中村倫也 関連記事

  • 中村倫也

    中村倫也、愛くるしい“ウサ耳”ショットにファン「飼わせてください」

    エンタメ

     俳優の中村倫也が22日、自身のツイッター上で“ウサ耳”ショットを公開。愛くるしい姿に、ファンからは「かわいい」「飼わせてください」といった反響が寄せられている。@@cutter 中村はツイッターで、23日放送の『オリガミの魔女と博士の四角い時間』(NHK Eテレ/毎月最終週の土曜22時45分)に出演することを告知。同番組は毎回、折り紙の研究に没頭する主人公の折鶴博士(滝藤賢一)と、イタズラ好きなオリガミの魔女(声・尾上菊之助)が繰り広げるミニドラマ。中村は23日の放送回で、博士の前に突然現れる「大きな耳の見知らぬ男」を演じる。  「明日はうさぎな日」というコメントとともに投稿されているのは、同番組のオフショットとみられる大きな“ウサ耳”姿の中村。その姿はファンの心をガッチリとつかんだようで、「可愛すぎ………、やられた」「ずるいほどに可愛いすぎやしませんか!もう!」といった声のほか、「飼いたい」「是非私の家で飼わせて頂けませんか」といった“飼育”を希望する声も寄せられている。 引用:https://twitter.com/senritsutareme/

  • (左から)深田恭子、中村倫也

    深田恭子が中村倫也に“腹パン” 視聴者騒然『初めて恋をした日に読む話』第6話

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第6話が19日に放送され、山下(中村倫也)の冗談を真に受けた順子(深田)が彼に強烈なパンチを浴びせるシーンに視聴者から「腹パンw」「ナイスパンチ」「けっこう重めの腹パンでわろた」などの反応がSNSに多数寄せられた。@@cutter 家の前で山下(中村倫也)と2人でいるところを匡平(横浜)に見られ順子(深田)は動揺。さらに山下から「匡平は順子のことが好きだ」と聞かされパニックに。そんな中、美和(安達祐実)の提案で順子たちの高校の同窓会を開くことに。一方で、匡平に勉強を教えていた順子は、数学の質問に即答することができず、自分の力不足を痛感。順子は匡平のためを思いある決断をする…。  塾から帰宅しようとする順子の前に、山下が姿を現し「今から少し時間ある?」と一言。泥酔した順子を家に送り届け、そのまま2人してベッドで眠ってしまってから連絡を絶っていた順子は、山下からのしつこい誘いを「断る」「応じかねる」と拒絶する。「話聞けよ」と順子を止める山下だったが、彼女から「話って何?」と問われると「普通にこの前の続きがしたいなぁって」と回答。続けて「おっぱい揉んでそれっきりだったし」と一言。このセリフに対してネット上には「ストレート爆笑」「ちょいちょい下ネタ挟んでくる山下くん好きだよ」「さらって下ネタぶっ込んでくる山下くんよ」などの反響が。  この言葉に表情を一変させた順子は、怒りを込めて山下の腹部めがけて強烈なパンチを一発。“ドスン”という鈍い音がすると、山下はうめき声を上げながら思わず腰を折ってしまう。このシーンに視聴者からは「腹パンw」「ナイスパンチ」「けっこう重めの腹パンでわろた」などのツイートが多数寄せられた。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第6話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子は横浜流星を思いある決断を

