武田航平 関連記事

  • 【東映ムビ×ステ】第1弾『GOZEN』に出演する(上段左から)武田航平、犬飼貴丈、矢崎広、元木聖也、(下段左から)井俣太良、前山剛久、井澤勇貴、松本寛也

    「東映ムビ×ステ」第1弾『GOZEN』に、犬飼貴丈、武田航平ら出演

    映画

     東映と東映ビデオが、映画と演劇を融合させた新プロジェクト「東映ムビ×ステ」を共同で始動し、プロジェクトの第1弾となる作品は時代劇『GOZEN』であることを発表。犬飼貴丈、武田航平ら侍役で出演する8名のキャストも明らかになった。@@cutter ひとつの作品世界を、映画で上映し、演劇で上演する「東映ムビ×ステ」。それぞれ独立した作品だが、物語は連動している作品になるという。今回製作が決定した、映画『GOZEN ‐純恋の剣‐』と舞台『GOZEN ‐狂乱の剣‐』で共通のタイトルとなる『GOZEN』とは、“御前試合(将軍や大名の面前で行った武術の試合)”を意味する。映画『GOZEN ‐純恋の剣‐』は、平成『仮面ライダー』シリーズで知られる石田秀範監督がメガホンをとり、これまで数々の名作時代劇を作り上げた東映京都撮影所で撮影された。  今回公表された、御前試合に出場する侍役のキャストは8名。『仮面ライダービルド』で主演の桐生戦兎役を務め、4月から放送されるNHK連続テレビ小説『なつぞら』の出演も決定している犬飼貴丈をはじめ、矢崎広(ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』)、武田航平(『仮面ライダービルド』)、前山剛久(舞台『刀剣乱舞』悲伝結の目の不如帰)、井澤勇貴(舞台『Messiah メサイア―悠久乃刻―』)、松本寛也(『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』)、井俣太良(『仮面ライダードライブ』)、元木聖也(『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』)ら若手俳優が集結している。  「東映ムビ×ステ」プロデューサーの塚田英明は「映画の方は既に撮影しましたが、かなり熱いものが撮れています。時代劇のプロ集団・京都撮影所と平成仮面ライダーの巨匠・石田秀範監督の初融合が生み出したのは、『これぞ娯楽100%の時代劇』です。ここへ更に、舞台のプロたちも参加して要素を注入しているので、『より新しいエンタメ作品』になろうとしています」と同プロジェクトの出来に自信をのぞかせる。  今回の発表と併せて解禁された特報映像は、クランクアップしたばかりの映画『GOZEN ‐純恋の剣‐』から構成。武士役のキャスト陣が、それぞれ役柄に扮し凛々しい姿を披露している。  映画『GOZEN ‐純恋の剣‐』は今夏公開。舞台『GOZEN ‐狂乱の剣‐』は今秋上演。

