エレン・デジェネレス 関連記事

  • 映画『スピード』で共演した当時、互いに好意を持っていたというキアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロック(写真は2006年頃)

    キアヌ・リーヴス、25年前にサンドラ・ブロックと両思いだった事実が発覚

    セレブ&ゴシップ

     1994年のヒットアクション映画『スピード』で初共演した女優のサンドラ・ブロックと俳優のキアヌ・リーヴス。サンドラが昨年12月、エレン・デジェネレスがホストを務めるトーク番組『エレンの部屋』に出演し、キアヌにほのかな恋心を抱いていたことを明かしたが、キアヌも同じ思いだったという。@@cutter アメリカで大ヒットしている新作『ジョン・ウィック:パラベラム』を引っ提げ、『エレンの部屋』に初出演したキアヌ。サンドラがキアヌにときめいていた話をしている映像を見せられると、少し照れている様子だった。エレンにサンドラの気持ちを知っていたか尋ねられたキアヌは、首を横に振った後、「彼女は僕も彼女にほのかな恋心を抱いていたことを知らなかった」とコメントしている。  会場から歓声が上がり、互いに引かれ合っているのに交際しなかったことをエレンに指摘されると、キアヌは「仕事中だったからね」と理由を説明。エレンから映画の共演者で交際した人がいないか、鋭い質問を投げかけられると、もごもご言いながら曖昧な態度を取り続けて、「答えはイエスのようね」とツッコまれた。  キアヌは「仕事に行くのが楽しかった」とサンドラとの共演当時を回顧。「彼女はとてもステキな人だった」と続けると、エレンが「サンドラ、出てきて」と、キアヌの後ろの方を見て呼びかけるドッキリを遂行した。キアヌはエレンのジョークだと分かっていたようで、すぐに振り向かなかったが「後ろを見たかった」と白状している。  キアヌはシングルのようだが、サンドラには2015年から交際するフォトグラファーの恋人がいる。「今からでも…」とはいかないようだ。

  • 筋肉ムキムキのマイケル・B・ジョーダン(※『クリード チャンプを継ぐ男』場面写真)

    大坂なおみ、誕生日に“憧れ”マイケル・B・ジョーダンの半裸写真が届く

    セレブ&ゴシップ

     全米オープンを制し、アメリカでも一躍時の人となったプロテニス選手の大坂なおみ。人気トーク番組『エレンの部屋』で映画『ブラックパンサー』の“悪役の人”、俳優のマイケル・B・ジョーダンを好きだと明かしていたが、そのマイケルから誕生日のお祝いにマイケルの筋肉隆々の写真を送られ、新作『クリード2』のプレミア招待を受けたようだ。@@cutter 10月16日に21歳の誕生日を迎えた大坂。『エレンの部屋』に出演した際に、ホストのエレン・デジェネレスからマイケルを紹介され、本人から全米オープン優勝の祝福ビデオメッセージが届いていたが、今回もエレンがきっかけを作っている。  エレンは大坂の誕生日に「誕生日おめでとう、なおみ」と大坂を祝福するツイートに、マイケルがムキムキの筋肉を披露している『クリード チャンプを継ぐ男』のスチール写真を添えた。シャイな大坂は「私のことをブロックして」と可愛らしい返信をエレンに送付。そこへ当のマイケルから、「こっちの方がいいし、もっと最近の写真だよ」と、「爆笑」を意味する「LOL」の文字と涙を流して笑っている顔の絵文字とともに、シックスパックと太い腕が写っている写真が届いた。  マイケルは「遅ればせながら誕生日おめでとう、なおみ。でもほんと真面目な話、誕生日プレゼントに君を『クリード2』のプレミアに招待したいんだ」と続けている。思わぬ招待に大坂は「LOL。何が起きてるの??? 誕生日を祝福してくれてありがとう。あなたが本気なら、ぜひ、出席したい」とうれしそうに返信した。  エレンのユーモアで憧れのマイケルとの距離を縮めている大坂。『クリード2』のプレミアでマイケルと大坂のツーショットが見られるのか、続報を楽しみにしたい。 引用:https://twitter.com/Naomi_Osaka_    https://twitter.com/michaelb4jordan

  • 「ミッキーマウス・クラブ」時代のライアン・ゴズリングとブリトニー・スピアーズ(前列)

