西田敏行 関連記事

  • 大森南朋主演『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』、発表された新キャスト

    大森南朋主演『サイン』に西田敏行が特別出演 森川葵ら追加キャスト発表

    エンタメ

     俳優の大森南朋が主演を務める7月スタートのドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)に、俳優の西田敏行が特別出演することが発表された。ドラマの舞台となる架空の国家機関「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭役を演じる。@@cutter 韓国の大ヒットドラマ『サイン』(2011)を原作とする本作は、遺体から“真実”をあぶり出す法医学者たちと、不都合な“事実”を隠ぺいしようとする巨大権力の熾烈な攻防戦を描く法医学サスペンス。  西田が演じる兵藤は、大森が演じる主人公・柚木貴志の恩人かつ育ての親であり、日本法医学界の良心ともいうべき崇高な志と優しい心を持つ人物。同じ放送枠で10月からシリーズ再開する人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』では、筋金入りの権力欲を原動力に、何度失脚しようとも大学病院院長の座に返り咲く蛭間重勝を演じてきた西田が、本作では真逆の役柄を演じることになる。  西田は今回の役どころについて「兵藤は法医学者として真摯(しんし)に、死者のご遺体の声なき声に耳を傾ける男。私もその志を心に秘めて、最後までまい進したいと思います」と意欲をにじませた。また、映画『アウトレイジ 最終章』(2017)をはじめ、これまで幾度も共演してきた大森について、「あんなに優しい顔の大森南朋を見たのは初めてです。以前共演したときは、劇中で私のことをマシンガンで撃とうとしましたからね(笑)。そういった意味でも、穏やかな気持ちで撮影に臨めて幸せでしたし、大変気持ちよく撮影初日を迎えることができました」と感無量の様子。  一方、大森も「以前共演させていただいた作品では敵対した役柄で、あまり目が合うお芝居がなかったのですが、今回は師弟関係ということで、がっつり憧れの西田敏行さんに受け止めていただいております。最高にうれしい日々です。また、撮影合間には他愛のない話を西田さんとさせていただいている…それが幸せです」と、敬愛する大先輩との共演を喜んでいる。  このほかの追加キャストとして、木下ほうかが権力の手先となる“悪の化身”のような議員秘書・佐々岡充役、利重剛が人間味あふれる捜査一課長・下山益男役、森川葵が謎の女・島崎楓役で出演することも発表された。  また、第1話で起こる国民的歌手の死亡事件において、大きな鍵を握る第一発見者・宮島清花役で柳美稀、国民的歌手・北見永士役で横山涼が出演するほか、「日本法医学研究院」の愉快なメンバーとして、佐津川愛美、小久保寿人、吉田ウーロン太、さらに怪しい動きを見せる国立大学の法医学准教授役で淵上泰史、国民的歌手の所属事務所社長役で猪野学も登場する。  ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』は、テレビ朝日系にて7月11日より毎週木曜21時放送。

  • 映画『任侠学園』ポスタービジュアル

    西島秀俊×西田敏行『任侠学園』特報解禁 主題歌はスカパラに決定

    映画

     俳優の西島秀俊と西田敏行がダブル主演を務める映画『任侠学園』の公開日が9月27日に決定。併せてポスタービジュアルと特報映像が解禁され、主題歌を東京スカパラダイスオーケストラが担当することも発表された。@@cutter 本作は、ヤクザが経営危機の高校の再建に奮闘する姿を描く、今野敏のエンターテインメント小説『任侠学園』が原作。経営が立ちゆかなくなった高校を建て直すため、新しい理事として現れたのは、曲がった事が大嫌いな昔気質のヤクザ・阿岐本組。見た目は怖く荒々しかったが、義理人情の正義を貫く彼らの情熱に、次第に空気が変わっていく。  東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦は、本作のために書き下ろした主題歌「ツギハギカラフル」の歌詞について、「価値観の多様化で益々予測できない未来を意識的に楽しもうじゃないか、という気持ちで書かせて貰いました」とコメント。作品について「社会的に正しいか不適切か、よりも、行動に真心や愛情があるかどうかで物事を判断したい、と常々思ってる自分に、この映画はとっても刺さりました」と感想を語っている。  楽曲が流れる特報映像では、ドスを利かせた声で「行くぞ!」と組員たちを率いる西島扮する阿岐本組ナンバー2の日村の姿からスタート。「シートベルトのルールを守ってやってるんだぞコノヤロー!」と、更にドスを利かせた西田演じる組長・阿岐本をはじめ、組員役の伊藤淳史、池田鉄洋など、いかついながらもどこか不器用で親近感が湧く、地元密着型ヤクザ・阿岐本組の面々が次々に登場する。  また、「わたくしどもがヤクザだってこと、いつ頃分かりました?」と野太い声で迫り寄る阿岐本組長に対し、生瀬扮する学園の校長・綾小路が「会ってすぐ」と即答する一幕など、小気味よいテンポで繰り広げられるコメディシーンも収録されている。  ポスタービジュアルは、学校の教室の中で、凄みのある表情の西島と西田が大きく配置されたもの。その後ろには、組員役の伊藤や学生役の葵わかな、桜井日奈子、葉山奨之の姿も見ることができる。  映画『任侠学園』は9月27日より全国公開。

  • 映画『風の電話』に出演する(左から)モトーラ世理奈、西島秀俊、三浦友和、西田敏行

    モトーラ世理奈×西島秀俊ら共演、故人に思いを伝える『風の電話』2020年公開

    映画

     今は亡き大切な人と思いをつなぐ電話として新聞やテレビをはじめ数多くの媒体で取り上げられてきた「風の電話」が、モデルで女優のモトーラ世理奈の主演、俳優の西島秀俊、三浦友和、西田敏行らの共演で映画化されることが決まった。4月中旬にクランクインし、2020年初春の公開を予定している。@@cutter 「風の電話」は岩手県大槌町の小高い丘の上にある。2011年、佐々木格氏が、死別したいとこともう一度話したいという思いから、自宅の庭に白い電話ボックスを設置し、ラインのつながっていない黒電話を置いた。東日本大震災以降、今は会えない家族や友人に心で話すこの電話には、3万人にも上る人々が訪れている。  このエピソードを基にした本作は、一人の少女が広島から故郷の岩手に帰り、「風の電話」にたどり着くまでの道程を通し、傷ついた心の救済や、人々が忘れかけている大切なものをテーマに描く。  主人公ハル役には、2015年よりモデルで活躍し、近年は『少女邂逅』『21世紀の女の子』など映画でも注目されるモトーラ。ハルと行動を共にする森尾役に西島、旅の途中で出会い、ハルに影響を与える重要な人物として、三浦、西田らの出演が決まった。監督は、独特の映画演出とその完成度の高さでフランスをはじめ国内外で絶賛されている諏訪敦彦が、日本映画としては『H story』以来18年ぶりにメガホンをとる。  クランクインにあたり諏訪監督は「旅は生まれ変わるための再生の行為です。私たちも傷ついた主人公ハルの魂とともに、『風の電話』を目指して旅をしてみようと思います」とした上、「映画は何かを見せるものであると同時に、見えない何かを想像させるものでもあると思います。この映画がその想像の力を快復できる旅になることを願っています」と話す。  「風の電話」の設置者である佐々木氏は「亡き人とつながれるという思いが、人に生きる希望を与えることができます。人は人生において、自分の物語を創出し、それを生きていると考えることができます。最愛の人を失った時、遺された人の悲しみを癒すのは、その人の持つ感性と想像力です」とコメントしている。  映画『風の電話』は2020年初春全国公開。

