有村架純 関連記事

  • (左から)新垣結衣、綾瀬はるか、北川景子

    綾瀬はるか、北川景子、新垣結衣がトップ3 「転勤しても不安を感じない理想のパートナー」

    エンタメ

     女優の綾瀬はるかが「この人と一緒ならどこへ転勤しても不安を感じない、理想のパートナー」のイメージの有名人ランキングの1位に輝いた。2位には北川景子、3位には新垣結衣が続いている。@@cutter 今回の結果は、2018年12月25日~2019年1月7日の14日間、転勤を経験した既婚男性ビジネスパーソン500名と、夫の転勤に伴い一緒に引越しをした経験のある既婚女性500名の計1000名を対象に「ビジネスパーソンの転勤事情に関する調査」を実施し、集計したもの(東急住宅リース調べ)。  回答者のうち500人の「転勤経験のある既婚男性」に「この人と一緒ならどこへ転勤しても不安を感じない、理想のパートナー」のイメージの有名人を聞いたところ、ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)にて母親役を演じたことが記憶に新しい、綾瀬が1位を獲得。2位には北川がランクインした。  続いて同率3位には新垣、石原さとみ、5位には吉田羊、6位には米倉涼子と、キャリアウーマンのイメージが強い女優が勢ぞろい。同率7位には天海祐希、北斗晶、友近と、芯のあるパワフルな女性が名を連ねている。そして10位は深田恭子、有村架純、小泉今日子、黒木瞳、石田ゆり子、竹内結子らが選ばれる結果となった。

  • (左から)『フォルトゥナの瞳』初日舞台挨拶に登壇した有村架純、神木隆之介

    有村架純、DAI語に挑戦 神木隆之介は“SODFSDN”持ってる

    映画

     女優の有村架純が15日都内で、映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台挨拶に登場。タレント・DAIGOの持ちネタであるDAI語を用いて、本作の主演・神木隆之介は“SODFSDN”を持っていると語るなどして、会場を盛り上げた。@@cutter 同作は、百田尚樹の同名小説を原作とする実写ラブストーリー。「死を目前にした人間が透けて見える」という「フォルトゥナの瞳」を有する青年・木山慎一郎(神木)が、運命に立ち向かう様を描く。  今回のイベントには神木や有村の他、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎、三木孝浩監督が出席した。  木山役を熱演した神木は、本作について「魂を込めて作った作品」と紹介。有村とのデートシーンはアドリブトークだったと明かし、「車の博物館で説明する描写があって、10回以上撮った。車のことについて急いで調べて、毎回小出しに架純さんにその知識を出していった。4回目くらいで尽きて、同じことばっかり喋ってた(笑)。でも優しいから、『そうなの!?』ってリアクションをちゃんと取ってくれる。助かった」と述懐した。  ヒロイン・桐生葵役の有村は「(本作は)シリアスな内容ではあるけれど、穏やかで、のどかな時間がたくさんあった。それはきっと、神木君が座長だったからこそ生まれた雰囲気だったのかなとすごく思う。ハードな撮影の中、毎日笑顔でどんな時も対応が変わらず、現場を明るく盛り上げてくれた」と神木を称賛した。  金田大輝を演じた志尊は、神木と本作で仲良くなって「週3、4で会う」と告白。神木の印象は「(プライベートでも)ずっとこのまま。それが一番。何も変わらない。この感じの隆ちゃん。すみません、なんかノロケ話になって」と照れ笑いを浮かべた。  宇津井和幸に扮したDAIGOは今回、「『平成最後の悪役』という気持ちで取り組んだ」と述べ、本作に関する妻・北川景子からの感想を問われて「一緒に見た。『すごくイヤなヤツに仕上がってたね』と言ってくれた。良かった」と話した。  イベント中盤には、本作にちなんで、登壇者らから見た“神木の特殊能力”を発表することに。DAIGOはフリップに、北川へのプロポーズで使ったDAI語“KSK(結婚してください)”と記述。「“苦”しむ“芝”居が“神”。(作中で)隆(りゅう)が苦しむシーンがたくさんあって、隆の苦しみ方が半端ない。うちの奥さんと見た後に、二人で隆の苦しむ芝居を勉強しようということになった。二人で、家でずっと苦しんでた。うちの奥さんが、洗濯物とか干してる時に、いきなり『ウッ!』と言って苦しむとか。ずっとやってた」と明かし、会場を笑わせた。  有村も、負けじとDAI語で対抗。“SODFSDN”とフリップに書いて「“初”対面ですが、“恐”れることなく、“誰”とでも、“フ”レンドリーに“接”することが“で”きる“能”力」と解説し、「誰にでも、同じテンションでスーッと人の心に入る能力は凄まじい。どの現場でも、スタッフに対しても共演者の方に対してもそう」と神木を褒め称えた。有村のDAI語を見たDAIGOは「めちゃ長い。大作。完全に本家超えされた」と称賛した。

  • 有村架純

    有村架純、26歳誕生日に新たな決意「良い加減で、噛み締めて」 祝福コメントも続々

    エンタメ

     女優の有村架純が13日、26歳の誕生日を迎え、自身のインスタグラムにてバースデーケーキの写真を掲載。写真と共に、新たな決意を明かしている。@@cutter 「ありがとうございます」という感謝の言葉と共に投稿されたのは、「HappyBirthdayかすみ」というプレートがのった大きな苺のショートケーキの写真。2月13日に誕生日を迎えた有村は「26歳。良い加減で、噛み締めて。今年も、作品の現場にて」と報告し、今後の目標を語っている。  コメント欄にはファンから、「お誕生日おめでとうございます」「かすみちゃんおめでとう」「素敵な1年となることを願ってます」といった祝福メッセージが殺到。また、映画『ストロボ・エッジ』で共演した俳優・山田裕貴からも「おめでとう!!」のお祝いコメントが届いている。

