立川志の輔 関連記事

  • (左から)映画『ねことじいちゃん』初日舞台挨拶に登場した立川志の輔、柴咲コウ

    柴咲コウ、猫との生活は「苦労でもあり幸せ」 あふれる猫愛を明かす

    映画

     女優の柴咲コウが2月22日の“猫の日”に都内で、映画『ねことじいちゃん』の初日舞台挨拶に登壇。「苦労でもあり幸せ」と猫への浅からぬ思いを語ったり、劇中の猫と壇上で触れ合ったりして終始笑顔を見せた。@@cutter 本作は、イラストレーター・ねこまきの同名漫画を原作とする実写映画。妻に先立たれ、島で愛猫・タマと一緒に暮らす大吉の日常を描く。監督は『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK‐BSプレミアム)の岩合光昭、主演は落語家の立川志の輔が務める。。  今回のイベントには主演の立川志の輔や柴咲の他、小林薫、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之、岩合監督が出席。  主人公・春山大吉に扮した志の輔は、映画初主演。「監督は、猫のことばっかり。特に私との時は、『OK!』と言った後(撮影でカットがかかった後)はタマへ寄っていって『タマ、お前はなんて素晴らしい…!』とワンカット、ワンカット抱きしめる。私のことは1度も抱かなかった」と述懐。また撮影のリハーサルでは、猫の代わりに「ぬいぐるみを使っていた」と明かし、「アスファルトの長い道を、私が先に歩いて、タマが後ろからついてくるシーンは、(リハーサルで)ぬいぐるみを引きずりながら歩いた。カメラやスタッフは遠くにいる。島の方々も遠くから見ている。何度もぬいぐるみを引きながら歩く私を、何だと思っただろうか」と話し、会場の笑いを誘った。  島の人々や猫たちを夢中にする女性・美智子を演じ、自宅でも猫を飼っている柴咲。猫について「スゴく身近な存在」と述べ、「ウチの猫は真っ白で、保護猫。本当に賢くて、目を合わせると飛び乗ってくる芸ができる。でも最近は、ちょっとでも目が合うと、お皿とかお鍋とか持っていても、飛び乗ってこようとするので大変危険。あとセーターを着てると(肩に乗ってきた時に)ビロビロになっちゃったりする。それが苦労でもあり幸せなところでもある」と目尻を下げた。  映画初監督の岩合監督は、劇中で田中裕子と共演した子猫が「撮影後、僕のところにご褒美としてやって来た。一緒に暮らしている」と告白。出演した猫たちに感謝を述べ、「本当に皆、いい子だね!」と笑顔を見せた。会場には、タマを演じた猫・ベーコンらも登場。共演者らがそれぞれ猫を抱え、笑みをこぼしていた。  映画『ねことじいちゃん』は、全国公開中

  • 映画『ねことじいちゃん』場面写真

    猫仲間にあいさつ&スリスリ『ねことじいちゃん』タマの散歩を追跡した本編公開

    映画

     落語家の立川志の輔が映画初主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる映画『ねことじいちゃん』から、主人公の愛猫・タマの毎朝の散歩を追跡した本編映像が公開された。猫になった気分で島の散歩を楽しむことができる映像となっている。@@cutter 本作は、NHK‐BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』で知られる動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦し、Webサイト「コミックエッセイ劇場」で連載中の同名人気コミックを実写化。ちょっとふてぶてしい猫・タマと、そんなタマの言いなりな飼い主・大吉(立川志の輔)のいとしい日々をつづっていく。 @@insert1  このたび公開された本編映像では、大吉の家を飛び出したタマが、路地を走り抜ける場面からスタート。いつも猫たちが集う井戸であいさつをして、郵便ポストの下では馴染みの猫にスリスリ。さらに、美しい浜辺や寺などを駆け回り、島中を見回り警備しているような様子を見せている。  映像の途中、島の住人たちにたびたび撫でられたり、話しかけられたりしても、堂々たる演技を見せているタマ役の猫の名前は、ベーコン(3歳)。その落ち着いた演技ぶりで、岩合監督から“スーパーキャット”と称されている。  本作の撮影では、猫たちに無理強いせず、ストレスがかからないように配慮。猫用の低い照明も用意し、猫の動きも美しく描き出されている。岩合監督の猫へのこだわりと、ベーコンの見事な演技が相まって、猫になったような気分で島の散歩を楽しめる映像となっている。  映画『ねことじいちゃん』は2月22日より全国公開。

  • 映画『ねことじいちゃん』より猫大集合の特別映像解禁!

