平澤宏々路 関連記事

  • 『トラさん~僕が猫になったワケ~』初日舞台挨拶に登壇した北山宏光

    キスマイ北山宏光、映画主演作はJUMP薮と一緒に鑑賞?「誘われた」

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光、女優の多部未華子が15日、都内で行われた映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』初日舞台挨拶に子役の平澤宏々路、猫の金時(キントキ)、メガホンをとった筧昌也監督と共に出席した。@@cutter 売れないマンガ家・寿々男が、家族を残して亡くなってしまうも猫の姿となって戻ってくるというストーリー。北山が寿々男、多部が妻の奈津子を演じており、同作で北山は映画初出演にして初主演を務めた。北山は記念作の封切りに「待ちに待った初日。撮影してから1年くらい準備期間があって、やっとみなさまに観せられると思うとうれしい」としみじみ。  司会者から「公開を前に周囲から反応があったか?」と聞かれると、北山は「ヒロミさんが観てくださるって。口だけかもしれませんが、絶対観てくださいと念を押しておきました」といい、さらに「Hey!Say!JUMPの薮(宏太)が一緒に観に行こうって、俺誘われました」と明かした。2人で行くのか?との問いには「そう…じゃないですかね?」とほほ笑んだ。  北山の妻を演じた多部は、北山の印象について「現場で1番盛り上げてくれて、雰囲気を和やかにしてくれて、ピリピリすることなく楽しい空気にできるのは人柄なんだろうと思う瞬間があった。あと、やたらポジティブ」と答えると、子役の平澤も同意。多部は「イジってもめげないっていうか、本気でいろいろ言っても『またまたぁ』となるのがすごいなって…。本気で言っているのに」と感心していた。北山が「ポジティブというか、そういう冗談なのかと思って…」と釈明すると、すかさず多部が「そういうところ!」と指摘していた。  また、初日だからこそ言える共演者とのエピソードを明かす場面では、平澤が「北山さんと1ヵ月、毎日撮影が一緒だったけど、毎朝同じジュース片手に『おはようごさいます』って現場に入っていた。何を飲んでいるのか気になった」と疑問を投げかけた。北山は「あれはタピオカミルクティー」と打ち明け、「ネットで頼めるじゃないですか。頼んでストックを冷蔵庫に置いていく。置いて固まったタピオカを飲むのが好きで」と語った。

  • 映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』の家族写真

    Kis‐My‐Ft2北山宏光が初主演『トラさん』 心温まる家族写真が解禁

    映画

     Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初出演・初主演を飾る『トラさん~僕が猫になったワケ~』の公開日が、2019年2月15日に決定した。また、北山、そして多部未華子と平澤宏々路(こころ)が演じる一家の心温まる姿を捉えた3ショットも解禁となった。@@cutter 本作は、2014年より「月刊YOU」(集英社)で連載されている漫画家・板羽皆の『トラさん』を実写化。北山は主人公の高畑寿々男と、猫の姿になったトラさんの2役を担当する。多部は高畑の妻・奈津子に扮し、平澤は娘の実優を演じる。メガホンを取ったのは、テレビドラマ『脳にスマホが埋められた!』(よみうりテレビ/日本テレビ)の脚本・演出などで知られる筧昌也だ。  売れない漫画家の寿々男は、酒とギャンブルに溺れる日々。ある日、交通事故に遭い、あっさり死んでしまう。あの世の関所に到着した寿々男は「今までの愚かな行為を挽回してください」と命じられ、1ヵ月の執行猶予付きで妻と娘のもとに戻されることになる。ただし、トラ猫の姿で。「トラさん」と名付けられ高畑家で飼われることになった寿々男は、残された短い時間の中で、家族のために奇跡を起こしていく…。  “猫の日”を翌週に控えた2019年2月15日に公開することとなった本作。解禁された家族写真には、北山演じる寿々男が自宅兼仕事場で、娘を後ろから抱きよせ、それを多部扮する妻の奈津子が愛おしそうに見つめる姿が収められている。  映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2019年2月15日より全国公開。

