壇蜜 関連記事

  • ドラマ『東京二十三区女』出演キャスト

    中山美穂&壇蜜ら『東京二十三区女』主演 東京の恐怖を描くホラーミステリー

    エンタメ

     東京を舞台にしたホラーミステリードラマ『東京二十三区女』(WOWOWプライム/毎週金曜24時)より、各話の主演を務める豪華女優陣が発表となった。本作は1話で一区を描く全6話のオムニバスドラマとなっており、倉科カナ、安達祐実、桜庭ななみ、壇蜜、中山美穂、島崎遥香が各話の主演を務める。@@cutter 原作、脚本、監督を務めるのは、『放送禁止』『世にも奇妙な物語』など数々の映像作品を手掛けた映像作家で、累計25万部を突破した「禁止」シリーズの著者でもある長江俊和。本作は、全話に登場するフリーライターの璃々子が、「渋谷川の暗渠」「夢の島」「東池袋中央公園」「お台場」「縁切榎」「鈴ヶ森刑場跡」といった東京に実在する恐怖スポットを巡るミステリー仕立てで展開していく。  第1話「渋谷区の女」では、失踪した母の行方を追う涼子を倉科が演じ、渋谷の街の下に張り巡らされた暗渠の世界で衝撃の真実と対峙する。第2話「江東区の女」では、安達演じる伸子が大きな荷物を遺棄するため愛人とこの地を訪れる。第3話「豊島区の女」では江戸時代から続く女の因縁が描かれ、失踪した娘・澪を桜庭が演じる。  第4話「港区の女」は不思議な問いかけをするタクシー運転手と共に壇蜜演じるデザイナーの希恵が夜の港区を徘徊する。“縁切り”がテーマの第5話「板橋区の女」では、夫の不倫を疑う薫を中山が演じる。そして、第6話「品川区の女」では、島崎演じるフリーライターの璃々子が主人公となり、鈴ヶ森刑場跡を舞台に不可解な事件が展開される。  ティザー映像も公開され、恐ろしい物語を感じられるだけでなく、主演女優陣の熱演も垣間見ることができる。  ホラーミステリードラマ『東京二十三区女』は、WOWOWプライムにて4月12日より毎週金曜24時放送。

  • 『まんぷく』に出演する壇蜜

    壇蜜『まんぷく』出演 要潤&松下奈緒夫婦をかき乱す妖しい美女に

    エンタメ

     タレントで女優の壇蜜が、NHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時)の第18週「完成はもうすぐ!?」に出演。要潤演じる画家の香田忠彦が描く美人画のモデルとなる妖しい美女・木ノ内秀子を演じる。@@cutter 壇蜜が演じる秀子は、忠彦が描く美人画のモデルになるというキャラクター。奔放な言動で忠彦の妻・克子(松下奈緒)を嫉妬させ、香田家をかき回す。その一方で、彼女の存在をきっかけに忠彦は画家としての新境地を開くことになる。  そんな秀子を演じる壇蜜は「ドラマの世界観を汚さぬよう励みました」と語ると、続けて「悲劇のなかから生まれる芸術に、さらなる一手を加えた秀子の存在、是非ご覧ください。香田家のみなさまを、妖しく振り回しました…」と語っている。  壇蜜演じる秀子は、1月31日放送の第101回より登場する。  『まんぷく』は、NHK総合にて毎週月曜~土曜8時放送。

  • (左から)綾瀬はるか、新垣結衣

    綾瀬はるか1位、新垣結衣が2位 「かかりつけ薬剤師になってほしい」芸能人

    エンタメ

     女優の綾瀬はるかが、「かかりつけの薬剤師になってほしい芸能人」の1位に輝いた。2位には新垣結衣、石原さとみが続いている。@@cutter 今回の結果は2018年9月5日・6日の2日間、日本薬剤師会が全国の20歳~79歳の男女を対象に「健康サポートと薬剤師に関する意識調査」を実施し、1,000名の回答を集計した結果に基づくもの。  回答者1,000人にかかりつけ薬剤師になってほしいと思う芸能人を聞いたところ女性芸能人では、ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)にてまじめなキャラクターが印象的な義母を演じた綾瀬が1位を獲得。綾瀬は男女総合でも1位を獲得。2位にはドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)でヒロインを演じた新垣。同率で石原がランクインしたのは、今年冬に放送された『アンナチュラル』(TBS系)で法医解剖医を演じた影響もあるのだろうか。  4位には深田恭子、5位は北川景子。6位の米倉涼子は、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)シリーズでの天才外科医役を演じている。7位には有村架純と続き、8位は同率で吉永小百合、吉田羊、石田ゆり子、壇蜜、天海祐希と人気女優の名が連なった。  また、男性芸能人部門では佐藤健、林修、嵐の櫻井翔が同率1位を獲得。続いて4位にタモリ、福山雅治が並んだ個性あふれる結果となっている。

