宮舘涼太 関連記事

  • スペシャルドラマ『夢食堂の料理人~1964 東京オリンピック選手村物語~』に出演する高良健吾

    高良健吾&松本穂香、東京五輪の選手村食堂が舞台のSPドラマに出演

    エンタメ

     俳優の高良健吾、女優の松本穂香らが出演するスペシャルドラマ『夢食堂の料理人~1964 東京オリンピック選手村物語〜』(NHK総合/7月23日19時30分)が制作されることが発表された。@@cutter 東京2020大会開催まであと1年のタイミングで放送される本作は、1964年の東京オリンピック選手村を舞台に、東京五輪を陰でを支えた若者たちにスポットを当てた青春ドラマ。高良、松本のほか、宮舘涼太、渋谷謙人、岸井ゆきの、須藤理彩、市川猿之助らが出演する。  アジア初のオリンピック開催に日本中が沸く中、大きな問題は世界の国々からやってくる選手たちの食事。選手団の総数は約7000人に達し、当時の日本では経験のない規模の数字だった。  選手村食堂には全国から300人の料理人が集められ、彼らは西洋料理のみならず、アジア、中南米、アフリカなど、見たこともない各国の料理と格闘。選手たちに安全な食事を提供するという使命のもと、その技術と工夫と精神は、若き料理人たちを変えていくことになる。料理人たちの情熱と選手村での国を越えた交流を通して、日本人の誇るおもてなしの原点を描く。  スペシャルドラマ『夢食堂の料理人~1964 東京オリンピック選手村物語~』は、NHK総合にて7月23日19時30分放送。

  • 『滝沢歌舞伎ZERO』ゲネプロ公開及び囲み取材にて

    Snow Man『滝沢歌舞伎』東京公演は「滝沢くんの演出がさらにパワーアップ」

    エンタメ

     滝沢秀明氏が演出を務める舞台『滝沢歌舞伎 ZERO』の公開ゲネプロが10日、東京・新橋演舞場で行われ、出演するSnow Man(ジャニーズJr.)のメンバーが囲み取材に登壇した。新橋演舞場公演ではクライマックスシーンで9トンの水を使った、大水の中での立ち回りが大きな見どころとなっているが、メンバーたちは「過去最大の水の量」「迫力がすごい!」とそのインパクトを語った。@@cutter 2006年より上演されてきた『滝沢歌舞伎』が、2月の京都・南座公演に続き、ホームグラウンドである新橋演舞場にて『滝沢歌舞伎 ZERO』として新たに生まれ変わった。南座公演でも見せたダンス、アクロバット、腹筋太鼓、鼠小僧、歌舞伎に加え、新橋演舞場公演では大水の中での立ち回りが用意された。  メンバーの深澤辰哉はその大水の場面について「前が見えないです。今までも『滝沢歌舞伎』といえば、水を使った仕掛けがありましたけど、今回は3種類くらいの装置が動いたりするので迫力がすごい!」と語り、佐久間大介は「過去最大の水の量です!」、渡辺翔太も「何が起こってるのかわからない。滝沢くんの演出が新橋演舞場に戻ってきてさらにパワーアップしています」とアピールした。  また今年からSnow Manのメンバーに加入した15歳のラウールは、この新橋演舞場公演から出演。「観に来てくれるお客さん全員が幸せな気持ちで帰ってもらえるように頑張ります」と意気込みを語った。「体力がすごく消耗する舞台」(ラウール)とのことだが、深澤が「ラウールには腹筋太鼓の場面があるので、それをやっていくうちに身体も変わるんじゃないかと思います」と語ると、ラウールは「千秋楽までに僕の肩幅が広がることを祈ってます」と初々しく語った。  岩本照は「『滝沢歌舞伎』の原点である新橋演舞場で、ラウールも加わってSnow Manも0からリスタート。平成最後のこの4月にステージ上でパフォーマンスができていること、そして元号が変わる5月1日も同じく『滝沢歌舞伎 ZERO』をSnow Manがメインを張って、新しい時代の幕開けを迎えられることは本当にありがたいことだと感じています」と語った。この日は季節外れの寒波が訪れ、東京では雪が降った地区もあったが、岩本は「これから時代が変わっていっても、季節外れの雪を降らせるような9人組でありたいと思っています」と新時代での活躍も誓った。なお囲み取材には、阿部亮平、宮舘涼太、向井康二、目黒蓮も登壇した。  『滝沢歌舞伎 ZERO』は、5月19日まで東京・新橋演舞場にて上演中。