  • Kis‐My‐Ft2北山宏光主演映画『トラさん』に出演する、多部未華子、平澤宏々路

    Kis‐My‐Ft2北山宏光、映画初主演で父親&猫役 『トラさん』実写化決定

    映画

     漫画家・板羽皆原作の『トラさん』が実写映画化されることが決定し、Kis‐My‐Ft2の北山宏光が映画初主演を務めることが分かった。@@cutter 2014年より「月刊YOU」(集英社)で連載され、シュールな世界観とあたたかいストーリーが人気を博した同名作品を実写映画化する本作。酒とギャンブルに溺れる、売れない漫画家・高畑寿々男が突然の死を体験した後、愛する家族の元に1か月間だけ猫の「トラさん」として帰還する。  本作が映画初出演となる北山が主人公を演じ、父親の高畑と猫の姿になったトラさんの2役を担当。多部未華子が高畑の妻・奈津子に扮し、娘の実優を平澤宏々路が演じる。  映画初出演で初主演となる北山は「今回のお話を頂いて、まず『僕が?』っていう驚きがありました」と明かし、「『猫役なんだけど』と聞いた時は、『どういうこと?』と思いました」と役柄に仰天した様子。撮影に向けて「今、猫の動きを研究中です。やっぱり見ちゃいますよね(笑)。子供の頃、猫を飼っていたので、一緒に遊んでいた時のことを思い出したりもしています。細かな仕草などにもこだわって演じてみたいです」と意気込みを語っている。  多部は、原作を読んだ感想を「クスッと笑えてしまうのに、胸が締め付けられるような場面もあり、とても面白く読ませていただきました」と話し、共演する北山について「バラエティ番組でご一緒したことがあるのですが、輪の中心となって場を盛り上げてくれるイメージがあるので、現場が今から楽しみです」とコメント。  原作者の板羽は、「映像化を決めて動いて下さった全ての方に、心より感謝申し上げます。キャストの皆様も大好きな方々で、今から映像になったトラさんを観るのが楽しみで仕方ありません」と期待のメッセージを寄せている。  映画『トラさん』は2019年全国公開。

  • 『貞子3D2』初日舞台挨拶に登場した瀬戸康史

    瀬戸康史「誰よりも貞子愛があります」 映画『貞子3D2』初日舞台で宣言

    映画

     映画『貞子3D2』初日舞台挨拶が30日に行われ、瀧本美織、瀬戸康史、平澤宏々路、山本裕典、田山涼成ら出演者と、英勉監督、原作者の鈴木光司、そして貞子が登壇した。@@cutter これまでも、ホラーが苦手で怖がりだと自ら明かしていた瀧本。「怖がりでどうしようもなかったんですけど、皆さんに支えられて完成しました」と挨拶したが、田山から「『台本の表紙が黒いから怖い〜』って、主役なんですけど怖がりは尋常じゃない」と暴露されるほど。現実世界で思う怖いことを聞かれると、「またホラー映画に出ること…」と話して会場を笑わせていた。  一方、瀬戸は「この共演者の中で誰よりも貞子愛があります」と宣言。今作では、父親役を演じたが、「父親らしいことは(映画で)してないんです。そこはあまり気にせず、前作とのギャップを演じた」と話す。「色々と抱え込んでいる役だったので、毛穴からオーラを滲み出せるように」と演じたという。そして、子役の平澤から「現場でなついてくれなかった」とプレミア試写会でこぼしていた瀬戸のコメントを聞いて手紙をもらったらしく、「『大大大大好きです』って(書かれていて)めちゃめちゃうれしかった」と満面の笑みを見せた。  今作での撮影はわずか1日、主演ドラマなどで多忙な山本は、「試写会でも観れてなくて、1番、貞子に対する気持ちが薄い役者かもしれませんけど、プライベートで(作品を)観れたらと思ってます」と苦笑。出演シーンは少ないものの人気の高さは相変わらずで、この日も観客から大きな歓声で迎え入れられたが、“怖いこと”を聞かれると、「プレミア試写会で、『キャ〜』って結構言われてたんで、『いい感じだな』って思ってたのに、(サプライズゲストの)東方神起が現れたら会場がとんでもない歓声で。それまで出してなかったのに、ウチワもパッと出してまして…ファンって怖いなと」と、本音も漏らし、場を盛り上げていた。  本作は、3Dアトラクションホラー・シリーズ第2弾。前作で、謎の大量死を引き起こした「呪いの動画」から5年後を舞台に、新たな恐怖を描く。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access