生田絵梨花 関連記事

  • 発売中の『NMB48吉田朱里プロデュースオールインワンBIGメイクポーチつきIDOL MAKE BIBLE@アカリン』(主婦の友社)

    NMB48・吉田朱里、ビューティーフォトブックが2ジャンル同時1位に

    エンタメ

     NMB48・吉田朱里によるコスメ付ビューティーフォトブック第3弾『NMB48吉田朱里プロデュースオールインワンBIGメイクポーチつきIDOL MAKE BIBLE@アカリン』(主婦の友社)が、2月18日付のオリコン週間BOOKランキング(集計期間:2019年2月4日~2月10日)にて週間売上1.2万部を記録。「ファッション」「美容・ダイエット」の2ジャンルで同時1位を獲得した。@@cutter 吉田はNMB48での活動をはじめ、ユーチューバーでアイドル、さらにファッション誌『Ray』専属モデルとしても活躍中。同ランキングにて、昨年12月17日付の第1弾、今年1月7日付の第2弾に続き、シリーズ3作連続の2ジャンル同時1位を獲得している。  普段から大量のコスメを持ち歩くという吉田の経験をもとに制作された『NMB48吉田朱里プロデュースオールインワンBIGメイクポーチつきIDOL MAKE BIBLE@アカリン』は、自身が細部までこだわり抜いた機能性の高い大容量ポーチがセットになったビューティーフォトブック。誌面では、このポーチの解説や使い方が紹介されるほか、吉田の様々なスタイルや表情が楽しめるスペシャルグラビアも掲載されている。  また「写真集」ジャンルでは、『生田絵梨花写真集 インターミッション』(講談社)が3週連続1位に輝いている。  『NMB48吉田朱里プロデュースオールインワンBIGメイクポーチつきIDOL MAKE BIBLE@アカリン』(主婦の友社)は発売中。

  • 生田絵梨花『インターミッション』、写真集ジャンルで2週連続1位に!

    乃木坂46・生田絵梨花『インターミッション』、写真集ジャンルで2週連続1位

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集2作目となる『生田絵梨花写真集 インターミッション』(講談社)が、2019年2月11日付の「オリコン週間“本”ランキング」(集計期間:2019年1月28日~2月3日)で、週間売上部数2.7万部を記録。写真集ジャンルにおいて、2週連続となる1位に輝いた。@@cutter 『インターミッション』は、生田の希望により、米ニューヨークで撮り下ろされた一冊。ミュージカル女優としても活躍する生田が、憧れのブロードウェイでのカットや五番街、セントラルパークなどの観光地でも撮影を行い、初のランジェリー姿や、大胆なセクシーショットにも挑戦した意欲作となっている。  本写真集について、先月21日に都内で開催された刊行記念お渡し会で生田は「ミュージカルを連想するような、躍動感のある写真がいっぱいあったり、留学中みたいなイメージで、生活感のあるショットもたくさんあって、色々な表情が詰まった一冊になっていると思います」と仕上がりにも満足な様子を見せていた。  さらに、発売とともに22歳になるということで「この写真集をきっかけに、『大人っぽくなったね』とか『こういう表情もするんだね』って、声をかけてもらったりもして。自分で自分のイメージや可能性を決めずに、色々なことに挑戦して、幅を広げていきたいなと思います」と、生田自身にとっても特別な一冊であることを明かしていた。  また先週は、オリコン週間“本”ランキングの「写真集」ジャンルの歴代初週売り上げ記録で、2017年2月20日付で『白石麻衣写真集 パスポート』が記録した10.4万部を上回り、「女性ソロ写真集の初週売上歴代1位」を獲得している。  『生田絵梨花写真集 インターミッション』(撮影:中村和孝/講談社)は現在発売中。価格は1800円(税別)。

  • 生田絵梨花写真集『インターミッション』(講談社)より

    乃木坂46・生田絵梨花『インターミッション』、女性ソロ写真集で初週売上歴代1位に

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集2作目となる『生田絵梨花写真集 インターミッション』(講談社)が、2月4日付の“オリコン週間BOOKランキング”(集計期間:2019年1月21日~1月27日)で初登場1位にランクイン。週間売上は17.9万部で、同ランキングのジャンル別「写真集」にて、「女性ソロ写真集の初週売上歴代1位」に輝いた。@@cutter 『インターミッション』は、生田の希望により、米ニューヨークで撮り下ろされた一冊。1月には『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』、2月からは『ロミオ&ジュリエット』の出演と、ミュージカル女優としても活躍する生田が、憧れのブロードウェイでのカットや五番街、セントラルパークなどの観光地でも撮影を行った。そのほかにも初のランジェリー姿や、大胆なセクシーショットにも挑戦した意欲作だ。  本作は、自身の1st写真集『転調』に続き、2作連続の1位を獲得。“オリコン週間BOOKランキング”の「写真集」ジャンルの歴代初週売り上げ記録では、昨年7月9日付で18.2万部を記録した『乃木坂46写真集 乃木撮 VOL.01』に次ぐ歴代2位。また、2017年2月20日付で『白石麻衣写真集 パスポート』が記録した10.4万部を上回り、「女性ソロ写真集の初週売上歴代1位」となった。  『生田絵梨花写真集 インターミッション』(撮影:中村和孝/講談社)は現在発売中。価格は1800円(税別)。