  • 映画『任侠学園』ビジュアル

    西島秀俊&西田敏行W主演、ヤクザが世直し?『任侠学園』映画化

    映画

     ヤクザ者が経営危機の高校の再建に奮闘する姿を描く今野敏のエンターテインメント小説『任侠学園』が、西島秀俊と西田敏行のダブル主演で映画化、今秋公開されることが決まった。@@cutter 原作は、昔気質のヤクザ・阿岐本組が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立高校や出版社、病院などの経営再建を試みる「任侠」シリーズ(中公文庫)の一作。累計45万部を突破した同シリーズの中でも人気の高い作品となっている。  経営が立ちゆかなくなった高校を建て直すため、新しい理事として現れたのは、曲がった事が大嫌いな昔気質のヤクザ・阿岐本組。見た目は怖く荒々しかったが、義理人情の正義を貫く彼らの情熱に、次第に空気が変わっていく。  主演の西島は、「義理と人情の任侠役を演じてみたい」と熱望し続けた思いがついに実現。まじめ過ぎるがゆえ時に空回りしてしまうお茶目な側面を持つ主人公の阿岐本組ナンバー2・日村を演じる。  そして、子分たちを振り回しながらも、ストレートな言葉で多くの人の心を揺さぶる阿岐本組組長を演じるのが西田。『釣りバカ日誌』シリーズで20年以上演じた「浜ちゃん」の陽気さに、『アウトレイジ』シリーズでのこわもてぶりも加えた究極のキャラクターを作り出している。  監督は、『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』シリーズや『民王』などの人気ドラマを手がけた木村ひさし。  西島は「本作はこれまでのキャリアの中で大きな意味を持つ作品の一つになると確信しています。日村という役は今まで演じたことのない、全く新しいキャラクターです。何が正しく何が間違っているのか、誰もが迷うこんな時代だからこそ、“昔気質”の真っ直ぐ過ぎる日村のような男が新たな道を切り開いてくれるのではないでしょうか」と話す。  西田も「この映画は今の時代にとって、とても画期的な作品になりそうでワクワクしています。本作で生きるヤクザたちが示す、『お互いを愛し合い、見つめ合い、そして理解し合う』というある種の一本筋を通すという“任侠道”は、万国共通の人々が幸せになるための一本の道だと思います。この映画が、今悩んだり、くすぶっている皆さんを勇気づけるエネルギーとなるような作品になれば嬉しいです」とコメント。  「主人公が主人公だけに、映像化はないものと思っていた」という原作者の今野は、「一日だけ撮影の様子を見学させていただきましたが、阿岐本親分が現場に入るだけでぴりっと緊張感が走るのが印象的でした。親分、本当に怖かった」と西田の迫力に感心。「きっと私の想像をはるかに超えた映画になると信じています」と期待を寄せる。  映画『任侠学園』は2019年秋に全国公開。

  • (左から)第42回日本アカデミー賞 優秀賞発表記者会見に登場した西田敏行、蒼井優

    第42回日本アカデミー賞 優秀賞発表、『万引き家族』が最多13受賞

    映画

     「第42回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が15日、都内にて行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と蒼井優が出席。優秀作品賞に『カメラを止めるな!』『北の桜守』『孤狼の血』『空飛ぶタイヤ』『万引き家族』の5作品が発表され、『万引き家族』が最多13の優秀賞を受賞した。今回の司会を務める蒼井は「私にとっても、今年の受賞者にとっても忘れられない一日になると思うので、皆さんの喜びを感じつつ、楽しんで司会を務めたい」と意気込みを語った。@@cutter 2018年の1年間に日本で公開された映画の優秀作品を表彰する「日本アカデミー賞」。岡田裕介同賞協会会長が「2018年は実写作品が豊作だった」と総評する中、作品賞のほか、アニメーション作品賞、優秀監督賞、優秀主演男優・女優賞、優秀助演男優・女優賞など、正賞15部門ならびに新人俳優賞も発表された。  日本アカデミー賞協会組織委員会副会長であり6年連続で司会を務める西田は、優秀作品賞の中で注目作を聞かれ、「『孤狼の血』は私のライバルの役所(広司)くんが出ているので気になるけど、なるべくなら獲らないでほしい」「『万引き家族』は、獲るんだろうなと思わせつつ、『日本アカデミー賞』だけ外すのかなとも思ったり。これだけ褒められた映画だからどこかでケチをつけたい」などと独特の西田節で紹介し、笑いを誘った。  一方、蒼井といえば、昨年の授賞式で「映画館って良くないですか?」という内容のスピーチが話題になったが、今年の受賞者に対しては、「あのステージの上ってすごく緊張するんですね。頭の中で考えていたことの10%も言えないくらい。なるべく、みなさんの頭の中や胸の内にある言葉を聞かせていただけると嬉しいし、私は昨年滑舌が悪かったために、“映画界”と言ったのか“映画館”と言ったのか議論になったということを耳にしたので、1つアドバイスをするとすれば、滑舌よく話すと伝わりやすいのかなと思います」と苦笑いしつつ語った。  また新人俳優賞には、上白石萌歌、趣里、平手友梨奈、芳根京子、伊藤健太郎、中川大志、成田凌、吉沢亮が選ばれた。  「第42回日本アカデミー賞」授賞式は3月1日に開催され、各部門の最優秀賞が発表される。  以下、「第42回日本アカデミー賞」優秀賞の主な受賞結果。 ■優秀作品賞 『カメラを止めるな!』 『北の桜守』 『孤狼の血』 『空飛ぶタイヤ』 『万引き家族』 ■優秀アニメーション作品賞 『ドラゴンボール超 ブロリー』 『ペンギン・ハイウェイ』 『未来のミライ』 『名探偵コナン ゼロの執行人』 『若おかみは小学生!』 ■優秀監督賞 上田慎一郎『カメラを止めるな!』 是枝裕和『万引き家族』 白石和彌『孤狼の血』 滝田洋二郎『北の桜守』 本木克英『空飛ぶタイヤ』 ■優秀主演男優賞 岡田准一『散り椿』 舘ひろし『終わった人』 濱津隆之『カメラを止めるな!』 役所広司『孤狼の血』 リリー・フランキー『万引き家族』 ■優秀主演女優賞 安藤サクラ『万引き家族』 黒木華『日日是好日』 篠原涼子『人魚の眠る家』 松岡茉優『勝手にふるえてろ』 吉永小百合『北の桜守』 ■優秀助演男優賞 岸部一徳『北の桜守』 ディーン・フジオカ『空飛ぶタイヤ』 西島秀俊『散り椿』 二宮和也『検察側の罪人』 松坂桃李『孤狼の血』 ■優秀助演女優賞 樹木希林『日日是好日』『万引き家族』 篠原涼子『北の桜守』 深田恭子『空飛ぶタイヤ』 真木よう子『孤狼の血』 松岡茉優『万引き家族』 ■新人俳優賞 上白石萌歌『羊と鋼の森』 趣里『生きてるだけで、愛。』 平手友梨奈『響 ‐HIBIKI‐』 芳根京子『累‐かさね‐』『散り椿』 伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』 中川大志『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』 成田凌『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』 吉沢亮『リバーズ・エッジ』