  • 有村架純

    有村架純の“ウェディングドレス姿”にファン思わず「結婚してください」

    エンタメ

     女優の有村架純が6日、自身のインスタグラムにウェディングドレスを着用したショットを掲載。その美しさが、ファンの間で大きな話題となっている。@@cutter 有村が掲載した写真は、3月25日~28日に放送が決定しているドラマ『ひよっこ2』(NHK総合)番組の公式ホームページで公開されたウェディングドレス姿の主人公・みね子(有村)と、タキシード姿のヒデ(磯村勇斗)の結婚式ショットのオフショット。ウェディングドレスを着用し、にこやかにほほ笑むその姿にくぎづけとなったファンも多いだろう。  有村は「脚本の岡田惠和さんが残す言葉たちが、とても柔らかく私たちに降ってきます。みね子とヒデさんが夫婦になったその先、どんな世界なのでしょう」と語り、花嫁の絵文字と共に「#ひよっこ2」のタグを添え、しっかりと作品をアピールした。  コメント欄には「可愛すぎ」「素敵な花嫁さん」といった称賛の声のほか、「結婚してください」とプロポーズを始めるファンも続出。先日の続編発表時と同様、歓喜の声が多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/

  • 有村架純

    有村架純『ひよっこ』続編に歓喜の声 「おかえりみね子!」

    エンタメ

     女優の有村架純が主演を務めたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の後日談を描くスペシャルドラマ『ひよっこ2』の放送日が3月25日〜28日に決まったことが4日に発表された。このことが報じられると、ファンからは「おかえりーーみね子」「放送が楽しみ」と歓喜の声が続々と寄せられ、早くも放送への期待が高まっているようだ。@@cutter 2017年に放送された『ひよっこ』は、東京五輪が開催された1964年からの高度成長期を舞台に、集団就職で茨城から上京してきた谷田部みね子(有村)が、さまざまな困難を乗り越えながら成長していく姿を描いた。新作となる『ひよっこ2』は、みね子と夫・ヒデ(磯村勇斗)の結婚から2年がたった1970年の秋が舞台となる。  4日には、番組公式ホームページも公開。トップページはウェディングドレス姿のみね子とタキシード姿のヒデの結婚式ショットとなっている。  また放送にあわせて、番組公式ツイッターも復活。第1弾として、有村のメッセージ動画を掲載した。有村は「みなさんお久しぶりです。谷田部みね子、あ、じゃなかった。前田みね子です」と挨拶。「公式ツイッターが復活しました! 『ひよっこ2』お楽しみに」と手を振った。  ファンからは「みね子おかえり〜!!!!」「楽しみすぎて涙出る」「前田みね子ちゃん、おかえりなさい」「楽しみにしてます」「絶対見ます」といった放送を心待ちにしている声が多数届いており、盛り上がりを見せている。 引用:https://twitter.com/nhk_hiyokko  『ひよっこ2』はNHK総合にて、3月25日〜28日19時30分〜20時放送。

  • 『ひよっこ2』ポスタービジュアル

    有村架純“みね子”がウエディングドレス姿!『ひよっこ2』ポスター解禁

    エンタメ

     女優・有村架純の主演で2017年に放送されたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の後日談を描くスペシャルドラマ『ひよっこ2』が、NHK総合テレビにて3月25~28日の4夜連続で放送されることが決定。ウエディングドレス姿のみね子が夫のヒデ(磯村勇斗)と共に笑顔を見せる番組ポスターも公開された。@@cutter 『ひよっこ』は、東京五輪が開催された1964年からの高度成長期を舞台に、集団就職で茨城から上京してきた谷田部みね子(有村)が、さまざまな困難を乗り越えながら成長していく姿を描いた。新作は、みね子とヒデの結婚から2年がたった1970年の秋が舞台となる。  前田みね子(有村)は、夫でコックの秀俊(磯村)と共に赤坂の洋食屋「すずふり亭」で働きながら、「あかね荘」でつつましい新婚生活を送っていた。夢は、いつか2人で店を持つこと。まるで家族のようなすずふり亭の仲間、個性的な商店街の人々、「あかね荘」の隣人や大家さん、大好きな友人らに囲まれ、毎日楽しく暮らしていた。  最近、少し気がかりなのは、すずふり亭の店主、牧野鈴子(宮本信子)の元気がないこと。鈴子の息子で料理長の省吾(佐々木蔵之介)や妻の愛子(和久井映見)も、すずふり亭の今後について心配していて…。  一方、みね子の故郷、奥茨城村では、高校2年生になった妹のちよ子(宮原和)が進路について悩み中。  そんなある日、商店街の福引で愛子が熱海旅行に当選したことから、牧野家は初めての家族旅行へ行くことに。そして、みね子と秀俊も奥茨城村へ帰省することになる。久しぶりの故郷で待っていたのは、ちよ子の大演説と、スキャンダルを起こし村に戻ってきた時子(佐久間由衣)!? お父ちゃん(沢村一樹)の記憶は果たして戻るのか…。  スペシャルドラマ『ひよっこ2』は、NHK総合にて3月25~28日19時30分放送。