  • 写真集『インターミッション』出版記念お渡し会に登場した生田絵梨花

    生田絵梨花、セカンド写真集に大満足「22億点です」

    エンタメ

     乃木坂46の生田絵梨花が、21日に都内で開催された3年ぶりのセカンド写真集『インターミッション』刊行記念お渡し会に出席した。写真集の発売とともに22歳になる生田は「この写真集をきっかけに、『大人っぽくなったね』とか『こういう表情もするんだね』って、声をかけてもらったりもして。自分で自分のイメージや可能性を決めずに、色々なことに挑戦して、幅を広げていきたいなと思います」と今後の抱負を語った。@@cutter 「ニューヨークで発見する、新しい自分」をテーマにした本作。生田は「ミュージカルを連想するような、躍動感のある写真がいっぱいあったり、留学中みたいなイメージで、生活感のあるショットもたくさんあって、色々な表情が詰まった一冊になっていると思います」と、仕上がりに満足げ。色っぽい姿を収めたカットの撮影については「最初はちょっと『大丈夫かな?』っていうのはあったんですけど、女性のスタッフさんたちが乗せて褒めてくださったので、リラックスして撮影することができました」と笑顔で振り返った。  お気に入りのカットは、ニューヨークの5番街を着物で歩く姿を収めたカットと、夜のブロードウェイでの躍動感あふれるカットを選出。着物のカットについては「黒柳徹子さんが以前、着物を着て、5番街で写真を撮ったっていうのを見たことがあって。それに影響を受けてやってみたいと思いました」とコメント。約1万2000カットを撮影したという本作の自己採点を求められると「22億点ですかね」と回答し、「1月22日に発売で、私の年も22歳で、セカンド写真集で、2がたくさんついているので」と理由を明かした。  周囲からの反応に話が及ぶと「一番初めに見てもらったのは、白石麻衣ちゃんで。まいやんは、私以上にすごいハイテンションで喜んで『いいね~!』って褒めてくれたので、すごいうれしかったですね」と白い歯を見せていた。  乃木坂46・生田絵梨花のセカンド写真集『インターミッション』は、講談社より1月22日発売。価格は1800円(税抜)。

  • 乃木坂46の生田絵梨花

    乃木坂46・生田絵梨花の“ガチすっぴん”ショット ファン「女神ですか」

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集公式ツイッターが19日、生田のすっぴん写真を公開した。ファンは「すっぴんが、恐ろしいほどお美しい、、、」「女神ですか」など絶賛している。@@cutter 2019年1月22日に発売となる生田にとって3年ぶりの2nd写真集(タイトル未定/講談社)は、ニューヨークを舞台に7日間のロケを行い、生田のさまざまな表情を撮り下ろした。公式ツイッターのフォロワーは16万人を超えており、生田がニューヨークでのロケの思い出を描いたイラストや、白石麻衣が写真集を見てハイテンションになる様子なども公開されてきた。先日には15万フォロワー突破を記念し、生田のセクシーなキャミソール姿でのオフショットが投稿されていた。  「寝起きに顔を洗って、ガチすっぴんの生田さん」「生田絵梨花写真集 1月22日発売!」というキャプションとともに投稿された写真には、生田が顔を洗う様子や、すっぴんで白い歯を見せる姿が収められている。  写真を見たファンは「お肌ぷるんぷるんのプルプルヤン」「すっぴん可愛すぎます好き」「女神ですか」「可愛い。デコだしやばい」「これですっぴんとか変わらないじゃん。美しすぎ」「手を合わして拝むレベル」「すっぴんが、恐ろしいほどお美しい、、、」「これですっぴんはやばい…天使ですね!」などの反応を見せている。 引用:https://twitter.com/erika_newyork

  • 西野七瀬、『おしゃれイズム1時間SP』ゲスト 乃木坂46囲み取材に登場

    西野七瀬、卒業前にメンバーとクリスマスを堪能「ロケを忘れて楽しんだ」

    エンタメ

     アイドルグループの乃木坂46が7日、都内にて開催された『おしゃれイズム1時間SP』(日本テレビ系/12月23日23時)番組収録後の囲み取材に出席。年内いっぱいで同グループを卒業する西野七瀬が、「ロケを忘れて、メンバーと初めてクリスマスっぽいことを楽しめた」と笑顔で語った。@@cutter この日の収録には、西野のほかに白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、梅澤美波、与田祐希、星野みなみ、堀未央奈、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、大園桃子、伊藤理々杏、佐藤楓、新内眞衣、井上小百合、高山一実、斉藤優里、山下美月の選抜メンバー19名が勢ぞろい。『おしゃれイズム』史上最多人数の出演となった。  同番組では、クリスマス・スペシャルということで、3チームに分かれて横浜・みなとみらいや赤レンガ倉庫でショッピングや食べ歩きを楽しんだり、江ノ島でプレゼント作りに挑戦したり、ロマンチックなイルミネーションもたっぷり堪能。さらに、千葉県でもみの木をゲットしたメンバーは、乃木坂46オリジナルのクリスマスツリーを制作し、完成作品をスタジオで披露した(集合写真・後ろのツリー)。  クリスマスの雰囲気をたっぷり楽しんだメンバーは、収録後、それぞれがロケの思い出を語ったが、中でも、年内いっぱいで同グループを卒業する西野は、「ロケをしていることを忘れて、純粋に(赤レンガ倉庫の)クリスマス・マーケットを楽しんじゃいました」と満面の笑顔。「今までクリスマスの思い出がほとんどないまま生きてきたので(笑)、ようやくみんなとクリスマスっぽいことができて、本当に楽しかった」と胸の内を明かすと、同行していた高山が、「一緒に歩いているときに、なーちゃん(西野)が自然に腕に絡みついてきて胸がキュンとした」と思い出をかみしめた。  白石は、「前回は1人で出させていただいたのですが、今回はクリスマス・スペシャルということで、大人数のメンバーで出演することができたので、すごくうれしかったし、楽しい会になったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と真摯にアピール。生田は、「乃木坂のメンバーは、結構、ボケてる人が多くて(笑)、それをすかさず司会の上田(晋也)さんが拾ってくれて、それを投げ返してくれたので、収録中、ずっと笑っていました」と収録を心から楽しんだ様子だった。  『おしゃれイズム1時間SP』は、日本テレビ系にて12月23日23時放送。

  • 乃木坂46の生田絵梨花

    生田絵梨花、写真集Twitterが4日で10万フォロワー オフショット祭り開催

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集公式ツイッターが23日、アカウント開設から4日でフォロワー数が10万人を突破したことを記念して、「#生田絵梨花写真集オフショット祭り」を開催。次々投稿されたオフショットの数々に、ファンからは「ありがとうございます!!!」「可愛すぎ」「最高」などのコメントが寄せられ、反響を呼んだ。@@cutter 2019年1月22日に発売される生田の3年ぶりとなる2nd写真集(タイトル未定/講談社)は、ニューヨークを舞台に、7日間のロケで撮り下ろされた生田のさまざまな表情が収録される。11月19日にツイッターの公式アカウントが開設されると、そこからたったの4日でフォロワーが10万人を突破。23日には「このアカウント始動から4日目でフォロワーさんが10万人を突破したました! 御礼企画として #生田絵梨花写真集オフショット祭り を開催します!」と投稿。ファンからは「神垢」「待ってました!」「ありがとうございます!!!」などのコメントが殺到した。  その後、「#生田絵梨花写真集オフショット祭り」のハッシュタグと共に、次々とオフショット写真が投稿された。ボーダーのワンピースを着た彼女がソファーに腰掛けるカットや、クッションで口元を隠しながら、カメラを見つめるカットなどが次々披露され、オフショット祭りの最後は生田の自撮りで締めくくられている。  今回の企画にファンからは、「オフショット祭りがこんなに大量とは予期しておらず、幸せすぎてやばいです」「たくさんのオフショット写真、ありがとうございます」「大量のオフショットに埋もれて幸せで死にそうです」など喜びの反響とともに、来年発売される写真集について「期待以上のものを作ってくれることを期待している」「期待しかないです~」などの激励も寄せられた。 引用:https://twitter.com/erika_newyork

