山崎静代 関連記事

  • 山田涼介主演ドラマ『セミオトコ』共演者が決定(左上から)阿川佐和子、壇ふみ、木南晴夏(左下から)やついいちろう、山崎静代、北村有起哉

    木南晴夏、山田涼介演じる『セミオトコ』と恋に落ちるアラサー女子に

    エンタメ

     女優の木南晴夏が、Hey!Say!JUMP・山田涼介主演の7月スタートの連続ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)でヒロイン役を務めることが発表された。木南は本作について「一体どんな展開になるのかとドキドキしながら楽しみにしております」と語っている。@@cutter 本作は、『南くんの恋人』(テレビ朝日)、『ちゅらさん』(NHK)など数々のヒットドラマを生み出し、近年ではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で橋田賞を受賞した脚本家・岡田惠和による完全オリジナルストーリー。都心からちょっと離れた郊外のアパート「うつせみ荘」を舞台に、山田演じる人間の姿になったセミとうつせみ荘で暮らす女性との7日間限定の生活を描いていく。  本作で木南が演じるのはうつせみ荘に住むアラサー女性の大川由香。食品工場に勤めており、人と円滑なコミュニケーションをとることが苦手というキャラクター。セミの命を救ったことから猛烈に感謝され、ワケもわからぬまま7日間だけ一緒に過ごすことになってしまう。  木南は「セミとのラブストーリーとお聞きし、それだけでもう面白そうだなと思いました」とコメント。さらに「セミオトコとの関係だけではなく、色々抱えている登場人物の皆さんとの関係やその後起こるであろう変化を、岡田さんの織り成す物語の中で、全身で感じながら演じたいと思います」と意気込みを語った。 一方、木南との共演について山田は「木南さんはパンがとても好きだと伺っているのですが…実は僕も大好きなんですよ!」と明かすと「僕より圧倒的にお詳しいと思いますが、ドラマの撮影期間中にはぜひパンについていろいろ語りたいなと思っているんです」と話している。 また木南のほか、うつせみ荘の大家を務める庄野ねじこ・くぎこ姉妹役に阿川佐和子と壇ふみ、うつせみ荘で暮らす絵本作家・岩本春役を山崎静代、住人役でやついいちろう、北村有起哉も出演することが決定した。  ドラマ『セミオトコ』は、テレビ朝日系にて7月より毎週金曜23時15分放送。

  • (左から)入籍発表会見に登場した山里亮太、蒼井優

    蒼井優、夫・山里亮太は「間違ってないんだなって思わせてくれる」

    エンタメ

     南海キャンディーズの山里亮太と女優の蒼井優が5日、結婚報告会見を都内で開催。6月3日に入籍した二人は、お互いを名前で呼び捨てし合っていることや、お互いの魅力などを明かした。当日は二人を祝うために、山里の相方で蒼井の親友であるしずちゃんもボクシンググローブを付けて登場。山里に強烈なボディを見舞って会場を笑いで包んだ。@@cutter 蒼井は交際開始当初から結婚を意識していたという山里に惹かれた理由について「一緒にいて、しんどいくらい笑わせてくれる。あと、人に対しての、感動することと、許せないことのラインが一緒だったり。金銭感覚が似ていることと、冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める(笑)」とコメント。  一方の山里は世間が蒼井に対して「魔性」のイメージを抱いていることを踏まえ「僕は、そんな人間じゃないっていうのを一緒にいてずっと見ていたので、皆さんが思う魔性から発生する心配っていうのは一切ございません」と断言。そんな二人は、本来は名前で呼び捨てし合っているそうで「優」「亮太」と呼び合って会場を沸かせた。  蒼井は大切なものを失くしがちなために結婚指輪を断ったことにも言及し「何かを一緒に経験することに(お金を)使ってほしいかなと思って」と、その理由を説明。山里は、指輪の代わりに旅行を計画しているとのことで「山里が、好きなところに行って楽しんでいる時間をくださいっていう子なので」と、蒼井の人柄を明かした。  その後、蒼井は山里の仕事に対する姿勢を尊敬していると言い「(自分は)基本的には怠け者なんですけど、実際に仕事に入るとなったら、とことんやってしまうんです。山里さんを見ていると、それで間違ってないんだなって思わせてくれるので、とても勇気が湧きます」とコメント。  これを受けた山里は「これからも皆さんに育てていただいて。この最高に楽しい世界でまだ生きていけるように、全力で頑張って。いま優さんが言ってくれたみたいに、仕事に全力で打ち込んでいる姿を好きと言ってくれた優さんのために、その姿が一生見せられるようにですね、これからも頑張っていきます」と決意を新たにしていた。