  • 有村架純

    有村架純の“美しいデコルテ”あらわ ファン絶賛「色っぽい」

    エンタメ

     女優の有村架純が29日、自身のインスタグラムを更新し、撮影中のショットとみられる、美しいデコルテをあらわにしたショットを公開。いつもと一味違う有村の大人びたまなざしが、ファンの間で話題だ。@@cutter 有村が投稿しているのは、何かの撮影中のショットのよう。長い髪をかきあげ、カメラの方をクールな表情で見つめている。胸元から首筋までを大胆に見せており、セクシーだ。  ファンからは「きれい」「かわいい」「美しいデコルテ」といった称賛の声が殺到。中には、いつもと少し雰囲気の違うためか「えっ!これ架純さん?「いつも以上に大人っぽく、色っぽく見えます〜!」といった反応も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/

  • 有村架純

    有村架純「私の顔はどうしたって丸いんだから…」 ファン“丸顔”がかわいいと反応

    エンタメ

     女優の有村架純が24日、自身のインスタグラムを更新し、マネージャーと食事をした際の写真を投稿。「幸せでも、落ち込んでいても、私の顔はどうしたって丸いんだから、面白いよ」とのメッセージを寄せ、ファンから「丸いお顔が可愛いんだよ」といった反応が続々と寄せられている。@@cutter 寿司屋のカウンターらしき場所で、満面の笑顔を浮かべた1枚を投稿した有村。「2ヶ月くらい前、マネージャーさんたちとお寿司を食べた。作品を一緒に乗り越えてくれてありがとうの日なわけだけど、幸せとはこういうことですね。幸せでも、落ち込んでいても、私の顔はどうしたって丸いんだから、面白いよ」とのコメントを寄せた。  有村は10〜12月にドラマ『中学聖日記』で主演を務めており、来月2月15日には、ヒロインを務める映画『フォルトゥナの瞳』が公開される。  ファンはこの“私の顔はどうしたって丸いんだから”の部分に反応した人が多く、「丸い顔とても可愛い」「丸くたってなんだって全部マルっとかわいい」「そのまる顔がたまらなくまわいい」といった声が多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/

  • 『フォルトゥナの瞳』メインカット

    映画『フォルトゥナの瞳』号が私鉄3社で運行 神戸から奈良へロケ地をつなぐ

    映画

     俳優の神木隆之介が主演し、女優の有村架純が共演する映画『フォルトゥナの瞳』の公開を記念して、ロケ地沿線を走る近鉄、阪神電鉄、山陽電鉄の私鉄3社で「映画『フォルトゥナの瞳』号」が2月1日から運行される。@@cutter 今回の企画では、車内の中吊りがロケ地情報を掲載した映画のビジュアルでジャックされ、先頭車両には公開を記念したヘッドマークが装着される。3社が映画で共通のヘッドマークを掲出するのは初の試み。計3編成(1編成6両)で、運行期間は、近鉄が2月20日まで、阪神電鉄と山陽電鉄が同28日まで。  3社の駅ラックには電車でロケ地を巡れる「ロケ地マップパンフレット」が設置されるほか、主要駅ではサイネージでの映画映像なども放映される。  ほかに、神戸市では神戸デートを応援するプロジェクト「date.KOBE」が『フォルトゥナの瞳』とコラボ。特設サイトのオープンや、神戸市役所や神戸空港、三宮センター街などに設置された大型ビジョンで、キャストコメントや予告編などの動画が1月25日から3月15日まで放映される。  さらに、「『フォルトゥナの瞳』in KOBE展」が2月1日から3月15日までOSシネマズ神戸ハーバーランドのロビーで開催。神木と有村が着用した衣装や小道具、ロケ地の写真などを展示し、映画のシーンやロケのこぼれ話とともに紹介する。入場無料。  奈良県橿原市のイオンモール橿原では1月28日から2月8日まで「『フォルトゥナの瞳』in 橿原」展が開かれ、神木が着用した衣装、小道具、ロケ地の写真等が展示される。こちらも入場無料。  本作は、百田尚樹の同名の小説が原作。運命が見える男と“死の運命”に導かれる女性が織りなすラブストーリーを描く。キャストは神木、有村のほか、志尊淳、DAIGO、松井愛莉、北村有起哉、斉藤由貴、時任三郎ら。監督は『アオハライド』など青春映画の名匠・三木孝浩。  映画『フォルトゥナの瞳』は2月15日より全国公開。

  • 有村架純

    有村架純 『中学聖日記』ジャージ姿にファン歓喜 「また会いたい」の声

    エンタメ

     有村架純が20日、自身のインスタグラムにて、主演を務めていたドラマ『中学聖日記』(TBS系)で使用されたジャージを着用したショットを投稿。話題になったドラマなだけに、ファンの間では大きな反響を呼んでいる。@@cutter 「これぞ白鳥の湖。不意に現れた子」というコメントとともに投稿されたのは、湖のほとりで笑顔を浮かべる有村と白鳥の見事な2ショット。有村は「ジャージが妙にしっくりくるな、と思い返せば、弱くても勝てますの柚子ですね。赤ジャージ着てたな」と、2014年放送のドラマ『弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー』(日本テレビ系)を振り返ると同時に「これは聖のジャージ」と明かしており、中学聖日記ロスに陥っているファンを喜ばせた。  コメント欄には、「あの夏合宿のジャージではないですか」「ジャージ姿 、 似合ってます」「聖ちゃん!」いった歓喜の声が殺到。同時に「続編期待してます」「中学聖日記ロス絶讃継続中です」「聖ちゃんと晶くんに、また会いたいです」続編を求めるドラマファンからの期待が相次いでいる。 引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/