  • 『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46ガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』取材会にて

    齋藤飛鳥、“YOUは何しに”は「番組の作りがすごく良くできている」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友里、秋元真夏、与田祐希、高山一実、岩本蓮加、大園桃子、和田まあやが、お笑いコンビのバナナマン(日村勇紀、設楽統)と共に、都内で開催された『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』(テレビ東京系/11月12日18時58分)取材会に出席した。スタジオでのトークを担当した白石は、メンバーの頑張りを絶賛し「行ってみたい」とロケ参加に意欲を示した。@@cutter 空港で外国人を勝手に迎え、アポなしインタビューを行うことで知られる『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系/毎週月曜18時55分)。今回のスペシャルでは、秋元、生田、岩本、大園、高山、松村、与田、和田、阪口珠美が、空港・町中・秘境でインタビューを実行。齋藤と白石は、スタジオでその模様を見ながらバナナマンとトークする。  成田空港でロケを行った生田は「すぐ断られてしまったり、あんまりついて来ないでほしいみたいな雰囲気を醸し出されて、へこんだりすることはあったんですけど、段々へこたれない精神みたいなものがついてきて。強くなりましたね」とニッコリ。「一番は、相手に興味を持つっていうことを大事にして。いろいろな方の人生に出会うことができた」とロケを楽しんだようだった。  一方の白石は「感動しましたし、すごく面白かったり、個性が出ているそれぞれのVTRになっていた」とメンバーの頑張りを絶賛。「たくましいなって思って。同じメンバーとして、尊敬できる」と言い「私も機会があったら行ってみたいなって、ちょっと思いました」とロケに参加する意欲を示した。  齋藤は「長い時間、ずっと皆ロケに行っているから、ちょっとしたことで『あ、この子ってこういう対応するんだ』とかっていう、皆の人となりが垣間見れたような気がして。それも得だなあというか。あんまり普段は見られない姿もたくさん見られた」と満足げ。また「素人ながら、番組の作りがすごく良くできているなあと思って」と続け、メンバーやバナナマンを笑わせていた。  『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』は、テレビ東京系にて11月12日18時58分放送。

  • ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』制作発表にて。左から木下晴香、大野拓朗、古川雄大、葵わかな、生田絵梨花

    葵わかな「知ってることが通用しない」 初ミュージカルで大変さを痛感

    エンタメ

     女優の葵わかなが30日、都内で開催されたミュージカル『ロミオ&ジュリエット』制作発表に出席。本作で初舞台&初ミュージカルに挑む葵は「昨日の稽古からワケ分からなくて。本当に、ワケ分かんないです(笑)」と心境を明かした。@@cutter 本作は、シェイクスピア原作、ジェラール・プレスギュルヴィック作・音楽で世界的に大ヒットしたミュージカルの日本オリジナルバージョン。制作発表にはダブルキャストでロミオを演じる古川雄大と大野拓朗、そしてトリプルキャストでジュリエットを演じる葵、木下晴香、生田絵梨花のほか、三浦涼介、木村達成、平間壮一、黒羽麻璃央、渡辺大輔、廣瀬友祐、大貫勇輔、宮尾俊太郎、演出の小池修一郎も登壇した。  本作で初舞台・初ミュージカルでジュリエットを演じる葵は「普段、そんなに緊張するタイプではないんですけど」としつつ稽古で混乱していることを告白。2017年1月に上演された新演出版の再演となる今作の中で新キャストであることを踏まえ「早く皆さんと馴染めるようになりたい」と話していた。  前回公演に続きジュリエット役を務める生田は「これからまた始動するんだっていう楽しみ、わくわく感をすごく感じながらステージに立っていました」とニッコリ。「私は全8回という、今回は短い日数しか参加できないんですけど、その中で自分がどう作品と、ジュリエットと向き合えるかとか、前回からどれくらい成長できるのかとか。本当に、前回はいっぱいいっぱいだったので、もっと広い視野を持って皆さんと向き合っていきたいなと思っています」と意気込みを示した。  会見後の囲み取材では、葵が「分からないことが本当に多い。たぶん、知っていることが一つも通用しないような機会なのかな」と初舞台の難しさについて語った。ジュリエット役の先輩として、葵への助言を求められた生田は「仲良くできれば、良い絆で自分もリラックスしてできると思うので、全然遠慮せず、いらしてください」とニッコリ笑いかけた。  ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』は2019年2月~4月に、東京、愛知、大阪にて上演。