  • (左から)佐々木希、橋本環奈、吉岡里帆

    橋本環奈、佐々木希、吉岡里帆ら“日本三大美人”女優たちの活躍ぶり

    エンタメ

     俗に日本三大美人といわれるのが、秋田美人、京美人、博多美人。いずれも日本海側で、その類の資料をひもとくと、良質な水や日当たりが美白に影響しているとか、それらしき根拠めいたものが書かれていたりもするのだが、日本三大美人が本当なら美人女優の産地になっていてもおかしくないはず。果たして現在、芸能界で日本三大美人は活躍しているのだろうか?@@cutter■秋田美人の佐々木希 加藤夏希&生駒里奈は同じ市生まれ  秋田美人といえば、まずは佐々木希か。秋田市の出身で、過去、自身のブログでも触れているが、秋田駅近くのファッション店「流行屋(はやりや)」でショップ店員をしていた。そしてまさにそのとき「週刊ヤングジャンプ」(集英社)のスタッフに見いだされ、その後、集英社主催の「第2回プリンセスPINKYオーディション」でグランプリに輝き、一躍トップモデルに。当初はモデル活動中心だったが、映画『天使の恋』(2009)で映画初主演してからは女優としても活動の幅を広げた。私生活の方も昨年、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建と結婚、今年9月には第1子となる男児を出産と、公私ともに充実している。  そしてロングの黒髪と白い美肌がトレードマークの壇蜜。幼少期には東京へ引っ越したものの、生まれは秋田県の東南部に位置する横手市だ。「あきたこまち」のCMでは秋田美人として起用され、妖艶な天女姿などを見せて話題になった。  加藤夏希は、秋田県の南部にあって日本海に面する由利本荘(ゆりほんじょう)市の出身。2013年に、佐々木希と共に秋田県の認知度向上とイメージアップを図る「あきた美の国大使」に委嘱されている。端整な顔立ちは、秋田美人と言われれば納得がいく。  加藤と同じ由利本荘市の出身者に、今年、乃木坂46を卒業した生駒里奈がいる。ドラマ『星屑リベンジャーズ』(AbemaTV・メ~テレ共同制作)にレギュラー出演のほか、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の第5話、『ルームロンダリング』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)の第3・4話に出演するなど、今後、女優としての活躍が見込まれる。 ■吉岡里帆にAKB48総監督・横山由依…京美人は芯が強い?  次に、はんなり美人ともいわれる古都・京都の京美人はどうだろう。上品で落ち着いていながら、華やかで明るい。現在芸能界で活躍の目立つ京美人といえば、吉岡里帆が筆頭にあげられるだろう。  吉岡はなかなかの苦労人だ。京都市は右京区、映画撮影所もある太秦の出身で、幼い頃からさまざまな芸能文化に囲まれて育ったという。高校3年生のとき映画『天地明察』にエキストラ出演、その後、芝居に目覚めて俳優養成所に通った。大学時代には学生演劇や学生映画に出演、京都に在住しながら東京の養成所に通う努力を続けた。過去、各メディアのインタビューなどで下積みを振り返っているが、京都と東京間の交通費はアルバイトをいくつも掛け持ちして捻出したという。  2012年には現在の所属事務所に入り、それが今日の活躍につながっていく。2015年のNHK朝ドラ『あさが来た』のヒロインオーディションでは最終選考まで残ったが落選、しかしながらヒロインの親友役で出演するチャンスをつかみ、知名度をあげた。今年は『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)と2本のドラマに主演と絶好調だ。  また、肩書は女優ではなくアイドルとなるが、京都府木津川市の出身で、現在AKB48グループ2代目総監督を務める横山由依は、ドラマ『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)では過酷なトレーニングを経て女子プロレスラー役に挑戦するなど、将来グループを卒業したら女優活動が期待される1人だ。前述の吉岡同様、候補生時代は高校の放課後にアルバイトを掛け持ちして費用を捻出、週末ごと夜行バスで東京に向かってレッスンを受けるという日々を経験している。京美人は、かなり芯がしっかりしているのかもしれない。  もはやベテラン、大女優の域に達したが寺島しのぶも京都出身であり、古くは森光子も。吉岡ら若手も偉大な先輩たちが歩んだ大女優への道を進むことができるだろうか。@@separator■橋本環奈、今田美桜…層が厚い博多美人  博多美人も数多いが、今旬の女優としては橋本環奈、今田美桜があげられるのではないか。  地元・福岡のアイドルグループ在籍時代にインターネットで「奇跡の1枚」と言われたファン撮影の写真が拡散、“1000年に1人の逸材”としてブレークした橋本。センセーショナルなデビューを飾ったが、近年、映画『セーラー服と機関銃‐卒業‐』(2016)に主演するなど女優業を本格化し、東京へ転居。今年も1月クールのドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)、そして現在放送中でヒロイン役を務める 『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)、さらに映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の神楽役など出演作が途切れない。最近、初の学園祭出演として予定された立教大学の学園祭イベントが、観客殺到のため安全が確保されないとして開催中止となったことがニュースになったほど、人気もついてきているようだ。  今田美桜は、パッチリとした目が愛くるしいルックスで、“福岡で1番かわいい女の子”として紹介されている。放送中のドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)では、中島裕翔演じる天才フリーターに恋心を抱く幼なじみ役を好演。今年春のドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)で演じた真矢愛莉役をきっかけにブレークし、注目を集めている。11月に発売したファースト写真集『生命力』は11月12日付のオリコン週間BOOKランキングのジャンル別「写真集」で初登場1位を獲得するなど、この風向きは本物だ。来年はさらなる活躍を見ることができるだろう。  今年は『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)での刑事役が光った吉瀬美智子や、『モンテ・クリスト伯 ‐華麗なる復讐‐』(同系)でディーン・フジオカの相手役ヒロインを好演した山本美月、そして2話だけだが『宮本から君へ』(テレビ東京系)でしっかり存在感を見せつけた蒼井優なども福岡県出身だ。博多美人は層が厚い。  こうしてみると、日本三大美人は芸能界でも確かに活躍しているようだ。もちろん美人はほかの土地にもいるわけなのだが、多少のこじつけはあっても、出身地によって分類してみるとその女優が生まれ育った土地柄などの情報を知ることもできてなかなか面白い。果たしてあなたが推している女優は、どこの出身だろうか。(文:志和浩司)

