相葉雅紀 関連記事

  • 『熱闘甲子園直前SP 号泣甲子園』に出演する相葉雅紀

    相葉雅紀、高校球児に感動の涙 2年連続『号泣甲子園』MCに

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が、8月4日放送の『熱闘甲子園直前SP 号泣甲子園』(ABCテレビ・テレビ朝日系/8月4日15時)で、昨年に続きMCを務めることが発表された。@@cutter 『号泣甲子園』は昨年夏に初めて放送され、夏の高校野球100回の歴史の中から厳選された感動の物語を一挙紹介した。今年も厳選した感動の物語に最新の取材を加え、再現していく。  今回は、「念願の甲子園で、その不思議な力に包まれた一人の球児と、彼を支え続けた父の物語」や「春夏連覇という偉業に立ち向かったスター軍団を見事にまとめきったひとりのキャプテンの戦いの物語」「地方大会の舞台にさえ立てず、最後の夏に一足早く別れを告げる特別な試合の物語」、そして「アメリカ大リーグ、シアトル・マリナーズで活躍する菊池雄星選手。岩手から日本一を目指した菊池選手とその仲間たちの熱い物語」といった感動のストーリーを公開。スタジオにはMCの相葉に加え、2年連続での登場となる北斗晶のほか、IKKO、勝俣州和、岡田結実がゲスト出演し、実際に甲子園で起きたドラマの数々に号泣する。  相葉は収録を振り返り、「やっぱり今年も体力を使いました!(笑) VTRを見ながら泣いてしまうから、終わるとカラカラになるんですよね。ただ今年も10代の高校球児のみなさんから学ぶことがたくさんありました! 今日は全部で4つのストーリーを見せて頂いたのですが、球児のみなさん、とても大人で…。僕らから見ても『真似しなきゃ、見習わなきゃ』というものもたくさんありました」と話す。  昨年は“熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター”を務め、高校野球とますます密接になった相葉。「さらに(球児の)みなさんを尊敬するようになりました。ドラマがあるのって、試合だけじゃないんですよね。試合に臨むまでの過程は誰かに教えられてできることではないと思うんです。試合に勝つ、ということだけじゃない大切なことを毎年教えてもらっている気がします」と語っている。  『熱闘甲子園直前SP 号泣甲子園』は、ABCテレビ・テレビ朝日系にて8月4日15時放送。

  • 24時間テレビ42『人と人 ~ともに新たな時代へ~』制作発表会見に登場した嵐

    嵐・相葉 『24時間テレビ』ドラマ初主演! アスリート役、浅田真央に心配され苦笑い

    エンタメ

     アイドルグループの嵐が8日、開催された日本テレビの大型特番『24時間テレビ42』制作発表会見に登壇。メンバーの相葉雅紀が、番組内で放送される『ドラマスペシャル 絆のペダル』で主演を務めることが発表された。@@cutter 今年のテーマは「人と人 ~ともに新たな時代へ~」。8月24日、25日に初の国技館で開催される。会見には、チャリティーパーソナリティーの浅田真央、24時間テレビサポーターの徳光和夫、総合司会の羽鳥慎一と水卜麻美も出席した。  6年ぶりに5回目のメインパーソナリティーを務める嵐。二宮和也は「僕たちらしく24時間いろんな問題と向きあい、その先のことを考えられたら」と明かし、櫻井翔は「嵐20周年のタイミングできるのはうれしい。チームワークを見せられたら」と意気込んだ。相葉は「グループでできることに感謝しています」と笑顔を見せ、松本は「令和元年だからこそできる24時間テレビなれば」とりりしい表情で誓った。  今回、チャリTシャツのデザインは大野が担当。「生きていく中では楽しいことばかりではないと思い、いろんな表情があります。最後はみんなで幸せになれたらとの思いで描きました」とデザインへ込めた思いを明かした。  また、浅田は「今からドキドキしていますが、自分のできることを精いっぱいやっていきたい」と落ち着いた表情であいさつ。そんな浅田の様子を見て櫻井が「しっかりしていますね」と大野に振ると、大野が「あんまりしっかりされると、僕はどうしたらいいのか…」と困惑した表情で明かし、会場の笑いを誘っていた。  『ドラマスペシャル 絆のペダル』は、伝説の自転車プロロードレーサー・宮澤崇史とその母の絆の物語を描く。宮澤を演じる相葉は、「初めての24時間テレビでのドラマなのでプレッシャーも感じますけど、自分ができることを精いっぱいやりたい」と気合十分。  宮澤を演じる相葉を浅田が「自転車は体を使うので、大丈夫ですか?」と心配すると、相葉は「ダメですか? 細すぎですか? 弱そうですか?」と苦笑いする一幕も。主演が決まってからは自転車の練習をしているそうで「もうちょいたくさん食べて頑張ります!」と誓っていた。  『24時間テレビ42』は日本テレビ系にて8月24日~25日放送。