  • 「anan 2120」(9月26日発売号)に登場した乃木坂46

    乃木坂46、「anan」最新号をまるごとジャック 総勢39人を一挙撮り下ろし

    エンタメ

     乃木坂46が、9月26日に発売となる女性誌「anan」(マガジンハウス)の2120号をジャックする。「女子の流行モノ!」を大特集する本号では、白石麻衣や西野七瀬らが表紙を飾るほか、総勢39人のメンバーも撮り下ろしで登場している。@@cutter 新曲『ジコチューで行こう!』が大ヒット中で、シングルが5作連続でミリオン突破を果たした乃木坂46。本号では彼女たちが、今女子に人気のトレンドをレポートする。表紙には、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、生田絵梨花、堀未央奈、与田祐希、山下美月の7名が登場。グラビアでは「One Day Trip」をテーマに、貴重な温泉浴衣ショットを披露している。  また、グルメやファッション、カルチャーなどさまざまなジャンルで、メンバーが案内役となり、話題のショップやトレンド、人気のアイテムを紹介する。【FASHION】では白石麻衣がオータムカラーを、桜井玲香、若月佑美、高山一実は秋冬こものを担当するほか、【CULTURE】では西野七瀬がゲームを紹介。【FOOD】では堀未央奈がスパイス最前線に、松村沙友理がはふはふ飲茶、梅澤美波と岩本蓮加がとろ~りチーズに、秋元真夏ががっつり塊肉に、斉藤優里と北野日奈子がわいわい焼肉に、衛藤美彩と吉田綾乃クリスティーがスタンド酒に迫る。  特集だけでなく、連載であるファッションやインタビューのページにもメンバーが登場しており、39名にも及ぶメンバーたちが、一冊を通してさまざまな形で登場するという奇跡のコラボレーションを実現。特別付録として、浴衣姿の両面特大ポスターもついており、大好評のチェキプレゼントは登場メンバー勢揃いで実施される。一冊まるごと乃木坂46づくし、合計100ページにわたる豪華な特集は必見だ。  乃木坂46がジャックする「anan」2120号は、マガジンハウスより9月26日発売。価格は650円(税込)。

  • 「知って、肝炎プロジェクトミーティング2018」に出席したAKB48の(左から)岡田奈々と向井地美音

    AKB48・向井地美音、乃木坂46の肝炎プロジェクト初参加を歓迎

    エンタメ

     AKB48の向井地美音が24日、「知って、肝炎プロジェクトミーティング2018」に出席。同プロジェクト初参加の乃木坂46に対して「AKB48としても乃木坂さんとしても、一緒に協力しながら若い世代に伝えていければ」と歓迎した。@@cutter 同プロジェクトは、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を伝えることを目的としたプロジェクト。7月28日の日本肝炎デー(世界肝炎デー)に先がけて実施された今回のイベントでは、肝炎医療コーディネーターを支援する「知って、肝炎プロモーター」制度の概要を発表した。  同イベントには今回、向井地と同じAKB48から岡田奈々、乃木坂46(生田絵梨花、若月佑美)、w‐inds.(緒方龍一、橘慶太、千葉涼平)、伍代夏子、岩本輝雄、小橋建太、コロッケ、島谷ひとみ、瀬川瑛子、SOLIDEMO(シュネル、中山優貴)、仁志敏久、平松政次が出席した。  今年7月より新しくスペシャルサポーターに任命された乃木坂46。代表して出席した生田は「肝炎というものを、今までは身近に感じていなかったんだなと気づいた。私たちの両親にもこういう話をしたい。メンバーやファンの皆さんや、あまりこの病気と関わっていなかった方たちとも話したりして(肝炎の知識などを)深めていきたい」とアピールした。  若月は、「見つけないかぎり何も起こせない。身近な病としてそれぞれ自覚して、まず健診を」と呼びかけた。今後の活動に関して「(乃木坂46は)握手会をやっていて、ファンと直接話せます。そこで少しでも肝炎のお話もできたらないいなと思っています」と語った。  2012年からスペシャルサポーターを務めるAKB48の向井地は「このプロジェクトに関わって今年で6年目。最近は、大学の学園祭に訪問して啓発活動などを行なったりしてきました。これからもメンバーの一人ひとりが肝炎について関心や知識を深め、たくさんの方に知ってもらえるように活動を続けていきたい」と意気込みを語った。  また初参加の乃木坂46に関しては「同じアイドルグループ。若い世代に伝えられる者として、肝炎について知らなかった世代の方にもどんどん伝えていきたい。私たちは人数が多いので、一人ひとりが発信すれば大きな力に変わるのでは。AKB48としても乃木坂さんとしても、一緒に協力しながら若い世代に伝えていければ」と協力したい気持ちを明かしていた。

  • 『anan 特別編集 乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 公式SPECIAL BOOK』通常盤

    乃木坂46、メンバーに“触れる”!? 「anan」風公式フォトブック発売

    エンタメ

     人気アイドルグループ乃木坂46が、女性誌「anan」(マガジンハウス)とコラボした、夏の全国ツアー公式ブックを発売することがわかった。@@cutter 結成7年を迎える今年は、7月6~8日に神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時開催の“シンクロ„ライブを皮切りに、大阪、愛知、宮城、福岡の全国5都市でグループ史上最大規模の全国ツアーを開催する乃木坂46。  そのツアーに合わせて発売される公式本は、通常版と、ライブ会場限定版3種の合計4バージョン。人気女性誌「anan」が手がけたとあって、表紙のテーマは「みんながカバーガール!」で、メンバーたちがキュートな姿を披露している。  通常版では、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、生田絵梨花、堀未央奈、与田祐希、大園桃子、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、桜井玲香ら総勢11人のメンバーがぎゅっと抱き合う迫力ある仕上がり。会場限定版は、B4変型の大判で、Body、Make、Beauty、Fashionなどのジャンルごとの選抜メンバーが登場する3バージョンを展開。すべての表紙は、メンバーのボディラインを縁取りした特殊加工されており、浮き彫りになったフォルムを思わずなでたくなってしまう仕様だ。  「anan 特別編集乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 公式SPECIAL BOOK」通常版は、7月23日より全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で発売。会場限定版は、「真夏の全国ツアー2018」各会場(東京公演を除く)物販コーナーにて販売。

