ケヴィン・ハート 関連記事

  • 人気ボードゲーム「モノポリー」の実写映画版に出演するというケヴィン・ハート

    ボードゲーム「モノポリー」映画化、オスカー司会降板のケヴィン・ハートが主演か

    映画

     過去のツイートが問題視され、2月開催予定の第91回アカデミー賞の司会を降板した俳優のケヴィン・ハートが、人気ボードゲーム「モノポリー」の実写映画版で主演を務める可能性が高くなってきた。@@cutter The Wrapによると、ケヴィンが現在、最終交渉に入っているという。ケヴィンとアイス・キューブが共演する人気コメディ『ライド・アロング』シリーズで監督を務めるティム・ストーリーがメガホンを取るべく、やはり最終交渉に入っているという。ケヴィンとストーリー監督は、製作にも名を連ねるとのことだ。  日本でも発売されている「モノポリー」はアメリカ発のボードゲーム。土地や事業の売買、建物建設などで不動産の資産を増やしていき、他のプレイヤーを破産させて最後まで残った人が勝つというゲームだ。実写映画版には、ゲームの製造元である玩具メーカーのハズブロ系オールスパーク・ピクチャーズが、共同製作で参加する。  あらすじや他のキャストは不明。ボードゲームをベースにした映画では、ケヴィンも出演する映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が2018年に大ヒットしたのが記憶に新しい。ケヴィンは2019年に全米公開予定の同作の続編にも出演予定。

  • 2019年のアカデミー賞は司会進行役不在か

    今年の米アカデミー賞授賞式、30年ぶりに司会進行役なしで開催か

    映画

     現地時間2月24日に開催される第91回アカデミー賞授賞式。司会進行役に決まったコメディ俳優ケヴィン・ハートが過去の差別的ツイートを問題視されて降板するに至ったが、30年ぶりに司会進行役不在で授賞式を進める予定であるという。The Hollywood Reporterが報じた。@@cutter 司会進行役の人選が混乱したのは昨年12月初旬。ケヴィンの抜擢が発表されたのも束の間、ケヴィンが過去に同性愛者に差別的なツイートを行っていたことが発覚したためだ。アカデミー側から要求のあった公的な謝罪を拒否したケヴィンは、司会進行役を辞退した。  アカデミー賞の授賞式では通常、全体の司会進行を務める人物が選ばれ、当日は時事ネタやゲストのネタでジョークを飛ばして始まるというのがパターン化している。しかし情報筋の話では、今年は司会進行役を立てず、さまざまなセグメントをトップクラスの俳優に紹介してもらう計画で、現在、人選が進められているとのことだ。  ノミネーションの発表はまだだが、今年は『アリー/ スター誕生』のレディー・ガガや、『ブラックパンサー』のケンドリック・ラマー、『Dumplin’(原題)』のドリー・パートンなどが、映画音楽の部門でノミネートされることが予想されており、彼らに趣向を凝らしたパフォーマンスなどを行ってもらうという案があるという。  司会進行役不在でアカデミー賞の授賞式が行われたのは、1989年の第61回。オープニングでは“白雪姫”と俳優のロブ・ロウが楽曲『プラウド・メアリー』を歌ったが大不評だった。今年の授賞式まで残すところ約6週間。どのような展開になるのか、1月22日(現地時間)のノミネーションを含む正式発表を待ちたい。