    B・スピアーズ&R・ゴズリング、「ミッキーマウス・クラブ」以来の再会

    セレブ&ゴシップ

     1989年に始まったディズニーの子供向け番組『ミッキーマウス・クラブ』で小学生時代に共演した歌手のブリトニー・スピアーズと俳優のライアン・ゴズリングが、20年以上の歳月を経て再会を果たしたようだ。@@cutter ライアンとブリトニーは現地時間12日に放送されたエレン・デジェネレス司会の人気トーク番組『エレンの部屋』に登場。出番は別々だったが、バックステージで再会し、エレンを交えたスリーショットを撮影。エレンが自身のインスタグラムに投稿して、ファンを喜ばせた。  写真では、タイトなミニワンピースに身を包んだブリトニーが真ん中で気をつけの姿勢で立ち、隣りにいるライアンはポケットに手を入れてほほ笑んでいる。写真には投稿3日間で440万件以上の「いいね!」が付いた。  ライアンは番組の中で『ミッキーマウス・クラブ』当時のエピソードとして、「番組で初めてみんながそろった時、確かほかの子供たちに自分のパフォーマンスを披露することになった」と語った。「クリスティーナ・アギレラの次にブリトニーだったんだけど、“そうか。彼女たちはすごい才能があるんだな”と思ったのを覚えているよ」と、クリスティーナとブリトニーに圧倒されたという。  「自分はせいぜい“僕はカナダ人”と言うくらいだった」と自虐ネタで観客を笑わせたライアン。「それ以前から才能のある人たちと働いてきたけど、彼女たちは別格だったよ」と、早くから才能を発揮していたクリスティーナとブリトニーに感心したことを語った。

  • 『エレンの部屋』ゲストの大坂なおみと ※「エレン・デジェネレス」ツイッター

    大坂なおみ、米人気番組「エレンの部屋」で憧れのマイケル・B・ジョーダンを

    セレブ&ゴシップ

     テニスの4大大会の1つ、全米オープンの女子シングルスを制覇した大坂なおみが、アメリカの人気司会者エレン・デジェネレスのトーク番組『エレンの部屋』に出演。エレンに憧れのスターである映画『ブラックパンサー』のマイケル・B・ジョーダンを紹介されそうになり、恥ずかしそうに断るキュートな姿を披露した。@@cutter 対戦相手のセレーナ・ウィリアムズと審判が巻き起こした一連のドラマや、表彰式でのブーイングなどで物議を醸した全米オープン女子シングルス。王者となった大坂はアメリカのテレビ番組に引っ張りだこだが、現地時間12日に出演した『エレンの部屋』では、エレンを前にして「本人が目の前にいるなんてウソみたい」と少々興奮している様子だった。  エレンに憧れのセレブを尋ねられた大坂は、「名前は分からないけど、『ブラックパンサー』で悪役を演じた人」と回答。マイケルのことだと即座に分かったエレンから「彼に今、メールして紹介しようか?」と提案されると、恥ずかしそうに小さな声で「ノー」と答えた。  最終的にエレンに押されて、エレンとのツーショットを撮影。その写真をエレンがマイケルに送信すると、後でビデオメッセージが届き、エレンがツイッターで紹介している。車内にいたマイケルは「エレンから聞いたよ。なおみ、君に愛とサポートとおめでとうの言葉を贈りたい」とコメント。「時に人は、そこまでの道のりを見ないで結果ばかりを見るけど、君がどれだけ努力して、汗と涙、血を流してスポーツや夢に打ち込んできたか、これからは多くの人が気付くことになる」と続け、かけていたサングラスを外して、優勝を祝している。  大坂は自身のインスタグラムに番組出演中の写真を投稿し、英語で「人生がすごいことになってる」とコメントし、エレンやコムデギャルソン、フレームに感謝。たくさんの「おめでとう」の言葉や、「できる人なのに謙虚。すばらしい」「謙虚さとあなたらしさを失わないで! 若い世代の励みになっている! あなたのプレーを見るのが大好き」といった反響が寄せられている。  大坂は出演当日、ほかのゲストだった俳優のチャニング・テイタムとプロバスケットボール選手のレブロン・ジェームズとも会った模様。スリーショットを自身のインスタグラムに投稿している。 引用:https://www.instagram.com/naomiosakatennis/    https://twitter.com/TheEllenShow    https://www.instagram.com/channingtatum/

  • アメリカ大統領自由勲章を受章したトム・ハンクス

    米大統領自由勲章、トム・ハンクスやロバート・デ・ニーロら21人が受章

    セレブ&ゴシップ

     2015年は映画監督のスティーヴン・スピルバーグや歌手のバーブラ・ストライサンドなどに贈られたアメリカの大統領自由勲章。2016年は俳優トム・ハンクスやロバート・デ・ニーロ、人気司会者のエレン・デジェネレスなど、21名の受章者の中に多くのセレブが名を連ねた。@@cutter E!Onlineによると、声明を通じてバラク・オバマ大統領より現地時間16日に発表があり、受章者は22日(現地時間)に開催される式典でメダルを受章するとのことだ。  アメリカの文民最高位の勲章である大統領自由勲章は、世界平和や文化、科学やスポーツ、政治など多岐にわたる分野で、アメリカの国益と保全に貢献した人物に贈られるという。受章者の1人、エレンは受章の知らせを受け、「とても光栄です。ありがとうございます、オバマ大統領」とツイートしている。  エンターテイメントやスポーツの世界で活躍するセレブで他に受章したのは、俳優・監督のロバート・レッドフォード、歌手ブルース・スプリングスティーンやダイアナ・ロス、女優シシリー・タイソン、元NBAプロ・バスケットボールプレイヤーのマイケル・ジョーダンやカリーム・アブドゥル・ジャバーなど。  授章式の模様はホワイトハウス公式HPで、ライブストリーミング配信されるそうだ。