  • 映画『食べる女』公開記念舞台挨拶にて

    小泉今日子は「ツナグ女」 新婚の前田敦子は「猫といる女です」

    映画

     女優の小泉今日子と前田敦子が、22日に都内で開催された映画『食べる女』公開記念舞台挨拶に出席。自分はどんな女性か問われた小泉は「ツナグ女」と答え、前田は「猫といる女です」と明かした。@@cutter 本作は筒井ともみによる短編集の実写化。食と性をテーマに“自分を味わいつくす”ことの大切さを、年齢・職業・価値観も異なる8人の女性たちの姿を通して描く。  この日のイベントには小泉と前田のほか、沢尻エリカ、広瀬アリス、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香、原作の筒井、生野慈朗監督が登壇した。  当日は、キャストが自分は「○○女」だと発表する一幕があり、雑文筆家で古書店“モチの家”の主人でもあるトン子を演じた小泉は「ツナグ女」と回答。「36年くらいですかね。お仕事をしてきて、たくさんの恩師や偉大なる先輩たちに会いました。そういう方から教えていただいたことを、次の世代につないでいかなくちゃいけない世代なんだろうという意味で」と理由を語った。  男を寄せつけない書籍編集者・小麦田圭子役の沢尻は「そのまんまなんですけど、食べる女です(笑)」と答え「原動力というか、日々の活力。おいしいものがあるからこそ頑張れるというところがあるので」とコメントし、「家で食べるのもいいんですけど、たまに皆でご飯に行ったりとか、女子会したりとか、そういうのが好きですね」と白い歯を見せていた。  一方、制作会社で働く白子多実子に扮した前田は「猫といる女です」と回答。「最近、一番何してるかな? って考えたときに、猫といる時間が一番長いんですよね。目の前にいる猫を見ていると、私かなって思うことがよくありますね」とニッコリ。「お母さんも猫を14匹飼ってて。猫女ですね。私とお母さんは(笑)」とも話していた。

  • 新垣結衣

    新垣結衣が1位! カーナビの声がこの人なら渋滞もイライラしない有名人

    エンタメ

     女優の新垣結衣が、「AIを活用したカーナビにこの人の声を採用してくれたら、渋滞中もイライラしないと思う有名人」で1位に輝いた。@@cutter 今回の結果は、ソニー損害保険株式会社が、6月20~22日の3日間、自家用車を所有し自分で運転をする20代~50代で、「今年のお盆に帰省する予定がある」男女に対し、「2018年 お盆の帰省に関する調査」をインターネットリサーチで実施。1000名の有効回答を集計したもの。  AIを活用したカーナビにこの人の声を採用してくれたら、渋滞中もイライラしないと思う有名人を自由回答で聞いたところ、男性回答では、1位に新垣が選ばれた。2位にはお笑い芸人の明石家さんま、3位に綾瀬はるかとなった。4位は有村架純、5位には石原さとみと壇蜜がランクインした。  また女性回答では、1位に明石家さんま、2位に玉木宏、3位に綾瀬はるかという結果に。4位には森本レオ、5位にディーン・フジオカ、高橋一生が続いた。

  • (左から)新垣結衣、石原さとみ

    新垣結衣が1位、石原さとみが2位に 「夏旅を一緒に楽しみたい芸能人」

    エンタメ

     女優の新垣結衣が、「ロマンチックな夏旅を一緒に楽しみたいと思う芸能人」を男性に聞いたところ、1位に輝いた。2位には石原さとみ、3位には綾瀬はるかが選ばれている。@@cutter 今回の結果は、モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社が、2018年6月20日~22日の3日間実施した「ビジネスパーソンの旅のテクニックに関する調査2018」をインターネットリサーチにより実施し、全国の30歳~59歳のビジネスパーソン2000名の回答を集計した結果に基づくもの。  男性1429人に「ロマンチックな夏旅を一緒に楽しみたいと思う芸能人」を聞いたところ、女性芸能人トップの新垣、2位の石原に続いての3位は綾瀬となった。  さらに4位には深田恭子、5位に北川景子、6位に長澤まさみ、7位に有村架純、8位が同率で広瀬すずと壇蜜、10位が同率で佐々木希、ローラ、石田ゆり子という結果となっている。

  • 土曜ドラマ『みかづき』に出演する高橋一生

    高橋一生、NHK初主演 森絵都原作の新ドラマで永作博美と共演

    エンタメ

     俳優の高橋一生と女優の永作博美が、2019年1月スタートの新ドラマ『みかづき』(NHK総合/毎週土曜)で共演することが発表された。高橋は、NHKのドラマ初主演となる。@@cutter 本作は、『DIVE!!』などの作品で知られる小説家・森絵都の2017年本屋大賞第2位となった同名小説を実写化するヒューマンドラマ。昭和から平成に至る塾と日本社会の変遷を背景に、ある家族の50年の歴史を描いていく。  小学校の用務員でありながら、いつしか落ちこぼれた生徒たちに勉強を教えるようになった大島吾郎(高橋)。戦中の国民学校の教育に反発し、自由で豊かな教育の可能性を塾に見いだしたシングルマザーの赤坂千明(永作)。それぞれ個性の異なる2人が公私ともにタッグを組んだことで、塾業界に新たな歴史が生み出されていく。その歴史はまた、男と女、そして親と子の葛藤の歴史でもあった…。  高橋、永作の他に、工藤阿須加、大政絢、壇蜜、黒川芽以、風吹ジュンの出演が決定している。  土曜ドラマ『みかづき』は、NHK総合にて2019年1月放送。

  • 映画『食べる女』相関図

    『食べる女』ユースケ・サンタマリアら10人の“おいしい男”たち集結

    映画

     小泉今日子が主演を務める映画『食べる女』から、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平ら個性豊かな10人の男性キャストが発表された。@@cutter 小泉を主演に迎え、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香が共演する本作。「料理」と「セックス」をテーマに、恋や仕事に悩みながらも、本来の自分を取り戻そうとする女性たちを描く。  “食べる女”たちを彩る“おいしい男”たちに、ユースケらのほか、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE)、PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人の個性豊かな10人が集結。劇中でユースケはちょっと頼りない会社員・タナベ、池内は妻との関係に見切りをつけようとする男・修治、勝地は恋に悩む小学校教師・白石、小池は朝陽のように爽やかな繊維メーカー勤務・友太に扮する。  沢尻演じる編集者・圭子(通称・ドド)は、30歳を超え、自分のマンションを買い、つまらない男などよせつけまいと仕事をバリバリとこなす女性。そんな彼女が、ユースケ演じる一見冴えないオヤジサラリーマンのタナベに出会う。教習所の食堂でひょんなことから顔見知りになった2人の関係が、“料理”を通して紡がれていく。  抜群の腕前を持つという設定のタナベを演じるため、ユースケはクランクイン前から料理学校に通って腕を磨くなどして、精力的に役作りに挑んだ。そうして取り組んだ撮影では、太刀魚のムニエルといったフレンチから、鯒のお造りといった日本料理まで幅広く挑戦しており、劇中でも華麗な腕前を垣間見ることができる。また、タナベは一見冴えない風貌に見えるものの、脱ぐと実はいい体をしているという設定もあり、ドドとタナベの関係がどのように展開していくか注目だ。  映画『食べる女』は9月末より公開。