  • 映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』初日舞台挨拶の模様

    仮面ライダージオウ役の奥野壮、最新作に「鳥肌立つ」 サプライズ発表も

    映画

     俳優の奥野壮が22日、都内で開催された映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』の初日舞台挨拶に登壇。「演じていた僕ら自身が鳥肌が立つような映画だった」と自画自賛し、本作を強くアピールした。@@cutter※以下、一部ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  本作は、2016年から展開してきた「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」シリーズの第3作目。常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ:奥野)と桐生戦兎(仮面ライダービルド:犬飼貴丈)の世界に異変が起き、仲間たちが記憶を失っていく中、強敵スーパータイムジャッカー・ティード(大東駿介)らに立ち向かうさまを描く。  今回イベントには、本作の出演キャストらが勢ぞろい。現在放送中の『仮面ライダージオウ』に出演中の奥野、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐らレギュラー陣、前作『仮面ライダービルド』に出演した犬飼貴丈、高田夏帆、武田航平、水上剣星、そして劇場版ゲストキャストの大東駿介、福崎那由他、山口恭平監督が出席した。  奥野は開口一番、「なんか…この映画、大ヒットする気がする!」と声高に挨拶し、「早く皆さんに届けたいという気持ちがずっとあった。ドキドキとうれしさで胸がいっぱい」と心境を吐露。さらに「演じていた僕ら自身が鳥肌が立つような映画だった」と言い、犬飼から「自画自賛だな!」とツッコミを受けた。  また奥野は、本作に関して「『仮面ライダーはフィクション』というのが大きなテーマになっている」と説明。「でも、ただのフィクションだったら、(テレビシリーズの)20作という仮面ライダーの歴史は作れなかった。僕たち仮面ライダーは『いつの時代も、たしかにここにいる存在なんだぞ!』と思った」と語気を強めた。  明光院ゲイツ(仮面ライダーゲイツ)役の押田は「前半にコメディー調のところがある。いつもの僕らのキャラとは全然違う。そこが1つの見どころ」と解説。すでに本作を観たというツクヨミ役の大幡は、笑顔で「ビックリサプライズがあるよね…」とこぼした。  犬飼は「ジオウチームとビルドチームでの映画(共演)は初めて。どういう化学反応が起きているのか、まだ見れていないのですごく楽しみ」と話した。テレビ版の第1、2話で共演している奥野に関しては「会った頃よりも、体つきも目つきもたくましくなった」と目を細めた。  学生時代から仮面ライダーに憧れていたという大東は、出演の喜びを語り、「どこかの国でも、闘志を表すために体にタトゥーを入れたりするらしい。ティードも、仮面ライダーに対する闘志として『体にペイントしていいですか?』と衣装合わせで提案させてもらい、実際にやらせてもらった」と明かした。  なお本作では、『仮面ライダー電王』にて主人公・野上良太郎(仮面ライダー電王)を演じた佐藤健の出演もサプライズ発表された。公式サイトでは、佐藤のコメントも掲載されている。

  • 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』製作発表会見にて

    「過去一の変身」 仮面ライダービルド役の犬飼貴丈が自信たっぷり

    映画

     俳優の犬飼貴丈が12日、都内で開催された映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』製作発表会見に出席。北九州ロケでラーメンを堪能したと明かしたほか、「過去一の変身ができました」と作品の仕上がりに自信をのぞかせた。@@cutter ビルドせん滅計画が始動し、日本全国民がビルドの敵となる本作。主演の犬飼は、テレビシリーズの初期は変身ポーズがうまくできなかったと振り返り「悩んだ時期がものすごくあった」と告白。それでも「集大成といえるこの映画で、過去一の変身ができましたので、そこに関してはちょっと成長したのかなと思います」と自信をのぞかせた。  また、3000人のエキストラが参加した北九州での大規模ロケの合間には、大好物のラーメンを堪能したそうで「ラーメンの旅でした。北九州は」と笑顔を見せた。同作からは犬飼に加えて、赤楚衛二、高田夏帆、武田航平、越智友己、滝裕可里、水上剣星、上堀内佳寿也監督、劇場版ゲストの勝村政信、藤井隆が出席した。  当日は映画『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』製作発表会見も併せて行われ、伊藤あさひ、結木滉星、濱正悟、横山涼、工藤遥、奥山かずさ、元木聖也、杉原輝昭監督、劇場版ゲストのココリコ・田中直樹が登場。  ルパンレッド役の伊藤は「歴史ある戦隊シリーズの映画で主役をやらせていただくということで、すごく大きな責任感を感じていました」とコメント。「ダブルレッドが中心のお話になっているので、快盗と警察という真逆の役割を超えた、二人の人間ドラマに注目していただけたら」と見どころをアピールした。一方、パトレン1号役の結木は「(撮影で)監督に半分殺されかけた」と言い、「本当に火薬を使ったりしていたので、そこは危なかったですけど、すごくいいシーンになっていると思います」と語った。  映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』は、8月4日に同時公開。

