茅野愛衣 関連記事

  • 『重神機パンドーラ』、BD BOX全3巻で発売 ファンイベントも開催

    『重神機パンドーラ』、BD BOX全3巻で発売 ファンイベントも開催

    アニメ・コミック

     TVアニメ『重神機パンドーラ』のブルーレイボックスが、全3巻で発売決定。さらに、前野智昭、花澤香菜、津田健次郎ら8名の声優に加え、河森正治総監督が出演するファンイベントの開催も明らかになった。@@cutter 『重神機パンドーラ』は、『マクロス』『アクエリオン』シリーズを手掛けた河森総監督がおくる、完全新作オリジナルSFロボットヒューマンドラマ。量子リアクターの暴走事故“翔龍クライシス”によって激変した2031年を舞台に、特殊部隊「パンドーラ」が特異進化生物「B.R.A.I」に人類の存亡をかけて立ち向かう。  ブルーレイボックスには、TVアニメ本編が全3巻で収録。1巻には描き下ろし全巻収納BOX、2巻にはキャラクターデザイン・安彦英二による描き下ろし特製収納ケースが特典に。さらに、3巻ではシリーズ構成・脚本を担当した根元歳三の書き下ろしドラマCD「26.5話 新しい契約」が収録される。そのほか、特製ブックレットなど、多数が特典になっている。第1巻「ブルーレイボックス 壱」は9月26日、第2巻「ブルーレイボックス 弐」は11月22日、第3巻「ブルーレイボックス 参」2019年1月29日に発売。価格は、各2万円(税別)。  また、公式ファンイベント「『重神機パンドーラ』ネオ翔龍市民感謝祭」には、主演キャストより前野(レオン・ラウ役)、花澤(クイニ―・ヨウ役)、津田(ダグ・ホーバット役)を始め、東山奈央(クロエ・ラウ役)、内田雄馬(グレン・ディン役)、茅野愛衣(セシル・スー役)、檜山修之(Mr.ゴールド役)、石川界人(フォー役) 、河森総監督が出演。豪華出演者による、パンドーラファンのためのイベントだ。  「『重神機パンドーラ』ネオ翔龍市民感謝祭」は9月30日、豊洲PITにて昼・夜の二部で開催。チケットは、6月30日11時より公式サイトにて先行受付が開始。価格は、全席指定で7000円。

  • TVアニメ『3月のライオン』茅野愛衣&花澤香菜インタビュー

    茅野愛衣&花澤香菜、アニメ『3月のライオン』に大きな手応え

    アニメ・コミック

     孤独な少年・桐山零のプロ棋士としての成長と人々の触れ合いを描く羽海野チカ原作の人気マンガ『3月のライオン』。2016年より放送開始したテレビアニメも、第2シリーズが最終回を迎える。なかでも今期、話題を呼んだのは、桐山零を支える下町一家・川本家に巻き起こった中学でのいじめ問題。川本家長女・あかり役の茅野愛衣、ひなた役の花澤香菜に第2シリーズを振り返ってもらった。@@cutter 登場人物の繊細な心情を、深く丁寧に描く羽海野チカの原作を、斬新な演出で知られる新房昭之監督&シャフトがテレビアニメ化した『3月のライオン』。第1シリーズでは、人と関わりを持たず孤独を抱えた主人公の少年・桐山零の生い立ちやプロ棋士としての成長が中心に描かれたが、2017年秋からの第2シリーズでひとつの大きな柱を作り上げていたのは、零に温かい愛情を与えた川本家の次女、中学生のひなたが受けたいじめのエピソードだ。  第1シリーズから川本家の長女・あかりを演じ続ける茅野は「ひなたがいじめられる話は、客観的に観ても心が苦しくて。ひなたに“私がついているから大丈夫”と言いながらも、何も出来ないと苦しむあかりを演じていて、とてもつらかったです」と振り返る。いじめに遭った友人をかばったことで、自分がいじめの標的にされて苦しむひなたを演じた花澤も、だからこそ「映像にアニメスタッフの感情が込められ、みんなで“ひな、がんばれ!”と応援してくれていることがひしひしと感じられました」と、第2シリーズを振り返る。  アフレコ現場でのスタッフの心づかいも、演技に大きく影響を与えたそうだ。「音響監督の亀山(俊樹)さんが、ひなたちゃんが泣くシーンなど、集中力の必要な場面はテストから録音を回して一発録りをしてくださるんです。役者の気持ちを途切れさせないようにという、みなさんの助けがあってこそのアフレコだったので、思いっきり演技できました」と花澤。テストなしのアニメアフレコはとても珍しいこと。茅野も「スタジオで収録していますけど、生のステージの上にいるような不思議な感覚です。全員がひとつのものに集中している感覚は、普段のアフレコでは味わえない貴重な経験でした」と話す。@@separator 実際には、学生時代一度もいじめ現場を経験してこなかったという花澤だが、「中学生のいじめを描いてはいますけど、いろんな方の身近な人間関係に当てはまることだからこそ、誰もがいじめに立ち向かうひなたちゃんに、感動するのだと思います」と、自身もエピソードの素晴らしさに胸を打たれたそう。茅野も「アニメでは描きづらいテーマですが、みなさんがひなちゃんに勇気をもらえたと思うんです。こんなにも重たいテーマを通して、人は前に向かって進んでいくんだと、アニメになってより感じることができました」と、大きな手応えを感じていた。  さらに『3月のライオン』の魅力をふたりに問うと、主人公・零を取り巻く若い棋士からベテラン棋士、零の学校の仲間たち、川本一家など「様々な世代の男女の生き方が、丁寧に描かれていること」だと口をそろえる。さらに花澤は「職業ドラマでもあると思うんです。自分の仕事と重なる部分もたくさんあるし、大人がどう生きていけばいいのかを考えることもできる。誰にでもおすすめできる作品です」と本作の魅力を語ってくれた。  2シリーズに渡って原作を忠実に描いてきた『3月のライオン』も、零に支えられながらいじめを乗り越えたひなたの高校入学をもって、間もなく一区切りとなる。「この作品に関われて本当に良かった」というふたりは、「原作はまだまだ終わっていないので、ぜひ続きもアニメで演じたい」と熱望。花澤も「時代を問わず、みんなに愛される作品だと思います。第2シリーズが終わっても、NHKさんにいっぱい再放送していただけたら!」と笑顔になる。老若男女に愛される『3月のライオン』、未見の方もファンの方も、現在5巻まで随時リリース中のアニメブルーレイ&DVD版で、ぜひ感動を深めてほしい。  TVアニメ『3月のライオン』はNHK総合にて3月31日23時より放送。