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第6話が今夜放送。今回は、深田恭子に自分の魅力をアピールしようと永山絢斗が同窓会の幹事を引き受ける一方、深田恭子は横浜流星のためにある決断をする様子が描かれる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  泥酔し、順子と山下(中村倫也)は一晩を過ごしてしまった。一線は越えなかったが、翌朝、家の前で山下と2人でいるところを通学途中の匡平(横浜)に見られ順子は動揺する。さらに、「匡平は順子のことが好きだ」と山下から聞かされパニックになり、仕事終わりの美和(安達祐実)に助けを求める。話を聞いてもらううちに、匡平を東大に合格させることが何より大事だと再認識した順子は、匡平の気持ちは勉強のし過ぎでおかしくなっているだけだという結論を出す。  その頃匡平は、山下と顔を合わせる気分になれず学校をさぼりカフェで自習していた。偶然雅志(永山)と遭遇した匡平は、嫌いになりそうなくらい順子が好きだと思いを吐露し、雅志を慌てさせる。そんな中、美和の提案で順子たちの高校の同窓会を開くことになり、雅志が幹事を引き受けた。順子以外の女子にはモテる雅志は、そんな自分を順子に見せるための姑息なアピールの場として気合を入れる。    だが、当の順子は行く気ゼロ。しかし、そこで彼氏を見つけられれば匡平の気の迷いもおさまるかもしれない、という美和の言葉に納得し、同窓会に行くことを決める。  一方で、匡平に勉強を教えていた順子は、数学の質問に即答することができず、自分の力不足を痛感していた。順子は匡平のためを思い、ある決断をする…。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第6話は、TBS系にて今夜2月19日22時放送。

  • (左から)深田恭子、中村倫也

    中村倫也が深田恭子の胸にタッチ? 視聴者騒然の『初めて恋をした日に読む話』第5話

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が12日に放送され、中村倫也扮する高校教師が深田演じるヒロインの胸に触れているシーンに、視聴者から「手どこに入れてるの!!」「な、な、なんだこれ!これなんだ!?www」などの反応がSNSに殺到した。@@cutter 模擬試験が近づき、匡平(横浜流星)の勉強法を模索する中、順子(深田)は理系を強化すべく、雅志(永山絢斗)に協力を求めようとマンションを訪ねる。複雑な気持ちの雅志は、2人を応援することを決意する。一方、順子を飲みに誘うか迷っていた山下(中村)は、偶然にも彼女と出くわし、強引に飲みに連れていく。すっかり泥酔した順子を山下は家まで送るのだが…。  偶然コンビニで順子に出くわした山下は「ちょっと今から付き合えガリ勉女」と一言。焼鳥屋のカウンターですっかり酒に酔った山下は、左ひじを順子の右肩に乗せて「学年トップの高嶺の花が30過ぎて未婚実家ぐらし…」と悪態をつく。酒に酔い順子との距離が近い山下に対してネット上には「酔っ払ってるのやばいしんどい」「肩にひじ!!!!」「可愛いんだけど山下先生!」「肩に手置かれてるだけで落ちますけど」などのコメントが殺到。  その後、泥酔した順子を家まで送り届けた山下。まともに歩けない彼女をお姫様抱っこで担ぎ上げると、寝室のベッドへ。順子はベッドの上で眠りについてしまう。翌朝、順子が目覚めると隣には山下の姿が。しかも彼の手は順子のシャツの胸のあたりに…。  このシーンに対して視聴者からは「山下先生、え?」「手どこに入れてるの!!」「な、な、なんだこれ!これなんだ!?www」「おっぱい触ってたの!?wwww」などのツイートが殺到。山下は順子に対して特に悪びれる様子もなく「おっぱい触ってたら朝になったっていうか…」と話すと、続けて真顔で「そこにパイがあったから?」と一言。このセリフに「山下先生最高かよwww」「山下くんおもしろい好き」などのコメントもSNSに寄せられていた。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第5話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、永山絢斗は横浜流星の勉強を応援

