乃木坂46 関連記事

  • 乃木坂46メンバーが大ブーイング

    乃木坂46メンバーが『乃木坂工事中』スタッフに大ブーイング! そのワケは?

    エンタメ

     乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京/毎週日曜24時)で、乃木坂46メンバーが、同番組のスタッフに大ブーイングする場面があった。@@cutter 13日の放送分。乃木坂メンバーが日村軍と設楽軍に分かれてさまざまなゲームで対決した新春SPの未公開シーンを放送。「イノシシ鬼」対決では、盛り上がったために行われた第2回戦の模様が放送された。この対決は、今年の干支イノシシに扮した鬼が、四つん這いのままお尻歩きをする相手チーム全員を捕まえるまでのタイムで競うもの。スタート時は鬼が1匹で、30秒ごとにほら貝の音とともに鬼が1匹ずつ追加されていく。  2回戦は設楽軍が1分1秒56、日村軍が58秒13で、僅差で日村軍の勝利がアナウンスされた。ところが、設楽軍の面々は納得いかない様子。自分たちのチームは、3匹目のイノシシ追加のほら貝が鳴る前、つまり1分がたたないうちに相手チームを全員捕まえた、というのだ。    設楽が「(タイムが)反対じゃないかって」とスタッフの方を向いて尋ねるとスタッフが「逆だ…」がミスを認めた。これには設楽軍の面々から一斉に「ほらーーー」と声が上がり、大ブーイングがぼっ発。設楽が笛を吹いて制止しようとするも、収拾がつかない状況に。  設楽は「みんなが真剣になってる証拠だよ。井上とかすげえ」と指摘すると、井上が口を真一文字に閉じてスタッフの方を睨みつけている様子が映し出され、ほかのメンバーを笑わせていた。

  • ドラマ『ザンビ』未解禁キャスト発表 囲み会見にて

    乃木坂46・山下美月、先輩をいじめる立場に「光栄」

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務める、1月23日スタートのドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の追加キャストが発表され、秋元真夏、与田祐希ら19名の出演が明らかになり、都内で記者会見が行われた。@@cutter 昨年の舞台公演に続く『ザンビ』プロジェクト第2弾として制作され、齋藤飛鳥の連続ドラマ初主演作ともなる本作。これまで齋藤に加えて、堀未央奈の出演が発表されていたが、新たに与田祐希、秋元真夏、山下美月、星野みなみ、梅澤美波、久保史緒里、大園桃子、渡辺みり愛、佐藤楓、鈴木絢音、新内眞衣、寺田蘭世、伊藤純奈、吉田綾乃クリスティー、伊藤理々杏、岩本蓮加、向井葉月、阪口珠美、中村麗乃の出演が明らかになった。  フリージア学園で奇妙な現象に巻き込まれていく生徒たちの姿を描く本作だが、秋元は「YouTubeで流れている予告映像だとサスペンス要素が強いけど、友情や仲間との絆を描いたヒューマンドラマになっています」と見どころを語り「アイドルとして新ジャンルに一歩踏み入れた」と自信をのぞかせる。  スクールカースト、いじめなどの描写もかなり激しくなっているようで、与田は「アイドルのキラキラした私たちではなく、闇深い、罪深い一面を見てゾクゾクしていただけるんじゃないかと思います」と明かす。  いじめっ子グループのリーダー・金村優衣を演じるのは山下。「クラスのカーストのトップで医者の娘で学校一のいじめっ子。一番の悪役的ポジションをいただきましてすごく光栄に思っております(笑)」と語ったが、いじめの標的となる佐倉鈴音を演じるのは、乃木坂では先輩である渡辺ということで、やりづらさもあったよう。「タメ口、大丈夫かな?とか思ったし、いじめさせていただいた後は、謝らせていただきました。みり愛さんはすごく優しいので『大丈夫だよ』と言ってくださり、先輩は温かいなぁと思いながら罵倒させていただきました」と語り、周囲からは笑いと共に「敬語がおかしい(笑)!」などといったツッコミが飛んでいた。  ドラマ『ザンビ』は、日本テレビにて1月23日より毎週水曜24時59分放送。

  • 乃木坂46北野日奈子、ファースト写真集『空気の色』が写真集ジャンルで1位に!

    乃木坂46北野日奈子、1st写真集『空気の色』がジャンル別で1位に

    エンタメ

     乃木坂46の北野日奈子のファースト写真集『空気の色』(幻冬舎)が、1月7日付のオリコン週間“本”ランキング(集計期間:2018年12月24日~30日)で累計売上3.2万部を記録したことが明らかとなった。BOOK(総合)部門では初登場9位、ジャンル別「写真集」においては1位となっている。@@cutter 昨年12月27日に発売された写真集は、北海道出身の北野が、北国での撮影を希望したことから、北欧スウェーデンの首都ストックホルムや国内最北端のキルナでロケを敢行。ストックホルムでは北欧ならではの可愛らしい街並みの中で、キルナでは0度を下回る雪の中で撮影した。  今回北野は、水着と、自身初となるランジェリー姿での撮影にも挑戦。そのほかにも犬ぞりに乗る姿、サンタやトナカイとのショット、アイスホテルの一面氷の中にいる姿など、北国ならではのショットを収録。現地で決意して髪を切ったという北野が、北国で解放されていく様子が写し出されている。22歳になった北野の、元気で可愛い姿と、年齢相応に大人っぽくなった姿の両方を楽しむことができる写真集となっている。  乃木坂46北野日奈子、ファースト写真集『空気の色』(幻冬舎)は現在発売中。