  • 嵐ファンを公言する(左から)綾野剛とゴールデンボンバー歌広場淳

    嵐が2020年活動休止 綾野剛、金爆・歌広場らファンの芸能人が続々コメント

    エンタメ

     5人組アイドルグループ嵐が27日、2020年いっぱいで活動休止することを発表した。トップグループの突然の発表に、同じジャニーズ事務所所属のアイドルや、嵐ファンを公言する芸能人らもコメントしている。@@cutter 同日公開の動画上で、リーダーの大野智が自らの言葉で活動休止を説明。2017年6月中旬ごろ、ほかのメンバー4人を集め、自身の嵐での活動を2020年をもって終えたいという旨を相談。大野は「一度何事にも縛られず、自由な生活をしたい」という思いを伝え、それから1対1、その後は5人で話し合いを重ねた結果、2020年をもって嵐自体を休止する決断にいたったと経緯を説明した。  大野は、残りの嵐の活動期間について「今できる自分の使命をきっちりと果たしていきたいと思っています」と誓い、二宮和也、松本潤、相葉雅紀、櫻井翔も今の率直な思いを語った。 ■ KAT‐TUN亀梨和也「嵐の背負っているものは計り知れない」  人気アイドルグループの発表には、同じジャニーズ所属の後輩でKAT‐TUN亀梨和也も、同日の『Going!Sport&News』(日本テレビ系/毎週土曜・日曜23時55分)でコメント。嵐メンバーから事前に直接報告あったと語り、「驚きと、鳥肌が立って、どういう感情なのかも分からなかった」と動揺を明かし、「嵐は本当に大きく、その大きさゆえに、その背負っているものは計り知れない」とコメント。また同日5人で行った会見についても「誠実さを感じた」と感想を語った。活動再開したときに関しては、「後輩として、また5人の嵐に出会えることを楽しみにしたい」と期待を込めた。 ■ 風間俊介「お互いを尊重し合う、とても温かいグループ」  俳優の風間俊介は、翌28日朝放送の『ZIP!』(日本テレビ系/毎週月曜から金曜5時50分)の生放送でこの件に触れ、「たくさんの時間をかけて出した答えっていうのはその瞬間に分かりました」と話し、会見については「僕から見ての嵐っていうのは、聡明で思いやりがあり、お互いを尊重し合う、とても温かいグループ。その魅力が本当に詰まった会見」と評し、「改めてこの5人が好きだな、この5人を好きでいて良かったなと、そんな気持ちにさせてくれる温かい会見だったなと僕は思います」と率直な感想を述べた。 ■ TOKIO国分「嵐の背負っているものは計り知れない」  28日の『ビビット』(TBS系/毎週月曜から金曜8時)に出演したTOKIO国分太一も、番組冒頭で後輩グループが下した決断に触れ、「複雑というか、驚くというか、活動休止を決めた嵐なんだ、というような部分と、立ち止まりたいという大野の気持ち、4人のなんとかならないかと思った気持ち、全て分かるような気がして、複雑な気持ちになった」とコメントする一方、驚きは「正直なかったですね」とも。最後には「個人的には、また、ごはん食べましょう。ぜひ、おごってください!」と呼びかけてスタジオの笑いを誘い、しんみりとしたムードを変えていた。 ■ 綾野剛、金爆・歌広場淳ほか 嵐ファンの芸能人もコメント  また、嵐とゆかりのある芸能人からも続々とコメントが届いている。  嵐のファンを公言していた俳優の綾野剛は、開設したばかりの自身のインスタグラムで、嵐の名前こそ出していないものの「五つの愛。 全ては 無限ではない。 有限である。 きちんと受け止め、ゆっくりゆっくり向き合っていきます」と綴り、「同じ時代に生きてる事を私は誇りに思います。 感謝と愛を込めて。 #5×20」と感謝を込め、続く投稿で「今日こそ前進だ。 よし!」と前を向いた。  同じく嵐の名前は出していないが、歌広場淳とムロツヨシも反応。  熱狂的な松本ファンで知られるゴールデンボンバー歌広場淳は自身のツイッター上で、第一報があった直後に「それだけは『いつまでもいる』と思い込んでた…」と衝撃を受けてることをうかがわせ、「8/30は大阪に行きたい」と、今年の8月30日(松本の誕生日)に大阪で開催される嵐のコンサート参戦への希望とみられる言葉を投稿した。  『嵐にしやがれ』(日本テレビ系/毎週土曜21時)出演経験のある俳優のムロツヨシは自身のツイッターで「そかぁ、 できる限り、 しやがれ、しないとなぁ、 でていかなきゃなぁ」とコメントしている。  また、嵐のレギュラー番組『VS嵐』(フジテレビ系/毎週木曜19時)への出演経験があるお笑いトリオ・ジャングルポケット斉藤慎二は、自身のツイッターで、嵐をテーマにしたコントを作った思い出を振り返り、「活動休止まで沢山共演できるように頑張ろう!」と誓った。 引用:https://www.instagram.com/go_ayano_official/    https://twitter.com/junjunmjgirly    https://twitter.com/chsaito    https://twitter.com/murotsuyoshi

  • 『僕とシッポと神楽坂』最終回場面写真

    今夜『僕とシッポと神楽坂』最終回、相葉雅紀と広末涼子に転機が…

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が主演を務める金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の最終回が今夜放送。今回は、トキワ(広末涼子)と夫の佑(眞島秀和)の再会を機に、達也(相葉)は大きな決断を迫られるほか、認知症を患った犬が「坂の上動物病院」に迷い込んでくる。@@cutter たらさわみちの同名漫画を映像化した本作は、獣医師の高円寺達也(相葉)が、動物看護師のトキワ(広末)や、病院を訪れる動物・その飼い主たちと送る日々を描くハートフルストーリー。  トキワのもとに、行方不明だった夫の佑と見られる日本人男性が、南米で見つかったとの連絡が外務省から入る。確認の結果、男性は佑本人と断定され、神楽坂界隈は、その話題で持ちきりに。  だが、喜んだのもつかの間、衝撃の真実が明らかになり、トキワは大きなショックを受ける。心配してくれる達也にも、父親との再会を心待ちにする息子の大地(矢村央希)にも、それを言い出せず、今後のことも考えて、トキワは不安になる。  一方、達也には、アメリカにある獣医大から、新しく立ち上げるプロジェクトに参加するスタッフを募っているとの連絡が入り、そこへの参加を打診される。達也にも転機が訪れようとしているのだった。    そんな中、達也のもとに、認知症を患った犬が迷い込んでくる。やがて飼い主の蔦子がその犬を迎えにやってくるが、どことなく疲れた表情の蔦子を達也は心配する。認知症の飼い犬と、寝たきりの母親の世話で疲弊している蔦子に、達也はある提案をする。    そしてついに佑が帰国し、トキワや大地と7年ぶりの再会を果たす。しかし思いもよらない事態にトキワは、重大な決断を迫られることに。    穏やかだった神楽坂の街も少しずつ変化を見せはじめていた。達也はどのような決断を下すのか?  『僕とシッポと神楽坂』最終回は、テレビ朝日系にて今夜11月30日23時15分放送。

  • 『全力坂』に出演した小瀧望とダイキチ

    今夜ジャニーズWEST・小瀧望、看板犬・ダイキチと神楽坂を全力疾走

    エンタメ

     ジャニーズWESTの小瀧望が、今夜放送されるバラエティー番組『全力坂』(テレビ朝日系/毎週月曜~木曜25時23分)に出演し、東京・神楽坂のフランス坂を全力疾走することが分かった。今回の出演について小瀧は「歴史ある、誰もが知っている『全力坂』にまさか自分にオファーがくるとは思っていなかったので、正直、出演が決まったと言われたときには『どんなドッキリなんやろ?』って思いました(笑)」とコメントを寄せている。@@cutter 『全力坂』は、2005年4月から放送されている深夜のミニ番組。東京の数ある坂道を、俳優の吹越満によるシンプルな紹介ナレーションとともに、女性タレントがひたすら全力で駆け上がる姿を映し出す。今回、現在放送中の『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)で獣医大生・堀川広樹役を演じる小瀧が、コラボ企画として『全力坂』に登場することとなった。  『僕とシッポと神楽坂』の舞台となっている神楽坂にあるフランス坂を、小瀧が役柄である獣医大生の白衣に身を包んで全力疾走。さらに、小瀧とドラマで共演している看板犬のダイキチも一緒に走っている。ダイキチと走り終えた小瀧は「大変かな?と思ったんですが、息が合って僕的にはスムーズにいったかなと。やっぱり足が速いっすね、犬って!(笑)」とコメント。  『全力坂』で動物が走るのは今回が初めてだそうで、ダイキチ目線での撮影も行われており、いつもとは異なる疾走感あふれるカメラアングルも見どころとなっている。  小瀧望が登場する『全力坂』は、テレビ朝日系にて11月28日25時23分放送。

  • 『相葉マナブ』に『僕とシッポと神楽坂』チームが参戦!