  • ドリー役エレン・デジェネレスのSNS活用で『ファインディング・ドリー』大ヒット

    『ファインディング・ドリー』大ヒットの裏に“最も影響力をもつ人”の努力があった

    アニメ・コミック

     『ファインディング・ドリー』の快進撃が止まらない。北米公開初日に、アニメの1日の売り上げとしては最高記録に当たる5500万ドルを売り上げ、初週末3日でアニメ映画のオープニング記録となる1億3500万ドルを稼いだ『ドリー』は、公開2週目の週末にも予測を上回る7320万ドルを売り上げ、アニメ映画の公開2週目週末の最高記録を打ち立てた。@@cutter これまでの2週目週末の記録は、『シュレック2』の7200万ドルだった。これはまた、映画全体において、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の7260万ドルを抜き、史上8番目の2週目週末記録となる。    公開初週末と2週目の週末の差は、マイナス45.8%で、予測の参考材料とされていた『トイ・ストーリー3」のマイナス46.7%よりも、落ちこみが少なかった。公開初週末に大きな数字を上げた映画は、その分、2週目に落ち込むことが多いので、ここまで数字を保ったのは、口コミ効果と想像される。観客の感想を調査するシネマスコア社の調べで、『ドリー』はAを取得していたことから、ポジティブな口コミがさかんに飛び交うことは、期待されていた。    この爆発的ヒットの裏には、ドリーの声を務めたエレン・デジェネレスの努力もある。アメリカで絶大な人気を誇り、“最も影響力をもつ人”とも言われるコメディアンのデジェネレスは、ずいぶん前から、自分のトーク番組で、『ファインディング・ニモ』の続編をジョークのネタにしてきている。「続編が作られる気配がないからジョークにしていた」とデジェネレスは言うが、いざ、冗談が本当となり、しかも今度は自分が主役とわかってからは、さらに番組内で積極的に映画の話をしている。    また、映画の北米公開直前には、50本以上のツイート、フェイスブック、インスタグラムを投稿をしてSNSをフルに活用、それらの投稿は960万の「いいね」やコメント、シェアを受けることになった。デジェネレスは、『ドリー』を「1作目よりもさらに奥行きがあり、優れた作品」と大絶賛。それを聞いて映画館に観に行ったファンは、多いはずだ。    しかし、2週目もこれだけ人を呼び寄せるというのは、作品自体に力があった証拠。この後も今作が新しい記録を作り続けるのかが、注目される。(文:猿渡由紀)

  • 『ファインディング・ドリー』字幕版のドリー役、エレン・デジェネレスの意外な過去とは?

    『ファインディング・ドリー』、字幕版ドリー声優はアメリカの“黒柳徹子”!?

    アニメ・コミック

     大ヒット映画『ファインディング・ニモ』待望の続編『ファインディング・ドリー』が7月16日よりついに公開される。実は、本作の主人公・ドリーは人気司会者エレン・デジェネレスをモデルに作られているキャラクターだ。エレンは、アメリカ版“黒柳徹子”ともいえる人気者。今回、エレンとドリーの意外な関係が明らかになった。@@cutter 本作は、『ファインディング・ニモ』の13年ぶりの続編。忘れん坊のドリーは、「家族の思い出」を探すため、ニモ、マーリン、そしてタコのハンクとともに、危険がいっぱいの“人間の世界”に大冒険に出かける。  ドリーの吹替を担当するエレンは、歯に衣着せぬ軽快なトークが魅力的な司会者であり、コメディアンであり、女優でもある。そんな彼女は、ドリーに相当な思い入れがあるという。それは、人生のどん底を救ってくれたキャラクターだからだ。  エレンは1990年代からコメディアンとして活躍していたが、ある時期、約3年も仕事がない状態だった。そんな暗黒時代に、本作のアンドリュー・スタントン監督から、ドリーの声優の話をもらったという。アンドリュー監督は、テレビで活躍するエレンの姿を見て、ドリーというキャラクターを作り上げたそう。エレンは、「もうそれ以上の褒め言葉はないし、本当に名誉なことだった」と、当時を振り返る。  そして、奇遇にも、『ファインディング・ニモ』が公開された2003年から、彼女をスターに押し上げることになった『エレンの部屋』がスタート。ドリーは、彼女の人生の転機ともなる役柄となったのだ。エレンの深い思い入れがあるからこそ、ドリーというキャラクターがますます輝いて見えるのだろう。  映画『ファインディング・ドリー』は7月16日より全国ロードショー。

