リッチ・ムーア 関連記事

  • リッチ・ムーア&フィル・ジョンストン監督、『シュガー・ラッシュ:オンライン』インタビュー

    『シュガー・ラッシュ』監督が最新作に込めた思い「友情こそネット社会を生きる力」

    アニメ・コミック

     アーケードゲームの凸凹コンビがインターネットの世界で冒険を繰り広げるディズニーアニメの最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』。かつてない壮大なエンターテインメントムービーを生み出したリッチ・ムーア&フィル・ジョンストン監督が、本作に込めた熱い思いとともに、アイデアを駆使した創作の舞台裏、さらにはディズニーキャラクター豪華共演を実現させた“秘策”についても明かしてくれた。@@cutter ゲームの世界では悪役だけれど心優しい大男ラルフと、好奇心旺盛な天才レーサーの女の子ヴァネロペ。大親友の2人は、ある日、レースゲーム「シュガー・ラッシュ」を操作するハンドルが壊れたことから廃棄寸前の危機に直面! ゲーム機を救うため、ラルフとヴァネロペは何でも手にはいるインターネットの世界に飛び込むが、そこは見るもの全てが刺激的で未知の領域だった…。 ●困難を極めたインターネット世界の視覚化  前作の『シュガー・ラッシュ』(2012年)、そして『ズートピア』(2016年)では、脚本家としてリッチ監督とタッグを組んできたフィル。今回は物語の執筆に加え共同監督としても名を連ねているが、「何だか権力を握った感じだね(笑)」とおどけてみせる彼に対して、リッチ監督は、「僕の方から声をかけたんだ」とニッコリ。「10年近く一緒に仕事をしている仲だが、『ズートピア』のときに脚本家以上の働きぶりを見せてくれたので、思い切って誘ってみたんだ。『監督の辛さを一緒に分け合わないか?』ってね。彼は心よく「イエス!」と答えてくれたよ」  最強コンビとなったリッチ&フィル監督は、今回、主人公の2人が冒険を繰り広げるインターネットの世界を見事に映像化しているが、このイマジネーションはどこから生み出されたものなのか。リッチ監督は、「壮大でありながら具体性のある世界を作り上げ、それを物語に適したシンプルな都市へと練り上げる、その作業が最も難しかった」と吐露しているが、フィル、そして美術のコリー・ロフティスの力を借りて、「地層を持つ惑星のような都市」を完成させた。  「東京やマンハッタン、上海、ドバイなどの大都市、それから万博などからもインスピレーションを得て、混沌としていながらもカラフルで美しい都市を生み出すことができた。一番の特徴は、古い層の上に新しい層が積み重なっているイメージかな。小さなインフラしかなかった昔のネット社会が根底にあって、上に行けば行くほど新しいエクノロジーが重ねられていくんだ。半年以上、いろんなアイデアを模索しながら、そういったメタファーを視覚化するのに凄く悩んだけれど、ようやくこの形が見えてきたときは心が弾んだね」とリッチ監督は当時を振り返る。  今回、ディズニーが開発した光レンダリングソフトウェア「Hyperion(ハイペリオン)」などが使われているそうだが、フィル監督いわく、「例えば、ラルフがある姿に“変貌”するシーンは1万体が必要だった。もし、あのシーンを前作でやろうとしていたら、いまだに公開できず作業をしていただろうね。つまり、この技術がなければ、これだけ多くのキャラクターを登場させることは不可能だったし、この規模の世界観を作り出すことはできなかった」と技術の進化に感謝しきりだ。@@separator●意外とスムーズだった奇跡のキャラクター共演  数多くのキャラクターといえば、本作には『スター・ウォーズ』シリーズのストームトルーパーやアイアンマン、ベイマックス、さらには白雪姫、シンデレラ、ベル(『美女と野獣』)、アリエル(『リトル・マーメイド』)、アナとエルザ(『アナと雪の女王』)など、総勢14名のプリンセスが一堂に会する。実写でこれだけのスターをそろえたら、ギャランティだけでもとんでもないことになるが、出演の交渉はスムーズにいったのだろうか。  これに関してリッチ監督は、「われわれも上の人間がどんな反応を示すのか全くわからなかったので、一か八か、何も言わず、いきなりアニマティック(動く絵コンテのようなもの)で提案したら、ものすごく気に入ってくれて。『もっとやってくれ!』と言われたときは、さすがに私も驚いたよ(笑)。『オーマイディズニー』というディズニーファンのためのサイトがあり、それを利用してキャラクターを大挙登場させることに成功したが、インターネットの世界だからこそ実現できた、まさに夢の共演だったね」と笑顔を見せた。  小さなアーケードの街を愛するラルフと、きらめくインターネットの世界にすっかり魅せられたヴァネロペ。本作で2人はさまざまな困難にぶつかりながら、自身の好きな道を、自分の足で歩き出すことに。「それは両方とも間違いではないし、僕たちが裁くようなことは決してしない。2人の生きる方向性は違うかもしれないけれど、友情は変わらず、むしろ強まっていくんだ。オンラインの世界で生きるわれわれ現代人は、とかく忘れてしまいがちですが、友情が生きる力を与えてくれることを、この映画を通して今一度思い出していただければ」。リッチ&フィル監督の熱い思いが、スクリーンを駆けめぐる。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』は12月21日より全国公開。