  • TVアニメ『重神機パンドーラ』放送直前スペシャルステージ

    <AJ2018>『重神機パンドーラ』OP&EDはバンプ 新キャストに中村悠一、石川界人ら

    アニメ・コミック

     4月4日よりTOKYO MXでスタートするテレビアニメ『重神機パンドーラ』放送直前スペシャルステージが24日、東京ビッグサイトで開催中のAnimeJapan 2018にて行われ、声優の前野智昭、津田健次郎、東山奈央、内田雄馬、梅原裕一郎、茅野愛衣、そして原作・総監督を務める河森正治が登壇した。@@cutter 未知なるエネルギーを撒き散らした「翔龍クライシス」の影響によって一度崩壊した世界を舞台に、人類の存亡をかけて特異進化生物「B.R.A.I」に闘う特殊部隊「パンドーラ」の活躍を描く。ステージでは新情報としてロックバンド・BUMP OF CHICKENがオープニング『シリウス』およびエンディング『Spica』を手がけることが発表された。同バンドがオープニング、エンディング2曲同時に描き下ろすのは初めて。  会場にはBUMP OF CHICKENからビデオメッセージが寄せられ、ボーカルの藤原基央は「設定資料やストーリーを見させてもらって感動し、ワクワクしてぜひやらせていただきたいと思った。なんといっても河森監督の作品。『マクロス』観ていましたから、とっても光栄」と喜び、「『重神機』という響きが幼い頃の男心をくすぐられる」と期待を寄せた。またドラムの升秀夫も「激しいアクションシーンに引き込まれました。キャラクターたちがこのあとどうなっていくのか楽しみ」とコメントを寄せた。  河森総監督はオファーの経緯について「崩壊している世界の中で最後の希望を見つけていくような感じはバンプさんにしか出せない。それでお願いした。実際に(曲を聴いたら)バッチリだった」と笑顔。過去に同バンドのコピーバンドをしていたという梅原は「大好きなんです。本当にうれしい。一緒にお仕事できるとは思っていなかった」と興奮していた。  また、特殊部隊「パンドーラ」と対峙する4人の新キャラクターも明らかになり、Mr.ゴールド役に檜山修之、Mr.ゴールドの右腕・ジーク役に中村悠一、Mr.ゴールドの用心棒・ワン役に近藤孝行、Mr.ゴールドの腹心・フォー役に石川界人が起用された。この日は中村がゲストとしてステージに参加し、自身が演じる役どころについて「敵一味が紹介されたと思うんですけど、ちょっと入れ知恵するような、参謀役です」と紹介した。  主人公のレオン・ラウを演じる前野は「非常にもっさりとしたキャラクターで、乙女ゲーム収録の後に(レオンを)やると『俺の振り幅すげぇな』となる」と希有な役柄であることを告白。アフレコは終盤に差し掛かっているが、「毎回気合を入れて臨んでいます」といい、「激しい死闘の中で、キャラクターの関係性や『進化するとはどういうことなのか?』など作品の本質が明らかになっている。自信を持っておすすめできる作品」と力強くアピールした。

  • 『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』初日舞台挨拶にて

    関智一、櫻井孝宏、鈴村健一、まさかのぶっちゃけ発言にファン爆笑 “顔キャス”の真相

    アニメ・コミック

     『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』初日舞台挨拶が24日、都内にて行われ関智一(ガッチャマン/鷲尾健役)、櫻井孝宏(テッカマン/南城二役)、鈴村健一(ポリマー/鎧武士役)、斉藤壮馬(キャシャーン/東鉄也役)、茅野愛衣(界堂笑役)が登壇。ついに公開初日を迎えたこの日、主人公・ガッチャマン役の関は「続編をやりたい」と次なる目標を掲げた。@@cutter 本作は、タツノコプロ55周年を記念して“タツノコレジェンズ”の4大キャラクター『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』を集結させ、悪に立ち向かう姿を描くアクションアニメ。昨年10月から12月に掛けTVシリーズを放送し、興奮覚めやらぬ中、今回、ストーリーや世界観をパワーアップさせ劇場版として彼らの活躍を描く。    関は「僕はこの劇場をよくデートに使っていました。そんな思い出のスクリーンでガッチャマンが上映されることを誇りに思っています」と、冒頭挨拶から関節全開。そんな関のコメントを受けて櫻井、鈴村からは「関さんみたいなコメントはできないですからね(笑)」と会場に集まったファンに呼びかけた。    暴走しかける関を、櫻井、鈴村筆頭に何とか押しとどめるという形式で進行した同イベント。途中、同作のオーディションについて話が及び、鈴村が「ガッチャマン以外は全ての役のオーディションを受けた」と発言。さらに実は“テッカマン”を演じたかったという驚きのコメントも。すると関は「俺はポリマーをやりたかった」と続き、櫻井も「僕はガッチャマンをやりたかった」、斉藤も「僕はダミアン(TVシリーズの敵)」とまさかのぶっちゃけ展開に。そして、テッカマンが櫻井に決まったと聞いた鈴村は、テッカマンの変身前の姿が櫻井の雰囲気に似ていたことをいじり「なんだ顔キャス(ティング)かと思いました」と発言し、会場は大爆笑。櫻井も「そうです、顔キャスです」と乗っかり、さらなる笑いを呼んだ。    メインキャストがオーディションによって役をつかんだ『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』は公開中。