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が今夜放送される。第5話では、匡平(横浜流星)の勉強方法に対して、雅志(永山絢斗)に協力を求める順子(深田)へ、山下(中村倫也)がアプローチをかける姿が描かれる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  塾講師として働く順子は、怒涛の塾の強化合宿を終え、友人の美和(安達祐実)ともんちゃん(真凛)に合宿後の現況を伝える。自分と教え子・匡平のインフルエンザがうつり、自宅で臥せっているいとこの雅志に、元気を出してもらおうと写真を送ったりしているが、雅志がなぜ合宿の隔離部屋にわざわざ泊まりに来たのか、考えもつかない。    そんな順子は、合宿中突然王子さまキャラになった匡平の行動は、全て美和のいたずらのせいだと思い込んでいて、匡平の本心には全く気づいてはいないが、教師と生徒としての師弟愛は感じると言う。「塾講師は自分の天職だったのかもしれない」とうれしそうに語る順子に、美和たちは唖然となるばかり。  模擬試験が近づき、匡平の勉強法を模索する中、順子は理系を強化すべく、雅志に協力を求めようとマンションを訪ねる。順子からの連絡に、心を躍らせる雅志だったが、部屋の扉を開けると順子と一緒に匡平の姿が。複雑な気持ちの雅志は、多少腹を立てながらも、今の勉強法の問題点を指摘しつつ、二人を応援することを決意。雅志のアドバイスで、テスト時間に目が冴えるよう朝型生活に変更した匡平は、順子と共に一層勉強に励んでいく。  そんなある日、順子を飲みに誘うか迷っていた山下は、偶然にも順子と出くわし、半強制的に飲みに連れていく。すっかり泥酔した順子を、山下は家まで送るのだが…。     ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第5話は、TBS系にて今夜2月12日22時放送。

  • 「2019年 エランドール賞授賞式」に登場した田中圭

    田中圭、ブレイクで態度変わったと言われショック「僕は何も変わってない!」

    エンタメ

     俳優の田中圭、中村倫也、女優の永野芽郁らが7日、都内にて開催された2019年「エランドール賞」授賞式に出席。志尊淳、葵わかな、松岡茉優と共に新人賞TVガイド賞に輝き、プレゼンターとして佐藤健、菅田将暉ら豪華俳優陣もお祝いに駆けつけた。@@cutter 『おっさんずラブ』(テレビ朝日)などで昨年大ブレイクした田中は、「とてもうれしい。自分はもちろんだけど、周りの人からおめでとうって言ってもらえて、いい一日になりそう」とニッコリ。  ただ、各局のプロデューサー陣が集まったこの授賞式だからこそ言いたいことがあると言い、「3名のプロデューサーから『売れたら態度変わるんだな』と言われて。俺もそんな風に見られたんだとショックだった」と打ち明け、「僕は何も変わってないので、今後とも上から僕にどんどん言っていただけたら」と力強く呼び掛けていた。  また昨年、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインとしてブレイクした永野は、「自信がなくなる瞬間もあるけど、それを乗り越えられるのは作品のおかげ。今ここに立ててることを誇りに思う」と満面の笑み。  同作で共演した佐藤がプレゼンターを務めたが、「弱音を吐かないだけで、裏では心を削って演技をしていたことを、一番近くで見ていて少しは理解してるつもり。『半分、青い。』はあなたの存在なしではありえませんでした。18歳の貴重な期間をこの作品に捧げてくれてありがとう」と感謝の思いを贈った。  17歳でデビューし、15年を経て念願の賞を受賞した中村は「長い道のりでしたが、僕はこの仕事が好きで、少しでもいい芝居をしていい作品を作って、見てくれる方が考える機会になるような疑似体験をしてほしいと思ってやってきました。賞は責任だと思う。今日からまた靴紐を結んで、頑張っていきたい」と意気込みを明かした。  そんな中村のプレゼンターとして、事務所の後輩でもある菅田がサプライズ登場。菅田は自ら立候補したらしく、「大好きで尊敬する先輩の晴れやかな日に立ち会えて、本当にうれしい」と白い歯を見せ、「中村さんの言葉で何回も救われた。こんなに巧みでユーモアがあってかっこいい人がいるのに、なんでもっと見てくれないかなと思ってたんです。本当におめでとうございます」と熱い思いをぶつけていた。  当日はほかに、プロデューサー賞を『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』の増本淳、『半分、青い。』の勝田夏子、プロデューサー奨励賞で『カメラを止めるな!』の上田慎一郎、市橋浩治、『おっさんずラブ』の三輪祐見子、貴島彩理、特別賞を『万引き家族』製作チームが受賞した。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第4話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子と横浜流星は塾の合宿へ…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第4話が今夜放送される。第4話では、順子(深田)と匡平(横浜流星)が塾の合宿へ出かける姿が描かれる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  今までの自分を振り払うように、順子を抱きしめ告白する雅志(永山)。しかし超鈍感な順子はそれが告白だと気がつかない。だが、その現場を目撃してしまった匡平(横浜)は、雅志も順子のことが好きなのだと知り複雑な心境に。匡平はそのことを振り払うように一層勉強に励む。  時は流れ、2018年4月。匡平は高校3年生の春を迎えた。山下(中村)から匡平の学校での成績が驚くほど良くなったことと匡平の家庭環境のことを聞き、順子は今まで以上に匡平を気にかけるように。一方で匡平は、順子からいつまでも子ども扱いされることにイライラが募っていた。  GWに入り、三泊四日で塾の強化合宿が行われることに。合宿初日、偶然にも近所にある会社の保養所に研修で来ていた雅志が合宿所に顔を出す。二人の親し気な様子に嫉妬する匡平は、順子に冷たい態度をとってしまう。そしてその夜、食事の時間になっても現れない匡平がロッジでたばこを吸っていたと目撃情報が。 慌ててロッジへ駆け出す順子だったが、雨上がりのぬかるんだ山道で転んでしまい…。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第4話は、TBS系にて今夜2月5日22時放送。

