本田翼 関連記事

  • 『天気の子』初日舞台挨拶にて

    新海誠、11日前に完成の『天気の子』公開に喜び「嘘のような気がします」

    アニメ・コミック

     映画監督の新海誠が、醍醐虎汰朗、森七菜、吉柳咲良、本田翼、小栗旬とともに、19日に都内で開催された映画『天気の子』初日舞台挨拶に出席。構想から約3年の月日を経ての公開に、新海監督は「嘘のような気がします」と心境を明かし「楽しい映画を作ったつもりです。少し気持ちが晴れるような、青空になるような映画を作ったつもりです」とも語った。@@cutter 離島から東京に家出してきた男子高校生の帆高(醍醐)と、“祈るだけで晴れにできる”力を持つ少女・陽菜(森)の出会い、彼らが生き方を選んでいく姿を、瑞々しい映像とともに描く本作。公開の11日前に完成させた新海監督は「ちょっと嘘のような気がします。この映画、もちろん完成させるつもりで作ってはいたんですが『本当に完成するのだろうか?』という瞬間が、ずっと最後までありました。でもとうとう見ていただけて、夢のようです。ありがとうございます」と感慨深げ。  ヒロイン役の森は「陽菜としてこの日を迎えられたこと、本当にうれしく思います」と笑顔を見せ、陽菜のチョーカーもチラリ。一方の醍醐は「一番憧れの俳優さん」という小栗について「すっごい、いい香りがするんですよ!」と発言。使っている香水を聞いたところ、舞台挨拶当日の朝に、楽屋で小栗から香水をプレゼントされたと報告し「今、つけてます」と誇らしげ。しかし新海監督は「そのとき七菜ちゃんと話していたら、醍醐くんから小栗さんの匂いがしたらちょっとやだよね」と愛のあるいじりを見せ、醍醐は「ちょっと待ってよー!」と照れ笑いを見せていた。  その後「公開の前にとても痛ましい事件もありまして、どういう気持ちで初日に臨んだらいいのかなという風に思ったりもしていたんです」と襟を開いた新海監督。それでも「僕たちの仕事というのは、どういうことがあったとしても、エンターテイメントを作って表現することで、自分たちや誰かを傷つける可能性もゼロではないけれど、でもひるまずにそれをやり続けていくことが、自分たちの生業であり、役目であり、一番やりたいことなんだなという風に、今日皆さんのお顔を見ながら、改めて思いました」と決意を新たにしていた。

  • 「ar」8月号に登場の本田翼

    本田翼、セクシーに美脚&背中見せ! 理想のデートも告白

    エンタメ

     女優の本田翼が、発売中のファッション誌「ar」(主婦と生活社)8月号の表紙に登場。大胆な背中見せショットを披露しているほか、理想のデートについて告白している。@@cutter 本田が「ar」の表紙に登場するのは約1年半ぶり。“デート号”というテーマの今号にちなみ、理想のデートについての妄想を膨らませながら、常に笑顔で撮影に臨んだ。  インタビューでは、知識豊富な男ウケメイクについてドヤ顔で語ったり、潔すぎる(?)デートの帰り際のこだわりなど、理想のデートについてたっぷり告白。スラリと長い手足や背中見せも惜しみなく披露するなど、本田のファッショニスタとしての一面も必見だ。  そのほか、愛猫家としても知られる指原莉乃がタレント猫「りのちゃん」と競演し、壮大な猫愛を明かす。小物が主役のファッション特集に登場した堀未央奈(乃木坂46)は、トレンドのミニバッグやクリアサンダルを使ったコーデで、デートのウキウキ感を表現。齊藤京子(日向坂46)は、ロングヘアを生かしたヘアアレンジ企画に登場し、レトロな浴衣姿も披露した。  「ar」初登場となる遠藤さくら(乃木坂46)は、誌面定番ブランドの服を甘く着こなすし、今泉佑唯はメイク企画に登場し、新鮮な大人っぽい表情を見せる。飯豊まりえは ”彼のカメラで撮られる彼女”という設定で表情豊かなカットを披露、森絵梨佳はデニム×リップの着こなしをレクチャーする。宮田聡子が彼と過ごす金曜夜からの”週末オンナ”に扮した企画は、ひとりモテに効くファッション&メイクがてんこ盛りの内容となっている。また、初登場の7ORDER projectのグラビアも掲載。  雑誌「ar」8月号は主婦と生活社より発売中。