  • (左から)広瀬アリス、濱田岳

    濱田岳、『釣りバカ』の映画ファンを「絶対逃がさねえぞ!」

    エンタメ

     俳優の濱田岳、広瀬アリス、吹越満、小澤征悦、浅田美代子、西田敏行が、20日に都内で開催された新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編』(テレビ東京系/2019年1月4日21時)の記者会見に出席した。濱田は「映画ファンを『絶対逃がさねえぞ!』っていう気概もこもった作品になっております」と作品の仕上がりに自信をのぞかせた。@@cutter 四国・香川を舞台とする本作では、新婚ホヤホヤのハマちゃん(濱田)とみち子さん(広瀬)が、結婚式を挙げようと奮闘。しかしスムーズに事は運ばず、2人が新婚生活を送る香川に、スーさん(西田)と佐々木課長(吹越)が乱入してくる。小澤は戸高不動産の子息で芸術家の戸高仁を演じる。この日は、西田が主演を務めていた映画シリーズでみち子さんを演じていた浅田が、本作でみち子さんの母・小枝子を演じることも発表された。  主演の濱田は「僕らの『釣りバカ日誌』が、毎年お正月にこうして放送していただけるっていうのは、本当に夢が叶ったような。一ファンとして、とても夢が叶ったような作品です」としみじみ。「西田さんはもちろんのこと、浅田さん、小澤さんが登壇していただけているように、映画ファンを『絶対逃がさねえぞ!』っていう気概もこもった作品になっております」と、本作の仕上がりに自信をのぞかせた。  一方、結婚式を描く物語にちなんで、ウエディングドレス姿で登場した広瀬は、照れ笑いを見せながら「まだまだずっと、みち子という役を演じ続けたいなって、本当に思いました」と感慨深そうにコメント。そして「カレンダーイベントを、私毎年やるんですけど、ほとんどの方が『釣りバカ』で好きになったって言ってくださるんですね。それってすごくありがたいなと思って、そこまで(みち子さんほど)家庭的ではないですけれど、なんかうれしいなと思っています」と笑顔を見せていた。  新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編』は、テレビ東京系にて2019年1月4日21時放送。

  • 『西郷どん』で西郷隆盛役を務めた鈴木亮平

    今夜『西郷どん』最終回、鈴木亮平&西田敏行&渡辺謙よりコメント到着

    エンタメ

     今夜最終回となる第47回「敬天愛人」が放送されるNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合/毎週日曜20時)。最終回に向けて、主演の鈴木亮平、そして共演している西田敏行と渡辺謙からコメントが到着した。鈴木は「一人の人生をここまで時間をかけて追体験できたことは貴重な体験でしたし、とても幸せな時間でした」と回想している。@@cutter 最終回では西郷(鈴木)が、残った兵士とともに包囲網を突破し、薩摩の城山に到達。一方の大久保(瑛太)は、内国勧業博覧会の準備にまい進していた。時を同じくして、従道(錦戸亮)は、片足を失い政府軍に投降した菊次郎(今井悠貴)を西郷家に連れて帰る。政府軍総攻撃の前日、大久保は降伏すれば西郷の命を助けると指令を出すが、西郷はこれを拒否。城山から最後の戦いに向かう。そして糸(黒木華)は、夫・西郷の真意を息子たちに語り始め…。  鈴木は最終回について「最終回は、僕が演じた感想としては、すごくあたたかく明るい回になっています。鹿児島の城山で、西郷さんそして最後のラストサムライたちが、この国にどういう思いを託して散っていったのか。そして、彼らの死を通して、皆さんがそれぞれの人生をどのように生きていくのかについても考えさせられる回になっていますので、是非ご覧いただきたいと思います。そして『西郷どん』がみなさんの心の中にこれからも生き続けていただけたら嬉しいです」とコメント。  語り/西郷菊次郎役の西田は「いよいよ最終回を迎えますが、この1年間、長きにわたってみなさんにずっとご覧頂いた西郷隆盛、大久保利通、そして、糸さん、愛加那さん、みなさんとのお別れの時がやってきました。その思いをかみしめながら、『西郷どん』最終回をご覧いただき、ゆっくりと楽しんでください。そして、別れを惜しんでください。ついでに、語りの私にもちょっぴり『お疲れさま』みたいなことを言っていただけたら嬉しいです」とコメント。  島津斉彬役の渡辺は「鈴木の顔つきが回を重ねていくにしたがって変わっていきましたが、それは大河の主役をやる上での使命です。齢を重ね、経験を重ね、表情、目の奥、心の奥にあるものの変化に、視聴者のみなさんは心を奪われるわけですから。それはよくやったと思います。斉彬としては、ですよ(笑)」と、主演の鈴木を労っている。  NHK大河ドラマ『西郷どん』第47回「敬天愛人」は、NHK総合にて今夜12月16日20時放送(60分拡大版)。

  • 新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編』場面写真

    濱田岳×広瀬アリス『釣りバカ日誌』SPドラマ、2019年1月放送決定

    エンタメ

     濱田岳と広瀬アリスが共演する『釣りバカ日誌』シリーズのスペシャルドラマが、2019年1月に放送決定し、場面写真も解禁となった。濱田は「ついに、ハマちゃんとみち子さんの結婚式に向けてのお話!! ただ釣りバカなので、そう簡単に結婚式には辿り着きません(笑)」とコメントを寄せている。@@cutter 四国・香川を舞台とする本作では、新婚ホヤホヤのハマちゃん(濱田)とみち子さん(広瀬)が、結婚式を挙げようと奮闘。しかし、スムーズに事は運ばず、2人が新婚生活を送る四国・香川に、スーさん(西田敏行)と佐々木課長(吹越満)が乱入し…?  濱田は「釣りバカの制作チームの皆とは本当に長い付き合いなので、皆と会えることが何よりも喜びです! 西田さん演じるスーさんと久しぶりに楽しいセリフのキャッチボールができたので楽しかったし、また監督はじめ、スタッフの皆と賑やかに撮影に臨めたのは、とても嬉しかったなと…」とコメント。  また「もう勝手知ったる仲なので、スタッフキャスト一人一人の距離がとっても近くて他の現場にはない釣りバカ独特の空気になっていました。これをアットホームというのかな(笑)」と振り返り「僕にとっては居心地が良く、“ただいま”という感じで、とても楽しく毎日を過ごしていました」とも明かしている。  一方の広瀬は「シーズン2が終わった時に、また皆さんと一緒に釣りバカをやりたいと本当に思っていたので、ホームに帰るような感覚ですごく嬉しかったです。相変わらず温かくて楽しくて、ずっと笑いに包まれている現場だと思いました」と述懐。「実は今回夜遅くまで撮影することが多くありまして、なかなかハードなスケジュールだったのですが、不思議と疲れないんです。ずっと楽しいまま撮影が終わった感じがしました」とも。さらに「今回はみち子さんのお母さんが出てくるのですが…そこに皆さん注目して頂きたいです!」と見どころをアピールした。  新春ドラマスペシャル『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編』は、テレビ東京系にて2019年1月放送。

