観月ありさ 関連記事

  • 『インハンド』第3話場面写真

    今夜『インハンド』、山下智久は元恩師・観月ありさと対決

    エンタメ

     山下智久がロボットハンドの天才科学者を演じる、金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第3話が今夜放送される。紐倉(山下)の恩師・瀬見まき子(観月ありさ)が経営する美容団体のアンチエイジング治療で、認知症に似た症状が続出していることが分かった。紐倉は調査を始めるが…。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の科学者・紐倉哲が、天才的なひらめきと科学的な方法で次々と難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。  変わり者だが天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室で、気の向くままに好きな寄生虫の研究をしている。ある日、紐倉は助手の高家春馬(濱田岳)を連れて、大学時代の先生であり、現在はパナシアンビューティーという美容団体のCEOを務める瀬見まき子の講演を聞きに行く。  パナシアンビューティーでは、上級会員向けに「不老不死」をうたい文句にしたアンチエイジング治療が試験的に行われていた。だがその治療を受けた会員の数名に、認知症に似た症状が現れていることが発覚する。  治療による副作用なのか…? 疑いを持った紐倉は、高家と官僚の牧野巴(菜々緒)と共にパナシアンビューティーの内情を調べ始める。瀬見が異常なまでに“若さ”に対して執着を持つのには、過去のある出来事が関係していた。そんな中、高家に死の危機が迫る…。  金曜ドラマ『インハンド』第3話は、TBS系にて今夜4月26日22時放送。

  • 『インハンド』第3話にゲスト出演する観月ありさ

    観月ありさ、『インハンド』で山下智久と初共演 “美のカリスマ”女社長に

    エンタメ

     女優の観月ありさが、山下智久がロボットハンドの天才科学者役で主演を務める金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第3話(4月26日放送)にゲスト出演することが決定。今作で山下と初共演する観月は、“美のカリスマ”女社長を演じる。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の天才科学者・紐倉哲が、お人好しの助手・高家春馬(濱田岳)と美人官僚・牧野巴(菜々緒)の2人と共に、科学が巻き起こすさまざまな難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。  観月が演じるのは、科学的なアンチエイジング治療を行う会社のCEOで、紐倉の大学時代の先生でもある瀬見まき子。科学者としての知性に溢れ、10年前よりもさらに若く美しい“永遠の美”を自ら体現し、さらに不気味な怪しさも併せ持つキャラキターだ。  瀬見がCEOを務める会社パナシアンビューティーでは、上級会員向けに「不老不死」をうたい文句にしたアンチエイジング治療を試験的に行っていた。だが、治療を受けた会員の数名に認知症に似た症状が現れていることが発覚。紐倉、高家、牧野は、治療による副作用なのか、パナシアンビューティーの内情を調べ始める。瀬見が異常なまでに“若さ”に対して執着を持つのには、過去のある出来事が関係していた…。  観月は役作りについて「美容業界で成功している女社長役ということで、ピシッとしつつも華やかな雰囲気を出せるよう意識して演じました。瀬見の根底にある切なさが、華やかであればあるほど際立つような気がしたので、髪も巻き巻きにしたりと見た目にもこだわっています」と明かし、「“美への執着”は同じ女性として共感できる部分はありますが、瀬見のような女性は今まで演じたことがない役柄だったので、新鮮な経験をさせていただけてとても楽しかったです」と感想を語った。  山下の印象については「お芝居をしている時のひとつひとつの所作がとても美しい方」とコメント。そして「第3話は紐倉の過去にも少し触れられていたり、いろいろな要素が詰まっています。紐倉と瀬見の過去の関係性に加え、それぞれの“今”も色濃く描かれているので、楽しんで見ていただけると思います。またアンチエイジングがテーマなので、特に女性の方には興味深い内容になっていると思います」とメッセージを寄せている。  観月ありさがゲスト出演する金曜ドラマ『インハンド』第3話は、TBS系にて4月26日22時放送。

  • 『執事 西園寺の名推理2』に出演する観月ありさ

    観月ありさ、『執事 西園寺の名推理2』出演決定 上川隆也を追う謎の美女に

    エンタメ

     俳優の上川隆也が主演を務めるミステリードラマ『執事 西園寺の名推理2』(テレビ東京系/毎週金曜20時)で、レギュラーキャストとして観月ありさが出演することが決定した。上川演じる西園寺を追う謎の美女・山崎和歌子役として登場する。@@cutter 本作は、2018年4月期に放送された『執事 西園寺の名推理』の新シリーズ。上川演じるパーフェクトな執事・西園寺一が、前作同様、自分が仕える奥様・伊集院百合子(吉行和子)の願いをかなえるため、さまざまな事件を解決していく。  観月が演じる山崎和歌子は、西園寺を追うミステリアスな美女。西園寺を追う理由や関係性は一切謎に包まれており、敵か味方かも不明な存在。話数を重ねるごとに、彼女にまつわる謎が明らかになっていく。  今回の出演について観月は「シリーズものにパート2から参加させて頂くというのは、とてもありがたいことと思っています。前作の良さも残しつつ、また今作ではさらに良い作品になるように頑張りたいと思います」と語り、共演者については「吉行さんとは“ナースのお仕事”でも共演があり、今作でも関わるシーンが出てくるかもしれないので、また久しぶりに共演できることをとても楽しみにしています。レギュラーキャストの方の中には初共演の役者さんもいますが、皆さんとても面白い役者さんという印象なので共演をすごく楽しみにしています」とメッセージを寄せた。    主演の上川は「又一人、この作品に美しい刺客(?)が名を連ねて下さいました。毎回、様々な事件や、西園寺の幅広い知識や特技が広がる中、観月さんの演じる和歌子の、謎に包まれた言動が、この物語に更なる深みをもたらしてくれるであろう事に、期待は膨らむばかりです」とコメントを寄せている。  金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理2』は、テレビ東京系にて4月19日より毎週金曜20時放送。

  • 『芸能人格付けチェック!2019お正月スペシャル』より

    今夜放送『芸能人格付けチェック』、YOSHIKI&GACKTコンビの連勝記録の行方は!?