  • 映画『ゴーストバスターズ』女子バスターズとケヴィン

    『ゴーストバスターズ』玄田哲章ら声優も30年越しに続投!「全力で頑張っています」

    映画

     映画『ゴーストバスターズ』(8月19日公開)は、1984年公開のオリジナル版を女性版としてリブートした作品だが、実は故ハロルド・ライミス以外の主要キャストが本作にカメオ出演、合わせて日本語吹替えも約30年の時を経て同じ声優が同キャストの声を続投している。@@cutter 再度、声の出演を果たしたのは、安原義人(ビル・マーレイ)、玄田哲章(ダン・エイクロイド)、菅原正志(アーニー・ハドソン)、駒塚由衣(シガニー・ウィーバー)の大御所声優4人。安原は「30年ぶりにこの作品が復活し、まさかそこにビル・マーレイが出演していて、また演じられるとは思ってもみませんでした。とても運命を感じました」と歓喜のコメント。  玄田は「あの『ゴーストバスターズ』が帰ってきた!と思ったら、なんと女性版…!出番は少ないですが、全力で頑張っていますので、是非劇場へ!!レディたちのパワーは凄いです」と新作に期待を寄せる。さらに駒塚は「1~3に出演したメンバーの再登場シーンに制作者のシャレを感じる、嬉しくて楽しいアテレコ作業でした!シガニー・ウィーバーはとんでもないところに登場するのでお楽しみに!」と明かしている。  またオリジナルメンバー以外の声優も豪華だ。女子バスターズの元物理学者エリン(クリステン・ウィグ)は女芸人の友近、心霊学者アビー(メリッサ・マッカーシー)は渡辺直美、天才科学者ホルツマン(ケイト・マッキノン)は声優の朴ロ美、ゴースト追跡係パティ(レスリー・ジョーンズ)は大御所声優くじらが務めている。女芸人の椿鬼奴と山崎静代はそれぞれホテルのフロント役とレポーター役で出演、チョイ役ながら本作を盛り上げている。さらに受付ケヴィンを演じるクリス・ヘムズワースは森川智之が担当。  特別上映会で日本語吹替版を観た人からは「友近のエリンは特にキュートで好き!日本ローカルネタなんかもあって面白かった」、「ゴーストバスターズジャパンの声もしっくり。森川さんと玄田さんの声も聞けて幸せ」など絶賛の声が相次いでいたという。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』囲み取材の様子

    本郷奏多、『ダンガンロンパ』再演に自信!「絶対良くなっています」と断言

    アニメ・コミック

     俳優の本郷奏多が、『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』の公開ゲネプロと囲み取材に出席。主人公・苗木誠を再び演じる本郷は「演出がかなり変わって、前回見て頂いた方にも楽しんで頂けると思う。(前作よりも)絶対より良くなっています」と自信をのぞかせた。さらに、「最後大きく変わっているところが1箇所ある。ダンガンロンパが好きな人だったら『おぉ』と唸ってしまう変更点になっている」とも明かした。@@cutter 本作は、シリーズ累計80万本以上を販売する人気ゲームの初舞台化作品『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』(14)の再演。囲み取材には、本郷のほか、神田沙也加、岡本玲、中村優一、七木奏音、松風雅也、山崎静代(南海キャンディーズ)が出席した。  江ノ島盾子役の神田は「自分史上、最難・最強の役。どんなにお稽古しても時間が足りない。本当にもう初日になってしまうのかという気持ちがある」と現在の心境を吐露。本シリーズとの関わりについて問われると、「ファンですね」と回答。「ゲームからやり込んで新作を心待ちにして、アニメシリーズに興奮して、グッズをいっぱい買って、ガチャガチャして。江ノ島盾子というキャラクターがファンとして好きで、舞台化されるときに自分がその大好きな存在になれることは、非常に特別なこと。私にとってシンデレラストーリーを頂いた気持ち。だからこそ責任をもって、ファンとして最後までやり遂げたい」と“ダンガンロンパ愛”をにじませた。  大神さくらに扮するしずちゃんは今回、セーラー服で格闘シーンにチャレンジする。「この格好でやるのでパンティーが見える。それが何回見えるのかが見どころ」と話して会場を沸かせ、全身筋肉の特別衣装を着た上からスカートをめくって報道陣にサービスする一幕も。そして「今まで舞台の上で山ちゃんを殴ってきたことをどんどん活かしていきたい」と語った。  舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は東京・Zeppブルーシアター六本木にて6月16日~26日、名古屋・東海市芸術劇場(ユウナル東海)にて7月1日~2日、大阪・サンケイホールブリーゼにて7月7日~10日、神奈川・関内ホール 大ホールにて7月14日~16日上演。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』公開ゲネプロの様子

