橋本環奈 関連記事

  • 映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』で主演を務める平野紫耀、ヒロイン役の橋本環奈

    平野紫耀主演×ヒロインに橋本環奈『かぐや様は告らせたい』映画化決定

    映画

     赤坂アカのコミック『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の実写映画化が決定し、主演にKing & Princeの平野紫耀、ヒロインに女優の橋本環奈を迎えることが発表された。2人は初共演となる。@@cutter 本作は、両思いの天才2人が互いに相手に“告らせたい”一心で超高度な恋愛頭脳戦を繰り広げるラブコメディ。「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2015年6月より連載中の原作漫画は、単行本の累計部数450万部を突破。現在、毎日放送、TOKYO MXほかでアニメも放送中だ。  平野が演じるのは、主人公の天才生徒会長・白銀御行(しろがね・みゆき)。副会長の四宮かぐやのことが好きでいながらも、プライドが邪魔をし、全国トップレベルの学力を持つ頭脳を「いかにしてかぐやに告らせるか」を考えるために使いまくる。  一方、橋本が演じるヒロインの四宮かぐやは、大財閥の令嬢で、文武両道の美少女。生徒会副会長として白銀を支えつつも、「会長に告らせたい」と用意周到に白銀を告白へと仕向けようとする。  監督は『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』の河合勇人。脚本はドラマ『グッド・ドクター』を担当した徳永友一が務める。  主演の平野は、自身の役どころについて「天才という役柄ですが、僕自身はメンバーやファンの方々からよく天然と言われることが多いので、自分で大丈夫なのかなという不安があります(笑)が、これから監督さんやスタッフさんと相談しながら、天才とはどのような感じか、細かい仕草などを勉強して撮影に挑みたいと思います」とコメント。共演の橋本については「自分と同じハスキーボイスだったので、勝手に親近感を覚えていました(笑)」と話している。  橋本は「四宮かぐやは、上品であり、まじめで冷静な天才という役柄です。仕草や行動が天才に映るようがんばりたいと思います」とした上で、主演の平野について「テレビで拝見する限り、ある意味『天才』、そして素晴らしい『逸材』だと思っていました。天才は少し変わっているので、色んな意味で平野さんみたいな方はいないと思っていましたし、ピッタリだと思います」と語る。  2人とも自身は“告らせたい”派よりも“告りたい”派とのことで、それぞれ原作を読み込んで役作りを研究したいと語っている。  映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』は9月6日より全国公開。

  • 『1ページの恋』第1話より

    橋本環奈の“キャバ嬢”姿に反響「一晩でNo.1」 『1ページの恋』初回

    エンタメ

     女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を務める『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の初回が18日に放送され、ヒロイン役の橋本が劇中でキャバ嬢姿を披露し、泥酔した姿を見せると、視聴者から「圧倒的天使」「バカ可愛い」の声がネット上に寄せられた。@@cutter 本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の男性・星野有利(古川雄輝)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ。  17歳の冬、あかりは宇木島で出会った郁巳に初めての恋心を覚える。2人は、4年に1度訪れるというセレネ座流星群を見ながらお互いの気持ちを確かめ合いながら、4年後の再会を約束していた。4年後、宇木島を再訪したあかりだったが郁巳との再会は叶わず、そこで“彼女は作らない主義”という有利と出会う。東京に戻ったあかりは就職活動に励むが自分が何をしたいのか分からない。そんな悩みを抱える中、街角で偶然にも郁巳と再会する。  あかりに気づいた郁巳はその場を走り去ってしまう。あかりは郁巳が入っていった店の中へ自分も入ろうとするものの、スーツ姿の男に阻まれる。そんなあかりの目に飛び込んできたのは“体験入店大募集”の貼り紙。郁巳と話したいあかりは、体験入店希望の女性として、その店内に入ることに成功する。キャバクラのボーイとして働いていた郁巳は、ピンクと赤のドレスに身を包んだあかりを見て驚きの表情に。ネット上ではあかりを演じる橋本のキャバ嬢姿に「圧倒的天使すぎて」「橋本環奈がキャバ嬢になったら一晩でNo.1です」「ただただかわいい」などのコメントが殺到。  その後、客から勧められるままに酒を飲んだあかりは泥酔。ほかのキャバ嬢に介抱される彼女が郁巳を見つけると、陽気に笑いながら「あぁ〜郁巳君だぁ〜!」と一言。橋本の酔っ払い演技に視聴者からは「満面の笑顔がバカ可愛い」「酔っ払いキャバ嬢橋本環奈さまかわいい」などの声も寄せられた。

  • ポニーテール姿を披露した橋本環奈

    橋本環奈、かわいい“ポニテ”ショットにファンもん絶「天使すぎる」

    エンタメ

     女優の橋本環奈が18日、インスタグラムにおいて、キュートなポニーテル姿を撮影したショットを公開。ファンの間で大きな話題となっている。@@cutter マネージャーが運営する同アカウント。「AbemaTV『1ページの恋』は今夜放送スタートです!是非ご覧下さい」というメッセージとともに投稿されたのは、髪をポニーテールに結い、はにかみながらスケッチブックをのぞき込む橋本のオフショット。ドラマでは絵をかくことが大好きな役柄を演じることから、スケッチブックと鉛筆を持っているのだろう。白いニットと同系色のスヌードを身に着けた彼女は「かわいい」という一言では表せないほどの透明感を発している。  ドラマ『1ページの恋』は、橋本が初めて連続ドラマの主演を務める作品。「圧倒的、純愛」というキャッチフレーズを掲げたラブストーリー。前夜18日夜23時よりAbemaTVにて配信された。  コメント欄には「めちゃめちゃ可愛いな」「高いポニーテールも可愛すぎ」「なんでそんなに天使なんですか」「透明感やばい」といった絶賛が殺到。そのほかにも配信スタートのドラマに対し「絶対視ます」「やっとスタートですね」「本当に楽しみです」など、エールを送るファンが多数見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/kannahashimoto.mg/