    エンタメ

     GACKTと、X JAPANのYOSHIKIが、元日恒例のバラエティ『芸能人格付けチェック! 2019お正月スペシャル』(ABC・テレビ朝日系/1月1日18時)に、「チーム全問正解」として昨年に引き続き出演する。@@cutter 同番組は、一流芸能人たちがチームを組み、味覚や音感など6つのジャンルの格付けチェックに挑み、間違える度に一流→普通→二流→三流→そっくりさん→“映す価値なし(画面から消滅)”とランクダウンしていく人気バラエティ。格付けマスターは、今年も浜田雅功、伊東四朗が務める。  今回の注目は、なんといっても前人未到の格付けチェック個人55連勝中のGACKT、昨年のお正月スペシャルで4問連続正解を果たしたYOSHIKIによる「チーム全問正解」の戦いぶり。冒頭、浜田に自信のほどを聞かれたGACKTは「YOSHIKI次第じゃないですか」と答え、YOSHIKIは「僕はGACKTの助っ人で来てると思ってるので、GACKTに恥をかかせないように…」と余裕を見せる。  GACKTが「(55連勝の)代償としてハゲましたからね」と笑わせると、伊東は「どこまでいくのかねえ」、浜田は「負けたほうが気ィ楽やぞー」と興味津々。そんなGACKTとYOSHIKIには金ピカの専用部屋が用意され、二人がどの答えを選んだかは、各チェックの最後まで誰もわからないようにされた。  今回出演者たちは、全部で6つの格付けに挑戦。チェック1の「ワイン」には、アメリカ・ナパバレーで「Y by YOSHIKI」という自らの名前を冠したワインを作っているYOSHIKIが参加。フランス5大シャトーのひとつ『シャトー・ムートン・ロートシルト』の超レアなヴィンテージと、1本5000円のテーブルワインを飲み比べて、なぜか首をかしげたYOSHIKI。それを見た浜田が「いいねー! いいよー!」と大喜びする。さらに、チェック5の「盆栽」で、「実はこの1年、盆栽をすごく勉強したんです」とGACKTが告白するなど、はたして「チーム全問正解」の結果はどうなるのか、期待がかかる。  ほかにも、志村けん、中村雅俊、郷ひろみ、大地真央、杉咲花、間宮祥太朗、欅坂46(長濱ねる、菅井友香、守屋茜、渡邉理佐)、三宅裕司、高橋克実、八嶋智人、稲森いずみ、観月ありさらが、意地とプライドをかけて格付けチェックに挑む。  『芸能人格付けチェック! 2019お正月スペシャル』は、ABC・テレビ朝日系にて今夜1月1日18時放送。

  • 映画『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』初日舞台挨拶にて

    川島海荷、豊洲市場で中トロを堪能「ビビンと来ました!」

    アニメ・コミック

     声優の山寺宏一、女優の川島海荷が、藤森慎吾、観月ありさと共に、19日に都内で開催された映画『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』初日舞台挨拶に出席した。山寺は「海荷ちゃんが2年ぶりに会って、成長して、大人の女性になっているのを見てビビンときました」と語り、川島はイベント前に豊洲市場を訪れたと明かし「食べた中トロにビビンと来ました!」と笑顔を見せた。@@cutter 本作は『モンスター・ホテル』シリーズ2年ぶりの新作。世界中のモンスターたちが集うモンスター・ホテルを舞台に、ドラキュラ(吹き替え:山寺)や娘のメイヴィス(川島)、メイヴィスの夫であるジョナサン(藤森)らが巻き起こす騒動を描く。観月が演じるエリカは、豪華客船のミステリアスな船長でドラキュラが一目ぼれして恋に落ちる新キャラクターだ。  物語に登場する擬音の「ビビン」に絡めて、最近「ビビン」と来た経験を聞かれた山寺は「今日ビビンときましたよ。やっぱりこの観月さんを見て」と、役柄をイメージした白の衣装で登場した観月を絶賛。また「海荷ちゃんが2年ぶりに会って、成長して、大人の女性になっているのを見てビビンときました。慎吾君に対しては何も(笑)」と続けて会場を沸かせた。  一方の川島は、イベント前に豊洲市場を訪れたと言い「お寿司を食べたんですよ。そこで食べた中トロにビビンと来ました!」と笑顔を見せた。  そんな川島は、世界一周旅行が目標で、これを実現するために貯金をしているとのこと。あとどれほど『ZIP!』(日本テレビ)に出演すれば実現できそうか問われた川島は「貯金が趣味なので(笑)、どれくらいで行けますかね? 分からないですけど、あまり使いすぎず、ちゃんとその楽しみを取っておいて、(旅行)できるように、頑張ります」と白い歯を見せていた。