  • 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』LAプレミアの様子

    D・ジョンソン、『ジュマンジ』LAプレミアにジープで登場「アメイジングな気分」

    映画

     『ワイルド・スピード』シリーズのドウェイン・ジョンソンが主演する、体感型アトラクション・ムービー『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。本作のLAプレミアが現地時間11日に開催され、ハリウッドに出現したジャングルからドウェイが自らサファリスタイルのジープを運転して登場し、ファンから大きな歓声を浴びた。@@cutter 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、1996年に日本でも公開されたロビン・ウィリアムズ主演『ジュマンジ』を再映画化したSFXアドベンチャー大作。高校生4人がある日、「ジュマンジ」という名前のソフトが入った古いテレビゲーム機を発見し、プレイするキャラクターを選択した途端、4人はゲームの中に吸い込まれてしまう。ゲームの世界に入り込んでしまった4人は、危険なジャングルでサバイバルを繰り広げ、無事クリアし生きて帰ることができるのか。  LAで開催されたプレミアの会場には、本作にちなんで土色のカーペットが敷かれ、緑の樹木が立ち並んだジャングルが出現。そんな中、ジャック・ブラックやケヴィン・ハートらキャストたちは、ドウェインが運転する車で現れ、大歓声があがった。  ドウェインは、「アメイジングな気分だよ。みんな一生懸命この映画を作ったんだ。素敵な映画を作るためにね」と笑顔で挨拶。「この映画が誰にとってもパーフェクトな映画である理由は、ロビン・ウィリアムズのジュマンジ・マジックなんだ!俺たちはそれを少しだけでも形にしていると思う。こんな素晴らしいキャストともにね!」とファンにメッセージを贈った。  また、現地時間13日には、ドウェインがハリウッド殿堂入りを果たしたことを記念したセレモニーも開催。俳優・著名人の名前が星型のプレートに刻まれる “ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム”に、自身の名前も刻まれたドウェインは 、「大事なことは、自らの手で一生懸命に仕事をすること、毎日感謝をしながら生きること、そしてもうひとつ言いたいことがあって、 本当に心の底からファンの皆さんに感謝しています。みんなを愛しています!!」とスピーチし感謝の意を表した。  さらに、長年の恋人であるローレン・ハシアンとの娘ジャスミンちゃんを抱きかかえ、一緒にマイクの前に立つと、「一生懸命仕事をすることも、毎日を感謝しながら生きることも、すべては家族というものに繋がっている。家族を愛して、自分ができるすべてで守ること。 自分が愛すれば、人生はより良いものになる」と家族への愛を語った。  『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、2018年4月6日より全国公開。

  • 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』公開日決定

    『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』公開日決定&最新予告編解禁

    映画

     ドウェイン・ジョンソン主演の映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の公開日が、2018年4月6日に決定。併せて作品の世界をひと足早く味わえる、最新予告編も解禁された。@@cutter 本作は、1996年に公開されたロビン・ウィリアムズ主演によるSFXアドベンチャー大作『ジュマンジ』を、新たな体感型アトラクション・ムービーとして生まれ変わらせた。  学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人が偶然見つけたのは、「ジュマンジ」という名前のソフトが入った古いテレビゲーム機。プレイするキャラクターを選択した途端、それぞれのキャラクターの体=アバターとなってゲームの中の世界に入り込んでしまった彼らは、ジャングルを舞台にゲームのステージをクリアして生き残らなければならない羽目に。  今回解禁された予告編では、ゲームの世界に入り込んでしまった4人の高校生たちが、現実世界での自分とはまったく違う姿となり、予測不能なゲームにチャレンジしながら危険なジャングルでサバイバルを繰り広げる姿が見られる。  気弱なゲームオタクの男子は、ムキムキつるつるマッチョで勇敢な冒険家(ドウェイン)に入れ替わり、セルフィー大好きな金髪インスタ美人は、まさかのヒゲもじゃぽっちゃりオヤジ(ジャック・ブラック)になるなど、見た目はさまざま。彼らのライフを表す腕に刻まれた三本線を眺めるシーンや、巨大なゾウや獰猛なヘビ、雄々しいツノを持つサイの大群に襲われる場面など、旧作を思い起こさせるような場面も収録されている。  映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、2018年4月6日より全国公開。