  • 映画『美人が婚活してみたら』場面写真

    中村倫也のバスローブ姿にドキッ!『美人が婚活してみたら』新規カット到着

    映画

     女優の黒川芽以が主演を務める映画『美人が婚活してみたら』より、黒川演じる主人公・タカコと中村倫也演じる“高学歴・非モテ系・婚活男”園木の初デートシーンの収録風景や、2人の現場インタビューを収めた映像が解禁。また、ホテルの部屋で緊張した様子の2人を写し出す場面写真も同時に公開された。@@cutter 本作は、漫画アプリ「Vコミ」で累計1000万PVを突破した、とあるアラ子による同名コミックを実写化。死にものぐるいの婚活にまい進する30代女性の心情を描く。キャストは黒川、中村のほか、タカコの親友ケイコ役を臼田あさ美、タカコが婚活バーで出会う“イケメン・バツイチ・歯科医”の矢田部役を田中圭が務める。監督は映画『勝手にふるえてろ』の大九明子。脚本をお笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが担当する。  仕事にも容姿にも恵まれていた32歳のWEBデザイナー・タカコ(黒川)は20代の頃から、選ぶ男がなぜか既婚者ばかり。不倫ばかりの不毛な恋を重ねているうち30代に突入した彼女は、死ぬ気で婚活することを決意。自分を変えるため、そして安泰な人生をゲットするために、親友ケイコ(臼田)の勧めで婚活サイトに登録してみるのだが…。  公開されたメイキング映像では、駅前でのタカコと園木の初デートシーンで、2人の立ち位置などについて黒川も積極的に意見を出しながら大九監督と打ち合わせする様子が映し出されている。  インタビューで中村は、大九監督の演出について「芽以とも現場で話していたんですが、遊び心のある、女性らしい、かわいらしい演出ができる方。アイデアがあって、やっていて楽しい」と話し、自ら演じる園木という役どころも「変わっている奴なんですけど、どこか愛嬌があって、存分に大九さんのそういうところを出せるキャラクターなのかなと思います」としている。  場面写真では、ホテルの部屋でワインを前にベッドに腰掛ける2人や、バスローブ姿でどこか落ち着かない様子の園木の姿を捉えている。  映画『美人が婚活してみたら』は、3月23日より全国公開。