  • 内田雄馬、梅原裕一郎ら『重神機パンドーラ』出演決定 PV第2弾も公開

    内田雄馬、梅原裕一郎ら『重神機パンドーラ』出演決定 PV第2弾も公開

    アニメ・コミック

     2018年春より放送開始となるTVアニメ『重神機パンドーラ』の新たなキャラクター&キャストが発表された。グレン・ディン役に内田雄馬、ジェイ・ユン役の梅原裕一郎を始め、豪華キャスト陣が一挙に公開。さらに、主要キャラクター8人の動く姿と声が聴けるPVも公開された。@@cutter 本作は、次世代エネルギーとして開発されていた量子リアクターの暴走事故「翔龍クライシス」により世界が激変した2031年が舞台。特異進化生物B.R.A.Iが発生し、世界の都市は次々と破壊されていった。この脅威に立ち向かうべく、絶対防衛都市ネオ翔龍に特殊部隊「パンドーラ」が結成される。人類の希望は彼らに託された。  今回、新たなメインキャラクターたちと豪華キャスト陣が公開。「翔龍クライシス」によって家族を失い、志願兵として都市防衛軍に入隊するグレン・ディン役を内田が担当。「翔龍クライシス」以前からセシルに仕えているネオ翔龍の秘書官、ジェイ・ユン役には梅原が声をあてる。また、パンドーラの大黒柱、ケイン・イブラヒーム・ハサン役には石塚運昇、ネオ翔龍を統べる姫、セシル・スー役に茅野愛衣が発表された。さらに、檜山修之、中村悠一、近藤孝行、石川界人、瀬戸麻沙美、能登麻美子、石田彰らも出演が決定した。  さらに、これまで発表になっているレオン(CV:前野智昭)、クロエ(CV:東山奈央)、クイニ―(CV:花澤香菜)、ダグ(CV:津田健次郎)に、今回発表になったグレン、ケイン、ジェイ、セシルを加えたパンドーラの8人が総登場するPV第2弾が解禁。レオンとクロエ以外のキャラクターの動く姿と声は今回が初お披露目。こちらのPVは公式サイトのほか、ユーチューブでも公開されている。  TVアニメ『重神機パンドーラ』は、4月4日よりTOKYO MX、WOWOW、BS11、MBSにて順次放送開始。

  • 『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』完成披露上映会にて

    関智一、船越英一郎のアフレコを絶賛「ちびりますよ」 南部博士役で声優挑戦

    アニメ・コミック

     タツノコプロ創立55周年を記念した劇場版アニメ『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』の完成披露上映会が15日、都内で行われ、俳優の船越英一郎、鈴木一真、声優の関智一、茅野愛衣が登壇した。@@cutter 幼少期にタツノコプロ作品に多く触れ「一緒に育ってきた」という船越は、同作で科学忍者隊ガッチャマンの生みの親である・南部博士の声を担当している。  見どころについて船越は「ガッチャマンのお父さんみたいな存在なのに、今回はそれぞれが信じる正義が変わってしまう。南部博士とガッチャマンたちが対峙していく構造になるわけです」と紹介。関が「ネタバレギリギリですが、今回は南部博士のあんな姿も見えちゃう」と言うと、船越も「皆さん、びっくりしますよ。ヒントは“わたくし、夢が叶いました”。以上です」と意味深な発言で沸かせた。  船越のアフレコについて、ガッチャマン/鷲尾健役の関は「船越英一郎さんは別の作品でご一緒したこともあるのですが、まぁ素敵ですよ。まぁちびりますよ!」とべた褒め。褒め言葉に船越も笑顔を浮かべ「本当にありがとう、本当に健も素晴らしい」と互いを称え合った。  「もしヒーローが力を貸してくれるなら?」という話題では「よく朝寝坊して現場に行くのがギリギリになる。そういうときに助けてほしい」と関。船越は「関くんは本当に我欲の塊ですね~」と呆れつつ、自身は「もしヒーローがいてくれるなら、今ここで舞台挨拶を一緒にしてほしい。日本中湧き上がりますよ」とお願いした。  また女子高生の界堂笑を演じた茅野は「(劇中で)笑はヒーローと同居しているので、私も同居したい。あんなにかっこいいとドキドキしちゃいそう」とうっとり。すると関が「ちなみに、今同居されてる方はいらっしゃるんですか?」と一歩踏み込んだ質問をすると、茅野は「母と(同居している)…」と回答。やり取りを見ていた船越は「冷や汗が…」とタジタジだった。  創立55年を記念した映像プロジェクト『Infini‐T Force』。『ガッチャマン』『テッカマン』『ポリマー』『キャシャーン』の4大ヒーローの活躍を描くテレビアニメが2017年10月から12月に放送された。今回の劇場版は、テレビアニメの続編。追加キャラクターとして「南部博士」「コンドルのジョー」が登場し、新たな闘いを繰り広げる。  『劇場版Infini‐T Force/ガッチャマン さらば友よ』は2月24日より公開。

  • 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』ポスタービジュアル初解禁!

    『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』ビジュアル解禁! ついに“全形”現る

    アニメ・コミック

     1970年代に一世を風靡した巨大ロボットアニメ『マジンガーZ』を、原作者・永井豪の画業50周年記念プロジェクトとして復活させた『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』のポスタービジュアルが解禁された。45年ぶりの復活を果たしたマジンガーZの全形がついに明らかとなった。@@cutter 本作は、国内のみならずアジア、ヨーロッパなど世界的にも人気を博す元祖搭乗型巨大ロボットアニメの最新作。主人公・兜甲児(CV:森久保祥太郎)が、Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類を救ってから10年。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた甲児は、富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する…。  今回解禁となったポスタービジュアルに映るのは、倒壊した建物と思われるがれきの中腹に立つマジンガーZの姿。片手には、熾烈な戦いを繰り広げたとおぼしき機械獣の頭部を持つ。復活したマジンガーZの姿は従来と比べて、シェイプされたボディラインと動きのリアリティを増した関節周りの造形が特徴で、より躍動的な印象だ。  また、日本に先立ち、世界最大規模のアニメ映画祭として名高い「アヌシー国際アニメーション映画祭」の開催地でもあるフランスや、「ローマ国際映画祭」の開催地であるイタリアなど海外での先行公開が決定。さらに、通常の上映形態に加えて、臨場感溢れる「4DX(R)」「MX4D(TM)」「D‐BOX」上映を行うことも発表となった。  映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日より全国公開。

  • TVアニメ『3月のライオン』第2期、10月より全22話で放送スタート!

    TVアニメ『3月のライオン』第2期、10月より全22話で放送スタート!