    舞台『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』公開ゲネプロ<フォト特集>

    アニメ・コミック

    2016年6月16日より上演予定の、舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』公開ゲネプロの様子を写真でお届けします。

  • ゴーストバスターズ・ジャパン 会社設立発表会の様子

    椿鬼奴、「家計が火の車」 『ゴーストバスターズ』のPRでプライベート暴露

    映画

     映画『ゴーストバスターズ』の公開に先駆けたイベント「ゴーストバスターズ・ジャパン 会社設立発表会」が6日都内で開催され、友近、渡辺直美、椿鬼奴、山崎静代(南海キャンディーズ)が出席。旧作からイメージも刷新し、4名の女性“ゴーストバスターズ”が活躍する本作にちなんで登場した人気女性芸人たちは、作品のヒットを祈願した。@@cutter 『ゴーストバスターズ』シリーズは、オリジナルの公開から32年の歴史を誇る名作SFコメディ。最新作では、ニューヨークで幽霊退治を行う“ゴーストバスターズ”のメンバーを女性に入れ替えたリブート。イメージをガラリと変えた『ゴーストバスターズ』に期待の声が高まっている。  「ゴーストバスターズ・ジャパン 会社設立発表会」と銘打ったこの日のイベントでは、代表取締役に就任した友近の所信表明に続き、広報担当役員の渡辺、財務担当役員の椿、営業担当役員の山崎が登場。昨年、画像共有SNS「インスタグラム」で国内著名人ランキング1位に輝いた渡辺は、「ゴーストを捕まえてインスタグラムに載せたい」と表明し、「どんな映画宣伝部にも負けない意気込みで、作品をPRしていきたい」と決意を語る。  山崎のボクシング経験を活かした「各地の劇場へ売り込みのために殴りこみます」と意気込みに続いて、資産管理を担う椿は「世帯主としてやっているけど家計が火の車」とプライベートを暴露し、「会社のお金をプールしてギャンブルで増やしていきたい」と、思わぬコメントに記者の笑いを誘う。  イベント終盤、興行収入100億円のマニフェストと、達成した先で株式会社設立を目標にした友近は「会社もゴースト。じつは幽霊会社なんです」と作品にちなむ発言をして、この日のイベントを締めくくった。  映画『ゴーストバスターズ』は8月19日から公開。

  • 本郷奏多、舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』制作発表会見

    本郷奏多、南キャン・しずちゃんの“超高校級マッチョ姿”に「スゲー」感動

    アニメ・コミック

     本郷奏多が26日、舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』の制作発表会見に、総勢19名の共演者、演出家の田尾下哲とともに登場。発表会見で初披露された南海キャンディーズ・山崎静代扮する大神さくらのビジュアルが公開されると、その“超高校級のマッチョ姿”に「スゲー」と圧倒された様子を見せた@@cutter 本作は、2014年に好評を博した『ダンガンロンパ THE STAGE』の再演作。今回は全国4都市でツアーを実施することが決定しており、新キャストとして中村優一、南海キャンディーズ・山崎静代らが出演する。制作会見では、舞園さやか役に選ばれた元アイドリング!!!の後藤郁の出演が発表されている。  苗木誠を演じる本郷は「再演できて非常にうれしい」と喜びをコメント。「2016年は新しいアニメシリーズが始まって、“V3”という新作ゲームソフトも出ます。ダンガンロンパの年になると思います」と宣言する。    “超高校級のギャル”の江ノ島盾子役として再出演する神田沙也加は、「久々に生身として舞台に帰ってくることができました。不安な気持ちもあり、“またダンガンロンパ始まるぞ!”という気持ちもあります」と本音をのぞかせ、「彼女(江ノ島)が超高校級のギャルなので、強気に“腕が鳴る”くらいに言いたい。年代的にはもう、最後の制服姿になるかもしれませんね」と笑みをこぼした。  初出演の山崎は、“超高校級の格闘家”である大神さくらを演じる。「ボクシングをやっていたのでそれをちょっとでも活かせたら」と話し、「ムキムキでものすごく強いけど、心は優しくて乙女な部分を持っている。どこかで乙女感を出せれば」と抱負を述べた。  イベント最後に山崎の山神姿が披露されると、本郷は「スゲーなと思う。しずちゃんさんにピッタリだと思っていた。大きいし強いし、女性的なところもあって。非常に楽しみにしている」と期待を寄せた。  舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は、6月16日のZeppブルーシアター六本木の東京公演を皮切りに、全国4都市で公演予定。

