HKT48 関連記事

  • HKT48卒業後、舞台出演が決定した兒玉遥

    HKT48兒玉遥、卒業を発表 9月には舞台出演も決定

    エンタメ

     HKT48の兒玉遥が、6月9日付でグループを卒業することが所属グループの公式サイトで発表された。また、卒業後は9月上演の舞台に出演することもわかった。@@cutter 2017年12月から体調不良のため休養を続け、長らく活動休止状態だった兒玉。今後は女優として活動の幅を広げるため、HKT48卒業後はエイベックス・アスナロ・カンパニー株式会社へ移籍する。  兒玉は卒業に際してHKT48公式ホームページにコメントを寄せており、長期にわたる休養に関して「この休養期間は心身ともに回復する為、次のステップへ進む為に必要な時間でした。このような形でアイドル活動に終止符を打つこと、沢山悩みました」とつづると「私は人を笑顔にする事が好きだと気付きました。卒業=ゴールというイメージではなく、ずっと道が続いてる感覚です」と心境を明かしている。  卒業後の兒玉は、9月13日から東京・大阪で上演される舞台『私に会いに来て』への出演が決定。『私に会いに来て』は、第72回カンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得したポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』が原作となった舞台。本作で兒玉は、ある殺人事件を追う記者のパク・ヨンオクを演じる。

  • 「指原莉乃 11年ありがとう!大感謝祭」の模様

    指原莉乃、大感謝祭で涙「11年間ありがとうございました!」

    エンタメ

     4月28日に神奈川・横浜スタジアムで開催されたコンサートでHKT48を卒業した指原莉乃が、28日、HKT48の地元・マリンメッセ福岡で「指原莉乃 11年ありがとう!大感謝祭」を開催した。@@cutter 幕開け1曲目「ここにいたこと」を歌い終えると指原は、「みんな、新生HKT見たいですか?」とファンに呼びかけ、「新生HKTを見せてくれますか?」とHKTメンバーに声をかけると、センターステージに設置された王冠を模した椅子に座り、メンバーのパフォーマンスを見学。メンバーの成長を見つめ、誰よりも心から楽しんでいる様子。  セットリストは、11年間のアイドル活動の中で特に思い出深い曲をラインナップ。指原がAKB48・5期生最終オーディションで歌った「BINGO!」をHKT48・5期生メンバーと披露したほか、初めてAKB48選抜メンバーになった「大声ダイヤモンド」や、指原参加ユニットNot Yet曲「週末Not Yet」、ソロデビュー曲「それでも好きだよ」、モーニング娘。のヒット曲「ザ☆ピース!」など“指原ベストセレクション”で構成。さらに、レギュラーを務めた『笑っていいとも!』のオープニング曲「ウキウキWATCHING」もパフォーマンスして会場を沸かせた。  MCコーナーでは、握手会で指原のレーンを4年間に渡り警備を担当していたOJS48・嶋田雄治さんからの手紙が読まれる場面も。指原は涙ながらに「私にとっても私のファンにとっても馴染み深い方。これからもグループの握手会をよろしくお願いします」と応えた。  終盤、指原からHKTメンバーとファンに、約5年ぶりとなる九州ツアー開催のサプライズプレゼント。7月21日・福岡公演を皮切りに9会場、3万人を動員するツアーの決定に、キャプテン・松岡菜摘は指原不在の不安も明かしたが、「ツアーという目標ができたので、みなさんを楽しませらせるように、さっしーに教わったことをみんなで一緒に頑張って発揮したいです」と涙とともに力強く意気込みを語った。  さらに、4月の卒業コンサートで発表された指原による書下ろしの曲で構成されたHKT48オリジナル新公演の1曲「いま、月は満ちる」を指原が歌い、事前に密かにレッスンした研究生がバックダンサーを務めるというかたちで初披露。指原が「どうでしたか?」と質問すると、メンバーは「すごい!」「大好き!」と大喜び。客席からも「ありがとう!」と感謝の声が送られた。指原は最後にメンバーへ「こんな感じで残りの曲も書いていきますので待っていてね。ツアーも新公演も頑張ってね」とエールを送った。  アンコール明けには、指原が真っ赤なドレス姿で登場し、秋元康氏からのリクエストで「川の流れのように」を熱唱。続けて、AKB総選挙で初の1位を獲得したセンター曲「恋するフォーチュンクッキー」をパフォーマンスすると、指原は涙を流しながら「みんな、ありがとう。超楽しかった。みんなが踊っているのを見て、大丈夫だと思いました」とコメント。ラストは「タンスのゲン」で締めくくると、指原はやりきった表情で「本当に本当に幸せでした!11年間ありがとうございました!」と挨拶。マイクをタンスの引き出しにしまい、ステージを去った。

  • 『指原莉乃 卒業コンサート ~さよなら、指原莉乃~』終演後の囲み取材の様子

    指原莉乃、アイドル人生は「11年間ひっくるめて、すっごく楽しかった」

    エンタメ

     HKT48指原莉乃の『指原莉乃 卒業コンサート ~さよなら、指原莉乃~』が28日、神奈川県・横浜スタジアムで開催され、終演後に指原が囲み取材に出席。指原は自身のアイドル人生を「切り抜いたら一日一日、元気がない日とか、辛いことがあった日とかもあったかもしれないんですけど、本当に全部記憶から消して、11年間ひっくるめて、すっごく楽しかったなって、今は胸を張って言えます」と誇らしげに振り返った。@@cutter コンサートのラストで着ていた白のドレス姿で現れた指原は「あっという間で。3時間半近く出突っ張りだったんですけど、本当に一瞬一瞬の記憶が、脳裏に焼き付いて、今も離れないくらい。でもすごくあっという間に感じて、初めての経験というか、こんな風になるんだなあってすごくびっくりしました」と回想。  卒業後、どのような活動をしていくのかについては「今まで通り、いただいたお仕事を一生懸命やるっていう感じかなと思います」と話すも、歌には自信がないと言い、歌手業には進出しないことを明言。「今日でやり尽くしたなと思います。ファンクラブのイベントとか、ちっちゃいところでは歌うことあると思うんですけど、バッて出ていって、バーン!みたいな感じで歌うことは、もうないと思います」と笑顔で語った。  コンサートで一番印象に残った景色を問われると「王冠のところまで行って、お礼をして、照明が全部落ちたときに、全部真っ暗になって。ファンの方のサイリウムの光だけが残った時に、すごくきれいで。ああ、これずっと見てたいなと思うくらい、本当にきれいでした」と答えた指原。  コンサート中に自身が書き下ろすことが発表された劇場公演『いま、月が満ちる』の構想に話が及ぶと、「シンプルな公演が私はすごく好きなので、劇場公演は見ていて飽きないものがいいと思うので、尖ったことをするというよりも、今までAKBがやってきたような公演がしたい」と明かしていた。  コンサートでたびたび涙を流していた指原は、リハーサル中から泣いていたことにも言及。「HKT48に移籍してからこれまで、色んなことがあったけど、こうやってメンバーが泣いてくれる関係性を築き上げられたんだなあっていうのに安心して。可愛いなあと思って、メンバーが泣く度に泣いてましたね」と白い歯を見せていた。