  • 『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』第1話完成披露試写会&制作発表に登場した菜々緒

    菜々緒、共演の佐藤勝利はヒロイン? 過去の自分へエールも

    エンタメ

     女優の菜々緒が、9日に都内で開催された新ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の完成披露試写会&記者会見に、共演の佐藤勝利、木村佳乃、和田正人、白石聖、鶴見辰吾、船越英一郎、西田敏行と共に出席。菜々緒は、芝居を続けていこうと思えた瞬間などについて語った。@@cutter 悪魔と呼ばれるほど冷酷非情な凄腕人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)が、とある企業を舞台に、どんな会社でも起こりうる問題を悪魔のように大胆な方法で解決する姿を描く本作。菜々緒は芝居で意識していることについて、「目上の方に対して、堂々と発言するシーンが多いので、そこで緊張してしまうと、やっぱり言葉だったりとか仕草に出てきちゃうと思うので、まず緊張しないことを意識しながら台詞を言うようにしています」とコメント。  一方、眞子が手先にする新入社員・斉藤博史に扮する佐藤は「椿眞子さんに振り回されるので、Mっぽく映るんですけど、共演者の皆さんに、そのMっぽさが好評でして」とニッコリ。「挙句の果てに、菜々緒さんには僕は『ヒロイン』と呼ばれていまして。男なんですけど(笑)」と自虐しつつ、「ヒロインを背負って、斉藤博史の可愛らしさも出せるように頑張っていきたいなと思います」と抱負を語った。  会見では、一同が「仕事を始めた頃の自分」にメッセージを贈る一幕も。菜々緒はドラマ初出演時にオリンピックが重なり、視聴者が減るのではと心配していたことを回想したうえで、当時のプロデューサーにかけられた「自分たちが『良い』と思うものを作りなさい!」という言葉を紹介。「本当に面白いもの・良いものを作ろうという姿勢が、すごく大事だなと教えていただけた」としつつ、「そういうことに捉われずにお芝居をしていけばいいんだって強く思えた瞬間であり、お芝居を続けていこうと思えた瞬間でもあるので、この言葉はすごく私の中では大きい」と明かした。  当日は、本作の主題歌が安室奈美恵の楽曲『Body Feels EXIT』(ベストアルバム『Finally』収録バージョン)に決定したことも発表された。  新土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』は、日本テレビ系にて4月14日より毎週土曜22時放送(初回15分拡大)。

  • 最優秀助演男優賞を受賞した役所広司

    <日本アカデミー賞>役所広司、自身初の最優秀助演男優賞受賞

    映画

     第41回日本アカデミー賞授賞式が2日、都内で行われ、『三度目の殺人』『関ヶ原』の2作品で優秀助演男優賞を受賞した役所広司が『三度目の殺人』で最優秀助演男優賞を受賞した。役所は第20回『Shall we ダンス?』、第21回『うなぎ』の最優秀賞を含む、過去18度、優秀主演男優賞を受賞しているが、助演での受賞は今回が初となった。@@cutter 役所は「もしかしたら…という気持はありました」と照れ笑いを浮かべると「(日本アカデミー賞協会会長の)岡田(裕介)さんから『監督にお礼をいうのはやめなさい』と言われていましたが、やっぱり是枝監督には感謝します」と深々と頭を下げる。  続けて「是枝監督とお仕事をするのは『三度目の殺人』が初めてでしたが、監督のデビュー作からずっとファンだったので、いつか撮影現場を経験したいと思っていました。ご一緒して、監督の粘り強さに脱帽しました」と撮影を振り返る。  この言葉を受けた是枝監督は「僕も念願かなって役所さんとご一緒できました。目の前で役所さんの演じている姿を見ると、僕が脚本を書いた以上のものを提示してくれるんです。演出って何だろうと考えさせられるとともに、とても勉強になりました」としみじみ。  さらに役所は「俳優の仕事をしてから随分たちますが、この会場には、三船敏郎さんや三國連太郎さんなど名優の方々に会うのが楽しみで来ていました。そういう人たちに影響を受けたり、教えられたり、真似をして、ようやく日本映画界で働くことができているような気がします」と感無量な表情を浮かべると「この映画では、福山雅治さんとの芝居も多く、その緊張感は二人で作り上げたようなものです」とタッグを組んだ福山への感謝も忘れなかった。  最後に役所は「先ほど薬師丸ひろ子さんとも話したのですが、僕らも高齢の方に入ってくる歳になりましたが、この賞をきっかけにもう少し頑張っていこうかなと思いました」と強い視線で未来を語っていた。 ■日本アカデミー賞優秀助演男優賞一覧 (★は最優秀賞受賞者) ★役所広司『三度目の殺人』 西田敏行『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 西村雅彦『家族はつらいよ2』 松田龍平『探偵はBARにいる3』 村上虹郎『武曲 MUKOKU』 役所広司『関ヶ原』

  • 「第27回 東京スポーツ映画大賞」助演男優賞受賞者4人に囲まれる審査委員長兼監督。左から大森南朋、ピエール瀧、ビートたけし(北野武)、松重豊、金田時男(全員『アウトレイジ 最終章』で受賞)

    ビートたけしら『アウトレイジ』出演陣、大杉漣さんを悼む 香取慎吾は「次は映画で」

    映画

     ビートたけしが、25日に都内で開催された「第27回 東京スポーツ映画大賞」「第18回 ビートたけしのエンターテインメント賞」の授賞式に出席。西田敏行、塩見三省ら『アウトレイジ』キャストと共に21日に急逝した大杉漣さんをしのんだ。@@cutter 「東京スポーツ映画大賞」は、同紙の客員編集長であるたけしが審査委員長となって1992年に発足。たけしは自身がメガホンを取った『アウトレイジ 最終章』で、作品賞、監督賞(北野武名義)、主演男優賞(西田、塩見)、助演男優賞(大杉漣、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、金田時男)、新人賞(金田がW受賞)の五冠を達成した。  大杉さんのことを踏まえ、「あまりくだらないことばかり言っている場合じゃない」と複雑そうな表情を見せたたけしだったが、この日もいつも通りのたけし節を見せ、会場を沸かせた。また『アウトレイジ 最終章』で大杉さんと共演した西田は、天に向かって「漣ちゃん、これからはあなたがずっと出演していた北野作品に、私がスライドすることになりました」とジョークを飛ばし、大杉さんの死を悼んだ。また同作の撮影前に脳出血を起こしていた塩見は「大杉、俺はこんな体になったけど、もうちょっとやってみるよ。ありがとう」と感慨深そうに語りかけていた。  続いて受賞者が発表されたのは、「第18回 ビートたけしのエンターテインメント賞」。2017年9月に“新しい地図”をスタートした稲垣吾郎、草なぎ剛とともに、“元SMAP”として「話題賞」を受賞した香取慎吾が登壇した。  「まさか本当にここに来る日が来るとは」と笑顔を見せた香取は、4月公開予定の映画『クソ野郎と美しき世界』に絡め、「次回はぜひ『映画大賞』の方に参加できたらなと思っています。きっと他の賞はもらえないと思うので、ここだったら…」と語り、たけしを笑わせていた。  この日は他に、長澤まさみ(『散歩する侵略者』にて主演女優賞)、広瀬すず(『三度目の殺人』にて助演女優賞)、綾小路きみまろ、島田洋七(ともに日本芸能大賞)、ブルゾンちえみ、ゆりやんレトリィバァ(ともに日本芸能賞)、そして常連となりつつある是枝裕和監督も出席。急きょ欠席となった斉藤由貴(『三度目の殺人』にて助演女優賞)を、たけしが「あなたは不倫の挙句、パンツを…」といじる一幕もあった。