  • 橋本環奈

    橋本環奈「産毛ちゃんです」 デコ出しショットに「いいね!」殺到

    エンタメ

     女優の橋本環奈が14日にツイッターを更新し、「産毛ちゃんです」と一言添えて、額を全開にした姿を投稿。額に見える“産毛ちゃん”に「かわいい!」とファンが歓喜した。@@cutter 橋本が投稿した写真は4枚。正面から捉え、ツヤツヤ肌がまるで子どものような1枚から、眉間にシワを寄せたしかめ面の表情まで、さまざまな顔を見せた。  この投稿には、ひと晩で19万を超える「いいね!」が殺到。「かわいい!」「天使」「女神」などの反響が寄せられた。  橋本は2月3日に20歳の誕生日を迎え、自身がプロデュースした4年ぶりのセカンド写真集『NATUREL』が発売中だ。 引用:https://twitter.com/H_KANNA_0203

  • (左から)橋本環奈、若月佑美

    橋本環奈の写真集に若月佑美が“ニヤニヤ” ファン「こんな一面があったとは!!」

    エンタメ

     女優の橋本環奈が12日、自身のツイッターに女優・若月佑美の写真を投稿。若月が橋本の写真集を眺める姿にファンからは「かわいい」「若様にこんな一面があったとは!!」「仲良し」などのコメントが寄せられた。@@cutter 「目の前でニヤニヤしながら若が私の写真集見てくれてる。嬉しい以外の何物でもない。。若月佑美様ありがとう。。」というコメントと共に投稿されたのは、若月が2月3日に発売された橋本の4年ぶりの写真集『NATUREL』を眺めている様子を収めた写真。写真にはトレーナー姿の若月が笑顔を浮かべ、写真集のページをめくっている姿が収められている。  2018年放送のドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でスケバンコンビを演じた橋本と若月。プライベートでの仲の良さが伺えるこの投稿に、ファンからは「かわいい」「若様にこんな一面があったとは!!」「仲良い2人に私がニヤニヤします」「仲良しいいですね」などのコメントが寄せられた。 引用:https://twitter.com/H_KANNA_0203

  • 橋本環奈、二十歳の誕生日会見にて

    橋本環奈の“鼻ほじ”を再現! 『銀魂』作者の誕生日祝いに「さすが」の声

    エンタメ

     女優の橋本環奈が8日、自身のツイッターで、『銀魂』作者・空知英秋から誕生日プレゼントとして贈られた似顔絵を披露した。映画版さながらの“鼻ホジ”を見せるイラストの橋本に、ファンからは「空知…いい仕事すんじゃねぇか…!!」「さすが空知先生!!」「最高ですね」などのコメントが寄せられた。@@cutter 2月3日に20歳を迎えた橋本。8日に「空知先生ありがとうございます」というコメントとともに投稿したのは、空知から贈られた色紙を掲げての写真。色紙には「Happy Birthday 20th」のメッセージとともに、映画『銀魂』で神楽を演じた橋本が見せた“鼻ほじ”をモチーフにしたイラストが描かれ、空知のサインとともに“橋本神楽へ”のメッセージが添えられている。  この投稿にファンからは「空知…いい仕事すんじゃねぇか…!!」「鼻くそほじくる神楽風ギャグセンスのとこは忘れない流石空知先生」「空知先生直々に橋本神楽の称号を!最高ですね」などのコメントが寄せられていた。 引用:https://twitter.com/H_KANNA_0203

  • (左から)橋本環奈、若月佑美

    橋本環奈&若月佑美 『今日俺』コンビにファン「またスケバンやって」の声

    エンタメ

     元乃木坂46の若月佑美が3日、自身のインスタグラムに女優の橋本環奈と撮影した2ショットを掲載。昨年のドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で共演した二人のキュートなショットがファンからの大きな反響を呼んでいる。@@cutter 「京子さぁぁあん!!!お誕生日おめでとうございます!!20歳の京子さんも本気マブいっす。一生ついていきますから!!」というコメントとともに投稿されたのは、若月と橋本がいちごを持ってポーズをとるという、かわいすぎる2ショット。  続いて、若月は「ということで、イチゴ狩りに一緒に行ったのはかんちゃん(橋本環奈ちゃん)でした お誕生日本当におめでとうーっ」と祝福。同時に「#安心してください#スケバン2人組ですが#狩ったのは#いちごです」というお茶目なタグも添えられた。  ドラマ『今日から俺は!!』にて、若月演じる川崎朋美は、橋本演じる早川京子を慕っているスケバンという役柄。それを彷彿とさせるメッセージを若月が寄せたことで、ドラマファンが大いに歓喜する様子が各SNSで見受けられている。  投稿に対し、ファンからは「可愛すぎて泣けます」という称賛が殺到。また、数日前に「この間、とある人といちご狩りに行ってきました」と匂わせた若月に対し、「相手は環奈ちゃんだったのか!!笑」と驚く声や「また2人のスケバン見たい」「『今日俺』またやって欲しいっ!!」と、ドラマの復活を願うコメントが多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/yumi_wakatsuki_official/