  • 『指原莉乃 卒業コンサート ~さよなら、指原莉乃~』(横浜スタジアム)の様子

    HKT48指原莉乃、卒コンでファンに感謝「11年間本当にありがとう」

    エンタメ

     HKT48指原莉乃の『指原莉乃 卒業コンサート ~さよなら、指原莉乃~』が28日、神奈川県・横浜スタジアムで開催された。指原は、ゲスト出演した松本人志らとともに会場を盛り上げ「11年間、アイドルで、莉乃ちゃんでいさせてくれて、本当にありがとう」と感謝の言葉をファンに贈った。@@cutter コンサートは幼少期の指原がアイドルを志し、AKB48の一員になるまでを描いた映像で開幕。その後、 指原をはじめとするHKT48は、3万800人のファンが埋め尽くした会場に袴姿で現れ「ジワるDAYS」などを歌唱。「夕陽を見ているか?」では出演が叶わなかった宮脇咲良が「大好きです」というビデオメッセージを寄せ、これに指原は涙。「もうアンコールくらい泣いてるね。さく、ありがとう。嬉しいです」と笑顔を見せた。  柏木由紀との「炎上路線」、ビデオメッセージで「本当に魅力あふれるアイドル」とコメントを寄せた渡辺麻友との「アボガドじゃね~し…」でも大いに会場を盛り上げた指原。内田裕也さんとのコラボ曲「シェキナベイベー」では、松本人志(ダウンタウン)が裕也さんの扮装で登場して会場にはどよめきが。  「悪い奴なんです。こいつ。来てくださいってね、僕にアップかましてくるんですよ。炎上を止めたの私でしょとか…」と舞台裏を明かした松本は「『来てくれたら秋元さんが感謝してくれると思いますよ』とか、そんなこと言ってくるんですよ!裕也さん、こいつを何とかしてください!(樹木)希林さんも!」と天に向かって絶叫し、観客は爆笑。そんな松本は中華街で食事をしたことも報告し「指原で領収書(切った)…」と明かして指原を笑わせた。  当日は、指原が全曲を書き下ろすHKT48劇場新公演『いま、月は満ちる』公演が行われることも発表。ラストに「今 君を想う」を歌ってから、ファンによる「莉乃ちゃん!」の大合唱を受けた指原は白のドレスで再登場し、ファンに向けて「11年間、アイドルで、莉乃ちゃんでいさせてくれて、本当にありがとう」と感謝。  その後はアンコールとして「いつだってそばにいる」「ジワるDAYS」「私だってアイドル!」「恋するフォーチュンクッキー」、そして「桜、みんなで食べた」を歌い上げた。そして指原は、舞台の最上部に設置された王冠の中に向かい、観客とメンバーに別れを告げ、感動的なラストステージの幕を閉じた。

  • 28日・横浜スタジアムで行われるコンサートでAKB48グループを卒業する指原莉乃

    指原莉乃、アイドル生活11年半の功績を振り返る

    エンタメ

     今日28日に開催される横浜スタジアム公演をもって、AKB48グループを卒業する指原莉乃。“戦国時代”と言われた時期から現在に至るまでのアイドルシーンを俯瞰しても、とりわけ強い存在感を放っている。逆境をはねのけ、ときには裏方としても手腕を発揮してきた才能溢れる指原の大きな節目を目前に控え、改めてその功績を振り返っていきたい。@@cutter■異例! 他陣営アイドルのファン公言にヲタも好感  彼女のルーツとなったのは、平成のアイドルシーンを代表する勢力の一つであるハロー!プロジェクトだった。彼女が芸能界入りする前から、掲示板サイトで同じハロプロを愛するファンと“レスバトル”に興じていたのは有名な逸話の一つ。  それまで現役アイドルが他陣営への憧れを口にすることは稀(まれ)だったが、指原は自身がアイドルになってからも、モーニング娘。6期メンバーであった亀井絵里、2015年3月に無期限活動停止となったBerryz工房の熊井友理奈、2017年6月に解散した℃-uteの萩原舞、近年は現役モー娘。メンバーの佐藤優樹への思いをガチで語るなど、ハロプロファンからも一目置かれる“オタクキャラ”が注目されるようになった。  指原本人は、2007年10月にAKB48の第5期研究生オーディションに合格。2008年に正規メンバーへ昇格して以降、グループ内では、何をしてもダメな“ヘタレ”キャラを確立し愛される存在に。2012年には、雑誌『週刊文春』でスキャンダルが報じられ集中砲火を浴びる憂き目にも遭ったが、その時期から彼女の芯の強さが頭角を現し始めた。 ■“現役アイドル”がアイドルをプロデュース  自らステージへ立つ一方、2012年6月には「指原莉乃プロデュース『第一回ゆび祭り〜アイドル臨時総会〜』を開催。AKB派生ユニット・渡り廊下走り隊7、AKB公認ライバルとしてデビューしてまもない乃木坂46ほか、ハロプロからBuono!、スターダストプロモーションのももいろクローバーZ、エイベックスのSUPER☆GiRLSや東京女子流など、他陣営を含む総勢10組のアイドルを日本武道館に一堂に集めた1日限りのライブを、総合プロデューサーという立場から成功へと導いた。  そして、もう一つの転機となったのが同時期の人事異動だった。スキャンダルをきっかけにプロデューサーの秋元康氏からHKT48への移籍を命じられた彼女。翌2013年4月には、現役メンバーとしては異例となる“劇場支配人”との兼任が発表され、裏方としてもグループの舵取りを任されることになった。HKTのツアーではセットリストや演出も担当。自らがアイドルファンだった経験から、「ファンがどうしたら楽しめるか」というリアルな目線が生かされることなる。@@separator■ファン目線で発揮されたプロデュース力  指原本人がAKB48選抜総選挙3連覇という快挙を達成する一方で、アイドルプロデューサーとしての地位も確立してくる。現在は、代々木アニメーション学院とのコラボレーションによる声優アイドルユニット・=LOVE(イコールラブ)や、その妹分である≠ME(ノットイコールミー)、さらにオーディション番組『ラストアイドル』から誕生した同名のアイドルグループのプロデュースにも携わっている。  また、指原は卒業コンサートを直前に控えた25日にツイッターでライブグッズについて言及。「今回のグッズはAKB管理ではなく太田プロ管理ちゃんなのでわたしの目がしっかり行き届いております。かわいいしオタク感ちょうどいいしちゃんとしてます」とグッズを紹介。細部まで運営だけに任せない徹底したプロデュース力を発揮している。  テレビではバラエティ番組でMCを務め、お茶の間ではもはやタレントの印象が強い指原。これほどまでにいろいろな肩書きを持ったアイドルは振り返ってみても思いつかない。平成最後ギリギリに11年間半にわたるアイドル生活にピリオドが打つが、今後もシーンを盛り上げる立役者として、後輩たちそして、アイドル界を支えてほしいと願うところだ。(文/カネコシュウヘイ)