  • (上段左から)小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス(下段左から)山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香

    小泉今日子主演で『食べる女』映画化 共演に沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリスら

    映画

     筒井ともみが2007年に発表した短編集『食べる女』『続・食べる女』を、小泉今日子主演で『食べる女』として映画化することがわかった。筒井自身が脚本を務め、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香ら、8人の豪華女優陣が共演する。@@cutter 本作は、「料理」と「セックス」をテーマに、恋に仕事に悩みながらも奔走する8人の女性たちを描く。原作者の筒井は、脚本を手がけた2003年製作のドラマ『センセイの鞄』で作品を共にした小泉の出演を熱望。2015年にオファーした後、小泉のスケジュールが空くまで2年待った。筒井は、「小泉さんは、とにかく見ているだけでおいしく感じる女優。当時からどんなに時間が経っても、ずっとそう思っています。彼女には『労働の匂い』がある稀有な女優だと思います。そこが新しいし、『食べる女』にふさわしい」とキャスティング理由を語っている。  小泉が演じる主人公・敦子(トン子)は、原作にはないオリジナルキャラクター。筒井は映像化に向けてシナリオを書いていく上で、自身の経験や友人の体験談を核に構成したキャラクターの中から、皆を引っ張っていけるような魅力、年齢的にも最適な人物として敦子を主人公に決め、物語を構築したという。  本作のメインキャストには、沢尻、前田、広瀬、山田、壇蜜、シャーロット、鈴木という豪華女優陣が集結。恋と仕事に四苦八苦しながら、本来の自分を取り戻そうとする等身大の女性たちを演じる。  主演を務める小泉は「『わからない』ということを今日の結論にできるのは女だけなのかもしれません。『わからない』けど、お腹が空いた。『わからない』から、とりあえず美味しいゴハンを食べちゃおう。そんな女達が映画の中で生き生きと食べてます。たくましく生きてます。筒井ともみさんが時間を掛けて下ごしらえをしたこの作品に参加出来て光栄です」と作品への思いを語っている。  本作は今月上旬にクランクイン、2月中旬にクランクアップを予定している。  映画『食べる女』は9月下旬公開。

  • 『ホリデイラブ』制作発表記者会見の様子

    仲里依紗、浮気夫には“入国禁止令” 「国外へ行ってほしい」

    エンタメ

     女優・仲里依紗が、塚本高史、中村倫也、松本まりか、山田裕貴、飯島寛騎、岡田龍太郎、壇蜜、平岡祐太と共に、22日に都内で実施された新ドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系/1月26日より毎週金曜23時15分)の制作発表会見に出席。仲は物語に絡めて、自分がパートナーに浮気された場合の思いを聞かれると「一生会わないであろう、国外へ行ってほしい」と語った。@@cutter 本作は、こやまゆかり原作、草壁エリザ漫画のコミック『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』を実写ドラマ化。主人公の高森杏寿(仲)が、夫の純平(塚本)に浮気されたことをきっかけに、夫婦関係の再構築に奮闘する姿を描く。主演の仲は「高森杏寿という女性は、すごくいい母であり、なぜこの方が浮気されてしまうんだろうという完ぺきな奥様」と役柄を評しつつ「最初に台本を読んだときに心が苦しくなりました」と述懐した。  もし杏寿のようにパートナーが浮気した場合、自分がどんな行動を取るかに話が及ぶと、仲は「一生会わないであろう、国外へ行ってほしい。時差があってほしい。同じ時間に寝てるんだとか、起きてるんだとか考えるのもすごく嫌なので」と笑いを交えて回答。「入国禁止令というか。私は日本が好きなので」とも語り、浮気相手への制裁については「引っ掛かる方が悪い」としたうえで、特に何もしないと話した。  一方の塚本は、松本が演じる浮気相手の井筒里奈に関して「本当に悪い女で、こんな子にね、帰りたくないなとか、素直に好きって言われたら、どうかなっちゃうだろうということがいっぱい出てくる」としつつ「実際の僕は違いますよ!」と役柄が本来の自分とは違うことを強調。現場では、娘の七香に扮する子役の渋谷南那になつかれているそうで「撮影以外で戯れていることの方が多い」と告白し、これを聞いた仲は「すごくチューされてる」と暴露していた。

