「運命探知機」。『世にも奇妙な物語』ならではの究極のラブストーリーで、運命の恋を信じきれない独身男性の不器用な心の動きを岩田が演じる。また、主人公の“運命の人”となるヒロインには、女優の石橋杏奈が決定。浅香航大、玄理、丸山智己ら個性派俳優も名を連ねている。  “運命の人、運命の恋、永遠の愛”を信じきれない29歳の独身男性・和泉涼平(岩田)は、ある日、腕時計のような機械を拾う。音が鳴りやまないその不思議な機械。思わず装着しようと腕に当てると、ベルトが勝手に巻き付きロックされ、「運命探知機ヲ、起動シマス」と機械音が…。  「小さい頃から、その季節が来ると楽しみにしてきた風物詩的なシリーズでした」とこのシリーズの印象を語る岩田は「子供心をとてもくすぐられた記憶があって、そういう作品に携われるチャンスをいただけたのは本当にうれしいです」と出演の喜びを明かす。  撮影に充実感も覚えた一方で、“運命の人、運命の恋、永遠の愛を信じられますか?”と問われ、「あるわけないとは思わないです。あったらいいなっていう思いはありますし、心のどこかで“運命の恋”があったらすてきだと思います。もしも“運命探知機”があったら、その指示に従って“運命の人”に出会ってみたいですね」と返答。ロマンチストな一面ものぞかせている。  『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』は、フジテレビ系にて10月14日21時放送。

  • 入籍を発表したEXILE・TAKAHIROと武井咲

    EXILE・TAKAHIROと武井咲が入籍!来春、第1子出産予定

    エンタメ

     EXILEのメイン・ヴォーカルを務めるTAKAHIROと女優の武井咲が、1日、入籍をしたことを連名のFAXで発表した。武井は現在、妊娠しており来春出産予定。また現段階では挙式、披露宴の予定は決まっておらず、会見を行う予定はないという。2人は「これからも、感謝の気持ちを大切に、お互い尊重し合いながら、今まで以上に成長できるよう、ますます精進して参ります」とコメントしている。@@cutter 2人は2014年1月期ドラマ『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で共演。翌年3月に同ドラマのスペシャル版が放送された直後に2人の熱愛が報じられたが当時は交際を否定していた。  TAKAHIROは、武井と共演した『戦力外捜査官』で俳優デビューを果たし、ユニット・ソロでのアーティスト活動とともに俳優活動も行っており、先月19日に公開された出演映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』は公開週に興行収入ランキング1位を獲得。  武井は現在、ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)で主演を務め、視聴率は第6話までの放送すべて2桁をキープ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。10月からはディーン・フジオカとのW主演ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)の放送が控えている。 <結婚発表コメント 全文> 日頃から皆様方には大変お世話になり、誠にありがとうございます。 突然ではございますが、 私共、EXILE TAKAHIROと武井 咲は、 本日入籍致しましたことご報告させて頂きます。 そして、同時に、新しい命を授かることとなり、 来年の春には大切な家族がひとりふえることになります。 あまりにも急な発表になってしまい、 日頃お世話になっております多くの関係者の皆様に 多大なるご迷惑をおかけしてしまいましたこと、 心よりお詫び申し上げます。 ドラマの現場で出会い、 仕事仲間そして友人としてお付き合いをしていく中で、 お互いの人柄に惹かれ、結婚を前提にお付き合いをするようになりました。 これまでの時間の中で、 お互い切磋琢磨し、刺激を与え合い、支え合いながら同じ志を持ち、 約2年半の月日を過ごして参りました。 これからも、感謝の気持ちを大切に、 お互い尊重し合いながら、 今まで以上に成長できるよう、ますます精進して参ります。 お世話になっている関係者の皆様、 日頃から自分たちを応援してくださっているファンの皆様、 本日までご報告できなかったこと心よりお詫び申しあげます。 まだまだ未熟な二人ですので、今後とも、何卒よろしくお願い申しあげます。 急なうえ、簡単ではございますが、書面にてご報告とさせて頂きます。 平成29年9月1日 EXILE TAKAHIRO 武井咲