  • HKT48指原莉乃、東京・AKB劇場で最終の公演に出演

    指原莉乃、AKB劇場で最後の出演 11年間を思い出し「ウルッときた」

    エンタメ

     HKT48の指原莉乃が9日深夜、東京のAKB48劇場に出演。卒業コンサートを控えた指原は、古巣でのステージに終演後「ちょっとウルッときたりするところもありました」と語った。@@cutter 4月13日には福岡での卒業公演、そして4月28日には横浜スタジアムでの卒業コンサートが控えている指原は、この日行われたHKT48 チームH「RESET」公演がAKB48劇場での最後のステージ。24時開演という異例の公演に、HKT48から18歳以上のメンバー16名が出演する“オールナイト公演”となった。  公演がスタートするとメンバーはオープニングからファンの大歓声に迎えられ、1曲目から大盛り上がり。チームHキャプテンの松岡菜摘が「皆さん深夜ですけどテンション上がってますか?最後までそのままの元気でいけますか?」と客席に呼びかけると、ファンのボルテージもさらに上昇。  冒頭のMCで指原は「今日が最後ということで11年前にバックダンサーで出ていた頃を思い出して、北原(里英)とか大家(志津香)とかのこともちょっと思い出して、頑張りたいと思います!」と意気込みを語る。  ユニット曲のブロックで指原は、松岡はな、村重杏奈とともに「制服レジスタンス」に出演し、圧巻のダンスパフォーマンスを展開。盛大な歓声に迎えられたアンコールではサプライスで、4月10日発売の指原最後の作品となるHKT48のシングル「意志」とAKB48としてのラストシングル「ジワるDAYS」を披露した。大きな拍手に包まれ、AKB48劇場での指原莉乃最後の公演は幕を閉じた。  終演後、指原は「まだ実感はわかないんですけど、メンバーが泣いてたりして、ちょっとウルッときたりするところもありました」と語ると、続けて「今までの11年間の色々な懐かしいことを思い出しました」と心境を明かした。

  • 「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」の模様

    AKB48グループ荻野由佳ら、新成人44名が艶やか晴れ着姿

    エンタメ

     NGT48の荻野由佳が14日、東京・神田明神で開催された「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」に出席。2月16日に20歳の誕生日を迎えたら「人生初のショートカットに挑戦したいと思いま〜す!」と宣言した。またイベント終了後には、AKSの運営責任者・松村匠氏らが、NGT48の山口真帆への暴行事件に関する緊急会見を開いた。@@cutter 今年は、過去最大となる45名が成人を迎え、本イベントには44名(STU48・三島遥香は体調不良により欠席)が参加。それぞれ艶やかな振袖姿を披露し、詰めかけたファンを魅了した。  萩野は、赤い振り袖で登場。「私はまだ19歳ですけど、20歳になるということで、NGTでは大人のメンバー入りをする。メンバーみんなを引っ張っていきたい」とコメント。また、家族との取り決めで「税金(処理)とか、いろんなことを自分でやらないといけなくなってしまうので、大人としての自覚を持ちたいです。あとは! 20歳になったら、人生初のショートカットに挑戦したいと思いま〜す!」と宣言した。  NGT48としては「全国ツアーをさせていただけるくらい、勢いのあるチームになりたい」と目標を掲げ、さらに今回集まったAKBグループの成人メンバーを「平成の大トリ世代」と命名。「私たちの代で、(AKBグループの)平成の成人式がこれで最後。平成の大トリ、という世代を名付けさせていただいた」と話した。  今年の総選挙は「次もあれば、参加させていただこうと思う」と回答。目標順位を問われると「去年よりランクアップは目指したいけど、あ、う、上に行きたい。い、い、行けるのだったら…そ、そうですね、奇跡を起こせたらと思えます」と歯切れが悪くなりつつも、「まだ勇気が出ないんですけど、できるならばNo.1を目指したいです」と話し、笑みをこぼした。  HKT48の朝長美桜は、AKB48グループの成人式に「ずっと憧れていた」と述べ、「指原(莉乃)さんが4月に卒業してしまうので不安。HKTのみんなで穴を埋めていきたい」とコメント。同じHKT48の村重杏奈は「20歳になったので、そろそろ右と左を覚えられるようになりたいです!」と意気込み、報道陣の笑いを誘っていた。  イベント終了後には、AKSの松村氏、NGT48の新支配人・早川麻依子氏、新副支配人・岡田剛氏が緊急会見を実施。NGT48・山口真帆への暴行事件について回答した。  松村氏は、今回の件に関して「ご迷惑とご心配をかけたことをお詫び申し上げます」と謝罪。会見の実現まで時間がかかった理由は「警察の捜査状況を鑑みていた」と説明。錯綜している情報に関しては「警察の捜査内容に関わるので(運営側からの具体的な情報公表などは)差し控える」と述べ、第三者委員会を設けて調査を進め、事態の早期解明を行って「再発防止に努めたい」と話した。また、プロデューサーの秋元康氏も「『憂慮している』と言っていた」と明かした。  今週金曜日に内示を受けて支配人に就任したという早川氏は「まずは山口真帆としっかり話をしたい。ほかのメンバーとも1人1人心を割って話をして、いいグループを作っていきたい」と述べた。  同会見はおよそ40分行われ、報道陣から厳しい質問が相次いだ。 ■出席メンバー(グループチーム毎/あいうえお順) AKB48:込山榛香・野澤玲奈・谷口めぐ・大森美優・川本紗矢・行天優莉奈・左伴彩佳・山田菜々美・吉川七瀬・立仙愛理・本田そら SKE48:北川綾巴・山田樹奈・荒井優希・井田玲音名・白雪希明・藤本冬香 NMB48:林萌々香・石田優美・川上千尋・久代梨奈・城恵理子・武井紗良・清水里香・水田詩織・小川結夏・新澤菜央 HKT48:運上弘菜・下野由貴・朝長美桜・村重杏奈・小田彩加・堺萌香・外薗葉月・山下エミリー NGT48:荻野由佳・加藤美南・中村歩加 STU48:石田みなみ・土路生優里・福田朱里・藤原あずさ・由良朱合 (※三島遥香は体調不良により欠席) BNK48:大久保美織