    相葉雅紀、緊張! 今夜、広末涼子&小瀧望が『相葉マナブ』に参戦

    エンタメ

     嵐・相葉雅紀の冠バラエティ『相葉マナブ』(テレビ朝日系/毎週日曜18時)の25日放送回に、ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)で共演中の広末涼子、小瀧望(ジャニーズWEST)がゲスト出演。広末は「ドラマの現場での相葉さんは受け身というか、監督に言われたことは絶対に『NO』と言わずに何でもトライされるのですが、『相葉マナブ』での相葉さんはみんなをノリノリで引っ張っていて。雰囲気が全く変わりますね。すごいです」と語っている。@@cutter 25日の放送では、同番組で2回目となる「釜1グランプリ!」として、旬の食材を使った釜飯を作り、そのおいしさを競う。ゲスト審査員として参加した広末と小瀧に緊張したのか、かまどの火付けに手間取る相葉、コントのような火付けをしてしまう小瀧、ピーラーではなく包丁でするすると里芋の皮むきをする料理上手な広末の姿などが映しだされる。  「打ち上げで広末さんが『学園天国』を歌ってくれて、すごくカッコよかった!」といったドラマの裏話を披露した相葉は、「まず広末さんと小瀧くんが来てくれたことにビックリですし、うれしかったです。広末さんの料理が食べられるなんて思ってもいなかったので光栄でした。小瀧くんも料理するそうですが、本当かどうか…(笑)。でも手際は良かったですね。最近ジャニーズの後輩たちがよく来てくれて楽しいです」と素直に喜びを見せる。  一方の広末は「ロケのスケジュールを見たときに、1日で全部できるのかな? と思っていたのですが、スタッフの方々の手際がとても良くて驚きました。ドラマの撮影は1時間のものを1週間以上かけて撮ることが多いのに、バラエティーはこんなことができるんですね。本当に驚きでした」とコメント。  相葉にとって、事務所の後輩でもある小瀧は「空き時間も場がシーンとするのかなと思ったら、本当にずっと話されていて」と語り出し、相葉に「え、ジャニーズWESTの現場ってシーンとするの?」と突っ込まれながらも、「ロケでの相葉さんは、渡部(建)さんと澤部(佑)さんにイジられているのが新鮮で面白かったです(笑)」と出演の感想を語っている。  広末と小瀧がゲスト出演する『相葉マナブ』は、テレビ朝日系にて11月25日18時放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』第7話場面写真

    今夜『僕とシッポと神楽坂』、達也はトキワを意識し始め…

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が主演を務める金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第7話が今夜放送。今回は、達也(相葉)が改めてトキワ(広末涼子)の存在の大きさを感じるほか、名倉(大倉孝二)の飼い犬が急患として「坂の上動物病院」に来院する。@@cutter たらさわみちの同名漫画を映像化した本作は、獣医師の高円寺達也(相葉)が、動物看護師のトキワ(広末)や、病院を訪れる動物・その飼い主たちと送る日々を描くハートフルストーリー。第7話では、トキワが熱を出して仕事を休むことに。『坂の上動物病院』は、達也と広樹(小瀧望)だけで診療を行わなければならず大忙し。達也は改めてトキワの存在の大きさを感じるのだった。  そんな中、いつもと違ってまめ福(尼神インター・渚)の様子がおかしい。実はまめ福は、お座敷にやってくる老舗ホテルの社長からプロポーズを受け、芸者という仕事と女性としての幸せの間で悩んでいた。偶然、親友の名倉(大倉)とも“結婚”について会話をしたばかりだった達也は、大地(矢村央希)に頼まれ、寝込んでいるトキワのためにご飯を作りに行く。しかし、妙にトキワのことを意識してしまい…。  その矢先、名倉の飼い犬が急患として『坂の上動物病院』に来院。確実な診断を下すため、「ナルタウン動物病院」で詳しく検査をした結果、脳腫瘍を患っており、手術をしないと命に関わる状態なことが判明する。「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)は名倉に、手術の費用に100万円ほどかかること、そして手術の成功率は50%であることを伝える。自分ひとりでは手術の決断を下せないという名倉に、達也は「誰か相談できる人はいないの?」と尋ねる。そんな名倉の連絡を受けて、ふたりのもとにやってきたのは…!?  飼い犬の手術について必死に考え始める名倉。一方の達也も、トキワを見舞ううちに、気持ちに変化が起こり始めて…。  『僕とシッポと神楽坂』第7話は、テレビ朝日系にて今夜11月23日23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』第6話場面写真

    今夜『僕とシッポと神楽坂』保護したチワワを連れて香子は達也の元へ

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が、「坂の上動物病院」の獣医師・高円寺達也に扮するドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第6話が今夜放送。今回は、悪徳ブリーダーから保護したチワワをめぐる様子が描かれる。@@cutter 本作は、たらさわみちの同名コミックを原作とし、東京・神楽坂にある「坂の上動物病院」を舞台に、院長の獣医師・達也(相葉)、動物看護師・加瀬トキワ(広末涼子)らと、しっぽを持つ動物たちの命のふれあいを描くヒューマンドラマ。  達也のもとへ、弱ったチワワを連れた大沢香子(喜多乃愛)がやって来る。ボランティアに参加していた香子は、そこで悪質なブリーダーに育てられ、栄養状態のよくないこのチワワと出会い、保護したのだ。  チワワは、トキワ、その息子・大地(矢村央希)、広樹(小瀧望)たちの手でシャンプーされ、見違えるようにきれいになる。そこで「ロミ」と名付けられ、新しい飼い主が見つかるまで香子の家で暮らすことになった。  大地はすっかりロミを気に入り、香子の家に遊びに行っては、ロミと遊ばせてもらうように。そんな香子と大地の様子を見た香子の母・頼子(ホーチャンミ)は、ふたりの姿を幼い頃の自分と達也に重ねる。だが、神楽坂の再開発計画に深く携わっている頼子は、内心複雑な思いを抱いていた。  一方、神楽坂近辺で、「達也とトキワがキスをしていた」という噂がささやかれ始める。まったく根拠のない噂に戸惑うふたりだったが、ふたりの関係にも少しずつ変化が出始めているのだった。  やがて、ロミを引き取りたいと願う夫婦が現れる。香子は、ロミを飼うのを頼子から反対されており、手放す決意をする。だが、やはりロミと離れるのがつらい香子は、頼子にもう一度「ロミと家族になりたい」と訴えてみるのだが…。  『僕とシッポと神楽坂』第6話は、テレビ朝日系にて今夜11月16日23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』第5話場面写真