    猫だらけのシーンにほっこり 『ねことじいちゃん』猫大集合の特別映像解禁

    映画

     落語家の立川志の輔が映画初主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる映画『ねことじいちゃん』から、猫たちのシーンだけを集めた特別映像が解禁。映像は、自然豊かで美しい風景の中、可愛くもたくましく生きる猫たちの姿が生き生きと映し出されている。@@cutter 本作は、NHK‐BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』で動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦し、Webサイト「コミックエッセイ劇場」で連載中の同名人気コミックを実写化。ちょっとふてぶてしい猫・タマと、そんなタマの言いなりな飼い主・大吉のいとしい日々をつづっていく。 @@insert1  愛知県・佐久島で35匹の猫たちと共に撮影された本作は、全シーンのどこかに必ず猫がいる。岩合監督は、今作の撮影にあたって、特別に猫用の照明も用意。猫たちの繊細な動きや表情をとらえて、人間と猫の日常を表情豊かに描き出している。  2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす70歳の大吉。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させることで、島にカフェを開いた美智子(柴咲)に料理を教わったり、のんびり毎日を過ごしていた。しかし、寒さが厳しくなったある日、大吉は倒れてしまう。息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも」と同居を提案されるも、島を離れることに大吉が悩んでいた矢先、タマが姿を消してしまう。  特別映像は、海を背景に軽やかにジャンプする猫の姿から始まる。次いで、ぽかぽか陽気の中大あくびする猫の姿、井戸端会議をするかのように大集合する猫たち、主人公の大吉と暮らす猫・タマが花畑の中で花びらに顔をすり寄せる姿、港で船から飛び移るボス猫・とらじの姿などが、優しい音楽に乗せて映し出されていく。そのほか子猫が水を飲もうとして滑り落ちた時、ヒロイン・美智子を演じる柴咲がとっさに子猫を助ける場面も登場する。  映画『ねことじいちゃん』は2月22日より全国公開。

  • 映画『ねことじいちゃん』本ビジュアル

    美味しそうな料理にも注目『ねことじいちゃん』予告&桜満開のポスター解禁

    映画

     落語家の立川志の輔が主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる映画『ねことじいちゃん』から、本予告編とポスタービジュアルが解禁された。予告編は、美しい島を舞台に猫や人々が幸せに暮らす姿が、美味しそうな料理と共につづられる本作の世界観を垣間見られるものとなっている。@@cutter Webサイト「コミックエッセイ劇場」で連載中の同名人気コミックを実写化した本作は、NHK BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』で人気の動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦した作品。岩合監督が劇中で登場するネコを表情豊かに描き出しているほか、フードコーディネーターとして数々の映画作品を担当してきた飯島奈美による、豆ごはんやカルパッチョ、卵焼きなど「とにかく美味しそうに」見えることにこだわった料理が、物語をさらに鮮やかに彩る。  2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉(立川)、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性に料理を教わったり、幼なじみや気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしていた。寒さが厳しくなったある日、大吉は倒れてしまい、息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも」と同居を提案される。島を離れるか残るか悩み始める大吉だが、その矢先にタマが姿を消してしまう。  予告編は、「ここは、じいちゃんと、ばあちゃんと、猫の島」というナレーションと共に、美しい島の風景が映し出される場面から始まる。次いで大吉がタマとのんびり散歩をしたり、料理を楽しんだりと生活を営む姿が、豆ごはんや卵焼きなど、数々のおいしそうな料理の映像と共につづられていく。また、ヒロイン役の柴咲コウが鮮やかな手つきで魚をさばき、カルパッチョを作る姿も収められている。  映像の後半では、息子に東京に行くことを提案されて悩む大吉の前からタマが姿を消してしまい、タマを探す大吉と、さまようタマの姿が映し出される。最後は夕日をバックに、海辺でタマとたわむれる大吉の姿で締めくくられる。  併せて公開されたポスタービジュアルは、満開の桜の下、タマを抱いて優しくほほえむ大吉の姿が捉えられており、その右横には笑顔を見せるキャスト陣の姿が収められている。  なお、本作の公開に合わせて、写真展「ねことじいちゃん」が、2019年1月から富山市民プラザ、日本橋三越本店を皮切りに全国巡回展示が決定しており、本作の写真集も12月に刊行予定となっている。  映画『ねことじいちゃん』は2019年2月22日より全国公開。