  • (左から)観月ありさ、松下由樹

    観月ありさ&松下由樹 懐かしの『ナースのお仕事』コンビにファン歓喜

    エンタメ

     女優の観月ありさが28日、自身のインスタグラム上で、女優の松下由樹との2ショットを披露。ドラマ『ナースのお仕事』シリーズ(フジテレビ系)でおなじみのコンビ復活に、ファンからは「懐かしい」「最高」といった歓喜の声が集まっている。@@cutter 現在、自らが発起人となり昨年12月に発足した「座・ALISA」の東京公演に出演中の観月。28日には「大好きな先輩 松下由樹さんと」との言葉と共に、今回の初日に観に来てくれたという松下との2ショットを投稿。この二人といえば、連続ドラマではパート4まで制作された人気シリーズ『ナースのお仕事』において、ドジな新米ナースを観月が、指導役の先輩ナースを松下が演じた間柄だ。  写真では、華やかな衣装の観月の横で、松下がニッコリ笑っている。ハッシュタグで「#大好きな先輩」と添えられている通り、肩を寄せ合う二人から仲の良さが伝わってくる一枚だ。  ファンからは「ナースのお仕事よく観てたので懐かしいです」「『あ さ く ら』『先輩』懐かしいコンビ」「このコンビ、最高でした また観たいなぁ〜」「最強のツーショットです」「もう最強コンビすぎて今もこうやって2人が、、嬉しい」といった声が殺到。観月ファンのみならず、『ナースのお仕事』ファンをも歓喜させている。 引用:https://www.instagram.com/alisa_mizuki/

  • 映画『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』エリカ役で海外アニメの吹き替えに初挑戦する観月ありさ

    観月ありさ、『モンスター・ホテル』最新作で海外アニメ吹き替え初挑戦

    アニメ・コミック

     女優の観月ありさが、アニメーション映画『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』で海外アニメーション映画の吹き替えに初挑戦することが分かった。観月は「アニメの吹替えに挑戦してみたかったので、今回お声掛け頂きとても光栄でした」とコメントしている。@@cutter 本作は、アダム・サンドラー、セレーナ・ゴメス、アンディ・サムバーグらが声を務める人気シリーズ『モンスター・ホテル』の2年ぶりの新作。世界中からモンスターたちが癒しや憩いを求めてやってくるモンスター・ホテルを舞台に、ドラキュラ(吹き替え:山寺宏一)や娘のメイヴィス(川島海荷)、人間のジョナサン(藤森慎吾)らが巻き起こす騒動を描いていく。  本作では、365日ホテルで働きっぱなしのドラキュラを見かねた娘のメイヴィスは、家族旅行を提案。はじめは乗り気ではなかったドラキュラだが、旅先で乗船した豪華客船のミステリアスな船長エリカに出会い、恋に落ちてしまうというストーリーだ。実は、エリカはドラキュラのかつての宿敵であるヴァン・ヘルシングのひ孫で、ドラキュラの命をひそかに狙っているという役どころ。  エリカの声を演じる観月は、「エリカという役はチャーミングで活発なキャラクターでしたがキャラに入りやすく、すごく楽しく吹替えを行うことができました」と吹き替え初挑戦の達成感を明かしている。  12月5日発売予定の本作のブルーレイ&DVDには、劇場では公開されないオリジナルキャストの音声も収録するほか、短編アニメ『子犬のチッチ!』や、監督とアニメーターによる音声解説などの特典映像も収められている。さらにブルーレイには、このほかにも“リリックビデオ”やオリジナルキャストらの“アフレコ収録映像”など、計54分に及ぶ特典映像が収録される。  映画『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』は10月19日より公開。ブルーレイ&DVDは12月5日より発売&レンタル開始。

  • (左から)観月ありさ、田辺誠一

    観月ありさ&田辺誠一、謎解きホームコメディでW主演

    エンタメ

     観月ありさと田辺誠一が、7月スタートのNHK・BSプレミアムドラマ『捜査会議はリビングで!』でダブル主演することが分かった。観月が柔道の達人である女刑事の妻を、田辺が類まれな頭脳を持つミステリー作家の夫を演じ、2人で事件や謎を解決する。@@cutter 同作は、これまでありそうでなかった、「謎解き×ホームコメディ」という新ジャンルを掲げたオリジナルドラマ。くすっと笑える夫婦あるあるネタや家族のエピソードを満載している。  刑事部特殊班所属の女刑事・森川章子(観月)は強い正義感と有り余る体力を武器に、熱き魂をもって悪と向き合う一方で、極度の面倒くさがりから家事がまるでダメという欠点を持つ。その夫である晶(田辺)は類まれな頭脳を活かしてミステリー作家となるも、書く作品は小難しくまるでウケない。それどころか、何気なく書いた家事ブログの方が大当たりし、今では“カリスマ主夫”の肩書きを持つ複雑な状況にある。自宅のリビングは情報や推理が常に飛び交う“捜査会議”の場で、デコボコ夫婦が力を合わせて、ご近所や出先で次々に起こる事件や謎に挑む。   なお、観月は1992年にボクたちのドラマシリーズ『放課後』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演以来、本作で27年連続、31回目の連続ドラマの主演を務めることになる。  ドラマ『捜査会議はリビングで!』は、NHK・BSプレミアムにて7月15日より毎週日曜22時放送。