  • 蒼井優、「第39回ヨコハマ映画祭」にて

    「第39回ヨコハマ映画祭」池松壮亮が主演男優賞、蒼井優は2度目の主演女優賞に輝く

    映画

     俳優の池松壮亮と女優の蒼井優が28日、神奈川県・横浜にて開催された「第39回ヨコハマ映画祭」の表彰式に出席。池松は『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で主演男優賞に、蒼井は『彼女がその名を知らない鳥たち』で主演女優賞を受賞し、その喜びを語った。@@cutter 池松は、3年前に映画『ぼくたちの家族』で助演男優賞を受賞し、今回と同じ石井裕也監督とタッグを組んでいた。「個人賞をいただけると思ってなかったし、この映画は市井に生きる人を描いているので、市民映画祭で主演男優賞は、大変嬉しいです」と喜びを語った池松。同作品は、作品賞、脚本賞、撮影賞に加え、共演の石橋静河が最優秀新人賞を受賞、5冠を達成している。  恋愛映画をあまり見てこなかったジャンルであることを明かしながら、池松は「人を好きになること、世界で起こっていること、全てが感情と結びついているのがすばらしいなと思って、台本を読み終わって最後のページを閉じたときに“僕ができるのは、これだ”と思った記憶があります」と新たな世界に共感したことを振り返っていた。  蒼井は、2007年に映画『フラガール』で主演女優賞を受賞しており、11年ぶりの同賞の栄冠に輝いた。この日は『フラガール』で監督を務めた李相日監督が特別にプレゼンターとして登場。蒼井は周辺のスタッフが11年前とほぼ変わっていないことに対して、「蒼井優という商品をあきらめずにずっと支えてくれたみなさんにとってこの賞は励みになると思いますし、私からお礼を伝えられることがとてもありがたいです」と感謝を伝えた。  『彼女がその名を知らない鳥たち』は、メガホンを取った白石和彌監督が監督賞、松坂桃李が助演男優賞を受賞。6年前に同映画祭の最優秀新人賞を受賞している松坂は、そのとき表彰式に出席できず悔やんでいたことを明かしながら「皆さんのおかげで、ここに立つことができて本当に嬉しいです」と喜びもひとしおの様子。一方で劇中の役柄のダメ男ぶりをプライベートでよくバッシングを受けていたことを明かし、「すごく嬉しいけど、面と向かって言われた分、自分の気持ちが沈むのがわかるんですよね…」などと漏らし、笑いを誘っていた。  「第39回ヨコハマ映画祭」受賞結果は以下の通り。 ■作品賞 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 ■監督賞 白石和彌『彼女がその名を知らない鳥たち』『牝猫たち』 ■森田芳光メモリアル新人監督賞 石川慶『愚行録』 森ガキ侑大『おじいちゃん、死んじゃったって。』 ■脚本賞 石井裕也『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 ■撮影賞 鎌苅洋一『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 ■主演男優賞 池松壮亮『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 ■主演女優賞 蒼井優『彼女がその名を知らない鳥たち』 ■助演男優賞 塩見三省『アウトレイジ 最終章』 松坂桃李『彼女がその名を知らない鳥たち』 ■助演女優賞 臼田あさ美『愚行録』 松本若菜『愚行録』 ■最優秀新人賞 石橋静河『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 岸井ゆきの『おじいちゃん、死んじゃったって。』 ■審査員特別賞 ロマンポルノ・リブート・プロジェクト ■特別大賞 西田敏行

  • 西田敏行、宮沢りえ、「第41回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見に出席

    第41回日本アカデミー賞、『三度目の殺人』『関ヶ原』が最多10部門で受賞

    映画

     「第41回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が15日、都内にて行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と宮沢りえが出席した。正賞15部門の各優秀賞が発表され、『三度目の殺人』『関ヶ原』が10部門で最多受賞となった。司会を務める宮沢は、当日に向け「役者さんたちの普段聞けないような言葉を引き出せたらいいなと思います」と抱負を語った。@@cutter この日は、「優秀作品賞」「優秀アニメーション作品賞」「優秀監督賞」「優秀主演男優賞」「優秀主演女優賞」「優秀助演男優賞」「優秀助演女優賞」など正賞15部門、ならびに「新人俳優賞」が発表され、『三度目の殺人』『関ヶ原』が最多10部門で受賞、8部門の『花戦さ』がそれに続いた。  日本アカデミー賞協会組織委員会副会長で、5年連続司会を務める西田は今回『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で優秀助演男優賞に選ばれているが「最優秀賞をとりたい!」と切望。ライバルを問われると、『三度目の殺人』『関ヶ原』の2作品で受賞した役所広司、そして『武曲 MUKOKU』の村上虹郎を挙げた。  また「新人俳優賞」では中条あやみ、浜辺美波、北村匠海、竹内涼真の4人が選ばれたが、特に期待する人として西田は「『陸王』をよく観てたので…」と竹内を挙げ、「一緒に何かで共演したい」とコメント。  一方の宮沢は、1989年の第12回に『ぼくらの七日間戦争』で新人賞に輝いているが、当時を振り返り「とにかく緊張していて、頭が真っ白でした。当時後藤久美子ちゃんと一緒に新人賞をいただいて、仲がいいので、お揃いの衣装を買いに行ったという記憶があります」とエピソードを明かした。  「第41回日本アカデミー賞」授賞式は3月2日に開催され、各部門の最優秀賞が発表される。  「第41回日本アカデミー賞」優秀賞の主な受賞結果 ■優秀作品賞 『君の膵臓をたべたい』 『三度目の殺人』 『関ヶ原』 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 『花戦さ』 ■優秀アニメーション作品賞 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 『ひるね姫~知らないワタシの物語~』 『メアリと魔女の花』 『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』 『夜は短し歩けよ乙女』 ■優秀監督賞 黒沢清『散歩する侵略者』 是枝裕和『三度目の殺人』 篠原哲雄『花戦さ』 原田眞人『関ヶ原』 廣木隆一『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 ■優秀主演男優賞 大泉洋『探偵はBARにいる3』 岡田准一『関ヶ原』 佐藤健『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 菅田将暉『あゝ、荒野 前篇』 藤原竜也『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』 ■優秀主演女優賞 蒼井優『彼女がその名を知らない鳥たち』 新垣結衣『ミックス。』 土屋太鳳『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 長澤まさみ『散歩する侵略者』 吉高由里子『ユリゴコロ』 ■優秀助演男優賞 西田敏行『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 西村雅彦『家族はつらいよ2』 松田龍平『探偵はBARにいる3』 村上虹郎『武曲 MUKOKU』 役所広司『三度目の殺人』 役所広司『関ヶ原』 ■優秀助演女優賞 尾野真千子『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 北川景子『探偵はBARにいる3』 夏川結衣『家族はつらいよ2』 広瀬すず『三度目の殺人』 薬師丸ひろ子『8年越しの花嫁 奇跡の実話』 ■新人俳優賞 中条あやみ『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』 浜辺美波『君の膵臓をたべたい』 北村匠海『君の膵臓をたべたい』 竹内涼真『帝一の國』