    アニメ・コミック

     テレビアニメ『3月のライオン』の第2シリーズが、2017年10月14日よりNHK総合テレビにて全22話で放送開始となることが決定。併せて、第2シリーズのキービジュアルも解禁となった。@@cutter 映画化・アニメ化もされた名作漫画『ハチミツとクローバー』で知られる羽海野チカが、「ヤングアニマル」(白泉社)にて連載している同名漫画を基にする本作は、高校生のプロ将棋棋士・桐山零と、あかり、ひなた、モモの川本3姉妹らが織りなす人間模様を描く。  アニメの第1シーズンは2016年10月よりNHK総合テレビにて放送。原作者の羽海野が熱望した新房昭之監督とアニメーション制作・シャフトのタッグによって紡がれた、繊細かつ丁寧な心情描写や原作の世界観を再現したアニメーションが話題を呼んだ。2017年3月・4月には、主演・神木隆之介、監督・大友啓史による実写版映画(前編・後編)も公開されている。  いよいよ放送が決定したアニメの第2シリーズでは、零が成長していく姿や、いじめ問題についてなど、あらゆるテーマが包括的に展開されていくとのこと。解禁されたキービジュアルでは、川本3姉妹の祖父・相米二が営む和菓子店・三日月堂の前で、零、あかり、ひなた、モモ、零のライバルである二海堂晴信、二階堂の兄弟子・島田開、零が通う高校の教師・林田高志、零の先輩・野口英作が、それぞれ印象的な表情を見せている。  また、9月3日には、埼玉の狭山市市民会館にて、アニメのスペシャルイベントを開催。同イベントには、川本3姉妹の声優を務めている茅野愛衣(あかり役)、花澤香菜(ひなた役)、久野美咲(モモ役)が登壇する。  第2シリーズは、2017年10月14日よりNHK総合テレビにて全22話で放送。

  • 映画『劇場版マジンガーZ(仮題)』

    『劇場版マジンガーZ』、上坂すみれ、花江夏樹、高木渉ら追加キャスト発表

    アニメ・コミック

     搭乗型巨大ロボットアニメの元祖である『マジンガーZ』が、45年の時を経て復活する映画『劇場版マジンガーZ(仮題)』。本作で物語を彩る個性豊かなキャラクターたちに声を吹き込む声優陣として、上坂すみれ、花江夏樹、高木渉らが出演していることが新たに明らかになり、キャラクター特別映像も併せて解禁となった。@@cutter 悪の科学者Dr.ヘルが率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類が、兜甲児が操るスーパーロボットのマジンガーZや、光子力研究所の仲間の手によって悪の野望を阻止し、平和を取り戻してから10年後の世界を描く本作。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた甲児は、富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける中、甲児は未来へ向かってどんな決断を下すのか…。  解禁となったキャラクター特別映像では、セリフや各キャラクターの劇中シーンが映し出され、順をおってキャラクターを演じる声優陣が紹介される。前線を退いて研究者となった甲児の声優を森久保祥太郎が、新しい光子力研究所所長でもあるヒロインの弓さやか役を茅野愛衣が務めることは既に発表されているが、今回新たに、物語の鍵を握る謎の美少女・リサ役を上坂すみれが、甲児の実弟にして若き天才パイロットとして活躍する兜シロー役を花江夏樹が務めることが発表。    甲児の戦友たちに声を吹き込む声優陣も豪華な顔ぶれとなった。頼れる兄貴のボス役は高木渉、ボスの子分その1・ムチャ役は山口勝平、ボスの子分その2・ヌケ役は菊池正美が担当する。また、かつては光子力研究所所長を務め、現在は確固たるリーダーシップで日本を率いる弓さやかの父・弓首相には森田順平が声を当てる。そして、超スローな科学者・のっそり博士役は島田敏、研究大好きな科学者・せわし博士役は塩屋浩三、世界征服を目論む悪の天才科学者Dr.ヘル役は石塚運昇が務めることとなった。  映画『劇場版マジンガーZ(仮題)』は2018年1月13日全国公開。

  • タツノコプロ55周年記念アニメ『Infini‐T Force』界堂笑(CV:茅野愛衣)

    タツノコ新作『Infini‐T Force』、芽野愛衣、花澤香菜ら出演決定!

    アニメ・コミック

     日本でアニメーションが誕生してから100周年を迎える今年。歴史の礎を築いてきたタツノコプロの創立55周年を記念したアニメ『Infini‐T Force』の放送が話題を集めている。そして、本作の追加キャストが発表され、芽野愛衣、斧アツシ、安元洋貴、平川大輔、花澤香菜ら豪華キャスト陣の出演が決定した。@@cutter アニメ『Infini‐T Force』は、タツノコプロが手がける『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』が集結したオリジナル作品。ガッチャマン(G‐1号)/鷲尾健役に関智一、テッカマン/南城二役に櫻井孝宏、ポリマー/鎧武士役に鈴村健一、キャシャーン/東鉄也役に斉藤壮馬の出演が発表されていた。  今回発表された追加キャストの一人、現代の渋谷に暮らす女子高生のヒロイン・界堂笑役の芽野は、タツノコプロの創立55周年を記念した作品でもあることから「このような記念作品に出演できることを光栄に思います!」とコメント。「ヒーローたちを愛するすべての方々の期待を裏切らないよう、しっかりと笑を演じていきたいです」と意気込みを語っている。  このほか敵キャラとして、3メートルを超える巨漢で醜悪な怪物のような姿をしたラシャ・カーン役に安元。ビジュアル系のような派手なファッションに身を包み、外国語交じりの特徴的な言葉で話すダミアン・グレイ役に平川。非常に高い戦闘力と美貌を兼ね備えたベル・リン役に花澤。全世界で起こる異変の裏で暗躍する謎の男・Z役に斧の出演が決定した。  アニメ『Infini‐T Force』は、10月より日本テレビほかにて放送スタート。

