藤田陽一 関連記事

  • 劇場版『えいがのおそ松さん』初日舞台挨拶にて

    Dream Ami『おそ松さん』では「カラ松が好き」 その理由は…

    アニメ・コミック

     声優の櫻井孝宏、Dream Ami(主題歌担当)、松原秀(脚本)、藤田陽一監督、6つ子着ぐるみ(18歳)、鷲崎健(MC)が、15日に都内で開催された劇場版『えいがのおそ松さん』初日舞台挨拶に出席した。櫻井は「やっぱり絵の力はすごい」と本作におけるアニメーションを称賛し、Amiは誰松推しなのか聞かれると「カラ松が好きです」と笑顔を見せた。@@cutter おそ松(櫻井)たちが、ある真実を確かめるため、18歳の自分たちに会いに行く姿を描く本作。主題歌「Good Goodbye」を書き下ろしたAmiは「映画を見てくださった方が、曲を聞きながら、これってあのシーンのことかな?とか、回想しながら聞いてもらえるような楽曲にしたいなっていうのは、私の中では一番強かったので、そういうところを意識して歌詞も書きました」とコメント。6つ子で誰松推しなのかと聞かれると「私はカラ松が好きです」と笑顔を見せ、理由を問われると「なんかかわいそうじゃないですか」と明かして会場を沸かせた。  一方の櫻井は収録を、「やり始めたらなかなかのボリュームだし、テクニカル的なことを含めると、何回か繰り返さなきゃいけないシーンなんかもあったりして。一日では無理だ。二日くらい、三日くらい要るかなっていう収録になった」と述懐。「その日の収録の終わりくらいになると、皆疲れてきちゃって。スタジオの外に出て『始めるよ』って言っても、戻って来ない。ぐずり始めて。もう無理だよみたいな(笑)」とも明かし「キャラクターたちと当人たちがリンクするようなところがあって、僕は面白かった」と白い歯を見せた。  櫻井は、本作におけるアニメーションの力強さにも言及。「完成されたときに、あれ? こんなシーンだっけ?とか思う瞬間があって。そういうのは、やっぱり絵の力はすごいなとか。(台本の)理解が間違っていたわけじゃなくて」と話していた。当日は、6つ子が敷いたレッドカーペットに、サプライズゲストとして叶美香が登場する一幕もあった。

  • 『おそ松さん』藤田陽一監督は何者か

    『おそ松さん』『銀魂』…世間を賑わす人気アニメ生みの親、藤田陽一監督とは?

    アニメ・コミック

     秋アニメで大いに世間を騒がせているのが、『おそ松さん』だ。第1話からパロディ満載のぶっ飛んだ内容で突っ走り、第3話では修正騒動を巻き起こすなど、いろいろな意味で目の離せない展開になっている。藤田陽一監督作品とあってアニメファンとしては、「またやっちまったな」とニヤリとしてしまう人も多いはず。そんな藤田監督とは何者なのか!?@@cutter 『おそ松さん』第1話を振り返ってみると、昭和顔の兄弟たちが登場し、「大丈夫かな、僕たち昭和のアニメだよ。いまさら人気でるかな」と不安を訴えるところから物語がスタート。「いい作戦がある」と話し合い、『うたの☆プリンスさま♪』『ラブライブ!』などなど数々の人気アニメのパロディを炸裂させた。  アニメ界への自虐的ギャグともいえる展開には視聴者も騒然。予想を超えたハチャメチャな内容にワクワクとさせられたもの。しかしこの度、第1話が製作委員会の判断によりブルーレイ&DVDに未収録となることが決定。「パロディをやり過ぎたのか?」と話題となった。本作が世間を騒がせたのはそれだけではない。  第3話では、『それいけ!アンパンマン』をパロディ化した「ほれいけDEKAPAN‐MAN」が出現。ヒーローに扮したデカパンマンが、パンツから茶色いかりんとうを差し出すといった内容だったが、BS放送時には修正対応を入れるなどひと騒動に発展。テレビ東京の高橋雄一社長が「オリジナルへの失礼な行為だった」と説明した。@@separator パロディや下ネタがヒートアップしている本作。指揮をとっているのは、大人気アニメシリーズ『銀魂』の世界観を作り上げた藤田陽一監督だ。そして『銀魂』こそ、アニメオリジナルの要素として、時事ネタやパロディ、ギャグをふんだんに入れ込み、ファンの心を鷲掴みにしたシリーズだ。『ワンピース』や宮崎駿アニメなど国民的アニメだけでなく政治家もいじるなど、きわどいところを攻め続けて伝説となっている衝撃回も多数ある。  藤田陽一が監修を務め、2015年4月に再開したアニメシリーズも「これぞ『銀魂』!」と爆笑とともに迎えられた。『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が大ヒットした後の放送となり、冒頭では主人公の銀時が謝罪会見を開催。フラッシュを浴びる中、「完結しなくてすみませんでした!」とある人を想起させる不審な挙動を交えながら謝罪したのだ。映画界やテレビ界にありがちな「やめるやめる詐欺」への強烈な自虐を、開き直りぎみにお見舞いするとは!さすがである。  『おそ松さん』しかり、どこまでのパロディ&下ネタがOK?どこまでが怒られない範囲なの?という話題を投げかけてくれているのが藤田監督といえそうだ。そんな藤田監督が2016年に放つのが、Eテレで放送される『クラシカロイド』。『銀魂』と同じくサンライズが制作を担い、「ベートーベンやモーツァルトなど歴史を彩る大作曲家たちが、もしも突然、現代に現れたら」という設定で毎日の騒動を描くオリジナルアニメだ。一体、藤田監督がEテレを舞台にどんな話題を投げかけてくれるのか。今から楽しみで仕方がない。