    今夜『僕とシッポと神楽坂』すず芽は母親との関係に向き合うが…

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が、「坂の上動物病院」の獣医師・高円寺達也に扮するドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第5話が今夜放送。今回は、達也を取り巻く二組の親子たちの関係が、変化していく様子が描かれる。@@cutter 本作は、たらさわみちの同名コミックを原作とし、東京・神楽坂にある「坂の上動物病院」を舞台に、院長の獣医師・達也(相葉)、動物看護師・加瀬トキワ(広末涼子)らと、しっぽを持つ動物たちの命のふれあいを描くヒューマンドラマ。  達也のもとに、芸者のすず芽(趣里)がセキセイインコのピースケを預かってほしいとやって来る。実はピースケの飼い主は、すず芽の母・咲江(池谷のぶえ)なのだが、急きょ咲江が入院するため、世話ができないすず芽は、達也を頼ってきたのだった。  達也は、「入院したお母さんをお見舞いに行くこと」「朝晩エサやりと鳥かごの掃除に来ること」という2つの条件で、ピースケを預かることに。だが、芸者になってから、咲江と口をきいていないすず芽は、あまりいい顔をしない。結局、すず芽は、名倉(大倉孝二)と一緒にしぶしぶお見舞いに行くものの、和解しないまま病院を後にする。その様子を見た徳丸(イッセー尾形)は、なんとか母と娘の関係を修復できないかと思案する。  一方、トキワの夫・佑(眞島秀和)が南米で行方不明になってから、7年の月日が流れていた。ある日、佑の両親がトキワに、2人の間に生まれた息子・大地(矢村央希)を、自分たちのもとに返してほしいと告げる。もう佑に縛られず、自由になってもいいんじゃないか、という両親の言葉に、トキワは「わかりました」と答える。大地は偶然その言葉を聞いてしまい、ショックを受ける。その夜、佑の両親の家に泊まった大地は、2人から「自分たちと一緒に暮らさないか」と持ちかけられ…。  『僕とシッポと神楽坂』第5話は、テレビ朝日系にて今夜11月9日23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』第4話場面写真

    今夜『僕とシッポと神楽坂』、坂の上動物病院の悪評が広まり…

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が、「坂の上動物病院」の獣医師・高円寺達也に扮するドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第4話が今夜放送。今回は、達也が手術をした犬が亡くなってしまい、病院の悪評が広まっていく様子が描かれる。@@cutter 本作は、たらさわみちの同名コミックを原作とし、東京・神楽坂にある「坂の上動物病院」を舞台に、院長の獣医師・達也(相葉)、動物看護師・加瀬トキワ(広末涼子)らと、しっぽを持つ動物たちの命のふれあいを描くヒューマンドラマ。  ある日、達也のもとへ、獣医学生の堀川広樹(小瀧望)が、心臓腫瘍を患った犬・ぐりと、その飼い主・井上早苗(滝沢涼子)を連れてやって来る。ぐりの腫瘍は、手術で切除することはできるが、ただ、ぐりの年齢や心臓の機能低下を考えると難しい、と「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)に診断されていた。だが、早苗は、その診断に納得できないという。  達也も、田代と同じ診断を下したが、「1パーセントでも可能性があるなら、見捨てるわけにはいかない」と、トキワの反対を押し切って、ぐりの手術をする。  手術は成功し、ぐりは元気になるかと思われた。だが、その夜、ぐりの容体は急変し、息を引き取ってしまう。  責任を感じて悲しむ広樹を慰める達也だったが、自身も深い悲しみを感じていた。すると、次の日から、病院の予約キャンセルが相次ぎ、ネット上では「無理な手術をして、犬を死なせた」という悪評が広まっていってしまう…。  『僕とシッポと神楽坂』第4話は、テレビ朝日系にて今夜11月2日23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』第3話場面写真

    今夜『僕とシッポと神楽坂』、達也はお年寄りのために往診を考える

    エンタメ

     相葉雅紀が主演を務める金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第3話が今夜放送される。今回は達也(相葉)が扇店「かなめ屋」を営む小宮千津(加賀まりこ)と出会うほか、徳丸(イッセー尾形)が突然「坂の上動物病院」に現れる。@@cutter たらさわみちの同名漫画を映像化する本作は、「坂の上動物病院」を営む若き獣医師・高円寺達也(相葉)が、動物看護師のトキワ(広末涼子)や、動物たち、そしてその飼い主たちと織りなす心温まる交流を描いていく。  ある日、町内会の寄り合いに出席した達也は、そこで扇店「かなめ屋」を営む小宮千津と出会う。千津の飼い猫・カナメは、徳丸がいたころからの患畜で、達也はたまにはカナメを病院に見せにきてほしいと声をかける。  そんな中、姿を消していたはずの徳丸が突然『坂の上動物病院』に登場。勝手に病院に入り込んでいたのを発見したトキワは、徳丸を泥棒だと勘違い。トキワが徳丸を威嚇しているところに出くわした達也は、その光景に驚いてしまうのだった。その後、徳丸が獣医師として南米に行っていたことを聞いたトキワは、7年前に南米に発って以来、行方不明になっている夫に思いを馳せる。  ひょんなことから、千津とも知り合うことになったトキワ。千津からカナメを飼うことになった経緯を聞いたトキワは「たったひとりの家族である愛猫を残して逝くことになるかもしれない」という不安に揺れる千津の胸中を知る。  病院に戻り、千津の思いを達也に話すと、達也は即座にトキワの思いを汲み、神楽坂で動物を飼うお年寄りのために、往診をしてはどうかと提案する。そんなふたりの様子を見て、病院を任せた徳丸も安堵の表情を浮かべるのだったが…。  『僕とシッポと神楽坂』第3話は、テレビ朝日系にて今夜10月26日23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』第2話場面写真

    今夜『僕とシッポと神楽坂』、達也は病気の愛犬を心配する少女と出会う

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が主演する、ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第2話が今夜放送。今回は、相葉扮する獣医師が、足の切断を迫られた犬と向き合う姿が描かれる。@@cutter 本作は、たらさわみちの同名コミックシリーズを原作とし、東京・神楽坂を舞台に、若い獣医師としっぽを持つ動物たちの命のふれあいを描くヒューマンドラマ。  勤めていた動物病院を辞め、実家がある神楽坂に戻った獣医師の高円寺達也(相葉)。尊敬する獣医師・徳丸善次郎(イッセー尾形)にかわって、動物看護師・加瀬トキワ(広末涼子)と共に、「坂の上動物病院」を盛り上げていくことになった。  ある日、症例発表会に出席し、「ペットと飼い主の心の治療と在宅ケア」について講演した達也。会場には、その講演を熱心に聞いている少女・大沢香子(喜多乃愛)がいた。香子の愛犬・ジュリは骨肉腫を患っており、獣医師・田代真一(村上淳)が営む「ナルタウン動物病院」に通っていたが、田代の診療によって治験段階の新薬の投与が行われている状態だった。  だが田代は、ジュリにこのまま投薬治療を続けても、転移の可能性があると判断。断脚手術を考えるべきではないかと告げていた。香子は、投薬治療で毎回苦しそうな様子を見せるジュリに、治療法の見直しも必要ではないかと考え、東都獣医大の学生・堀川広樹(小瀧望)に頼み、「坂の上動物病院」の達也のもとを訪れる。田代の目を盗んでやってきた香子の懇願に、達也は判断を下すのだが、それは結果的に、田代との対立を生むことになってしまう。  『僕とシッポと神楽坂』第2話は、テレビ朝日系にて今夜10月19日23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』第1話場面写真