  • 有村架純

    有村架純&神木隆之介の“ほのぼの2ショット”がかわいすぎると話題 

    映画

     映画『フォルトゥナの瞳』の公式インスタグラムが17日、有村架純と神木隆之介のオフショットを掲載。ほのぼのとした雰囲気を感じられる写真が「かわいすぎる」と話題になっている。@@cutter 映画『フォルトゥナの瞳』は運命が見える男と“死の運命”に導かれる女性が織りなすラブストーリー。「死を目前にした人間が透けて見える能力」を持った男・木山慎一郎を神木隆之介、その恋人である桐生葵を有村架純が演じる。  「2人のほのぼのショットをお届け 手乗り神木さん…?」というコメントとともに公開されたのは、手前に有村がしゃがみ、手を差し出しているところに神木が乗っている様に見える、遠近法を用いて撮影されたキュートなショット。2月15日の映画公開に向け、公式インスタグラムでは他にもさまざまなオフショットが披露されている。  笑顔で写真を撮影する二人に対し、コメント欄には「2人とも可愛いです」「愛しすぎる二人」等の声が多数寄せられているほか、「この手乗り神木くんのキーホルダーとか販売しないですかね?」といった要望を語るファンも見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/fortuna_movie/

  • 映画『フォルトゥナの瞳』舞台挨拶に登壇した神木隆之介、有村架純

    神木隆之介「体を鍛えて臨みました」 “強化神木”で初の本格ラブストーリーに挑む

    映画

     俳優の神木隆之介が8日、都内で行われた映画『フォルトゥナの瞳』完成記念イベント&舞台挨拶に登壇。俳優として長いキャリアを誇る神木だが、本格ラブストーリーに挑むのは初ということで「体を鍛えて気合入れて臨みました。“強化神木”です」と胸を張って客席を沸かせた。本イベントには神木のほか、有村架純、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎、三木孝浩監督も出席した。@@cutter 「永遠の0」などの人気作家・百田尚樹の同名小説を、ラブストーリーの名手・三木孝浩監督で映画化した本作。「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な能力を持つ青年が、最愛の女性の“死の運命”を知ってしまったことから起こる究極の“選択”を描いた物語。  神木と有村は、これまでも『SPEC』シリーズや『3月のライオン』など何度も共演経験があるが、今回は恋人役。神木は「ついに来たか」と本格ラブストーリーへのオファーがあったときの心境を語ると「(整備工として)作業着を着る役だったので、しっかりと似合うように体を鍛えました」と役へのアプローチ方法を明かす。 @@insert1  そんな神木の姿に有村は「とても似合っていました。背中が大きくなってたくましさを感じました」とこれまでとの変化を述べる。さらに有村は、以前の取材で神木のラブストーリーが見たいと話していたことを明かすと「その相手が私だったことに驚いています。言霊ってあるんだなと思った」としみじみ語る。  神木の新境地となる本作だが、「予告編でも出ていますが、(有村を)後ろから抱きしめるシーンがあるんです。ご覧のとおり、僕と架純ちゃんの身長が同じぐらいなので、後ろからみると首を絞めているように見えちゃうんですよね」と撮影時の苦労話で、会場の笑いを誘っていた。 @@insert2  メガホンをとった三木監督は「仲が良すぎて恋人というよりきょうだいに見えてしまうことがあったので『カップルだからね』と話したことがありました」と、過去に何度も共演してきた2人だからこその距離感について言及したが「さすがに4度目の共演なので相性は抜群。呼吸や会話のキャッチボールがすぐに良くなった。うまく恋人の空気感を作り出してくれました」と俳優としての反応の良さを絶賛していた。  映画『フォルトゥナの瞳』は、2月15日より全国公開。

  • 有村架純

    有村架純の浴衣姿…「かわいすぎ」「天使」と絶賛の声

    エンタメ

     女優の有村架純が7日、インスタグラムに、浴衣姿で撮影した動画をアップ。公開から半日ほどで、100万回近く再生されており、ファンからは「かわいすぎ」と反響が寄せられている。@@cutter 有村は同日、絵文字と共に浴衣での1ショットを投稿。音声は入っていないが、途中ではにかむなどリラックスした雰囲気がうかがえる。4日には、姉・藍里との2ショットを投稿していた。  ファンからは「天使」「浴衣が似合いすぎて美しい」「かわいすぎ反則」「色っぽいなぁ」といった声が集まり、絶賛されている。 引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/

  • 一緒にお正月を過ごした有村藍里(左)と有村架純(左)

    有村藍里&有村架純、浴衣姿の2ショットに「最強姉妹!」と大反響

    エンタメ

     タレントの有村藍里が3日、自身のインスタグラムを更新し、妹で女優の有村架純との2ショット写真を投稿。ファンからは「最強姉妹!」「美人姉妹すぎる」などのコメントが寄せれらている。@@cutter 「家族と過ごすお正月。幸せな時間」といったコメントと共に投稿されたのは、浴衣姿の2人が笑顔で収まっている写真。妹の架純は紺色の、姉の藍里は紫に花柄があしらわれた浴衣を身にまとい、穏やかな笑顔をカメラに向けている。  姉妹水入らずの穏やかな時間を伝えるこの2ショット写真にファンからは「最強姉妹!」「美人姉妹すぎるだろ〜!!」「ツーショット可愛い」などのコメントが殺到。さらにレアな姉妹2ショットに「待ってましたー!」「姉妹のツーショットは珍しいね」「いつか共演してほしい」などの声も多数寄せられた。 一方、架純もこの日、自身のインスタグラムで「A Happy New Year」と新年の挨拶とともに雪山の写真を掲載しており、ファンからの「家族旅行に行ってたんだね」「温泉かな?」と予想するコメントも見受けられる。 引用:https://www.instagram.com/arimuraairi/ https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/