  • 映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』来日会見にて

    『シュガー・ラッシュ』新作スタッフ来日 菜々緒も肩出しドレスで登場

    アニメ・コミック

     映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』のリッチ・ムーア監督が、28日に都内で開催された来日会見に出席した。ムーア監督は同作に込められた「今日を生きる我々にとっては、重要なメッセージ」について持論を展開した。@@cutter 2012年に公開した映画『シュガー・ラッシュ』の続編となる本作は、レースゲーム“シュガー・ラッシュ”の危機を救うため、ラルフとヴァネロペがインターネットの世界に飛び出して繰り広げる大冒険を描く。会見にはムーア監督のほか、フィル・ジョンストン(監督・脚本)、クラーク・スペンサー(プロデューサー)、日本語吹き替えでシャンク役を務めた菜々緒も、ワンショルダーの妖艶なドレス姿で出席した。  物語に自身の体験が反映されているのか聞かれたジョンストン監督は、米ウィスコンシン州の小さな町からニューヨークに引っ越す際に友人たちと別れたことを振り返り「映画の中では、アーケードは小さな世界であり、インターネットはまるで大きな都市です。ラルフは小さな自分の世界に戻りたいと思っていますが、逆にヴァネロピは新しく大きな世界に魅了されているのです。そこに、自分の物語に近いものを感じますね」とコメント。  ムーア監督は「本作のテーマで良いなと思っているのは、決してキャラクターの判断を裁くところがないことです。ラルフは小さな町を愛しており、ヴァネロペはインターネットという大都市を愛しており、そのどちらもいいわけです」と言い「2人の人間がいて、それぞれの視点があり、視点が違ったとしても、彼らが親友でいられない理由など何もないと思います。これは特に今日を生きる我々にとっては、重要なメッセージではないでしょうか」と持論を展開した。  同日は、ネット世界の過激なレースゲーム“スローターレース”のカリスマレーサーで、ヴァネロペが憧れるシャンクの吹き替えを務めた菜々緒も登場。ムーア監督から劇中の歌唱シーンを絶賛され照れ笑いを見せた菜々緒は「(性格は)どちらかというとラルフ寄りかな? 実際にお芝居をさせていただくときに、悪役をすることが多いんですけど、その中で、プリンセスみたいな役をやった方がいいのかなっていう自分の中の葛藤があるんですけど、あまり(オファーが)来ない」と自嘲。チャレンジしてみたいことについては「舞台をやったことがないので、いずれ機会があれば挑戦してみたい」と話していた。  映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』は12月21日に全国公開。

  • アニー賞、『レッドタートル ある島の物語』が受賞!