  • ハリソン・フォードがハン・ソロ役を目指す若手俳優達に「やるな」と忠告

    ハリソン・フォード、“若きハン・ソロ”映画にご機嫌斜め?「やるな」と若手に忠告

    映画

     大人気SFアドベンチャー『スター・ウォーズ』シリーズのハン・ソロ役で大ブレイクし、以後ハリウッドのスター街道を走り続ける俳優ハリソン・フォード。最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では1983年の『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』以来、32年ぶりにハン・ソロ役に返り咲いたが、若き日のハン・ソロを描く『スター・ウォーズ』単独スピンオフの主演俳優の選考が進む中、若手俳優達に「やるな」と驚きの忠告を与えた。@@cutter ハリソンは人気トーク番組『エレンの部屋』に出演し、司会のエレン・デジェネレスが“新しい”ハン・ソロのオーディションが進行していると話題にすると、ハリソンは「違うよ」と意味ありげに否定。「“新しい”んではない。“若い”ハン・ソロを探しているんだ」と、少々憤慨している様子でエレンを訂正した。  「“新しい”より質が悪い。“若い”ハン・ソロなんてね」とハリソン。大勢の若手俳優がハン・ソロ役を射止めたがっているとエレンに伝えられ、忠告があるか尋ねられたハリソンは、真顔になり「やるな」と返答した。その理由は「トントン拍子に事が運び、25~30年の自分の人生を費やしたら、お払い箱になるからね!」とのこと。  『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た人ならハリソンが何を話しているか分かるはず。ハリソンは「出口を見せられ、“君の用は済んだ。どうもありがとう”とあっさり」と、突然の“終わり”が来たことに納得していない素振りを見せ、ハリソン流のジョークでエレンと観客を笑わせた。

  • ダイヤモンドは女の親友! セレブの婚約指輪拝見

    ダイヤモンドは女の親友! セレブの婚約指輪拝見<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    2月は愛の月間ということでセレブ達の豪華な婚約指輪を見てみましょう。やはり一般ピープルには手の届かない桁外れの指輪がズラリ…。

  • あの人たちも親戚!? 意外な血縁セレブが大集合

    あの人たちも親戚!? 意外な血縁セレブが大集合<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    家系を辿っていくと、全く無関係に思えるセレブ同士が遠縁だったことが明らかに。今回はそんな意外な繋がりが判明したセレブ達を紹介します。

  • セレブ・ウェディング特集

    セレブたちのウェディング<フォト特集>

    セレブ&ゴシップ

    6月といえば “ジューン・ブライド” 。ということで、セレブたちの演出も華やかなウェディングを紹介しましょう。

  • クリス・エヴァンスがスカーレット・ヨハンソンに公開いたずら

    スカーレット・ヨハンソン、クリス・エヴァンスからの“古典的”いたずらに絶叫!

    セレブ&ゴシップ

     マーベル映画『アベンジャーズ』シリーズや『キャプテン・アメリカ』シリーズでキャプテン・アメリカを演じる俳優クリス・エヴァンスが、共演者でブラック・ウィドウ役の女優スカーレット・ヨハンソンにテレビで古典的ないたずらを仕掛けるというお茶目な行動に出た。@@cutter スカーレットは人気司会者エレン・デジェネレスのトーク番組『エレンの部屋』に出演し、クリスの話になると「クリスとの共演は5作目になる。17歳の頃から一緒に働いている」とコメント。「彼のことはよく知ってる。知りすぎてる感じね」と気の置けない仲間であることを話していると、ステージの後ろからクリスが現れ、客席に向かって声を出さないよう合図。そっとスカーレットの背後に忍び寄り、「スカーレット!」と叫んでソファを叩き、スカーレットが「ア~!」と声を上げ、びっくりして口を押える一幕があった。  スカーレットを驚かせたクリスは、手を叩いて喜び大きくガッツポーズ。会場からは大きな歓声が起こり、クリスもスカーレットも笑いながらハグしてその場を収めた。クリスがいたずらを企てていたとは思いもよらなかったスカーレットのようだが、エレン曰く、いたずらを考えたのはクリスだったという。  2人はその後、番組内でお互いのことを知っているかのクイズに挑戦した。クリスに関する問題ではクリスの鍛え上げたナイスボディがスクリーンに映し出され、スカーレットがクリスの体に気を取られて回答を間違える姿もあった。