  • ロック様ピンチ!?『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』特報&場面写真解禁

    ロック様ピンチ!?『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』特報&場面写真解禁

    映画

     『ワイルド・スピード』シリーズで人気の“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが主演を務める映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が、2018年の春に日本公開することが決定。併せて、大冒険の一部を捉えた超特報と場面写真が解禁となった。@@cutter 物語は、学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人が、「ジュマンジ」という名前のソフトが入った古いビデオゲーム機を偶然発見するところから始まる。プレイするキャラクターを選択した途端、4人はそれぞれのキャラクターの体=アバターとなって、ゲームの中の世界へ。降り立ったのはジャングルで、性格、体格、性別は現実世界の自分とは異なるものに。ゲームを攻略しなければ永遠に閉じ込められてしまうという大ピンチに陥った彼らの運命や如何に?  主人公のドウェインに加え、『スクール・オブ・ロック』や『ガリバー旅行記』で知られるジャック・ブラック、『リベンジ・マッチ』のケヴィン・ハート、そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのネビュラ役でブレイクした女優カレン・ギランらが出演する。  到着した超特報では、ゲームの世界に突如入り込んでしまったゲームオタクの主人公が、現実世界での自分とはまるで違う、筋肉ムキムキで勇敢な冒険家に変身し、危険なジャングルを探検する姿が見られる。何が起こるか分からないゲームの中のジャングルには、大きな口を広げ襲うカバ、獰猛なジャガー、巨大なゾウ、雄々しいツノを持つサイの大群といった様々な動物たちが現れ、次々に主人公たちに襲いかかる…。  映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、2018年春公開。

  • L・ディカプリオ、S・ブロックら、米テキサスのハリケーン被害に1億円以上を寄付

    L・ディカプリオ、S・ブロックら、米テキサスのハリケーン被害に1億円以上を寄付

    セレブ&ゴシップ

     先週末に米テキサス州沿岸部を襲ったハリケーン・ハービーによる甚大な被害が広がる中、セレブ達が続々と義援金を寄付している。人気俳優レオナルド・ディカプリオや人気女優サンドラ・ブロックは、それぞれ100万ドル(約1億1000万円)を寄付したという。@@cutter TMZによると、レオナルドの財団「レオナルド・ディカプリオ・ファンデーション」は、今回のハリケーン被害者や復興を支援するために新たに設けられた「United Way Harvey Recovery Fund」に寄付したそうだ。一方、テキサス州オースティンに家を持つサンドラは、米赤十字に100万ドルを寄付したとのこと。E!Newsによると、サンドラは「寄付できることに感謝します。お互いに手を差し伸べることが必要です」と、声明を通じて語ったという。  今回のハリケーン被害では2人以外にも多くのセレブが義援金や支援を申し出ている。早々にコメディ俳優ケヴィン・ハートが2万5000ドル(約276万円)を寄付すると共に、自身のインスタグラムで「ハリケーン・ハービー救済チャレンジ」を始め、他のセレブ仲間の名前を挙げて寄付を呼びかけた。俳優ドウェイン・ジョンソンや、歌手・女優ジェニファー・ロペスなども義援金を寄付したと伝えられている。  ヒューストン出身の歌手ビヨンセは地元の教会の牧師と協力して、被害に遭った人々の支援活動を行う準備を進めていることを発表している。

  • 映画『セントラル・インテリジェンス』公開決定!

    D・ジョンソン、おデブからマッチョなCIAに変貌!全米100億円突破の“最強”映画上陸

    映画

     ドウェイン・ジョンソン主演最新作『セントラル・インテリジェンス』の公開が決定した。本作は、昨年全米で3500館以上の映画館で拡大公開され、興行収入1億2千万ドル(約133億円)を突破しメガトン級のヒットを記録したバディアクションコメディ。高校時代は、気の弱いおデブちゃんだったというドウェインが、20年後、ムキムキのCIAエージェントになっていたという設定に注目だ。@@cutter 本作は、高校時代はいじめられっ子とその学校のスーパースターという境遇が全く違う2人が、20年後、ムキムキのCIAエージェントと冴えない会計士という全く違う立場で再会し、なぜかバディを組み、陰謀解決に挑むバディムービー。    ドウェインのバディを務めるのは、米フォーブス誌が発表した「世界で最も稼いだコメディアン2016」で第1位に輝いたケヴィン・ハート。その人気は凄まじく、日本での大ヒットも記憶に新しい『最強のふたり』のハリウッドリメイク版の主演にも決定し、その他にもオファーは後を絶たない。  高校時代はスーパースターだったが、今はしがない中年会計士のカルヴィン(ケヴィン)。そんな彼に突如、当時おデブでいじめられっ子だったボブ(ドウェイン)から20年ぶりに会いたいとの連絡が。しぶしぶ会いに行くと、彼の前に現れたのは、マッチョな肉体へと変貌を遂げていたボブの姿だった。しかも実はCIAで、濡れ衣を着せられ組織から追われる身のため、「どうしてもカルヴィンに助けてほしい」と言う。なぜか一緒に逃げるハメとなったカルヴィン。果たして彼を信じていいのか。そしてボブは一体何者なのか。  映画『セントラル・インテリジェンス』は11月3日より全国ロードショー。