    今夜『僕とシッポと神楽坂』スタート 獣医師・相葉雅紀が活動開始

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が主演を務めるドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)が今夜スタート。第1話では、相葉演じる心優しい獣医師と少年の出会いが描かれる。@@cutter たらさわみちの同名漫画シリーズをドラマ化した本作は、東京・神楽坂に佇む「坂の上動物病院」を舞台に、若き獣医師のコオ先生こと高円寺達也(相葉)が、動物や飼い主たちと心温まる交流を重ねていく姿を描く。  勤めていた動物病院を辞め、実家の神楽坂に戻った獣医師の高円寺達也。尊敬する徳丸善次郎(イッセー尾形)の元で働きたいという意志を持って病院の扉を叩いた達也だったが、そこに徳丸の姿はなく、一通の置き手紙と預かり犬のダイキチだけが残されていた。  徳丸の突然の引退に戸惑う達也は、ひっきりなしにやってくる患者に対応しながら、新天地の獣医師として働き始めるのだった。そんなある日、達也は街で車に轢かれたパピヨン犬と、その犬に付き添う少年・大地(矢村央希)と出会う。大地と共にパピヨンを動物病院に運んだ達也は、早急に手術の必要があると判断。準備に取り掛かろうとしたその時、急に連絡が取れなくなった大地を心配して、母親の加瀬トキワ(広末涼子)がやってくる。  古びた病院の設備と人手の足りなさに「こんなところで手術をするなんてありえない。他の病院に運ぶべき」と主張するトキワに対し「脾臓破裂の疑いがあるため、運んでいる時間はない」と応える達也。そんなふたりの様子を見、パピヨンの命の危機を感じて不安になる大地は、泣きそうになりながら「先生、ワンコを助けて…」と懇願。達也は大地の気持ちに応えるために、トキワの静止を振り切り、手術を開始してしまう。  ドラマ『僕とシッポと神楽坂』第1話は、テレビ朝日系にて今夜10月12日23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』番組発表イベントに出席した相葉雅紀

    相葉雅紀「究極の癒し系ドラマ」 主演作に手ごたえ

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が7日、東京・神楽坂の赤城神社で開催された新ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の番組発表イベントに出席した。相葉は「自分で言うのもなんですけども、究極の癒し系ドラマだと思います」と作品に自信をのぞかせた。@@cutter たらさわみちの同名漫画シリーズをドラマ化した本作は、東京・神楽坂にある「坂の上動物病院」の若き獣医師・高円寺達也(相葉)が、動物看護士のトキワ(広末涼子)、病院を訪れる様々な動物たち、そしてその飼い主らと送る日常を描く。  劇中に登場する預かり犬・ダイキチを抱きながら登場した相葉は「自分で言うのもなんですけども、究極の癒し系ドラマだと思います」と手ごたえを感じている様子。「獣医師が動物の命と真剣に向き合う姿や、神楽坂の愉快な仲間たちと繰り広げるヒューマンドラマなど、かなり見ごたえのある作品になったと思います。金曜日の夜に癒しを与えられたら」と語った。暑い時期の撮影は苦ではなかったそうだが「イッセーさんと村上淳さん、この二人は本当に酷いです(笑)。アドリブが」と暴露。  相葉から「被害、あってないですか?」と振られた獣医大生・堀川広樹役の小瀧は、「僕は村上淳さんとのシーンが最初は多かったので、しどろもどろでした(笑)。でも、先輩の姿を見せてもらいました」と白い歯を見せた。  一方、地域猫のオギを抱いて登場した広末は、「暑さは本当に大変でした」と振り返りつつ「相葉さんは汗かいても爽やかだからいいんですけど。代謝がいいんだなあって」とニッコリ。達也に好意を寄せる芸者・すず芽役の趣里は、着物での芝居が大変だったとしつつ「相葉さんの爽やかな姿を見て、頑張ろうと思いました」と笑顔を見せた。当日は、キャストがイベントのために作られた出店の射的を楽しんだほか、御輿(みこし)を担ぐ一幕もあった。  金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』は10月12日より毎週金曜23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』に出演する喜多乃愛

    喜多乃愛『僕とシッポと神楽坂』出演 相葉雅紀とは“ワケあり”な関係?

    エンタメ

     女優の喜多乃愛が、嵐の相葉雅紀が主演を務める金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に出演することが明らかになった。喜多は相葉について「相葉さんが現場にいるだけで『僕とシッポと神楽坂』というドラマの雰囲気が完成しているような気がします」とコメントを寄せている。@@cutter たらさわみちの同名漫画シリーズをドラマ化した本作は、東京・神楽坂に佇む「坂の上動物病院」を舞台に、若き獣医師のコオ先生こと高円寺達也(相葉)が、動物や飼い主たちと心温まる交流を重ねていく姿を描く。  喜多が演じるのは、第2話から登場する少女・大沢香子。骨肉腫を患うコリー犬・ジュリの飼い主で、ジュリの治療のために「ナルタウン動物病院」に通っている。ひょんなことから達也が営む「坂の上動物病院」を訪問する香子だが、これを機に、達也と「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)はジュリの治療法を巡って対立することに。  心優しくジュリの治療についてなかなか気持ちを言い表せずに葛藤する香子は、達也や研修医である堀川広樹(小瀧望)との出会いを経て、少しずつ変わっていく。そんな彼女は実は達也とはワケありな関係とのこと。  喜多は「神楽坂という街とコオ先生たちの温かい雰囲気の中で、香子ちゃんがどんな風に変わっていくか、注目して見ていただけたらと思います」とアピール。主演の相葉について「優しくて、あったかくて、コオ先生そのもの!」と話し、「撮影の合間にも、控室でご一緒したりすると率先して話しかけてくださって、とてもありがたいです」とも明かしている。  また、共演する広末涼子から、演技で悩んだときにアドバイスをもらったそうで「感激しました。とってもかっこいい方なので、広末さんのような女優さんになれるよう頑張ろう、と思いました!」とコメントを寄せている。  金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』は、テレビ朝日系にて10月12日より毎週金曜23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』に出演する尼神インター・渚

    尼神インター・渚、相葉雅紀主演ドラマで女優デビュー決定

    エンタメ

     お笑いコンビ「尼神インター」の渚が、相葉雅紀主演のドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に出演。女優デビューを果たすことが発表された。@@cutter たらさわみちの同名漫画シリーズを基にする本作は、東京・神楽坂にある「坂の上動物病院」を舞台に、若き獣医師のコオ先生こと高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描く。  今回渚が演じるのは、相葉演じる達也の母・貴子(かとうかず子)に三味線の稽古をつけてもらうため、昼夜問わず達也の家に出没している神楽坂の芸者・まめ福。達也とは付き合いも長いため、気心の知れた者同士丁々発止のやり取りを披露する。さらに、後輩芸者のすず芽(趣里)と一緒に、女3人で寝室に忍び込んだり、風呂場を覗いたり、と達也にちょっかいを出しては楽しんでいるという役どころだ。  ドラマ初出演となる渚は、「相方は昔からドラマにも挑戦したいと言っていたのですが、私は『絶対無理やからやらん』って。なのでこのお話をいただいたときも『冗談やろ? 無理、無理!』って(笑)」と振り返る。結果的にマネージャーから説得され挑戦してみたものの「最初に自分の芸者姿を見たとき、いつもとあまりに違って思わず笑ってしまって。いろんな意味でみなさんの邪魔をしてしまっていないか、それだけが心配です(笑)」と心境を語った。  また、現場では分からないことだらけのため、「アドリブでのセリフのタイミングなんかも、私、全然わからないので、現場で黙りこくってしまっていたのですが、すず芽ちゃん役の趣里さんが間を繋いでくれたり、かず子さんが肩で肩を小突いて合図を出してくれたり…」と明かした渚。相葉は時間がかかっても文句を言わずに待ってくれるというエピソードを披露し、「こうやってみなさんに助けていただきながら楽しんでやらせてもらっています」とコメント。  一方、相方の誠子は「渚はふだん楽屋で漫才の台本を開くことなんてないんです。なのに、今回はドラマの台本を熱心に開いてめちゃくちゃ練習してます(笑)」と驚き、「ただ…私まだ渚の演技は見てないですけど、絶対私の方がうまいと思います」とライバル心をあらわにしていた。  金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』はテレビ朝日系にて、10月12日より毎週金曜23時15分放送。

