相田翔子 関連記事

  • 相田翔子

    相田翔子、引退を「直談判して泣いた」過去 衝撃の“Wink”時代を告白

    エンタメ

     歌手で女優の相田翔子が24日、『ボクらの時代』(フジテレビ/毎週日曜7時)に出演。女性アイドルデュオWinkとして活躍するも、引退を直談判するなどの衝撃秘話を明かした。@@cutter この日の番組には、相田とプライベートでも親交のあるタレントの島崎和歌子と、現在は関西を拠点に活動する西田ひかるが出演。  もともとあがり症で、当初は作詞・作曲などの裏方への憧れを持っていたという相田だったが、88年に鈴木早智子とのデュオWinkとして歌手デビューをすることに。相田曰く「2人組ならこんな私でもできるかなと思って…」とデビュー当時の心境を明かした。  Winkは88年にデビューし、3枚目のシングル『愛が止まらない ~Turn it into love~』のヒットで大ブレイク。ブレイクした頃を振り返った相田が「緊張したまま、表情も作れないし…」と明かすと、西田は驚いた表情で「あえてかと思ってた!」と一言。すると相田は「社長さんに怒られて…“もっと鏡見て勉強しろ”って…」と当時のエピソードを明かした。  Winkとしての8年間の活動を振り返った相田は「なんとなく人気低迷の雰囲気が出てきて社長さんが“華のあるうちに今ここで解散しよう!”って急に言い出して…」と語ると、西田と島崎は驚きの表情に。  社長からソロ活動で個性を磨くよう促された相田だったが“1人は無理”と考え、社長に「私は辞めさせていただきます…」と引退を申し出たそう。この話に驚いた島崎が「そうだったの!?あのとき!」と驚くと、相田は「引退させていただきますって直談判して泣いて、レコード会社に土下座しに行って…」と衝撃の過去を明かした。  さらに相田は「私、美魔女って言葉が嫌で…」と切り出すと「別に“劣化上等”みたいな」と言い放つと、島崎は思わず爆笑。相田が続けて「劣化するのは当たり前なんだから、いちいち周りが言うことないじゃんみたいな」と話すと、島崎も西田も大きく頷いていた。

  • 相田翔子は「鉄オタ」だった!止まらない電車愛に絶賛の声

    相田翔子、「鉄オタ」告白で止まらない“愛”に絶賛の声 Wink時代も振り返る

    エンタメ

     活動停止中のユニットWinkのメンバーであり、現在は歌手・女優として活躍する相田翔子が24日、NHK『ごごナマ』にゲストとして出演。高校時代から電車好きという意外な趣味にSNS上では「相田翔子ガチだね」「相田翔子さんの趣味が鉄道写真だって。聞いてびっくり」など、興奮の声がやまなかった。また、報道されているWink再始動については「(鈴木)早智子とは仲良くしている」と話したもの、直接言及することはなく含みを持たせた。@@cutter 高校生の頃、旅好きの女友達の影響で電車を好きになったという相田。「『青春18きっぷ』で東京から岡山まで鈍行の旅をして、そこから四国一周したんです。高知・桂浜とか素晴らしい景色をずっと電車で…」などと目を輝かせて語った。    Wink時代、単独で名古屋のラジオ番組の収録をした夜も、寝台車に一人乗って東京へ帰ったという相田。寝台車の魅力について、「寝ているのに窓を開けると景色が流れているっていう、あの不思議な感覚」と語った。  その時の車内の様子も話して聞かせた。「乗ってきたサラリーマンと隣で歯磨きしたり。そのサラリーマンの方は二段ベッドの下、私は上に寝ていた」と言うと、司会の船越英一郎は「上、Winkですよ。下の方は寝られなかったでしょうね」と興奮していた。  現在も、車より電車が大好きで、乗り鉄、撮り鉄という相田。下仁田駅で撮った「上信電鉄」や、軽井沢駅での「しなの鉄道」の写真も紹介すると、司会の美保純はアクティブな一面に、「あんまり日に当たらないイメージだから。色が白くて全然シミもないのに」と驚いていた。    また現在47歳の彼女に対しSNS上では「相田翔子可愛すぎる」「歳を重ねるごとに美しく感じる」といった意見もがあがっていた。  来年デビュー30周年を迎える相田。イベントの予定について聞かれると、「自分がここまで(活動)させていただけるとは思ってなかった」とし、「Winkとしてデビューして、相方の(鈴木)早智子とはずっと仲良くしてるので」と、報道されている再始動については直接触れなかった。同じく司会の美保純は、(再始動の)ステージが実現したら「後ろでダンサーで出ますよ」と笑顔を見せた。