  • Eテレ新アニメ『クラシカロイド』制作決定

    ベートーヴェンやモーツァルトが現代に?『銀魂』藤田陽一監督、新作アニメ制作決定

    アニメ・コミック

     「歴史を彩る大作曲家たちが、もしも突然、現代に現れたら」という設定で毎日の騒動を描く、オリジナルアニメ『クラシカロイド』の制作が決定した。アニメーション制作は、『機動戦士ガンダム』シリーズなどを手掛けるサンライズが担当し、2016年にEテレで放送される。@@cutter 本作は、バトルあり、音楽あり、ドタバタあり、ほっこり人情話ありと、盛りだくさんのオリジナルアニメ。  音楽で町おこしをする地方都市に住む高校生歌苗と奏助の前に、ベートーヴェンとモーツァルトが現れた。“クラシカロイド”と名乗る、この怪しい2人が奏でる音楽“ムジーク”には奇妙な力があり、星が降ったり、巨大ロボが現れたりする。さらに、バッハ、ショパン、シューベルトと次々とクラシカロイドが現れ、毎日が大騒ぎ。クラシカロイドは、果たして人類の敵なのか、味方なのか、それとも…。  監督は、『銀魂』の監督を務めた藤田陽一。キャラクター原案は、数多くの人気ゲームでキャラクターデザインを手掛ける土林誠が務める。さらに、日本のトップミュージシャンたちがクラシックの名曲をポップスやロック、テクノなどにアレンジした楽曲が劇中に登場し、目にも耳にも楽しい、新感覚のアニメを造り上げる。  アニメ『クラシカロイド』は2016年にEテレで放送。

  • 気合十分で挑んだ『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』初日舞台挨拶

    杉田智和「『銀魂』は消滅するわけじゃない」、気合十分の『劇場版銀魂』初日挨拶

    アニメ・コミック

     6日、都内にて『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』の初日舞台挨拶が都内にて行われ、杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、藤田陽一監督、ゴリラ(空知英秋先生着ぐるみ)が登壇した。@@cutter 本作は、単行本4400万部を超える、「週刊少年ジャンプ」(集英社)の看板コミック『銀魂』の劇場版第2弾。「完結篇」と銘打たれ、満を持して原作者・空知英秋が自らストーリーとキャラクター原案を担当。完結の名に相応しい、過去、現在、未来を巡る壮大な大団円(フィナーレ)となる。  「“出没!アド街ック天国”!」と冒頭の挨拶からボケをかました杉田。会場を見渡し「パッと出てき思ったのですが、お客さんの年齢の幅が広いなと。もっと子供が多いのか思っていたら、みなさん結構大人…」と冷静にコメント。  「無事に初日を迎えることができてよかった」と語る阪口。「ホントにね…サギが多い番組なので、わからないじゃないですか!」と今日という日を迎え胸をなで下ろしたようだ。  釘宮は杉田の格好を見て“初日”ということを実感したよう。「杉田くんが今日は真っ黒ずくめじゃないので気合入っているのかなと(笑)」と話し笑みを浮かべる。(※杉田は上下黒ファッションで『銀魂』イベントに出演することが多い)  「どうでしたかね?」と観客に映画の感想を求めたのは藤田監督。会場から大きな拍手が返ってくるものの「まだ不安で…」と吐露。だが、「完結篇」と銘打った本作については「やり残しのないように、これ以上の『銀魂』は作れないように出し尽くした感じ」と気持ちとは裏腹に自信を覗かせた。  本編の感想をそれぞれに尋ねると「想像をはるかに凌駕してた」と話す杉田。「演者の想像を超えるものが仕上がってくるというのはなかなかない」と絶賛。阪口は「涙腺にきましたね。年取ったなと思いました」と語る。「良いもん観たな」と満面の笑み。釘宮は「ひとつひとつのエピソードやキャラクターのセリフ、アクションとかがすごくストレートに伝わってきて、映画館で観るものだなと素直に思いましたし、『銀魂』をやってきてよかったなとすごく思いました」としみじみと振り返る。  完結篇と言われている本作について、「これで終わりなんですかね?(笑)。そのあたりまだわからないんですけど…みなさんのお力があれば…」(阪口)、「まだまだ未練が残る気持ち」(釘宮)と名残惜しい気持ちを口にする阪口と釘宮。    杉田は「『銀魂』が消滅するわけではないので、今後とも自分の中の楽しいという気持ちと好きだという想い、銀色の魂と言いますか、みなさん何かしら持っているものなので、その大きさや色や形には差はありますけど、無くならないと思います。永久に不潔だとか破滅とか言ってますが、確かに無くならないものはあります。今後とも『銀魂』をよろしくお願いします」と杉田らしい言葉で締めくくった。  『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』は絶賛上映中

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access