  • 『僕とシッポと神楽坂』に出演する(左から)小瀧望、相葉雅紀、趣里

    相葉雅紀主演『僕とシッポと神楽坂』に趣里&小瀧望の出演決定

    エンタメ

     女優の趣里とジャニーズWESTの小瀧望が、嵐の相葉雅紀が主演を務め、10月より放送されるテレビ朝日の金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』に出演することが発表された。@@cutter たらさわみちの同名漫画シリーズを基にする本作は、東京・神楽坂にある「坂の上動物病院」を舞台に、若き獣医師のコオ先生こと高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちとの心温まる交流を描く。  趣里が演じるのは、神楽坂の芸者・すず芽。幼い頃から達也に好意を寄せており、多国籍なお弁当を作っては差し入れをするなど、献身的な一面を見せる。小瀧は、獣医大生・堀川広樹役を担当。『ナルタウン動物病院』に研修医としてやってくる、やる気と優秀さが前面に出過ぎるあまり、人の話をさえぎる傾向があるという個性的な青年だ。  趣里は、「私が演じるすず芽は“猪突猛進”な女性(笑)。まっすぐ過ぎるくらいまっすぐです。私自身はあまりそういう部分がないのですが、すず芽を通して楽しませていただいています」と撮影について語っており、「猪突猛進のすず芽らしく、まっすぐに達也さんに突進していく姿を楽しんでください。ドラマでこんなに大きな声を出したのは初めてだというくらい、テンション高く演じています(笑)」と視聴者に向けてアピール。  また、小瀧は「今回、初めてテレビ朝日さんのドラマに出させていただけてとても嬉しいです。同時に、先輩である相葉くんの背中を見ながらお芝居ができるというワクワク感も抱いています」と期待に満ちたコメント。今回の現場は相葉によってあたたかい空気が作り出されていると明かし、「この作品とコオ先生という役はまさに相葉くんにぴったりなんだと思います! 現場でも相葉くんは他愛もない話を振ってくれたりして、僕の緊張感をほぐしてくれています」と仲の良さを披露した。  一方の相葉は、「(趣里は)すごく線が細いのに、力強くて迫力があるんですよ!」とびっくりしている様子。後輩の小瀧に関しても「嵐とも一緒にイベントをやったり、と全然知らない仲ではなかったのですが、こうしてドラマでご一緒できるのはまた新鮮です。いい意味でフラットな気持ちで共演できています!」と楽しんでいるようだ。  金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』は、テレビ朝日系にて10月より毎週金曜23時15分放送。

  • 「Coca-Cola SUMMER SPECIAL『熱闘甲子園』the LIVE 体感STAGE 2018」に出席した嵐・相葉雅紀

    嵐・相葉雅紀、甲子園への思いを熱弁「全部の県を応援したい」

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀が2日、都内で行われたイベント「Coca-Cola SUMMER SPECIAL『熱闘甲子園』the LIVE 体感STAGE 2018」に出席した。“熱闘!高校野球 100回スペシャルナビゲーター”を務める相葉は「本当に光栄」と述べ、「球場の雰囲気とか流れとか、あまり目を凝らさないと見えないようなところに注目して、いろいろなことを皆さんにお伝えしていけたら」と抱負を語った。@@cutter 嵐としてテーマソング『夏疾風』を歌っている相葉は「そもそも僕は高校野球が大好きで、毎年夏・春と、1回ずつくらいは甲子園に高校野球を見に行かせてもらっていたので、こうやって伝えられる立場をやらせていただいて、本当に光栄に思っております」と語った。  特に応援しているチームに関しては、「基本的には球児が好きなので、全部の県を応援したいんです」としながらも、地元・千葉から出場する木更津総合高校と中央学院高校に言及し「上位に行ってくれたらいいなと、心の中では思っています」と期待を込めた。  4日に放送される特別番組『熱闘甲子園直前スペシャル! 号泣甲子園』(ABCテレビ・テレビ朝日系/8月4日、15時放送)内で対談した元プロ野球選手で星稜高校出身の松井秀喜氏については「明徳義塾と戦った(ときの)5連続敬遠の話とかも聞かせてもらいました。“今振り返るとこう思う”ということもおっしゃってくださって」とニッコリ。また、嵐として甲子園球場に足を踏み入れたことにも触れ「特別でしたね。その日は野球がなくて、僕らが『どうぞ』と言われたので、ちょっと不思議な感じでした」としみじみ語った。  最後に、改めて意気込みを聞かれると「球児たちが一球一球、魂を込めて命を懸けてやるように、僕も精いっぱい応援して、伝えられることは伝えていきたいなと。自分のできることを精一杯やらせていただきます」と話していた。  イベントにはヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)、元プロ野球選手の古田敦也氏も出席した。  「熱闘甲子園2018」はABCテレビ、テレビ朝日系にて、8月5日より月~金、日曜23時10分から(土曜のみ23時15分から)放送開始。

  • (左から)松井秀喜、相葉雅紀

    相葉雅紀&松井秀喜『号泣甲子園』で対談実現 全打席敬遠の真実も告白

    エンタメ

     嵐の相葉雅紀がMCを務める特別番組『熱闘甲子園直前SP 相葉雅紀&ゴジラ松井も感涙!? 号泣甲子園』(ABCテレビ・テレビ朝日系/8月4日15時)で、相葉と松井秀喜の対談が実現。相葉は「まさに“ヒーロー”に会ったような気分で、現役時代の松井さんの姿がよみがえってきて、ちょっと震えてしまいました」と語っている。@@cutter 今年、記念すべき100回目の大会を迎える「全国高校野球選手権大会」。これまで夏の高校野球の熱戦の裏と表を伝え、40年近く球児たちのドラマを伝え続けてきた『熱闘甲子園』が、大会を直前に控えた8月4日に、特別番組『熱闘甲子園直前SP 相葉雅紀&ゴジラ松井も感涙!? 号泣甲子園』を放送。MCに相葉を迎えて、「全国高校野球選手権大会」100回の歴史の中から、泣ける奇跡のドラマを厳選して紹介していく。  今回、番組の中で高校野球のレジェンドとも言える松井と相葉の対談が実現。番組では高校野球史に残る星稜高校・松井の“5打席連続(全打席)敬遠”にまつわる対戦校・明徳義塾高校の監督や選手たちの知られざる物語「帰れコールの呪縛…監督と球児たちの10年」をVTRで紹介するとともに、あのときの松井の心境や、今振り返ってどんな気持ちなのかを相葉に打ち明けていく。  今回の番組のMCで“熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター”にも就任している相葉は「子どもの頃からの大スターだった松井秀喜さんにお会いできて、本当にうれしかったです!」と語ると、続けて「“ゴジラ”という愛称にぴったりの大きな方で、お会いしたときは思わず『うわー、本物だ!』って言ってしまいました」と野球ファンならではのコメントを寄せている。また番組について「この『号泣甲子園』は“心のデトックス”になるって思いながら収録に臨んだんですけど、まさかこんなに泣くとは!というくらい泣いてしまいました。泣きすぎて、収録終わってぐったりしちゃった(笑)」と明かした。  『熱闘甲子園直前SP 相葉雅紀&ゴジラ松井も感涙!? 号泣甲子園』は、ABCテレビ・テレビ朝日系にて8月4日15時放送。