  • マウスコンピューター新CM「マウスバンド ピッタリでチュウ」篇より

    堀未央奈、“乃木坂マウス”新メンバーに 白石&西野らとバンド結成

    エンタメ

     乃木坂46の堀未央奈が出演するマウスコンピューターの新CM 「マウス バンド ピッタリでチュウ」篇が完成。堀は、生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬らと共に“乃木坂マウス”の新メンバーとして出演する。@@cutter 新CMでは、コンピューターの画面にアニメーションのマウスのロゴが映ると、1960年代を思わせるポップな部屋へ。そこには、まるでパーティをしているかのように、“ピッタリ”とくっつき、ノリノリで楽器を演奏する乃木坂メンバーたちの姿が。齋藤が「マウス♪マウス♪」と歌い出すと、生田、白石、西野、堀も続けて「あなたにピッタリ合いマウス♪」「ベストな一台ありマウス♪」とキュートに歌う。3期生のコーラスも加わると、メンバーはステージに入り乱れ、最後には「ピッタリでチュウ!」とお互い“ピッタリ”と抱きつくポーズを決める。  初めて乃木坂マウスに加わった堀は「ずっとテレビとか、駅のホームとか、いろんな所でメンバーのマウス姿を見て、かわいいなぁと思っていたので、まさか自分が参加できるとは思わなかったので、すごく楽しかったです」と回想。西野は初出演の“堀マウス”について「馴染んでたとおもいますよ!(笑)。60年代のセットとか、ポップな感じだったんですけど、その雰囲気が合ってたと思います」と語った。  白石は「今回は、前回のロックな感じとは違って、60年代風の少しキュートでかわいい感じのバンド形式になっているので全然、今までとはさらに違った、みんなのかわいいマウスが見れるのではないかな、と思います」と新CMの魅力をアピール。今後、マウスバンドでやってみたいジャンルを聞かれた齋藤は「なんか、オペラ風みたいなやつ(笑)。上手な生ちゃんもいるし。面白そうだなと」と答えていた。  マウスコンピューター新CM「マウスバンド ピッタリでチュウ」篇は、全国放映中。

  • 「女性アイドル顔だけ総選挙2018」

    「女性アイドル顔だけ総選挙2018」上位メンバー写真特集

    エンタメ

    『レコメン!』(文化放送/毎週月曜から木曜22時)が発表した「女性アイドル顔だけ総選挙2018」の結果をご紹介!

  • ネコのコスプレを披露してスタジオを沸かせた秋元真夏

    秋元真夏の握手会コスプレに白石麻衣「あんまりいい目で見てない」

    エンタメ

     乃木坂46のメンバーが30日、『しゃべくり007』(日本テレビ/毎週月曜22時)に出演。秋元真夏が握手会で披露するコスプレ姿について白石麻衣が本音を漏らす一幕があった。@@cutter この日の番組には、秋元、白石の他に、生田絵梨花、齋藤飛鳥、西野七瀬、松村沙友理も出演。スタジオに登場した6人に対して、MCのくりぃむしちゅー上田晋也は「仲良い6人なの? こっちが気を使った方がいい6人?」と質問すると、全員が口々に“仲良いです!”と回答。そんな中、秋元の「割と仲良いです」というつぶやきに対して上田は「絶対仲良くない…」と返して、スタジオの笑いを誘った。  トークではメンバーの特技や特徴を紹介することに。握手会でコスプレを披露することについて聞かれた秋元は「握手会でコスプレをするのが趣味で、ネコのコスプレのときに、ファンの方が一番ニヤニヤして帰られるんで、最近はもっぱらネコ頼みです」とコメントすると、秋元はネコのコスプレに着替えるために、一旦スタジオを退席。秋元がいないスタジオでは、彼女のコスプレをメンバーがどう思っているのかに質問が集中した。  白石は「とにかく露出が激しくて…あまりいい目では見てないかなぁ」と語りMC陣は思わず爆笑。さらに松村は「私も彼女の行動は全体的にホンマに引いてる…」とコメントし、スタジオが爆笑に包まれた。着替えが終わり、ネコのコスプレで再度登場した秋元に、スタジオ中から“かわいい!”の声が飛ぶ中、一様に冷たい表情を浮かべるメンバー。それを見たMCの上田が「アイドルがこんな地獄みたいな顔することある!?」とツッコんで、スタジオを盛り上げた。  また番組では、白石麻衣が最近ハマっているという“ひょっこりはん”を披露。スタジオにひょっこりはん本人も登場し、息のあった“ひょっこり”を披露すると、SNS上には「可愛すぎませんか!?」「これは映画館のスクリーンで見たい」「やばい死ぬ」などの声が殺到していた。

  • 白石麻衣、「はるやま/P.S.FA フレッシャーズキャンペーン」新CM発表会に出席

    白石麻衣、生駒里奈の卒業は「まだ早いんじゃないかな」と本音吐露

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣が7日都内で、西野七瀬、生田絵梨花、若月佑美、松村沙友理、高山一実とともに、イメージキャラクターを務める「はるやま/P.S.FA フレッシャーズキャンペーン」の新CM発表会に出席した。白石は、グループ卒業を発表した生駒里奈について「まだ早いんじゃないかな、と思った」と本音を吐露しつつ、「私たちも背中を押して応援していけたらと思う。残りの時間を楽しく過ごせれば」と話した。@@cutter 乃木坂46は今回、同キャンペーンの新CM「春イチバンになれ。」篇にて凛々しいメンズスーツ姿を披露する。男装に関して白石は「気持ちもいつもと違った、ビシっと男っぽい感じになった。仕草とかも大げさにカッコよくしちゃったりした」とニコリ。西野は「皆ウィッグを着用して男の人になりきっていたので、まわりを見渡したり楽屋をガチャっと開けると男の人がいるみたいな感じだった。しかも皆カッコいい。すごく不思議な感じでした」と感想を述べた。  CMでは、4月にリリース予定の新曲『シンクロニシティ』を採用。白石は「疾走感があるすごく気持ちのいい楽曲」と評し、「私たちもまだレコーディングくらいでしか歌っていない。『どんな感じなんだろう』と楽しみにしてもらえれば」とアピールした。  白石のことが大好きな松村は、普段の白石と男装の白石との違いを問われると、ニヤつきながら「白石さんはアイドルとしても好き。同じ女として全部好き。男装するとキレイさが際立つ。男装すると顔がキレイ過ぎてより神聖化、より神の位置にいった感じがする」と絶賛。白石は顔を隠して恥ずかしそうに笑っていた。  1月末にグループ卒業を発表したメンバーの生駒里奈について、白石は「私たちも直前に知った感じ。本当にビックリした」と率直な思いを吐露し、「まだ早いんじゃないかな、と思ったりもしたんですけど、生駒ちゃんなりに新しい道で輝いていけるように、私たちも背中を押して応援していけたらと思う。残りの時間を楽しく過ごせれば」と話した。  昨年2月7日に発売した写真集『パスポート』は、16度目の重版がかかり、累計発行部数はついに28万部を突破。白石は、大ヒットするとは「全く思っていなかった。1年経ったんだなとあっという間の出来事で、本当に信じられない感じ。たくさん応援してくれている方がいると実感してるので、嬉しい気持ちでいっぱいです」と顔をほころばせた。  「はるやま/P.S.FA フレッシャーズキャンペーン」の新CM「春イチバンになれ。」篇は、2月9日より全国放送(北海道エリアを除く)。

  • 『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル』にYOSHIKIも参戦!