  • 南キャン・しずちゃん、海外ラグビー選手との婚活希望「強い巨人が産める気がする」

    南キャン・しずちゃん、海外ラグビー選手と婚活希望!?「強い巨人が産める気がする」

    アニメ・コミック

     南海キャンディーズの“しずちゃん”こと山崎静代が11日、コーエーテクモゲームスが2月18日発売の新作ゲーム『進撃の巨人』の完成発表会にサプライズ登場。とろサーモンの村田秀亮、こりゃめでてーなの大江健次と共に本作をPRし、相方の山里亮太や自身が恋の相手として紹介された“ラグビー関係者”について語った。@@cutter 本作は、同名の人気TVアニメのゲーム化作品。作中では、アニメの世界観をモチーフにタクティカルハンティングアクションが展開され、100体以上の巨人が登場するという。プレイヤーは原作でおなじみの“立体機動装置”を駆使して巨人を駆逐していく。4人でのオンライン協力プレイのアップデートも実施する予定。    ステージに登場した大江は「吉本(興業)に入ったのもキース(・シャーディス)教官のため」と、同じスキンヘッドの登場キャラクターの名を挙げてはしゃぎ、村田は「8m級の巨人」が好みとコメント。“進撃愛”をアピール。  さっそく本作をプレイしようとすると、ステージの照明が赤くなってスクリーンに超大型巨人の映像が流れ、超大型巨人の顔が次第にしずちゃんに变化。しずちゃんは巨人ばりにセット上から顔を出して開口一番、「お前ら喰べるぞ!」と声を上げて会場を盛り上げた。  プレイ終了後には、村田と大江のプレイぶりを横から見つめていたしずちゃんが、「巨人の種類が多いから、自分に一番近い巨人はどれか探す楽しみがある」と“巨人目線”でコメント。本作にちなんで、跡形もなく駆逐したいものを問われると「山ちゃん」と回答。「ものすごい腹黒い、人の悪口が大好きな人間。ああいう悪は駆逐したほうがいいかな」と積年の恨みつらみをにじませた。  また「ラクビー関係の人に出会った」と最近の恋バナを披露。「今度、トンガの選手とかを紹介してもらいたい。強い遺伝子を頂けるから、すごい強い巨人が産めるような気がする」と本作にかけた発言で締めくくった。  ゲーム『進撃の巨人』は、PlayStation4、PlayStation3の価格は7800円(税別)、PlayStation Vitaからは6800円(税別)で、2月18日発売予定。

  • 山崎静代、『ヒーローマニア』で“オカッパおばさん役”

    南キャンしずちゃん、4年ぶり映画出演!『ヒーローマニア』で衝撃オカッパおばさんに

    映画

     人気漫画家・福満しげゆきの代表作「生活【完全版】」を、『ソフトボーイ』『花宵道中』などで知られる豊島圭介監督が実写映画化した『ヒーローマニア‐生活‐』。本作に、映画出演は4年ぶりとなる山崎静代(南海キャンディーズ)が出演することが分かり、あわせて山崎の衝撃的な“オカッパおばさん”ビジュアルが解禁となった。@@cutter 『ヒーローマニア‐生活‐』は、東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、片岡鶴太郎ら豪華キャストで贈るアクションエンターテインメント。社会が裁ききれない小さな悪を成敗する自警団の活躍を描き、東出がヘタレなフリーターというこれまでにない役柄を演じることでも話題の作品。  山崎が演じるのは、街に出没していつもブツブツつぶやくオカッパおばさん。東出演じる中津らが遭遇するたび、ハッとびっくりしてしまう人物で、物語の終盤に驚くべき展開を演出するキーパーソンでもある。  「現代が生み出した、災害的な人間だけど“地球が生み出した人間”」と監督から説明を受けたという山崎。「演じてみて、楽しかった」と振り返り、共演の東出について「すごく気さくな方で、初めてお会いした時からいっぱい話してくださいました。(相方の)山ちゃんと仲がいいと聞いて『あぁ、山ちゃん側の人間か』って(笑)。でも、 すごく優しい方だなという印象」とその人柄に惚れ込んだ様子。  一方、窪田については「分からないことが多い謎な感じ。つかみどころがなさそうというか、不思議な魅力があります」とコメント。女子高生カオリ役の小松に対しては「今度生まれ変わるならあんな子になりたい。可愛いし大人っぽいし、両方の魅力を持っている」と絶賛した。  映画『ヒーローマニア‐生活‐』は5月7日公開。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』に出演する山崎静代