  • 仲里依紗、米倉涼子と『ドクターX~外科医・大門未知子~』で初共演

    仲里依紗、『ドクターX』第4話出演! 初共演の米倉涼子に「キレイすぎてビックリ」

    エンタメ

     女優の仲里依紗が、今夜2日に放送される米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』第5シリーズ(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第4話に、“お嬢様”役で出演することが発表された。仲は初共演となる米倉を「キレイすぎてビックリしました! 『脚長い!』って、もう目が釘付けになりました」と大喜びしている。@@cutter 本作は、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が新たな権力争いに立ち向かう姿を描く医療ドラマ。田中圭、遠藤憲一、西田敏行、草刈正雄らベテランも出演している。  今回、仲が演じるのは、医療界のトップに君臨する日本医師倶楽部会長・内神田景信(草刈)の娘である四織。同時に、森本光(田中)の婚約者という役どころ。ドラマ『黒革の手帖』では地味な派遣行員からホステスに転身した波子を演じた仲だが、「安っぽい波子から一転(笑)、今までにないお嬢様という設定だったので『どうしよう!?』って。最初はあたふたしました」と本音を口にする。  米倉については「“すごくキレイで凛とした、カッコいい八頭身の女性”というイメージがあった」とか。そんな米倉に、「『黒革』見てました」と言われたそうで、「『私、大丈夫だったかな?』って…緊張感と恥ずかしさを覚えました」と、舞台裏のエピソードも明かす。  さらに、「伝統ある作品にゲスト出演するのは初めてですし、私の出演回がどんな評価を受けるか不安ではあります。でも私自身、役を通して『命を大事にしよう。ちゃんと人生を生きよう』と考えさせられました」と感慨深げに語っている。  ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』は、テレビ朝日系にて毎週木曜21時放送。

  • 『ドクターX ~外科医・大門未知子~』制作発表の様子

    米倉涼子「年を取ったなぁ」としみじみ 『ドクターX』記者会見に豪華キャスト陣集結!

    エンタメ

     12日スタートの新ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5シリーズ(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の制作発表記者会見が3日、都内で行われた。会見には主演の米倉涼子、永山絢斗、内田有紀、遠藤憲一、鈴木浩介、田中圭、是永瞳、久住小春、陣内孝則、岸部一徳、段田安則、草刈正雄、西田敏行ら豪華キャスト陣が集結した。@@cutter 『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5シリーズは、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が新たな権力争いに立ち向かう姿を描く医療ドラマ。  総勢13名からなる豪華キャスト陣のトップバッターとして挨拶をした米倉は、「5年前に初めて出演して以来、こんなにも長く大門未知子を演じられるとは思わなかった。おなじみのメンバーや新しい皆さんと一緒に、作品へ携われて光栄」と思いを語った。  新レギュラーとして、ゆとり世代の医師・西山直之を演じる永山は「シリーズを拝見していて、長く続く作品に参加できるのはうれしい」とコメント。第1シリーズ以来、5年ぶりの再登場を果たした医師・森本光役の田中は「衣装合わせの時にスタッフさんから『おかえり』と迎えられた」と話した一方、米倉が「圭くんおかえり~!」と寄ってきた時には「ちょっと戸惑いました(笑)」と裏話を明かした。  その後、キャスト陣は作中に登場する高級ステーキを賭けたクイズに挑戦。「全シリーズで未知子は何度、決め台詞の『私、失敗しないので』を言ったか?」という問題で、答えの「70回」に最も近かった西田が賞品をゲット。正解のVTRで決め台詞の全シーンを観た米倉は、過去のシリーズを振り返り「年を取ったなぁと思いました」とこぼした。  また、イベント終盤にはキャスト陣へのサプライズとして、元・サッカー女子日本代表の澤穂希が駆け付け、今シリーズのイメージカラーである“青”のバラを手に、エールを贈った。  『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5シリーズは、テレビ朝日系にて10月12日より毎週木曜21時から放送。

  • 北野武監督、『アウトレイジ 最終章』ジャパンプレミアに登壇

    北野武「日本の役者オールスターズ」で映画制作宣言 大森南朋はシリーズ愛と恨み吐露

    映画

     北野武監督が、25日に都内で開催された映画『アウトレイジ 最終章』のジャパンプレミアに、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳と共に出席。北野監督は「また何年か経ったら、日本の役者オールスターズで、とんでもない映画を撮ってみよう」と語り、会場を沸かせた。@@cutter 前作『アウトレイジ ビヨンド』で繰り広げられた、関東の山王会vs関西の花菱会という巨大抗争の結果、花菱会は日本最大勢力に。本作では、主人公の大友(ビートたけし)が身を寄せる日韓のフィクサー・張会長(金田)と花菱会の間に緊張が走ることとなる。  北野監督は、本作をシリーズの最終章と位置付けたことについて「別に長続きさせれば出来たんですけど、深作(欣二)さんの『仁義なき』シリーズになってしまうので。一度死んだ人がまた出てくるわけにはいかない。一回締めで」とジョーク交じりにコメント。  「ありがたいことに僕の映画は、日本を代表する役者さんが、みんなOKしてくれるので。とにかく僕は何もしなくても、台本さえ渡せば、勝手に進行してしまうというわけで。まあ、西田さんのアドリブには困りましたけど(笑)」と振り返った北野監督は、「これが一応、区切りとなっていますけども、また何年か経ったら、日本の役者オールスターズで、とんでもない映画を撮ってみよう」と、驚きの展望を明かして会場を沸かせた。  一方、シリーズの大ファンだという大森は、1作目に出演しようと働きかけたことを述懐。「蓋を開けたら、加瀬亮君がまず出てまして。少しの嫉妬を覚えまして」と語り、「また第2作『ビヨンド』。これもチャンスがあるんじゃないかと思って、一応、僕なりの行動には出たんですけど引っ掛からず」と振り返った。さらに続けて、「劇場に行って『ビヨンド』を見たら、桐谷健太君、新井浩文君…。嫉妬がまた、大きく芽生えまして。少し、恨みつらみ、みたいなものも出てきました」と当時の心境を明かし、北野監督を笑わせていた。  映画『アウトレイジ 最終章』は10月7日より全国公開。

  • 山田涼介主演映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

    山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、“超絶辛口悩み相談室”の独占動画が到着

    映画

     Hey!Say!JUMPの山田涼介が主演を務め、東野圭吾の同名小説を実写映画化した『ナミヤ雑貨店の奇蹟』から、相談者も思わず引いてしまうほど“超絶辛口な”ナミヤ雑貨店によるお悩み相談動画が到着した。@@cutter 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、幼馴染の敦也(山田)、翔太(村上虹郎)、幸平(寛一郎)の三人が、ある日の夜に廃屋となっていた“ナミヤ雑貨店”に忍び込んだところから始まる。かつて悩み相談を受けることで知られていたナミヤ雑貨店。誰もいないはずの店に突然届いたのは、32年前に書かれた悩み相談の手紙だった。敦也たちはとまどいながらも、当時の店主・浪矢雄治(西田敏行)に代わり返事を書くが…。  公開された動画では林遣都演じる、ペンネーム・魚屋ミュージシャンこと松岡克郎が登場。克郎は音楽の道で生きていこうとするミュージシャンだが、なかなか芽が出ない。そんな人生への悩みを気休めとしてナミヤ雑貨店へ相談を投函するが、翌日に届いたのは「音楽で食べていけるなんて一部の人間だけですよ」という辛らつな言葉だった…。  なお、本作の公開にあたり山田からのコメントも到着。実生活で悩み相談を受けた際は劇中の敦也と同じく自分の想いを素直に伝えるそうだが、山田は「自分の考えや思いを、なるべく素直に言うようにしますね。もし相手がその時『少し傷つくかな?』と思ったとしても、本人のためになると思えば正直にいいますね」と語っている。  映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、9月23日より全国公開。