  • 岩田剛典、『ダンケルク』クリストファー・ノーラン来日記者会見にて

    岩田剛典、『ダンケルク』ノーラン監督からのサプライズに「ムチャクチャ嬉しい!」

    映画

     三代目 J Soul BrothersおよびEXILEメンバーの岩田剛典が24日、都内で行われた映画『ダンケルク』の記者会見に出席し、『インセプション』以来、7年ぶりの来日を果たしたクリストファー・ノーラン監督と初対面。同監督作品の大ファンを公言する岩田は、「表現者である前に、1人のノーラン・ファン。今日は本物にお会いできて凄く光栄です!」と興奮気味に語った。@@cutter 本作は、第2次大戦にて遂行され、史上最大の救出作戦として未だに語り継がれる「ダンケルクの戦い」を壮大なスケールで映画化した実録戦争アクション。海の町・ダンケルクを舞台に、絶体絶命の窮地に追い込まれた英仏軍40万人の救出劇を活写する。ノーラン監督は、本作製作時に、自身が尊敬するスティーヴン・スピルバーグ監督から『プライベート・ライアン』の35mmのプリントを借りて、戦争がもたらす“異質な緊張感”を参考にしたとのこと。  いち早く作品を鑑賞した岩田は、「実話を基に映画化したということで、いい意味でノーランっぽくない作品なのかな? と思っていたんですが、(実際に観たら)紛れもなくノーラン節だった!」と称賛。さらに、「映画が始まって5秒くらいで一気に戦場に連れて行かれた。VR体験というか、自分があたかもそこにいるかのようでした」と本作への思いがどんどんエスカレート。興奮のあまり、危うくラストシーンに言及しそうになった岩田は、「あ、ネタバレになっちゃいますね! 危ない、危ない…」と自ら規制し、ノーラン監督が苦笑いする一幕も。  また、かねてからノーラン監督を「頭の中を覗いて観たい人NO.1」に挙げていた岩田は、その理由について、「ハリウッドで商業映画として、常に自分の作りたいものを作っている稀有な監督。その才能が羨ましくて」と説明。するとノーラン監督は、照れながら「優しい言葉をありがとう。ただ、監督というのは、何一つ、秀でてなくていいんです。やりたいことをやるために、才能ある人たちを集めて束ねるだけ。カメラで言えば“レンズ”だね。しっかり焦点を合わせて、ヴィジョンを明確にすることが仕事だと思っている」と謙虚に答えた。  会見終盤には、ノーラン監督から、本作の完全オリジナル脚本に直筆サインを添えて岩田にプレセントするというサプライズが。予想外の出来事に岩田は、「メチャクチャ嬉しい!」と感激の言葉を口にしながら、思わずノーラン監督と熱いハグを交わし、喜びをあらわにした。  映画『ダンケルク』は9月9日より全国公開。

  • クリストファー・ノーラン監督と対面する岩田剛典

    岩田剛典、『ダンケルク』ノーラン監督の魅力を語る映像「頭の中を見てみたい」

    映画

     三代目 J Soul BrothersおよびEXILEのメンバーである岩田剛典が、映画『ダンケルク』のクリストファー・ノーラン監督と対面することが決定し、岩田が作品の魅力を語る映像も到着した。岩田はノーラン監督との対面に向けて「楽しみ過ぎます。映画に出してくれなんて懇願しちゃおうかな、なんて思ってます」と意気込みを語っている。@@cutter 第二次大戦にて遂行され、史上最大の救出作戦として未だに語り継がれる「ダンケルクの戦い」を描く本作。ファン代表としてノーラン監督と対面を果たす岩田は、テレビCMにも出演。彼が作品の魅力を語るCMは、ノーラン監督自らが認めて制作された、世界で唯一の日本オリジナルの映像となっている。  「日本でもヒットした『インセプション』と『インターステラー』を観て、それでもう完全にノーランファンになりましたね」とノーラン監督の虜になったきっかけを明かす岩田は、ファンになった理由について「『どうやって撮ったんだろう』と思うところです。シナリオが緻密に組まれているので、『この人の頭の中を見てみたいな』って思うナンバーワンな人です。(笑)」と語る。  『ダンケルク』については「最初の10分から本当に圧巻でした。普通の映画だったらあれがクライマックスですよ、あれが2時間ずっと続く映画って無いです」と絶賛。ノーラン監督との対面に向けては「楽しみ過ぎます。映画に出してくれなんて懇願しちゃおうかな、なんて思ってますけど。(笑)そういう監督の生の声を聞けるチャンスって本当に無いと思うんですよね。これだけ人気の監督ですし、これから先世界中飛び回るんだろうし。そういう作品を作れる力のある監督とこういう形で接点を持てるというのは、幸せに思います」と喜びの気持ちを語っている。  映画『ダンケルク』は9月9日より全国公開。