  • 『トレイン・ミッション』ジャパンプレミアに登場した観月ありさとリーアム・ニーソン

    リーアム・ニーソン、アクション続投を約束 「ヒザが大丈夫なら」

    映画

     俳優のリーアム・ニーソンが18日、最新アクション大作『トレイン・ミッション』を引っさげ、13年ぶり(『バットマン ビギンズ』以来)の来日を果たし、ジャパンプレミアに出席。65歳という年齢を感じさせないパワフルなアクションを披露したリーアムは、「ヒザが大丈夫なら」という条件付きで、今後もアクション映画続投を約束し、引退説を一蹴した。@@cutter 本作は、『アンノウン』『フライト・ゲーム』『ラン・オールナイト』に続き、リーアムと鬼才ジャウマ・コレット=セラ監督の4度目のタッグとなるサスペンス・アクション。保険会社をリストラされ、途方に暮れるマイケル(リーアム)は、通勤電車の帰り道、ジョアンナ(ヴェラ・ファーミガ)と名乗る謎の女性に、「乗客の中からある人物を探し出せば10万ドルを支払う」と持ち掛けられる。ヒントはわずかに3つ。やらなければ妻と息子の命が危ないと脅されたマイケルは、決死の覚悟でミッションに挑む。  13年ぶりの来日についてリーアムは、「新作をプロモーションさせていただく中で、日本のジャーナリストの皆さんが本作をたくさん取り上げてくださって、やはり映画は1人で作るものじゃないなという思いを痛感しました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と真摯に回答。さらに、「日本の皆さまはとても心が広く、礼儀正しい方ばかり。こうしたエチケットは、西側諸国も学ぶべきですね」と称賛した。  今回、4度目のタッグとなったジャウマ監督については、「とても秀逸な監督。新作を作るたびに成長しているところが素晴らしい。どんなシーンを撮っていても、作品全体のカタチ、物語の大きな弧、ダイナミズムというものがいつもきちんと頭に入っている。私は彼を100%信頼しているし、彼もまた、私を100%信頼してくれている」と、強い信頼関係をアピール。また、一部メディアで「アクション映画の引退説」が取り上げられていたが、これに関して「続けていただけますよね?」とMCから答えを求められると、リーアムは「ヒザが大丈夫なうちは出続けるよ」と噂を一蹴。すると会場から、この日一番の大きな拍手が鳴り響いた。  この日は、リーアムの大ファンだという女優の観月ありさが駆け付け、桜の花束を贈呈。するとリーアムは、「恋に落ちた」と観月を見つめながらリップサービス。さらに、事前に観月の情報を入手し、彼女のデビューシングル『伝説の少女』を今朝聞いてきたと告白。「ジムのバイクを漕ぎながら何度も聞いたよ。歳のせいで漕ぐのが遅いので、テンポがちょうど合っていたよ」と茶目っ気たっぷりに語り、会場の笑いを誘っていた。  映画『トレイン・ミッション』は3月30日より全国公開。

  • 観月ありさ、『櫻子』さんへの想いを綴る「大好きでした」 ※「観月ありさ」インスタグラム

    観月ありさ、『櫻子』さんへの想いを綴る「大好きでした」

    エンタメ

     女優の観月ありさが、21日に自身のインスタグラムを更新。主演を務めるドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系/毎週日曜21時)の撮影を終えたことを報告し、「櫻子さん大好きでした」と作品への想いを綴った。@@cutter 本作は、美人で名家の令嬢でありながら、三度の飯より骨が好きな標本士の九条櫻子(観月)が、法医学や自然人類学の豊富な知識、類稀な観察眼、物事の本質を見抜く洞察力、そして人並み外れた想像力を駆使して、難事件を次々に解決に導く姿を描くミステリー。  観月はインスタグラムに、「櫻子さんの足下には死体が埋まっている。無事クランクアップしました。本当にワンクールお疲れ様でした。あっという間だったなぁ~!櫻子さん大好きでした」と言葉を添えて、役衣装で笑顔を見せる自身の姿を収めた写真を投稿。「記念すべき主演連続ドラマ通算30本目の作品。本当に素晴らしい作品をやらせて頂けて光栄でした。残り最終回となりますが。皆様是非ご覧ください。お楽しみに!」と作品への愛情も綴っている。  写真を見たファンからは、「もう、最終回か。寂しいな」「強くカッコイイ櫻子さんがホントに好きでした」「櫻子さんのクールなありさちゃんカッコよくて新鮮でした」「シーズン2を期待します!」などのコメントが寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/alisa_mizuki/

  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』ポスタービジュアル

    ついに明かされるスタンドの姿!『ジョジョの奇妙な冒険』新予告映像解禁

    映画

     人気コミックの実写映画化『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の新予告映像とポスタービジュアルが解禁となった。映像では目に見える超能力“スタンド”が明らかになっていく。冒頭では、不穏に揺れる仗助(山崎賢人)の紫色のオーラから一瞬のうちに伸びた腕が不良共を蹴散らす。だが、瞬きをする間もなく不良たちのケガはすぐに消えてしまう…。@@cutter ポスタービジュアルでは、鋭い眼光を放ち険しい表情をした仗助が大きく描き出され、右腕にはスタンドの姿が見える。さらに広瀬康一(神木隆之介)、山岸由花子(小松菜奈)、空条承太郎(伊勢谷友介)のほか、仗助に今後立ちはだかっていく山田孝之演じるアンジェロとスタンド、そして怪しげなオーラをまとった岡田将生と新田真剣佑演じる虹村兄弟の姿も収められている。  原作はシリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦の人気コミック。舞台はスタンドと呼ばれる特殊能力を持つ高校生、仗助が住む杜王町。この町では最近、変死事件が続発していた。仗助は偶然、同じくスタンド使いであり、一連の事件に関わる凶悪犯アンジェロの犯行を邪魔してしまったことから、次の標的にされてしまう…。    仗助は家族と町を守るため、アンジェロと戦うことを決意する。彼のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものをなおすことができる「クレイジー・ダイヤモンド」。そんな最も優しい力を持つ仗助は、彼に危険を知らせに来た承太郎と共に、最凶の力を使うアンジェロに立ち向かう。果たして、仗助と町の運命はいかに。  映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日より全国ロードショー。