  • 「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」の模様

    【写真特集】AKBグループ新成人44名が晴れ着姿「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」

    エンタメ

    2019年1月14日、「AKB48 2019年新成人メンバー成人式記念撮影会」が東京・神田明神にて行われ、AKB48グループ新成人44名が艶やか晴れ着姿で登場した。

  • HKT48単独ライブでグループからの卒業を発表した指原莉乃

    指原莉乃、HKT48卒業を発表 「平成ギリギリまでアイドル」宣言

    エンタメ

    HKT48の指原莉乃が、15日に東京・東京ドームシティホールにて開催されたHKT48単独ライブで、グループからの卒業を発表した。@@cutter この日行われた「~今こそ団結 ガンガン行くぜ8年目~」と題したHKT単独ライブは、日韓ユニット「IZ*ONE(アイズワン)」に専任のため、HKT48の活動を休止中の宮脇咲良と矢吹奈子も参加。さらに、11月に初お披露目となった5期生もパフォーマンスを披露するなど盛りだくさんの内容で、会場に集まった2000名のファンも大盛り上がり。  そんななかアンコールで、指原は「ここで報告があります」と切り出すと、「私、指原莉乃はHKT48を卒業します」と発表。突然の卒表発表にファンもメンバーも驚きと悲しみで絶句するなか、「ずっと前から心のどこかにあって、みんなが本当に大好きで、それにずっと甘えて、なかなか卒業発表ができなくて…」と心の内を明かした。  さらに「いっぱい考えて出した結果なので、私の背中を推していただけると嬉しいです。本当にHKT48が大好きなので、次のHKTがみてみたいな!と思います。応援よろしくお願いします」とファンに呼びかけた。  来年4月28日に「指原莉乃卒業コンサート」を横浜スタジアムで開催。その後、卒業後に、5月28日にマリンメッセ福岡にて「指原莉乃大感謝祭」を行うことも発表した。  ライブ終了後、指原はブログでも卒業発表し、卒業のタイミング時期に悩んでいたことを明かした。「咲良と奈子が2年半韓国に行くタイミングで、これからのHKT48を考えた時に、この壁はきっと私がいてみんなで乗り越えるでは意味がないんだなあと感じました」と卒業を決意した理由を説明。 「平成のギリギリまでアイドルとして粘りたいと思います。笑 短い時間ではありますが、全力で楽しみたいと思います」と宣言している。

  • 宮脇咲良

    宮脇咲良、HKT48での活動休止に「待っててくださいとは言いたくない」

    エンタメ

     AKB48グループでの活動を休止することが決まったHKT48の宮脇咲良が25日、自身のツイッターに今の心境をつづった。ファンからは「どこにいても全力で応援し続けるからね」といった熱い声が届いている。@@cutter AKB48と韓国のオーディション番組の共同企画「PRODUCE 48」に参加し、矢吹奈子(HKT48)、本田仁美(AKB48)と共に合格者12名に選ばれた宮脇。日韓共同のアイドルユニット「IZ*ONE」(アイズワン)に2年6か月の期間限定で参加するとともに、AKB48グループとしての活動を休止することが決まった。  宮脇は25日、「IZ*ONEへの専任、2021年4月までのHKT、48Gとしての活動休止について、気持ちを書かせてもらいました。拙い文章ですが、読んでくださると嬉しいです」とコメントを添えて、文章を投稿した。  活動休止について宮脇は「日本にいるファンの皆さんには、寂しい思いをさせてしまいます。きっと、HKTにいる宮脇咲良が好きだったという方もいらっしゃると思います。もちろん、私も寂しさがないと言えば嘘になります」と心境をつづった。  また現在のファンに対して「待っててくださいとは言いたくないです。IZ*ONEとしての二年半も、これからと変わらず応援してもらいたいです。そして、私と奈子がいない間のHKTも、変わらず応援してもらいたいです」と変わらぬ声援を求めるとともに、「HKTを卒業する訳ではないので、少しの間、自分の為に、グループの為に、人生をかけて頑張ってきます。ぜひ、見守ってくれたら嬉しいです」と呼びかけている。  宮脇の思いに触れたファンからは、25日16時現在、1200件以上のコメントが寄せられた。「いつでもどこにいても全力で応援し続けるからね」「さくちゃんが決めた事だし卒業ではないしね!場所は違って応援し続けるからね」「正直めちゃくちゃ寂しいけどうだうだ言ってられないからね笑」と、変わらぬ声援を約束するファンの声が殺到している。 引用:https://twitter.com/kobi_love4846/

  • 胸まであったロングヘアがバッサリ! ※「指原莉乃」ツイッター

    指原莉乃のボブが「可愛い!」と反響

    エンタメ

     HKT48の指原莉乃が8日、髪を切ったことを自身のツイッターで報告。久しぶりの短さに、ファンから「可愛すぎるしショートめっちゃ似合うし夏っぽくて最高」と反響が寄せられている。@@cutter 「髪を切りました!」という言葉と共に投稿されたのは、指原を捉えた3枚の最新ショット。インナーにパープルを入れたという茶系のニューヘアは非常にナチュラルなボブ。本人が「夏ですね」と添えたように、梅雨も吹っ飛ばす軽やかさを備えている。  これに対しファンは「ショートめっちゃ似合うなぁ」「意外と短い!!けどめっちゃかわいい」「ロング好きだけどこれも良い!!!!似合うーー」「ショートは首筋が見えてセクシーだ」「昔いきなりショートにした時を思い出したよ!」と大絶賛。  また、「明るく見えて可愛いけど そんなに切ったら誰かわからない(笑)」と、グループファンならではの声や、ボブヘアつながりで「2枚目さくらたんと見間違った」「さくちゃんに少し、似てる」「堀未央奈ちゃんかと」と、同じくHKT48の宮脇咲良や、乃木坂46の堀未央奈に似ていると指摘する声もあった。 引用:https://twitter.com/345__chan

  • 指原莉乃、怒るファンのプロフィールページをのぞくと…

    指原莉乃がSNSで恐怖体験 怒るファンのプロフィールをのぞくと…

    エンタメ

     HKT48の指原莉乃が24日、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系/毎週火曜21時)に出演し、SNSをめぐる恐怖体験を語った。ファンからは「怖すぎ」といった反響が上がった。@@cutter この日、番組では「恐怖のデマ!人殺しの家族と呼ばれた一家」と題して、SNSで拡散したデマによって被害にあった家族を特集した。  これに関連し、スタジオでは指原が自身の体験したSNSトラブルを披露。あるとき指原はSNS上で自身に怒るファンと遭遇したという。指原がテレビ番組で下品な発言をし始めたことに怒っていたそうだが、当初は相手にせず無視していたとのこと。  ところが、ファンの発言は次第にヒートアップ。気になった指原がそのファンのプロフィールをのぞきに行ったところ、そこには見慣れた画像があったという。なんとそれは、指原の家の写真だったという。  その後警察に相談したが、幸い何も起きなかったとのこと。ツイッターでは、このエピソードについて「怖すぎ」「どうやって家とか見つけ出すの?」「気持ち悪い」と衝撃を受ける声が集まっていた。