  • 映画『天気の子』製作報告会見にて

    新海誠監督、最新作『天気の子』は「意見が分かれる映画」と断言

    アニメ・コミック

     新海誠監督が2日、都内で開催された自身が手掛ける最新作アニメーション映画『天気の子』製作報告会見に登壇。制作過程中の本作への思いや、主人公・帆高とヒロイン・陽菜の声を担当する醍醐虎汰朗と森七菜の演技について語った。@@cutter 天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が、自らの生き方を「選択」する物語を描く本作。イベントには、醍醐、森、本田翼、RADWIMPS(野田洋次郎、桑原彰、武田祐介)、川村元気プロデューサーも出席した。  現在も制作中らしく、新海は「ギリギリまでやらせていただけるのは、『君の名は。』をたくさんの方に観ていただけたから。前作に助けられています」と感謝し、「とてもいいフィルムになっています」と手応えを感じてる様子。また、「意見が分かれる映画だと思う。『あなたはどう思います?』と投げかけるような作品なのでぜひ見てほしい」と呼び掛けた。  本作は、現時点で『君の名は。』超えの140の国と地域に向けた配給が決定しており、ほぼ同時公開になるという。川村は「インドでは上映を求める5万の署名が集まって、今調整中。前作で届けられなかった国の方々にも広がっていると思います」と胸を張った。  主人公・帆高とヒロイン・陽菜の声を担当する醍醐と森は、2000人に及ぶオーディションから選出。新海監督は2人の声を「みんなが応援したくなる声」と称し、「この2人がこの作品のために、このタイミングでこの場所にいてくれたんだと確信できるようなお芝居だった。本当にいいと思います」と絶賛。それを受けて醍醐は「幸せ」と感謝し、森も「うれしい」と笑顔を見せた。  制作ではまずビデオコンテを作り、新海監督が仮で声をあてた芝居を基準にし、広げていったという。醍醐は「監督の声がお上手でプレッシャーを感じて、超えたいと思いました」と明かし、森は「(Vコンテの監督の声を)何回も聴きました。お手本で言葉にできないことも伝えていただいたので、それがそのまま受け継がれ、私の個性も出てたらうれしいです」と期待を寄せた。  また、『君の名は。』に引き続き、主題歌「愛にできることはまだあるかい」など劇中すべての音楽をRADWIMPSが務める。以前、大変過ぎて映画音楽はもうしないと言っていたRADWIMPS・野田だが、「新海監督の作品だからやりました」と言い、「毎日監督とメールをして作った。そのプロセスは音楽を作ってライブをやるだけじゃたどり着けない境地です。楽しかったですね」と笑顔で明かしていた。  映画『天気の子』は7月19日より全国公開。