  • (左から)竹内涼真、有村架純、向井理

    有村架純、竹内涼真、向井理…人気女優&俳優の“神対応”

    エンタメ

     いいことも悪いことも瞬く間に拡散されるSNSの時代。俳優たちも戦々恐々という状況だが、拡散されるのがポジティブな情報なら、これ以上の宣伝はない。何しろ、無料でいい噂が周知されるのだから。これからの芸能活動は、インターネットを無視できなくなってきた。そんな中でも、ファンへの対応が良い“神対応”ぶりに定評のある俳優たちをクローズアップしてみた。@@cutter■ 吉川晃司、非公開でボランティア活動 コメントでも”大人の対応”  最終回を迎えた『下町ロケット』(TBS系)では、帝国重工の財前部長役が評判の吉川晃司。ドラマでは佃製作所の佃航平(阿部寛)の熱いエンジニア魂に打たれて佃と友情のコンビを組むが、吉川本人も熱い気持ちの持ち主のようだ。2011年の東日本大震災の際も被災地に赴き、テントを張ってのボランティア活動を非公表で行っていたが、今年7月の西日本豪雨でも、現地入りしてボランティア活動に従事。今回もSNSなどで自ら発信することはなく、一切を非公開としていた。  しかし、現地での活動の様子が目撃情報とともにネット上に流出、「公表せずにボランティアに行くとは素晴らしい」と話題になった。これを受け吉川は、自身の会員制モバイルサイトで「マスコミ同伴で炊き出しするもよしじゃない? 被災地の状況を発信しながら関わるもよしじゃない? 人それぞれ思う形は違うしね」とコメントを発表。公表しつつボランティアをしている人たちにも配慮のみられる大人の対応で、大事なのは人を助ける活動をすることであって公表するか否かは本質とは無関係との考え方を伝えた。また、自分が公表しないのは、チャンスがあれば何度も足を運んで役に立ちたいので、混乱を招かないための方策だったことも明かしている。 ■ 竹内涼真は心もイケメン ファン1500人、5時間のイベントで笑顔絶やさず  同じ『下町ロケット』で佃製作所の若き技術者・立花洋介を演じた竹内涼真も、“神対応”が話題になる1人だ。一般の人たちと触れ合えるイベントが大好きと公言する竹内だが、昨年の写真集発売時には抽選に当たった1500人のファンが会場へつめかけた。これだけの人数としっかり握手を交わすのは重労働だが、竹内は一人ひとりの目を見ながら終始その場を楽しみ、握手をしていたという。  また、前年のカレンダー発売時のイベントではハグのサービスもあり、5時間という長丁場になったが、ファンを喜ばせる前に自分が本気で交流を楽しんでいることが、気持ちの伝わるポイントなのだろう。イケメンは心もイケメンということか。 ■ 向井理「立ってますね」 とっさの行動にファン感激  最近、ファンへの神対応ぶりがニュースになったのが向井理。11月に大阪で開かれた主演ドラマ『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』(WOWOWプライム)のトークショーに登壇した向井は、河毛俊作監督と共にあいさつをすませると、MCから着席を促された。  ところが、後ろのほうの客席からは向井の姿が見えなかったらしく、つめかけたファンの落胆ぶりをいち早く察した向井は、「見えないんですよね? じゃあ、立ってますね」と、着席せずに立ったままで約30分間のトークショーに臨んだのだ。この優しさにはその場にいたファンは全員が感激した様子だったとか。 ■ 有村架純 明石家さんまも絶賛した東大生への神対応  ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で教え子との禁断の愛に走る教師役が話題になった女優・有村架純も、“神対応”を心がけているようだ。9月17日放送の『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)にゲスト出演した際には、東大生の無茶ぶりに笑顔で対応した。MCの明石家さんまが東大生たちとトークを繰り広げる人気番組だが、このときは東大法学部の学生が記者になって芸能人に突撃リポートする企画で、有村がターゲットに選ばれた。  ところが、この学生の空気を読まないマイペースぶりにネット上の視聴者の反応は引き気味。特技というモノマネを披露するも、さんま以下、スタジオの面々も呆れ気味に。そんな中、有村は満面の笑顔で「似てました!」とポジティブなコメントをして、学生をフォロー。気を良くした学生は、ますます暴走ぶりを発揮してしまうことになったが、終始、有村はフォローを入れる神対応で、学生も番組も支えきった。これにはMCのさんまもべた褒め、ネット上も「架純ちゃん天使!」など、有村を絶賛するコメントであふれ返っていた。(文:志和浩司)

  • 有村架純、岡田健史

    有村架純&岡田健史ら『中学聖日記』最終回の観覧車前でオフショット

    エンタメ

     18日の放送で最終回を迎えたドラマ『中学聖日記』(TBS系)の公式インスタグラムが、本作に出演した女優の有村架純、俳優の岡田健史らのオフショットを公開。最終回の重要なシーンで撮影された姿にファンから反響が寄せられた。@@cutter 投稿された写真は、最終回のクライマックスに登場した観覧車を背景にした、岡田の後ろ姿を捉えたショット、有村と町田啓太の2ショット、さらに有村、岡田、町田、吉田羊の4人がそろった1枚だ。  最終回では、一切の接触・連絡を禁止された聖(有村)と晶(岡田)を会わせるために、勝太郎(町田)と律(吉田)が奔走。聖を観覧車に乗せ、律のスマートフォンを使い、地上にいる晶と2人で話をさせるというシーンが描かれ、視聴者の深い感動を誘った。  最終回の感動が冷めやらぬうちに投稿されたこの写真にファンからは「めっちゃ良い終わり方やった」「もう中学聖日記ロスです」「続編待ってます」などのコメントが殺到した。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • 有村架純