  • ヴィクトリア・ベッカム、大好きなエレン・デジェネレスと2ショット

    ヴィクトリア・ベッカム、夫デヴィッドの肉体美を再チェック「もっと見なきゃ」

    セレブ&ゴシップ

     元「スパイス・ガールズ」メンバーで現在はファッションデザイナーとして活躍するヴィクトリア・ベッカム。夫は言わずとしれた元イングランド代表サッカー選手デヴィッド・ベッカムだが、肉体美を誇るデヴィッドのボディをあまり見ていないことが判明した。@@cutter テレビ出演を得意としないヴィクトリアが、人気司会者エレン・デジェネレスのファンとのことで彼女のトーク番組『エレンの部屋』に出演。国連の親善大使も務めるヴィクトリアが1つ正解する毎に、エレンから1000ドルを国連に寄付してもらえるとのことで“デヴィッドのタトゥー”当てクイズに興じることになった。  ところが、体中にタトゥーのあるベッカムの肉体美を見飽きていてもいいほどのヴィクトリアは回答に苦戦。まずデヴィッドが背中に入れた息子ブルックリン、ロメオ、クルスの名前のタトゥーの順番を上から下に言うことになったが、「クルス、ロミオ、ブルックリン…。違う。ロミオ、クルス、ブルックリンの順かしら?」と答えながらも半信半疑。「何で覚えてないの?」とエレンに突っ込まれると「マズいわよね」と苦笑し、「もっと彼の背中を見なくちゃ」と言われて、大笑いするヴィクトリアの姿が新鮮だった。  その後、愛娘ハーパーの名前のタトゥーの場所では「鎖骨のところよ」と即答したが、「どっちの?」と聞かれると「えっと…」と声が小さくなる始末。「彼の左?」と正解したが、エレンに再確認されると自信をなくしたようで「私、まるでダメだわ。もっと彼のこと見なくちゃ」と大きな声を上げ、会場の笑いを誘った。  回答には苦戦していたものの、楽しそうだったヴィクトリア。彼女へのトリビュートだった“セクシー・ヴィクトリア”のタトゥーの場所は迷うことなく回答し、最後にはデヴィッドとのラブラブぶりを披露した。

  • OUT誌「最も影響力のある同性愛者」2位に選出されたエレン・デジェネレス

    「最も影響力のある同性愛者50人」発表、エレン・デジェネレス、ティム・クック選出

    セレブ&ゴシップ

     米・同性愛者向け雑誌「Out Magazine」が、毎年恒例のランキング「アメリカで最も影響力のある同性愛者」50人を発表。今年は米トーク番組『エレンの部屋』でおなじみのエレン・デジェネレスが、トップの座をアップル社CEOティム・クックに奪われ、2位にランクインした。@@cutter メディアにおいての認知度を持つ著名人の中から、いかに経済や政治的見解に影響を与えているかを「Out Magazine」の編集部によって判断し決定しているという同ランキング。  エレン、クックのほか、トップ5にはニュース専門放送局・MSNBCのレイチェル・マドー、米上議員のタミー・ボールドウィン、CNNのキャスターであるアンダーソン・クーパーが続いた。  また、9位にコメディドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』の出演者ラヴァーン・コックス、10位にトーク番組『Watch What Happens Live』司会のアンディー・コーエンがランクイン。11位にはTVシリーズ『glee/グリー』のクリエイター、ライアン・マーフィーが選ばれたほか、同シリーズでチアリーダーのコーチ役スー・シルベスターを演じたジェーン・リンチが12位に選出されている。  このほか、リストに含まれている有名人たちの中には俳優のニール・パトリック・ハリス、ザカリー・クイント、映画監督のリー・ダニエルズ、ブライアン・シンガー、ミュージシャンのシーア、フランク・オーシャン、女優のエレン・ペイジ、ファッションデザイナーのマイケル・コース、アレキサンダー・ワン、トム・フォードらがいる。

  • キス・キス・キスの嵐!ラブラブ・セレブが大集合

    キス・キス・キスの嵐!ラブラブ・セレブが大集合

    セレブ&ゴシップ

    2月のバレンタインデーも近いということで、恒例となりつつあるセレブ・カップルたちのラブラブ・キス現場を新たにご紹介いたします。

  • MIYAVI、アメリカの人気テレビ番組『エレンの部屋』に出演

    MIYAVI、米人気トーク番組出演 アンジー監督作出演に「不安もあった」

    映画

     ミュージシャン・MIYAVIが、現地時間19日に人気司会者エレン・デジェネレスの米人気テレビ番組『エレンの部屋』に出演。「初めての英語のテレビ番組出演よね?」と語りかけるエレンにMIYAVIは「はい、すごく緊張してます。だからゆっくりしゃべってくださいね」と笑いを誘い、俳優としてハリウッドデビューを果たしたアンジェリーナ・ジョリー初監督作『Unbroken(原題)』に出演した理由を明かした。@@cutter 『Unbroken(原題)』は1998年の長野オリンピックで来日し、聖火ランナーを務めたことのあるオリンピック選手のルイス・ザンペリーニの半生を描いたドラマ。第二次世界戦争中の海に墜落してしまったザンペリーニ(ジャック・オコンネル)と2人の乗組員は、47日間の漂流の末、捕虜として日本兵の収容所に送還されてしまう…というストーリーが展開。激しい暴行シーンが波紋を呼んでいる同作でMIYAVIは、残虐な看守役を演じる。  早速、出演した経緯について聞かれると「僕の演奏する姿をアンジェリーナがネットで見つけたんです。それでこの映画のキャスティング監督に紹介したと聞きました」と明かしたMIYAVI。「キャスティング監督はアポなしで僕のオフィスに来たから、僕は映画について何も知らなかった。そして誰がお気に入りの俳優か聞かれて、アンジェリーナと答えたんです」と驚きのエピソードが飛び出した。  MIYAVIは「最初は映画俳優としての経験もない自分に務まるのか、そして批判を生まないか不安でもありました」と振り返り、「でも実際に会ったとき、アンジェリーナは『人々を裏切るものを作りたい』と話してくれた。そして『これはどこでも起こりうることだというメッセージを伝えたい』と説明されて、すごく意味のあることだと感じました」と出演を決意したという。@@separator 撮影中については「本当に大変でした。特に外での撮影は猛烈に暑かったです」と予想以上にハードだったようだが、「でもルイス・ザンペリーニさんの番組を見たんですが、あんなにつらい経験をして、日本へ戻ってきた彼が80歳にして長野オリンピックで地元の子供たちと走り回っていたんです。そしてみんなが笑っていた。だから、僕はがんばる決心が出来た」とルイス氏について言及した。  また役作りについては「出演者はみんなすごく良くしてくれたけど、役が役だけに、彼らとは距離を置かないといけなかった。『もし彼らが僕の家族に手をかけるなら僕はどんなことでもする』という風に想像しました。それが戦争だから。本当につらかった」と撮影時の苦悩を吐露した。番組の最後には、エレクトリックギターをピックを使わずに演奏するMIYAVI独自の演奏で、昨年リリースした新曲『Let go』を披露。番組の客席からは大歓声が鳴り響いた。