  • 橋本環奈、二十歳の誕生日会見にて

    橋本環奈、金屏風の前で“20歳”会見「責任のある言動をしたい」

    エンタメ

     女優の橋本環奈が3日、都内のホテルで「誕生日二十歳の会見」を開催。艶やかな振り袖姿で登場し、特大のバースデーケーキのロウソク20本を吹き消すなどのセレモニーを行った。@@cutter この日、20歳になったばかりの橋本は黒・赤・白と大人っぽい配色の晴れ着姿で報道陣に挨拶。20歳になる瞬間は両親をはじめ、兄、双子の兄、事務所のスタッフらと迎え、解禁となったアルコールで祝杯をあげたという。初めて飲んだお酒はなんと「ドンペリ」で、それには記者陣も驚き。「よく見ているすごいやつという感じ。高いだろうなと思っても味が分からない人が飲んでいるという…。美味しいのか美味しくないのかもわからなかった」と苦笑いで感想を述べた。  20歳となったが「感覚は19歳と変わらない」と素直な心境を吐露。「だからこそ自分自身で20歳の自覚を持とうと思う。責任のある言動をしたい。そういう自覚を持ちたい」といい、「これからも女優として色んな役に真摯に向き合いたい」と飛躍を誓う。20歳でやってみたいことは「スカイダイビング」。「いままではお父さんとお母さんとお酒を飲みたいと思っていたけど叶えることができたので、今度はそれかな」とほほ笑んだ。  20歳を迎えた著名人が「会見」を実施するのは昨今では非常に稀。さらに会見後は同じ会場でこれまでの共演者やスタッフらを招いてのお祝い会が催されるという。本人も「会見をやると聞いて、会見?って。映画の制作発表じゃないとこんな金屏風の前に立たない。わざわざありがとうございます」と何度も感謝していた。  また、同日は自身2冊目となる写真集「NATUREL(ナチュレル)」(講談社)が発売となった。製作期間はかなりタイトだったようだが「セルフプロデュースもして、写真セレクトもさせていただいた。自分の中で大切な作品。友達や家族しか見せない自然体な表情を意識した」といい、自己採点の点数を聞かれると「自信はあるので100点とさせてください」と胸を張ってアピールした。

  • 20歳の誕生日を迎えた橋本環奈

    橋本環奈が本日20歳に! 2019年も快進撃続く

    エンタメ

     女優の橋本環奈が本日3日、20歳の誕生日を迎えた。成人を迎えた今年も、映画にドラマに出演作が目白押しの彼女。活躍の1年となりそうだ。@@cutter 1999年2月3日、福岡県出身の橋本。2013年にアイドルグループ「Rev.from DVL」で活動中にファンが撮影した1枚の写真をきっかけに「千年に一人」「天使すぎる」とネットで大きな話題になった。その後、初主演映画『セーラー服と機関銃 −卒業−』(2015)、『ハルチカ』(2016)などに出演。2017年、グループが解散してからは、女優業に専念することになる。    昨年は、連続ドラマ『FINAL CUT』(カンテレ・フジテレビ系)、福田雄一監督がメガホンを取った映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』、同じく福田監督が脚本・演出を務めたドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)に出演。さらに女優としてだけではなく、バラエティー番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系/毎週木曜19時56分)「ゴチになります!」のレギュラーに。残念ながら、年末の放送で“クビ”になってしまったが、女優とは違った顔を見せ、新たなファンを獲得した。  20歳となる今年も、出演作が目白押しだ。すでに発表されているものだけで、現在公開中の映画『十二人の死にたい子どもたち』のほか、人気コミックを実写映画する『キングダム』(4月19日公開)も。連続ドラマ初主演となる『1ページの恋』(AbemaTV、2月18日スタート)ではラブストーリーに挑戦する。  さらに誕生日を迎える本日3日には、自身がプロデュースした4年ぶりのセカンド写真集『NATUREL』を発売。9日からは大阪、福岡、東京で発売記念イベントも開催する。  端正な顔立ちでまさに“美少女”の橋本。写真集の先行カットが公開されるや「透明感がすごい」などと話題となる彼女だが、インタビューの取材現場では、積極的に共演者に話しかけるなどして笑いを誘い、現場を盛り上げるキャラクターだ。出演常連となる福田作品では、“鼻ほじ”“顔面白塗り”“変顔”なども平気でこなす。そのルックスとラフなキャラクターとのギャップがまた、愛されるゆえんだろう。2019年も橋本の快進撃は続く。