  • 仲里依紗主演ドラマ『ホリデイラブ』に塚本高史、中村倫也、壇蜜、山田裕貴ら出演決定

    塚本高史、 仲里依紗主演ドラマで浮気夫に 中村倫也、壇蜜、山田裕貴も出演​

    エンタメ

     仲里依紗が主演を務める1月放送スタートのドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)で、俳優の塚本高史が浮気夫役を演じることが発表された。また、中村倫也、壇蜜、山田裕貴ら共演者も明らかになり、キービジュアルと塚本のコメントも解禁となった。@@cutter 『ホリデイラブ』は、共感度200%のサレ妻主人公・高森杏寿(仲)が、浮気夫・高森純平(塚本)との“夫婦再構築”を目指して正々堂々と戦う姿を描くホームドラマ。塚本は「台本を読み、どこにでもある幸せの家族が、本当に一瞬の魔が差したせいで壊れてくのは怖いな、と思いました」としつつ、「でも、その魔も仕組まれてる可能性があるんですよね!? いやー、もっと怖いですね。この家族にはぜひ最後、幸せになってほしいです」と思いを明かす。  また、初共演となる仲や役柄については「ポスター撮影で数時間ご一緒したときは、凛とした印象を受けました。そんな仲さん演じる杏寿ら、家族のことが大好きな純平は、現時点では本当に真面目で優しい人。一瞬の魔さえ差さなければ、幸せだったのに…かわいそう…」とコメント。「さすがに魔が差すところには共感できませんが(笑)、家族が大好きなところは自分自身も同じ。演じるにあたっては、悪気のない優しさの中に男気もにじませながら、男性からも会社の後輩からも好かれる雰囲気を出したいです」とも語っている。  中村と松本まりかが演じるのは、高森夫婦の“脅威”となるもう一組の夫婦。可愛らしい顔の裏で強い執着を持って“純平を誘う女”・井筒里奈を松本が、その夫で“一見エリートだが実はパワハラ夫”の井筒渡を中村が鬼気迫る演技で立体化する。一方の山田は、杏寿に接近する正体不明の男・黒井由伸役をつとめ、壇蜜は杏寿の心をざわめかせる霊的能力の強い謎の女・坂口麗華を演じる。平岡祐太は杏寿の親友で良き相談相手でもある春田龍馬を担当し、純平の後輩社員で里奈に一目惚れする小泉駿役には飯島寛騎が、同じく純平の後輩社員・一ノ瀬真人役には岡田龍太郎が抜擢され、杏寿の姉・橘亜沙美役には三津谷葉子が演じることとなった。  ドラマ『ホリデイラブ』は、テレビ朝日系にて2018年1月より毎週金曜23時15分放送。

  • 秋本治、新作は原点回帰!『こち亀』の復活は「両さんに聞いてみないと」、「集英社 2017新刊企画発表会」登壇

    秋本治、新作は原点回帰!『こち亀』の復活は「両さんに聞いてみないと」

    アニメ・コミック

     『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で知られる漫画家・秋本治が16日に都内で行われた集英社の2017新刊企画発表会に出席。『こち亀』の復活について「両さんに聞いてみないとわからない」と語るとともに、新作『BLACK TIGER ブラックティガー』に込めた熱い想いを明かした。@@cutter 2016年に40年におよぶ連載が終了となった『こち亀』。2017年9月16日発売の「週刊少年ジャンプ」では連載終了から約1年ぶりに新作が掲載され、ファンを喜ばせた。秋本は「ひょっこり戻りました」と笑顔を見せつつ、今後については「(主人公の)両さんに聞いてみないとわからない」とコメント。「イレギュラーのこと。“戻るの!?”と僕が驚いたくらいだった」と今回の復活は自身にとっても意外なことだったという。  「連載が終わるときに、“来年、何かを描きましょう”という話をしていた。新作で戻ると思っていたら、“やっぱり両さんでしょ”となった」と経緯を明かし、「“懐かしかった”など反響をいただいて、みんな両さんを愛してくれているんだなとホッとした」としみじみと語っていた。  『BLACK TIGER ブラックティガー』は、南北戦争後のアメリカを舞台に、女ガンマン“ブラック・ティガー”の活躍を描く西部劇。「劇画の絵。“両さんとは違う絵になった”と言われますが、もともと僕は劇画を描いていた」と秋本。「それまでは両さんのようなギャグを描いたことがなかった。やってみたら“こりゃ面白い”と40年も描いてしまった。ちょうど200巻が終わったところで、原点に帰ろうと思った」と同作は“原点回帰”だという。  「映画を観るようなかたちで、漫画を読んでほしい」と“シネマンガ”という新たなジャンルの開拓を目指し、「今、西部劇が少ない。改めて西部劇の楽しさを表現したい。これは『こち亀』ではできなかったこと」と意気込む。“ブラック・ティガー”の衣装に身を包んだ女優・松田るかも出席したが、秋本は「イメージ通り。大満足」とうれしそうな笑顔を見せていた。

  • 『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』第2話に壇蜜登場

    壇蜜、板尾創路主演『フリンジマン』でセクシーすぎるカウガール姿披露

    エンタメ

     10月14日に放送されるドラマ『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系/毎週土曜24時20分)第2話に壇蜜が登場。放送に先駆け劇中で壇蜜が披露したセクシーカウガール姿の場面写真が公開された。@@cutter 本作は、『ヤングマガジン』(講談社)で連載中の人気同名コミックを原作とした不倫コメディードラマ。愛人を作りたい願望を持つ田斉治(大東駿介)が、友人の満島由紀夫(淵上泰史)と坂田安吾(森田甘路)とともに、“愛人教授”井伏真澄(板尾創路)の手ほどきを受け、愛人作りに奮闘する姿を描く。  今回壇蜜が演じるのは、井伏の愛人の一人、巨乳美女・宮部ゆき役。井伏に料亭に連れてこられ、生徒たちに女性の秘密をレクチャーするという場面で登場する。  キワドイ質問にも、愛人らしくすべて忠実に答えるという役柄である一方、公開された写真では、なぜかカウガール姿で、胸元が覗くベストにギリギリのミニスカートというセクシーなスタイルを披露。大いに期待が膨らむシーンとなっている。   初回は、田斉の愛人候補となる山口詠美役に扮する筧美和子のセクシーな演技に「筧美和子チャマが愛人の原石とな。これはこれはかわいいぞ」「酔ってる時の表情、最高だった」など絶賛の声が集まった。    第2話では、飲み会の帰りに詠美とタクシーに同乗することに成功した田斉が、着いた先で詠美から家に上がることを誘われる。ところが部屋の前にはコワモテの男が。詠美は美人局!? しかし、愛人作りは思わぬ形で進んでいく…というストーリーが展開される。  『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』は、テレビ東京系にて毎週土曜24時20分放送。