  • 森久保祥太郎『劇場版マジンガーZ』主役に決定!“若者代表”という言葉に「ドキッ」

    森久保祥太郎『劇場版マジンガーZ』主役に決定!“若者代表”という言葉に「ドキッ」

    アニメ・コミック

     永井豪原作のアニメーション映画『劇場版マジンガーZ』(仮題)の起動記念イベントが26日、東京ビッグサイトで開催された「Anime Japan2017」で行われ、声優の森久保祥太郎、茅野愛衣が登壇。主役の兜甲児を森久保、ヒロイン・さやかを茅野が演じることが発表された。@@cutter 1972年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された漫画を原作に、乗り込み型スーパーロボット・マジンガーZを操る兜甲児と悪の組織との戦いを描く。監督は、『ONE PIECE エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜』の志水淳児が務める。  オーディションを経て役を得たという森久保は「歴史もあって、幅広い方に愛されている作品。不安やプレッシャーが大きい」と告白しつつ、「今までの声優キャリアをかけてバシッと演じたい」と熱く意気込んだ。茅野は「プンプンと怒ったりするのがかわいい」とさやかの印象を語り、「健気なところをしっかりと見ていきたい。恋の行方も気になる」と女性目線で見どころを語っていた。  また会場ではどこよりも早く超特報映像が解禁された。闇に浮かぶマジンガーZの各パーツを舐めるようにカメラが流れ、“ロボットアニメの原点にして頂点”“それは、神にも悪魔にもなれる”というキャッチコビーの中、足や拳、ブレストファイヤーと思われるパーツがお目見え。さらにはパイルダー、マジンガーZの顔も瞬間的に映し出された。  今年画業50周年を迎えた永井からビデオメッセージも届けられた。永井が「世界のみなさんにもお届けします」と言うように、日本に先駆けての世界先行公開が決定。「兜甲児は永遠の若者代表。さやかはヒロインの代表。今の時代の兜とさやかを演じていただけたら」と声優陣へのエールも語られており、これには二人も「うれしい!」と大感激。森久保は「どちらかと言うと昭和の若者なので、若者代表という言葉にドキッとした」と苦笑いをし、会場を笑わせていた。

  • アニメ『3月のライオン』第2弾キ-ビジュアル解禁!

    『3月のライオン』第2弾ビジュアル解禁!棋士たちの戦う姿が初公開

    アニメ・コミック

     漫画家羽海野チカの大人気漫画を原作としたアニメ『3月のライオン』(10月よりNHK総合テレビにて放送開始)で、第2弾キービジュアルが解禁され、将棋界を舞台にしたイメージが公開された。またこのイメージは、4日から西武ギャラリーにて開催している「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」においても公開されている。@@cutter 本作は、幼い頃に事故で家族を失い、心に深い孤独を負う17歳のプロ将棋の棋士・桐山零の棋士としての活躍とともに、東京の下町に一人で暮らす彼が、あかり・ひなた・モモという3姉妹と出会い、少しずつ変わり始めていく様を描いたストーリー。2017年春には大友啓史監督、神木隆之介が主演の2部作での実写映画化が決定している。  監督は『化物語』シリーズや『魔法少女まどか☆マギカ』などを手掛けた新房昭之が担当。キャストには桐山零役に河西健吾、川本あかり役に茅野愛衣、川本ひなた役に花澤香菜、川本モモ役に久野美咲らが決定している。  展示会の会場で展示される第2弾キービジュアルは、前回公開された第1弾ビジュアルとは対照的に、アニメビジュアル初公開となる棋士たちで構成された「戦い」という側面に焦点をあてたビジュアルとなっている。  また展示会では、羽海野氏の長編デビュー作にしてテレビアニメ化、実写映画化もされた大ヒット漫画『ハチミツとクローバー』と『3月のライオン』の原画を主に、愛猫・ブンちゃんのイラストや「月刊MOE」に掲載された作品、テレビアニメ『3月のライオン』のキャラクター設定画やキャスト&スタッフのメッセージ色紙など、150点以上が飾られている。  展示会「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」は8月4日より17日まで西武ギャラリー(西武池袋本店別館2F)にて開催。

  • 『虹色デイズ』メインキャスト発表

    『虹色デイズ』アニメ化決定!松岡禎丞・江口拓也・島崎信長らメインキャスト発表

    アニメ・コミック

     「別冊マーガレット」(集英社)で連載中の、水野美波原作の『虹色デイズ』がTVアニメ化されることが決定し、松岡禎丞、江口拓也、島崎信長、内山昴輝らメインキャストが発表された。発表となったキャストたちは、原作の単行本7巻の特別版で同梱されていたドラマCDと同キャストを起用しており、アニメ化を待ち続けていた原作ファンにとっては嬉しいサプライズといえよう。@@cutter 主人公の羽柴夏樹役は松岡、松永智也役は江口、片倉恵一役は島崎、直江剛役は内山が演じる。さらに、ヒロインの小早川杏奈役に津田美波、筒井まり役に内山夕実、浅井幸子役に石上静香、松永希美役に茅野愛衣が決定した。また、制作スタジオはプロダクションリード、総監督をアミノテツロー、監督を大久保富彦、シリーズ構成を伊丹あきが担当することもわかった。  夢みがちな妄想男子である夏樹を演じる松岡は、「みなさまの心にキュンキュンくるようなお芝居を心がけて、僕も夏樹くんを精一杯表現できたらいいなと思っています!」と意気込みを語った。  一方、智也役の江口は「アニメではどんな物語の描き方になるのか、いちファンとしてとても楽しみ。放送の際はぜひ一緒に『虹色デイズ』の世界を楽しんでいただけたら嬉しいです!」とコメント。恵一役の島崎は「素敵な原作をアニメ化する意義のある作品に出来るように、僕も全力で恵一役としてがんばっていきますので、どうか皆さま『虹色デイズ』アニメよろしくお願いいたします!」とメッセージを贈った。  さらに、アニメ化発表に際して、8月11日発売の「別冊マーガレット」9月号では制作陣のコメントやキャストの別コメントも掲載されている。また、9月12日発売の10月号では、男性キャスト4人のインタビューを収録したDVDが付録としてついてくるので、こちらもチェックしたい。

