SEKAI NO OWARI 関連記事

  • きゃりーぱみゅぱみゅ

    きゃりーぱみゅぱみゅ、Fukaseら“セカオワ”との写真披露にファン驚き

    エンタメ

     歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが23日、自身のインスタグラム、およびツイッターを更新。バンド「SWKAI NO OWARI」のメンバーと撮影した写真を投稿したきゃりーに、多くのファンから驚きの声があがっている。@@cutter 「セカオワライブ超楽しかった~!踊っちゃった」というコメントと共に、「SWKAI NO OWARI」メンバーと撮影した写真を掲載したきゃりー。セカオワのライブに訪れていたようで、きゃりーを真ん中に、ボーカルのFukaseやピアノ担当のSaoriらがニッコリとほほ笑むショットが公開されている。  きゃりーとFukaseは、過去に交際と破局が報じられていたが、2人が一緒に収まる写真の掲載に対し、コメント欄には「まじか!」と驚くファンが殺到。「こんな日が来るとは」「別れても続く関係って素敵! 憧れます!」など、様々な反響が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kyarypappa/    https://twitter.com/pamyurin

  • ※「Fukase(SEKAI NO OWARI)」インスタグラム

    セカオワ、米津玄師、HIKAKINら豪華メンツ集合 ファン驚き「鳥肌たった」

    エンタメ

     人気ロックバンドSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseが14日、自身のインスタグラムにて、RADWIMPSの野田洋次郎、ゲスの極み乙女。の川谷絵音、シンガーソングライターの米津玄師らが「セカオワハウス」に集合している様子を投稿。ファンからは「合成かと思った」「いったい何があったの」といった驚きの声が多数上がっている。@@cutter Fukaseが「welcome!!」というコメントとともに投稿したのは、人気者が集った写真。上記メンバーのほかにも人気YouTuberのHIKAKIN、社会学者の古市憲寿氏、Fukaseと同じセカオワメンバーのDJ LOVEら若手人気クリエイターたちが思い思いのポーズを決め、笑顔を見せるという豪華すぎるショットだ。そのほかに、セカオワメンバーのSaori、Nakajin、Saoriの夫で俳優の池田大、城田優が登場するショットも同時に投稿され、あまりの豪華メンバーに、ファンはびっくり。  同日、Saoriも自身のアカウントに同様の写真を投稿。「友だちと新年会! この写真にはいないけど、 城田優くんと洋次郎くんも来てくれた。 旦那さんと一緒の写真、そういえば初めて」と、この集合写真が新年会当時のものであることを説明している。  Fukaseの投稿のコメント欄には「鳥肌たった」「豪華なんだよな~」「メンバー豪華すぎてびっくり」といった驚きの声や、「天才の集まり」「眩しすぎて見えない」「素敵すぎて言葉にならない」など、写真に対する称賛が国内外から殺到。インスタグラムのみならず、ツイッターなどほかのSNSでも大きな話題を呼んだ投稿となった。 引用:https://www.instagram.com/fukase/    https://www.instagram.com/saori_fujisaki/