  • 祝20歳! 橋本環奈のかわいい写真特集

    祝20歳! 橋本環奈のかわいい写真特集

    エンタメ

  • 『キングダム』場面写真

    山崎賢人主演『キングダム』、主題歌はワンオク 最新予告解禁

    映画

     俳優の山崎賢人が主演を務める実写映画『キングダム』の主題歌が、ONE OK ROCKの最新楽曲『Wasted Nights』に決定。併せて解禁された予告編は、同楽曲が、たった50人で敵軍8万人に立ち向かう壮大なストーリーを描く本作の世界観をさらに盛り上げるものとなっている。@@cutter 本作は、中国の春秋戦国時代を舞台にした人気漫画『キングダム』(集英社)を『GANTZ』シリーズや『いぬやしき』の佐藤信介監督のメガホンで実写化したエンターテインメント大作。天下の大将軍を目指す孤児の少年・信(山崎)と、後に始皇帝と呼ばれる若き王・えい政の途方もない戦いを描く。  紀元前245年の春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年・信と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(高嶋政宏)によって王宮へ召し上げられ、2人は別の道を歩むことに。やがて王宮では王弟・成きょう(本郷奏多)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負いながらも、信のいる納屋にたどり着く。血まみれの手で握りしめていた地図を信に託し、漂は息絶える。地図が示す小屋に信がたどり着くと、そこにいたのは王座を奪われ、王都を追われた秦の若き王・えい政。えい政にうりふたつの漂は、彼の身代わりとして命を落としたのだった…。  予告編は、山崎演じる信が目を閉じたアップ映像からスタート。信と漂が将来への希望を胸に剣術の鍛錬を積む姿、漂が小屋で息絶える場面が続いた後、ONE OK ROCKの楽曲『Wasted Nights』が流れ始める。クーデターの首謀者・成きょうの不敵な笑み、信とえい政の出会い。その後、中国ロケの壮大な映像やアクションシーンが続く中、楊端和(ようたんわ)役の長澤まさみ、河了貂(かりょうてん)役の橋本環奈ほか豪華キャスト陣の姿も次々と映し出されていく。  本作のために『Wasted Nights』を書き下ろしたONE OK ROCKのヴォーカル・Takaは「曲のイメージを作るために完成前の映画を観させていただき、その規模感に感動しました」と感想を語る。そして「“壮大さ”“ビッグアンセム”をテーマに楽曲を作り、試行錯誤を重ねていき、自他共に『これはいい!』と思える曲、『Wasted Nights』が完成しました。映画の壮大さに負けないような曲を書いたつもりですので、映画と共に、主題歌もお楽しみ下さい」とメッセージを寄せている。  映画『キングダム』は4月19日より全国公開。

  • 橋本環奈

    橋本環奈、もうすぐ20歳! 大人の表情に称賛の声「ビューテイー」

    エンタメ

     女優・橋本環奈の写真集「NATUREL」の公式ツイッターが先行カットを公開。まもなく2月3日に20歳の誕生日を迎える彼女がさまざまな表情を見せている。@@cutter 橋本の20歳の誕生日を記念して発売される4年ぶりの写真集『NATUREL(ナチュレル)』(講談社)。フランス語で“自然体の”を意味する単語をタイトルに冠した本作は、フランスのニースとパリの美しい街並みを舞台に、10代最後にして初めて見せる自然体の素顔を解放した。  公式ツイッターは、キックボードに乗りあどけなくほほ笑む橋本をはじめ、ネイビーのニットドレスに身を包み、こちらを見つめて大人っぽい表情を見せる姿、窓の外を見つめるナチュラルでキュートな表情といった先行カットを公開。2月3日発売の写真集が待ち遠しくなるようなショットが4枚披露されており、ファンからは喜びの声が上がっている。  コメント欄には「ビューテイー」「すばらしい透明感」「いつみても天使すぎる」など、絶賛の声が多数寄せられているほか、「写真集絶対買います!」と宣言する声も多数見受けられた。 引用:https://twitter.com/HK2_FR

  • (左から)橋本環奈&杉咲花、『十二人の死にたい子どもたち』インタビュー

    杉咲花&橋本環奈が挑んだ同世代との演技合戦 互いの存在感に刺激

    映画

     出演作が途切れることがない注目の若手女優・杉咲花と橋本環奈。そんな彼女たちが初共演を果たしたのが映画『十二人の死にたい子どもたち』だ。“集団安楽死”という目的のもと集った若者たちの心の奥底に蠢(うごめ)く闇を、閉ざされた空間で昇華させるという、非常に難易度の高いテーマに挑んだ杉咲と橋本が、作品へ臨むうえでの覚悟や互いの印象などを語った。@@cutter 杉咲演じるアンリは、全身黒い服で腕組みをし、常に怒りを身にまとった非常にエキセントリックな女の子。これまで杉咲が演じてきた役柄とは趣が違うが、本人も台本や原作を読んだとき「共感できる人物ではない」と思ったという。それでも「純粋な思いが強いからこそ、周囲からみたら屈折しているように映るのかもしれないと考えると、とても興味深い人物だと思った」と役への探求心は強かったことを明かす。  一方、橋本演じるリョウコは、マスクに帽子とほぼ素顔を見せない。それは彼女の正体が人気女優だからなのだが、自らを“大人たちに作られた虚像”と嘆く女の子だ。橋本は「私は大人に利用されていると思ったことがないので、自分と共通する部分はほとんどない」と語るが、女優という同じ職業に携わっているからこそ、芸名でいるときの自分と、素の自分との違いを「伝わらないぐらい繊細」なさじ加減で演技分けることにチャレンジしたという。 @@insert1  本作では、ワンシーンを多重カメラで一気に撮るという撮影方法が多用された。ノンストップで40分に渡る長回しもあったというが、杉咲は「同じシーンを何回も繰り返すと、慣れてしまい新鮮味や集中力を欠いてしまう危険性があるので、私的には今回の撮影方法はすごくやりやすかった。とても心地いい時間でした」と撮影を振り返ると、橋本も「あの撮影はすごかった。同世代の目に見えないエネルギーがビシビシと伝わってきて、受け身でいるとついていけない緊張感もありました。そういった空気はちゃんとスクリーンに映し出されていると思います」と自信をのぞかせていた。  12人の若手俳優たちの演技バトルも、本作の魅力の一つ。杉咲は、ミツエ演じる古川琴音と橋本が対峙するシーンが印象に残っているというと「ミツエとのテイクに時間がかかったとき、環奈ちゃんがミツエに対してのお芝居がどんどん強くなって膨らんでいったのをみて『絶対いいシーンにしたい』という思いが伝わってきました。こんな風に向き合ってくれる相手がいたら心強いだろうなと思った」と橋本の芝居に対する姿勢を絶賛。このシーンを経て“もっと頑張っていこう”という空気感が出来上がったと証言した。@@separator 杉咲の言葉に橋本は、杉咲が演じたアンリという人物について「意思が強くて、一瞬でみんなを静まり返らせる激しさと、たしなめるような静かさも持っている非常に難しい役」ととらえていたという。そんななか、新田真剣佑演じるシンジロウと対峙するシーンの杉咲の圧倒的な演技に「感動すら覚えた」と脱帽していた。 @@insert3  杉咲は年末年始、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』や『芸能人格付けチェック2019』などのバラエティ番組で非常にコミカルな一面を見せ、大きな話題になった。「すごく楽しかった」と収録を振り返ると「いままでは、自分のなかで“こういう作品だけでいい”という決めつけがどこかにあったのですが、バラエティでのコミカルさ、映画やドラマでもコメディやラブストーリーなどにも挑戦させていただき、自分でも予想できない自分との出会いがありました。いまは“自分はこうなんだ”と決めつけず、まずは一回挑戦してみようという気持ちで取り組んでいます」と目を輝かせる。 @@insert2  一方の橋本も、ここ最近コミカルな役柄で大きな注目を集めたが「リョウコはあまり笑わなかった役どころ」と、また新たな感情表現にチャレンジしたことを明かし「一つ一つの出会いを大切に進んでいきたい」と丁寧に物事に取り組むことを誓っていた。(取材・文:磯部正和 写真:高野広美)  映画『十二人の死にたい子どもたち』は全国公開中。