  • 石原さとみ、サラリーマンの“理想の晩酌相手”1位に! 石田ゆり子もランクイン

    石原さとみ、サラリーマンの“理想の晩酌相手”1位に! 石田ゆり子もランクイン

    エンタメ

     映画『シン・ゴジラ』や『忍びの国』に出演する女優の石原さとみが、サラリーマンが選ぶ“理想の晩酌相手”1位に選ばれたことがわかった。トップ10内には、石田ゆり子、新垣結衣、北川景子らがランクインしている。@@cutter 今回の結果は、養命酒製造株式会社が「サラリーマンの未病実態」というテーマでインターネット調査を2017年6月8日&9日の2日間で行い、30歳以上のサラリーマン(会社員、公務員・団体職員の男性)1000人の有効回答を回収したもの。  29票の石原は22票を集め、2位のタモリと7票差をつけてトップとなった。3位は、NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』で主演を務める綾瀬はるか、4位はお笑い芸人・監督・役者など様々な顔を持つビートたけし、5位には大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演した石田が選出された。  また、6位には所ジョージ・壇蜜・明石家さんまの3人が同数の票を獲得し、9位は現在放送中の月9『コード・ブルー』出演の新垣、10位には昨年、ミュージシャンDAIGOと結婚した北川がランクインしている。  また、“未病を癒してくれると思う芸能人”には、1位に新垣、2位に石原、3位に綾瀬とトップ3に人気の女優陣が独占。“理想の晩酌相手”にも選出された石田は7位、も広瀬すずと有村架純が同票で8位、井川遥と波瑠が10位という結果となった。

  • シルバー仮面&レッドバロンが夢の共演!『ブレイブストーム』映画化決定

    シルバー仮面&レッドバロンが夢の共演!『ブレイブストーム』公開決定

    映画

     1970年代にテレビで人気を博した伝説の特撮ヒーロー番組『シルバー仮面』と『スーパーロボット レッドバロン』が1つのスクリーンで共演するSFアクション映画『BRAVE STORM ブレイブストーム』の公開が決定。大東駿介と渡部秀をW主演に迎え、共演には山本千尋、タモト清嵐、春日光一、壇蜜、泉谷しげる、寺脇康文、吉沢悠らが名を連ねる。@@cutter 物語の舞台は、キルギス星人の侵略によって人類が滅亡した2050年の地球。わずかに残された人類の中、春日5人兄弟(大東、山本、タモト、壇蜜、春日)は、過去に時間移動し、侵略者キルギス星人を地球侵略開始前に抹殺することを計画する。2015年に移動した兄弟たちは、ロボット工学者・紅健一郎(吉沢)に接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。エイリアンVS強化人間と巨大ロボットVS巨大ロボット。東京を舞台に、壮絶なバトルが開始される。  監督は、『帝都物語』『ゴジラvsビオランテ』の造形美術などを手がけ、円谷プロダクション元代表取締役副社長の岡部淳也がメガホンを取り、特撮業界最強のクリエイティブスタッフが集結した。  また、本作は公開宣伝資金増強を目的としたクラウドファンディングも開始。支援者には、先行上映会チケット、限定ポスター、メイキング本、撮影台本、デザイン画など、各プランによってさまざまな特典がつくという。  映画『BRAVE STORM ブレイブストーム』は2017年秋、TOHOシネマズ上野他全国ロードショー。

  • 遂に2ショット実現!相楽樹、壇蜜との2ショットで顔交換も ※「相楽樹」インスタグラム

    相楽樹&壇蜜、ようやくの2ショット実現に反響「顔チェンしてもそっくりすぎる!」

    エンタメ

     女優の相楽樹が8日、かねてより「似てる」「そっくり」と評判の壇蜜と、現在放送中のドラマ『こんにちは、女優の相楽樹です。』(テレビ東京/毎週月曜25時)の第2話へ出演することを自身のインスタグラムで告知。さらに、顔交換ショットに挑んだ動画を公開した。@@cutter この日の投稿で、壇蜜と自分について「私たち似てますかね」とコメントした相楽。動画では相楽が「私はよく壇蜜さんに似てるといわれる」と告げると、壇蜜が「私と似てるってことは、ロバートの秋山さんとも似てるということですけど大丈夫ですか?」と返すというやりとりも収録されている。  この投稿に対して、「似てると思います!」「似てるよ~。姉妹みたい!」「顔チェンしてもそっくりすぎてわかりませんね!」「やっと、疑問が解決しました」「似てます。壇と蜜コンビ組んだらどうでしょう?」との声が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/itsukisagara/

  • 映画『関ヶ原』に出演する松山ケンイチ&壇蜜

    松山ケンイチ&壇蜜、岡田准一主演映画『関ヶ原』追加キャストに決定!

    映画

     岡田准一が主演を務める、司馬遼太郎の原作小説の実写化映画『関ヶ原』にて、第三弾のキャスト発表が行われ、直江兼続役に松山ケンイチ、尼僧妙善役に壇蜜がキャスティングされることが発表された。@@cutter 『関ヶ原』の原作は、世代を超えて熱烈なファンを数多く持つ歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いを描いた累計部数580万部超の同名小説。1981年にはドラマ化(TBS系)もされており、今回が初の映画化となる。監督を原田眞人が務める。  昨年8月のクランクイン前には、主役の石田三成役を務める岡田と徳川家康役の役所広司、そして光成を守る忍び・初芽役を務める有村架純のメインキャスト3名が発表、さらに第二弾キャストの平岳大、東出昌大、中越典子、北村有起哉、伊藤歩、音尾琢真、和田正人、滝藤賢一、キムラ緑子、西岡徳馬という豪華俳優陣の発表が行われている。  今回松山が演じるのは、石田三成と結託し、東から家康を討とうと試みる会津の武将、直江兼続。昨年の『日本のいちばん長い日』にも出演、武将としては人気も高い直江兼続を松山ケンイチがどう演じ切るか、期待が高まる。そして島左近の昔なじみの尼僧妙善を、壇蜜が担当、新境地を見せている。  今回の出演について松山は「原田監督のユーモアが大好きで、いつも楽しませて頂いてます。直江兼続をやらせて頂きましたが、今までの直江兼続像から少し離れたところで楽しくやらせて頂きました」と現場の雰囲気を存分に楽しんだ様子を明かすとともに「尊敬する岡田さんと同志といえる間柄を演じる事が出来て、素晴らしい経験をさせて頂きました」と岡田との共演に感銘を受けた様子を語っている。  また壇蜜も「左近さまと三成さまの密談を見守らせていただきました。壮大な映画の景観を損ねぬようコッソリとおつとめした次第です。どうぞお楽しみください。」と作品をアピールしている。  映画『関ヶ原』は8月26日より全国公開。