  • 『ARIA The AVVENIRE』メインビジュアル

    『ARIA』完全新作アニメ、本予告解禁 中原麻衣&茅野愛衣が新キャラクター声優に

    アニメ・コミック

     人気TVアニメ『ARIA』10周年を記念する、完全新作『ARIA The AVVENIRE』の本予告編が解禁。さらに、先日発表された新キャラクターのキャストとして、中原麻衣(あずさ役)と茅野愛衣(アーニャ役)の出演が明らかとなった。@@cutter 『ARIA』は、水の惑星・アクアの観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、街をゴンドラで案内する花形職業“ウンディーネ”を目指す少女たちと、人々の交流を描いた未来形ヒーリングコミック。05年よりTVアニメ3シーズンとOVA1作品を発表し、アニメーション作品としても多くのファンを獲得した。  今回公開された本予告では、お馴染みのキャラクターたちに加えて、「姫屋」のあずさ・B・マクラーレンと「オレンジぷらねっと」のアーニャ・ドストエフスカヤら新キャラクターも登場。同時解禁となった西沢幸奏による主題歌「ピアチェーレ」が、美しい世界観をより引き立てる。  あずさ役として発表された中原は、実はTVアニメ2期に一度だけ出演済み。「てっきり前回演じさせていただいた子が出てくるんだと思っていました。そのつもりで台本を読んでいたので、途中から“アレアレ?なんか違うぞ”って。あ!新キャラだ!って気付いてびっくりしました」と、演じるキャラクターに驚いたことを振り返る。  またアーニャ役の茅野は、「声優を志したきっかけは『ARIA』シリーズ」であることは有名な話。新キャラクターとしての出演について「大好きな作品なので、出演出来ることを聞いた時は本当に驚きました!アフレコの前日は楽しみすぎてなかなか眠れず、子供みたいにワクワクしてました(笑)」と、その喜びを明かした。  『ARIA The AVVENIRE』は9月26日より公開。12月24日より1stシーズン、2ndシーズン、3rdシーズンのブルーレイBOXも順次発売予定。詳細は公式サイトまで。

  • 『アクエリオンロゴス』 7月放送スタート

    <アニメジャパン>『アクエリオン』10周年で新発表続々!アニメ第3期、初舞台化…

    アニメ・コミック

     21日、東京ビッグサイトにて開催されたAnimeJapan 2015内の「アクエリオン10周年“超気持ちいぃ~”ステージ」にて、寺島拓篤、梶裕貴ら『アクエリオン』シリーズ第1期、2期のキャストが登壇。イベントでは本作の10周年記念にふさわしく、シリーズ第3期となる新作TVアニメ『アクエリオンロゴス』の放送決定が発表されたほか、3期の主人公となる島崎信長ほか新規キャストもサプライズ登場した。@@cutter 10周年を迎えた同シリーズは、河森正治が生み出したオリジナルSFロボット作品。「合体」を通じ、人とその関係性を探求することをコンセプトとしており、放送当時から話題を呼んだ。  今回、サプライズ登場した島崎は7月から放送スタートを予定する第3期『アクエリオンロゴス』の主人公・灰吹陽を演じる。また島崎以外にも佐倉綾音、安達勇人が登壇。第3期のキャストとして出演することが明らかとなった。また本作では、舞台を現代に移し、“文字”をテーマに“創声合体”を繰り広げ、これまでとはまったく違う『アクエリオン』を描くという。  イベントでは初代主人公・アポロを演じた寺島が10年を振り返り、「『アクエリオン』が声優のスタートに近い」と感慨深い様子で語る。また、新たに主人公を務める島崎に「楽しみにしているので頑張って」とエールを贈った。  さらに、同イベントではシリーズ初の舞台『ひと夏のアクエリオン』(7月公演予定)の公演も発表。ロボットの登場しない内容になるとのことで、1万2000年前の堕天使と人間の魂が、高校演劇部の部員たちに乗り移り、笑いあり・アクションあり・ドタバタありで展開する外伝的ストーリーになる。  発表は更に続き、第1期&2期キャラクターが勢ぞろいの新作OVA『創勢のアクエリオンEVOL』の制作決定をはじめ、10周年記念イベント「合体祭~渋公で叫べ“気持ちいぃ~”」(6月28日)、「『アクエリオンEVOL』禁断合体ブルーレイBOX」(6月24日発売)など、アニバーサリーイヤーに相応しい新情報が次々に発表され、会場では大きな歓声が上がった。  同イベントでは、そのほか第1期キャストのかかずゆみ、杉田智和、森川智之。第2期キャストの茅野愛衣、内山昂輝。第3期監督の佐藤英一、主題歌のMay’n。シリーズ原作の河森正治が登壇した。

  • 「AnimeJapan 2015」会場限定特典付き前売券で付いてくるポスタービジュアル

    『心が叫びたがってるんだ。』公開日決定!  「AJ」限定前売券も発売

    アニメ・コミック

     77万人を動員し、日本中が涙した大ヒット作『劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが贈る、新たな劇場版オリジナルアニメ『心が叫びたがってるんだ。』(略称:ここさけ)の公開日が、9月19日に決定。劇場に先駆け、今月開催の「AnimeJapan 2015」にて、会場限定特典付き前売券が先行発売される。@@cutter 『ここさけ』は、監督・長井龍雪、脚本・岡田麿里、キャラクターデザイン・田中将賀が再びタッグを組み、秩父を舞台に描く「青春群像劇」第2弾の劇場版オリジナルアニメーション。心の傷、葛藤、切なさなど、人間本来の姿に真正面から向き合い、人と人との絆を描く感動作だ。  1月22日にフジテレビ「ノイタミナ」にて、ベートーヴェンの「悲愴」と共にキービジュアルが公開され話題を呼んでいたが、ついに公開日が9月19日に決定となった。公開日決定に併せ、桜を持つ主人公の少女が描かれたオリジナルB2ポスターを特典とした前売券(1500円)が、「AnimeJapan 2015」アニプレックスブースにて会場限定で発売。  また、「AnimeJapan 2015」に合わせて、3月17日~4月1日の期間で、会場を結ぶ埼京線・りんかい線1編成の全車両をジャックし、車両内部を『ここさけ』ビジュアルで埋め尽くす予定。さらに、「AnimeJapan 2015」で開催される『ここさけ』スペシャルステージでは、当日発表のメインキャストの登壇や、謎に包まれていたストーリーやキャラクターも明かされる。