  • 『君は月夜に光り輝く』の主題歌を担当するSEKAI NO OWARI

    『君は月夜に光り輝く』SEKAI NO OWARIの主題歌入り予告解禁

    映画

     女優の永野芽郁と俳優の北村匠海がダブル主演する映画『君は月夜に光り輝く』の主題歌を、SEKAI NO OWARIが担当することが発表になり、楽曲が流れる予告編が解禁された。@@cutter 本作は、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA主催)を受賞した佐野徹夜の同名小説を、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が実写化したラブストーリー。死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”を患い、病院から出ることが許されない少女と、彼女が叶えることの出来ない願いを“代行体験”という形で叶えていく少年による純愛を美しい映像で描いていく。  このたび、本作の主題歌がSEKAI NO OWARIの『蜜月 ‐for the film‐』に決定。同楽曲は2月27日発売のニューアルバムに収録予定のものを、ミュージシャンの小林武史とともにリアレンジしたもの。映画の幻想的な世界観を一層盛り上げる楽曲に仕上がっている。  公開された予告映像では、主題歌が流れる中、発光病という不治の病を患い入院している余命ゼロのまみず(永野)の“代行”をこなしていく卓也(北村)の姿が映し出される。お互い惹かれあいつつも、確実に迫りくる死と葛藤する2人の姿のほか、死を前にした娘を案じて涙を流すまみずの両親、 “代行”体験を通して卓也が出会っていく人たちなど、キャストの熱演が収められている。  今回の楽曲について永野は「映画の最後に、綺麗な澄んでいる楽曲で更に気持ちを盛り上げてくださって幸せです」とコメント。北村は「既にこの世に存在していた曲と作品の世界観がリンクしていた事にすごい出会いだなと思いました。まるで作品の中での卓也とまみずの出会いのように、作品と楽曲の運命を感じました」と感想を伝えた。  主題歌を手がけたSEKAI NO OWARIは「王道なサウンドの中にも自分達の色がある楽曲に仕上がりました」と語り、「アルバムに収録された『蜜の月』とは一味違うアレンジを気に入って頂けるとうれしく思います」とメッセージを寄せている。  映画『君は月夜に光り輝く』は3月15日より全国公開。

  • SEKAI NO OWARIのDJ LOVE

    セカオワDJ LOVEがタレントの浦えりかと結婚 ファン「驚きしかない」

    エンタメ

     人気ロックバンド・SEKAI NO OWARIのメンバー、DJ LOVEが20日、タレントの浦えりかと結婚したことを発表。ファンからは「結婚おめでとうございます!!!!」「来月のライブがより楽しみだ」などの声がツイッターに寄せられている。@@cutter メンバーで唯一、マスクを被ってのステージングで知られるDJ LOVE。同日にSEKAI NO OWARIの公式サイトにて「この度、予てよりお付き合いさせていただいておりました、タレントの浦えりかさんと入籍いたしました」と報告した。「僕自身やバンドの活動に理解を示しサポートしてくれる彼女と、これから人生を共にし、より一層バンドの活動に励んでいく所存です。これからもよろしくお願いいたします」とつづっている。  一方の浦も自身のブログを更新し「いつも暖かく包み込んでくれる彼の優しさに甘えすぎず、共に支え合っていける存在でいられるように 仕事も、一人の女性としても、より一層成長していけるよう精進していきたいと思いますので 変わらず温かく見守っていただけたら嬉しいです」と、DJ LOVEとの結婚を報告した。  この知らせを聞いたファンからは、ツイッターに「結婚おめでとうございます!!!!」「来月のライブがより楽しみだ」「うれしいようなかなしいような...。でも、幸せ願ってます!!!」「これからもセカオワ応援してます!!」「ほんとに驚きしかない」「末永くお幸せに」など祝福の声が寄せられている。 引用:https://sekainoowari.jp/    https://ameblo.jp/uraerika-blue/

  • きゃりーぱみゅぱみゅ&セカオワSaori、2ショット

    きゃりーぱみゅぱみゅ&セカオワSaori、2ショット 「楽しい夜だったなあ」

    エンタメ

     きゃりーぱみゅぱみゅとロックバンド・SEKAI NO OWARI(以下・セカオワ)のSaoriが18日、SNSにてそれぞれ2ショットをアップした。きゃりーぱみゅぱみゅは自身のインスタグラムに「Saoriちゃんとわし」とシンプルなコメント。Saoriは自身のツイッターに「久しぶりにきゃりーと。楽しい夜だったなあ。SNOWデビューさせて貰った」としみじみとつぶやいている。@@cutter ファンからは「かわいい」「2人似てる」「2人とも大好き」といった声が。また、以前にセカオワのFukaseと交際していたきゃりーはSaoriとの不仲説が流れていたが、「2ショットめっちゃうれしい。セカオワから離れてると思ったから」といった意見もあがっていた。  Saoriのファンからも「ほっこりする」「かわいすぎる。天使ですか?」「キュン死する」といったコメントのほかに、「泣けそうなくらいうれしい」という声も寄せられた。

  • セカオワ・深瀬、益若つばさだったら目を隠してもわかる!?