    南キャン・しずちゃん、舞台『ダンガンロンパ』に出演! 最強女子高生・大神さくら役

    アニメ・コミック

     大ヒット人気ゲームの舞台化『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山崎静代が“超高校級の格闘家”大神さくら役を務めることが分かった。山崎は「改めて、大きく生まれて良かったな、格闘技をやってて良かったなと感じております」と喜びを明かしている。@@cutter 全公演ソールドアウトになるほどの大好評を博した舞台化第2弾『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』(主演:横浜流星)の千秋楽にて、同作を主演・本郷奏多の続投で全国4都市での再演決定を発表。このたび“超高校級の御曹司”十神白夜役にドラマ『仮面ライダー電王』『もやしもん』『薄桜鬼SSL』の中村優一、“超高校級の格闘家”大神さくら役に山崎が新たに発表された。  山崎は「決められた範囲の中でのサバイバルをするという、まさに私の好きな設定」とアマチュアボクシング選手だった自身と役どころをリンクさせ「しかもめっちゃムキムキで強いのに、とても心優しい女性という理想的な役をやらせていただけるのがありがたいです」と感激。  初演を見てキャストの熱に圧倒されたという中村は「今回出演出来る事がすごく嬉しい」とはずむ気持ちを語り、「中村優一版、十神白夜を楽しみにして頂けたらと思います。精一杯頑張ります」と力を込めた。  共演には岡本玲、七木奏音、松風雅也、長田庄平(チョコレートプラネット)、松尾駿(チョコレートプラネット)、雨野宮将明、池端レイナ、宮下雄也、村田充、杉江大志らが並ぶ。  『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は東京・Zeppブルーシアター六本木にて6月16日から26日、名古屋・東海市芸術劇場(ユウナル東海)にて7月1日・2日、大阪・サンケイホールブリーゼにて7月7日から10日、神奈川・関内ホール 大ホールにて7月14日から16日上演。

  • 『恋の三陸 列車コンで行こう!』取材会に登壇した松下奈緒と安藤政信

    安藤政信、松下奈緒に首ったけ?「本当に恋してきた」

    エンタメ

     俳優の安藤政信が12日、NHKの特集ドラマ『恋の三陸 列車コンで行こう!』の取材会に登場。本作についてや東北復興への思いを語ったほか、共演する松下奈緒の美しさに目を奪われ、困っていることを明かした。@@cutter 本作は、東北の三陸地方、岩手県大船渡市を舞台にしたハートフルなラブコメディ。東北の復興や町おこしに取り組む人々の恋愛や仕事に生きる様を、コミカルなタッチで描き出す。コタツ座りによる取材会には安藤、松下、そして山崎静代、村上弘明、松坂慶子の5人が参加した。  西大船渡市役所に勤める主人公・岩渕由香里を演じる松下は、男女の出会いの場を提供する列車を使った合コン「列車コン」のイベント担当者の一人。作中で使う方言について「カットがかかってからアドリブで色んなことをやるのがテーマになっています。そのアドリブのときにどういう言葉を発するのか、毎回ドキドキする」と明かす。方言の「勢いや濁音も大事にしている」と口にしたほか、「(方言である)“バババ”という言葉はこんなにもよく使うんだ、と驚きました。しゃべっていて面白い」と語った。  由香里の姉の夫・大迫達也役の安藤は、東京から大船渡市に来た都会人を演じるため東北弁を話す必要がないものの、「たまに釣られてイントネーションがおかしくなっちゃう。それくらい皆さんうまい」と共演者を絶賛。  松下演じる由香里との間には、「すごい距離感」から恋心が徐々に芽生えるという。安藤は「最初の頃はリアルに(精神的な距離感が)遠くて芝居として成立していた」と振り返るも、「毎日会っていって『キレイな目だな』『キレイな人だな』とか思っていくと、だんだん本当に恋をしてきた」とまるで愛の告白のような語り口に。  「岩手から東京に戻ってきて1話のシーンから撮っているのですが、距離感がよく分からなくなって、今すごい大変。(演じるにあたって)距離感がなきゃいけないのに、『ステキだな』とか思っている自分がいて……頭のなかがグチャグチャ」と松下の美貌に首ったけのようだ。  特集ドラマ『恋の三陸 列車コンで行こう!』はNHK総合にて、2月27日より土曜22時放送。(全3回)。

  • 山里亮太、『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー』完成披露イベントにて

    新年も“絶口調”の南海・山ちゃん、ネット炎上にも余裕?