  • 『十二人の死にたい子どもたち』公開記念舞台挨拶に出席した橋本環奈

    橋本環奈、杉咲花&新田真剣佑&北村匠海らと“ハワイ打ち上げ”熱望

    映画

     女優の橋本環奈が26日都内で開催された映画『十二人の死にたい子どもたち』公開記念舞台挨拶に登壇。終始共演者らと親密な様子を見せ、「ハワイで打ち上げしたい」とアピールした。@@cutter 本作は、冲方丁の同名小説を原作とする現代サスペンス。安楽死を求めて廃病院に集まった12人の未成年の心理を活写する。  本イベントには橋本のほか、杉咲花や北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗、堤幸彦監督が出席。登壇予定だった新田真剣佑は、インフルエンザのため欠席した。  アンリを演じる杉咲は、本作で「40分の長回しの撮影はこれまで経験したことがなかったので、忍耐力が少しついたかな。堤組でしか体験できない貴重な時間だった」と振り返り、「きっとスゴいシーンになっているんじゃないかなという思いに、そこにいるみんながなったんじゃないかな」と手応えを口に。  秋川莉胡(リョウコ)役の橋本も、長回しの現場などを経験して「集中力、対応力がついた」と述べ、「スゴく見応えのある映画。何度見ても、いろんな人の視点から楽しめる作品になっている」とアピールした。  会場では、本作タイトルにちなんで大喜利にチャレンジ。「十二人の○○したい子どもたち」というテーマに対して橋本は「12人でハワイで打ち上げしたい子どもたち」と回答。「私利私欲っぽくなった(笑)。みんなの気持ちを代弁したつもり。打ち上げするなら、ハワイで打ち上げしたいということを、やんわり伝えたつもり」と言い、笑顔を振りまいた。  杉咲は「十二人のもぐもぐしたい子どもたち」と回答。「真剣佑さんが、現場で大量のピザを差し入れしてくれた。でも、(撮影の雰囲気などが)重たいシーンとか多いので、みんなで和気あいあいと食べるというよりは、各々で“おいしいな〜”という感じだった。今度はみんなで楽しく(食事を)やりたい」と話した。  また、欠席したシンジロウ役の真剣佑の「十二人の個性の違い子どもたち」という回答も発表。それを見てノブオ役の北村が「真面目で真剣佑らしい。(真剣佑は)人への愛情がスゴい。この映画に出ている監督も含め、みんなのことが大好きなんだと思う」と解説した。

  • (左から)橋本環奈、上白石萌歌

    橋本環奈&上白石萌歌、一緒にオムライスを食べる

    エンタメ

     女優の上白石萌歌と橋本環奈が23日、ツイッターを更新し、一緒にオムライスを食べたことを報告。上白石と橋本の仲の良さが伝わってくるやり取りに、ファンからは「かわいいやり取りだ…!」「仲良いんですね!!」といった声が届いている。@@cutter 2人は映画『ハルチカ』(2017)で共演。その後もプライベートで親交を深めているようで、これまでにもSNS上で仲の良さそうなやり取りを披露していた。  同日の上白石は「昨日食べたオムライスが美味しかったなーって思い出してます。今」とツイート。するとこの投稿に橋本が「あ、それって私と一緒に食べたオムライスの事だよね。 やっぱり食事は誰と食べるかも大事だね。ふふ」と返信したのだ。さらにこれに上白石が引用リツイートで、「何を食べるかではなく、誰と食べるか、ってことね。ふふ」と「ふふ」で返している。  人気若手女優2人の会食報告には、ファンも「かわいいやり取りだ…!」「ふたりは仲良いんですね!!」などとその仲をうらやましがる声が殺到。また、「ふふ」がファンの琴線に触れたのか「橋本環奈と上白石萌歌とかすごすぎい!!、ふふ」「俺もオムライス食べたくなっちゃった ふふ」といった具合に「ふふ」が溢れている。 引用:https://twitter.com/H_KANNA_0203    https://twitter.com/moka_____k