  • フォーブス誌「世界で最も稼いだコメディアン」1位:ジェリー・サインフェルド

    フォーブス誌「世界で最も稼いだコメディアン」発表、ジェリー・サインフェルドが1位

    セレブ&ゴシップ

     米経済誌「フォーブス」が毎年恒例の「世界で最も稼いだコメディアン」2017年版を発表。前回は2位だった、海外ドラマ『となりのサインフェルド』などで知られるジェリー・サインフェルドが、推定年収6900万ドル(約76億6600万円)で1位に輝いた。@@cutter 本ランキングは2016年6月から2017年6月の1年間の収入を対象にしている。テレビ番組や映画の出演料のほか、コメディツアーなどの興行収入、事業収入や広告収入などの税込み所得が含まれるという。  ジェリーの場合、エミー賞にもノミネートされたウェブシリーズ『Comedians in Cars Getting Coffee(原題)』の配信契約をNetflixと結んだことが大きな収入につながったという。同契約でジェリーは、過去9シーズンと新シーズンとなるシーズン10、2本の特番の配信で1億ドル(約111億円)を得たと伝えられた。  同ランキングのトップ10にランクインした女性コメディアンはただ一人。映画『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』のエイミー・シューマーで、Netflixとの契約や著書の印税、広告収入などを含む推定年収は3750万ドル(約41億6400万円)。前回からワンランクダウンの5位だった。  フォーブス誌発表、「世界で最も稼いだコメディアン」トップ10は以下の通り。 1位:ジェリー・サインフェルド(6900万ドル(約76億6600万円) 2位:クリス・ロック(5700万ドル/約63億2900万円) 3位:ルイス・C・K(5200万ドル/約57億7400万円) 4位:デイヴ・シャペル(4700万ドル/約52億1900万円) 5位:エイミー・シューマー(3750万ドル/約41億6400万円) 6位:ケヴィン・ハート(3250万ドル/約36億900万円) 7位:ジム・ガフィガン(3050万ドル/約33億8700万円) 8位:テリー・ファトル(1850万ドル/約20億5400万円) 9位:ジェフ・ダナム(1500万ドル/約16億6500万円) 9位:セバスチャン・マニスカルコ(1500万ドル/約16億6500万円)

  • オリジナル版『ジュマンジ』より

    『ジュマンジ2』の特報映像が解禁

    映画

     映画『ワイルド・スピード』シリーズの俳優ドウェイン・ジョンソンが主演を務める、1995年のパニック・アドベンチャー・ファンタジー『ジュマンジ』の続編『Jumanji:Welcome to the Jungle(原題)』より、波乱万丈の冒険を予感させるティーザー予告編が、公式ツイッター上で公開された。@@cutter ゲームの展開が現実の世界で起きてしまう魔法のすごろくゲーム「ジュマンジ」が再発見され、新たな騒動が巻き起こる『ジュマンジ』の続編『Jumanji:Welcome to the Jungle(原題)』。公式ツイッターやFacebookで公開された映像では、「ゲームが変わった」というテロップと共に、浜辺に埋もれかかったゲーム「Jumanji」を拾い上げる誰かの手が。アクロバティックなバイカー集団や敵を壁に放り投げるドウェインが登場し、ゾウやカバ、サイなどの猛獣たちが雄叫びを上げ、突進してくる。ロビン・ウィリアムズ主演の1作目よりもアクション満載といった感じだ。  ドウェインはドクター・スモルダー・ブレイブストーンというゲームのアバターのキャラクターを演じると伝えられているが、詳細は不明。4人の高校生が古いビデオゲーム機を発見したことから現実世界を離れゲームの世界に迷い込み、抜け出すためのサバイバルを繰り広げるさまを描くという。  メガホンを取るのは『バッド・ティーチャー』(12)のジェイク・カスダン。キャストはほかに、『スクール・オブ・ロック』(04)の俳優ジャック・ブラック、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)の女優カレン・ギラン、『リベンジ・マッチ』(14)の俳優ケヴィン・ハートや歌手ニック・ジョナスなどが名を連ねる。  『Jumanji:Welcome to the Jungle(原題)』は12月20日(現地時間)より全米公開予定。