  • 新たに発表された映画『ねことじいちゃん』出演キャスト

    映画『ねことじいちゃん』追加キャストに小林薫、田中裕子、柄本佑ら

    映画

     落語家の立川志の輔が主演を務め、女優の柴咲コウがヒロインを演じる映画『ねことじいちゃん』に、小林薫、田中裕子、柄本佑ら実力派俳優の出演が発表された。3人の他にも銀粉蝶、山中崇、葉山奨之がキャスティングされている。@@cutter 本作は、Webサイト「コミックエッセイ劇場」で連載中の同名人気コミックを実写化。NHK BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』も人気の動物写真家・岩合光昭が映画監督に初挑戦する。  とある小さな島で暮らす70歳の大吉(志の輔)は、2年前に妻よしえ(田中)を亡くし、猫のタマとふたり暮らし。生まれ育ったこの島には、幼なじみの巌(小林)をはじめ、たくさんの友人と猫がいて、日々は穏やかに過ぎていく。東京に住む息子・剛(山中)はひとり暮らしの父を心配するが、大吉とタマは自由気ままな日々に不安や不満もない様子。しかし、親しい友人の死や、大吉自身の体の不調など、彼らの日常に変化が訪れる…。  志の輔演じる主人公・大吉の親友を演じた小林は「猫がメインの話なので、動物と人間が絡む映画って大変」と漏らしつつも「その分出来上がったら面白そうだなと思って参加しました。どんな作品に仕上がっているのか、出来上がりが楽しみです」とコメント。  大吉の妻を演じた田中は「岩合さんが撮られる映像の中で、猫と一緒に。志の輔さんと一緒に。映してもらえるなんて、幸せでした」と喜びを語っている。  島唯一の病院で働く若い医師・健太郎を演じた柄本は「島で長い時間をかけて撮影するのが久しぶりで、すごく映画作りの醍醐味を味わいながらできましたね」と手応えを語ると、続けて「猫好きなので、猫かわいいなって癒やされました」と撮影中の心境を明かした。  映画『ねことじいちゃん』は、2019年2月全国公開。

  • 柴咲コウが3年ぶりに出演する映画『ねことじいちゃん』メイキング写真

    柴咲コウが3年ぶりの映画出演 岩合光昭初監督作のヒロイン

    映画

     女優の柴咲コウが、動物写真家・岩合光昭が初監督を務める映画『ねことじいちゃん』に、ヒロイン役で出演することが分かった。柴咲は3年ぶりの映画出演となる。@@cutter 日本人の作品として初めて『ナショナルジオグラフィック』の表紙を2度飾り、NHK・BSプレミアムで『岩合光昭の世界ネコ歩き』が人気放送中の岩合が、初めて映画監督に挑戦する本作。ウェブサイト「コミックエッセイ劇場」にて、イラストレーターのねこまきが連載中の同名コミックを実写映画化する。主人公に映画初主演となる落語家・立川志の輔を迎え、とある小さな島で暮らす70歳の大吉(立川)と、飼い猫タマのつつましくも豊かな時間が流れる暮らしを描く。  今回、ヒロイン役として柴咲コウの出演が発表。本作で柴咲が演じるのは、都会から島へ移住しカフェを開く美智子という少し謎めいた女性だ。よそからきた若者に島のお年寄りたちは戸惑い、最初は少々警戒するが、美智子の美しい笑顔と優しい人柄に惹かれ、あっという間にカフェは人と猫、皆のたまり場になっていく。  NHK大河以来の映像作品であり、3年ぶりの映画出演となる柴咲は、本作への出演について「岩合さんが初監督、志の輔さんが初主演。初めてに出会えるのは一度きりしかないので、二つもある初めてを、現場を共にして体感したいと思い、ご一緒させていただきました」とコメント。また、「猫が大好き」といい「とても楽しい撮影でした」と話した。    さらに、作品について「猫と島の人たちの暮らしを通して、どうしたら朗らかな気持ちで生きていくことができるか、本当に豊かなこととは何か、これからの年の取り方を前向きに考えさせてくれるメッセージが随所散りばめられている作品になるのではないかと思います」と語っている。  岩合監督は、人間も猫も夢中になるヒロイン・美智子役は柴咲しか考えられなかったといい、「本当に心から猫を愛している方なので、猫との撮影でも助けられました」と明かす。主演の立川は、現場での柴咲について「凛と立っていらして、一言一言、言葉がすっと心に入ってくる芝居をされる。やっぱり役者さんはすごいなと改めて思いました」と振り返っている。  映画『ねことじいちゃん』は2019年早春、全国公開。