  • 橋本環奈

    新成人・橋本環奈が晴れ着姿を披露 きゃりーも思わず「かわいい〜!」

    エンタメ

     女優の橋本環奈が成人式である14日、自身のツイッターに晴れ着姿の写真を投稿した。1999年2月3日生まれで現在19歳の橋本環奈も今年の新成人だ。橋本の投稿にはプライベートでも親交のある、きゃりーぱみゅぱみゅら芸能人からもお祝いの言葉が寄せられた。@@cutter 橋本は「私はまだ19歳ですが、無事に成人の日を迎えることが出来ました。新成人の皆様おめでとうございます」とツイート。赤を基調とした艶やかな晴れ着姿を披露した。  このツイートに対し、橋本とプライベートで遊びに行くなど親交のあるきゃりーぱみゅぱみゅは「おめでとう かわいい〜!」と返信し、橋本も「きゃりーちゃんありがとうございます」と絵文字付きで返した。  ほかにも女優の飯豊まりえからは「かんなちゃんおめでとう♡かわいいっ」、最上もがからも「かんちゃんおめでとー!」、高田里穂からも「おめでとう ステキなお着物!」とお祝いの言葉が寄せられ、橋本もそれぞれに返信している。  また「橋本環奈マネージャー」インスタグラムも橋本の晴れ着姿をアップ。「環奈も無事に成人の日を迎えることが出来ました。新成人として、新たな気持ちで歩むこれからの道にたくさんの愛と夢が溢れますように。 おめでとうございます」との言葉をおくった。  ファンからのコメントも続々と寄せられ、「かんなちゃんおめでとうございます」「かわいい」と続々とコメントが集まっている。 引用:https://twitter.com/H_KANNA_0203

  • (左から)橋本環奈、広瀬すず

    橋本環奈、広瀬すず! 新成人が選ぶ「一緒にドライブに行きたい“2019年新成人”」

    エンタメ

     女優の橋本環奈が「一緒にドライブに行きたい“2019年新成人”」にて、男女アンケート共に1位に輝いた。その他には広瀬すず、齋藤飛鳥などが名を連ねている。@@cutter 今回の結果は、ソニー損害保険株式会社が2018年11月16日~20日の5日間、今年の新成人(1998年4月2日~1999年4月1日生まれ)に対し、新成人のカーライフ意識調査をインターネットリサーチで実施。男性500名、女性500名、計1,000名の有効回答を集計した結果に基づくもの。  回答者男女1000名に聞いたところ、「同じ新成人(同じ学齢:1998年4月2日~1999年4月1日生まれ)で一緒にドライブに行きたい有名人」の1位は、実写映画『銀魂』シリーズやドラマ『今日から俺は!』でコミカルな演技が好評の橋本、2位は紅白の司会が記憶に新しい広瀬、3位には乃木坂46の齋藤飛鳥という結果に。  4位には中川大志、5位には欅坂46の長濱ねる、6位にはNHK連続テレビ小説『わろてんか』で主役を務めた葵わかながランクインした。その他にも永瀬廉、福原遥、池田美優など、親しみやすいイメージのある芸能人が選出されている。

  • 2019年の新成人 (左から)橋本環奈、広瀬すず、齋藤飛鳥

    広瀬すず、橋本環奈、齋藤飛鳥…2019年新成人の芸能人たち

    エンタメ

     今年成人を迎える人は全国で125万人(総務省統計局発表)。映画やドラマなどエンターテイメントの世界で活躍する芸能人にも新成人となる女優や俳優、アイドルたちが多数いる。本記事ではそんな2019年の新成人たちをピックアップして紹介しよう。@@cutter■広瀬すず @@insert1  まずは、昨年大みそか放送の『第69回NHK紅白歌合戦』で紅組司会という大役を務め上げた女優・広瀬すず。1998年6月19日生まれで、すでに誕生日を迎えている20歳。映画、ドラマを中心に活躍し続けている彼女、今年の注目はなんと言っても、4月から放送されるNHK連続テレビ小説『なつぞら』のヒロイン役だろう。半年間という長丁場で放送される朝ドラ。本作でさらに彼女に魅了される人たちが増えることは間違いないだろう。 ■橋本環奈 @@insert2  1999年2月3日生まれで現在19歳の橋本環奈も今年の新成人だ。昨年は、連続ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)、『FINAL CUT』(フジテレビ系)、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』に出演し、さらには『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系/毎週木曜19時56分)の人気コーナー「ゴチになります!」といったバラエティー番組でも活躍を見せ、大きな飛躍を遂げた。今年は堤幸彦監督の映画『十二人の死にたい子どもたち』(1月25日公開)、や人気漫画を実写化する映画『キングダム』(4月19日公開)へ出演する。写真集『NATUREL』も2月3日に発売するなど、その勢いは止まりそうにない。 ■齋藤飛鳥 @@insert3  昨年末に「第60回レコード大賞」を受賞したアイドルグループ・乃木坂46の人気メンバー、齋藤飛鳥。1998年8月10日生まれで、グループ加入当初は中学生だった彼女も新成人。アイドルのみならず、女優業にも精力的で、昨年は映画『あの頃、君を追いかけた』ではヒロインを演じ、今月23日スタートのドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)では連続ドラマ初主演を務める。乃木坂46の数多くの楽曲でセンターを担った西野七瀬が卒業し、グループの中心メンバーである彼女には、さらなる期待が寄せられることだろう。 ■中川大志 @@insert4  男性では、1998年6月14日生まれの中川大志が新成人。昨年のヒットドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)に出演し、“天馬くん”こと馳天馬役で一躍人気者となった中川。今月10日からスタートしたドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に主要キャストで出演中。竹内結子演じるスキャンダルやトラブルの裏側を主戦場に活躍する異色の弁護士の下で働く、新人エリート弁護士を演じている。  そのほかにも、アイドルグループ・欅坂46の長濱ねる、女優の葵わかな、平祐奈、現在放送中のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に出演中の女優・福原遥も新成人だ。  新成人となり、さらにフレッシュな活躍を見せてくれるだろう彼女、彼らたちに期待しよう。