    今夜放送『芸能人格付けチェック!』にYOSHIKI初参戦 GACKT自らオファー

    エンタメ

     今夜放送されるバラエティ番組『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル』(ABC・テレビ朝日系列24局/1月1日18時)に、GACKTのパートナーとしてYOSHIKIが参戦する。格付けマスターの浜田雅功(ダウンタウン)から「あなたが落ちると、GACKTも一緒に落ちていくんですよ」とプレッシャーをかけられたYOSHIKIが「それはそれでいいかも知れない」と返す姿も披露される。@@cutter 本番組は、一流芸能人たちがチームを組み、味覚や音感などのジャンルごとにAとBのどちらが優れているかを格付けチェックを行い、間違える度にランクが下がっていく。  YOSHIKIが初参戦する今回は、「チーム YOSHIKI&GACKT」のほかに、「チーム 仲良し」(浅野ゆう子・高島礼子)、「チーム 花盛り四人姉妹」(藤原紀香・藤あや子)、「チーム 70年代」(中山美穂・DAIGO)、「チーム 渋い俳優」(平泉成・岩城滉一)、「チーム 中尾家」(中尾彬・池波志乃)、「チーム 乃木坂と芸人」(乃木坂46生駒里奈・白石麻衣・生田絵梨花・予選通過芸人1組)が参加。それぞれ「ワイン」「和楽器」「味覚」「三重奏」「盆栽」「牛肉」という6つのチェックに挑戦する。  前人未到の個人51連勝中のGACKTは、YOSHIKIについて「5年前からずっと一緒に出てくれとお願いしてたんですけど、断られ続けていて…やっとですよ!」とコメント。一流アーティストとして、絶対に間違えられない戦いに挑むYOSHIKIは、格付けマスターの浜田から「あなたが落ちると、GACKTも一緒に落ちていくんですよ」とプレッシャーをかけられるも、「それはそれでいいかも知れない」と余裕を見せる。  これまで一度もチェックを間違えたことのないGACKT、そんなGACKTとチームを組むYOSHIKIには、特別ルールが適用される。二人が“AB部屋”に入った瞬間に、他の出演者がまるで正解したかのような気になってしまうため、各チェックの最後まで、GACKTとYOSHIKIがどちらを選んだかわからないように、出演者も視聴者もシャットアウトした、GACKT&YOSHIKI専用のAB部屋が用意されたのだ。果たして、特別ルールを背負った「チーム YOSHIKI&GACKT」の成績は?そして、元日に画面から消え去る屈辱を味わう芸能人は現れるのか?  『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル』は、ABC・テレビ朝日系列24局にて2018年1月1日18時から放送。

  • 乃木坂46メンバー出演、マウスコンピューター新CM「マウスバンド」篇

    乃木坂46・白石麻衣、生田絵梨花らがバンド結成!? マウスコンピューター新CM

    エンタメ

     乃木坂46の生田絵梨花、生駒里奈、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬が出演するマウスコンピューターの新CM「マウスバンド」篇が、11月20日からオンエアされることが発表され、撮影オフショットとコメントが届いた。作品ではおなじみのメンバーたちがロックバンドを結成するほか、同グループの3期生である大園桃子、久保史緒里、山下美月、与田祐希が、コーラスとしてCMデビューを果たしている。@@cutter 新CM「マウスバンド」篇では、マウスカラーである黄色のライブステージに楽器を手にした“乃木マウス”のメンバーたちが登場。齋藤が激しいドラムさばきを見せ、白石と西野によるツインギターの演奏、ベースを手にした生駒、キーボード担当の生田らがノリノリで楽器をかき鳴らすほか、3期生の4人もコーラスとして参加する。パフォーマンス中には激しいヘッドバンキングも披露している。  撮影では、“乃木マウス”の5人は楽器を手渡されるやいなや「おぉ! 本物だ!」と感激。ヘッドバンキングに初挑戦のメンバーが不安な表情を浮かべる中、経験のある生駒は「きた!」と笑顔になり「首だけでいったらだめだよ! 体ごといかないと!」とアドバイスを贈ったほか、ドラム経験のある齋藤がクールな面立ちで躍動感あるスティックさばきを決め、1テイク目から完璧な演奏を絶賛されていた。  撮影を振り返り、生田は「ずっと、わくわくドキドキしているような感覚で、今日もロック楽しませていただきました!」と感想を吐露。白石はギター演奏について「難しかったですね。やっぱり慣れてないので、先生に教えてもらったりしてたんですけど、カッコよく見せなきゃということで、たくさん教えていただきました」と苦労を述べ、西野は3期生との共演について「スタッフさんたちが(3期生以外を)“お姉さん”って呼んでくるんですよ!(笑) 姉さんたちは移動です!みたいな。そうすると、あぁ私だなって(笑)」と撮影裏話を明かした。  マウスコンピューター新CM・乃木坂46「マウスバンド」篇は、11月20日からオンエア。CM動画は11月16日、メイキング動画は11月20日より「マウスコンピューター乃木坂46スペシャルサイト」にて公開される。