    セカオワ・深瀬、益若つばさとざわちんの“間違い探し”を見破る!?

    エンタメ

     タレントの益若つばさが自身のインスタグラムで、ものまねメイクで知られるざわちんとのツーショットを公開。「ざわちんに3年ぶりのモノマネメイクをしてもらったよ!嬉しい」というコメント共に、両者ともマスク姿の“間違い探し”風ショットが掲載されたが、それを受けて、益若との交際を宣言した『SEKAI NO OWARI』の深瀬慧が自身のツイッターでコメントをした。@@cutter ファンからの「どっちが本物の益若つばさちゃんかすぐに見破れます?」という挑戦的なリプライを受けた深瀬は、「そりゃあ見破れるに決まってるじゃないですか」と応答。さらに、続くツイートで「目を隠したって分かるわ」と豪語した。  これに対して、ツイッター上では「目を隠してでも分かるのはよくつーちゃんを見てるからかな!」「大切な人だからすぐ分かりますよね!」と、益若と深瀬の仲を称賛する声も。一方、「実は分からないんじゃないですか?」「深瀬さん分かってないですよね」という懐疑的な声もあったほか、目元だけをアップした写真を使って「ならば逆に目だけならどうですか?」と、さらなる“難題”を持ちかけるファンのツイートもみられた。  益若は、インスタグラムで正解も発表。マスクを外したショットと共に「左がざわちんで右が私でしたぁ」とコメントを残したほか、「モノマネしてもらえるのって嬉しい」と感想を吐露。  益若になりきったざわちんも、自身のブログで「どっちが益若つばささんだぁ?」とするブログを更新。翌日には、「ツーちゃん風ものまねメイクでのご本人とのツーショット記事にたくさんのいいねとコメントありがとうございました」と、反響に応えている。

  • セカオワ・Fukase、ボーカロイド化!

    セカオワ・Fukase、ボーカロイド化 「あの声がボカロに…」ネット上で話題

    エンタメ

     4人組バンド「SEKAI NO OWARI」ボーカル・Fukaseの歌声をもとにしたボーカロイド「VOCALOID4 Library Fukase」の開発が発表。現在、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」では、同製品のキャラクターデザインコンテストも開催されている。@@cutter ボーカロイドは、歌詞とメロディーを入力するだけで楽曲のボーカルパートを制作できる歌声合成技術および、その応用ソフトウェアの通称。Fukaseの歌声をもとにした「VOCALOID4 Library Fukase」のほか、歌手・小林幸子がモチーフとなったボーカロイド「VOCALOID4 Library Sachiko」も先日発表されたばかりだ。  本製品の開発発表と共に、pixivにてボーカロイドキャラクターのデザインコンテストも実施。「SEKAI NO OWARIボーカリストFukaseが、ボカロ化したら?」をテーマに、キャラクターイラストや立ち絵の募集を行っており、大賞受賞者は今後発売の「VOCALOID4 Library Fukase」のオフィシャルイラストレーターを務めることができる。  Fukaseのボーカロイド化に対し、ネット上では「sachikoさんもビックリしたけどコレはアツい…!」「あの声がボカロになるのかぁ…すごい!ピッタリ!」「Fukaseの声ってボカロっぽいかも…」など、多くの反響が巻き起こっている。