  • HKT48・宮脇咲良、セーラー服やポニーテールなど萌える制服姿が「可愛すぎる!」 ※「宮脇咲良」ツイッター

    HKT48・宮脇咲良、セーラー服やポニーテールなど萌える制服姿が「可愛すぎる!」

    エンタメ

     HKT48の宮脇咲良が、福岡国際センターで開催された「HKT48 1stアルバム『092』シチュエーション写真会」での様子を収めた写真を12日に自身のツイッターに投稿した。セーラー服など、宮脇のさまざまな制服姿には「可愛すぎる!」などのコメントが寄せられている。@@cutter 宮脇は「写真会ありがとうございました」「制服いろいろ!」と綴りつつ、セーラー服やカーディガン、ベストなどを着て、机に座り微笑む姿を収めた写真をアップ。宮脇は髪を下ろしたスタイルのほか、ポニーテールなどヘアスタイルもいろいろなパターンを披露している。  写真を見たファンからは、「可愛すぎる!」「ツインテール可愛すぎます」「いや制服似合いすぎ 可愛すぎかて」「いろいろな制服のさくちゃん!! どれも可愛い!!」「もし咲良ちゃんがクラスメイトにいたら、絶対告白してます(笑)」「咲良の髪型は何でも似合うよね!」「もう、可愛すぎてキュン死しそう」などのコメントが寄せられている。 引用:https://twitter.com/39saku_chan

  • AKB48グループ 2018年新成人メンバー 成人式記念撮影会にて

    <AKB48成人式>向井地美音「東京ドーム立ちたい」 高橋朱里は総監督の酒グセ暴露

    エンタメ

     AKB48グループの向井地美音、高橋朱里、岡田奈々ら40名が8日、神田明神で行われた同グループの成人式に参加。向井地は「東京ドームに立ちたい」と夢を語り、高橋はAKB48グループ総監督・横山由依の“耳が痛くなる酒グセ”を明かした。@@cutter 同イベントは、成人の日にAKB48グループが神田明神で毎年実施する恒例行事。2018年はAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、そして昨年結成されたSTU48の6グループから計40名が参加し(HKT48・富吉明日香が欠席)、艶やかな晴れ着姿を披露した。  向井地は「ついに私たち世代の番が来たのかと、やっと大人になれたなという実感が湧きました」と感慨深い様子を見せ、13年目を迎えるAKB48に関して「各チームでこの20歳メンバーがチームの先頭を引っ張っていけるように、そしてAKB48の20歳メンバーで、選抜を独占するくらいの勢いで頑張りたいです」と意気込む。さらに「横山さんも夢として掲げてくださっている東京ドームにいつか立ちたい」と夢を語った。  すでに20歳を迎えている高橋は、グループ総監督・横山の誕生日会でお酒デビュー。「(酔うと)総監督がより高い声になる。いつも高い声なんですけど、もっともっと高音の声が聞けてビックリしました。耳がキーンってなりました」と明かしつつ、「でも楽しかったです」と笑顔を見せた。  渡辺麻友の卒業について問われると「残してくれたものがすごく大きい。言葉というより、背中でメンバーの先頭を走ってくれた先輩。皆近くで背中を見てきて、心に残っていることがあると思います。私自身は、自分が信じる道を突き進むことが大事だと学ばせて頂いた」と話し、「麻友さんの穴を埋めるというのは恐れ多い。アイドル像は人それぞれだと思いますが、(メンバー)それぞれの方向で輝いていきたいです」と語った。  岡田は、キャプテンをつとめ、今年メジャーデビューするSTU48について「本当にまだこれからのグループ。他のグループさんに追いつき、追い越せるように頑張っていきたい」と目標をコメント。  また、24日に発売されるAKB48のニューアルバム『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』でセンターをつとめることに関して「いまだに信じられない。アルバムのど真ん中のセンターに立っていて、リード曲のセンターも頂けて奇跡のよう」と率直な思いを吐露し、「これからも人として、アイドルとして誠心誠意生きていけたら」と述べた。 【成人式記念撮影会 出席者一覧】 AKB48:向井地美音・湯本亜美・加藤玲奈・飯野雅・岡田奈々・北澤早紀・小嶋真子・高橋朱里・村山彩希・大西桃香・小田えりな・佐藤栞・清水麻璃亜・高橋彩音・廣瀬なつき・舞木香純・稲垣香織 SKE48:日高優月・熊崎晴香・佐藤佳穂・岡田美紅 NMB48:古賀成美・内木志・加藤夕夏・白間美瑠・石塚朱莉 HKT48:神志那結衣・植木南央・熊沢世莉奈・宮脇咲良・本村碧唯・森保まどか・富吉明日香(欠席) NGT48:太野彩香・中井りか・村雲颯香・奈良未遥・西村菜那子・宮島亜弥 STU48:瀧野由美子・森香穂