  • 乃木坂46、『乃木坂46 リズムフェスティバル』お披露目会見に登壇

    乃木坂46・白石麻衣「やっぱりドームは広いなって」感激の東京ドーム公演を振り返る

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣が14日、都内で行われたゲームアプリ『乃木坂46 リズムフェスティバル』(2017年冬リリース)のお披露目会見にメンバーの松村沙友理、秋元真夏、生田絵梨花、桜井玲香と共に登壇した。イベント後の記者会見では、先週行われた東京ドーム公演についても言及、白石は「本当に楽しかったですし、46人全員で歌うのはいい思い出になりました。やっぱりドームは広いなって」と感激の表情で語った。@@cutter 『乃木坂46 リズムフェスティバル』は乃木坂46初の公式“音ゲー”アプリ。実際のライブ映像をバックに音ゲーをプレイ、未発表のライブ映像や本作限定の映像も楽しめるほか、ガチャやイベント報酬により撮りおろしカードをゲットできるなど、ファンには嬉しい仕掛けが満載となっている。  メンバー1人を“推しカメラ”で撮影した「フォーカスムービー」(ゲームオリジナル)では、ユーザーがお気に入りの1人だけをずっと観ていられるといい、松村は「1曲丸々自分だけという映像はないし、テレビ番組では歌っている子以外はなかなか映らないので貴重だと思います」と紹介した。  秋元はこの映像を「ライブの前に自分で観たい」という。「ライブの最中はダンスなどに必死でどんな顔をしているかわからないので、自分の顔の“予習”をしてから、実際のライブでこのアプリを超える顔をして、その映像をまたアプリで観ていただけたらうれしいです」と微笑んだ。  自分の推し映像をより観てもらうため、これだけは他のメンバーに負けないというアピールポイントを挙げてもらうと、「ライブを楽しんでいる感じ。ファンの人に『一番楽しそうだったよ』とよく言ってもらえます」(松村)、「一番姿勢がいいねと言われます」(生田)、「ファンの人から『ターンが一番特徴あるよ』と言われます」(桜井)などそれぞれアピールした。  また先週の東京ドーム公演を振り返り「想像してた以上に緊張。普段間違えないところで間違ったり…」という秋元。「『ガールズルール』のイントロでまいやん(白石)が煽るところを後ろから見ていて、東京ドームとまいやんの組み合わせがかっこよすぎて、イントロからサビのダンスを踊ってしまいました(笑)。それくらいおかしくさせちゃうのが東京ドームなんだなって」と今も感激さめやらぬ表情で振り返った。  そんな大きな経験をふまえ、来年の目標として桜井は「もう一回ドームクラスのステージに立ちたい。そして海外進出を頑張っていきたいです」と力強く語った。  この日のステージでは、白石がゲームのデモンストレーションを行ったり、それぞれの特典カードのお披露目などを行い、ステージを盛り上げた。  ゲームアプリ『乃木坂46 リズムフェスティバル』は、2017年冬リリース。

  • 西野七瀬、白石麻衣、映画『あさひなぐ』完成披露上映会に登壇

    西野七瀬&白石麻衣、大人なドレス姿で『あさひなぐ』完成披露に登場

    映画

     乃木坂46の西野七瀬と白石麻衣が、桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花、英勉監督と共に、28日に都内で行われた映画『あさひなぐ』の完成披露上映会に出席。それぞれが大人の雰囲気がただようドレッシーな姿で登場した。@@cutter こざき亜衣による同名漫画を基にする本作は、運動音痴で元美術部の女子高生・東島旭(西野)が、先輩である宮路真春(白石)に憧れて薙刀(なぎなた)部に入り、奮闘する姿を描く青春ドラマ。主演の西野は、薙刀の稽古について「大変でした。今年の年明けくらいから稽古を始めて、撮影期間中も並行してやっていたりしたんですけど、薙刀自体も重くて扱うのが大変やったし、足の裏の皮がめくれそうになったりとか、腕が筋肉痛やったりとか」と述懐。  それでも「いろいろ苦労したけど、私自身薙刀をそれまで知らなかったので、知ることができたし、身をもって教わることができて、すごくいい経験になったなと思います」と満足げに語った。白石は、「稽古を始めた初日くらいの日に、薙刀を教えてくださる指導の先生から、『真春ちゃんだけ特別に厳しく、ビシバシ行くからね』って言われて。『あ、やばいな』と思って、正直。そこで私は心が折れそうになったんですけど(笑)、でも、薙刀をやっていくと楽しいし、できてくると、それがすごいうれしくて、全然苦ではなかったです」と微笑んだ。  見どころを聞かれた西野は、「憧れの先輩である真春を呼び出して、ちょっと食ってかかるようなシーンがあるんですよ。そのシーンがお気に入りというか、好きで。そこの旭の表情とか、決意した感じを頑張りました」と回答。これを受けた白石は「めちゃくちゃかっこよかったです。旭、決まってるなと思って」と笑顔で話していた。  映画『あさひなぐ』は9月22日より全国公開。

  • “なぎなたパフォーマンス”と主題歌『いつかできるから今日できる』を披露した乃木坂46

    乃木坂46、胴着&袴姿で『あさひなぐ』主題歌初披露 なぎなたパフォーマンスも

    映画

     乃木坂46真夏の全国ツアー2017の宮城公演が、仙台市のセビオアリーナ仙台にて8月11日に開幕し、映画『あさひなぐ』の主題歌『いつかできるから今日できる』が初めて歌唱された。@@cutter 『あさひなぐ』は第60回小学館漫画賞に輝いた、こざき亜衣の人気コミックを実写化した青春映画。なぎなたに青春を賭けた女子高校生の姿を、仲間たちとの絆やライバルとの対戦を通して描く。劇中ではヒロインとその先輩を、乃木坂46の西野七瀬と白石麻衣が担当、ほかにも桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花、中田花奈、斉藤優里らが出演している。また同作は舞台版が5月に上演され、こちらには齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子らが出演した。  ライブでは、盛り上がりを見せる中盤に、乃木坂46のナンバー『おいでシャンプー』が終わると、高山一実と秋元真夏による『あさひなぐ』プロジェクトについての紹介、その直後にステージ上には胴着&袴姿のメンバーたちが登壇し、“なぎなたパフォーマンス”が始まった。登場したメンバーは、映画版キャスト、舞台版キャストを合わせた総勢15名。  5月30日に行われた舞台『あさひなぐ』のライブビューイングイベントでは、14名による団体基本と言われる素振りを披露したが、今回は初めて曲に合わせてなぎなたを操るパフォーマンスを披露。会場に集まった5000人の観客を大いににぎわせた。  映画『あさひなぐ』は9月22日より全国公開。