    映画

     南海キャンディーズの山里亮太と山崎静代が6日、映画『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』の完成披露イベントと舞台挨拶に登壇。コンビで本年初仕事となった場で、山里は今年の抱負に「M-1グランプリ」を挙げるも、山崎は「女優業をがんばりたい」と語って会場を沸かせた。@@cutter 本作は、40周年を迎えた「スーパー戦隊シリーズ」の第39作目「手裏剣戦隊ニンニンジャー」と前作「烈車戦隊トッキュウジャー」のコラボレーション作。イベントと舞台挨拶には、手裏剣戦隊ニンニンジャーの6名と烈車戦隊トッキュウジャー6名の他、劇場版ゲストとしてマッドサイエンティスト・闇博士マーブロを演じる山里、そして特別応援隊長の山崎が登場した。  劇中の姿で登場した山里は、集まったファンに向けて「皆まだ映画観てないのかな? 観たら僕を嫌いになるよ」と太鼓判を押し、手を振ると子供が凍りつく場面も。「今までは女子中高生までででしたが、これからは子供からも嫌われるとなると覚悟をしないと」と語り笑いを誘った。  イベント中盤、山崎はサルの着ぐるみで乱入。「こんなイケメンだらけの合コンに呼んで頂いて…」とボケをかました。今年の抱負を問われた山里は「南海キャンディーズとして一緒に」と山崎に呼びかけ、「M‐1を……」と言うや否や、山崎は「ドラマをがんばりたい」と被せチグハグな様子を見せると会場は爆笑。  山里は舞台挨拶でも“絶口調”。戦隊ばりの決めポーズを迫られるムチャぶりも「(ネットの)炎上なんか、おいらにとってキャンプファイヤー!」とかけ声まじりで鮮やかに回避。さらに演じた役柄にちなんで、誕生日が近い女性陣に“闇色に染めるため”の黒バラをプレゼント。花束を受け取った女性陣から「気持ち悪い」と声が飛ぶと「何なら、電話番号を添えてもいいけど」とサービスするも全員に拒否された。  映画『手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』は、1月23日ロードショー。

  • しずちゃん、竹中直人に「声が可愛い」と褒められて胸キュン

    山崎静代、竹中直人に「声が可愛い、一緒にお芝居がしたい」褒められ胸キュン

    映画

     お笑い芸人の山崎静代(南海キャンディーズ)が29日、都内で行われた映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』大ヒット舞台挨拶にマーベル女子ファッション姿で出席した。お気に入りのヒーローにハルクをあげた山崎は「自分と重ねて観ていた。優しい怪物ということで親近感を感じる」とコメント。この日は、竹中直人(日本語版:ニック・フューリー役)もサプライズで登場し、作品をアピールした。@@cutter 本作は、マーベルコミックスのヒーローが一堂に会するアクション巨編の第2弾。アイアンマンこと“戦う実業家トニー・スターク”を始めとする“最強チーム”アベンジャーズの愛のための闘いを描く。日本を加え、公開47の国と地域でオープニング興行収入No.1を獲得している。  アベンジャーズ大好き芸人を代表して登場した山崎は、アイアンマンTシャツに水玉のスカート、ブラック・ウィドウのアニメが描かれたクラッチバックを手に持ったマーベル女子ファッションで登場。水玉模様のひらひらスカートに「普段ははかないので風がスースーする」と言いつつもまんざらではない様子。そんな山崎に、竹中も「可愛いじゃないですか」と笑顔をむけ、山崎を照れさせていた。  初対面だという山崎と竹中だが、竹中は山崎の印象を「圧倒的に声が可愛くて…。いいですね。舞台とかで一緒にお芝居がしたいな」とラブコール。山崎は「声をほめられたのは初めて。嬉しいです。ぜひお願いします」と乙女心を覗かせる。  同作の魅力について山崎は「圧倒的なアクションシーン、男同士の友情、ヒーローたちの肉体美、ハルクとブラック・ウィドウの恋愛模様、一つの映画で全部観られて最高!」と手放しで喜ぶ。竹中はブラック・ウィドウ役を務めるスカーレット・ヨハンソンの大ファンであることを明かし、「今回彼女の過去が暴かれて、影の部分が描かれていて、渋い。アクションシーンもすごい。たまらない」と大絶賛した。  『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は公開中。