  • 窪田正孝、『東京喰種』主演に「重みを感じている」としみじみ

    窪田正孝、『東京喰種』主演に「重みを感じている」としみじみ

    映画

     映画『東京喰種 トーキョーグール』ジャパンプレミアが10日、都内で開催され、主演の窪田正孝をはじめ、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、小笠原海、白石隼也、栁俊太郎、前野朋哉、そして萩原健太郎監督が登壇した。窪田は、原作者の石田スイから自身をモチーフにした描き下ろしのイラストをサプライズでプレゼントされると「お忙しいなか、こんな素敵な絵を描いていただいて感謝の言葉しかないです」と恐縮しきりだった。@@cutter 本作は、石田スイの人気コミックを実写映画化。人間世界に紛れ、人を喰らう「喰種(グール)」たちがはびこる東京を舞台に、ある事故によって半喰種になってしまった大学生カネキが、人間世界と喰種の間で苦悩しながらも、ある決断をしながら強く生きる姿を描く。  この日は、「喰種マイスター」と呼ばれる熱狂的なファンが待ち構えるなか、レッドカーペットイベントに登場した窪田らキャストたち。「いよいよ東京で公開することができます」と窪田が笑顔をみせると会場は大歓声に包まれた。  イベント後に行われた舞台挨拶では、各人がそれぞれの役柄について熱く語ったが、CCGのベテラン喰種捜査官・真戸呉緒(まどくれお)を演じた大泉は「私はこれまで、お調子ものや、いい加減な役、働かない役などをやってきましたが、やっと“捜査官”なんて役に声をかけていただき、すぐに“やります”って返事したんです」と語り出したが「でも原作を読んだら、マドクレの見てくれはひどいじゃないですか。相当ですよ、あの顔は」とぼやき節。  さらに「マドクレを私がやるって発表されたとき、ネットでは『大泉じゃないだろう』なんて声も聞かれましたが、当たり前ですよ!あの見てくれですよ……違うに決まっているじゃないですか」と不満そうに語っていたが、一方で「ピッタリ」との声には「違うだろう!ってずっと叫んでいましたが、まあ役柄にハマっていると思われるのはうれしいです」と最後は満足そうな表情を浮かべていた。  また、窪田演じるカネキが憧れを抱いてる女性リゼを演じた蒼井は、実はカネキを食べてしまおうとたくらんでいる喰種なのだが、「カネキが真っ白なら私は漆黒。突っつけば引っかかってくるよな存在だったので、正直楽しかったです。釣りをしているような感じ」と窪田との撮影を楽しんでいるようだった。  本作は7月2日にロサンゼルス、7月6日にベルリンでそれぞれプレミアを行っているが、萩原監督は「改めて現地の熱狂ぶりをみて、世界中に愛されている原作なんだなと実感しました。ようやく日本でお披露目できます」と感無量な表情を浮かべると、窪田も「ロサンゼルスに行かせてもらったり、こうしてプロモーションを行っていると、作品の重みを実感しています。偉そうにこうして真ん中に立たせてもらったりして、とても大きな経験をさせてもらっています」と作品と出会えてことに感謝していた。  映画『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日より全国公開。

  • 海外ドラマの吹替えに初挑戦する、相田翔子

    相田翔子、今年一番の“ブラックな出来事”告白に報道陣絶句!「左肩を腱板断裂した」

    海外ドラマ

     海外ドラマ『ブラックリスト シーズン3』のアフレコ取材が7日、都内で開催され、ゲスト声優・相田翔子が海外ドラマの吹替えに初挑戦。タイトルにかけて“ブラックな出来事”を聞かれた相田は、趣味のスキーを楽しんでいた際、派手に転んで「左肩の腱板断裂した」と明かし、集まった報道陣を驚かせた。@@cutter 『ブラックリスト』は、ジェームズ・スペイダーが主演を務め、全米で高視聴率を獲得したアクション・サスペンス超大作。FBI をも操り世界中の凶悪犯罪の頂点に立つ男レイモンドと、FBIの新人捜査官エリザベスが、数々の犯罪捜査に挑むストーリーだ。  今回、ゲスト声優の相田が演じるのは、シーズン3第1話で主人公レイモンドをかくまうバー店員のティファニー。海外ドラマのアフレコは初挑戦だが、「私自身、もともとドキュメンタリー番組のナレーションのお仕事が大好きで。未経験の私にチャンスをもらえて非常に感謝しています」と、大満足の様子。  また、“今年最もブラックだった出来事”を尋ねられ、スキーでのエピソードを告白した相田。「バッジテストを受けたとき、2級のときは大転倒して左肩の腱板断裂しました。でも何とか2級を合格して、今年の3月に1級に挑戦したんですが、また大転倒して(笑)」と微笑みを浮かべる。しかし、あまりに壮絶な内容に絶句した報道陣に対し、慌てて「スキーは安全なスポーツですので、私がおっちょこちょいなだけで」と天然ぶりを見せ、今年も1級を狙っていると続けた。  今年のクリスマスは3歳になった娘と仲良く過ごすようで、「わりと男の子の好きなことに興味があるみたいで、電車やレゴとかプラモデルとかが好きみたいなんです」と、アクティブな様子を語る。クリスマスプレゼントには家中を回るようなプラレールを希望しているそうだが、母である相田が「今人気のあるプラレールで回転寿司のやつが欲しいです」と、サンタクロースへリクエストしていた。  『ブラックリスト シーズン3』は、海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」にて2016年1月26日22時より日本独占初放送。相田翔子吹替え特別バーション(第1話)はBSスカパー!、J:COMテレビ、ひかりTVチャンネルで放送予定。