    有村架純の“未熟な魅力”が『中学聖日記』を支えた

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の最終話が18日に放送された。@@cutter 最終話。「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行される聖(有村)。のちに釈放されるが、翌日、愛子(夏川結衣)の代理弁護士から示談を持ちかけられ、代わりに誓約書へのサインを求められる。そこには「今後、晶との連絡、接触を断つこと」「万が一誓約事項に違反した場合、損害賠償500万円を支払うこと」といった厳しい条項が書かれていた。     一緒にいた晶(岡田健史)も取り調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。ようやく解放された後も愛子から携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。  最終話も9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東)と2ケタには届かず、また全話平均も6.9%で終わったが、ちょうど2年前の『逃げるは恥だが役に立つ』のヒットにより、その後、TBS火曜22時はずっと“逃げ恥枠”とまで呼ばれていたが、この1作で完全に払しょくできたのではないか。    そんな「心に刺さる」ドラマになったのは、聖の、まだ飛び立てない、未熟な魅力にあった。10歳年下の教え子に引きずられ、中学校の教師から小学校の教師になり、街で見かけた求人募集で花屋のバイトをし、バンコクの日本語教師へと変えていくその「危うさ」がこのドラマの鍵だった。本当に悩んでいるそれがかえって視聴者に受け入れられない原因にもなったが、逆を言えば一度ハマればそれが「中毒性」に変わっていった。    そんな「未熟な魅力」は有村架純本人がたたえる雰囲気にもある。風が吹けば飛んでいきそうな華奢(きゃしゃ)な体に、どこか物憂げな笑顔。朝の連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクし、『ひよっこ』で国民的女優になった彼女だが、いまだに良い意味で、作品名通り、『あまちゃん』で『ひよっこ』のような未完成の魅力にあふれている。  聖は先述のように流転の人生を歩んでいったが、そんな役を演じられるのは石原さとみでも綾瀬はるかでもなく、いつも何かに「心揺れている」印象の彼女にしかできなかったのではないか。(文:塚田均)

  • 有村架純

    有村架純 『ひよっこ2』オフショット 妹・ちよ子の成長に驚きの声

    エンタメ

     女優の有村架純が21日、自身のインスタグラムを更新し、『ひよっこ2』(NHK総合)で共演する子役・宮原和(みやはら かなう)との2ショットを投稿。ファンからは少し大人びた宮原に対しての「大人っぽくなってる」「大きくなったね!」といった声が集まっている。@@cutter 2017年に放送されたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。東京オリンピックが開催された1964年からの高度成長期を舞台に、集団就職で茨城から上京してきた谷田部みね子(有村)が、さまざまな困難を乗り越えながら成長していく姿を描いた。『ひよっこ2』は2019年3月に全4回で放送されるスペシャルドラマで、前回から2年後が描かれるという。  先日、主演ドラマ『中学聖日記』(TBS系)が最終回を迎えたばかりの有村だが、「そんなこんなで、ひよっこの撮影は始まっているわけなのです。もうすぐクランクアップです。withちよ子」との報告とともに、宮原との2ショットを投稿。宮原は劇中でみね子(有村)の妹を演じる。  写真では、有村と宮原が仲よさげに顔を寄せ合っている。宮原は髪が長いせいもあってか、少し大人びたようにも感じられる。  ファンからはとびっきりの笑顔で写る2人への「かわいい」といったコメントが集まった。また、「ちよこちゃん大人っぽくなってる」「ちよこ大きくなったね!」「チヨ子成長してる〜」といった宮原の成長に驚く声、『ひよっこ』待望の続編への期待の声もあった。 引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/