  • 『精霊の守り人 悲しき破壊神』第4話「笑う魔物」

    『精霊の守り人』、ディーン・フジオカと壇蜜の“禁断の恋”の真相が明らかに

    エンタメ

     全編4K映像で描かれる、綾瀬はるか主演のNHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』。ディーン・フジオカ、高良健吾、鈴木亮平ら、豪華出演者たちにも注目が集まる本作の11日放送分、第4話「笑う魔物」の場面写真が公開された。@@cutter 本作は、昨年3月に放送された「放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』」の続編として制作され、第2章にあたる。全編4K映像で描かれ、主人公・用心棒のバルサ(綾瀬)が、不思議な力を持つ少女のアスラ(鈴木梨央)を守るため、旅に出る物語である。綾瀬が毎話、迫力のアクションシーンを演じることも話題となっている。  第3話では、バルサはアスラを狙う刺客から逃れて国境の街に住むマーサ(渡辺えり)の衣装店に身を寄せ、アスラが笑顔を取り戻すのを見てホッとする。一方、人質となったタンダ(東出昌大)はスファル(柄本明)から、アスラに宿ったのは破壊神で、再び人々が恐怖に支配されるのを許すのかとただされ、バルサの逃亡先を教えてしまう。その頃、サンガル王国に囚われたチャグム(板垣瑞生)は何者かに命を狙われていた。  11日放送の第4話では、バルサはシハナ(真木よう子)から届いた脅迫状に従い再びロタ王国を目指す。途中の野営地で狼の群れに襲われるが、アスラが一瞬で狼たちを殺してしまう。高笑いするアスラは確かに禍々しい何者かに支配されていた。また、ロタ王国最大のスキャンダル、王弟イーハン(ディーン・フジオカ)と、タルの民・トリーシア(壇蜜)の過去も明らかとなる。16年前に恋に落ちたイーハンとトリーシアだが、二人の恋は引き裂かれてしまう。引き裂かれた二人の悲恋が、ロタ王国を動乱に巻き込んでゆく…。  NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』は、毎週土曜21時から放送中。

  • 「キスしたい芸能人」1位に選ばれた福山雅治&石原さとみ

    福山雅治・石原さとみ「キスしたい芸能人」1位に! 30~40代男女に調査

    エンタメ

     30~40代の男女を対象に行った「キスしたい芸能人」アンケート1位に、男性部門では先日結婚を発表し多くの女性に“ショック”を与えた福山雅治が、女性部門では雰囲気や仕草がキュートな女優の石原さとみがそれぞれ選ばれた。@@cutter この度、リカルデント「美噛むプロジェクト」では、11月8日の“いい歯の日”を前に30~40代の男女に対し、大人のキス事情に関する調査を実施。  大人の魅力で男性部門1位となった福山とは対照的に、「かわいい年下男子からも迫られてみたい!」といった願望の表れからか、キュートな魅力も併せ持つ俳優・福士蒼汰が見事2位にランクイン。また、大人の色香漂う俳優・西島秀俊が福士と同数の票を獲得した。  一方、女性部門2位は抜群のプロポーションで可愛い&セクシーを体現する深田恭子、そして3位はアンニュイな雰囲気とミステリアスな存在感が妖艶な壇蜜と、上位にそれぞれ違ったタイプの女性が選ばれた。 「キスしたい芸能人」アンケート結果は以下の通り。 <男性部門> 1位 福山雅治 2位 福士蒼汰 2位 西島秀俊 4位 生田斗真 5位 竹野内豊・向井理 <女性部門> 1位 石原さとみ 2位 深田恭子 3位 壇蜜 4位 北川景子 4位 有村架純 6位 新垣結衣

  • オダギリジョー主演『経世済民の男 高橋是清』

    オダギリジョー、“財政の天才”に! 17歳~83歳まで『高橋是清』熱演

    エンタメ

     オダギリジョーが、7度大蔵大臣に就任し、その後第20代総理大臣を務め、二・二六事件にて襲撃された実在の人物、高橋是清を演じるNHK放送90年ドラマ『経世済民の男 高橋是清』が、第二部『小林一三』、第三部『鬼と呼ばれた男~松永安左ェ門』とともに8月22日より5週連続で放送される。オダギリは本作で、17歳~83歳までの是清を演じる。@@cutter 本作は、明治、大正、昭和の激動の時代に、現在の日本を「創った」といえる3人の経済人の生涯をNHK3放送局で制作した3部作のドラマ。第一弾となる高橋是清は、8月22日と29日に前後編で放送する。  高橋是清は、財政の天才と呼ばれ、7度の大蔵大臣を務めた後に総理大臣となった人物だ。明治維新で時代が大きく変わった日本に、アメリカ留学から帰国した高橋是清は、得意の英語を活かし、様々な職を経験する。東京英語学校や文部省の通訳など役職に恵まれた是清だが、好奇心からさまざまな事業や投資に手を出し失敗を繰り返す。しかし、その経験が後の是清を培っていく。その後、33歳で特許局の初代局長になった是清だが、前田正名に請われ、日本の未来のためと職を辞し、ペルーの銀山経営に向かう…。  主演の高橋是清をオダギリが務めるほか、壇蜜、谷原章介、ミムラら豪華俳優陣が脇を固め、作品を盛り上げる。  脚本を担当したジェームス三木は、「高橋是清はいわゆるインテリでも有識者でもない。彼の卓抜した判断力や、積極果敢な実務能力は、学問の知識ではなく、すべて生身の実体験に基づいている。後に達磨宰相といわれる是清は、風貌だけでなく、転んでもタダでは起きない闘志があった。現代の知識偏重教育のありかたを、つくづく考え直したくなる」と本作への思いを語っている。  なお、第二弾は阿部サダヲが主演する『小林一三』、第三弾は吉田鋼太郎主演の『鬼と呼ばれた男~松永安左エ門』で、9月5日より放送される。  放送90年ドラマ『経世済民の男 高橋是清』は、8月22日21時からNHK総合で放送。