  • 観月ありさ、『櫻子さん』第4話で服装に異変?“骨”Tシャツ&華麗なファッション披露

    観月ありさ、『櫻子さん』第4話で服装に異変?“骨”Tシャツ&華麗なファッション披露

    エンタメ

     女優の観月ありさが、“三度の飯より骨が好き”な櫻子役を様々な表情で魅せる現在放送中のドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系/毎週日曜21時)。毎回白衣姿や黒の革ジャン姿などが多かった櫻子だが、14日放送の第4話で、意外なパジャマ姿や華麗なファッションに身を包んだ櫻子の姿をみることができる。@@cutter 本作は、美人で名家の令嬢でありながら、三度の飯より骨が好きな標本士の九条櫻子(観月)が、法医学や自然人類学の豊富な知識、類稀な観察眼、物事の本質を見抜く洞察力、そして人並み外れた想像力を駆使して、難事件を次々に解決に導く姿を描く。  14日放送の第4話では、櫻子が働く自然の森博物館に、オーナーの東藤(佐々木勝彦)と、その娘で代表を務める千代田薔子(富田靖子)が登場。櫻子はある日、東藤の誕生会に参加するが、その翌朝、東藤が自室で死亡しているのが発見される。すると、東藤の子供たちはお互いを疑いながら、激しいののしり合いをはじめ、その様子に驚く正太郎(藤ヶ谷太輔)に、櫻子は家族などまやかしだと言う…。  そんな第4話では、櫻子のファッションに変化が現れる。これまではいつも黒の革ジャンや白衣をまとっていた櫻子だが、第4話ではビビッドなオレンジ色のトップスにスカートを身に着けたスタイリッシュなファッションを披露。その一方では、かわいらしいホネホネTシャツをパジャマとして使うという意外な一面も見せている。    白衣や革ジャンだけでなく、TPOできちんと使い分けている櫻子ファッション。どうやら櫻子の服は基本的にばぁや(鷲尾真知子)が選んでいるようだが、今後の放送では、櫻子のファッションにも注目だ。  『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、フジテレビ系にて毎週日曜21時より放送中。

  • 『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』観月ありさ、“顔芸”一挙公開

    『櫻子さん』観月ありさ、目を見開いた興奮顔から至福の笑みまで“顔芸”写真一挙公開

    エンタメ

     女優の観月ありさが、ドSっぷり全開で表情豊かなキャラクターを演じ話題を集めている、現在放送中の連続ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系/毎週日曜21時)。これまでに観月演じる櫻子が見せた、目を見開いた表情から新たに解禁となった至福の表情まで、まさに“顔芸”ともいえる場面写真が解禁となり、第2話でもさらなるパワーアップした演技が期待される。@@cutter 本作は、“三度の飯より骨が好き”という標本士・九条櫻子(観月)が、骨を頼りに難事件を解き明かしていくミステリードラマ。第1話では、相棒役となるドMな館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)に対して「そこへ案内しろ」などを言い放つ櫻子のドSっぷり全開なかけ合い、ラストシーンでケーキをわしづかみにして頬張る観月による豪快な演技も注目された。  今回新たに解禁された櫻子の場面写真では、発見された人骨や標本を前にして目を見開いて興奮する姿や、食事中に満面の笑みで至福の時間を味わう瞬間、さらに、食事中に焼き魚の骨を見ながらご満悦の表情を浮かべる姿がみられる。  30日放送の第2話では、櫻子の邸宅に招かれた正太郎が、立ち寄ったコンビニの前である少女と出会う。八峰警察署の刑事・山路輝彦(高嶋政宏)への連絡後、少女を預かった櫻子と正太郎であったが、やがて少女の自宅へ訪れた先で櫻子は血の臭いに気が付く…。  ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、フジテレビ系にて毎週日曜21時から放送。

  • 観月ありさ主演『櫻子さん』、“少年”役の藤ヶ谷太輔に「とにかく可愛い」とファン歓喜

    観月ありさ主演『櫻子さん』、“少年”藤ヶ谷太輔に「とにかく可愛い」とファン歓喜

    エンタメ

     シリーズ累計発行部数100万部を超える人気小説を原作とした、観月ありさ主演ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系/毎週日曜21時)の第1話が23日に放送。主人公・櫻子(観月)の相棒役を務める、藤ヶ谷太輔が演じる館脇正太郎は、櫻子から“少年”と呼ばれるほど素直で幼さを感じさせる役柄。放送終了後、藤ヶ谷の“少年”らしい愛らしい演技が「とにかく藤ヶ谷太輔さんが可愛いすぎる~」「ただただ藤ヶ谷くんがかわゆい」と大きな反響を呼んだ。@@cutter 本作は、“三度の飯より骨が好き”という「標本士」の九条櫻子が骨から事件を難解決していくミステリードラマ。共演には、高嶋政宏、新川優愛、上川隆也らが名を連ねる。  九条櫻子(観月)は、日本に数名しかいない骨格標本を組み立てる「標本士」。日々、博物館や研究・教育機関からの依頼を受け、動物の骨格標本を組み立てている。博物館の技術補佐員である館脇正太郎(藤ヶ谷)は、館長から命じられ、櫻子の元を訪れる。すると、櫻子は、博物館から依頼された骨の発見場所を問いただし、「そこへ案内しろ」と言い出すのだった。正太郎が、骨の発見場所へ櫻子を案内すると、そこにはなんと人間の白骨死体があった…。  放送開始前から、観月のドSとっぷりとその相棒役を務める藤ヶ谷のドMな姿が話題となっていた本作。普段の藤ヶ谷のキャラクターとは異なる、ドMな演技に「最高です最高です。正太郎くんかわいいです」「可愛い以外の感想思い浮かばない…」と、胸キュンする声が多数寄せられた。  また、第1話のラストシーンで、ケーキを手づかみで食べる観月の姿に、「観月ありさ様がケーキにかぶりつく……どこかで見たことがあるぞ…!?」「ケーキ好きなのは昔と一緒だね」など、観月の代表作でもあるドラマ『ナースのお仕事』を思い出す視聴者も続出していた。