  • 実写映画『進撃の巨人』主題歌を担当するSEKAI NO OWARI

    セカオワ新曲、実写映画『進撃の巨人』主題歌に決定!全編英語詞で書き下ろし

    映画

     人気バンドSEKAI NO OWARIが、実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の主題歌を前篇・後編にわたり担当することが決定。すでに世界中から公開のオファーが殺到しているという映画によせ、全編英語詞で書き下ろすという新たなチャレンジに挑んだ。@@cutter SEKAI NO OWARIは、前篇の主題歌「ANTI‐HERO(アンタイヒーロー)」をアメリカにてゴリラズやカサビアンのプロデューサーであるDan the Automatorと、また後篇の主題歌「SOS」をロンドンにてシガー・ロスのプロデューサーであるKen Thomasとレコーディング。  それぞれの曲についてメンバーは、「楽曲のテーマは“悪役のラブソング”。大切な人を守るときに、躊躇したくない、世間の目なんか気にしたくない。という気持ちから書き始めました」(Fukase/「ANTI‐HERO」作詞担当)、「戦いがテーマであるこの映画を見て、『誰かを守ることは自分を守ることと同じなんだ』という歌詞を書きました」(Saori/「SOS」作詞担当)と曲に込めた思いを明かす。  また、主演の三浦春馬は「SEKAI NO OWARIさんのこれまでとはまた違った世界観を持った楽曲。『進撃の巨人』の内なるテーマが歌詞と、リズム・メロディーで絶妙に表現されていいて、聴けば聴くほど不思議な魅力に取り憑かれるような中毒性のある素敵な楽曲だと感じました」と絶賛した。  映画前篇『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は8月1日、後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』は9月19日公開。SEKAI NO OWARIニューシングル「ANTI‐HERO」は7月29日リリース。

  • セカオワ・Fukase&きゃりーぱみゅぱみゅ、髪色も同じ!?

    きゃりーぱみゅぱみゅ、セカオワ・Fukaseとレコ大共演に「嬉しい!」

    エンタメ

     TBS系列『第56回 輝く!日本レコード大賞』の記者会見が12日、同局で行われ、優秀作品賞のAAA、きゃりーぱみゅぱみゅ、SEKAI NO OWARI、AKB48、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)、最優秀歌唱賞のEXILE ATSUSHIなど、豪華な面々が登場した。@@cutter 交際を公言しているSEKAI NO OWARIのFukaseときゃりーは、共演する感想を聞かれ、きゃりーは「SEKAI NO OWARIさんの曲は大好きなので嬉しい」と告白し、Fukaseは「受賞した『炎と森のカーニバル』は彼女を題材にして書いた曲なので、不思議な感じがします」と語った。  また、意気込みを聞かれたSEKAI NO OWARIは、「今年はツアーや映画、ほかのアーティストさんとのコラボなど、色んなことに挑戦した一年だったなと思います。当日は明るく僕ららしいパフォーマンスができたらなと思います」とコメント。  『R.Y.U.S.E.I.』で優秀作品賞を受賞した三代目JSBのNAOTOは、「一年中ライブをさせていただいて、僕たちにとってターニングポイントだと言える素晴らしい一年を過ごしました。日本全国の皆さんがテレビの前で楽しみにしていると思いますので、一年の締めくくりに元気を与えられるようなパフォーマンスを目指して頑張ります」と意気込みを語った。  新人賞を受賞した西内は、「このような素敵な賞をいただけて光栄に思います。8月にデビューして、この4ヵ月間は人生の中でもっとも充実感のある濃い時間でした」と振り返り、「来年はまたここに立てるように精進していきたいと思っております」と抱負を語った。  また、話題賞を受賞した『妖怪ウォッチ』のOPを歌うキングクリームソーダは、ジバニャンと一緒に登場し、「特別賞受賞、とても嬉しくてワクワクしています。当日は『ゲラゲラポーのうた』で盛り上げたいと思います」と笑顔を見せた。  この日はほかに、新人賞の大原櫻子、SOLIDEMO、徳永ゆうき、作曲賞の鬼龍院翔、日本作曲家協会選奨の市川由紀乃も出席した。『第56回 輝く!日本レコード大賞』は12月30日18時30分から生放送。