  • ローレン・グレアム、30分の新コメディドラマでは主演・脚本・製作の一人3役!

    『ギルモア・ガールズ』ローレン・グレアム、主演・製作・脚本のコメディ企画が進行中

    海外ドラマ

     人気海外ドラマ『ギルモア・ガールズ』のローレライ役で知られるローレン・グレアムが、人気司会者エレン・デジェネレスとタッグを組み、新コメディドラマの主演と脚本、製作を務めるそうだ。Deadlineが伝えた。@@cutter 現在、1時間のファミリー・ドラマ『Parenthood(原題)』に出演するローレンだが、同ドラマは現在放送中のシーズン6をもって終了する。そのドラマを放送するNBC局が、再びローレンを主演に30分のコメディドラマ『Kate On Later(原題)』の企画を進めているという。  ローレンは主役のケイトを演じるほか、映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』の原作者として知られるリズ・タシーロと共に脚本を手掛け、共同製作を務めるそうだ。タシーロはエレンと共に製作総指揮を兼任する。  コメディ『Kate On Later(原題)』は現在のところ、脚本の発注が出ている段階とのことだが、夜のトーク番組がストーリーの軸になるという。ローレン演じるケイトが、夢見ていた以上の大きなチャンスを手にし、ネットワーク局の夜のトーク番組という、いまだに女性の司会者が出ていない世界に飛び込むという展開になるそうだ。  エレンと公私共に親しくしているローレンは昨年、ローレンのデビュー小説『Someday,Someday,Maybe(原題)』のドラマ化で、エレンの製作会社A Very Good Production(ア・ベリーグッド・プロダクション)とコラボしている。同ドラマはCW局が放送権を獲得したそうだが、その後の進捗は伝えられていない。

  • “懐かしの写真”で最多の120万「いいね」を集めたジャスティンとパパの写真

    ジャスティン・ビーバー&パパ、インスタグラム“懐かしの写真”「いいね」数が1位に

    セレブ&ゴシップ

     欧米のソーシャルメディアで流行っているアクティビティ「Throwback Thursday」。ひと昔前の自分や親しい人との“懐かしい写真”などを木曜日に掲載することだが、写真共有サービス「インスタグラム」に掲載されたセレブの“懐かしの写真”で、2014年に最も多くの「いいね」を集めたのは、歌手ジャスティン・ビーバーの写真だったという。@@cutter #TBT(Throwback Thursdayの略)とタグ付けされることが多い“懐かしの写真”。TIMEが伝えるところによると、ジャスティンが最多「いいね」を集めた写真は、約4ヵ月前に掲載した実父ジェレミーとの写真だった。幼いジャスティンが水辺で父ジェレミーとファイティング・ポーズを取っており、あどけないジャスティンがとても愛らしい。  キャプションには「僕と父さん#tbt 大好きだよfaja」と記載されている。Fajaとは、father(父)のこと。120万「いいね」を集めた。  ほかに多くの「いいね」を集めたセレブの“懐かしの写真”は、キム・カーダシアンが掲載した、歯の矯正器具を付けたニコール・リッチーと写っている13歳の時の写真(59万1000「いいね」)や、幼いミシェル・オバマ米大統領夫人が兄と写っている写真(3万7500「いいね」)など。  ビヨンセが約7ヵ月前に掲載した「デスティニーズ・チャイルド」時代の写真は66万7000「いいね」。コラ画像が得意な人気トーク番組司会者エレン・デジェネレスが、1982年の名作SFファンタジー『E.T.』の場面写真を加工し、ETの顔を自分の顔に付け替えて「ハッピー・Throwback Thursday」と“懐かしの写真”掲載日を祝っている写真は29万6000「いいね」だった。