    アニー賞、ジブリ『レッドタートル』が受賞! 『君の名は。』受賞逃す

    アニメ・コミック

     “アニメのアカデミー賞”と称される第44回アニー賞の授賞式が現地時間4日にカリフォルニア州ロサンゼルスで開催。スタジオジブリの新作『レッドタートル ある島の物語』がインデペンデント最優秀長編作品賞を受賞した。@@cutter マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットがメガホンを取った『レッドタートル ある島の物語』は、遭難した男が無人島からの脱出を試みるも、見えない力によって何度も引き戻されてしまう姿を描く作品。『Long Way North(原題)』『百日紅 Miss HOKUSAI』『My Life as a Zucchini(原題)』『君の名は。』を退けての受賞となった。  日本で大ヒット中の『君の名は。』は同賞を逃したほか、メガホンを取った新海誠監督がノミネートされていた長編監督賞も惜しくも落選。こちらは『ズートピア』のバイロン・ハワード監督とリッチ・ムーア監督が受賞している。『ズートピア』は他にも作品賞、キャラクターデザイン賞、絵コンテ賞、声優賞、脚本賞を獲得し、最多となる6部門を制した。 第44回アニー賞の主な受賞結果は下記の通り。 インデペンデント最優秀長編作品賞『レッドタートル ある島の物語』 作品賞『ズートピア』 監督賞『ズートピア』 キャラクターデザイン賞『ズートピア』 絵コンテ賞『ズートピア』 声優賞『ズートピア』 脚本賞『ズートピア』 キャラクターアニメーション賞『Kubo and the Two Strings(原題)』 美術賞『Kubo and the Two Strings(原題)』 編集賞『Kubo and the Two Strings(原題)』

  • 『ズートピア』に「隠れミッキー」が登場!

    『ズートピア』に隠れミッキー!? ドーナツ好きの太っちょチーターにヒントが

    アニメ・コミック

     各界著名人やファンから絶賛の声があがっている映画『ズートピア』。その物語やユニークなキャラクターたちに話題が集まっているが、実は本作をさらに楽しむための新たな情報が飛び込んできた。なんと劇中に、ディズニーファンにはおなじみの「隠れミッキー」が登場しているというのだ。@@cutter 本作は、動物たちが人間のように暮らすハイテク文明社会「ズートピア」を舞台に、立派な警察官を夢見て奮闘するウサギのジュディと、詐欺師のキツネのニックが、ズートピア最大の謎に立ち向かうファンタジー・アドベンチャー。  「隠れミッキー」登場シーンのヒントは、ズートピア警察署の受付にいるチーターのクロウハウザー。ジュディの最初の友達となるキャラクターで、ドーナツが大好物。そんな彼の顔をよくご覧いただきたい。柄の一部がミッキー・マウス型になっているのが発見できるだろう。  愛らしいキャラクターで観る者を魅了するクロウハウザーだが、太っているという設定には狙いがあるのだという。キャラクター・テクニカルアニメーションのデイヴ・コモロフスキは、本作には「物事はいつも思い描き、期待する通りには動かない」というテーマがあるため、例えば足の速い動物として知られるチーターも立ち上がるのもひと苦労という設定にされていると語る。キャラクター一つ一つに深い意味があり、それを考えて観てもまた違った楽しみ方ができるだろう。  また、劇中には『ベイマックス』に登場する街『サンフランソウキョウ』や、人気海外ドラマのパロディなど、「隠れネタ」がまだまだ登場する。ディズニー・アニメーションならではの遊び心にも注目すると、さらに楽しみが増すだろう。