  • 齋藤飛鳥、2019年「乃木坂46」新成人メンバー成人式に出席

    乃木坂46・齋藤飛鳥ら、艶やかな振り袖姿で成人式 憧れの女性像を明かす

    エンタメ

     アイドルグループ乃木坂46の齋藤飛鳥、伊藤純奈、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、梅澤美波、田村真佑の7人が11日、東京・乃木神社にて行われた新成人メンバー成人式に出席(和田まあやは舞台スケジュールのため欠席)。齋藤は、昨年8月に誕生日を迎えてから約5ヵ月が経過したが「これまで変わらず過ごしていけたら」と自然体を強調していた。@@cutter 色とりどりの艶やかな振り袖で登場したメンバーたち。本殿でお参りをすませると、絵馬を持って報道陣の前に姿を見せた。昨年から何度も振り袖を着たという齋藤は「そのたびに『お前はもう20歳になったんだぞ』と言われているみたい」と苦笑いを浮かべると「大人にならなければいけないと思いつつ、まだいいのかなという気持ちもあり…」と揺れる胸の内を明かしていた。    そんな齋藤が絵馬に書いたのは「飛鳥ちゃん」。理由を問われると「名字で呼ばれるのが得意じゃないので『飛鳥ちゃん』と呼ばれるようになりたいんです」と発言し、周囲を笑わせていた。そのほかのメンバーも「一つ一つの出会いを大切にする」(伊藤)、「常に感謝を忘れない」(鈴木)、「世界平和」(寺田)、「表現力を高める」(梅澤)、「色々な人と食事にいく」(佐々木)、「見た目も中身も大人になる!」(田村)と個性的な抱負を絵馬にしたためていた。    また「どんな大人になりたいか?」と問われた齋藤は「いやらしくない人になりたい。媚を売ってもいやらしくない女性が憧れです」と回答すると、佐々木は「声優の沢城みゆきさんみたいな女性になりたい。私生活も仕事もしっかりやられているイメージ。憧れます」とアニメ好きならではの発言。また寺田は、世界的に有名なファッションデザイナーである「ココ・シャネル」になりたいと願望を明かし、周囲を沸かせていた。

  • 生駒里奈

    生駒里奈、2歳の時の写真を公開 「そのまんま」「可愛すぎる」と話題に

    エンタメ

     元・乃木坂46のメンバーで女優として活躍している生駒里奈が、3日、自身のインスタグラムで2歳の時の写真を公開して、大きな反響を呼んでいる。@@cutter 「2歳の時の生駒ちゃん。顔が変わらない。」というコメントとともにテレビに映された笑顔全開の2歳の生駒の写真を投稿。さらに、投稿された写真をハッシュタグで「#何がそんなに楽しかったのでしょうね超笑顔#前歯が二本輝いてますね#やっぱ昔から笑顔になると目がなくなる笑 #お母さんがビデオテープからDVDに思い出を移し中。と説明した。  この投稿に、ネット上では「そのまんま変わらない」「可愛すぎる」「この頃から天使だったのか!」「生駒ちゃんの笑顔は今も昔も変わらず可愛すぎるよ」と大きな反響を呼んでいる。  生駒は年末にもインスタグラムで「乃木坂46を卒業し、1人の社会人として働いていく、芸能界という世界で私は表現者としていたいと第一歩踏み出した一年でした」と振り返り、「支えてくださった全ての皆様に感謝」とコメントしている。今月10日から東京・サンシャイン劇場で舞台『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』に出演する。 引用:https://www.instagram.com/ikomarina_1229/

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した乃木坂46・西野七瀬と白石麻衣

    乃木坂46・西野七瀬 ラスト紅白に「華やかな感じで終われたら」<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     アイドルグループ・乃木坂46が29日、東京・NHKホールにて『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材で、年内の活動をもってグループを卒業する西野七瀬は、最後の紅白出演に、「1個1個最後だなと思いながらやっています」と笑顔で答えた。@@cutter 乃木坂46は、西野がセンターを務める「帰り道は遠回りしたくなる」を歌唱。西野はラスト紅白をセンターで出場することについて「すごいありがたいことですし、1年の締めくくりでもある。華やかな感じで終われたらなって思います」と語った。  白石麻衣は、4年連続での出演に「毎回緊張のステージです。紅白は全員で出られるステージでもあるので、全員で最高のパフォーマンスをお届けできるように頑張れればと思います」と意気込んだ。さらに「これがみんなで、なぁちゃんと最後で一緒に踊れる舞台かと思うと、哀しい気持ちもあるけど、最後は笑顔で送り出せるようにできたらいいなと思います」と隣にいる西野に微笑んだ。  今年、生駒里奈ほかメンバーが数名卒業したことについて、キャプテンの桜井玲香は、「グループにとって大きな転機がきているというか、入れ替えが激しい時期に入ってきています。後輩たちの成長がすごいスピードで進んでいますし、みんなで補えてどんどん前に進めていると実感しています。不安もなく、前向きに捉えていますね」と今後の躍進を誓った。 『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 『おしゃれイズムクリスマス1HSP』に出演する乃木坂46

    乃木坂46、選抜メンバー大集合 『おしゃれイズム』でぶっちゃけトーク

    エンタメ

     乃木坂46の最新シングル選抜メンバーの中の19名が、今日12月23日放送の『おしゃれイズム クリスマス1HSP』(日本テレビ系/12月23日23時)に出演。メンバーの意外な素顔からプライベートまでぶっちゃけトークを展開する。@@cutter スタジオに並んだこれまでにないゲストの多さにMCのくりぃむしちゅー・上田晋也は「壮観だねえ」と一言。しかしメンバー曰く、これだけの人数がいても目立とうとする人はあまりいないとのことで、中でも齋藤飛鳥は「角や暗闇にいる」という。齋藤は「(自分と話す)無駄な時間が申し訳ない」と感じるそうで、逆に「いつも同じ話ばかりしている」という秋元真夏のことが理解できないと明かすなど、メンバー同士の本音が続々と飛び出す。  「直してほしいところ」をテーマにしたトークでは「楽屋から急に飛び出していく」など大園桃子の自由すぎる行動に、上田が「ホリケン(ネプチューン堀内健)タイプだ」とコメント。「赤ちゃん扱いされる」と不満を訴えた与田祐希は、かつての恥ずかしいキャッチフレーズをバラされてしまい「気の迷いで」と思わず赤面する。  また「お金が大好き」という井上小百合は、会場の観客に貯金に関するアンケートを実施。貯金を親に預けている西野七瀬は、実家のある変化に戸惑ったことを告白する。また、普段から仲がいいため、メンバー同士で旅行に行くことも。白石麻衣と松村沙友理が沖縄で語り合ったことや、新内眞衣と斉藤優里が韓国で起こしてしまったトラブルなど、プライベートのエピソードも止まらない。  大人気の乃木坂相手にも上田のツッコミは手加減なし。国民の嫁をキャッチフレーズに掲げてきたという秋元には「俺の嫁でもあったの!? ちゃんと言ってくれないと」とクレーム。「料理が好き」と自ら宣言した佐藤楓にレパートリーを聞いたところ、その残念な内容に「二度と手を挙げないで」と一刀両断する。そんな上田に白石は「プリントシールで一緒に撮影したい」と希望。かわいくポーズをキメて顔に盛り加工をほどこした上田と白石のツーショットシールにスタジオは大きな盛り上がりを見せる。  乃木坂46はロケにも出かけ、スタジオに飾るクリスマスツリーのためにオーナメント探しや、MC3人へのプレゼント作りにも挑戦する。  『おしゃれイズム クリスマス1HSP 乃木坂46クリスマスSP!乃木坂がスタジオをクリスマス色に』は、日本テレビ系にて今夜12月23日23時放送。