  • 白石麻衣(乃木坂46)、『ワンダーウーマン』ジャパンプレミアにて

    乃木坂46の“最強美女“白石麻衣、黄金ティアラでワンダーポーズを披露

    映画

     乃木坂46のメンバーが8日、アンバサダーを務める映画『ワンダーウーマン』のジャパンプレミアに登場。来日したパティ・ジェンキンス監督、チャールズ・ローブンプロデューサーと共に雨降りしきる会場を盛り上げたほか、同グループの“最強美女“白石麻衣が黄金色に輝くティアラを身に付けてワンダーポーズを披露し、会場を魅了した。@@cutter 本作は、アメコミ史上初の女性ヒーロー「ワンダーウーマン」が主人公のアクション映画。女性だけが住むパラダイス島のプリンセスであるダイアナ(ワンダーウーマン)は、島で助けたアメリカ人パイロットから、外の世界で戦争が起きていることを知る。ダイアナは世界を救うべく、故郷から旅立つ。6月に全米で先行公開されて以来、世界中でヒットしている。  今回乃木坂46や来日した二人は、雨降りしきる中、ダイアナが暮らしたパラダイス島の海をイメージしたブルーカーペットが敷かれた新宿ゴジラ・ロードに登場。  「日本が大好き」というパティ監督は、本作が全世界でヒットを飛ばす現状について「本当に信じられない状況。多くの人が感動してくださっているのは、ワンダーウーマンが75年も続いてきたという、そこ(作品やキャラクターの素晴らしさ)が全てを証明していると思います」と感慨深げ。  また同役を演じた主演のガル・ガドットについて言及。「彼女はオンの時もオフの時もいつもワンダーウーマンなんです。素晴らしい演技もするけれど、毎日強くて美しくて優しい。忍耐強く、素晴らしい方」と絶賛した。    西野七瀬は、乃木坂46が歌う本作のイメージソング『女は一人じゃ眠れない』の振り付けで「ワンダーポーズをたくさん使った」と紹介すると、パティ監督とチャールズプロデューサーが同振り付けをリクエスト。グループ全員で急遽披露すると、チャールズプロデューサーが「続きが見たいです」と茶目っ気を見せた。  本作の「美しくぶっ飛ばす」というキャッチコピーにちなんで、今ぶっ飛ばしたいものを問われた白石は「今降っている雨をぶっ飛ばしたいです!」と答えてニッコリ。イベント終盤には、パティ監督から贈呈されたティアラを頭に身に付け、ワンダーポーズを決めて会場を魅了した。  今回のジャパンプレミアには白石や西野のほか、乃木坂46から齋藤飛鳥、堀未央奈、与田祐希、大園桃子、生田絵梨花、秋元真夏、松村沙友里、高山一実、衛藤美彩、星野みなみ、桜井玲香、新内眞依、若月佑美、伊藤万里華、井上小百合が出席した。  映画『ワンダーウーマン』は、8月25日より全国公開。

  • 乃木坂46・西野七瀬主演、映画『あさひなぐ』予告編&ポスター解禁

    西野七瀬主演、『あさひなぐ』待望の本予告&乃木坂46メンバーが揃うポスター解禁

    映画

     乃木坂46の西野七瀬が主演を務める映画『あさひなぐ』の予告編と本ポスターが解禁。予告編では西野演じる主人公の東島旭が「元気出して行きましょー!」と大声で叫ぶシーンなど、青春を全力で駆け抜ける少女たちの姿に胸を熱くさせられる映像となっている。@@cutter 『あさひなぐ』は、小学館漫画賞を受賞したこざき亜衣による同名コミックの実写版。二ツ坂高校なぎなた部の部員である主人公・東島旭(西野)を中心に、なぎなたに青春をかける女子高生たちの成長を描く。  予告編映像では、舞台となる二ツ坂高校なぎなた部に入部した旭たちを待ちかまえる過酷な稽古や、絶対的エース・宮路真春(白石麻衣)が敗れたことをきっかけに部員同士の心がバラバラになるシーンなどが展開。誰もが通り過ぎた青春を思い出せるような仕上がりとなっている。  また解禁されたポスターでは、不器用ながらも力強く薙刀(なぎなた)を振りかざす旭を中心に、同じく二ツ坂高校なぎなた部の部員である宮路、ライバル校のエース・一堂寧々(生田絵梨花)ら、原作を忠実に再現した乃木坂46のメンバーが桜の花びらが舞う赤い背景をバックを前に立つ姿が描かれている。  現在、映画『あさひなぐ』オリジナル原作別バージョンカバーがついてくる前売券が販売中。販売劇場は公式サイトを確認しよう。  映画『あさひなぐ』は9月22日より全国公開。

  • 前列左から、北野日奈子、衛藤美彩、堀未央奈、生田絵梨花。後列左から、生駒里奈、若月佑美、新内眞衣、井上小百合、齋藤飛鳥、西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華。映画『あさひなぐ』キャスト発表会にて

    乃木坂46・生田絵梨花、実写版『あさひなぐ』に西野七瀬のライバル役で参戦!

    映画

     乃木坂46の生田絵梨花、桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華が、同グループの西野七瀬、白石麻衣らと共に、30日に都内で行われた実写映画『あさひなぐ』のキャスト発表イベントに登壇。主人公に立ちはだかるライバル役を務める生田は、「テスト勉強みたいで大変だった」と役づくりを振り返った。@@cutter 本作は、こざき亜衣による同名漫画の実写版で、薙刀(なぎなた)に青春の全てをかける女子高生たちの姿を描く。主人公の東島旭(西野)が入部する二ツ坂高校薙刀部の部員・八十村将子役で出演する桜井は、「何かを一生懸命やるっていうのが、これだけ気持ち良いことなんだなっていうのを、久々に感じられたなと思ったので、すごくいい時間を過ごさせていただいた」とニッコリ。同部の紺野さくら役の松村は、「原作を読んだときに、お気に入りって言ったら変だけど、この子良いなあと思ったのがさくらちゃんだったので、映画で演じられて幸せ」と笑顔で語った。  一方、二ツ坂高校に立ちはだかる國領高校の1年生エース・一堂寧々役の生田は、「とにかく攻めて、負けず嫌いで、バンバンバン! っていうのが多かった」と撮影を述懐。続けて、「動きを紙に書いて、動画を撮って体に入れてっていう反復作業が、本当にテスト勉強みたいで大変だったなと思います」と役作りの苦労を明かした。また、白石ふんする2年生部員・宮地真春と同学年の部長・野上えり役の伊藤は、「ファンの皆さんも、見たらすごい違和感を覚えるんじゃないかなって思うんです」とコメント。「進行役でもあるので、そういう意味では自分が今までやったことはない感じ」とも話した。  当日は、千秋楽を控える舞台版キャストの齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子に、スポーツドリンクがぎっしり詰まったクーラーボックスを映画版キャストが差し入れする一幕も。また、映画と舞台のキャストが一体となって「団体基本」という薙刀の型を披露し、会場に詰めかけたファンを魅了した。  映画『あさひなぐ』は9月22日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access