  • 『新聞記者』公開記念舞台挨拶にて

    感想殺到で公式サイトがパンク 松坂桃李&シム・ウンギョンが反響に感謝

    映画

     俳優の松坂桃李と韓国人女優のシム・ウンギョンが29日、都内で行われたダブル主演映画『新聞記者』の公開記念舞台挨拶に登場。松坂が、作品の感想が多く公式サイトがパンクしたことを明かし、シムが驚く一幕があった。@@cutter 本作は、東京新聞記者・望月衣塑子の同名小説を原案にしたサスペンス・エンターテインメント。真実に近づこうともがく若手の女性新聞記者・吉岡エリカ(シム)と、内閣情報調査室に勤める若手のエリート官僚・杉原拓海(松坂)らを中心に、権力とメディアの裏側を描く。  この日の舞台挨拶には松坂とシムのほか、本田翼、岡山天音、高橋和也、北村有起哉、藤井道人監督が出席した。  本作で松坂とタッグを組んだシムは、韓国で国民的人気を誇る若手の演技派女優。流暢な日本語で「初日舞台挨拶で、かなり緊張しています…」と挨拶し、本作に関して「色んな情報があふれている今の時代、どうやって頑張って自分の道を切り開いて生きていくのか。それぞれ伝わるメッセージがあると思う。(鑑賞する方々それぞれの)その真心で感じていただければ嬉しい」と述べた。  松坂は本作について「自分の中でしっくり来る言葉がない。最終的に思ったのが、『見てくださった皆さんの感想がこの映画の全てかな』と自分の中では着地した」とコメント。続けて「この『新聞記者』のホームページが、皆さんの感想が多くてパンクしたらしい。それくらい熱量のある作品なんだなと実感しています」と述べた。それを聞き驚いたシムは、「(本イベントの会場が)満席で、(本作の)サイトまでパンクしたなんて…スゴいですね。ありがとうございます」と白い歯をこぼした。  イベント後半には、キャスト陣が“もし自分が新聞記者なら、こんな記事を書きたい”というお題にトライ。シムは「お祝い! 公開! 新聞記者!!」とフリップに記し、「私は、初めて日本の皆さんとお会いできて嬉しいし、『新聞記者』で素晴らしい俳優の皆さんと出会えて、たくさんの刺激を受けた。(この喜びは)計り知れません!」と語り、会場からは大きな拍手。  シムの模範解答に次いで答えることになった松坂は「こんな素敵なコメントの後には…」とためらいつつ、「テレビが…!?」と書いたフリップを披露。「テレビがつい先日、ウンとスンとも言わなくなっちゃった。(本体の)主電源もつかないし、コンセントを抜き差ししてもつかない。バラエティ番組や見たいドラマを見れないので非常に困っている」と窮状を訴えつつ、シムと自身のコメントと比べて「いや…。これは非常にやめたい!」と照れ笑いを浮かべていた。

  • 『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』特別編、窪田正孝はアメリカへ向かう機内で急患に遭遇

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の特別編が今夜放送される。杏(本田翼)との約束を胸にアメリカへと旅立った唯織(窪田)だったが、その道中である人物と偶然再会する…。@@cutter 本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  「あなたが手出しできないくらい、優秀な放射線科医になってみせます。だから…必ず戻ってきてください」。  唯織は、杏との“新しい約束”を胸に、ラジエーションハウスの仲間たちに別れを告げてアメリカへと旅立った。その機内で1枚の写真を見ていた唯織は、不意に背後から「いい写真だね」と声をかけられる。その声の主は、世界的な写真家の菊島亨(イッセー尾形)だった。以前、唯織は、頭痛を訴えて甘春総合病院に搬送されてきた菊島が、寄生虫におかされていたことを突き止めていた。菊島は、サンフランシスコ経由でアラスカに向かい、流星群を撮影する予定だという。  同じころ、甘春総合病院には、高校球児の平山良平(前田旺志郎)がやってくる。右ヒジの痛みを訴える良平のレントゲン検査を始める小野寺(遠藤憲一)。一方、良平が将来を有望視されている投手だと知った軒下(浜野謙太)は、裕乃(広瀬アリス)にサインをもらってくるよう命じ…。  菊島は、唯織が意中の人に告白できないまま、また離れ離れになると知って憐みの目を向ける。そんな矢先、機内で外国人男性が突然苦しみ出した。アナウンスで医療関係者を探すCAの鶴田夏葉(須藤理彩)や内田彩(東加奈子)たち。すると、乗り合わせていた東和医大の内科医・黒川守(中島歩)が男性の元へと駆け寄った。しかし男性は、発作を起こしていて黒川の質問にも答えられない。そのようすをつぶさに観察していた唯織は、男性の腹部に発赤があることに気づくが…。  『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』は、フジテレビ系にて今夜6月24日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』に出演する(左から)イッセー尾形、窪田正孝、中島歩