  • 乃木坂46の生田絵梨花

    乃木坂46・生田絵梨花の“ガチすっぴん”ショット ファン「女神ですか」

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集公式ツイッターが19日、生田のすっぴん写真を公開した。ファンは「すっぴんが、恐ろしいほどお美しい、、、」「女神ですか」など絶賛している。@@cutter 2019年1月22日に発売となる生田にとって3年ぶりの2nd写真集(タイトル未定/講談社)は、ニューヨークを舞台に7日間のロケを行い、生田のさまざまな表情を撮り下ろした。公式ツイッターのフォロワーは16万人を超えており、生田がニューヨークでのロケの思い出を描いたイラストや、白石麻衣が写真集を見てハイテンションになる様子なども公開されてきた。先日には15万フォロワー突破を記念し、生田のセクシーなキャミソール姿でのオフショットが投稿されていた。  「寝起きに顔を洗って、ガチすっぴんの生田さん」「生田絵梨花写真集 1月22日発売!」というキャプションとともに投稿された写真には、生田が顔を洗う様子や、すっぴんで白い歯を見せる姿が収められている。  写真を見たファンは「お肌ぷるんぷるんのプルプルヤン」「すっぴん可愛すぎます好き」「女神ですか」「可愛い。デコだしやばい」「これですっぴんとか変わらないじゃん。美しすぎ」「手を合わして拝むレベル」「すっぴんが、恐ろしいほどお美しい、、、」「これですっぴんはやばい…天使ですね!」などの反応を見せている。 引用:https://twitter.com/erika_newyork

  • 『ザンビ』に出演する乃木坂46・堀未央奈

    堀未央奈、新ドラマ『ザンビ』出演決定 あらすじ&場面写真解禁

    エンタメ

     乃木坂46の堀未央奈が、同グループの齋藤飛鳥が主演を務める新ドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)に出演することが発表され、場面写真が初公開となった。成績優秀なクラスの中心人物で、学級委員長でもある諸積実乃梨を演じる堀は役どころについて「『守られる』というより、『誰かを守ってあげたい』と思う気持ちがあるところにはすごく共感しました」とコメントしている。@@cutter 7月に始動が発表された「ザンビ」プロジェクトの第二弾となる本作は、修学旅行中のバスの故障で、見知らぬ村に行きついた少女たちの姿を描く。村を彷徨う少女たちは、見つけた廃屋で一夜を過ごすも、不気味な音を聞くことに。その後、フリージア学園で日常に戻ったと思われた少女たちには、次々と不思議な現象が起こりはじめる…。  主人公の山室楓(齋藤)と実乃梨(堀)は、フリージア学園に通うクラスメイトで、お互いに認め合い、支え合う間柄だ。堀は役柄について「学級委員でしっかりしていて自分よりも他の子を優先して動くような子です。私も学生時代学級委員だったんですけど、実乃梨ちゃんは怖がりだったり、友達関係がうまくいっていなかったり、自分自身の悩みも抱えているのに、いつも冷静にまわりを見ることができていて、私自身よりも大人だなと思いました」とコメント。  齋藤との共演は「私は緊張しいなので気持ちに波があるときもあるんですけど、飛鳥は普段から落ち着いていて、言葉のひとつひとつが洗練されている人なのでそれがお芝居にも出てるなと思いました」と回想。そして「二人のシーンが多かったんですけど、現場でお芝居についての相談はあまりしなかったです。でも撮影が終わって少し経ってから、飛鳥が『堀ぴーだったから、あのお芝居ができたんだと思う』と言ってくれました。飛鳥は普段あまり直接そういうことを言わないから、その言葉を聞いてとても嬉しかったです」と明かしている。  新ドラマ『ザンビ』は、日本テレビにて2019年1月23日より毎週水曜24時59分放送。