  • 藤ヶ谷太輔、観月ありさからのドッキリに動じず

    藤ヶ谷太輔、観月ありさからのドッキリに動じず 「僕、持ってるんですよ」とニヤリ

    エンタメ

     女優の観月ありさが12日、都内で実施された新ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系/4月23日放送開始)の制作発表記者会見に、共演の藤ヶ谷太輔(Kis‐My‐Ft2)、高嶋政宏、新川優愛、上川隆也とともに登場。観月は会見中に藤ヶ谷にドッキリを仕掛けたものの、リアクションが薄かったことを受け「思ったよりびっくりしてくれなかった!」と悔しそうに語った。@@cutter 本作は、2012年に小説投稿WEBサイト『E★エブリスタ』で掲載された同名Web小説のドラマ版。美人で名家の令嬢でありながら、三度の飯より骨が好きな標本士の九条櫻子(観月)が、法医学・自然人類学の豊富な知識や、類稀な観察眼、物事の本質を見抜く洞察力と人並み外れた想像力を用いて、難事件を次々に解決に導く姿を描く。  本作で26年連続で連ドラ主演、30作目の主演を務める観月は「節目にぴったりな、とても個性的なキャラクター」とにっこり。続けて、標本士から「骨を雑に扱ってはいけない」と教えられたことを明かすと、藤ヶ谷のマイクに付けられていた骨が偶然にも落下。高嶋に「ネタだったの?」と追及された藤ヶ谷は「僕ね、こういうところ結構持ってるんですよね~」とご満悦の表情を見せた。  当日は、現場で「がーや」と呼ばれているという藤ヶ谷を驚かせるため、観月が事務所の後輩である長浜之人(キャン×キャン)を、出演者が座っていたベンチから登場させる一コマも。死体にふんして登場した長浜だったが、藤ヶ谷は「そんなびっくりしなかった」と告白し、「リアクションが薄くて、申し訳なかったです…」と陳謝。これを受けた観月は「全然、思ったよりびっくりしてくれなかった!」と悔しさを滲ませながらも、予想外の反応に大ウケしていた。  新ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、フジテレビ系にて4月23日より毎週日曜21時放送(初回15分拡大)。

  • 観月ありさ、イノシシ頭蓋骨を見つめる姿に「なんて素敵な横顔」と反響 ※写真提供:アメブロ

    観月ありさ、イノシシ頭蓋骨を見つめる姿に「なんて素敵な横顔」と反響

    エンタメ

     女優の観月ありさが6日に自身のインスタグラムとブログを更新し、まもなく放送スタートとなるドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系・毎週日曜21時放送)の役柄に絡めて、イノシシの頭蓋骨との2ショットを公開。ファンからは「なんて素敵な横顔」などの反響があった。@@cutter 本作は、2012年に小説投稿WEBサイト「E★エブリスタ」で掲載された同名Web小説のドラマ版。単行本もシリーズ累計100万部を突破する人気小説だ。劇中では、美人で名家の令嬢でありながら、三度の飯より骨が好きな標本士の九条櫻子(観月)が、法医学・自然人類学の豊富な知識や、類稀な観察眼、物事の本質を見抜く洞察力と人並み外れた想像力を駆使して、難事件を次々に解決する姿が描かれる。観月のほか、藤ヶ谷太輔、新川優愛、上川隆也らが出演する。  観月は「イノシシの頭蓋だ!!!」と言葉を添えて、頭蓋骨を手に持ち、愛おしそうに見つめる姿を収めた写真を公開。写真を見たファンからは、「なんて素敵な横顔」「イノシシもありささんに見つめられたら惚れてしまいますね笑」「骨に馴染んできましたね 笑」などのコメントが寄せられている。 引用:http://ameblo.jp/alisa-mizuki/

  • 観月ありさ、『櫻子さん』撮影スタート!オフショットも公開中 ※「観月ありさ」インスタグラム

    観月ありさ、『櫻子さん』撮影スタート!オフショットも公開中

    エンタメ

     女優の観月ありさが8日、自身のインスタグラムを更新。主演を務める4月期の連続ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系・毎週日曜21時放送)の撮影風景を収めたオフショットを公開し、ファンからは「黒髪すごい新鮮」などの反響があった。@@cutter 本作は、2012年に小説投稿WEBサイト『E★エブリスタ』で掲載された同名Web小説の実写版。劇中では、美人で名家の令嬢でありながら、三度の飯より骨が好きな標本士の九条櫻子(観月)が、法医学・自然人類学の豊富な知識や、類稀な観察眼、物事の本質を見抜く洞察力と人並み外れた想像力を用いて、難事件を次々に解決に導く姿が描かれる。  観月は「早朝からの富士宮の森の中!!!まだまだ寒いね~~カイロ貼りまくり~~!笑」と言葉を添えて、黒で統一されたシックなファッションに身を包んだ櫻子さんの姿を公開。ドラマの公式ツイッターによると、8日は観月と、博物館の技術補佐員・館脇正太郎を演じる藤ヶ谷太輔がクランクインした日だったようで、藤ヶ谷は「ガーヤ」と呼ばれ、早くもいじられキャラを確立していたという。  写真を見たファンからは、「黒髪すごい新鮮でいいです」「パッツン前髪のありさちゃんもステキ~~」「栗山千明ちゃんみたいにクールなありささん!フレッシュです!」「この小説大好きなんです!イメージも観月さんにピッタリなので楽しみです」といったコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/alisa_mizuki/