  • 『俺物語!!』記者会見に登場した島崎信長、潘めぐみ、江口拓也

    江口拓也、島崎信長からの“深夜のLINE”を暴露 青春顔負けエピソードに赤面

    アニメ・コミック

     「別冊マーガレット」(集英社)で連載中の『俺物語!!』が、日本テレビにて4月よりTVアニメ放送開始となる。それに先がけ20日、メインキャストである江口拓也(剛田猛男役)、潘めぐみ(大和凛子役)、島崎信長(砂川誠役)を含む8人の声優陣が記者会見に登場し、本作にかける意気込みやエピソードを語った。@@cutter 『俺物語!!』は高校1年生の剛田猛男を取り巻く恋愛を描いたストーリー。身長2m、体重120kg(いずれも推定)の剛田は、幼なじみのイケメン・砂川誠とある朝、通学電車で女子高生・大和凛子を痴漢から救う。猛男は大和に一目惚れするが…。コミックスは現在7巻まで刊行され、累計発行部数は300万部を突破している。  人気作の主演にあたり、江口は「想像とは違うけれど正解、というものに近づけるように頑張りたいです」と意気込みを語る。潘は「大和は純朴。女の子らしいかわいさがあり、お菓子作りも得意。恋に一途で、私のなかでは最強女子」と自身が演じる大和を絶賛。イケメンの砂川を演じる島崎は、「(砂川は)内面がびっくりするくらいいい奴。嫌みがなく、心のなかまで真のイケメン。視聴者に“砂川と友達になりたい”と思ってもらえるものを見せたい」と抱負を語った。  プライベートで島崎と仲の良い江口は「(島崎から)深夜2時に急にLINEがきて、“この俺物語、最高の作品にしたいと思っている”と熱い長文が届いた」と青春顔負けのエピソードを暴露。島崎は恥ずかしそうにしながら「でもちゃんと返事をくれるんですよ」と仲の良さをアピールした。背の高い二人について潘は「(収録では)いつも見上げているんです。見上げながら、うち、頑張ります」と大和の言葉を使って本作をアピールした。    TVアニメ『俺物語!!』は4月より日本テレビ他にて放送スタート。

  • アニメ『食戟のソーマ』 4月よりMBS、TBS、CBC、BS‐TBS、『アニメイズム』枠にて放送開始

    『食戟のソーマ』追加キャストに茅野愛衣、内田真礼 4月よりTBS他でアニメ放送開始

    アニメ・コミック

     TVアニメ『食戟のソーマ』が4月よりMBS、TBS、CBC、BS‐TBS、「アニメイズム」枠にて放送が決定した。また今回、13キャラクター勢揃いのビジュアルと、茅野愛衣、内田真礼らが追加キャストとして出演することも明らかとなった。@@cutter 『食戟のソーマ』は、日本屈指の料理学校「遠月茶寮料理學園」を舞台に繰り広げられる料理マンガ。卒業到達率10%以下の超絶エリート校の中で、主人公・幸平創真(松岡禎丞)が、最高峰の料理人を目指すライバルたちと共に料理対決を展開していく。  主演の松岡禎丞を始め、これまで薙切えりな役に種田梨沙、田所恵役に高橋未奈美、水戸郁魅役に石上静香、タクミ・アルディーニ役に花江夏樹、イサミ・アルディーニ役に小野友樹、新戸緋沙子役に大西沙織、一色慧役に櫻井孝宏の出演が発表されていたが、今回追加キャスト第2弾も発表。  新たなキャストで名を連ねたのは、榊涼子役の茅野愛衣、吉野悠姫役の内田真礼、伊武崎峻役の村田太志、丸井善二役の小林裕介。リニューアルされた公式サイトでも、今回の追加キャスト陣がクレジットされており、4月からの放送に向けて今後明かされる新情報に期待が高まる。

  • 人気声優・茅野愛衣、大沢事務所への所属が判明

    『あの花』茅野愛衣、花澤香奈らの大沢事務所へ 「大沢また強くなった」とネットの声

    アニメ・コミック

     『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(めんま/本間芽衣子)などで知られる女性声優・茅野愛衣が、花澤香菜や日高里菜らが所属する「大沢事務所」へ移籍したことが明らかになり、同事務所公式サイトにて茅野のプロフィールページが公開された。@@cutter 茅野は2014年9月30日付けで、それまで所属していた「プロ・フィット」を退所。ブログやツイッターなどの利用がなかったため、退所時に彼女の動向がどうなるか大きな話題を呼んでいた。  新たに所属となった「大沢事務所」には、花澤や日高のほか、井口裕香、種田梨沙、川澄綾子、能登麻美子といった人気声優らが所属しており、ネット上では「茅野さん大沢移籍!?おめでとうございます」「またしても大沢が強くなったな」といった声が挙がっている。

  • 「あの花」チーム、 秩父を舞台にした新プロジェクトは『心が叫びたがってるんだ。』

    『あの花』チーム、新作劇場アニメのタイトルは『心が叫びたがってるんだ。』

    アニメ・コミック

     興行収入10億円突破、興行収入ランキング7週連続トップ10入りを果たした、大ヒットアニメ『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(以下、あの花)の新プロジェクトが始動。『あの花』に続き、秩父を舞台にした「青春群像劇」第2弾の劇場版完全新作オリジナルアニメのタイトルが『心が叫びたがってるんだ。』に決定した。@@cutter タイトル発表の舞台となったのは、12月2日・3日に開催された、秩父神社の例大祭「秩父夜祭」のクライマックス。300年以上の歴史を誇るこの由緒正しいお祭りでは、毎年12月3日に花火大会が行われているが、『あの花』も地元・秩父への感謝の気持ちを込め、毎年『あの花スターマイン』を打ち上げている。  今年も行われた恒例の『あの花スターマイン』の打ち上げで、口上を『あの花』のめんま(キャラクターボイス:茅野愛衣)が実施し、新作『心が叫びたがってるんだ。』のタイトルを明らかにした。全国から集まった8万人の来場者や多くの『あの花』ファンが見守る中、めんまから「たーまやー」と口上がうたわれ、花火が打ち上がると、会場からは、大きな歓声かあがった。  また、これまでの感謝の気持ちと、秩父を舞台にして描かれる『心が叫びたがってるんだ。』の新たなサポートの願いの気持ちを込めて、秩父に住む人々へ『あの花』チームよりお礼のメッセージが記されたスペシャルポートレートを贈ることも発表になった。12月4日の朝刊(読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、産経新聞、東京新聞、日経新聞、埼玉新聞予定)に折り込まれる形で、秩父地域の約3万9100世帯へ配布される他、数量限定で12月6日から西武秩父駅前の秩父観光情報館、道の駅ちちぶでも配布が決定している。  監督:長井龍雪、脚本は岡田麿里、キャラクターデザイン:田中将賀が、『とらドラ!』『あの花』に続き再びタッグを組む映画『心が叫びたがってるんだ。』(制作:A‐1 Pictures/配給:アニプレックス/製作:アニプレックス・フジテレビジョン)は2015年公開予定。