  • TBS『第60回輝く!日本レコード大賞』記者会見にて

    柏木由紀、指原莉乃との最後のステージは「全力を尽くして」

    エンタメ

     AKB48、欅坂46、DA PUMP、乃木坂46、三浦大知、三山ひろし、STU48、辰巳ゆうと、Chuning Candy、BiSH、純烈が、17日に都内で開催された『第60回輝く!日本レコード大賞』記者会見に出席した。AKB48の柏木由紀は、先日AKBグループからの卒業を発表した指原莉乃について「一緒にこのステージに立てるのは最後だと思うので、全力を尽くして、良いパフォーマンスができるように、頑張りたいと思います」と語った。@@cutter 「優秀作品賞」を受賞した乃木坂46の白石麻衣は「去年は本当に、私たちもびっくりしましたし、自分たちでも緊張したステージだったなと思っております」と、第59回における「インフルエンサー」での大賞受賞を述懐。連覇に向けては「今年も『シンクロニシティ』という楽曲を披露させていただくんですけれども、私たちにとっても、とても大事な一曲となっているので、去年のパフォーマンスを超えるくらいの、素敵なパフォーマンスができるよう、チーム一丸となって頑張れたらなと思います」と白い歯を見せた。  同じく「優秀作品賞」を獲得したAKB48の向井地美音は「私たちAKB48は、なんと10回目のレコード大賞出演。そして9回連続、優秀賞をいただけているということで、本当に毎年うれしく思っています」とニッコリ。「今年は『Teacher Teacher』という曲で賞をいただいたんですけど、先日、指原さんの卒業発表もあり、私たちもすごく寂しい気持ちもあるんです」と言い「その分、新しい世代でどんどん頑張っていきたいという思いで、今年のレコード大賞も、ぜひ頑張っていきたいと思います。最優秀賞を目指して頑張ります!」と意気込みを示した。  一方、同グループの柏木由紀は「さっしーとは、もう10年以上一緒に活動してきていて、秋元(康)先生にも『指原・柏木のばばあコンビで頑張れ』と言われているので、当日のステージも…一緒にこのステージに立てるのは最後だと思うので、全力を尽くして、良いパフォーマンスができるように、頑張りたいと思います」と思いを明かしていた。  『第60回輝く!日本レコード大賞』は、TBS系にて12月30日17時30分放送。当日の司会は安住紳一郎(TBSアナウンサー)と女優の土屋太鳳が務める。  受賞結果は以下の通り。 【優秀作品賞】 欅坂46「アンビバレント」 三山ひろし「いごっそ魂」 TWICE「Wake Me Up」 SEKAI NO OWARI「サザンカ」 氷川きよし「勝負の花道」 乃木坂46「シンクロニシティ」 AKB48「Teacher Teacher」 三浦大知「Be Myself」 西野カナ「Bedtime Story」 DA PUMP「U.S.A.」 【新人賞】 STU48 辰巳ゆうと Chuning Candy BiSH 【日本作曲家協会選奨】 純烈 【最優秀歌唱賞】 MISIA

  • ファースト写真集『存在』発売記念お渡し会に出席した井上小百合

    乃木坂46・井上小百合、初写真集で「最初で最後」の水着にチャレンジ

    エンタメ

     乃木坂46の井上小百合が14日都内で、ファースト写真集『存在』(発売中)の発売記念お渡し会前に行われた囲み会見に出席。同作にまつわるエピソードなどを語り、初挑戦した水着シーンなどに関して「たぶんこれで最初で最後だな、と思いながら撮影していた」と話した。@@cutter 井上は、 3月放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で「写真集を作りたい」とプレゼンし、ロケ地に“ずっと行ってみたかった場所”として挙げたスイスにて、9月にオールロケを敢行。約1週間かけてチューリッヒ、マイエンフェルト、ローザンヌ、モルジュ、ジュネーブをめぐって撮影した。  本日14日に24歳の誕生日を迎えた井上。本作について「24年間分の私の生きざまが詰まっている」とアピール。タイトルの由来については「自分って、みんなの存在のおかげで完成している。みんなの思いの寄せ集めが、ここに詰まればいいなと思った」と解説した。  スイスは「想像をはるかに越えて美しい国だった。仕事で行けなかったら一生行けなかったかもしれないので、うれしかったです」とニコリ。お気に入りのカットは、「ずっと行きたかったハイジ村」でスイス伝統のチーズ料理・ラクレットをワクワクしながら待っている最中のシーン。初めて食べたと言い、「メチャクチャおいしくて感動しました」と笑顔をこぼした。  今回は、水着やランジェリーに挑戦した。井上は「『乃木坂工事中』で、“7年目に叶えたい夢”ということでプレゼンして写真集を出した。むしろ7年間は出したくないとずっと思っていたんです、ずっと。それくらい水着とかで人前に出るのも苦手だった。今回は自分の殻を破って頑張った。『たぶんこれで最初で最後だな』と思いながら撮影していた」とコメント。本作の自己評価を尋ねられて「いろんな人の気持ちを込めて100点」と述べた。  また、新しい4期生らに会ったと明かし、「すごいかわいくてビックリした。新しく14歳の子とか入ってきた。10歳くらい年が離れている。そんな年下の子とどんな会話ができるのか不安だったけど、みんなしっかりしている。一生懸命頑張っていて、『インフルエンサー』とか踊っているのを見て感心している」と話した。  今年のクリスマスは「24(日)も25(日)も両方、今のところお仕事」。「毎年、みんなでたくさんお寿司とかケーキとか買ってきて分けて食べるのが楽しい。今年もそういうのができるかなと思って楽しみにしている」と白い歯をこぼした。

  • 西野七瀬が表紙に登場する「anan」No.2131表紙(2018年12月12日発売)

    西野七瀬、卒業直前! ぬくぬく肩出しニットで「anan」表紙に登場

    エンタメ

     年内で乃木坂46の卒業を発表している西野七瀬が、12月12日発売の女性グラビア誌「anan」2131号の表紙に肩出しニット姿で登場。アイドルとして最後の「anan」表紙&グラビアを飾る西野は「(乃木坂46で)7年間頑張れたのは、応援してくれた人がいたから。お礼を言いたいのはこっちのほうです」とコメントを寄せている。@@cutter 乃木坂46では、儚げな女の子らしさでエースとして活躍し、“なぁちゃん”という愛称で親しまれた西野。今年末にグループを卒業し、来年2月には大阪で卒業コンサートを行う予定となっている。  西野は、今回の表紙で特集タイトル「免疫力をあげる、温活。」に合わせ、ざっくり編みのニットカーディガンで登場。大きく肩を出して、カメラをキュートに見つめている。中面のグラビアでは、冬の朝をイメージして、寒そうに起き上がるところから、着替えるところまでを連写。  また、西野本人が「ずっとやりたかった」という、冬小物を使った七色の衣装で七変化するグラビアでは、さまざまな表情を披露。インタビューでは、今はまっているという温活のほか、同期の1期生から新たに加入する4期生まで、乃木坂46のメンバーに対する熱い思いも語っている。  西野が表紙を飾る「anan」2131号は、マガジンハウスより12月12日発売。価格は600円(税込)。