  • デビュー25周年記念アルバム発売イベントを開催した相田翔子

    相田翔子、『淋しい熱帯魚』に大歓声! デビュー25周年記念アルバム発売イベント

    エンタメ

     デビュー25周年ANNIVERSARY ALBUM『This Is My Love』を4日に発売した相田翔子が、6日、大阪・あべのキューズモールでアルバム発売記念イベント行った。@@cutter 約20年ぶりのミニライブとなる今回のイベントを観ようと、早くから多くのファンが足を運び登場を待ちわびる中、やや緊張気味に相田がステージに登場。 久し振りに対面したファンの方々に挨拶の後、“憧れの存在”と相田自身も語る角松敏生作『For you』でミニライブがスタート。しっとりとした歌声に会場に詰めかけたファンは、じっくり聴き入った。  相田は今回のアルバム制作にあたり「角松さん、尾崎(亜美)さんに自ら手紙を送り曲を作って頂いた」との力の入れようで、尾崎亜美作詞・曲の『1秒だけの奇蹟』を披露。 また、Wink時代の話題に話が及ぶと、「Wink時代はパートナーの(鈴木)早智子や周りの方々に支えられ様々な経験をしました。生涯忘れられない宝物のような時期」と思いを語り、大ヒット曲『淋しい熱帯魚』を当時のままの振り付けで披露。会場は大いに盛り上がった。  この日の最後に、相田自身の作詞・曲の『時刻表のない駅』を熱唱。「久々のステージで緊張しましたが、デビュー当時の新鮮な気持ちになれた」と語りミニライブを締めた。 【アルバム発売EVENT】 9月7日(土) ラゾーナ川崎(神奈川)15:00~ ミニライブ&サイン会 9月22日(日) 山野楽器成城コルティ(東京)14:00~ ミニライブ&サイン会 10月17日(木) 銀座山野楽器本店7FイベントスペースJAMSPOT(東京)18:30~ スペシャルライブ・サイン&ツーショット撮影会 【LIVE】 10月12日(土) STB(東京) 10月19日(土) フラミンゴ・ジ・アルージャ(大阪)

  • 相田翔子が16年ぶりにオリジナルソロアルバムをリリース!

    相田翔子、Winkデビュー25周年記念 16年ぶりにオリジナルアルバム発売

    エンタメ

     相田翔子が、Winkでデビューをしてから25周年を記念して、16年ぶりにオリジナルアルバム「This Is My Love」を9月4日に発売することが決定した。また、@@cutter 相田は、1988年にWinkとしてデビュー。1989年発売の『淋しい熱帯魚』で第31回日本レコード大賞し、トップアイドルとして活躍。1996年にデュオとしての活動を休止したが、ソロで2枚のオリジナルアルバムのほか、フランス・ギリシャ・イタリアの名曲をカバーしたアルバムを2枚もリリースしている。  デビュー25周年を記念し、Wink時代の間のソロ曲とソロデビュー後の楽曲の中から選んだベストソング・コレクション集「Song Selection -25th Celebration-」、そして相田と鈴木早智子によって選曲されたWinkのベスト盤「SELECTION -25th Anniversary Self Selection- 」がすでに発売されているが、今回オリジナルアルバムを発売するは実に16年ぶり。  本作では、相田本人が最も影響を受けたという角松敏生や、学生時代から好きでよく楽曲を聴いていたという尾崎亜美や大江千里らが、彼女のために書き下ろした作品を収録。さらに、スターダスト☆レビュー・根本要や因幡晃とのデュエット作品や、自身の作詞作曲による作品なども含め、“大人のための上質なポップス”全11 曲を収めたセルフプロデュースアルバムとなっている。  そんな相田渾身の本作を引っさげてのライブも行われる。『Shoko Aida 25th Anniversary Live 2013~This Is My Love~』は、10月12日東京・STB、10月19日大阪・フラミンゴ・アルージャで開催される。  相田翔子、デビュー25周年を記念したオリジナルアルバム「This Is My Love」は9月4日に発売。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access