  • AKB48グループ 2018年新成人メンバー 成人式記念撮影会に参加した宮脇咲良

    <AKB48成人式>宮脇咲良、新成人メンバーを「黄金世代」と命名!総選挙1位狙う

    エンタメ

     HKT48の宮脇咲良が8日、神田明神で実施されたAKB48グループの成人式に出席。今回新成人を迎えたグループメンバーを「黄金世代」を命名した他、AKBのシングル選抜総選挙で「1位を本気で狙いたい」と宣言した。@@cutter 宮脇はこの日、蜷川実花プロデュースの振袖を着て登場。過去最多となる40人が成人を迎えたことについて「今日初めて同じ歳だと知ったメンバーもいる。『あなたも同じ歳だったの!?』って。新しいグループがどんどん出来るので、まずはメンバーの把握をしっかりしたい。(新成人になった)41人で、全力で新しい未来を作っていければ」と抱負を語った。  毎年恒例の「今年の新成人メンバーは何世代か」という質問に対しては「黄金世代です!」と回答。「黄金世代というのは自分たちから言うものではないと思うんですけど、この成人メンバーはどのグループも才能のある、未来のあるメンバーばかり。AKB48の全盛期を、もう一度このメンバーで作りたいなと思っています。黄金世代と呼ばれるように頑張ります」と述べた。  19歳の宮脇は、お酒解禁前。「さっしー(指原莉乃)が移籍してきた時、私は14歳くらい。『あと6年後』って言われた時に『私はもういないと思う』って言われたんですけど、まだいてくれた。20歳になったら一番最初にお酒を乾杯したいなと思います」と話し、グループ内で酒に強いという同劇場支配人を名指しして「鹿児島の女だから強いと思うので、さっしーに挑戦してどっちが潰れるか対決したい」と意気込んだ。  また今年の選抜総選挙にも思いを馳せて「20歳になってからの総選挙で、1位を本気で狙いたいと思ったのは今年の総選挙が初めて。さっしーも初めて1位になった年の前年が4位。私も去年4位だったので、色んなジンクスにあやかって1位を獲りたい。今年までは、さっしーのファンの方も応援してくださると思う。今年がラストチャンスのつもりで1位を目指したい」と宣言した。 【成人式記念撮影会 出席者一覧】 AKB48:向井地美音・湯本亜美・加藤玲奈・飯野雅・岡田奈々・北澤早紀・小嶋真子・高橋朱里・村山彩希・大西桃香・小田えりな・佐藤栞・清水麻璃亜・高橋彩音・廣瀬なつき・舞木香純・稲垣香織 SKE48:日高優月・熊崎晴香・佐藤佳穂・岡田美紅 NMB48:古賀成美・内木志・加藤夕夏・白間美瑠・石塚朱莉 HKT48:神志那結衣・植木南央・熊沢世莉奈・宮脇咲良・本村碧唯・森保まどか・富吉明日香(欠席) NGT48:太野彩香・中井りか・村雲颯香・奈良未遥・西村菜那子・宮島亜弥 STU48:瀧野由美子・森香穂

  • 「東映presents HKT48×48人の映画監督たち」HKT48メンバー

    HKT48初アルバムに48作品短編映画収録 清水崇監督、福田雄一監督らが参加

    映画

     12日27日に初のアルバムをリリースするアイドルグループHKT48が東映とタッグを組み、48人の監督がメンバー48人をそれぞれ主演に迎えた短編映画を制作することが発表された。作品は、アルバムタイプ別に特典映像として収録する。『呪怨』の清水崇監督や、実写版『銀魂』を手掛けた福田雄一監督らが参加し、さまざまなタイプの作品が制作される予定だ。@@cutter 今回、HKT48初のアルバムリリースに花を添えるべく、撮影所を所有し『仮面ライダーシリーズ』や『相棒』等ジャンル問わずエンタメ作品を生み出している東映に短編制作をオファされた。48人の監督がメンバーひとりずつとコラボし、「東映presents HKT48×48人の映画監督たち」として短編映画を制作する。  ジャパニーズホラーの大ヒット作『呪怨』を生み出した清水監督は、「AKB48 49thシングル選抜総選挙」で4位となった宮脇咲良とコンビを組み、実写版『銀魂』など話題作を次々に手掛ける福田監督は、選抜総選挙で史上初の3連覇を達成した指原莉乃と、『薔薇色のブー子』以来のタッグを組む。  さらに他ジャンルで活躍するクリエーター等、48人の監督によって企画・撮影された作品はジャンルもさまざま。ラブストーリー、青春ドラマをはじめ、コメディ、ヒューマンドラマ、ホラー、サスペンス、ファンタジー等、有名監督から新進気鋭の監督が参加し、さまざまなスタイルでメンバーの魅力を昇華させ、アルバム特典映像の域を超越したクオリティの高いホンモノの“映画”となっている。  11月24日に博多で開催される「天神映画祭」で最速先行上映が行われ、総尺11時間を超える全48作品を、「昼の部」と「夜の部」に分け、24作品ずつ一挙上映。2部ともに出演者(メンバー)や監督による舞台挨拶も予定されている。  HKT48 1stアルバム は、TYPE-A、TYPE-B、TYPE-C、TYPE-D 各4980円(税別)で12月27日リリース。4タイプとも2CD+2DVD。DVDには特典映像「東映 presents HKT48×48人の映画監督たち」を収録。

  • 指原莉乃、ハロウィン“白雪姫コス”披露 ※「指原莉乃」インスタグラム

    指原莉乃、ハロウィン“白雪姫コス”&美脚披露に「泣けるくらい可愛い」と反響

    エンタメ

     HKT48・STU48メンバーの指原莉乃が25日、インスタグラムとツイッターを更新し、白雪姫に扮したオフショットを公開した。これらの投稿に、ファンからは「ほんとにかわいい」「泣けるくらい可愛い」「目の保養です」などの反響が相次いでいる。@@cutter 25日の両SNSで、同日放送された音楽番組『CDTVスペシャル! ハロウィン音楽祭2017』(TBS)のオフショットをアップした指原。インスタグラムでは、お笑い芸人・尼神インターの誠子に「逮捕されそうなハロウィン写真」として、白雪姫に扮したキリッとした表情の一枚を披露。  さらに、同日のツイッターでは「年に一回カラコンする日です」と伝えたほか、「巻き方をウェーブ強めにしてリボンを編み込んでもらいました」とこの日のスタイリングを解説し、廊下で美脚が映える全身のカット、巻き髪を魅せるカットなど4枚の写真をアップした。  これらの投稿に対して、指原のコメント欄には「だいすきです」「めっちゃ可愛かった」「白雪姫さっしー。最高」「一目惚れって本当にあるんだって今日知った」「完全に逮捕ですね、これは」「ありがたやありがたやって感じですな!」「脚なが~」「脚すごくきれい」など、絶賛の声が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/345insta/    https://twitter.com/345__chan

  • 宮脇咲良、“猫耳”&“クマ耳”のディズニーオフショットに反響「可愛いが溢れすぎ」 ※「宮脇咲良」インスタグラム

    宮脇咲良、“猫耳”&“クマ耳”のディズニーオフショットに反響「可愛いが溢れすぎ」

    エンタメ

     HKT48の宮脇咲良が13日と14日、2日にわたりインスタグラムを更新し、東京ディズニーシーを訪れた際のオフショットをアップ。ジェラトーニの“猫耳”やダッフィーの“クマ耳”などのカチューシャを頭に付けてシーを巡る宮脇の姿に、ファンからは「すごい可愛い」「1番かわいいのさくちゃん!」「さくらたんもディズニーキャラなんじゃないか?」など、絶賛の声が相次いでいる。@@cutter 14日の投稿で「シェリーメイもダッフィーも可愛いし、ドナルドも好きだし…」「ディズニーキャラって、何であんなに可愛いんだろうね」と自らの思いと共に、ディズニーシーを楽しむショットを複数アップした宮脇。この日は、ディズニーキャラクターをイメージしてコーディネートする「ディズニーバウンド」でシーを訪れ、ひと足早くハロウィンを堪能した様子。  ジェラトーニの“猫耳”を頭に付けてダッフィーを両手に抱えた写真や、映画『トイ・ストーリー』のキャラクターたちを背景にしたショットなど、「フォトジェニックな場所が多すぎ」という“ディズニーの世界”を満喫したことを伝えている。  これらの投稿に対して、コメント欄では「咲良さんが可愛すぎる」「ダッフィーになりたい」「ずっと見てられる~」「ダッフィーレベルにかわいいさくらたん!」「ディズニーとさくちゃんは、可愛いが溢れすぎてる」など、多くの反響が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/39saku_chan/