  • HKT48、「第65回NHK紅白歌合戦」出場歌手 発表会見にて

    <紅白歌合戦>出場者発表! HKT48、V6に戦線布告「戦いに行く気持ちで臨む」

    エンタメ

     26日、年末最大のイベント「第65回NHK紅白歌合戦」の出場歌手がNHK放送センターにて発表され、注目の初出場者5組が会見に登場。赤組はHKT48、May J.の2組、白組はV6(森田剛が欠席)、SEKAI NO OWARI、クリス・ハートの3組が出席し、出場への喜びと意気込みを語った。初出場ながら薬師丸ひろ子はこの日欠席。また、企画コーナーで登場するアーティストとして、『妖怪ウォッチ』とのコラボで注目のキング・クリームソーダとダンスユニット・Dream5(ドリーム5)も合わせて登場した。@@cutter デビュー20周年の節目で初出場となるV6。井ノ原快彦は「あまり深く話はしていないけど、今回の話を聞いたときに『そんな有難いことってないよな』と。ちょっとまだ実感がないけど、特別なものだという意識はあります」と出演の気持ちを明かす。また岡田准一は「良い時も悪い時もこの6人で乗り越えてきた。その絆を見せ、『良い歳の取り方をしたな』といってもらえるように頑張りたい」と意気込みを語った。  HKT48が出場することで、今年AKB48の全4グループが出演することが決定。劇場支配人の指原莉乃は同会場には欠席となったが、中継で「私たちもアーティストの一員として、皆さんと一緒に、少しでも紅白を盛り上げられたらと思っています」と喜びを口にし「私たちのライバルは、V6さんです!」と、大胆に宣戦布告。続いて穴井千尋が、メンバーを代表し「私たちも同じ気持ちで、戦いに行く気持ちで臨みたいと思います!」と、強気な姿勢を見せていた。  またMay J.は「とても光栄。全力で歌わせていただきたい」と真摯なコメント。DJ LOVEのピエロのマスクが印象的なSEKAI NO OWARIも喜びを語ったが「いくら紅白ということで無茶ぶりがあっても、このマスクは取らないですね」とキッパリ断言。去年は松田聖子とデュオで出演、今年初の単独出演となるクリス・ハートは「今日、母がちょうど誕生日なんです。帰ったら伝えます」と、うれしそうな笑顔を見せた。薬師丸からは「感謝の気持ちを込めて歌います。皆様に届きますように」というメッセージが届いた。 <「第65回NHK紅白歌合戦」出場歌手者一覧> (括弧内は出場回数) 【紅組】 絢香 (7) E‐girls (2) いきものがかり (7) 石川さゆり (37) HKT48 (初) AKB48 (7) SKE48 (3) NMB48 (2) 神田沙也加 (2) きゃりーぱみゅぱみゅ (3) 香西かおり (18) 伍代夏子 (21) 坂本冬美 (26) 椎名林檎 (2) 天童よしみ (19) 中島みゆき (2) 西野カナ (5) Perfume (7) 藤あや子 (20) 松田聖子 (18) 水樹奈々 (6) 水森かおり (12) miwa (2) May J. (初) ももいろクローバーZ (3) 薬師丸ひろ子 (初) 和田アキ子 (38) 【白組】 嵐 (6) 五木ひろし (44) EXILE (10) 関ジャニ∞ (3) クリス・ハート (2) 郷ひろみ (27) ゴールデンボンバー (3) 三代目 J Soul Brothers (3) SMAP (22) SEKAI NO OWARI (初) Sexy Zone (2) T.M.Revolution (5) TOKIO (21) 徳永英明 (9) AAA (5) 長渕剛 (4) 氷川きよし (15) V6 (初) 福田こうへい (2) 福山雅治 (7) 細川たかし (38) ポルノグラフティ (13) 美輪明宏 (3) 森進一 (47)  「第65回NHK紅白歌合戦」は12月31日19時15分から23時45分、NHK総合・ラジオ第1で放送。

  • 能年玲奈のオタクっぷりが萌える!?『海月姫』第2弾ビジュアルと予告編解禁!