  • 『徹子の部屋』にゲスト出演した壇蜜 

    壇蜜、“愛人”と呼ばれた中学時代、グラビアの辞めどきは「元を取ってから」

    エンタメ

     グラビアタレント・女優の壇蜜が、18日にテレビ朝日系のトーク番組『徹子の部屋』に出演した。壇蜜は、今の姿からは想像ができない青春時代のエピソードや資格マニアとして知られる一面、プライベートで自身に課している決まりなどを語った。@@cutter 「クラスメイトになじめない、引っ込み思案なところがあって、とっつきにくいところがありました」と、内気な性格に悩んでいた小学校時代を振り返った壇蜜。中学生になり、髪形をワンレングスに変えるなどイメチェンをするとその雰囲気からつけられたあだ名がなんと“愛人”。だが、友人にかまってもらえたことに喜びを感じ、全く嫌な気持ちにならなかったと語り「勉強も頑張って、友達もできたということが、小学校の頃は考えられなかったことだったので、そんなことをありがたく思っていました」と、中学時代を振り返る。  また、大学生で取得した「英語教員資格」や、専門学校に通って取得した「遺体衛生保全士」をはじめ多くの資格を取得していることでも有名な壇蜜。その資格取得のために掛かった費用の多くを負担してもらった両親に対し「肩身が狭い」とのことで、「母からはそのお金で『5回くらいハワイに行けたわ』と言われました」と苦笑い。さらに自身がグラビアアイドルを辞めようかと悩んだ際に「これだけお父さんやお母さんを心配させてきたんだから、元を取ってからやめなさい、と言われました」と告白し、MCの黒柳徹子から笑いを誘う。  プライベートでは「自分を律するための3ヵ条」として「酒は飲まない」「派手な洋服は着ない」「業界の人たちとの交友関係を持たない」という廉潔な決まりを持っていると語り「ただでさえ華やかな世界で、こういう仕事をしているわけですから、イメージも付きやすいですし」とコメント。また「ファンの方が喜ぶ壇蜜のイメージを考えたときに、“いつも一人でいる”ほうが想像しやすいと思ったんです。そうなると“仲良し”って学生みたいなノリは、自分の歳ではしてはいけないと思いまして」と、プロフェッショナルな一面も明かした。

  • 壇蜜、ドラマ『経世済民の男』<高橋是清>記者会見にて

    壇蜜、オダギリジョーを “お尻でかばう” 前代未聞のシーンに照れ

    エンタメ

     NHKの放送90年ドラマ『経世済民の男』3部作の第一弾『高橋是清』の試写会が30日に行われ、出演者の壇蜜、松浦雅、草笛光子、そして脚本家のジェームス三木が登場。日本橋の芸者・お君を演じた壇蜜は「とっさに是清さんをかばうシーンがあるんですが、なぜか私は尻を使って(高橋を)隠すんです。後にも先にも次期内閣総理大臣になるような方を、尻を使ってかばったのはこれが最後なんじゃないか」と笑顔を見せた。@@cutter 『経世済民の男』はNHKの放送開始90年を記念して、日本経済の礎を築いた3人の経済人を取り上げ、その波乱万丈の生涯を描く。第一弾は主演にオダギリジョーを迎え、大蔵大臣の時に経済手腕を発揮し日本のケインズといわれた高橋是清を取り上げる。  当日、イベントに参加できなかったオダギリは「見た目も性格も似ていない是清を演じることになりました。イメージが違いすぎるからこそできることがあるのではと思いながら、役に没頭しました。歴史の偉人というより人間としての魅力を感じていただければ」とコメントを寄せた。  脚本のジェームス三木は、今回のキャスト陣について「オダギリさんとはお会いしたことがなくて、今でもない。壇さんはファンです(笑)。上品なスケベとして憧れていましたので、今日会えて満足しています」とニヤリ。  また、高橋是清に対しては「私は株がなんで上がるか下がるかわからないほど、経済のことはなんにもわからないので苦労した。是清を描くときにこだわったのは、実践主義の人だったということ。是清はちゃんと学校にもいってないしインテリってわけではない。何でも実践して身につけていく。政治家には稀有な存在ではないでしょうか」と語った。  『高橋是清』はNHK総合にて8月22日・29日の21時~21時58分に放送。

  • 「美しい髪のタレント」1位:仲間由紀恵

    「美しい髪のタレント」1位は仲間由紀恵!栗山千明、北川景子…あの男性芸人も上位に

    エンタメ

     女優の仲間由紀恵が、全国の女性500人を対象に行った「美しい髪のタレント」調査アンケートで、過半数の票を獲得し1位に輝いた。また、同アンケートで女性が多く選ばれる中、お笑い芸人の蛍原徹(雨上がり決死隊)、日村勇紀(バナナマン)がランクインを果たした。@@cutter 本アンケートは、頭皮ケア商品「ココパーム」を販売するサラヤ株式会社による調査で、20~50代の女性を対象に実施。51.4%の票を獲得した仲間に続いたのは、栗山千明、黒木メイサで、いずれも黒髪のロングヘアが印象的な女優陣がトップ3を独占するかたちとなった。  4番目に選ばれたのはやはりロングヘアがトレードマークの北川景子。黒髪サラサラヘアの蛍原は、菜々緒、壇蜜、石原さとみ、新垣結衣という美人女優たちを抑え堂々の5位に輝いた。  また、蛍原と同様、マッシュルームカットの日村が9.4%の票を獲得。桐谷美玲、荒川静香、佐々木希、小嶋陽菜が後に続いた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access