  • 人気声優・茅野愛衣、事務所を退所していたことが明らかに

    『あの花』めんま役の茅野愛衣 事務所退社 今後については不明

    アニメ・コミック

     大ヒットアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のヒロイン・本間芽衣子(めんま)役などで知られる人気声優・茅野愛衣が、9月30日付けで所属事務所「プロ・フィット」を退所していたことが明らかとなった。@@cutter プロ・フィットの公式サイトでは、「この度当社所属『茅野愛衣』が9月30日を持ちまして当社を離れる事となりました。これからも暖かく応援して頂ければ幸いです」と発表。  茅野は現在、ブログやツイッター等は利用しておらず、今後の展開は不明。茅野の事務所退所を受けて、ネット上では「かやのんに何があったんや…」という心配する声や、「どこで活動するとしても応援し続けることは決して変わらないけどね」といったエールなどを含めファンからの様々なメッセージが寄せられている。  初のヒロイン役に抜擢された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で一躍有名となり、その後も途切れることなく出演作品が続いていた茅野。今期のTVアニメでは『テラフォーマーズ』に出演しており、これからの動向に大きな注目が集まる。

  • 人気声優・細谷佳正が膝丸燈役に決定!

    TVアニメ『テラフォーマーズ』ボイスキャスト11名発表! 膝丸燈役は細谷佳正に決定

    アニメ・コミック

     今秋放送予定のTVアニメ『TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)』のキャストが発表され、膝丸燈役のボイスキャストに細谷佳正が決定した。小町小吉役(CV:木内秀信)、蛭間一郎(CV:杉田智和)はOVA版より続投となる。@@cutter  『TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)』は、原作:貴家悠、作画:橘賢一による「週刊ヤングジャンプ」(集英社)に連載中の人気漫画。火星で急速に進化したゴキブリと、それを駆除するため特殊な手術を施された人間との壮絶な戦いが描かれている。    OVAで描かれる「バグズ2号」の惨劇から20年後が舞台となるTVアニメ。「テラフォーマー」の攻撃をくぐりぬけた20年前の生存者、小町小吉を艦長としたクル―は、大型宇宙船「アネックス1号」に乗り、人類の存亡を懸けて、再び火星へと飛ぶ。     今回発表されたキャストは、 細谷、木内、杉田の3人を合わせて11名が明らかとなった。ちなみに、ニコニコ超会議3で行われた『テラフォーマーズ』キックオフイベントでMCを担当した声優・たかはし智秋は、三条加奈子役を担当する。 <TVアニメ「アネックス1号編」キャスト> ミッシェル・K・デイヴス:伊藤静 マルコス・エリングラッド・ガルシア:石川界人 アレックス・カンドリ・スチュワート:KENN シーラ・レヴィット:茅野愛衣 鬼塚慶次:小野大輔 三条加奈子:たかはし智秋 柳瀬川八恵子:豊崎愛生 源百合子:戸松遥 蛭間一郎:杉田智和

  • 主人公の恋人・ホセアキラ役の鈴木達央

    人気声優・鈴木達央、『攻殻機動隊ARISE』新キャラクター・ホセ役に決定!

    アニメ・コミック

     士郎正宗(原作)、黄瀬和哉(総監督・キャラクターデザイン)、冲方丁(シリーズ構成・脚本)ら、豪華スタッフが創り出すシリーズ最新作『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』。本作に登場する新キャラクター・ホセアキラ役に、TVアニメ『図書館戦争』『BLOOD‐C』『Free!』など、数々のヒット作に出演する人気声優・鈴木達央が決定した。@@cutter ホセは、本シリーズのヒロイン・草薙素子の恋人で、オーダーカスタム専門の義体技師として劇中に登場。素子の新たなる一面を引き出すキャラクターを演じる。    さらに新キャラクターとして、クザン共和国の国営水企業の代表・サイード博士役に久川綾、501機関がスカウトした新たなエージェント・エマ役に茅野愛衣、イシカワ役に新キャストとして咲野俊など、実力派が揃った。  鈴木は「素子が心を許す相手は限られているんですが、ホセは彼らの原点となる人物だったのかな」と、自身演じるホセの人物像を分析。恋人の素子については「『border:3』では普通の女の子っぽい表情が出て来ます。この先の無機質でクールな素子を知っているだけに、今回のような一面が見られるのは財産だと思います。(素子役の坂本)真綾さんと芝居をして最終的に思ったのは『素子はちゃんと花が似合う女性だったんだな』ということです」と語った。  ホセと逢瀬を交わす素子のもとに、バトーから爆弾テロの急報が届く。現場を制圧すると主犯の胸にテロリスト「スクラサス」のシンボルが刻まれていた。同じ頃、ダムで発生した爆発で刑事が死亡。所持品には“人魚の脚(MERMAID’S LEGS)”の名刺と“エアリアル”とタグのある義体の脚部が遺されていた。新浜県警のトグサが捜査をはじめると…。  『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』は6月28日より全国公開。

  • ドS王子と見栄っ張り女子のラブコメディー『オオカミ少女と黒王子』アニメ化

    『オオカミ少女と黒王子』TVアニメ化決定! ドS王子役は櫻井孝宏に

    アニメ・コミック

     「別冊マーガレット」(集英社)にて連載中の人気コミック『オオカミ少女と黒王子』のTVアニメ化が決定した。@@cutter 『オオカミ少女と黒王子』は、八田鮎子が描く累計240万部突破のラブコメディー。ドS王子・佐田恭也役は櫻井孝宏、見栄っ張り女子・篠原エリカ役は伊藤かな恵が演じる。    また、櫻井、伊藤のほか、茅野愛衣、伊瀬茉莉也、小松未可子、島崎信長、細谷佳正、村瀬歩の出演も決定している。    見栄っ張りな女の子エリカは、友達相手に彼氏とのラブラブ話を語るが、実は彼強いない歴16年。嘘も限界と思ったそのとき、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏だと自慢したものの、その彼は同じ学校に通う佐田恭也だった。エリカは佐田に事情を打ち明け彼氏のフリをしてもらうことを承諾してもらったが、佐田は超腹黒ドS男子で、弱みを握られてしまう…。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access