  • 『人生の約束』 ポスタービジュアル解禁

    竹野内豊&江口洋介『人生の約束』映像初公開! 怒号飛び交う白熱シーン解禁

    映画

     竹野内豊を主演に迎え、テレビドラマ界の巨匠・石橋冠監督の映画第一回監督作品『人生の約束』の特報とポスタービジュアル解禁された。本作は、常に時代のテーマを問うてきた石橋監督が“第二のふるさと”として愛してやまない富山県の新湊を舞台に、竹野内ほか、江口洋介、西田敏行、ビートたけし、松坂桃李、優香、小池栄子、美保純、立川志の輔、室井滋、柄本明ら豪華キャストが贈るオリジナルストーリーだ。@@cutter 会社の拡大にしか興味の無いIT関連企業CEO・中原祐馬の携帯に、共に起業しながらも会社を追い出す形で決別した、かつての親友・航平からここ数日、何度も着信があった。胸騒ぎを覚えた祐馬が航平の故郷へ向かうと、そこで待っていたのは予期せぬ親友の死。そして、航平の忘れ形見である娘・瞳に出会い、余命が限られる中、航平が最後に参加を望んでいた故郷の“新湊曳山まつり”でトラブルがあることを知る。一方、東京では祐馬の会社が不正取引の疑いで強制捜査を受け…。  根っからの仕事人間・祐馬役を竹野内。航平の義兄であり、追い出した挙句電話を無視し続けた祐馬へ怒りをぶつける四十物町の曳山総代・渡辺鉄也役を江口。四十物町の町内会長・西村玄太郎役を西田。祐馬の会社にかけられた金融取引法違反の嫌疑を捜査する富山県警刑事役をビートたけしが熱演。日本を代表する超豪華俳優陣が石橋監督の名のもとに集結した。  本編初の映像解禁となる特報では、富山県の美しき立山連峰のもと、初共演となる竹野内と江口との怒号飛び交うシーン、さらに監督の名を聞いただけで“台本も読まずに出演快諾した”というビートたけしと西田を始めとする名優たちの共演シーンが散りばめられており、圧巻の映像美に早くも本作公開への期待が高まる。  『人生の約束』は2016年1月9日公開。