  • 新ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』に高嶋政宏、上川隆也、新川優愛らが出演

    キスマイ藤ヶ谷太輔、『櫻子さん』で観月ありさのバディに!“究極のドM男”を熱演

    エンタメ

     Kis‐My‐Ft2の藤ヶ谷太輔が、4月から放送の観月ありさ主演ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)に出演することがわかった。藤ヶ谷は、観月演じる“三度の飯より骨が好き”な標本士のバディを演じ、高嶋政宏、新川優愛、上川隆也ら共演者も発表された。藤ヶ谷、高嶋、上川は、観月とドラマ初共演、新川は2014年1月以来、3年3ヵ月ぶりに観月との共演を果たす。@@cutter 『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、2012年に小説投稿サイト「エブリスタ」で掲載された同名WEB小説を原作としたドラマ。日本に数名しかいない骨格標本を組み立てるプロの「標本士」である主人公・九条櫻子(観月)と、博物館の館長の命で、九条の邸宅にやってきた博物館技術補佐員・館脇正太郎(藤ヶ谷)がバディを組み、様々な難事件に挑む姿を描く。  藤ヶ谷が、フジテレビの連ドラに出演するのは、昨年映画化公開もされたドラマ『信長協奏曲』以来、2年6ヵ月ぶり。藤ヶ谷演じる正太郎は、大学はおろか、大学院の卒業が近づいても進路が定まらず、やむなく就職活動を始めるも、就職浪人…就活に失敗するも思っていることがつい顔に出てしまう不器用な性格で、ミステリー小説が大好物だが、ものすごい怖がりという“究極のドM男”。  今回の出演について藤ヶ谷は、初共演の観月に対し「凜とされているイメージですね。今回のお互いの役柄はまったくの正反対で、理解し合えない関係性ですが、ドラマを見てくださる方に“なんかあのコンビいいよね”と言ってもらえるような空気感を二人で作っていければと思っています」と共演に意欲を見せる。  また、今作が20代最後の連ドラとなることについて「一つの節目ですよね。今思えば、これまで出演させていただいた作品は、実年齢よりも若い役が多かった印象です。ですので、30代になっても20代の役、30歳で等身大の30歳の役、かと思えば上の年齢の役もこなせる30代を目指していきたいです」と前向きにコメントしている。  新ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、フジテレビ系にて4月23日より毎週日曜21時放送。

  • 観月ありさ、連ドラ主演30作目で“骨好きな変人”櫻子さんに

    観月ありさ、連ドラ主演30作目は“骨好きな変人”役! 櫻子さんシリーズがドラマ化

    エンタメ

     女優の観月ありさが、4月スタートの新ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)で、主演を務めることが分かった。観月にとって、連続ドラマ主演は26年連続、記念すべき30作目の節目の作品となる。@@cutter 同作は、2012年に「電子書籍大賞ミステリー部門」を獲得し、単行本がシリーズ累計100万部を突破した人気の同名Web小説が原作。観月が演じるのは、美人で名家のお嬢様であり、三度の飯より“骨”を愛する女性・九条櫻子。日本に数名の骨格標本を組み立てる“標本士”の櫻子が、ある人間の白骨死体をきっかけに、その謎を解き明かしていく。  これまで『ナースのお仕事』(フジテレビ系)の朝倉いずみ、『斉藤さん』シリーズ(日本テレビ系)の斉藤全子など、さまざまな主役に挑戦してきた観月は、みずからの節目について「純粋に役をいただけて“26年連続”という記録を更新できることにとても感謝しています。それと同時に、今作は通算“30作目”というのも感慨深く、感謝を忘れずにこれからもがんばっていきたいと思います」とコメント。  本作にあたり、「またひとつ新しいキャラクターを演じられるのが楽しみ」と思いを述べるが、「これまでも“朝倉いずみ”や“サザエさん”など、とても個性的なキャラクターを演じさせていただきましたが、今回もタイトルに負けないようインパクトのある“櫻子さん”演じていきたいです」と、意気込みを語っている。  連続ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、フジテレビ系にて4月より毎週日曜21時放送。

  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』山崎賢人 ビジュアル解禁

    山崎賢人、グレートだぜ『ジョジョの奇妙な冒険』仗助ビジュアル解禁!

    映画

     生誕から30年を迎える人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』を実写化した映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8月4日公開)より、山崎賢人演じる主人公・東方仗助のビジュアルが解禁となった。@@cutter シリーズ累計発行部数1億部を記録し、文化庁が主催する日本のメディア芸術100選マンガ部門では第2位にランキングされた『ジョジョの奇妙な冒険』。ルーブル美術館での作品展示、グッチとのコラボが話題となるなど、海外でも高く評価されており、多方面で注目されている。今回映画化されるのは第4部『ダイヤモンドは砕けない』。この極上のサスペンスを、シリーズ化を見据えた製作体制で挑む。10月より始まったスペイン・シッチェス、そして日本での撮影も終了し、現在は編集中。  山崎のほかに仗助の同級生・広瀬康一役を神木隆之介、同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を真剣佑、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、殺人犯・片桐安十郎役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介と日本映画界を代表する豪華俳優陣が結集!  今回解禁となったのは、主人公仗助の特別ビジュアル。仗助は杜王町に住む高校生で、人当たりが良くモテる人間だが、自慢の髪型をけなされると激昂する一面を持つ。「グレート」という口癖、不良っぽい喋り方や、個性的な髪型とファッションで魅力溢れるキャラクターだ。解禁となった実写版仗助ビジュアルでは、山﨑が個性的な髪型に、アクセサリーが胸元と襟元についた学ランに身を包んでいる。  山﨑は「仗助自身髪型と服装にすごくこだわりを持っているので、この髪型をセットして衣装を着ると、仗助として気合が入る。仗助を演じるのに見た目から入るというのはかなり重要なことでした。そしてこの髪型と衣装はシッチェスの街にものすごく馴染み杜王町そのものだと思いました」と、自身の演じた役柄同様に髪型と衣装がいかに重要であったかを明かしている。

  • 実写版『ジョジョ』公開は2017年8月4日!