  • 『アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子』完成披露試写会に出席した米倉涼子

    米倉涼子、謎多き斎藤工に興味持つも“トイレが故郷”発言に「なんか嫌」

    エンタメ

     フジテレビ系土曜プレミアムスペシャルドラマ『アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子』の完成披露試写会が4日都内で行われ、主演の米倉涼子、共演の渡部篤郎、斎藤工、岩下志麻らが出席した。@@cutter 不倫ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち』で上戸彩の不倫相手を演じるなど、現在人気急上昇中の斎藤に興味津々の米倉は「渡部さん、一回(斎藤を)酔わせてボロボロにしたいでしょ?」と生真面目風な斎藤を酔い潰したい様子。  米倉の「酔って死んじゃったことないの?」との質問に斎藤が「なくはないですね」と答えると「見てみたい!」と大興奮。そんな米倉の喜び顔に斎藤は「今、ぞくっとしました」と、なぜか快感を覚えていた。  また、前述のドラマ『昼顔』の影響で、プロデューサーから「今日本で一番エロい俳優」などと紹介された斎藤が「作品がエロいだけで…」とモゴモゴつぶやくと、すかさず米倉は「今、役柄も私もエロいって言ったよね?」と追及。  斎藤はそんなツッコミにも慌てることなく「私も人並みにエロいです」と淡々と答え、さらに「手段を選ばずに没頭できること」を聞かれると「トイレにいる時間。便座にまたがり、ただただ時が過ぎていくあの時間は私にとって故郷。その時間を意識して、家に帰ったらすぐに故郷に駆け込むようにしています」と謎の告白。  それまで興味を持っていた米倉も、斎藤の独特すぎる世界観が明らかになるにつれ「なんか、途中から嫌になってきた」とさじを投げていたが、当の斎藤は「事実なんです。家のトイレには日本の家紋の本とかがいっぱい置いてありますよ」と周囲のリアクションに構わず、細かく解説していた。  本作は、作家・深町秋生による同名小説をスペシャルドラマ化。美しくファッショナブルなマル暴の女刑事・八神瑛子(米倉)が、裏社会との情報網を駆使して残忍な犯罪に立ち向かっていく。フジテレビ系土曜プレミアムスペシャルドラマ『アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子』は、8月9日21時スタート。

  • アラサー上原多香子のフレッシュなセーラー服姿!

    上原多香子“アラサー”セーラー服姿を披露!タクフェス舞台『夕‐ゆう‐』出演

    エンタメ

     宅間孝行が劇団「東京セレソンデラックス」解散後に新たに立ち上げた「TAKUMA FESTIVAL JAPAN」(タクフェス)の第二弾公演『夕‐ゆう‐』に、上原多香子がセーラー服姿で出演することが決定した。@@cutter 本作は、東京セレソンデラックスを「日本で一番泣ける劇団」とまで言わしめるきっかけともなった至極のラブロマンス。過去3回上演された人気作が、6年ぶりにパワーアップして帰ってくる。出演は、内山理名、高橋光臣、中山麻聖、藤吉久美子、 山崎静代(南海キャンディーズ)、阿部力、宅間孝行といった豪華な顔ぶれ。さらに、上原多香子が主人公の親友・薫役で出演することが決定した。  主宰の宅間は、上原の印象を「誰もが認める美貌の持ち主なのに、とても気さくで自然体」と評し、今回上原が演じる役が、皆の憧れの人でありながら、その美しさを誇示せず普通の女の子のように振る舞い、恋に一生懸命な女性であることから「絶対にハマる! 」と確信したという。さらに「物語では高校生から30代前半まで描かれますが、その変化の模様も上原さんなら魅力的に演じてくれると信じています。そして、せっかくウチに参加してくれるので、今まで見たことのない新しい女優・上原多香子を披露したいと思ってます」と期待と自信をアピール。  一方の上原は、タクフェス第一弾『晩餐』を観劇後、「タクフェスの舞台に立つこと」が自身の中で目標になっていたと語り、今回のオファーを受けて「驚きと喜びが同時に込み上げました。タクフェスの舞台に立てるなんて夢のよう。さらに台本を手にして感動で震えました。いろんな場面を想像してワクワクしてしています」と大喜び。「心を柔軟に、私なりの薫を精一杯演じたいと思います。今年の夏はタクフェスで燃え尽きるぞー! 」と気合十分。さらに、ポスター撮影でセーラー服を着たことについては「アラサーセーラー服…。『フレッシュな感じで! 』と言われとても恥ずかしかったです」と振り返るも、「本番は気持ちもフレッシュに学生時代を演じたいと思います」と新境地に立つ意気込みを見せた。  「TAKUMA FESTIVAL JAPAN」第二弾公演『夕‐ゆう‐』は、7月3日~21日まで池袋・サンシャイン劇場にて公演。その他、新潟、大阪、仙台、名古屋、札幌ほかで地方公演予定。

  • 南海キャンディーズの山崎静代こと、しずちゃんが7年ぶりにフラダンスを披露

    南キャンしずちゃん、笑顔で7年ぶりにフラダンスを披露!