  • 『ズートピア』バイロン・ハワード監督(左)とリッチ・ムーア監督(右)インタビュー

    ディズニーアニメ『ズートピア』は“甘くない現実”も描く、監督が明かすリアリティ 

    アニメ・コミック

     『アナと雪の女王』『ベイマックス』に続く、ディズニー最新作『ズートピア』がついに公開される。動物たちの楽園“ズートピア”を舞台に、警察官のウサギ・ジュディがキツネの相棒・ニックとともに、楽園の秘密を追うファンタジー・アドベンチャー作品だ。公開に先立って来日した、バイロン・ハワード監督とリッチ・ムーア監督に、作品への思いを聞いた。@@cutter 本作は、ディズニーの王道とも言える、動物を主人公とした作品ながら、これまで誰も見たことのなかった、“全ての動物たちが共存して生活している世界”を描く。ムーア監督は、コンセプトを聞いて一番興奮したのは、本作が「非常に深いテーマを扱っているということ」にあると振り返る。「お互いが食べ合うことなく進化を遂げてきた世界というのは、どういう歴史があって、どういう世界なんだろうということにすごく惹かれました。そういったストーリーによって、人間社会に共通するテーマを描けるのではないのかという可能性にワクワクしましたね」。  そんな思いで作られた動物たちの世界は、一方で、人間世界の縮図ともとれる世界になっている。「動物たちの世界とはいえ、人間社会と似ている。それは、都市の景観を取り入れているのもあります。アメリカだけでなく、世界各国の都市から様々なインスピレーションを得て、非常に国際色豊かな都市を作り上げていきました。ただ、ストーリーは非常に普遍的なテーマを語っていると思います」と、ハワード監督は明かす。@@separator 「ジュディは一見、とても典型的なディズニーアニメのヒロインだと思うと思います。大きな夢に向かって努力をするというのは、確かに、今までにあるキャラクターです」と話すハワード監督。だが「皆さんも経験があると思いますが、実際に現実の社会に出た時に、思っていたことと違う、実はそんなに甘くないという現実に直面するんです。もちろん、ジュディはそれで簡単に夢を諦めることはしません。そして、その過程で、ズートピアの下に隠された秘密を発見するのですが、その旅は、同時に自己発見の旅でもあるんです。彼女自身が、自分でも気づいていなかった弱さに気づき、それと向き合って受け入れていくことで、大きく成長していくわけです。夢は叶わないと言っているわけじゃないんです。夢は叶うけれども、自分が思い描いていた方法で叶うとは限らない。そういったメッセージが含まれています」。  物語の根底に、こうした“リアリティ”があるからこそ、子どもだけでなく、大人が見ても強く共感し、ジュディと一緒になって旅を楽しめるのだ。  また、本作の見どころの一つに、動物たちのリアルさがある。どのキャラクターも、洋服を着て二本足で立ち、言葉を話すのに、まるで本物の動物たちを見ているかのような気にさせる。リアルな動物たちはどうやって生まれたのだろうか。    「私たちは、人間が動物のコスチュームをかぶったというだけにはしたくなかった」というリッチ監督は、「1年半ほどかけて、自然界そのものの野生の動物たちの種の異なる見た目、そして動き、しぐさをリサーチしたんです。人間のような感情を持ったキャラクターであると同時に、自然界におけるリアルなありのままの姿であるという融合という点でも、とてもユニークな映画になっていると思います」。  これまでのディズニー作品とはまた一味違う、まったく新しい世界がここに広がる。(取材・文・写真:嶋田真己)  『ズートピア』は4月23日より全国公開。

  • 動物なのに人間らしい『ズートピア』の住人たちに注目。

    “こんな人、いる!” 動物なのに妙にリアルな『ズートピア』キャラクターの魅力

    アニメ・コミック

     全米で3週連続1位を記録するなど、世界的大ヒットを飛ばしている、ディズニー最新作『ズートピア』。本作の見どころの一つは、「こんな人、周りにいる!」と思わせる、人間味溢れる動物キャラクターたちにある。そこで、作品に登場する代表的なキャラクターを紹介したい。@@cutter 『ズートピア』は、動物たちによる動物たちのためのハイテク文明社会“ズートピア”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャー。物語を彩るのは、製作陣がアフリカ取材などを行い入念にリサーチし作り上げた、個性豊かで魅力的な動物キャラクターたちだ。  本作のヒロイン・ジュディは、立派な警官になることを夢みてズートピアにやってきたウサギ。明るく誠実な性格だが、田舎の両親との電話にムリに元気なフリをしたり、夕食用にレトルト人参をチンしたりと、一人暮らしの哀愁漂う姿も見せる。そして、自身の存在に悩み、葛藤する“普通の”女の子でもある。そんなリアリティ溢れるヒロインに、共感し、勇気づけられる人も多いだろう。  ジュディとコンビを組むニックは、詐欺師ながら実は仲間思いのキツネ。周囲から理解を得られないあまり、開き直って世間の良くないイメージに応えてしまうという複雑な心の動きは、まさに人間らしいともいえる。  ジュディが勤める警察署の署長、スイギュウのボゴは、ジュディに厳しく接し続ける“怖い上司”。プロデュサーのクラーク・スペンサーは、スイギュウは「最も強くて、最も頑固で、特に執念深い動物」と話しており、警察署長がスイギュウというのが理にかなっているという。人間界にもいそうなキャラクターだ。  本作で、観るものに笑いを届けてくれるのが、ナマケモノのフラッシュだ。免許センターの職員なのだが、リッチ・ムーア監督いわく「アメリカで免許センターといえば、とにかく待たされることで有名」だそうで、全ての動きがスーパースローなナマケモノは、まさにそのままのイメージともいえるだろう。  映画『ズートピア』は、4月23日より全国ロードショー。