  • 米フォーブス誌2014年「世界で最もパワフルなセレブ100」1位はビヨンセ

    ビヨンセ、米フォーブス誌「世界で最もパワフルなセレブ100」1位に

    セレブ&ゴシップ

     米経済誌の「Forbes」が毎年恒例の「世界で最もパワフルなセレブ100」ランキングを発表。米音楽界をけん引する歌手ビヨンセが、2014年度の栄えある1位に選ばれた。@@cutter このランキングは、映画やテレビ、スポーツ、音楽など、各界で活躍するトップスターたちの収入やは著名度などを基に算出される。ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアにおける露出や影響力、編集部が現場で耳にした声、弁護士、プロデューサー、エージェントなどの話を数値化し、総合的な評価でランキングを決定しているとのこと。対象期間は昨年6月1日からの一年間。  男女混合の総合トップに輝いたビヨンセは、1億1500万ドル(約116億円)を稼ぎ出したとのこと。音楽での収入を始め、ファッションブランド「H&M」やペプシなどの広告に出演し、香水やアパレルなど、自身のブランドでも大きな成功を収めた。  5位に輝いたエレン・デジェネレスは、今年のアカデミー賞で撮影した、豪華スター総出のセルフィー(自撮り写真)が、ツイッターの記録を破り話題に。冠番組の人気トークショーはもとより、ドラマや他の番組のプロデュースを手掛け、化粧品ブランド「カバーガール」の広告塔を務めるなど、7000万ドル(約71億円)を稼ぎ出した。  映画女優部門でトップになったジェニファー・ローレンスは総合12位、映画俳優部門トップのロバート・ダウニー・Jrは、総合10位にランクインしている。  性別、活躍する分野が混合の総合ランキングでは、スポーツ選手やテレビ司会者も上位入りしているが、トップ20では全体的に俳優や歌手が多い結果に。昨年9位のジャスティン・ビーバーは、ソーシャルメディアでの影響力はトップだったものの、その他でのカテゴリーでパワーがなかったとのことで、今年は33位だった。 「Forbes」誌の2014年「世界で最もパワフルなセレブ100」トップ20は以下の通り。 1位 ビヨンセ 2位 レブロン・ジェームズ(NBA選手) 3位 ドクター・ドレー 4位 オプラ・ウィンフリー 5位 エレン・デジェネレス 6位 ジェイ・Z 7位 フロイド・メイウェザー・Jr(ボクサー) 8位 リアーナ 9位 ケイティ・ペリー 10位 ロバート・ダウニー・Jr 11位 スティーヴン・スピルバーグ 12位 ジェニファー・ローレンス 13位 ボン・ジョヴィ、ブルーノ・マーズ(同位) 15位 コビー・ブライアント(NBA選手) 16位 ロジャー・フェデラー(テニス選手)  17位 マイリー・サイラス  18位 テイラー・スウィフト  19位 レディー・ガガ  20位 カニエ・ウェスト

  • LGBTコミュニティの「最も影響力のある人物」1位に選ばれたエレン・デジェネレス

    エレン・デジェネレス、LGBTコミュニティ「最も影響力のある人物」リストで1位に

    セレブ&ゴシップ

     米人気トーク番組司会者のエレン・デジェネレスが、同性愛者向けライフスタイル情報誌「OUT」により、LGBTコミュニティで「最も影響力のある人物」1位に選ばれた。@@cutter 今回で8回目を迎えるという「OUT」のパワーリストは、アメリカのゲイ&レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの有名人の中で最も影響力のある人物50人を選出したもの。世間からの注目度や文化的影響力などの要素を独自の方法で計算し順位を割り出しているという。  エレンは昨年の2位から今年は1位に返り咲いた。3月にはアカデミー賞授賞式の司会を務め、本番中に豪華スターたちとの自撮り写真を撮影してツイッターに掲載し話題に。アカデミー賞授賞式の放送で2004年以来の高視聴率をもたらすことに貢献した。「OUT」誌では、“誰からも愛されている”ことが勝因の1つとしている。  2位は、スティーブ・ジョブズ亡き後にアップルを率いるティム・クック。ミズーリ大学のアメフト選手でNFLドラフトの有望株と言われているマイケル・サムは9位。マイケルは今年2月、同性愛者であることをカミングアウトした。  本パワーリストは各界で活躍する有名人が対象だが、エンターテインメント業界からはエレンの他、人気の海外ドラマ『glee/グリー』のクリエイター=ライアン・マーフィーが6位、海外ドラマ『天才少年ドギー・ハウザー』の子役スターで現在もテレビを中心に活躍するニール・パトリック・ハリスが7位にランクインした。  トップ10圏外では、『glee/グリー』のスー・シルベスター役でお馴染みのジェーン・リンチが20位。『X‐MEN』シリーズの映画監督ブライアン・シンガーが28位、今年2月に同性愛者であることを告白したエレン・ペイジが29位に。ファッション・デザイナーのトム・フォードとマーク・ジェイコブズは、それぞれ37位と39位、歌手のフランク・オーシャンは42位に選ばれている。

  • U2の後ろでちゃっかり写っているベネディクト・カンバーバッチ(※ABS-CBN Newsのツイッターより)