  • (左から)『僕とシッポと神楽坂』に出演する相葉雅紀、広末涼子

    広末涼子、相葉雅紀主演ドラマ『僕とシッポと神楽坂』でヒロインに

    エンタメ

     女優の広末涼子が、嵐の相葉雅紀が主演を務め、10月より放送されるテレビ朝日の金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』にてヒロイン役を務めることが発表された。広末は獣医師役の相葉について「一緒にお芝居をしていても、どこまでが相葉さんでどこからがコオ先生なのか、わからないくらい(笑)」とコメントしている。@@cutter たらさわみちの同名漫画シリーズを基にする本作は、東京・神楽坂にある「坂の上動物病院」を舞台に、若き獣医師のコオ先生こと高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描く。広末が演じるのは、達也のパートナーとなる動物看護師・加瀬トキワ。女手一つでひとり息子の大地を育てるトキワは、最新設備の整った動物病院に勤めていたが、ある事情から「坂の上動物病院」で働くことに。実はある“秘密”を抱えているという女性だ。  広末は「わたしが演じるトキワはあまり表裏のない女性。きっと息子の大地といるときが一番“素”なのだと思いますが、すごく一生懸命で真っ直ぐで素直な人。とても魅力的な女性だし、共感できる部分も多いです」と言い、「劇中のトキワは煮物が得意、なつもり、という役なのですが、インパクトの強いキャラクターなんです(笑)。そのあたりも楽しみにしていてください」ともコメントしている。  一方の相葉は、「広末さん演じるトキワさんは、ちょっとワケありなお母さんなのですが、すごく素敵に演じていらっしゃいます。優しくて包み込むような部分もありつつ、気の強いところもあって…幅の広いお母さんで、素敵だなって思っています。コオ先生とトキワさんが、どんな関係になっていくのか、楽しみにしていただけたらと思います」と話している。  また、達也の幼なじみのライター・名倉雅彦役で大倉孝二、最新鋭の設備を備えた『ナルタウン動物病院』の獣医師でトキワに思いを寄せる田代真一役で村上淳、達也の家の近所にある赤城出世稲荷神社の神主役で矢柴俊博、達也の母である高円寺貴子役でかとうかず子、達也に病院を任せて姿を消してしまう獣医師・徳丸善次郎役でイッセー尾形の出演も明らかになった。  金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』はテレビ朝日系にて、10月より毎週金曜23時15分放送。

  • (左から)大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤

    嵐『夏の甲子園』SP映像解禁 ダル&大谷ら高校野球スターの姿も

    エンタメ

     嵐が歌う“2018 ABC夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング”『夏疾風(なつはやて)』が流れる、『嵐×甲子園 スペシャル映像』が6月1日に公開されることが分かった。8月5日に開幕する「第100回全国高校野球選手権記念大会」期間中には、阪神甲子園球場のオーロラビジョンでも放映されるという本映像に相葉雅紀は、「球場で流れるなんて光栄! ワクワクします」と胸を躍らせている。@@cutter 『嵐×甲子園 スペシャル映像』には、嵐が高校球児に思いを馳せながら『夏疾風』を歌う姿をはじめ、ドローンを駆使して球場と一体となる5人をとらえたダイナミックなシーンも登場。さらに、ダルビッシュ有、田中将大、大谷翔平といった甲子園を沸かせたスター選手の懐かしい名場面も盛り込まれる。  撮影は、甲子園球場を舞台に行われ、嵐がグラウンドに足を踏み入れるのは、1998年の第80回記念大会のプレイベントに出演して以来、実に20年ぶりのことだ。  二宮和也は「やっぱり甲子園はいいですね。デカいです!」と感慨深げな様子。松本潤はキャップを脱いでグラウンドに一礼し、「(高校野球に)出たかったな~」としみじみ。グラウンドに立つ喜びを爆発させたのは、今大会の“熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター”としても活躍中の相葉だ。撮影の合間にベンチ横のカメラマン席をのぞき込んだり、肩を回して「いつでも投げられますよ(笑)」と強肩をアピールしたりと大興奮の様子だった。  撮影を終えた櫻井翔は「誰もいないグラウンドに5人が足を踏み入れたとき、ちょっとゾクゾクしました」と振り返り、「楽曲の雰囲気をより伝えられる映像になっていると思います」と手応えを口にする。一方、足跡ひとつないほど整備されたグラウンドに感激したという大野智は「僕らが足跡をつけるなんておこがましくて」と恐縮しつつも「記念大会を応援したい」と意気込んだ。  『嵐×甲子園 スペシャル映像』は、高校野球のPR映像としてABCテレビでは随時放送予定で、6月1日5時よりABC高校野球公式サイトで配信開始。

  • (左から)松本潤、大野智、相葉雅紀、二宮和也、櫻井翔

    嵐が甲子園に登場 大興奮の相葉雅紀「砂持って帰ります!」宣言

    エンタメ

     2018年夏の高校野球応援ソングの発表会見が兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、応援ソングを担当する嵐のメンバーが会見に出席。高校野球ファンとしても知られるメンバーの相葉雅紀が甲子園球場への愛を語る一幕があった。@@cutter 2018年が第100回大会となる「夏の全国高校野球選手権大会」。記念すべき大会の応援歌は嵐が歌う新曲「夏疾風(なつはやて)」。作詞作曲は、嵐のメンバーと長年の親交がある、ゆずの北川悠仁が手がけている。  ウグイス嬢のアナウンスを合図に一人ずつグラウンドに登場した嵐の面々。全員が集合したところでプレイボールを告げるおなじみのサイレン音が甲子園にこだまするとメンバーのテンションもアップ。先日、“熱闘! 高校野球100回スペシャルナビゲーター”への就任が発表された相葉は「信じられないですねぇ…」と喜びを噛みしめるように一言。その様子を見た櫻井翔が「相葉、大興奮だね」と語りかけると相葉は「マジで大興奮ですね、帰りに砂を持って帰ります」と宣言し、メンバーを爆笑させていた。さらに櫻井が「それはやめてください」とツッコむと、二宮和也も続いて「また今度来るでしょ!」と相葉をたしなめて、会見に集まった記者の笑いを誘った。  メンバーの中で野球経験のない大野智は、甲子園球場の迫力に圧倒されたようで「ここに立てること自体が特別なことではあるので、正直戸惑っていますね。申し訳ないなぁ…と思いながら…」と語ると、他のメンバーから「喜んで!喜んで!」と注意される一幕も。  この日、嵐のメンバーは朝から、今回の楽曲のPR映像を甲子園球場で撮影。撮影の様子について聞かれた櫻井は「誰もいないグラウンドにメンバー全員が足を踏み入れる瞬間はゾクゾクしましたね」と語ると相葉は「ここに来た時、足跡が一つもなかったんだよね! 阪神園芸さんの力ですよね…」とコメントし、またしても甲子園への愛をにじませていた。また小学生の頃は野球少年だったという松本潤は、甲子園を目指す高校球児たちへ「とにかく楽しんで悔いのない夏を過ごしてください」と力強いエールを送った。