  • 『十二人の死にたい子どもたち』場面写真

    とまん、“十三人目”=死体役で出演『十二人の死にたい子どもたち』 都内で実演も

    映画

     堤幸彦監督の最新作『十二人の死にたい子どもたち』に、モデル・俳優として活躍中のとまんが謎の死体役で出演することが発表された。本作公開を記念して、1月19日に東京・新宿ピカデリーで、とまん本人による死体役の“生”実演も開催される。@@cutter 本作は、直木賞候補作になった作家冲方丁による同名のミステリー小説(文藝春秋刊)の実写映画化。安楽死を求めて廃病院の密室に集まった12人の未成年たちが、そこで13人目のまだ生温かい死体に遭遇する。突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中、嘘とだまし合いが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。  出演するのは、2018年の日本映画界を席巻した杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈の若手オールスターキャスト6人と、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』や『SPEC』シリーズで数々の若手俳優を発掘してきた堤監督にオーディションで選ばれた吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗という将来の活躍が期待される俳優6人の計12人。昨年11月解禁された特報映像の再生数は24時間のうちに600万回を突破し、昨年のワーナー作品における1位を記録。新たな予告編も24時間で100万回を超えた。公開が決まっていない中国でも予告編の再生回数は200万回を突破している。  とまんが演じる死体の存在は“謎”そのものであり、本作で描かれる“密室サスペンス”の柱という重要な役割を果たす。  とまんによる13人目=死体役の“生”実演は、1月19日正午から、新宿ピカデリーの1階エントランスで開催。劇場オープン時より整理券配布の上、各回の人数制限を設けて不定期に複数回実施される予定。スケジュールを含む詳細は、追って公式HP、公式ツイッターで発表される。  映画『十二人の死にたい子どもたち』は1月25日より全国公開。

  • 『1ページの恋』で主題歌を担当する竹内まりや

    橋本環奈主演ドラマ『1ページの恋』、主題歌に竹内まりや

    エンタメ

     女優の橋本環奈が連続ドラマ初主演を果たす、2月18日スタートのドラマ『1ページの恋』(AbemaTV/毎週月曜23時)の主題歌が、竹内まりやのセルフカバー曲『ミラクル・ラブ』に決定した。併せて、森矢カンナ、芦名星ら追加キャストも発表となった。@@cutter 本作は、絵を描くのが好きな主人公・水瀬あかり(橋本)が、初恋の相手の森田郁巳(板垣瑞生)、幼なじみの乾大和(濱田龍臣)、女性の扱いに慣れた大人の星野有利(古川雄輝)ら、タイプの異なる3人の男性と繰り広げる純愛ドラマ。  主題歌になった『ミラクル・ラブ』は、デビュー40周年を迎えたシンガー・ソングライターの竹内まりやが、91年に牧瀬里穂に提供した楽曲を、自身が改めてカバーしたもの。身近にいた運命の人と恋に落ちる奇跡を歌う同作は、本ドラマで描かれる若者たちのまっすぐな純愛や、「人を好きになることって奇跡」という劇中の台詞とシンクロしている。  竹内は、「新しいメディアである『AbemaTV』のドラマに採用していただき、とても光栄に思います」と喜びを見せ、「『1ページの恋』の台本を読ませていただきましたが、橋本環奈さんのみずみずしいイメージにぴったりだと思いました。恋への純粋なときめきや不安な想いを、この歌で一緒に分かち合えたら嬉しいです」と語っている。  また本作を彩る追加キャストとして、森矢カンナ、滝沢沙織、芦名星、渋谷謙人、八木アリサ、田口浩正らの出演が発表された。  ドラマ『1ページの恋』は、AbemaTVにて2月18日より毎週月曜23時放送。

  • 『十二人の死にたい子どもたち』キャラクター画像

    『十二人の死にたい子どもたち』“死にたい理由”ヒント&場面写真一挙公開

    映画

     堤幸彦監督がメガホンを取り、12人の若手俳優が共演する映画『十二人の死にたい子どもたち』から、キャラクター画像と12人それぞれの場面写真が一挙解禁された。公開された写真には、若手俳優陣が演じる個性あふれるキャラクターの姿が収められている。@@cutter 本作は、『天地明察』『マルドゥック・スクランブル』で知られる冲方丁の、自身初となる現代を舞台にしたサスペンス小説が原作。集団安楽死をするために集合した12人の未成年たちが繰り広げる密室劇を、『トリック』や『SPEC』などの人気シリーズを手掛けてきた堤監督がサスペンスフルに描き出す。  キャストには、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈といった2018年を席巻した若手俳優がずらり。さらに、堤監督にオーディションによって選び抜かれた吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗ら将来の活躍が期待される新鋭たちがキャスティングされている。  このたび公開されたキャラクター画像には、12人それぞれが抱えている“死にたい理由”のヒントとなる二字熟語が表されており、画像の片隅にはそれらを象徴するアイコンが添えられている。  併せて解禁された12人それぞれの場面写真では、個性豊かなキャラクターを演じる俳優陣の姿を見ることができる。さらに今回、息の詰まりそうな廃病院の一室で繰り広げる究極の心理戦の一部始終が収められた場面写真も到着。不安定な未成年たちの心情が伺え、本作独特の“密室サスペンス”の雰囲気が伝わってくるものとなっている。  映画『十二人の死にたい子どもたち』は1月25日公開。