  • 『初めて恋をした日に読む話』第3話場面写真

    『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子は中村倫也と2人きりで飲みに出かけ…

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第3話が今夜放送される。第3話では、深田演じるヒロインと、中村倫也扮するかつての同級生が2人きりで会うことに…。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  順子(深田)は教え子・匡平(横浜)の勉強法について悩んだ末、親友の美和(安達祐実)に相談することに。美和は仕事も大事だけど婚活もすべき、と昔からの知り合い男子はどうかと順子に提案をする。  その帰り道、順子は山下(中村)と遭遇、2人で飲みに行くことに。“昔からの知り合い男子”との美和の言葉を思い出しひとりドキドキする順子。しかしある事実が発覚する…。  後日、順子が山下と2人で飲んでいた事を知り、嫉妬する匡平。いつも子供扱いを受ける匡平は順子にいら立ち、授業中に教室から出て行ってしまう。匡平がこのまま授業に来なかったらどうしようと嘆く順子。そんな中、月末に順子とデートがしたくて仕事で無理を重ねた雅志(永山)は、ついに過労で倒れてしまう。  偶然にも匡平たちが雅志を見つけ救急車を呼ぼうとするが、仕事を理由に雅志はそれを拒否。順子も慌てて駆けつけ、雅志のピンチを救おうと奮闘する中、ついに雅志が動き出す。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第3話は、TBS系にて今夜1月29日22時放送。

  • 映画『台風家族』出演者

    草なぎ剛主演『台風家族』6月公開 新井浩文&中村倫也&尾野真千子ら共演

    映画

     草なぎ剛が主演を務める映画『台風家族』が、6月に公開されることが決定。草なぎは、「僕らの“パッション”がスクリーンの中から『ぶわ~ん』と伝わると思います!」とユーモアたっぷりに意気込みを見せている。@@cutter 本作は、映画『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督が、12年間の構想を経て、自身のオリジナル脚本によって映像化。ある一家の真夏の1日の物語を、ブラックユーモアたっぷりに描く。  2000万円の銀行強奪をし、その後行方不明になった鈴木一鉄(藤竜也)と妻の光子(榊原るみ)。10年後、その夫婦の仮装葬儀で財産分与を行うため、どんな仕事も長続きしない長男の鈴木小鉄(草なぎ)が、妻子と共に10年ぶりに実家へ戻ってくる。やがて、長女と次男も集まり、見せかけだけの葬儀が始まるが、末っ子だけは姿を現さず…。  草なぎは、自身が演じた小鉄を、「本当にダメダメな奴なんですけど。逆にそういうところが魅力的で、愛くるしく、むしろ愛すべき人物だな、と思えました」と述懐。撮影の序盤には、「市井監督に『草なぎさんの中に小鉄は十分居るから、作り出そうとしなくて良い』と言ってもらえて、それが難しくもあり、だけど新しい自分を引き出してくれたと思っています。改めて、市井監督、すこいなぁ、と」と振り返る。  撮影を重ねていくうちに、「自分では気づいていないんですけど、自然と『鈴木家』っていう、家族のリアルな感じが出来上がっていった気がします」と自信を見せる。  そんな家族の姿を描いた市井監督は、「富山に住む両親と離れて、僕は長年東京に住んでいます。両親の誕生日や結婚記念日に二人のことを考えることはあっても、普段は忙しさにかまけて二人の存在はほとんど頭の中にありません。そんな自分の薄情さに気づき、胸がチクリと痛んだ時、どうしても家族の映画を作りたい、作らなければと思った」と12年前に決心したことを告白。そして、本作を、「一人でも多くの方の心の琴線に触れることができたなら幸せです」とアピールしている。  出演はほかに、小鉄の妻・美代子役に尾野真千子、次男・京介役で新井浩文、長女・麗奈役でMEGUMI、三男・千尋役で中村倫也、小鉄の娘・ユズキ役で甲田まひるが出演。さらに、突然やってきた女・富永月子役で長内映里香、麗奈の彼氏・佐藤登志雄役で若葉竜也のキャスティングが決定している。  映画『台風家族』は6月全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access