  • 映画『人生の約束』豪華キャスト

    竹野内豊主演『人生の約束』公開!共演は江口洋介、ビートたけし、西田敏行、松坂桃李

    映画

     テレビドラマ『池中玄太80キロ』『点と線』などで知られる石橋冠監督がメガホンをとる映画『人生の約束』に、俳優の竹野内豊、江口洋介、ビートたけし、西田敏行、松坂桃李ら超豪華キャストが出演することがわかった。@@cutter 『人生の約束』は、石橋監督が“第二のふるさと”として愛してやまない富山の港町・新湊を舞台に、江戸時代より続く大祭・曳山(ひきやま)祭りを巡る人々の想いを描いた群像劇。監督が長年温めてきたオリジナルストーリーが、この度映画として実を結ぶこととなった。  根っからの仕事人間で会社の拡大にしか興味がない主人公・中原祐馬を竹野内が演じるほか、祐馬のかつての親友・塩谷航平の義兄であり、四十物(あいもの)町の曳山総代を務める渡辺鉄也役を江口、四十物町の町内会長を西田、祐馬の会社にかけられた金融取引法違反の嫌疑を捜査する刑事役にビートたけしが演じる。  石橋監督は「かねてから、一本だけ映画を撮りたいという夢を持っていましたが、傲慢にもその場合は、自分が発想した物語を、自分が愛する風景の中で撮らなければならないと頑なに思っていました」と映画誕生に至る経緯を明かし「この映画は、“絆”とか“再生”という言葉を声高には使いませんが、いまの日本に必要なメッセージを伝えることになると思います」とコメント。  竹野内は「この作品を御覧になってくださる皆様の心と深く結び付ける事が出来るよう、私も心を込めて精一杯演じていきたい」と映画に込める思いを語った。このほかキャストには、優香、小池栄子、美保純、立川志の輔、室井滋、柄本明の出演が決定している。  『人生の約束』は、2016年公開。

  • 75歳で逝った立川談志を偲ぶ 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」で秘蔵音源も

    エンタメ

      11月21日に喉頭がんのためこの世を去った稀代の落語家・立川談志を偲び、AM1242ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」は24日、当初の番組内容を急遽変更し、ニッポン放送に眠る秘蔵音源と、立川志らく、立川志の輔をはじめ、野末陳平、山藤章二ら、立川流一門とゆかりの深いメンバーとともに家元・立川談志を偲んだ。番組では「私と談志師匠」というテーマでリスナーからメッセージを募集し、普段よりも多い数百通におよぶメッセージが寄せられたという。 @@cutter   番組冒頭では、1993年12月に放送された同番組で、春風亭昇太、立川談春、立川志らく、三遊亭新潟(現・白鳥)ら若手落語家達が談志師匠の自宅へ暮れの挨拶へ行った際の模様が流された。その中で昇太が談志に「私は新作落語をやっているのですが、師匠はお好きですか?」との質問に、談志は「新作ってのは、古典の良さのわからない頭の悪いやつがやるもんだ。」とバッサリ。昇太「古典の良さは十分理解しているつもりなんですが、私は古典落語が上手にできないもんで…」と打ち明けると、師匠は「できると思うよ。うん、できると思う」と優しい言葉をかけた。   高田は番組内で「スポーツ紙記者の皆さんに感謝だね。たくさん書いて頂いて。そしてあの見出しね。談志が死んだ。上から読んでも、下から読んでも同じだって談志師匠本人が『俺が死んだら見出しはこれで頼むよ!』って言ってたね」。   師匠との最期の別れについて志らくは「9月下旬に一人で病院へ行ったんです。その頃にはすでに満足にしゃべれない状態だったんですが、家元は僕に『人生こんなもんだい』と書いてくれて…。私は、家元にビン・ラディンがプリントされているトイレットペーパーと落語の本を差し上げました。喜んでくれまして。私が病室を出るときに、口パクで『電気を消してくれ』って。それが私への最期の言葉でした」と話した。   その他にも、談志ゆかりのゲストが電話出演でコメントを寄せた。   大親友だった野末陳平は「いやぁ、寂しいよ。ガックリきちゃって…」と心境を語ったあと、「談志さんは最後の最後まで偉かったな。天才と狂気の間を揺れ動いて、『談志』という人間を生ききったね。落語家というより、一人の男として。マネしろったってマネできない生き方だよ」。   50年来の“戦友”である山藤章二は「明るくおくらなきゃいけないんだけど、やっぱり50年も付き合っていると心の支えがなくなっちゃた感じがするよ。つう、かあで文化について語りあえる友人がいなくなってしまったね…。ダメージは長引きそうだね。談志前、談志後と落語の歴史を大きく変えた男だったね」。   立川志の輔は、「昨日は師匠行きつけのお店で一門で献杯しながら夜遅くまで語りました。雲黒斎(うんこくさい)の名前もちゃんと並べてね。この引き際は師匠が『最後はお前たちのもんだよ』って言ってくれていると感じました」と語っていた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access