  • 「採用担当者がイメージする、理想の新人像」女性部門 第6位上戸彩

    上戸彩、ディズニー最新作ヒロイン役に喜び 第一子に「自慢できる」

    アニメ・コミック

     映画『ズートピア』監督・プロデューサー来日記者会見が24日に都内で行われ、バイロン・ハワード監督とリッチ・ムーア監督、クラーク・スペンサープロデューサーと、上戸彩、高橋茂雄(サバンナ)が登壇。主人公・ジュディの日本語版吹替を担当する上戸は「(オファー時は)ちょうど私に新しい家族が増えた時期だったので、“家族に自慢できる” とありがたい気持ちだった」と笑顔で語った。@@cutter 本作は、動物たちの“楽園”ズートピアを舞台にしたディズニー映画最新作。世の中をより良い場所にしたいと夢みる新米警官でウサギのジュディが、サギ師でキツネ・ニックを相棒に、ズートピアの危機に立ち向かう。  上戸は、第一子を出産した2015年夏に本作のオファーを受けたことを明かし、「一日も早く見ていただきたいと楽しみにしております」と作品への思いを語り、「動物らしい動きをお子さんは楽しんでもらえると思いますし、“偏見の目を持たずみんなで仲良くしよう”という大人も刺さる内容になっています」とアピール。  一方、チーターのクロウハウザー役の吹替を務める高橋は、「“ディズニーの映画が決まったんです”って聞いたとき、ドッキリやなって思ったんです。だから、ネタバラしされてもリアクションをとれる覚悟でスタジオに行ったら、本当だった」とオファーされた時を振り返る。  また、クロウハウザーというキャラクターについて、リッチ監督は「重要な役です」と高橋に念を押した上で、「ズートピアにやってきたジュディにとっては初めての友となる役。そして、警察署の看板として、足を踏み入れた人がその顔を見る(という役柄)。何よりもドーナツを愛している」と説明。  そんな「重要な役」への起用理由を「高橋さんが大のドーナツ好きだという裏情報を聞いたから」と笑顔で告げると、高橋は「何の情報ですか!」と狼狽しながらも、「マスコミの皆さん、僕がドーナツを食べてるのを見たことないってバラさないでくださいよ!」と報道陣に向けて懇願し、会場を沸かせた。  この日の会見では、指揮者オカピ率いる金管五重奏の楽団「ズーラシアンブラス」による本作の主題歌『トライ・エヴリシング』の生演奏も披露された。映画『ズートピア』は、4月23日より全国ロードショー。

  • ディズニー映画最新作『ズートピア』 キャラクター写真が解禁

    『アナ雪』アナ&エルサに続くヒロインは“ウサギ”!  ディズニー最新作キャラ解禁

    アニメ・コミック

     ディズニー映画最新作『ズートピア』(2016年4月23日全国ロードショー)で、これまで後ろ姿しか発表されていなかったキャラクター達の写真が遂に解禁。『アナと雪の女王』のアナ&エルサ姉妹に続くヒロインは、警察官に憧れるウサギのジュディだ。@@cutter 本作の舞台は、動物たちがハイテクな文明社会で暮らす世界“ズートピア”。大きさも習慣もタイプも違う沢山の種類の動物たちが平和に共存し、さらにはどんな動物にも快適な暮らしができる環境が整えられている。そんな“ズートピア”に思いを馳せるのは、「農場で人参作りに従事する人生」と動物界で役割決まっているウサギのジュディ・ホップス。  今回解禁されたのは、サイやゾウやカバのような「大きくてタフな動物しかなれない」とされる警察官に憧れを抱き、その夢を叶えるため田舎町から大都会“ズートピア”に出てくるジュディ。そして、彼女がひょんなことから出会ったキツネの詐欺師・ニックの写真。まっすぐ伸びた耳にクリクリとした大きな目、ちょこんとテーブルに置いた手が愛らしいジュディと、何かを企むような表情を浮かべ横柄な感じが見て取れるニックの二人がどの様な関係性で、どの様な冒険を繰り広げるのか…。  本作の製作総指揮は、『トイ・ストーリー』を生んだヒットメーカーのジョン・ラセター。監督は、今なお根強い人気を誇る『塔の上のラプンツェル』を手掛けたバイロン・ハワードと、大ヒット作『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーア。“ディズニー・アニメーション第三黄金期”の勢いを加速させた実力派製作陣が贈る最新作に、注目が集まる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access