  • 西野七瀬、『おしゃれイズム1時間SP』ゲスト 乃木坂46囲み取材に登場

    西野七瀬、卒業前にメンバーとクリスマスを堪能「ロケを忘れて楽しんだ」

    エンタメ

     アイドルグループの乃木坂46が7日、都内にて開催された『おしゃれイズム1時間SP』(日本テレビ系/12月23日23時)番組収録後の囲み取材に出席。年内いっぱいで同グループを卒業する西野七瀬が、「ロケを忘れて、メンバーと初めてクリスマスっぽいことを楽しめた」と笑顔で語った。@@cutter この日の収録には、西野のほかに白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、梅澤美波、与田祐希、星野みなみ、堀未央奈、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、大園桃子、伊藤理々杏、佐藤楓、新内眞衣、井上小百合、高山一実、斉藤優里、山下美月の選抜メンバー19名が勢ぞろい。『おしゃれイズム』史上最多人数の出演となった。  同番組では、クリスマス・スペシャルということで、3チームに分かれて横浜・みなとみらいや赤レンガ倉庫でショッピングや食べ歩きを楽しんだり、江ノ島でプレゼント作りに挑戦したり、ロマンチックなイルミネーションもたっぷり堪能。さらに、千葉県でもみの木をゲットしたメンバーは、乃木坂46オリジナルのクリスマスツリーを制作し、完成作品をスタジオで披露した(集合写真・後ろのツリー)。  クリスマスの雰囲気をたっぷり楽しんだメンバーは、収録後、それぞれがロケの思い出を語ったが、中でも、年内いっぱいで同グループを卒業する西野は、「ロケをしていることを忘れて、純粋に(赤レンガ倉庫の)クリスマス・マーケットを楽しんじゃいました」と満面の笑顔。「今までクリスマスの思い出がほとんどないまま生きてきたので(笑)、ようやくみんなとクリスマスっぽいことができて、本当に楽しかった」と胸の内を明かすと、同行していた高山が、「一緒に歩いているときに、なーちゃん(西野)が自然に腕に絡みついてきて胸がキュンとした」と思い出をかみしめた。  白石は、「前回は1人で出させていただいたのですが、今回はクリスマス・スペシャルということで、大人数のメンバーで出演することができたので、すごくうれしかったし、楽しい会になったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と真摯にアピール。生田は、「乃木坂のメンバーは、結構、ボケてる人が多くて(笑)、それをすかさず司会の上田(晋也)さんが拾ってくれて、それを投げ返してくれたので、収録中、ずっと笑っていました」と収録を心から楽しんだ様子だった。  『おしゃれイズム1時間SP』は、日本テレビ系にて12月23日23時放送。

  • 日本武道館で行われた卒業セレモニーで乃木坂46を卒業した若月佑美(左)と年内で卒業をする西野七瀬(右)

    乃木坂46・若月佑美、笑顔で卒業「本当に幸せでした」

    エンタメ

     乃木坂46・若月佑美が4日、東京・日本武道館で行われた「乃木坂46 若月佑美 卒業セレモニー」でアイドルとしてのラストステージを笑顔で飾った。1期生として活動してきた若月は、1万人のファンを前に「ファンのみんなも最高。メンバーもスタッフさんも最高。つまり、乃木坂って最高!」と感謝を込めた。@@cutter 11年8月に乃木坂46・1期生オーディションに合格した若月は、“若様”の愛称で親しまれ、12年8月発売の3rdシングル「走れ! Bicycle」から先月発売の最新シングル「帰り道は遠回りしたくなる」まで20作連続で選抜メンバーとして活躍。10月に「私には叶えたい夢があります」とグループからの卒業を発表し、現在放送中の『今日から俺は!!』(日本テレビ系)に出演するほか、先月は舞台『鉄コン筋クリート』に主演を務め、今後は女優として芸能活動を継続する。  卒業セレモニーがスタートするとオーディション合格から現在までの若月を振り返る映像が流れたあと、ボーイッシュな衣装の若月がステージ中央に登場し、ロボットダンスを披露すると会場は大きな声援で包まれた。若月本人が考えたセットリストで展開された自身のラストステージに、高山一実からこの日のコンセプトを聞かれた若月は「キャラ渋滞が起きてるし、せっかくなら色々な自分を見せたかった」と思いを伝えると、冒頭のロボットダンスは、番組で共演するバナナマンの設楽統からのアドバイスで実演したことを明かした。  若月のセレクトによる“私が卒業前にやっておきたい曲BEST5”のコーナーへ。桜井玲香とのデュエット曲「まあいいか?」のほか、最初で最後の披露となった若月、桜井、秋元真夏、中田花奈の4人による“女子校カルテット”の「告白の順番」など、曲間で軽快なトークを挟みながら披露。3位の“若様軍団”による「失恋お掃除人」では、若月がメンバーの3期生・山下美月、阪口珠美、梅澤美波に1人ずつ思いを伝え「他の3人が大好きでした」と告白。ユニットの箸担当である若月が、山口百恵の引退ステージを連想させるかのように、割り箸を床へ置くパフォーマンスも。  続く2位は若月が「男前という自分にとっていいキャラをもらうことができた」と回想した「低体温のキス」、さらに1位で桜井と年内でグループを卒業する西野七瀬とのユニット曲「Rewindあの日」を熱唱。本編の後半では「ガールズルール」「制服のマネキン」「帰り道は遠回りしたくなる」など5曲をノンストップで会場を盛り上げた。  若月がグループに在籍した2678日間を振り返る映像からスタートしたアンコールでは、ドレスを着た若月がファンに向けて書いたという手紙を読み「結成初期から『誰かの人生に影響を与えられる人』と言い続けていて、みんなから『影響をもらえたよ』と言われるのが嬉しかった」と振り返り、「ありがとうを言ってくれたみんなに、ありがとうと言いたい」と感謝を伝えた。  アンコール曲「失いたくないから」では、涙ぐむメンバー1人ひとりに若月から一輪の花が配られる場面も。最後の曲となった「ダンケシェーン」はメンバー全員からの「やっぱ若月だな!」の叫びで締めくくると、壇上に1人残った若月は「本当に幸せでした」という一言を残して笑顔でステージを後にした。