    窪田正孝『ラジエーションハウス』特別編放送決定 ゲストにイッセー尾形&中島歩

    エンタメ

     6月17日に最終回を迎えた窪田正孝主演の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の特別編が放送されることが発表になった。さらに、特別編には第1話以来の出演となるイッセー尾形と、窪田とは朝ドラ『花子とアン』以来の共演となる中島歩がゲストとして登場することが分かった。@@cutter 本作は、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  特別編では、杏(本田翼)との“新しい約束”を胸に、ラジエーションハウスの仲間たちに別れを告げて唯織(窪田)がアメリカへと旅立つところからスタート。道中での偶然の再会や、唯織が旅立った中でのラジエーションハウスメンバーの奮闘が描かれる。  尾形が演じるのは、世界的な写真家として知られる菊島亨。第1話で頭痛を訴えて甘春総合病院に搬送されてきた菊島だったが、寄生虫に侵されていたことを唯織が突き止めて命を救った。すっかり元気になった菊島は、流星群を撮影すべくアラスカに向かう飛行機で唯織と再会する。  一方、窪田とは朝ドラ『花子とアン』以来5年ぶりの共演となる中島が演じるのは、アメリカに旅立った唯織と同じ飛行機に乗り合わせた東和医大の内科医・黒川守。黒川は、機内で突然苦しみ出した外国人男性の処置にあたったものの、男性が発作を起こして既往歴すら答えられなかったため、原因を特定できずに苦戦してしまう。そんなときに、たびたび的確なアドバイスをしてくる唯織に驚かされる。  『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』は、フジテレビ系にて6月24日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』最終話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』最終回、父の難手術に臨む本田翼に窪田正孝は…

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の最終回が今夜放送される。唯織(窪田)の活躍で父の病気の正体を突き止めた杏(本田翼)は、自らが父の手術をすることを買って出る。それに対して、唯織はある決断をして…。@@cutter 本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織は、杏の父で、甘春総合病院の前院長・正一(佐戸井けん太)が、うつ病ではなく別の病気ではないかと考える。全身の慢性的疲労感、起立性頭痛に苦しんでいる正一は、発症前、自転車に追突され、その後、飛行機に乗っていた。ヒントになったのは、裕乃(広瀬アリス)が手伝っていた造影CTの際に、チューブから造影剤が漏れたことだった。  小野寺(遠藤憲一)らの協力を得て唯織が行ったのは、MRI検査と、髄液漏れの検査だった。その画像を見た唯織は、正一が低髄液圧症であることを確信する。正一は、追突事故で硬膜に穴が開き、飛行機に乗った際の気圧の変化と乱気流の振動によって低髄液圧症を発症したものと考えられた。髄液が減って脳が下垂したために、起立時に頭痛やめまいに襲われていたのだ。正一の病気が手術で治る可能性があると知り、喜ぶ杏。  ところがその矢先、正一が突然意識障害を起こす。辻村(鈴木伸之)ら甘春総合病院の医師には正一の治療をできる人間がいなかった。すると杏は、自分がやると言い出す。そんな杏を見つめる唯織はある決断をし…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』最終回は、フジテレビ系にて今夜6月17日21時放送(15分拡大)。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第10話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝らの前に本田翼の父親が現れる

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第10話が今夜放送される。唯織(窪田)のもとに恩師から、人工知能を使った読影補助ソフトの開発メンバーに迎えたいとのメッセージが届いた。そんな折、ラジエーションハウスに杏(本田翼)の父で元院長の正一(佐戸井けん太)が現れる。@@cutter 本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  出勤途中の唯織のもとに、放射線科の世界的権威である恩師・ピレス教授(Dutch)からメッセージが届く。人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになったピレスは、そのメンバーに唯織を迎えたいと考えていた。  鏑木(浅野和之)は、辻村(鈴木伸之)の父で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から系列病院の院長を任されたことを家族に報告する。妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こう、とうれしそうに話す鏑木。  そんな折、ラジエーションハウスに杏の父親で、元院長の正一が突然現れる。正一がうつ病の状態だと知る小野寺(遠藤憲一)やたまき(山口紗弥加)らは、努めて明るく彼を出迎える。  同じ頃、辻村は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子・光の診察をしていた。骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた裕乃(広瀬アリス)は、赤ちゃんの検査に尻込みし、軒下(浜野謙太)に助けを求める。そこで、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたことを思い出すたまき。検査の結果、光は鎖骨を骨折しており、虐待の疑いが…。  鏑木は、院長の渚(和久井映見)に辞表を提出する。院長室を後にした鏑木は、椅子に座っていた正一に気づいた。正一も鏑木にあいさつしようと立ち上がるが、そのとき突然頭痛に襲われ、倒れてしまう。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第10話は、フジテレビ系にて今夜6月10日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第9話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝&鈴木伸之は大物政治家の入院に振り回され…