  • 冒険モードの『ジュマンジ』続編のキャスト4人。左からケヴィン・ハート、ドウェイン・ジョンソン、カレン・ギラン、ジャック・ブラック

    『ジュマンジ』続編、初ビジュアル公開 主演ドウェイン・ジョンソンの映像もお披露目

    映画

     映画『ワイルド・スピード』シリーズの俳優ドウェイン・ジョンソンが主演を務める1995年のパニック・アドベンチャー・ファンタジー『ジュマンジ』続編の初ビジュアルが公開された。ジャングルに佇む4人のキャラクターは、新たに始まる波乱万丈の冒険を予感させる。@@cutter 米ソニー・ピクチャーズが手掛ける『ジュマンジ』続編は、ジュマンジのボードゲームが再発見されて、新しい冒険が始まるというもの。ドウェインのほか、映画『リベンジ・マッチ』(14)の俳優ケヴィン・ハートや映画『スクール・オブ・ロック』(04)の俳優ジャック・ブラック、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)の女優カレン・ギランらが出演する。ドウェインらは実際のゲームをしている子供達が使うアバターのキャラクターを演じると伝えられたが、詳細は不明。  撮影現場で役柄になりきっている、アドベンチャーモードのドウェイン、ケヴィン、ジャック、カレンの写真に、ドウェインは「独占初見せ。俺たちのイカした90年代のヴィンテージ衣装については、プロットが明らかになったら納得してもらえるだろう。俺を信じてくれ。旅は続く」とキャプションを綴り、4人の名前を列挙した。  ドウェインのインスタグラムにはまた、ジャングルにいるドウェインの映像が公開されている。役柄と同じ衣装を身に着けたドウェインはカメラに向かい、息を切らせながら「俺たちは今ジャングルの奥深くにいる。未開の土地を発見した。……水や食料がなく、得体の知れない魚を手で採っている。頭が3つ見つかった。幻覚も見えるし、外の世界との接触が断たれて…」と続けているが、カメラが撮影準備を進めているスタッフを映すといったオチに。撮影は楽しく進んでいる様子だ。

  • 『最強のふたり』、ブライアン・クランストンとケヴィン・ハートでリメイクか

    『最強のふたり』、ブライアン・クランストンとケヴィン・ハートでリメイクか

    映画

     本国フランスやヨーロッパで大ヒットし、東京国際映画祭で史上初という「グランプリ」と「W主演男優賞」の3冠に輝いたヒューマンドラマ『最強のふたり』(12)。ハリウッドでのリメイクが決定しており、その主演2人に映画『GODZILLA ゴジラ』(14)のブライアン・クランストンと、映画『リベンジ・マッチ』(14)のケヴィン・ハートの名前が浮上しているという。@@cutter Deadlineによると、ブライアンとケヴィンは現在、契約交渉に入っているとのことだ。合意には至っていないが、かなり先の段階まで交渉が進んでいるという。監督は未定だが、脚本は今年夏に日本公開される『ゴーストバスターズ』リブート版でメガホンを取ったポール・フェイグが執筆することに決まっている。また主演候補にはコリン・ファース、監督候補には映画『コーリング』(03)のトム・シャドヤックの名前も聞こえてくるらしい。  実話に基づくフランス版『最強のふたり』は、事故で首から下が不随になった大富豪と、彼を介護する貧しい地区出身の黒人青年が、本音でぶつかり合い強力な絆を築いていくさまを描く。監督は映画『サンバ』(14)のエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュ。映画『PARIS(パリ)』(08)のフランソワ・クリュゼが富豪フィリップ役、映画『ジュラシック・ワールド』(15)のオマール・シーが介護人ドリスを演じた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access