  • 若月佑美

    若月佑美『今日から俺は!!』スケバンダンス披露に「卒業おめでとう」の声

    エンタメ

     本日4日、東京・日本武道館にて「乃木坂46 若月佑美 卒業セレモニー」を開催する若月佑美。そんな彼女が、出演しているドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ/毎週日曜22時30分)公式インスタグラムで、役衣装のスケバンルックで、乃木坂46の楽曲『インフルエンサー』のダンスを披露した。ファンからは「卒業おめでとう」「かわいい」と歓喜の声が上がっている。@@cutter 公式インスタグラムは「若、卒業、おめでとう!! 今日のラストステージ頑張ってください!! はなむけの#スケバンインフルエンサー」とのコメントで、若月が『インフルエンサー』のダンスを披露する動画をアップ。「#動画に合わせて脳内でインフルエンサーを流して楽しんで下さい」との書き込みの通り、動画に音声はついていない。若月はキレのある踊りを見せ、最後には満面の笑顔を見せている。  この投稿に対してコメント欄には「卒業おめでとうございます!キレッキレのダンスカッコイイです!」「踊ったあとの笑顔が可愛い」「乃木坂の若月、大好きでした! ありがとう」といった反響が多数届いている。 引用:https://www.instagram.com/kyoukaraoreha_ntv/

  • 「ザンビ」プロジェクト第2弾で連続ドラマ初主演を務める齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥、「ザンビ」プロジェクト第2弾で連続ドラマ初主演

    エンタメ

     乃木坂46の齋藤飛鳥が初主演を務める連続ドラマが2019年1月より日本テレビにて放送されることが発表された。新感覚サスペンスの要素を盛り込みつつ、仲間の友情、絆を描くヒューマン学園ドラマになるもようで、乃木坂46の「ザンビ」プロジェクト第2弾となる。@@cutter 「ザンビ」プロジェクトは、2018年7月に行われた乃木坂46の「真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~」の中で始動を発表。その第1弾として、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の三坂道が初競演する舞台『ザンビ』が11月16~25日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで上演され、チケット3万6000枚は即日完売、好評のうちに終了した。  その舞台の千秋楽で、プロジェクト第2弾として連続ドラマ化が発表に。舞台でも表現された新感覚のサスペンス要素は残しつつも、友情、絆などを描くヒューマン学園ドラマになるもようで、他のキャストなどドラマの詳細や放送日などは今後順次発表される。  同日の千秋楽ではまた、プロジェクト第3弾として、スマートフォン向けアプリゲーム『乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌(レクイエム)~』の制作も発表された。  齋藤飛鳥が主演する「ザンビ」プロジェクト第2弾の連続ドラマは、日本テレビにて2019年1月より放送。

  • 乃木坂46の生田絵梨花

    生田絵梨花、写真集Twitterが4日で10万フォロワー オフショット祭り開催

    エンタメ

     乃木坂46・生田絵梨花の写真集公式ツイッターが23日、アカウント開設から4日でフォロワー数が10万人を突破したことを記念して、「#生田絵梨花写真集オフショット祭り」を開催。次々投稿されたオフショットの数々に、ファンからは「ありがとうございます!!!」「可愛すぎ」「最高」などのコメントが寄せられ、反響を呼んだ。@@cutter 2019年1月22日に発売される生田の3年ぶりとなる2nd写真集(タイトル未定/講談社)は、ニューヨークを舞台に、7日間のロケで撮り下ろされた生田のさまざまな表情が収録される。11月19日にツイッターの公式アカウントが開設されると、そこからたったの4日でフォロワーが10万人を突破。23日には「このアカウント始動から4日目でフォロワーさんが10万人を突破したました! 御礼企画として #生田絵梨花写真集オフショット祭り を開催します!」と投稿。ファンからは「神垢」「待ってました!」「ありがとうございます!!!」などのコメントが殺到した。  その後、「#生田絵梨花写真集オフショット祭り」のハッシュタグと共に、次々とオフショット写真が投稿された。ボーダーのワンピースを着た彼女がソファーに腰掛けるカットや、クッションで口元を隠しながら、カメラを見つめるカットなどが次々披露され、オフショット祭りの最後は生田の自撮りで締めくくられている。  今回の企画にファンからは、「オフショット祭りがこんなに大量とは予期しておらず、幸せすぎてやばいです」「たくさんのオフショット写真、ありがとうございます」「大量のオフショットに埋もれて幸せで死にそうです」など喜びの反響とともに、来年発売される写真集について「期待以上のものを作ってくれることを期待している」「期待しかないです~」などの激励も寄せられた。 引用:https://twitter.com/erika_newyork

  • 『神酒クリニックで乾杯を」に出演する乃木坂46・山下美月

    乃木坂46・山下美月、新ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』で初ヒロイン

    エンタメ

     乃木坂46の山下美月が、俳優の三浦貴大と安藤政信がダブル主演を務める2019年1月期放送のドラマ『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東/毎週土曜21時)に出演が決定。ヒロインの一ノ瀬真美を演じる山下は「神酒クリニックのメンバーを愛して頂けるように、一ノ瀬真美ちゃんをたくさんの方に愛して頂けるように頑張ります」と語っている。@@cutter 知念実希人の人気シリーズ小説を基にする本作は、医療事故で患者を死なせてしまったことで働き場所を失い、VIP専門の医院「神酒クリニック」で勤務することになる生真面目な若手外科医・九十九勝己(三浦)と、同院の院長・神酒章一郎(安藤)らが織りなすドラマを描くメディカルエンタメミステリー。現役医師作家である知念の初の映像化作品となる。  今回、山下が演じる一ノ瀬真美は、超VIPな患者に高度な医療を提供する神酒クリニックの看護師。凄腕で個性的な神酒クリニックのメンバーから愛される、おっとり清純派でマイペースなキャラクターだ。  今作で、初のヒロイン役を演じることになった山下は「凄いびっくりしたし、嬉しかったです!」と語ると「本作のキャストの皆さんは色んな作品で活躍されている俳優陣の方々ばかりなので、そんな皆さんとご一緒させて頂けるというのは、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と意気込みを吐露。  自身が演じる真美という役柄については「普段おっとりしていて、ちょっと抜けているところがあるドジな女の子だけど急に突然エンジンがかかっちゃう一面を持っているところに凄く惹かれました」とコメント。  普段はグループで活動している彼女は「一人でお仕事をさせて頂くというのは不安でいっぱいです」と語りつつも「でも西野(七瀬)さんや高山(一実)さんとか、ほかのメンバーからも“楽しみにしてる”“頑張ってね”“おめでとう”などの言葉を頂きましたので、精一杯頑張ります!」と決意を新たにした。  土曜ドラマ9『神酒クリニックで乾杯を』は、BSテレ東にて2019年1月より毎週土曜21時放送。

  • (左から)鈴木絢音、佐々木琴子

    乃木坂46・鈴木絢音&佐々木琴子、『けもフレ』舞台に意欲!