    エンタメ

     1日、『25時のエアポート』で歌謡曲歌手としてデビューした、ハワイ出身・ジェニファーの新曲発売イベントが池袋サンシャインシティ・アルパ噴水広場で開催され、南海キャンディーズの山崎静代こと“しずちゃん”が激励に訪れた。@@cutter ジェニファーは、幼少のころからハワイで芸能活動を始め、グラミー賞歌手のSHAGGYのツアー参加、映画『フラガール』の劇中歌担当、そしてミュージカル『レ・ミゼラブル』『レント』でのヒロイン役を演じるなど、さまざまな経歴を持つ。『25時のエアポート』は、情熱的なラテンサウンドと昔懐かしい歌謡曲のテイストがミックスされたようなナンバーとなっている。    イベントでは、新曲『25時のエアポート』のほか、欧陽菲菲の『雨の御堂筋』、『フラガール』の3曲を歌い上げたジェニファー。「私にとって、歌謡曲は新しいサウンド。『雨の御堂筋』は、初めて聞いたときにとても感動したので思い入れがある。私も欧陽菲菲さんのように日本人の皆さんに、一生懸命、歌で思いを伝えたい」と話し、「将来は東京ドーム3日間ライブを開き、お客さんを満員にしたい」と抱負を語った。  『フラガール』では、ジェニファーの歌声に合わせて、しずちゃんが約7年ぶりにフラダンスを披露。会場からの「かわいい」との声に、「当たり前やろ」と返し、笑いを誘った。フラについては、「20分しか練習してない」と話していたが、ボクシングで鍛え上げられた精悍な肉体で見事な踊りを見せていた。  ジェニファーとしずちゃんは、映画『フラガール』公開当時のキャンペーン以来、約7年ぶりの再会となるという。日本語はペラペラだが、未だに漢字は「品川しか書けない」というジェニファーにしずちゃんから“日本語学習セット”をプレゼント。ジェニファーは、「うれしい。これで勉強します」と喜んだ。  悪性黒色腫のため7月23日に死去した、専属ボクシングトレーナー・梅津正彦さんの告別式では号泣していたしずちゃん。イベントでは気丈に笑顔で振舞っていた。

  • 「FF」大好き山ちゃん、暴言連発(?)のしずちゃん

    しずちゃん、声優・神谷浩史に「あんた誰?」と暴言 「FF零式」発売イベント

    アニメ・コミック

      お笑いコンビ・南海キャンディーズ(山里亮太・山崎静代)が27日、朝6時半から都内で行われたPSPソフト「ファイナルファンタジー 零式」発売カウントダウンイベントに出席。芸能界一「FF」ファンという山里に対して、興味なさ気な山崎は、好きな魔法を「ピョロリ。死んだら生き返る」と適当。登壇した声優の神谷浩史から野次られると、「あんた誰?知らん」と暴言を吐いていた。@@cutter  同作は、全世界で累計集荷1億本突破の「ファイナルファンタジー」シリーズの最新作。東方国家群「オリエンス」を舞台に4つの国のクリスタルを巡る衝突が描かれる。   黒チョコボを作るために学生時代を費やしたという山里は「しずちゃんのように、初めての人でも世界観を楽しむことが出来るはず」とフォローに必死だったが、グローブをつけた山崎の姿に「オリンピックを目指すから自分が呼ばれる。抱き合わせに心が痛まなくなった。オリンピックの話題がある限りついて行きたい」と開き直り。   それでも「防御を高めるならばプロテス、相手の力を見極めるならライブラがいい」とゲームの魔法に絡めて五輪へのアドバイスを送るが、自身の話になると「キャバクラに行って大金を払う魔法なら知っている」とリアルなエピソードを披露。一方の山崎は、この日のために前日朝7時から並んでいた男性がいるにも関わらず「こんな朝から売るんですか? 大体お店は10時くらいじゃないの?」と企画自体を否定していた。   集まった記者に気を使って、五輪に絡めた意気込みを聞き出そうとする山里に「ゲームのこいつらみたいに頑張って、オリンピックも頑張ります」と何とか応えた山崎だったが、そのあまりの乱暴さから山里からテイクツーの指示が。山崎は、オリンピックに出場した際の移動時間に触れて「ロンドンに向かう途中の移動時間に、このゲームをやりたいと思います」とアピールし直し、指南役の山里から何とかOKをもらっていた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access