小林啓一 関連記事

  • 映画『殺さない彼と死なない彼女』ティザーポスター

    間宮祥太朗×桜井日奈子W主演『殺カレ死カノ』特報&ビジュアル解禁

    映画

     俳優の間宮祥太朗と女優の桜井日奈子がダブル主演を務める映画『殺さない彼と死なない彼女』の公開日が11月15日に決定。特報とティザービジュアル、場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、ツイッターに投稿された3つの物語からなる連作4コマ漫画が原作。KADOKAWAより刊行された単行本は、重版10刷を突破する人気作となっている。今回の実写版は、単行本に収録された表題作「殺さない彼と死なない彼女」に登場する、“殺さない彼”=小坂れいと、“死なない彼女”=鹿野ななの物語を中心に据えた青春群像劇となっている。れい役を間宮、なな役を桜井がダブル主演で務める。  公開された特報映像では、生徒たちの喧騒から離れて、教室で殺されたハチを埋葬している鹿野ななが映し出される。そんな鹿野の姿に興味を抱いた小坂が、屋上から飛び降りようとする鹿野をあわてて止めたことをきっかけに、2人は一緒に過ごすように。さまざまな場面を通じて、2人のキャラクターと、友人とも恋人ともつかない絶妙な距離感が描かれるが、ラストは「ふたりの結末を見届けたとき、タイトルの本当の意味に涙する」という意味深なメッセージで締めくくられる。  あわせて公開されたティザービジュアルは、糸電話を耳にあてている小坂と鹿野の意味深なカット。「君の隣で、世界は変わる。」というキャッチコピーが、出会いによって大きく変わっていく2人のドラマを予感させる。  さらに、4点の場面写真には、ティザービジュアルの使用カットほか、“スマホ依存症”と“リストカット常習者”という2人のキャラクターを示すような小坂と鹿野のソロカット、高校の屋上で2人で過ごす小坂と鹿野のツーショット、そして屋上から飛び降りようとする鹿野を止める小坂を切りとったもの。どれも、ピュアで不器用な小坂と鹿野のキャラクターをとらえた重要なカットとなっている。  映画『殺さない彼と死なない彼女』は11月15日より全国公開。

  • (左から)『殺さない彼と死なない彼女』に出演する間宮祥太朗、桜井日奈子

    間宮祥太朗&桜井日奈子W主演、SNS発の人気コミックを実写映画化

    映画

     俳優の間宮祥太朗と女優の桜井日奈子が、SNSに投稿され反響を呼んだ世紀末による4コマ漫画を実写映画化した『殺さない彼と死なない彼女』にダブル主演することが発表された。@@cutter 原作はツイッターに投稿された3つの物語からなる連作4コマ漫画。KADOKAWAより刊行された単行本は、重版10刷を突破する人気作となっている。今回の実写版は、単行本に収録された表題作「殺さない彼と死なない彼女」に登場する、“殺さない彼”=小坂れいと、“死なない彼女”=鹿野ななの物語を中心に据えた青春群像劇となっている。  れい役を演じるのは、映画『全員死刑』で初主演を果たした間宮。なな役を、『ママレード・ボーイ』で初主演、続く『ういらぶ。』でもヒロインを務めた桜井が演じる。監督・脚本を務めるのは、映画『逆光の頃』の小林啓一。  何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮)は、ある日教室で殺されたハチの死骸を埋めているクラスメイト・鹿野なな(桜井)に出会う。「死にたい」が口癖の鹿野はリストカットの常習犯。虫の命は大切に扱うくせに「死にたがり」な鹿野に興味を抱く小坂。それまでネガティブすぎる言動で周囲から変わり者扱いされていた鹿野だったが、口の悪い小坂と本音で話すうちに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていく。  間宮は、登場人物について「自分はここにいるんだという叫びを抱えた人達の様に思います。それは夢や恋愛や自分の置かれた環境によって違い、個性でもある。それぞれが個性を持って絶望している」と評した上で、「思春期という言葉で一括りにしてしまわず、何故葛藤していて、何に救われるのか。日常を過ごす当人達の温度を感じて頂けたら」とコメント。桜井は、自身の役柄について「つかみどころのない、たくさんの矛盾を抱えたキャラクターです。初めて演じるタイプの役で苦戦していますが、だからこそ、この現場で得られるものがたくさんあるなと実感しています」と話している。  原作の世紀末は「映画化が決定したと聞いた時、ベストセラーでもない私の作品が映画化だなんて騙されているんじゃないかと怖くなりました」と明かし、「紙から飛び出して大きなスクリーンの中で笑ったり泣いたりする彼らに会えるのがとても楽しみです」とメッセージを寄せた。  映画『殺さない彼と死なない彼女』は2019年秋に全国公開。