  • 『中学聖日記』で主演を務めた有村架純

    有村架純、『中学聖日記』の“逆転劇”を支えた力量と情熱

    エンタメ

     女優の有村架純主演ドラマ『中学聖日記』(TBS系)の最終回が18日に放送され、自己最高となる視聴率9.6%を記録した。@@cutter 初回視聴率は6.0%と苦戦し、数字だけでなく、「女教師と中学生の禁断の恋」というテーマ設定から、「中学生との恋愛なんてありえない」「気持ち悪い」「淫行」「90年代ならともかく、今の世の中で需要があるとは思えない」など、酷評が続出していた。  だが、回を追うごとに作品にのめり込む者が増え、次第に末永聖を演じる有村と黒岩晶を演じる岡田健史の2人を応援する声に変わっていった。1つには、新人俳優・岡田のみずみずしく真っすぐで純粋な演技の魅力があったろう。  そして何より有村が演じる聖から漂う、潔癖なまでの「正直さ」が、作品を支えてきた面は大きいと思う。  中学生を夢中にさせてしまう女教師・聖は、ともすればステレオタイプの「魔性の女」として表現されかねない。もちろんそれでは原作と大きく異なるし、ともすれば陳腐な作品になってしまう恐れもある。  だが、視聴者の一部はまず「わかりやすさ」を求めた。だからこそ、おっとりタヌキ顔の有村が表現する、湿度の高い控えめな色気に物足りなさを感じる者も少なからずいた。「童顔で、大人の女性っぽく見えない」「有村架純では優等生的で、色気不足」などという批判が初期には多々あった。有村が演じる聖は、女生徒たちから「あざとい」と言われ、教頭からは「(ダウンスタイルのロングヘアが)いやらしい」と注意される、スキだらけのダメ教師に見えた。  しかし、あざとく見えた聖の無防備さは、未成熟で生真面目ゆえの無自覚な色気であることが、有村の抑え目でナチュラルな演技から伝わってきた。  さらに印象的だったのは、花火大会の後の浜辺でのキスシーン。自分に真っすぐ思いをぶつけてくる晶に、どうしたいかと尋ねられ、自らの恋心が抑えられなくなった聖は泣きながら「うちに帰りたいです」と言う。そのグチャグチャになった感情を、有村は、泣き疲れた後の小さな子どものように表現していた。  婚約者も仕事も、何もかも失い、晶のもとを去ってなお一途に思い続ける純粋さ、正直さには、視聴者はときにイライラし、呆れながらも、次第に応援モードに変わっていく。それはちょうどドラマ内の2人を取り巻く人たちの心境変化と重なっていた。@@separator 朝ドラ『ひよっこ』(NHK)では田舎育ちの普通の女の子・みね子のごく普通の日常を、安定感ある「受け」の芝居で演じ、高評価を得た有村。だが、その直後に、映画『ナラタージュ』で初のベッドシーンを披露。お茶の間の人気者になった朝ドラ・みね子像を自ら捨て去る大胆な挑戦には、頑なにも思える覚悟が感じられた。  『中学聖日記』において、有村は「ひたむきで必死な思い」や「傷つく気持ち」「恋愛の苦しさと愚かさ」などを、感情が先走らぬように繊細に表現していた。また、『中学聖日記』の演出家・塚原あゆ子が監督を務める映画『コーヒーが冷めないうちに』でも、あえて抑えた引き気味の演技でリアリティーを感じさせていた。  わかりやすい「キャラクター」を頭で作り上げるのではなく、感情によって突き動かされるのでもなく、「役柄」と正面から真面目に向き合い、深く考え、分析し、生身の人間としての自然なあり方に落とし込んでいく有村の演技。  だからこそ、自らの中に必死で閉じ込めてきた恋心はいじらしく、それを「嘘」で隠すことをやめたときの、どん底にありながらもまぶしく強い輝きに、視聴者は惹(ひ)かれていったのではないか。  数々の批判や非難を一身に受け止め続け、それでも真っすぐ純粋に「聖」として走り抜いた有村架純の力量と情熱に、心からの拍手を送りたい。(文:田幸和歌子)

  • 『中学聖日記』最終話場面写真

    有村架純&岡田健史のラストシーンに大反響 『中学聖日記』最終話(ネタバレあり)

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)最終回が18日に放送され、聖(有村)が夕日の見える海岸で晶(岡田健史)と抱き合うラストシーンに、視聴者から「号泣」「いや〜泣いた!」「やっと結ばれた」などの声がネット上に多数寄せられた。最終話の平均視聴率は自己最高の9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。@@cutter※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行されてしまう聖。一緒にいた晶は取調べで、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。後日、愛子から“会って話がしたい”と告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは愛子の代理人弁護士。弁護士は聖に対して、晶への接触や連絡を禁止する誓約書を突きつける…。  愛子の代理人弁護士から提示された誓約書にサインをした聖は、日本を離れて海外で日本語教師として働くことを決意。晶は、原口(吉田羊)や勝太郎(町田啓太)の協力を得て、観覧車に乗った聖と電話で言葉を交わすことに。地上の晶は「聖ちゃんに幸せになってほしい。だからもう会わない」と決意を語ると、観覧車の中の聖は「私、日本を離れるの…黒岩くんが力をくれたの…会えて良かった」と思いを伝える。このシーンに対してネット上には「サイコーの演出」「ロマンチックすぎる」「最高に切ない」などの反響が寄せられた。  2人の別れから5年後。タイで子どもたちに日本語を教える聖。仕事が終わり、海岸に一人で立っていた聖は、海に沈んでいく夕日をスマートフォンで撮影しようとシャッターを押すと、彼女の背後からもシャッター音が。聖が後ろを振り返ると、そこにはスーツを着た晶の姿。この展開についてSNS上には「黒岩君きた!!」「鳥肌立った…」「まさか!?」などの声が上がった。  晶は聖に封筒を差し出す。それは5年前に聖が弁護士へ渡した誓約書だった。聖と晶は明るい表情で笑い合い、夕日をバックに熱い抱擁を交わす。このラストシーンに対して視聴者からは「号泣」「いや〜泣いた!」「やっと結ばれた」「ハッピーエンドで嬉しい」などのツイートが殺到。さらに「聖ちゃん良かった」「迎えにいった晶かっこいい」「二人の表情が本当に綺麗」などの声も寄せられていた。 @@insert1

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純、岡田健史

    有村架純が満面の笑み! 『中学聖日記』キャスト陣の撮影終了の瞬間

    エンタメ

     18日に最終回を迎えたドラマ『中学聖日記』(TBS系)。最終回を前に、同作の公式ツイッター、インスタグラムが、ヒロインを演じた有村架純、岡田健史らのクランクアップショットを続々と公開。最終回を惜しむファンからのさまざまな反響が寄せられている。@@cutter 主役の末永聖を演じた有村架純は劇中に登場した花屋の前で、大きな花束を手に抱えたクランクアップショット。さらに黒岩晶を演じた岡田建史が花束を手にほほ笑む姿もアップされた。  晶(岡田)の同級生役の若林時英、小野莉奈&西本まりんは、それぞれ花束を抱えて、岡田と共ににっこり写真に映っている。  岡田扮する晶の母親を演じた夏川結衣のクランクアップショットは、岡田との役柄そのままの“親子”ショット。その友人を演じたマキタスポーツの姿も投稿されている。  さらに、吉田羊と町田啓太のクランクアップショットも。有村、岡田と共に写る4ショットは、スタッフによる「では、最後に弾けた感じで!飛び出せ青春!!」という謎の掛け声とともに撮られたものだそうで、吉田が岡田の胸ぐらをつかめば、町田がにっこりサムズアップするユニークなものに。  最終回を見終えたファンからは、一連のクランクアップショットに対して、思い思いの投稿が届いている。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/    https://twitter.com/chugakusei_tbs