  • 岩田剛典、バイクにまたがる“ワイルド”ショットに「後ろに乗せて」と反響 ※「岩田剛典」インスタグラム

    岩田剛典、バイクにまたがる“ワイルド”ショットに「後ろに乗せて」と反響

    エンタメ

     三代目J Soul Brothers、EXILEのメンバーである岩田剛典が、17日に自身のインスタグラムを更新し、バイクにまたがるワイルドなソロショットを公開した。ファンからは「岩ちゃんかっこいい」「単車、めっちゃ似合ってます」などの反響が寄せられている。@@cutter この日の投稿で、19日公開の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』のオフショットらしき写真を公開した岩田。同作は、5つのチームの頭文字を取った「SWORD地区」と呼ばれるエリアを舞台に、覇権を争う男たちの闘いを描いた作品で、岩田は劇中のチームの一つ「山王連合会」の総長・コブラを演じている。  アップされたモノクロ調の一枚には、アメリカンスタイルの大型バイクにまたがり、ジャケット姿でサングラス越しにこちらを見つめる岩田の姿が写されており、日ごろの爽やかな笑顔とはイメージが一変した“ワイルド”な一面を披露している。  この投稿に対してコメント欄では、「普段の岩さんとちがう感じがしてすごい好き」「カッコいい…魅力的な写真」「でた、イケメンテロ!」「後ろに乗せて」など、ファンからの絶賛の声が相次いでいる。 引用:https://www.instagram.com/takanori_iwata_official/

  • 岩田剛典、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』完成披露プレミアイベントに出席

    三代目・岩田剛典、まさかの結婚宣言!? 天然ボケに『HiGH&LOW』キャストも爆笑

    映画

     映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』の完成披露プレミアイベントが9日に都内で実施され、岩田剛典、TAKAHIRO、登坂広臣らが登壇。現場で印象に残っていることを聞かれた岩田は、バースデーケーキをウェディングケーキと言い間違える天然ボケを炸裂させ、会場を大いに沸かせた。@@cutter 5つのチームの頭文字をとって、「SWORD」地区と呼ばれるエリアを舞台に、覇権を争う男たちの闘いを描く本作。山王連合会の総長・コブラ役の岩田は、同グループのメンバーに現場で誕生日を祝われたことを報告。さらに「その次の現場で、まさかの久保(茂昭)監督とアクション監督の大内(貴仁) 監督が、撮影用の大型の車に、ちっちゃくウェディングケーキを乗っけて(お祝いしてくれた)」とニッコリ話す岩田だったが、すかさずNAOTOに「ウェディングケーキではないですよね?(笑)」と突っ込まれると、「あ~!間違えちった」と照れ笑いを見せた。  一方、ムゲンの琥珀役を務めたAKIRAは、九鬼源治役の小林直己について、「声がかけられないですよね(笑)」と役作りを絶賛。最強の兄弟・雨宮兄弟の雅貴を演じたTAKAHIROも、「緊張しました」と笑顔を見せ、広斗にふんした登坂も、「今回の作品は源治さんの迫力が半端じゃない」と称賛した。役作りを振り返った小林は「けっこうあの~、苦情をいただきました(笑)」と告白して会場を沸かせた。  当日は、岩田、TAKAHIRO、登坂らのほか、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、八木将康、岩谷翔吾、山本彰吾、黒木啓司、遠藤雄弥、稲葉友、栁俊太郎、廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、青木健、清原翔、陳内将、窪田正孝、佐野玲於、ZEN、佐野岳、林遣都、阿部亮平、小澤雄太、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴、中村蒼、秋山真太郎、武田航平、関口メンディ―、岩永ジョーイ、中谷太郎、JAY、武尊、城戸康裕、ELLY、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY、LIKIYAAKIRA、青柳翔、橘ケンチ、小野塚勇人、企画プロデュースを務めたEXILE HIRO、久保監督、中茎強監督、脚本の平沼紀久と登壇者が60名を超える圧巻のプレミアイベントとなった。  『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』は8月19日より公開。