  • 高杉真宙、『逆光の頃』実写映画化で主演

    高杉真宙、『逆光の頃』実写映画化で主演 小林啓一監督と再タッグ

    映画

     俳優の高杉真宙が、『ぼんとリンちゃん』でタッグを組んだ小林啓一監督の最新作『逆光の項』で主演を務めることがわかった。『ぼんとリンちゃん』では、第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を獲得するなど、高い評価を得た高杉が、4年の月日を経て、再び小林監督と叙情的な世界を作り上げる。@@cutter 本作は、1988年から1989年にかけて「コミックモーニング」および「モーニングOPEN」にて連載されたタナカカツキの同名漫画を実写化した作品。京都で生きる少年の揺れる思春期を、京都ならではの情景を舞台に描く。高杉が演じるのは、京都生まれ、京都育ちのごく普通の高校生である孝豊。ごく日常の中で、揺れ惑いながら成長していく姿を繊細に演じる。  高杉は、「今回、とても嬉しかったのは小林啓一監督と再びお仕事をする事ができたこと。いろんな作品を経たことで自分の中で固まっている部分があったのですが、小林監督と撮影をするにつれ、それが崩れて、少しずつ京都の子になれたかな?と思います」と撮影を振り返る。  さらに高杉は、「京都の素晴らしさと、いろんなところにある孝豊の『逆光』をぜひ見て頂きたいです。そして、この不思議な子・孝豊を見て、ハマって頂けたら嬉しいです」とアピールした。  また、情報解禁に伴い、撮影のオフショットも公開された。京都のお寺で撮影された喧嘩シーンでは、曇っている時を狙って雨を降らして濡れながら撮影。9月の暑い日だったというが、高杉は「震えながら喧嘩したのを覚えています。喧嘩は泥臭く泥臭くを意識して負けないよう頑張りました」と話す。  さらに、激しい雨のシーンでは、何度もテイクを撮り直し、高杉がタオル片手に真剣な表情を浮かべる姿も映し出されている。  映画『逆光の項』は、2017年公開予定。

  • 東京国際映画祭“ある視点”部門の作品賞受賞監督が描くオタクの愛と正義『ぼんとりんちゃん』

    TIFF・作品賞受賞監督が描く“オタクの愛と正義” 『ぼんとリンちゃん』今秋公開

    映画

     『ももいろそらを』で第24回東京国際映画祭(TIFF)“日本映画・ある視点”部門作品賞を受賞した小林啓一監督の最新作『ぼんとリンちゃん』が2014年初秋に公開されることがわかった。@@cutter 本作は、『ももいろそらを』で鮮烈な監督デビューを飾り、世界14カ国20におよぶ映画祭で絶賛された小林啓一監督が描く、“オタク”の愛と正義の物語。全編を通して、オタク的世界が存分に映し出されている。  地方都市に住む女子大生の四谷夏子(通称“ぼん”)と、彼女の幼馴染みでオタク友達でもある友田麟太郎(通称“リン)は、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆちゃん(通称“肉便器”)を連れ戻す「肉便器救出作戦」のために東京にやってきた。  ぼんとリンはネットゲームで知り合った会田直人(通称“べび”)に協力をあおぎ、肉便器の家に突撃。その姿はロールプレイングゲームの勇者や魔法使いのパーティを彷彿とさせ、リン曰く「ボス戦」に挑む。果たして、現実で起こる予想不能なこのミッションは成功するのか。  ボーイズラブの同人誌が大好きな女の子“ぼんちゃん”役は、女優やモデルとして幅広く活躍する佐倉絵麻、“ぼんちゃん”を「ねえさん」と慕うオタク男子“リンちゃん”役は、高杉真宙がフレッシュに演じる。  高杉は、現在放送中の「仮面ライダー鎧武」に龍玄・呉島光実役としても出演中で、ネクストブレイクとの呼び名も高い若手俳優の1人。オタク青年という役柄をどう演じているのかにも、注目してもらいたい。  『ぼんとリンちゃん』は2014年初秋から新宿シネマカリテほかで全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access