    <第86回アカデミー賞>ベネディクト、U2の写真撮影に乱入!今年の授賞式ハプニング

    セレブ&ゴシップ

     現地時間2日、ロサンゼルスで開催された映画の祭典=第86回アカデミー賞。今年はムードメーカーのコメディエンヌ=エレン・デジェネレスが司会を務め、和やかムードで進んだが、昨年に続き、ジェニファー・ローレンスが転倒するというハプニングが起きた。@@cutter 昨年は主演女優賞を受賞し、ステージに上がる途中でドレスの裾に足を引っ掛け、階段の途中で倒れ込んでしまったジェニファー。今年は何と、気が早いことにレッドカーペットでこけてしまった。詳しい状況は不明だが、エレンのジョークのネタでは車を降りた矢先だった模様。体のバランスを崩し、倒れかけたジェニファーが前にいた女性の肩を掴もうとしている動画がすぐにネット上に出回った。  レッドカーペットと言えば、プレゼンターとして授賞式に出席したベネディクト・カンバーバッチ。主題歌賞にノミネートされていたU2が写真撮影に応じていると、後ろからメンバーには分からないようにこっそり乱入している姿をキャッチされた。そんなお茶目な姿を見せたベネディクトだが、助演女優賞を獲得した『それでも夜が明ける』の共演者ルピタ・ニョンゴの受賞スピーチでは胸を打たれ、目頭を熱くする一場面も。  授賞式の最中はエレンが、豪華スターたちと自撮りした写真をツイッターに掲載すると、ツイッターがアクセス過多でサーバーがダウンしたという。さらにエレンはブラッド・ピットやメリル・ストリープらに「おなか空いてるわよね?」と言い、ピザの宅配を頼んで、みんなに振る舞うものの、「稼いでるでしょ」とピザ配達員へのチップ代を要求。ファレル・ウィリアムスがかぶっていた帽子を借りて、お金を貰いに会場を回り、大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインから200ドルをゲット。ブラッドが20ドル札を差し出すと、「もっと出しなさい」と、さらなるカンパを求めて会場を笑わせた。

  • 司会のエレン・デジェネレスが、アカデミー賞授賞式中にパチリ!

    <第86回アカデミー賞>豪華すぎる自撮り写真!ブラピやジュリアら豪華俳優と記念撮影

    セレブ&ゴシップ

     現地時間2日、第86回アカデミー賞授賞式が開催され、司会を務めるエレン・デジェネレスが、ブラッド・ピット、ジェニファー・ローレス、ジュリア・ロバーツらと携帯電話で写真を撮り、自身のツイッター上に投稿した。@@cutter エレンは、授賞式の途中にノミネート俳優たちが座っている観客席に降り立ち、携帯電話を取り出して、撮影の呼びかけをした。大勢が集まったせいか、エレンの腕の長さでは自撮りができない為、ブラッドリー・クーパーに携帯電話を渡し、ブラッドリーが撮影した。  エレンのツイッターに投稿された写真には、ブラッド・ピット、ジェニファー・ローレス、ジュリア・ロバーツ、メリル・ストリープ、ケヴィン・スペイシー、ブラッドリー・クーパーなど豪華俳優・女優達が満面の笑顔で写っている。写真では分かりにくいが、アンジェリーナ・ジョリーも顔半分だけが見えている。

  • どっちがどっち?双子同然のそっくりセレブ

    どっちがどっち?双子同然のそっくりセレブ フォト特集

    セレブ&ゴシップ

    顔が似ているセレブがいてもなんら不思議はない。なかでも双子級にそっくりな彼らを集めてみました!

  • 「ファインディング・ニモ」オリジナルキャスト揃って続編へ

    「ファインディング・ニモ」続編、オリジナルキャスト揃う

    映画

     俳優のアルバート・ブルックスがディズニー傘下のピクサー社製作の「Finding Nemo 2(原題)」で、オリジナルの主人公マーリン役の復帰契約を交わし、製作へのゴー・サインが出たことがDeadline.comほか複数メディアの報道で明らかになった。@@cutter 第一作の「ファインディング・ニモ」(03)は、サンゴ礁の海を舞台に「人間の世界」へさらわれた我が子ニモを懸命に探す父親マーリンの大冒険を描いたファンタジー・アニメ。リアルな水の表現にこだわり、最新のCG技術を駆使して作り出したかつてない映像世界が展開する、全米ではアニメ史上最高となる驚異的な興収を記録する大ヒットとなった作品だ。  ここまでの経緯の中では、まずオリジナルのメガホンを取ったアンドリュー・スタントンの承諾を得、マーリンを励ます陽気なナンヨウハギ、ドリー役のエレン・デジェネレスにもイエスをもらい…ときたところ、ブルックスのサインがなかなかもらえないという事態に陥っていた。というのも、ブルックスは映画「ドライヴ」での悪役バーニー・ローズがで再ブレイクし多忙になってしまったから。  またデビュー小説「Twenty Thirty:The Real Story Of What Happened To America(原題)」がベストセラーになってしまい、第2作目に取り組んでいる最中でもあるという。その彼を待ち続け、説き伏せたピクシー社の忍耐力に敬意を表したいし、またマーリンは彼の声でなければ、世界中のファンも納得しないだろう。いずれにせよ、続編が楽しみな作品である。(後藤ゆかり)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access