  • 『ウツボカズラの夢』主演の志田未来

    志田未来、7年ぶり連ドラ主演! 『ウツボカズラの夢』で居場所を求め“悪女”へと変貌

    エンタメ

     女優の志田未来が、8月スタートの新ドラマ『ウツボカズラの夢』(東海テレビ・フジテレビ系)で主演を務めることがわかった。志田は、2010年放送の『秘密』以来、7年ぶりの主演となる。共演は、大塚寧々、国生さゆり、EXILE松本利夫、羽場裕一、松原智恵子ら実力派キャストが集結する。@@cutter 本作は、直木賞作家 ・乃南アサの同名小説が原作で、タイトルにあるウツボカズラは食虫植物の一種である。主人公は、長野で育った純朴な少女・斉藤未芙由(志田)。母の死後、父が愛人を家に引き入れたことから居場所を失ってしまう。そんな時、未芙由は叔母・鹿島田尚子(大塚)から声をかけられ東京にやってくるも、その裕福な生活を見て「世の中、理不尽だ」と感じ“ウツボカズラ女”として目覚める。  “持てる者” を養分に成長していくウツボカズラ女たち…物語には未芙由の他に、夫に逃げられた セレブ妻、男を財布に見立てる計算不倫女、妊娠で妻の座を得た地味女など、様々女たちが「夢=幸せ」を求め、それぞれの欲望を食い合っていく。  連ドラ主演7年ぶりとなる志田は、未芙由役について「ただただ自分の居場所を見つけること、幸せになるということを考えて必死に生きています。 その姿が、悪女であり、したたかでもありながら、そうしなければ一人で生きていくことができない孤独な女性だと思います」と説明すると、「今まで演じたことのない役柄ではありますが、新しい自分をお見せする気持ちで頑張ります」と意気込みを語っている。  新ドラマ『ウツボカズラの夢』は、東海テレビ・フジテレビ系にて8月5日より毎週土曜23時40分放送。

  • 『パーフェクトワールド』実写映画化でW主演を務める岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)と杉咲花

    岩田剛典&杉咲花、『パーフェクトワールド』実写化でW主演決定

    映画

     「Kiss」(講談社)で連載中の有賀リエの漫画『パーフェクトワールド』が、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典と杉咲花のダブル主演で映画化されることが決定した。岩田は『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』に続き二度目の主演、杉咲は映画初主演となる。@@cutter 『パーフェクトワールド』は、車イス生活を送る建築士の主人公・鮎川樹(岩田)と、かつて樹に恋していたOL・川奈つぐみ(杉咲)の再会を軸に、仕事、生きること、そして恋する気持ちを、障がいというテーマを通じて描くラブストーリー。撮影は2017年6月2日から都内近郊にてスタートしており、7月中旬にクランクアップを予定している。  突然の事故で下半身に障がいをもち、車イス生活になってしまった樹を演じる岩田は「漫画原作のキャラクターかつ身体に障がいをもった役柄ということで、どちらも自分にとっては初めて経験させて頂く役どころになります」と前置きしたうえで、「この作品のテーマでもある大切な人と障がいと共に生きていくという難しいテーマをより身近に感じて頂けるよう、真摯に向き合い、丁寧に演じたいと思います」と意気込みを語る。  一方、初恋の先輩である樹を一途に思い、悩みながらも一緒に前を向いて生きていこうとするつぐみ役の杉咲は、「樹とつぐみが想い合うように、スタッフ・キャストの皆様と、儚くて優しい時間を現場で過ごすことができるよう、頑張っていきたいと思います」とコメント。「原作の魅力を肉体を使って表現させていただくなかで、足し算や引き算が必要になることはきっとあると思うのですが、この作品を皆様の元へまっすぐお届けできるよう、映画だからこそ表現できる強さのような魅力があると信じて、自分にできることを考え、この作品に身を委ねていきたいです」と本作へ向けての思いを語っている。  映画『パーフェクトワールド』は2018年全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access