  • 『中学聖日記』に出演する有村架純、岡田健史

    今夜最終回『中学聖日記』有村架純、岡田健史ら“奇跡の4ショット”

    エンタメ

     今夜最終回を迎えるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の公式インスタグラムが、ヒロインを演じた女優の有村架純、俳優の岡田健史、吉田羊、町田啓太の4ショットを公開。運命の最終回を前に、ファンは「4人とも、幸せになってほしいです」「どうか、どうか、ハッピーエンドでお願いします」などと思い思いの反応を寄せている。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこの同名コミックを実写化。女教師の末永聖(有村)が、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の学生・晶(岡田)らと織りなす人間模様を描いている。町田は聖の元恋人である川合勝太郎、吉田は勝太郎の会社の先輩・原口律を演じている。  「奇跡の4ショット」「ただし、4人のシーンがあるのかどうかは、まだ秘密です。答えは最終回にあります」というキャプションとともに投稿された写真には、有村、岡田、吉田、町田が揃って佇む様子が収められている。また「#最終回 #今夜 #まさかの #展開」というハッシュタグも添えられる。ドロドロの恋愛劇を演じてきた4人が、最終回にて相まみえることはあるのだろうか。  写真を見たファンは「まさかの展開・・・やめてぇぇぇ ドキドキするよーーっ!」「まさに奇跡のショット」「4人とも、幸せになってほしいです」「聖ちゃんと黒岩くんの身長差がたまらん」「どうか、どうか、ハッピーエンドでお願いします」「最終回…晶と聖のシーンがたくさん見たいです。終わって欲しくない…」など、これまで追いかけてきたドラマに対するさまざまな反応を寄せている。 引用:https://www.instagram.com/chugakuseinikki_tbs/ @@insert1

  • ドラマ『中学聖日記』に出演する有村架純

    今夜最終回『中学聖日記』 ラスト直前回では急展開の連続に

    エンタメ

     今夜最終回を迎える、有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)。11日放送の第10話では、急展開の連続となった。@@cutter 第10話。聖(有村)と晶(岡田健史)の2人が、山江島から東京の港へ戻ってきた。聖を迎えたのは母・里美(中嶋朋子)。いきなり平手打ちを食らわせると、「何やってるの聖!」と叱責。  翌日、聖を愛子(夏川結衣)の元に連れてきた里美は娘のしたことについて「元担任として放っておけず、父の元に送り届けただけ」と釈明する。聖にも同意を求めるが、彼女は「黒岩くんが好きです。教師としてではなく、黒岩くんが好きです」と、いきなり愛子に告げる。  一方、晶は将来的に自立し、聖との関係を認めてもらうため、進学することを決める。そんな中、晶の元に勝太郎(町田啓太)が現れ、「聖が君のせいでまた教師を辞めた」と責める。それを知った晶は聖にいきなり「なんか引いた、冷めた」とウソをつく。  律(吉田羊)は勝太郎と別れたあと、同性愛者の元カノとヨリを戻し、その腹いせか先述のように勝太郎は晶に密告。  聖は学校最後の日、千鶴(友近)には挨拶するも、時には保護者からの「盾」となり、恋を育もうとしていた野上(渡辺大)には会うこともなく去っていった。野上の気持ちは…?  以前にも挙げたが、金曜ドラマ『青い鳥』のように逃避行もので貫けば良かったのに、わずか1週で都会に戻ってしまい、少しもったいないかなと思ったのも事実。    やはりこうした禁断の恋愛ものは、とにかくドロドロしていたり、とにかくありえないことが起きたり、ファンタジーに走ったり、振りきらないと、1時間見続けるドラマとしては完走できない。  夏川演じる愛子も思ったほど「鬼」になっていなかったし、吉田羊の律もどんなキャラクターなのか最後まで理解できなかった。漫画であれば、そういう「ふわっ」としたことが魅力なのだが、立体的になるとそこが“あら”になって見えてくる。だが一方で、こうした性急な展開やキャラクター造形も、やはりドラマは人が作る“生き物”という感覚も伝わってきて応援もしたくなる。最終回に期待である。(文:塚田均) @@insert1

  • 『中学聖日記』最終話場面写真

    今夜『中学聖日記』最終回、有村架純と岡田健史の恋の行方は…

    エンタメ

     女優の有村架純が主演を務めるドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の最終回が今夜放送される。最終回では、聖(有村)と晶(岡田健史)の禁断の恋の行方が描かれる。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックを原作にしたヒューマンラブストーリー。年上の婚約者がいながらも、勤務先の中学校で出会った10歳年下の中学生に心惹かれる女性教師の“禁断の恋”を儚くも美しく描いていく。  「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行されてしまう聖。一緒にいた晶は取調べで、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。  ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは意外な人物だった。  全てを失い、厳しい現実を突きつけられた聖。募る晶への想いを胸に秘め、彼女が選ぶ道とは…。  ドラマ『中学聖日記』最終回は、TBS系にて今夜12月18日22時放送。 @@insert1

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access