  • 『ドクターX~外科医・大門未知子~』で大地真央&米倉涼子が初共演

    大地真央、『ドクターX~外科医・大門未知子~』に出演決定! 米倉涼子と初共演

    エンタメ

     米倉涼子が主演を務める人気シリーズの最新作、新ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系/10月より毎週木曜21時放送)の女性院長役として、大地真央がレギュラー出演することが分かった。初共演を果たす大地の印象について、米倉は「本当に美しくて、プロポーションも完璧」と語っている。@@cutter ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』は、人気医療ドラマの第5シリーズ。日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が新たな権力争いに立ち向かっていく。  大地が演じるのは、“患者ファースト”を掲げる初の女性院長・志村まどか。蛭間前院長(西田敏行)が推し進めてきた“医局ファースト”の悪しき権力態勢を一掃した彼女は、周囲の反対を押し切り未知子を雇うことになるが、やがて、医療の現場におけるさまざまな局面で対立していくという役どころとなっている。  人気シリーズの出演に「とても嬉しく思うと同時に、責任を感じています」と率直な思いを語る大地。初共演ながら「同じボイストレーナーの先生に師事していまして」と米倉との共通点も明かし、「とても気さくな方! 現場ではお歌や、米倉さんが『やってみたい』というタップダンスのお話などをさせていただき、撮影初日にして早くも『今度飲みに行きましょう』という約束もしました(笑)」と印象を話している。  また、本作では初の“オペシーン”にも挑戦するというが「臆する気持ちは一切なく、むしろ今から興味深くて楽しみです。知り合いの心臓外科の先生にもお話を伺いつつ、撮影現場で手つきなどを習得できれば、と思っています。とにかく今は、この大役をやり遂げるぞ! と燃えています」と意気込みを示した。  ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』はテレビ朝日系にて、10月より毎週木曜21時から放送。

  • 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で山下達郎の「REBORN」を歌う門脇麦

    門脇麦が歌う『ナミヤ雑貨店の奇蹟』主題歌MV解禁 山下達郎シングルにも収録

    映画

     Hey! Say! JUMP ・山田涼介と西田敏行が主演を務める映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で、シンガー・ソングライターの山下達郎による主題歌「REBORN」を、女優の門脇麦が歌うMVが解禁となった。@@cutter 映画の原作は、世界累計800万部を突破した東野圭吾作の人気小説。ある日、養護施設出の少年・敦也(山田)が幼馴染みと一緒に忍び込んだ古い家。そこはかつて店主・浪矢雄治(西田)が悩み相談を請け負っていたナミヤ雑貨店だった。廃業したはずの店内に、突然32 年前からの悩み相談の手紙が舞い込む。  そして手紙のやり取りを始める敦也たち。次第に雑貨店の秘密と相談者たちとの共通点が明らかに。時間と空間を越えて謎が明らかとなる時、思いもよらない衝撃のラストが待ち受ける…。  メガホンを取ったのは、『余命1ヶ月の花嫁』などを手掛けた廣木隆一監督。共演に尾野真千子、村上虹郎、寛一郎、林遣都、成海璃子、萩原聖人ら豪華俳優陣が名を連ねる。  本作のために書き下ろされたバラードソング「REBORN」は、主題歌としてだけなく、過去から現在へ歌い継がれている楽曲として作品の主軸となる。プロミュージシャンを目指すも、芽が出ない魚屋の息子・松岡克郎(林)が慰問で養護施設に訪れ「REBORN」を披露、そこにいた音楽の天才少女セリ(門脇)は感銘を受け、その場でメロディを覚える。しかしその夜施設が火事になり、克郎は火中へ飛び込み逃げ遅れたセリの弟を助けるが、自身は逃げ遅れ帰らぬ人となる。  今回公開されたMVも、本作品の監督である廣木監督がメガホンを取っている。門脇演じるセリが歌う「REBORN」のMVは、劇中のライヴシーンと海辺でのバレエダンスシーンを中心に構成され、ミュージシャンに成長したセリが、克郎への恩返しに「REBORN」を歌う姿が披露されている。  なお、劇中でこのセリが歌うバージョンの「REBORN」は、今回山下達郎が9月13日にリリースするシングル「REBORN」に「REBORN -Vocals by セリ(門脇麦)」として収録される。山下達郎の作品に他者が歌う音源が収録されるのは、初の試みとなる。  映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は9月23日より全国公開。

  • 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』完成披露試写会にキャスト陣が登壇

    山田涼介、緊張しらずの“大物”西田敏行に憧れ「僕も大物になれるように頑張ります」

    映画

     Hey!Say!JUMPの山田涼介が18日、都内で実施された映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の完成披露試写会に、共演の村上虹郎、寛一郎、林遣都、門脇麦、尾野真千子、西田敏行、そしてメガホンを取った廣木隆一監督とともに出席。物語に絡めて、西田に「緊張した時の対処法」を相談したものの、「初舞台の時も、一切緊張なくやった」「これが大物の印なんでしょうね」と返された山田は「僕も大物になれるように頑張ります(笑)」と語った。@@cutter 東野圭吾による同名ベストセラー小説を基にする本作。2012年のある日、悪事を働いた敦也と幼馴染の3人の青年が、逃げ込んだ古い雑貨店で32年前の1980年につながる郵便受けと出会い、これをきっかけに起こる奇蹟を描く感動のドラマ。主人公・敦也を演じた山田は、「この映画を観ると、きっと、人と人との繋がりの大切さというものを、再確認できるんじゃないかなと思っております」と物語の魅力をアピール。  招待が決まった釜山国際映画祭に話が及ぶと、「嬉しいですね。アジアで原作がすごく愛されているというのは聞いていたんですけど、この映画化の方も、世界に歩みを始めるということで。いろいろなところで見ていただいて、いろいろな感想をいただけたらなという風に思っています」と期待を込めた。  当日は、物語に絡めて登壇者が西田に悩み事を相談する一幕も。舞台挨拶で緊張してしまうという山田から「緊張した時の対処法」を問われた西田は、「ここ4~5年、緊張はないですね。頸椎を手術して、なるべく緊張しないで脱力した状態でいてくださいねって医者に言われたものなので。なるべく緊張しないようにしている」と回答。若手の頃には緊張したのか問われると、「初舞台の時も、一切緊張なくやった」「これが大物の印なんでしょうね」とニンマリ。これを聞いた山田は、「僕も大物になれるように頑張ります(笑)」と話していた。  映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は9月23日より公開。