  • 水上剣星の太ももをなでる赤楚衛二というカオス ※「武田航平」インスタグラム

    『仮面ライダービルド』出演者のセクシー“生足”コントに大反響

    エンタメ

     『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系/毎週日曜9時)に出演中の俳優・武田航平が6日、共演者の水上剣星のセクシーな生足を活かした赤楚衛二のコント動画をインスタグラムに投稿。「めっちゃおもしろい笑」「本当に綺麗!! 女子かと思いました(笑)www」と多くの反響が寄せられている。@@cutter 作品の中では仮面ライダーグリスに変身する猿渡一海、仮面ライダーローグに変身する氷室幻徳、仮面ライダークローズに変身する万丈龍我と、それぞれかっこいいヒーローを演じている武田、水上、赤楚。だが、動画の中で、切りっぱなしのデニムからのぞく太ももをなで回しながら、「あぁ…いいですね~。気持ちいいですね~」とギリギリアウトなコメントをするのは赤楚の声。カメラマン担当の武田も「きれいですね~」と誘導するようなコメントをしている。  少しずつカメラが上に寄っていくと、されるがままだった水上が「やめて…」と色っぽく流し目を送る様子が映し出される。なでていた太ももの持ち主がヒゲを生やした34歳の男性・水上だと気付いた赤楚は、しばし呆然と見つめ合った後にカメラに向き直って「あ゛あ゛~!」と絶叫。気付いてなかった、という設定のコントのようだ。  これに対しファンは「剣星さんすべすべ…」「ひとりで爆笑してました笑 けんせいさんの『やめて…』がたまりません」「赤楚くんの絶叫に爆笑しましたw」「最後の航平くんの笑い声でつられて一人で笑っちゃいました」「なにこの楽しそうな現場wwwwサイッコーですねww」と大好評。「何やってんすか(笑)」と笑いながらツッコミを入れるファンも見られた。 引用:https://www.instagram.com/kouhei_takeda.official/

  • 岩田剛典、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』完成披露プレミアイベントに出席

    三代目・岩田剛典、まさかの結婚宣言!? 天然ボケに『HiGH&LOW』キャストも爆笑

    映画

     映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』の完成披露プレミアイベントが9日に都内で実施され、岩田剛典、TAKAHIRO、登坂広臣らが登壇。現場で印象に残っていることを聞かれた岩田は、バースデーケーキをウェディングケーキと言い間違える天然ボケを炸裂させ、会場を大いに沸かせた。@@cutter 5つのチームの頭文字をとって、「SWORD」地区と呼ばれるエリアを舞台に、覇権を争う男たちの闘いを描く本作。山王連合会の総長・コブラ役の岩田は、同グループのメンバーに現場で誕生日を祝われたことを報告。さらに「その次の現場で、まさかの久保(茂昭)監督とアクション監督の大内(貴仁) 監督が、撮影用の大型の車に、ちっちゃくウェディングケーキを乗っけて(お祝いしてくれた)」とニッコリ話す岩田だったが、すかさずNAOTOに「ウェディングケーキではないですよね?(笑)」と突っ込まれると、「あ~!間違えちった」と照れ笑いを見せた。  一方、ムゲンの琥珀役を務めたAKIRAは、九鬼源治役の小林直己について、「声がかけられないですよね(笑)」と役作りを絶賛。最強の兄弟・雨宮兄弟の雅貴を演じたTAKAHIROも、「緊張しました」と笑顔を見せ、広斗にふんした登坂も、「今回の作品は源治さんの迫力が半端じゃない」と称賛した。役作りを振り返った小林は「けっこうあの~、苦情をいただきました(笑)」と告白して会場を沸かせた。  当日は、岩田、TAKAHIRO、登坂らのほか、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、八木将康、岩谷翔吾、山本彰吾、黒木啓司、遠藤雄弥、稲葉友、栁俊太郎、廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、青木健、清原翔、陳内将、窪田正孝、佐野玲於、ZEN、佐野岳、林遣都、阿部亮平、小澤雄太、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴、中村蒼、秋山真太郎、武田航平、関口メンディ―、岩永ジョーイ、中谷太郎、JAY、武尊、城戸康裕、ELLY、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY、LIKIYAAKIRA、青柳翔、橘ケンチ、小野塚勇人、企画プロデュースを務めたEXILE HIRO、久保監督、中茎強監督、脚本の平沼紀久と登壇者が60名を超える圧巻のプレミアイベントとなった。  『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』は8月19日より公開。