    映画『ジョジョの奇妙な冒険』2017年8月4日公開! スペインロケに手応え

    映画

     生誕から30年を迎える、荒木飛呂彦による大人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の公開日が、2017年8月4日に決定した。@@cutter 本作は、シリーズでも屈指の人気を誇る第4部『ダイヤモンドは砕けない』の実写版。原作では、杜王町に住む高校生の主人公・東方仗助が、同級生の広瀬康一、仗助を導く空条承太郎ら個性的な仲間とともに、スタンドと呼ばれる特殊能力を使って、町で起こる様々な事件を解決していく姿が描かれた。  実写版のキャストには、主人公の仗助役に山崎賢人、康一役に神木隆之介、同級生の山岸由花子役に小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役に岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役に真剣佑と、名実ともにトップレベルの若手俳優が集結。また、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯・片桐安十郎役に山田孝之、承太郎役には伊勢谷友介と、ベテラン俳優陣がその脇を固める。  撮影は、10月よりスペイン・シッチェスでスタート。同地での撮影も無事終了し、現在は日本での撮影が行われている。メガホンを取る三池崇史監督は、「シッチェスの街はこの作品のコスチュームも映えるし、撮影するごとに馴染んでくる。スペインの市街地の路地でシーンをとるとピッタリだった」とスペインでの撮影に自信をのぞかせている。  映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は2017年8月4日公開。

  • バリ島での結婚式を振り返った観月ありさ

    観月ありさ、南果歩&渡辺謙に祝福された結婚式を語る 終了後は一転、どん底に…

    エンタメ

     女優の観月ありさが2日、TBSのバラエティ番組『A‐Studio』に出演。昨年、一般男性と結婚した観月は、交友のある女優・南果歩らから受けた幸せな“結婚式サプライズ”の様子や、一転してどん底に突き落とされたという“その後”を回想していた。@@cutter 2015年にインドネシア・バリ島で結婚式を挙げた観月。その際に南がサプライズで登場、さらにその南の計らいで、ダブルサプライズとして南の夫の渡辺謙も登場することに。二人はホテルの従業員の格好をして、観月のそばに近づき、当初段取りにはなかったバルーン交換の際にサプライズで登場したという。  「嬉しかったですね。果歩さん優しいから…」とその時は幸せな気持ちに満たされていた観月だったが、結婚式が終わり、出席者が帰国する段になると、なんと近隣のロンボク島リンジャニ山が噴火し、帰国便が飛行を見合わせるという非常事態に。観月らはあたふたと出席者の帰国をどうするかと奔走、一気にどん底の気分にまで落ち込んだが、出席者らとやり取りをしていくうちに「絆ができましたね」と当時を振り返る。  当初から歌を歌うことを目指してデビューしたという観月は、今年でデビュー25周年を迎える。14歳のころ、ドラマ『もう誰も愛さない』(フジテレビ系)にて、当時22歳だった吉田栄作と共演。MCの笑福亭鶴瓶の事前調査による吉田へのインタビューで「(観月が)へらへら笑って大丈夫かな?と当時思っていた」とのコメント。  その時を振り返り観月は「当時(吉田が)若かったころとがっていたし怖かったんですよね。ドラマの現場もピリピリしていたし。さらには呼び出されて怒られるようなこともあって。だから逆に和ませようとしていたんですけどね」と当時の思いを回想。そんな吉田とは2012年のドラマ『東野圭吾ミステリーズ』(フジテレビ系)で、今度は恋人役として共演。現在は飲みに行くような間柄であることも明かしている。

  • 若かりし日の自分との2ショットを披露した観月ありさ

    観月ありさ、若き日の自分との2ショットに反響「伝説の少女だったもんね」

    エンタメ

     女優の観月ありさが18日、自身のインスタグラムを更新。若かりし日の自分との2ショットを公開し、ファンからは「小さい頃から超可愛いですね」「伝説の少女だったもんね~」などの反響があった。@@cutter 観月は11月23日に放送されるテレビ朝日のバラエティ番組『あいつ今何してる?2時間スペシャル』での一コマを切り取り投稿。学生時代の制服姿を披露して、「懐かしい同級生が沢山!!!友達の想いに泣いてしまった一幕も!みんな大人になって幸せに暮らしていて本当に良かった」と振り返っている。  写真を見たファンからは、「小さい頃から超可愛いですね」「末広がり眉毛が大好きでした!またこの形に戻してくださぁい」「可愛過ぎますー!!!」「伝説の少女だったもんね~」など、観月のビジュアルを絶賛する声が寄せられている。  観月は1991年5月にシングル「伝説の少女」にて歌手デビュー。今月15日には、デビュー25周年を祝うベストアルバム「VINGT‐CINQ ANS」を、自身の誕生日である12月5日にリリースすることを発表している。

  • 観月ありさ、ジョニー・デップとともに

    観月ありさ、ジョニー・デップとにっこり!豪華ツーショットに驚きの声

    エンタメ

     女優の観月ありさが12日、自身のインスタグラムアカウントにて、ハリウッドスターのジョニー・デップとのツーショットを公開した。デップに肩を抱かれ満面の笑みを浮かべる観月に、羨望の声が多く寄せられている。@@cutter デップは11日、東京・両国国技館にて行われた音楽イベント『THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016』に登場。ミュージシャンとしての姿を日本で初披露しており、この写真はそのバックステージでのものだ。  この写真には「わーお!ジョニー・デップさんかっこいいし、ありさちゃんはいっつも美しい」「素敵過ぎます!テンション上がりました」「ありちゃん 凄い!ジョニー好きだからうらやましい~」「ジョニーに会ったとか羨ましい!」「え!すごっい!2人並んでいても何の違和感ない感じもさすがです」と二人の姿を絶賛しながら、観月をうらやましがる声が続出した。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access