    アニメ・コミック

     舞台「『けものフレンズ』2〜ゆきふるよるのけものたち〜」初日会見が8日、品川プリンスホテルにて行なわれ、乃木坂46の鈴木絢音(ギンギツネ役)、佐々木琴子(キタキツネ役)が出席。共に「とても緊張していますが、皆さんと力を合わせて頑張りたい」と互いの健闘を誓い合った。@@cutter さまざまなメディアミックスで注目を集める「けものフレンズ」舞台版最新作。“ゆきやまちほー”を舞台にアニマルガールたちの友情が描かれる本舞台。鈴木が「演技やダンス、歌もありとても稽古時間が長かった」と入念にトレーニングを重ねたことを明かすと、佐々木も「耳とか尾っぽをつけてのダンスだったので、振り付けなどもそのことを想定しながらやりました。『けものフレンズ』ならではの稽古でした」と本番前から強い意識で“けもフレ”に臨んだという。  この日の会見には、野本ほたる(オカピ)、仁藤萌乃(マンモス)、加藤里保菜(タヌキ)、稲村梓(クロヒョウ)、佐々木未来(ロイヤルペンギン)、根本流風(コウテイペンギン)、田村響華(ジェンツーペンギン)、築田行子(フンボルトペンギン)、山下まみ(マーゲイ)も出席。  元AKB48の仁藤は、現役アイドルである鈴木と佐々木を迎え入れたことに対して「私が所属していたグループと(乃木坂46は)全然色が違うので…アドバイスすることはないですよ」と苦笑いを浮かべていたが「2人はすごく人見知りだと聞いていたので、面白い感じのシーンで全力で変顔したら、笑ってくれたんです。そこから打ち解けられました」と語っていた。  鈴木は「今回の舞台は“ゆきやまちほー”と前回とはガラリと変わっていますが、サバンナのみんなも一生懸命キツネのために頑張ってくれます。初めて“けもフレ”に触れる方にも魅力が伝わるように頑張りたいです」と抱負を語っていた。 舞台「『けものフレンズ』2〜ゆきふるよるのけものたち〜」は11月8日〜18日まで、東京・品川プリンスホテル クラブeXにて上演

  • 『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46ガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』取材会にて

    齋藤飛鳥、“YOUは何しに”は「番組の作りがすごく良くできている」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友里、秋元真夏、与田祐希、高山一実、岩本蓮加、大園桃子、和田まあやが、お笑いコンビのバナナマン(日村勇紀、設楽統)と共に、都内で開催された『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』(テレビ東京系/11月12日18時58分)取材会に出席した。スタジオでのトークを担当した白石は、メンバーの頑張りを絶賛し「行ってみたい」とロケ参加に意欲を示した。@@cutter 空港で外国人を勝手に迎え、アポなしインタビューを行うことで知られる『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系/毎週月曜18時55分)。今回のスペシャルでは、秋元、生田、岩本、大園、高山、松村、与田、和田、阪口珠美が、空港・町中・秘境でインタビューを実行。齋藤と白石は、スタジオでその模様を見ながらバナナマンとトークする。  成田空港でロケを行った生田は「すぐ断られてしまったり、あんまりついて来ないでほしいみたいな雰囲気を醸し出されて、へこんだりすることはあったんですけど、段々へこたれない精神みたいなものがついてきて。強くなりましたね」とニッコリ。「一番は、相手に興味を持つっていうことを大事にして。いろいろな方の人生に出会うことができた」とロケを楽しんだようだった。  一方の白石は「感動しましたし、すごく面白かったり、個性が出ているそれぞれのVTRになっていた」とメンバーの頑張りを絶賛。「たくましいなって思って。同じメンバーとして、尊敬できる」と言い「私も機会があったら行ってみたいなって、ちょっと思いました」とロケに参加する意欲を示した。  齋藤は「長い時間、ずっと皆ロケに行っているから、ちょっとしたことで『あ、この子ってこういう対応するんだ』とかっていう、皆の人となりが垣間見れたような気がして。それも得だなあというか。あんまり普段は見られない姿もたくさん見られた」と満足げ。また「素人ながら、番組の作りがすごく良くできているなあと思って」と続け、メンバーやバナナマンを笑わせていた。  『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』は、テレビ東京系にて11月12日18時58分放送。

