バート・レイノルズ 関連記事

  • 映画『ラスト・ムービースター』メインカット

    バート・レイノルズ最後の主演作『ラスト・ムービースター』 命日に公開

    映画

     2018年にこの世を去ったバート・レイノルズが主演する映画『ラスト・ムービースター』が、彼の命日でもある9月6日に公開されることが決定。予告編と場面写真が解禁された。@@cutter 本作は映画・テレビで半世紀以上にわたって活躍し、映画『脱出』『トランザム7000』『ブギーナイツ』など、多くの名作に出演してきたバート・レイノルズの最後の主演作。アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』や『レディ・バード』など次々に話題作を送り出すスタジオA24が製作し、映画『デトロイト・ロック・シティ』や『LOOK』のアダム・リフキンが監督と脚本を担当する。  かつて一世を風靡した映画界のスーパースター、ヴィック・エドワーズ(バート)のもとに、ある映画祭から功労賞受賞の招待状が届く。しぶしぶ参加したものの、騙しに近い名もない映画祭だと知り憤慨するが、そこは彼が生まれ育った街ノックスビルの近くだった。育った家、大学のフットボールで活躍したスタジアムなど過去の思い出が甦る…。  予告は、ヴィックの元に、とある片田舎の映画祭から招待状が届くところから始まる。しぶしぶ参加したヴィックだったが、本人が「ここは肥溜めだ」と口にするように、会場もホテルも送迎の車もすべてボロボロでがっかりするが、現地の人々から大歓迎を受けるうち、徐々にヴィックも饒舌になっていく。後半は、生まれ育った街に向かったヴィックが、“思い出ツアー”として、なじみの場所を巡る様子や人々との再会が描かれる。  場面写真には、杖をつきながら映画祭会場に現れるシーンや、彼を尊敬する若いファンたちとのシーン、さらに“思い出ツアー”で訪れた、若かりし頃の栄光のスタジアムに佇むカットなどが含まれており、現実世界でも名を馳せたバートの、歳を重ねてもなお輝きを失わない姿を収めたものとなっている。  映画『ラスト・ムービースター』は9月6日より全国順次公開。

  • バート・レイノルズが82歳で死去

    バート・レイノルズが死去 シュワちゃん、スタローンらが追悼コメント

    セレブ&ゴシップ

     1974年の映画『ロンゲスト・ヤード』や『トランザム7000』シリーズ、『キャノンボール』シリーズなどで知られる俳優のバート・レイノルズが現地時間6日、米フロリダ州の病院で死去したという。享年82歳だった。@@cutter Us Weeklyによると、バートは入院先の病院で心肺停止状態になり、長い間CPRが施されたが、家族が見守る中、亡くなったという。  生涯にわたり200作近い映画とドラマに出演したバート。アメリカのポルノ映画界を描いた1997年の衝撃作『ブギーナイツ』でゴールデン・グローブ賞とアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされ、前者では受賞を果たしている。  クエンティン・タランティーノ監督の最新作で、ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオが共演する『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(原題)』に出演が決まっていたが、出演シーンはまだ撮影されていなかったとのことだ。  バートの訃報を聞き、映画界からは多くのスターが追悼コメントを発表している。アーノルド・シュワルツェネッガーは自身のツイッターで、「バート・レイノルズは僕のヒーローの1人だった。彼は先駆者だ。アスリートから最も稼ぐ俳優に転身する方法を示してくれた。彼にはいつも刺激を受けた」とコメントし、バートと称えた。  シルヴェスター・スタローンはバートとの写真を自身のインスタグラムに投稿。「悲しい日だ。我が友バート・レイノルズが他界した」とコメント。バートをトラウトマン大佐役で『ランボー』にキャスティングしたかったが、ギャラが高すぎてできなかったと語り、バートにそう伝えると「彼は笑った。素晴らしいユーモアのセンスの持ち主で、彼といるのがとても楽しかった」とバートの死を悼んだ。  『ブギーナイト』で共演したマーク・ウォールバーグは「伝説の人であり友人よ、安らかに眠れ」とツイート。ほかにも俳優のウェズリー・スナイプス、コメディアンのスティーヴ・ハーヴェイや、歌手・女優のリアン・ライムス、シンガーソングライターのベス・チャップマン、カントリーの女王ドリー・パートンらから写真付きで追悼コメントが寄せられている。 引用:https://twitter.com/Schwarzenegger    https://www.instagram.com/officialslystallone/    https://twitter.com/wesleysnipes    https://twitter.com/IAmSteveHarvey    https://www.instagram.com/leannrimes/    https://twitter.com/MrsdogC

  • カルトヒーロー、ブルース・キャンベルが活躍!

    「死霊のはらわた」チェーンソーが蘇る!?「バーン・ノーティス」スピンオフでブルース・キャンベル大活躍

    映画

     人気スパイ・アクションシリーズ「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン4」とそのスピンオフ、主人公マイケル(ジェフリー・ドノヴァン)の相棒サム・アックス(ブルース・キャンベル)が主人公の「サム・アックス 最後のミッション」が2012年1月7日に同時リリースされる。 @@cutter   「サム・アックス 最後のミッション」はサムの現役軍人時代を描いた前日譚。テロ集団の情報収集のためコロンビアに送られるサムだが、そこにいたのは、あくどい民兵に苦しめられていただけの民間人だった。サムは自らの意志で彼らを助けようとする…。作品自体はスピンオフだが、こちらも本編「バーン・ノーティス」らしく、弱きを助ける精神は反映されている。それもそのはず、シリーズの主演を務めるドノヴァンが監督を務め、ドラマ内と同様に息の合った作品に仕上げているのだ。  キャンベルといえば、知る人ぞ知るカルトヒーロー。サム・ライミとコンビを組んだホラー映画「死霊のはらわた」シリーズの主人公アッシュ役としてカルト的人気を博した俳優である。「死霊のはらわた」では、彼が武器としてチェーンソーを持つのが代名詞になっているが、実はこのスピンオフ「サム・アックス 最後のミッション」でもチェーンソーを振り回すシーンが再現されている(!)。  うっすらとアッシュのようなダメさも見える若き日のサムが、得意のチェーンソーでピンチを乗り切れるのか? そちらも見所だ。「バーン・ノーティス」ファンだけでなく、ホラーファンにとっても嬉しい、貴重なスピンオフとなっている。  そして本家「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン4」には70年代のスター、バート・レイノルズや「ターミネーター2」のロバート・パトリック、「NUMBERS~天才数学者の事件ファイル」のナヴィ・ラワット、「マッドメン」のリッチ・ソマー、名脇役のディラン・ベイカーなど、ワクワクさせられる顔ぶれが揃った。また、第3話では主演のドノヴァンが監督にも挑戦している。  「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン4」(Vol.1~9)、スピンオフ「サム・アックス 最後のミッション」は20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンより2012年1月7日セル・レンタル同時リリース。 ■関連リク

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access