    能年玲奈のオタク過ぎる姿公開!?『海月姫』セカオワ主題歌挿入の予告解禁

    映画

     能年玲奈が主演を務める大人気コミックの実写映画化作品『海月姫』の第2弾ポスタービジュアルと予告編が解禁。さらに、SEKAI NO OWARIが書き下ろした主題歌も初公開された。@@cutter これまでにも菅田将暉の女装姿や能年が白目を剥く特報映像で話題となった本作。今回公開されたポスタービジュアルでは能年が口を歪ませ、眉間にしわを寄せた変顔を披露している。さらに、池脇千鶴の鉄道オタク、太田莉菜の三国志オタク、馬場園梓の和物オタク、篠原ともえの枯れ専というオタクたちの姿も笑いを誘う。  ポスタービジュアルと同じく解禁された予告編では、女装男子に魔法をかけられたオタクの能年と童貞エリートの長谷川博己が出会う姿や、オタクたちの住まいであり、心のよりどころでもある「天水館」が奪われる危機が勃発する様子が納められている。  さらに、この予告編では、SEKAI NO OWARIが本作のために書き下ろした主題歌「マーメイドラプソディー」も初公開。ポップでキュートな映画の世界観にマッチした明るいのメロディに、強いメッセージ性のある曲が映画をさらに盛り上げている。  本作は「Kiss」(講談社)で大人気連載中の、東村アキコによる同名マンガの実写化作品。原作は、2008年に連載開始されて以降、現在までに累計発行部数300万部を突破。第34回講談社漫画賞少女部門を受賞した、ベストセラーコミックを、『ひみつのアッコちゃん』『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の川村泰祐監督が笑いと涙のシンデレラ・エンタテインメントに仕上げている。  映画『海月姫』は12月27日より全国公開。

  • セカオワが待望のスクリーンデビュー!

    セカオワの映画公開決定 リアルとファンタジーが混在するドキュメンタリー

    映画

     明日12日から全国20万人を動員するアリーナツアー「炎と森のカーニバル」が始まる「SEKAI NO OWARI」が、『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』で待望のスクリーンデビューすることがわかった。@@cutter タイトルの「TOKYO FANTASY」とは、セカオワが進化する中で辿り着いた狂気と幻想とリアリティと、日本という自分達のアイデンティティの源泉と世界へ向けた挑戦への強い意志を言葉にしたもの。ライブや楽曲制作でも常に根底にある「TOKYO FANTASY」を今回は映像化させようとする試み。  監督に起用されたのは、フランス人監督ラファエル・フリードマン。世界を股にかける注目のクリエイターで、昨年フランス公演を果たし本格的な世界進出を始めたセカオワの「海外からの視点で自分たちを捉えて欲しい」という希望と、日本のカルチャーを牽引する彼らに興味を持った監督とが意気投合したことから決まった。  作品は、ファンタジックな内容やプライベートシーン、全国アリーナツアーのリハーサルを含めたドキュメンタリー、さらにはアニメーションと様々な演出を加えた映画になる予定。フリードマン監督は「SEKAI NO OWARIというバンドと彼らの音楽を様々なスタイルの映像を織り交ぜながら表現し、まるで夢を見ているようなファンタジーと現実が行き交う世界を描いた作品です。ヨーロッパ人である私から見た、SEKAI NO OWARIの物語を映画に出来たらよいと思っています」と語っている。  セカオワのメンバーも初の試みを楽しんでいる様子。ボーカルのFukaseは「ラファエル監督は日本語が喋れないので、英語で演技指導という非常にハードルの高い事に挑戦しています」とコメント寄せ、監督のチャレンジ精神を称賛する。Nakajinも「フランス人と一緒に作る作品、楽しみにしていて下さい」と期待感をあおった。  『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』は8月15日より全国公開。