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第9話が今夜放送。第9話では、偽装入院していた大物政治家のスキャンダルにラジエーションハウスの面々が振り回され…。@@cutter 唯織(窪田)は、病院内で意識を失って倒れ、エスカレーターから転落した杏(本田翼)に駆け寄る。杏は、エスカレーターを転がり落ちた際に頭部を強打していた。  同じころ、甘春総合病院に、大物政治家の安野将司(中村梅雀)が極秘入院することになった。辻村(鈴木伸之)の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)が、鏑木(浅野和之)に依頼したのだ。安野は、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために1週間ほど身を隠したいのだという。丈介は、辻村を安野の主治医にするよう、鏑木に頼んだ。  ところがその矢先、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングのまねごとをしている写真が週刊誌に掲載されてしまう。記事には「偽装入院」などという文字も踊っていた。押し掛けてきたマスコミに、出勤早々囲まれてしまう裕乃(広瀬アリス)や小野寺(遠藤憲一)、たまき(山口紗弥加)らラジエーションハウスの面々。  一方、記事に激怒した安野は、何かしらの入院理由をつけてすぐにでも発表するよう、鏑木と辻村に命じるが…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第9話は、フジテレビ系にて今夜6月3日21時放送。

  • 映画『天気の子』キャスト

    新海誠監督『天気の子』、小栗旬&本田翼らキャスト解禁 新ビジュアル&映像も

    アニメ・コミック

     新海誠監督のアニメーション映画最新作『天気の子』の追加キャストとして、俳優の小栗旬、女優の本田翼らの出演が発表された。併せて、120秒の最新予告映像も解禁となった。@@cutter 本作は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が、自らの生き方を「選択」する物語を描く。主人公・帆高とヒロイン・陽菜の声を、醍醐虎汰朗と森七菜がそれぞれ務めることが、すでに発表されている。  帆高を住み込みで雇うライター・須賀圭介を演じる小栗は、「『天気の子』はすごくストレートな話で、そこが魅力だと思います。“須賀圭介”という役は、そのままで演じられるような、僕の等身大にとても近いキャラクターで、彼には共感できる部分がいっぱいあるので、この出会いはとても嬉しいです」とコメント。  本田は、須賀の事務所で働き、持ち前の好奇心と探求心で取材に奔走する女子大生・夏美役を演じる。「新宿の街、高層ビルから見えるこの空を監督がどう描かれるのか、観客としてもとても楽しみです」と語り、自身の役柄を「生き生きとした女の子にしていきたいと思っています」と意気込んでいる。  ほかに、下町に住む老婦人役に『ハウルの動く城』(2004)以来の声優挑戦となる倍賞千恵子、陽菜の弟役で吉柳咲良、老刑事役の平泉成とその相棒役で梶裕貴が出演することが発表された。  最新映像では、RADWIMPSによる主題歌「グランドエスケープ(Movie edit)feat.三浦透子」が初解禁。夏らしい軽快な音楽を背景に、東京に家出してきた少年・帆高と、不思議な能力を持つ少女・陽菜が、雨が降り止まない東京で出会う姿が映し出される。雨の中「ねぇ、今から晴れるよ」という陽菜の言葉に合わせ、雨が上がり、晴れてゆく街並みが描かれる。  終盤では、既に発表された主題歌の1曲「愛にできることはまだあるかい」と共に、緊張感の感じられるシーンが次々と登場し、物語の展開が気になる映像となっている。  そして今回、新ビジュアル「晴ポスター」も解禁。雨が止む一瞬、眩しい日射しが差し込んだ“お天気雨”を描いた、まさに“新海ワールド”といえるような美しい1枚となっている。  映画『天気の子』は7月19日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access