  • 乃木坂46卒業を発表した若月佑美

    若月佑美が乃木坂46卒業を発表 西野七瀬に続く衝撃にファン動揺

    エンタメ

     乃木坂46の若月佑美が1日、公式ブログでグループからの卒業を発表。SNS上にはファンからの卒業を惜しむ声や、永島聖羅、畠中清羅ら卒業した仲間たちからもメッセージが寄せられている。@@cutter 若月は、2011年8月に乃木坂46の1期生オーディションに合格。12年8月の3枚目シングル『走れ! Bicycle』から全シングルで選抜入りを続けている人気メンバーで、女優としての仕事も多い。14日スタートのドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)にレギュラー出演するほか、11月18日から舞台『鉄コン筋クリート』でも主演を務める。  「あふれる想いが膨大過ぎてどうまとめたら良いのかいまだ分からず、いろいろと抜け落ちた文になっていることをお許しください」という書き出しで、卒業への経緯を説明した若月。乃木坂46に入って7回目の夏を迎え「4期生という新しい風も吹き込み、3期生が育ち、時代がまた1つ変わろうとしていますね。それを素直にうれしいと思った自分がいた事が一番の理由でしょうか。やりきったかなと」と心境をつづった。  乃木坂46の楽曲『ダンケシェーン』では、曲終わりに若月が「やっぱ乃木坂だな!」と叫び、他のメンバーやファンが「だな!」と返すのが約束事だった。若月は「『やっぱ乃木坂だな。』ライブでいっぱい言わせてもらいました。あの一瞬の一体感、毎回気持ち良かったです。この台詞を言う側から『だな。』とお返事する側に私も行きます」と、若月ならではの表現で卒業を宣言。時期について「活動は(西野)七瀬より少し早い11月いっぱいまでの予定です」、今後は「私にはかなえたい夢があります。頑張らなければいけない。ここからもっとです」と語った。  オーディション同期で2016年に卒業した永島は自身のツイッターに「また1人、94年組が卒業 自分をしっかり持ってて言葉のセンス、考えもステキな若月。実は二次審査オーディションの時、同じ組に私と若月がいたの」と告白して懐かしい写真をアップ。同じく2015年に卒業した畠中も自身のツイッターに「昔よく夜にお散歩いったりお泊まりしたりディズニー、ご飯たくさんの思い出あるよ 残りのアイドルの時間を楽しんでほしい」「画像は当時流行ってた壁ドン顎クイ」とこちらも懐かしい写真をアップしている。  突然の卒業発表に対し、ファンから「なあちゃん(西野)に続き若さまもか…」「『やっぱ乃木坂だな!』のセリフは 若月佑美さんしか務まりません…」と惜しむ声や、「男前キャラでもあるけど、かわいらしさもあふれていて好きだったな…突然過ぎてびっくりだけど幸せになってほしい」「近くで見ると小さくて折れそうな位細いのに、舞台の上で真春を演じている時はそう見えなくて凄いなぁと思った記憶があります」と将来の女優業を期待する声が寄せられている。 引用:http://blog.nogizaka46.com/yumi.wakatsuki/    https://twitter.com/seira_0519n    https://twitter.com/seira_hatanaka

  • 「anan 2120」(9月26日発売号)に登場した乃木坂46

    乃木坂46、「anan」最新号をまるごとジャック 総勢39人を一挙撮り下ろし

    エンタメ

     乃木坂46が、9月26日に発売となる女性誌「anan」(マガジンハウス)の2120号をジャックする。「女子の流行モノ!」を大特集する本号では、白石麻衣や西野七瀬らが表紙を飾るほか、総勢39人のメンバーも撮り下ろしで登場している。@@cutter 新曲『ジコチューで行こう!』が大ヒット中で、シングルが5作連続でミリオン突破を果たした乃木坂46。本号では彼女たちが、今女子に人気のトレンドをレポートする。表紙には、白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、生田絵梨花、堀未央奈、与田祐希、山下美月の7名が登場。グラビアでは「One Day Trip」をテーマに、貴重な温泉浴衣ショットを披露している。  また、グルメやファッション、カルチャーなどさまざまなジャンルで、メンバーが案内役となり、話題のショップやトレンド、人気のアイテムを紹介する。【FASHION】では白石麻衣がオータムカラーを、桜井玲香、若月佑美、高山一実は秋冬こものを担当するほか、【CULTURE】では西野七瀬がゲームを紹介。【FOOD】では堀未央奈がスパイス最前線に、松村沙友理がはふはふ飲茶、梅澤美波と岩本蓮加がとろ~りチーズに、秋元真夏ががっつり塊肉に、斉藤優里と北野日奈子がわいわい焼肉に、衛藤美彩と吉田綾乃クリスティーがスタンド酒に迫る。  特集だけでなく、連載であるファッションやインタビューのページにもメンバーが登場しており、39名にも及ぶメンバーたちが、一冊を通してさまざまな形で登場するという奇跡のコラボレーションを実現。特別付録として、浴衣姿の両面特大ポスターもついており、大好評のチェキプレゼントは登場メンバー勢揃いで実施される。一冊まるごと乃木坂46づくし、合計100ページにわたる豪華な特集は必見だ。  乃木坂46がジャックする「anan」2120号は、マガジンハウスより9月26日発売。価格は650円(税込)。

  • 乃木坂46・西野七瀬が卒業を発表…“なぁちゃん”のかわいい写真特集

  • 年内で乃木坂46を卒業することを発表した西野七瀬

    乃木坂46・西野七瀬が年内での卒業を発表 ファン動揺「うそでしょ」

    エンタメ

     乃木坂46の西野七瀬が20日、公式ブログを更新し、今年いっぱいでグループを卒業することを発表した。グループの中心メンバーである西野の突然の発表はファンに衝撃を与え、ツイッター上には「なぁちゃん(※西野の愛称)卒業とかまじかよ」「僕の人生をも変えてくれたなぁちゃんが…泣くわ…」といった声が投稿されている。@@cutter 「おしらせ」というタイトルで7月18日以来となるブログを更新した西野。「いきなりですが 皆さんに伝えたい事がありまして、、、 約7年間 本当にお世話になりました。 わたくし西野七瀬は年内の活動をもって 乃木坂46から卒業いたします」と報告した。  西野はグループでの約7年の日々を「最終オーディションの日から思い返し始めたら、語りきれないほどの大切な思い出がいっぱい、いっぱい、あります。 めちゃくちゃ楽しかった!! 私の人生のなかで たぶん一番、華やかで刺激的に生きた時間だったんじゃないかな。と 今、思います」と振り返った。卒業は1年以上前から所属事務所と話し合ってきたとのことだ。  グループは今年いっぱいで卒業だが、卒業コンサートは来年開催する予定という。「やっぱりライブ好きなので、みんなで楽しく盛り上がって、、それで乃木坂46を最後にしたいですね」とつづっている。  同日の20時きっかりにブログが更新されると、ファンからのコメントが殺到。「お疲れ様」といった労いの言葉や「残りの期間全力で応援してます」といった誓い、「ヤベェ、泣いていいですか」といった悲しみの声が集まり、21日11時現在4700件以上に達している。さらに、人気メンバーの卒業発表はツイッター上でも衝撃が走ったようで、ブログの更新直後には「西野七瀬」「なあちゃん」「卒業」といった関連ワードが相次いでトレンド入りを果たしていた。 引用:http://blog.nogizaka46.com/nanase.nishino/

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access