  • <17年4月期ドラマ総括>『緊急取調室2』『小さな巨人』など警察物のヒット作の中で、『あなそれ』が尻上がりに視聴率上昇

    <17年4月期ドラマ総括>天海祐希主演『緊急取調室』が高視聴率! 『あなそれ』東出昌大の“怪演”も話題に

    エンタメ

     2017年の春ドラマ(4~6月)は、ラブストーリーよりも推理、サスペンスもののドラマが好評を博した。天海祐希が主演を務めた『緊急取調室2』(テレビ朝日)は、最高視聴率17.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)を記録し、クール1位を獲得。『相棒』『ドクターX』に続く、「テレビ朝日・安定の人気作」に名乗りをあげた。@@cutter 『緊急取調室2』は、2014年1~3月に放送された『緊急取調室』の第2シーズン。天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チームのメンバーとともに、凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる。前作に続き、言葉の応酬によって犯人を追い詰めていくという新しい警察ドラマのスタイルが多くの視聴者の心を掴んだ。また、クールなルックスと、男顔負けのかっこよすぎる刑事を演じきった天海はもちろん、脇を固める田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二という実力派俳優たちの安定した演技が素晴らしく、落ち着いて観られる良作ドラマに仕上げたことが、安定した人気に繋がったのだろう。  続く、視聴率2位に輝いたのは、警視庁と所轄の確執や警察内部の戦いを克明に描いた、警察エンターテインメントドラマ『小さな巨人』(TBS)で、最高視聴率は16.4%。長谷川博己、岡田将生、芳根京子、安田顕、香川照之と、こちらも演技派をずらりと揃え、警察内部の人間ドラマを骨太に描いた。警察を舞台にした人間ドラマといえば、2016年に公開された映画『64‐ロクヨン‐』が思い浮かぶが、いずれも警察という巨大組織の中で生きる難しさや苦しさを描き、男たちの熱い“戦い”が見るものを釘付けにした。  警察ではなく、探偵を主人公にすえて、謎解きを繰り広げた月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ)は、最高視聴率11.8%を記録。2016年は視聴率が伸び悩んだ「月9」枠だったが、相葉雅紀が紳士で貴族、推理をしない探偵という、これまでのイメージを覆すかのような役どころで、多くの視聴者を獲得した。トリックを暴き、謎を解くという本格ミステリードラマを、インパクトある作品にしたのは、ド派手な衣装やセットの中、執事やメイド、運転手に証拠集めを任せ、優雅にお茶をするという、時代錯誤ともいえるファンタジー溢れた設定さゆえ。貴族というイメージとはかけ離れていそうな相葉だったが、「意外にハマってる」「かっこよすぎてドキドキする」と視聴者からは好評。相葉は、本作で優しく穏やかで憎めない貴族という、新境地を切り開いた。@@separator そんな警察もの、推理ものが花盛りの春ドラマにあって、波瑠が不倫妻を演じた『あなたのことはそれほど』(TBS)は、回を重ねるごとに話題を集め、視聴率も上昇。最終回で最高視聴率14.8%を獲得した。これまで、爽やか、清純なイメージが強かった波瑠がゲスすぎる不倫を行う妻を演じることから、放送前から注目が集まっていたが、蓋を開けてみれば、波瑠の夫役を演じた東出昌大の“怪演”がSNSを中心にネット上で話題に。笑顔で、優しい言葉を吐きながら妻を追い詰める東出の姿は、まるでホラー映画。SNSには、「怖すぎる」「これは褒め言葉だけど…キモくて怖い」と東出の演技に絶賛の声が集まり、大きな話題となった。東出はこれまで、その甘いマスクとスタイルの良さから、イケメンな役どころが多かったが、このドラマで実は“危ない男”もハマり役だと証明した形だ。ぜひとも、別の作品でも「危ない東出」を見たいと願ってやまない。  4月期にはほかにも、湊かなえの原作を藤原竜也主演でドラマ化した『リバース』(TBS)、亀梨和也と山下智久の約11年ぶりのタッグも話題となった『ボク、運命の人です。』(日本テレビ)、小栗旬と西島秀俊のアクションシーンも注目を集めた『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ)などが評判となった。  また、脚本家・倉本聰が書き下ろした『やすらぎの郷』(テレビ朝日)もスタート。往年の大スターが顔をそろえ、昼の帯ドラマとして半年間放送するという新たな試みが反響を呼んだ。(文:嶋田真己)

  • 20年ぶりに復活『ぼくらの勇気 未満都市 2017』

    『ぼくらの勇気 未満都市 2017』、“相葉雅紀と松本潤”が“アキラとモリ”で出演

    エンタメ

     1997年に放送されたKinKi Kids主演のドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』がこの夏、スペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市 2017』として20年ぶりに復活。KinKi Kidsのデビュー20周年も記念する本作に、嵐の相葉雅紀と松本潤がオリジナルと同じ役どころで出演することが分かった。@@cutter 『ぼくらの勇気 未満都市』は、微生物汚染により大人たちが亡くなり、子どもたちだけが取り残された街を舞台にした群像劇。暴力が支配するその街で、秩序を築こうと奔走したヤマト(堂本光一)やタケル(堂本剛)たちは「20年後の今日、俺たちでまたこの場所に集まろう」と決意。スペシャルドラマ版では、登場人物たちの20年後が描かれる。  不良グループの一員であったが、無秩序で不条理な街への疑問からヤマトとタケルの仲間となったアキラ役の相葉は「KinKiさんの20周年に少しでも関われることを光栄に思います」とコメント。「初めて出演させていただいたドラマでとても思い出深い作品で、今から楽しみです。当時はジャニーズJr.になりたててで、いっぱいいっぱいだった」と振り返っている。  また、愛犬・リキと共に離れ離れになった姉との再会を夢見ていた心やさしい少年・モリを演じていた松本は、相葉と同じくドラマ初主演だったという当時の様子を「KinKiのおふたりに現場でたくさんのことを教えていただいた」と回想。「時を経て、おふたりをはじめスタッフのみなさまとご一緒できることに感謝しています」と喜びを伝えている。  スペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市 2017』は、日本テレビ系で7月21日21時より放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access