  • 映画『十二人の死にたい子どもたち』のジャパンプレミアにて

    杉咲花、大きな決断は「ドレッシング」 新田真剣佑は共演者の秘密暴露

    映画

     俳優の杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗、そして堤幸彦監督が、9日に都内で開催された映画『十二人の死にたい子どもたち』ジャパンプレミアに出席した。@@cutter 本作は冲方丁のサスペンス小説を実写化。集団安楽死をするために集まった12人の未成年たちが繰り広げる密室劇を描く。7番・アンリ役の杉咲は、物語に絡めて、自身が大きな決断を下したエピソードを聞かれると、サラダを食べる際にドレッシングを選んだことだと回答。  「折り曲げたら、ドレッシングが出るやつあるじゃないですか。ケチャップとマスタードが入っているみたいなやつを買ったんですけど。初めて使って。それを、どうやって折るのかなあと思いながら、ぴゅってやったら、ドレッシングを浴びてしまいました」と、笑顔で失敗を明かした。  4番・リョウコを演じる橋本は、自身が下した大きな決断は上京だと発言。「福岡から上京するっていうのは、今までの人生の中では一番大きな決断だったのかなって思いますね」と言い、上京において葛藤があったか問われると「けっこうざっと(笑)。潔く決断をしました」と白い歯を見せた。  一方、5番・シンジロウ役の新田は、撮影を通じて共演者のやばい秘密を知ったか問われると、萩原、渕野、坂東が台詞合わせのために自宅に泊まりに来てくれたことを回想しつつ「坂東龍汰、隣に寝てくるんですね。すると、僕の足をこうやって挟むんですよ。自分の足で」と暴露。これを聞いた萩原も「(自分も)やられた」と報告した。  続けて新田は「(坂東は)すごい寂しがり屋なのか、甘えん坊なのか…真夏だった。すっごいくっついてくる」とも。そして「このメンバーの中に、好きな人がいる」という質問で、坂東が自分の名を挙げていたことを指摘し、これを聞いたキャスト陣は「そういうこと?」と坂東をいじって会場を沸かせた。  映画『十二人の死にたい子どもたち』は1月25日より全国公開。

  • 写真集で初めてのヘアスタイルに挑戦した橋本環奈

    橋本環奈のおだんごヘアに反響!「別人みたい」

    エンタメ

     女優の橋本環奈が20歳の誕生日に発売するメモリアル写真集『NATUREL(ナチュレル)』(講談社)の公式ツイッターが5日、お団子ヘアの橋本のアップを捉えたカットを公開。珍しいヘアスタイルがファンの間で大きな話題となっている。@@cutter 「はじめてのヘアアレンジ。これはなんと表現すればいいんでしょう?メロウな秋のニースの陽を浴びて」というコメント共に投稿されたのは、写真集の撮影で訪れたニースで撮られたというショット。上下の両サイドにお団子を作ったキュートなヘアスタイルは、橋本初の試み。どこかファッショナブルな雰囲気をまとった、いつもとは異なる彼女の姿を見ることが出来る。  4日には同ツイッターで、お団子のヘアスタイルの橋本がパリでランチを食べる姿、ニースでメリーゴーランドに乗る姿が公開されていた。  コメント欄には、「角が生えた天使」「どの髪型もかわいい!」「光とかわいさで眩しい」といった称賛のほか、いつもと違う印象を抱く橋本の姿に「誰やっ!?」「別人みたい…!!!」といった声も。また、橋本の誕生日である2月3日に発売される写真集について「絶対買う!」と宣言するファンが相次いでいる。 引用:https://twitter.com/HK2_FR

  • 自身の公式ツイッターにて新年の挨拶と晴れ着姿を公開した橋本環奈

    橋本環奈、新年の挨拶をツイート 晴れ着姿が“激かわ”と大反響

    エンタメ

     女優の橋本環奈が1日、ツイッターに新年の挨拶と自身の晴れ着姿の写真を投稿。橋本の晴れ着姿にファンからは「着物姿可愛すぎます」「世界一可愛い」「すごい幸せな気持ちです」などのコメントが寄せられた。@@cutter「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。」といったコメントと共にツイッターに投稿されたのは、白を基調に花柄があしらわれた晴れ着に身を包み、笑顔でポーズをとる橋本を収めた写真。  昨年はドラマ『FINAL CUT』(カンテレ/フジテレビ系)『今日から俺は!!』(日本テレビ系)や、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』などに出演し、女優としての存在感を放つ一方で、バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」にレギュラー出演するなど、活躍の幅を広げた彼女。2019年は、主演ドラマ『1ページの恋』(AbemaTV)の放送をはじめ、出演した映画『十二人の死にたい子どもたち』や『キングダム』の公開も控えている。  昨年以上の活躍が予想される彼女が、2019年の元旦に投稿した笑顔の晴れ着姿にファンからは大反響が寄せられ、「2019年初日からすごい幸せな気持ちです」「着物姿可愛すぎます」「良く似合ってますよ」「めっちゃ可愛いー!!」「相変わらず世界一可愛い」などのツイッターには絶賛の声が集まっている。 引用:https://twitter.com/H_KANNA_0203

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access