  • 『ラスト・ホールド!』完成披露試写会に登壇した塚田僚一

    塚田僚一、初主演映画お披露目に笑顔「塚ちゃん桜、満開です!」

    映画

     A.B.C‐Zの塚田僚一、ジャニーズJr.のSnow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)が、26日に都内で開催された映画『ラスト・ホールド!』の完成披露試写会に出席した。@@cutter 東京2020オリンピックの追加競技に決定した「ボルダリング」(スポーツクライミング)を題材に、超弱小ボルダリング部の落ちこぼれ大学生たちが日本一を目指す姿を描く本作。映画初主演で主人公の岡島健太郎を演じた塚田は「すっごいうれしい」とニッコリ。「(共演が)Snow Manって聞いたときに、ずっとバックついてたり、一緒にやってきたので、『あ、良かった。心強いメンバーで』と思って」としつつ「撮影が進んだり、色々な準備が進んでいくにつれていって、真壁監督もそうですし、『本当にこのメンバーで一緒にできて良かった』って思いました」と振り返った。  劇中のボルダリングについては「自分たちでやるっていうのは、最初からお話あったんですけど、『お、やってやろう!』って燃えていました」と回想。A.B.C‐Zによる初の映画主題歌『Future Light』に話が及ぶと「最後にA.B.C‐Zの歌が流れるというところで、A.B.C‐Zの仲間も手を差し伸べてくれているような、そんな気がして」と満足げな表情を見せた。  クールな一匹狼・河口亮二役の岩本は、物語に絡めて“壁の乗り越え方”を聞かれると「人生において壁が現れる確率が、他の人よりも多いのかなって実感するタイプ」としたうえで「逃げないで、諦めないで壁と戦って、最終的に壁を乗り越えた世界っていうのは、その人が頑張った分だけ、すごい世界が広がっていると思う」と力説。最後に再びマイクを握った塚田は「どの世代・どの年代にも、絶対心に届く作品になっています。一生懸命作りました」とアピールし「塚ちゃん桜、満開です!」という言葉とともに、美しいY字バランスを披露していた。  映画『ラスト・ホールド!』は5月12日より全国公開。

  • 『仮面ティーチャー』特別ドラマ放送&映画公開記念“課外授業”イベント

    キスマイ藤ヶ谷の悩みはA.B.C‐Z塚田!? 「イベントを塚田がぶちこわしてる」

    映画

     『仮面ティーチャー』特別ドラマ放送&映画公開記念“課外授業”イベントが6日に行われ、藤ヶ谷太輔(Kis‐My‐Ft2)、菊池風磨(Sexy Zone)、ジェシー、塚田僚一(A.B.C‐Z)、京本大我、佐久間大介、阿部亮平、宮舘涼太、松村北斗、田中樹が登場した。@@cutter イベントでは、約1000人の現役高校生の男女が集まり、仮面ティーチャーこと藤ヶ谷太輔を中心に、現役高校生たちの学校や進路、そして恋の悩みにガチで答える“課外授業”を行った。  ステージ上に登壇者が集合後、舞台センターのセリから藤ヶ谷が登場すると、客席のボルテージは一気に上昇。その大きな黄色い声援を受けて、登壇者たちは藤ヶ谷を胴上げした。  高校生から「受験が近づいてきて不安です。本番で緊張しないコツやおまじないを教えてください」という質問が挙がると、塚田が「いっぱい練習することです。練習あるのみだと思います」と高いテンションながらもしどろもどろな回答。対して、藤ヶ谷は「緊張を楽しめればいいと思う。人と比べることなくやれればいいんじゃないかな」と冷静な意見を提案し、高校生たちをうならせた。  塚田は終始テンションが高く、司会者から「イベントを壊そうとしてるんじゃないですよね? 盛り上げようとしているんですよね?」と言われてしまう始末。高校生から「皆さんにも悩みあるんですか?」という質問にも、藤ヶ谷は「今日のイベントを塚田がぶちこわしてるのが悩みです。今後は来てもらいたくない」と返していた。  また、藤ヶ谷は高校生たちの熱いまなざしを受けながら「本作にはもちろん皆に悩みがあるように、先生や両親も一生懸命悩んでいるというメッセージが入っています。この気持ちを皆さんも一生懸命受け取ってください」と語り、イベントを締めた。  本作の原作は、『GTO』を生み出した藤沢とおる。主人公・荒木剛太は、学校の平和と秩序を守るため「力」による指導を許された“仮面ティーチャー”でありながら、ただ一人、生徒と「心」で向き合う。斬新な世界観の中に、信じることの大切さと人と人との絆を描いた、新世代エンタテインメントとなっている。  日本テレビ・金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『仮面ティーチャー』は2月14日21時から放送。『劇場版 仮面ティーチャー』は、2月22日から全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access