  • AKB48『あの頃がいっぱい~AKB48ミュージックビデオ集~』発売記念イベント

    AKB48渡辺麻友「やり残したことはない」 47都道府県でMV集お渡し会イベント開催

    エンタメ

     人気アイドルグループのAKB48が4日、4年ぶりのミュージックビデオクリップ集『あの頃がいっぱい~AKB48ミュージックビデオ集~』のDVD&ブルーレイ発売記念として、47都道府県でイベントを開催。渡辺麻友、横山由依ら、メンバーが直接商品をファンに手渡した。@@cutter 今回のお渡し会イベントは、グループのメンバー104名(AKB48:59名、NMB48:11名、HKT48:18名、NGT48:9名、STU48:7名)が、全国47都道府県のCDショップ47店舗に分かれ、同日同時刻に開催するというAKB48史上初の試み。その様子は、47店舗から同時にSHOWROOMで配信され、直接商品を受け取る全国5000名以上のファンにや、現地に行けなかったファンにも、喜ばしいプレゼントとなった。  AKB48グループ総監督の横山由依は、「4年ぶり(にMV集が発売になる)ということで、卒業しているメンバーが歌っている楽曲も収録されていて、MVを見るとあの頃を思い出して懐かしくなります」と述懐。「メンバーは変わっていますが今も歌い継いでいる楽曲がたくさん収録されています。4年前のAKB48をご存知の方にも、そうでない方にもたくさんの方にご覧いただきたいです」とコメント。  グループの卒業を控えている渡辺麻友は、「4年間のAKB48の全てが詰まっています!かなりのボリュームです!皆さん心してご覧になって下さい!笑」と話しており、卒業に向けては「やり残したことはないので、あとは最後の日まで、とことん楽しむのみです。全力で楽しんでやりきって、次世代のみんなへバトンを繋ぎたいと思います!ひたむきにがむしゃらに前だけを向いていけば、必ず道は開けて行きます」と語っている。

  • 指原莉乃プロデュース「=LOVE」メンバーが『劇場版 はいからさんが通る』で声優デビュー

    指原莉乃プロデュース「=LOVE」が声優デビュー『劇場版 はいからさんが通る』で

    アニメ・コミック

     HTK48の指原莉乃がプロデュースするアイドルユニット「=LOVE(イコールラブ)」のメンバー、佐々木舞香、高松瞳、瀧脇笙古がアニメ映画『劇場版 はいからさんが通る』で声優デビューを果たすことがわかった。また、人生初のアフレコへ挑んだ3名のコメント映像、アフレコ時の様子を捉えた写真が公開された。@@cutter 「=LOVE」は、代々木アニメーション学院と指原莉乃のタッグにより生まれたアイドルユニットで、今月6日に1stシングル『=LOVE』でデビュー。3人が出演を果たした『劇場版 はいからさんが通る』は、女学校で楽しい学園生活を送る花村紅緒(CV:早見沙織)と、笑い上戸なイケメン・伊集院忍少尉(CV:宮野真守)の2人を中心として、大正時代を舞台に繰り広げられる青春恋愛作。  人生初のアフレコを終えて「実際に現場に出て演じることが初めてだったので、とても緊張しました」と振り返る佐々木は、大勢の声優が一堂に介する“ガヤ録り”で「一体どうすれば良いのかわからなくなってしまいましたが、そういったところも勉強して、またこうしてお仕事が出来れば良いなと思います!」と力強く意気込みを示す。  それぞれの推しキャラについて聞かれると、高松は「蘭丸です! 蘭丸のキャラクターや世界観に梶(裕貴)さんの声がすごく合っていて、映像を観ている中で一番気になるキャラクターでした。オススメです!」と明かした一方、紅緒と答えた瀧脇は「すごく可愛い顔をしているのですが、劇中で紅緒が酔っぱらって踊りだしてしまうシーンがあり、可愛いのにそういった一面もあるギャップに惹かれました!」と笑顔で理由を語っている。  『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』は11月11日より、『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~』は2018年に全国公開。

  • 「あさイチ」プレミアムトークに出演した指原莉乃

    指原莉乃、年上との会話の秘訣をアドバイス 秋元Pから得たコツを明かす

    エンタメ

     HKT48の指原莉乃が25日、NHKのトーク番組『あさイチ』(毎週月曜から金曜8時15分放送)に出演。指原はAKB48オーディション応募のきっかけや得意である年上との会話のコツを明かすとともに、「ブスキャラ」などと呼ばれ苦労した青春期を振り返りながら、番組に送られた青少年からの悩み相談に真摯に答えていた。@@cutter 中学2年で学校に馴染んでいないことに気が付き、中3の受験シーズンにAKB48のオーディションに、親に相談もせずに応募したという指原。「みんな(知っているひとが)いないところに行きたいと思って」と思いながら東京に行くことを決心。その時の心境を「今思うとクレイジーな決断だった」と振り返る。  また「もともと年上の方と喋るのは好き」と語る指原は、秋元康総合プロデューサーとの会話の中で「すごく偉い方だけど、逆にフランクな方がいいと気が付いて」とコツを掴んだようで「最近は秋元さんに『太ってますよ』と言えるようになりました。最初は緊張したけど。『本当は着やせしているからこう見えるけど』とか言ってくれる」とフランクに会話する普段のエピソードを明かしていた。  一方、指原のAKB48グループ内での「いじられキャラ」「ブスキャラ」といったキャラクター性に関しては「最初はダメだと思わず、受け入れるところから始めた」というグループ内での苦労についても、視聴者から悩みとして相談されると「昔までは受け入れた方がいいと思っていたけど、プライベートでそこまでする意味はないと思う」「自分を大事にしてほしい」と真摯なアドバイスを送っていた。  今年開催の「NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲であるAKB48の曲「願い事の持ち腐れ」に対し、すでに老後に月々10万円が受け取れる保険に加入するなど、意外な一面を明かす指原は、「私はダメな男が好きで、自分が働けばいいやというタイプ」と自身の恋愛観を合わせて告白。  すると聴き手の有働由美子アナウンサーが「ダメな男は甘やかされると、よそに行っちゃうよ」とアドバイス。指原は「お姉さん!メチャメチャ説得力あります!」と真剣に話に耳を傾けていた。