  • 『TRUMP』囲み取材に出席した高杉真宙

    高杉真宙、W主演・早乙女友貴は「同い年なのに本当にカッコいい」刺激される

    エンタメ

     舞台『TRUMP』の公開舞台稽古と囲み取材が19日、都内で行われ、W主演の高杉真宙、早乙女友貴をはじめとしたキャスト陣が出席。高杉は初日にあたり「初めて台本を読んだときはすごく衝撃的で、自分ができるのかという不安や緊張もありましたが、みなさんに支えてもらいながら頑張ってきたので、いろんな方に観てもらいたい。いろんな見どころがあるので、ぜひ何度も観てください」とアピールした。@@cutter 『TRUMP』は、繭期(人間でいう思春期)を迎えた若き吸血種“ヴァンプ”たちが、かつてのヴァンプが持っていた不死の力を秘めるとされる原初の吸血種“トランプ”伝説に翻弄されていくミステリー。今回で3度目の公演となるが、高杉は「みなさんと一緒に新しい『TRUMP』を作っていきたい」と意気込む。  高杉と早乙女は、人間とヴァンプの混血であるソフィと、名家生まれのウルという相対する二役を、「TRUTH」バージョンと「REVERSE」バージョンにて役替わりで担当。その他のキャストも二人で二役を入れ替わりながら演じ合う。脚本・演出の末満健一は、「それぞれの演技が共鳴し合う、演技合戦のおもしろさを感じてほしい」とアピール。特に高杉と早乙女のコンビについては「19歳のヒリヒリとした演技合戦、その年齢にしか出せない空気感を楽しんでもらいたい」と語った。  高杉と早乙女が舞台で初共演したのは4年前。高杉は、「その後『里見八犬伝』(12)で共演して、同い年なのに本当にカッコよくて…。今回はそれ以来の共演ですごく楽しみだったし、もっと頑張って負けないようにしなければと思いました。友貴くんにはすごく刺激されていろいろと勉強しています」と、早乙女に対して憧れの眼差しを向ける。  一方の早乙女は「今回ガッツリと組ませてもらって、お互い話し合って、意見し合って…。力を合わせていい作品にできればいいなと思います」と意気込みを語った。当日はそのほか、武田航平、陣内将、平田裕一郎も出席。  舞台『TRUMP』は、東京・Zepp ブルーシアター六本木にて11月19日~11月29日、大阪・サンケイホールブリーゼにて12月4日~12月6日に上演。