  • 主題歌を担当する新世代バンド「SEKAI NO OWARI」

    セカオワ、リアル脱出ゲーム映画版で主題歌 ナゾトキネマのために書き下ろし

    映画

     リアル脱出ゲームを映画化した、川口春奈主演のナゾトキネマ『マダム・マーマレードの異常な謎』の主題歌が、超人気バンドSEKAI NO OWARIが書き下ろした「Death Disco(デス・ディスコ)」(リリース未定)に決定した。@@cutter SEKAI NO OWARIは、今日本全土を熱狂させ、日本音楽シーンの次世代を担う大人気バンド。今回、実写映画では初の主題歌となり、さらに謎を出題する<出題編>、謎が解き明かされる<解答編>の2作品を担当することになった。  SEKAI NO OWARIメンバーのFukaseは、「(リアル脱出ゲームを企画してきた会社)SCRAPとは違う、僕らしか出せないクイズは何だろうと思い制作しました。こんな題材をテーマにクイズを出すのかと驚く方も多いと思いますが、『コレ』が僕達の思い付いた『難問』でした。デモをあげた時、メンバーのSaoriちゃんにボコボコにダメ出しされた曲ですが、ボコボコにし返して完成させて良かったです」と、楽曲に対する思いや制作時のエピソードを語った。  主演を務める川口は、「SEKAI NO OWARIさんは元々好きでアルバムも聴いていたのでとても光栄です! 謎解きの映画なので、この曲も謎めく不思議な世界観を感じられてピッタリだと思いました。聴いていてドキドキするので、相乗効果で映画を楽しんでいただければなと思います」と、楽曲に大満足の様子。  本作にインスパイアされて書き下ろされた、SEKAI NO OWARIの楽曲と、業界初となる参加型ムービーのコラボレーションに期待してほしい。  ナゾトキネマ『マダム・マーマレードの異常な謎』<出題編>は10月25日、<解答編>は11月22日より公開。

  • 映画「クレヨンしんちゃん」の主題歌を担当するSEKAI NO OWARI

    SEKAI NO OWARI、「映画クレヨンしんちゃん」主題歌に決定!

    アニメ・コミック

     4月20日(土)から全国公開される「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」の主題歌に、SEKAI NO OWARIの新曲「RPG」が決定した。@@cutter SEKAI NO OWARIは、2010年に、突如音楽シーンに現れた4人組バンド。同年4月ファーストアルバム「EARTH」をリリース後、2011年8月にTOY’S FACTORYよりメジャーデビュー。メジャーファーストアルバム「ENTERTAINMENT」は、第54回 レコード大賞優秀アルバムを受賞した。約10ヵ月振りとなる新曲「RPG」は、映画のテーマと共通の「仲間」と「冒険」がテーマとなる。  SEKAI NO OWARIは、今回の主題歌起用について「しんちゃんは私たちの良き友達であり、ヒミツの悪い友達でもありました。今回は主題歌のお話を頂いて、今でも彼らの友達でいられたということを、心から嬉しく思っております」とコメント。また「幼馴染みの私たちは、しんちゃんがネネちゃんや風間君やマサオ君やボーちゃんと出会った頃とほとんど同い年くらいで出会いました」と明かし、「歌詞の中にある“-空は青く澄み渡り海を目指して歩く 怖いものなんてない僕らはもう一人じゃない-”という言葉は、仲間と共に戦えるというのはこんなにも心強く、時にこんなにも寂しい思いをするのかと思いながら書きました」と歌に込めた想いを語る。  「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」は、映画「クレヨンしんちゃん」シリーズ21作目。今度のしんちゃんは日本のB級グルメを守る“伝説のソース”を運ぶことを任された、しんのすけたちカスカベ防衛隊が大活躍。A級グルメの魔の手からB級グルメを救える唯一のソースを、しんのすけたちは無事に届けることができるのか…。  「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」は、4月20日(土)より全国公開

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access