  • 『AKB48グループユニットじゃんけん大会2017』に出場する「サンコン」

    AKB48じゃんけん大会、指原莉乃&柏木由紀&峯岸みなみのユニットらが本戦出場

    エンタメ

     9月24日に愛知・日本ガイシホールで開催される『AKB48グループユニットじゃんけん大会2017』の本戦出場ユニット48組と対戦カードが13日に発表された。今大会はこれまでの完全個人対戦から内容を変え、ユニットでの出場も可能となっている。@@cutter 今年で8回目を迎えるじゃんけん大会は、これまでのソロでの出場のほかに、2人~16名以上のユニットという構成で出場者が争われる。その予備戦と本戦の組み合わせ抽選会が、8月11日~13日に開催された「願い事の持ち腐れ」大握手会会場にて行われ、総計108組の中から本戦に出場する48組が決定した。  3人グループでは、移籍以来初のじゃんけん大会本戦参戦となるHKT48/STU48指原莉乃と、AKB48峯岸みなみ、AKB48/NGT48柏木由紀による「サンコン」、選抜常連のAKB48横山由依、NMB48山本彩、HKT48宮脇咲良の「はんたんねぇ」が順当に本選出場を決める。  ほか111文字と長いユニット名の「秋の放課後、新校舎の体育館で一人バトンの練習に汗を流す加藤美南を屋上から博愛の眼差しで見守りながらふと飛行機雲をみつけた矢吹奈子をみて美術室にこもり『芸術とは何か?』と難解な問題に頭を悩ませていた自分に笑顔が戻る白間美瑠」ら合わせて15組のグループ出場が決定した。  その他2人グループが20組の出場、さらに8~15名のユニットにはSKE48の6期生9人による「栄6期生」、16名以上のユニットには、AKB48の16期生による「16えんぴChu!」が出場。なお選抜総選挙第3位の松井珠理奈はSKE48のメンバーの野島樺乃、高木由麻奈、佐藤すみれ、岡田美紅、白雪希明らと6人ユニット「まさたのしお」で臨んだが、予選敗退した。  初戦は指原らの「サンコン」が、4人グループ「余りもの選抜(AKB48中西智代梨、HKT48秋吉優花、田中菜津美、村重杏奈)」と対戦、横山らの「はんたんねぇ」はSKE48の研究生の佐藤佳穂、森平莉子による2人組グループ「LIL」と対決する。  『AKB48グループユニットじゃんけん大会2017』は9月24日、愛知・日本ガイシホールにて開催。

  • 最後の出馬となる選抜総選挙で3連覇を狙う指原莉乃

    指原莉乃、『ラ・ラ・ランド』パロディのラスト総選挙ポスターを公開

    エンタメ

     HKT48・指原莉乃が、17日、今年公開のヒット作『ラ・ラ・ランド』のパロディで制作したAKB選抜総選挙用のポスターを自身のツイッターで公開。今年最後の出馬を公言している指原だけに、「LA LA LAND」のロゴ部分を「LA LA LAST」ともじると、ファンからは「最後の出馬に相応しいポスター」などのコメントが寄せられている。@@cutter ポスターでは、映画『ラ・ラ・ランド』のダンスシーンを、お笑いコンビ、フットボールアワー・後藤輝基と再現。指原は「ラスト総選挙のラスト選挙ポスターはこちら!!お相手はおなじみ後藤さんです。いつもありがとうございます。見所は後藤さんのほうが圧倒的にクオリティが高いところです。総選挙ポスター考えるの大好き」と言葉を添えた。  写真を見たファンからは、「最後の出馬に相応しいポスターラストを飾るのに相応しい」「後藤さん ノリノリで可愛い 笑」「後藤さんすごいよ、手の角度まで完璧!」「さしこちゃんの選ポスほんとに好き」「ノリノリでやってくれてる感が伝わるなぁ」などのコメントが寄せられている。  指原は、昨年に行われた『第8回AKB選抜総選挙』で、同グループ史上初の2連覇を達成。今年の総選挙に立候補することは大いに迷ったことを明かしていたが、自身にとって“最後の総選挙”として立候補を決めたという。 引用:https://twitter.com/345__chan/status/864752230057914369

  • “坂道AKB”「誰のことを一番 愛してる?」でセンターを務める欅坂46・平手友梨奈

    「坂道AKB」欅坂46・平手友梨奈のセンターに「てち、凄すぎ!」と期待の声

    エンタメ

     3月15日に発売されるAKB48の47thシングル「シュートサイン」のカップリング曲に48グループと坂道グループのコラボユニット・坂道AKBの楽曲が収録され、そのメンバーが発表された。メンバーには各グループから次代のエース18名が集まり、センターは欅坂46の平手友梨奈が務める。@@cutter 坂道AKBの楽曲「誰のことを一番 愛してる?」は、先日、代々木第一体育館にて卒業コンサートを行ったAKB48小嶋陽菜のラストシングル「シュートサイン」のType Eに収録。これまでに渡辺麻友とまゆ坂46「ツインテールはもうしない」や小嶋とこじ坂46「風の螺旋」「傾斜する」、乃木坂AKB「混ざり合うもの」と乃木坂46とのコラボ楽曲があったが、第5弾は欅坂46を加えての18名のユニットとなる。    センターは欅坂46の平手が務めるほか、SKE48・松井珠理奈、HKT48・宮脇咲良、乃木坂46・齋藤飛鳥&堀未央奈の次世代エースが脇を固める。そのほか、AKB48から岡田奈々、小栗有以、小嶋真子、向井地美音、乃木坂46から伊藤万理華、北野日奈子、寺田蘭世、星野みなみ、欅坂46から今泉佑唯、菅井友香、渡辺梨加、渡邉理佐、長濱ねるがメンバーとして選出されている。  「誰のことを一番 愛してる?」のMV監督を担当した東市篤憲は「AKB48+乃木坂46+欅坂46 という聞いただけでも想像がつかないチーム編成でしたが、楽曲がもっている世界観を、ダンスと表情を軸に、儚さや切なさを全身で一人一人が表現していただいたことで、見事に融合し、素晴らしい化学変化がおきました」と出来栄えに満足のコメント。  センターの平手は、48グループの松井や宮脇とのユニット参加に、「手の届かない存在というか、私には絶対無理だなと思いました。今まではテレビで観る方々だったので、オーラがとっても凄かったです」とコメント。これに対し、松井は「平手ちゃん、すごいですよ。本当に。だって15歳ですよね。これからの成長が楽しみです・・って言ったら、なんかお母さんみたいになっちゃうけど(笑)」とエールを送った。    “坂道AKB”誕生にネットでは、「カップリング曲には勿体ない」「ついに来たか」と期待が集まる。なかでも、欅坂46で、3月に発売される4枚目シングルまで連続センターを務める平手がユニットのセンターを務めることに、「てち(平手)、凄すぎ」「参加シングル全部センター」と注目を集めている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access