  • 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 場面写真

    山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、涙こぼれる本予告&新場面写真解禁

    映画

     東野圭吾の原作をHey! Say! JUMPの山田涼介主演で映画化した『ナミヤ雑貨店の奇蹟』から、物語の舞台となるナミヤ雑貨店で起こる“奇蹟”の鍵を握る新ビジュアルと、たった1分で思わず泣いてしまいそうになる本予告が解禁となった。@@cutter 解禁となった写真は、ナミヤ雑貨店で起こる奇蹟を語る上で絶対に外すことのできない大切な1枚だ。店の軒先には腰をおろし、子供たちを優しく見守る雑貨店の店主・浪矢雄治(西田敏行)の姿。そして子供たちが食い入るように見つめる掲示板には様々な張り紙…。実はこの張り紙は雄治が書いた雄治が子供たちへの悩み相談の返事なのだ。  からかい半分のものから真剣なものまで、ナミヤ雑貨店に届くお悩み相談は様々。その一つ一つの悩みに、雄治は真摯に答えている。そこで生まれた絆が、32年後に偶然ナミヤ雑貨店で一夜を過ごすことになった主人公・敦也(山田)たちに奇蹟を起こすこととなる。  合わせて解禁となった本予告では、人生の苦みを感じさせるストーリーを彩る登場人物を熱演する超豪華な実力派俳優陣が勢揃い。ミヤ雑貨店の奇蹟により、時代を超えて繋がる人々のドラマが凝縮されており、たった1分の映像に、思わず涙がこぼれる内容となっている。    出演は、山田、西田ほか、尾野真千子、村上虹郎、林遣都、成海璃子、門脇麦、萩原聖人、寛一郎ら。監督は『ストロボ・エッジ』『オオカミ少女と黒王子』『PとJK』などを手がける廣木隆一が務める。  なお、特製一筆箋の特典が付いたムビチケカードが29日より発売となる。  映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は9月23日全国公開。

  • 失敗しない『ドクターX』大門未知子が1年ぶりに帰ってくる!

    米倉涼子主演『ドクターX』世界へ! 新シリーズ10月放送&200ヵ国配信決定

    エンタメ

     米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第5弾が10月から放送されることが決定した。さらに世界200ヵ国で最新作を含む全シリーズが配信されることも明らかになった。@@cutter 本シリーズは、目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な手腕で数多くの命を救いながら、金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れるフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)の活躍を描く医療ドラマ。2012年から3年連続で放送されいずれも高視聴率をマーク。昨年2年ぶりに放送された第4シリーズでは、平均視聴率が21.5%と同年の民放連続ドラマ1位を記録している。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)  そして1年ぶりの復活となる第5シリーズは、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台。主演の米倉はもちろん、未知子が所属する「神原名医紹介所」の仲間・城之内博美を演じる内田有紀や、神原晶役の岸部一徳、縦社会の医局で“御意軍団”を形成する外科医・海老名敬を演じる遠藤憲一、原守役の鈴木浩介、さらに前作で「東帝大」院長の座を追われた権力の権化・蛭間重勝を演じる西田敏行ら、唯一無二の個性と実力を誇るおなじみのメンバーが再集結。  「『ドクターX』は反響の大きい作品だからこそ、私自身は続編を作るたび、余裕よりも不安を感じてきた」と打ち明ける米倉だが、「もう一度『最後のつもりでやろうか!』と思いました。みんなで力を合わせ、また“新しい大門未知子シリーズ”を作り上げていきたい」と意気込みを語っている。  また、200以上の国と地域で最新作を含む全シリーズを配信することも発表された。今月ミュージカル『シカゴ』で2度目のブロードウェイ主演という快挙を果たした米倉は、この決定を受けて滞在先のロサンゼルスで取材会を開催。米倉は「本当にうれしいです。世界中にいる日本人の方はもちろん、たくさんの方に見ていただきたいです」と世界配信を喜んでいる。  なお、新シリーズには豪華な新キャラクターも加わり、未知子をとことん追い詰めるという。近日発表される新キャストにも期待が高まる。

  • 映画『アウトレイジ 最終章』予告編&ポスタービジュアル解禁

    映画『アウトレイジ 最終章』、“全面戦争勃発”の予告編&ポスタービジュアル解禁!

    映画

     北野武監督のシリーズ最新作『アウトレイジ 最終章』のポスタービジュアルと予告編映像が解禁。前作から5年、すべての因縁に決着を付ける究極のフィナーレは「全員暴走」がテーマで、シリーズ史上最大スケールの全面戦争が勃発する。@@cutter 同作は、2010年公開の『アウトレイジ』、2012年公開の『アウトレイジ ビヨンド』に続く最新作。「関東『山王会』」と「関西『花菱会』」の壮大な抗争後に韓国へ渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた大友(ビートたけし)。そのさなか、韓国に滞在していた「花菱会」の幹部・花田(ピエール瀧)が起こしたトラブルにより、「張グループ」と「花菱会」が一触即発の状態となってしまう。  解禁されたポスタービジュアルは、マシンガンを構えるビートたけしの姿を中心に、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、大杉漣、岸部一徳ら総勢16名の錚々たる歴代のキャストが「全員暴走」のキャッチコピーへ重なるように並ぶという仕上がりになっている。  また、「全面戦争勃発」の重々しいテロップからスタートする予告編映像は、パーティー会場でマシンガンを乱射するという、ビートたけしと大森南朋による衝撃的なシーンから展開。「裏切り」「駆け引き」「騙し合い」を匂わせるシーンが連続する中、シリーズを象徴するセリフ「バカヤロー!」も聞くことができる。  映画『アウトレイジ 最終章』は、10月7日より全国公開。

  • 映画『アウトレイジ 最終章』出演者

    『アウトレイジ 最終章』特報&ビジュアル解禁! 大森南朋、ピエール瀧ら参戦

    映画

     大森南朋、ピエール瀧らが、北野武監督最新作『アウトレイジ 最終章』に出演することが決定した。また、公開日が10月7日に決まり、特報映像とビジュアルも公開された。@@cutter 『アウトレイジ』シリーズは、北野武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した超人気シリーズ。  物語は、関東・山王会vs関西・花菱会の巨大抗争後、大友は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下にいたところから始まる。そこに韓国出張中の花菱会・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺害。これをきっかけに、韓国 ・フィクサーvs関西・花菱会の一触即発の様相を呈する中、花菱会では内紛が勃発。そんな中、大友が日本に戻ってくる…。  今回、大森、ピエール含む新キャストが発表され、大友を慕う韓国・済州島グループの市川役に大森、花菱会の花田役にピエール、同・若頭補佐・森島役に岸部一徳、花菱会の新会長・野村役に大杉漣、花田の手下・丸山役に原田泰造、関東の組織「山王会」木村組・吉岡役に池内博之らがシリーズ初参戦をする。  大森は「念願叶ってバイオレンス。念願叶ってアウトレイジ。もうこんな幸せな事はありません」と吐露。また、「北野組の撮影現場、たけしさんの横で『あぁ オレ 今 夢が叶ってるぅぅ』ってスゲェ小さい声で呟いてましたもん」と同作出演を心から喜んでいる様子。  解禁となった特報では、キャスト陣の暴走ぶりを予感させる一瞬が映し出され、<全員悪人>という壮大な宇宙に放たれた巨大な弾丸に次々と名前がクレジット。また大友は特報30秒の間に既に3発発砲。  さらに特報の最後には「大友さん、これで最後ですよね」と聞かれ、大友が「済んだと思うなよ」と裏切りの連続を示唆するセリフを放つ。そして<全面戦争>前夜の様相を呈した特報は、「終結パート」を意味する音楽記号「コーダ」マークの入ったタイトルロゴで締めくくられている。  映画『2017『アウトレイジ 最終章』は10月7日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access