  • 『闇金ウシジマくん』新作ドラマ&映画第2弾公開決定!新キャストに綾野剛

    山田孝之主演『闇金ウシジマくん』に綾野剛参戦 新作ドラマ&映画第2弾公開決定

    映画

     山田孝之主演の人気ドラマ『闇金ウシジマくん』が、『闇金ウシジマくんSeason2』として再び深夜ドラマとして復活し、映画第2弾『闇金ウシジマくん Part2』の公開も決定。新キャストとして綾野剛が参戦、新作ドラマ&新作映画どちらにも出演することも分かった。@@cutter キャストは、前作シリーズでもおなじみの主人公・丑嶋馨を演じる山田をはじめ、ウシジマ社長が率いるカウカウファイナンス社員もおなじみのメンバーが再集結。イケメンで元ホストの社員・高田役に崎本大海、ウシジマに絶対的服従と尊敬の念を抱く会社のNO.2柄崎役に、やべきょうすけの続投が決定。新キャストとなる綾野は、ウシジマの幼なじみにして盟友、情報屋・戌亥役を演じる。  主演の山田は、今回から登場する戌亥について「戌亥という存在が出てきて、すごく良かったと思っています。ウシジマと柄崎と戌亥と同級生という設定で、情報屋としてウシジマに有益な情報を与えてくれる。戌亥といる時だけ、いつも変わらないウシジマがちょっと違うんですよ。そういうウシジマの一面を見せるのはすごく面白いと思ったし、その違いのさじ加減が、初めてやることで怖くもありました」とコメント。  その戌亥を演じる綾野については「ウシジマと戌亥の信頼深さを表す空気感を表すうえで、以前から親交のある僕と剛との関係性はうまく作用したんじゃないかなと思います」と親友との共演が演技面でプラスに働いたと分析。  一方、綾野は「メインキャストの3人のいるところに途中参戦で入り、出来上がっている世界だからこそ入りやすい部分はありますが、それを更に壊さない様にするという危機感はありました」と語る。「ウシジマと昔からの友人というか、ウシジマがそういった友人を見せる瞬間というのはこれまで少なかった中で、戌亥はそのきっかけをつくる人だったりもしますから、その役のオファーをもらって非常にありがたいことだな、と思っています」と出演を喜んでいる様子。  綾野以外の新キャストとして、入江甚儀、武田航平のイケメン俳優陣、グラビア界の新星・佐々木麻衣や若手セクシー女優の紗倉まなも出演する。  『闇金ウシジマくん』は2014年1月16日より放送開始。映画『闇金ウシジマくん Part2』は2014年5月全国公開。

  • 「戦国BASARA」初の実写テレビドラマ化! (C)「戦国BASARA

    ゲーム「戦国BASARA」が林遣都・武田航平のW主演で実写テレビドラマ化、織田信長役はGACKT

    アニメ・コミック

      2005年の発売以来シリーズ累計310万本の大ヒットゲーム「 戦国BASARA 」が林遣都・武田航平のW主演、GACKT出演にて初の実写テレビドラマ化されることが分かった。 @@cutter   日本の戦国時代を舞台としたスタイリッシュアクションゲーム「戦国BASARA」。2009年のテレビアニメのヒットなど、伊達政宗や真田幸村といった戦国武将が若い客層の間でブームになり、“歴史ブーム”を生むきっかけになった。その勢いで、舞台やイベント、劇場版アニメ等でヒットし、成功の連鎖を続けている注目の作品が遂に実写ドラマへのステップを踏むことになる。   異国の言葉を操り、6本の刀を使った独特の剣術で戦う伊達政宗を林遣都が演じ、ライバル役の熱血漢・真田幸村に武田航平、伊達政宗が背中を預ける唯一の腹心・片倉小十郎に徳山秀典、天下を恐怖で染め上げる絶対的な力を持つ織田信長をGACKTが演じる。さらに猿飛佐助を井澤勇貴、上杉謙信を有末麻祐子、かすがを落合恭子、濃姫を長澤奈央、明智光秀を樋口夢祈、森蘭丸を椎名鯛造、武田信玄を岩永洋昭といった個性豊かな実力派俳優達のキャスティングも発表された。   監督にはテレビドラマのCGを多く手掛け、「RONIN POP」では人気KPOPグループを起用し、卓越したCG センスとストーリー展開で多くの観客を魅了した松田圭太と、「ウルトラマンゼロTHE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」、実写版「テニスの王子様」などを手掛けたアベユーイチ。アクション監督は「芸者×忍者」「私立バカレア高校」の小原剛。そして、脚本には、映画「大奥」やアニメ「東京マグニチュード8.0」の高橋ナツコと、「青の祓魔師」の山口亮太が担当する。   豪華出演陣で贈る、CGアクションドラマ「戦国BASARA -MOONLIGHT PARTY-」はMBS:7月12日(木)から毎週木曜日 深夜1時25分から放送、BS-TBS: 深夜枠(9月予定)で放送スタート。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access