登坂広臣 関連記事

  • 劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』主題歌を歌う登坂広臣

    『名探偵コナン 紺青の拳』主題歌は登坂広臣ソロ 楽曲入り予告公開

    アニメ・コミック

     劇場版「名探偵コナン」シリーズ最新作『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』の主題歌が、三代目J SOUL BROTHERSのボーカル・登坂広臣の『BLUE SAPPHIRE』に決まった。今回は“HIROOMI TOSAKA(登坂広臣/三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)”名義でのソロプロジェクトで、映画主題歌を担当するのは初めて。併せて同曲入りの予告編も公開された。@@cutter 本作は、青山剛昌による原作コミックスの全世界累計発行部数が2億3000万部を突破した大ヒット作の劇場版第23弾。劇場版初となる海外・シンガポールを舞台に、19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」を巡り、コナンと、彼の宿命のライバル・怪盗キッド、さらに劇場版初登場となる400戦無敗の“最強の空手家”京極真が三つどもえのバトルを繰り広げる。  登坂が歌う主題歌は、『BLUE SAPPHIRE』のタイトルからも分かる通り、歌詞に映画のキーとなる世界最大の宝石「ブルーサファイア」や「謎」「秘密」「真実」といった言葉が頻繁に登場。登坂自身も「今作の『紺青の拳』のストーリーの世界観、各登場人物の内に秘めた想いなどをテーマに楽曲を制作しましたので、観ている人達の心に疾走感を与えられたらと思っています」と語るなど、映画の世界感や登場人物に深く寄り添った楽曲に仕上がっている。  その主題歌を使用した最新の予告では、シンガポールに眠る伝説の秘宝「ブルーサファイア」を狙う怪盗キッドの前に立ちはだかる京極真、その2人の対決を遮るようにサッカーボールが放たれ、海外を舞台に繰り広げられるコナン・怪盗キッド・京極真の三つどもえバトルはさらに加速。さらにシンガポールの象徴“マリーナベイ・サンズ”を襲う大爆発に、迫りくる超巨大タンカー、水中で息が途絶える怪盗キッドと…全く先が読めない緊迫感とスペクタルなアクションシーンを満載した映像となっている。  劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』は4月12日より全国公開。

  • 『雪の華』W主演の登坂広臣と中条あやみ

    『雪の華』登坂広臣×中条あやみ、2人とも「絶対に末っ子体質!」 撮影を経て実感

    映画

     「なんだか同じ匂いを感じます」と互いの印象を話す登坂広臣と中条あやみ。中島美嘉の名曲を映画化したラブストーリー『雪の華』では、余命宣告を受けたヒロイン・美雪と、100万円と引き換えに1ヵ月だけ美雪と恋人契約を交わす青年・悠輔を演じ、観る者の胸を締め付ける。真っ直ぐに演じた切ない恋愛劇を、終始笑顔で振り返る息ぴったりの2人を直撃した。@@cutter@@insert1  早くに両親を亡くし、妹弟の面倒を見ている悠輔と、一人っ子の美雪を演じる登坂と中条だが、実際には共に姉を持つ2人兄弟。中条は「同じ匂いを感じます。2人とも絶対に末っ子体質!」と撮影を経ての実感を明かす。  登坂も「そうだね、僕もそう思う」とうなずき、「僕はなぜかよく『絶対にお姉ちゃんがいるでしょう』と言われるんです。女性に対する接し方を早くして覚えているらしくて(笑)。悠輔は、美雪がメガネをコンタクトにしてもすぐ言いませんけど、僕はわりとすぐに気づいて言いますし、髪を切っていたら、切ったねって言います」と続ける。「分かります! 登坂さんは荒っぽくないんです」と笑い合う。 @@insert2  さらに中条が「登坂さんは、ちょっとイカつい見た目をしているけれど、実は悠輔と同じピュアボーイなんじゃないかと思うんですよね(笑)。純粋すぎて不器用そう…」と切り込むと、登坂は「バレた?」と照れ笑い。そして「あやみちゃんは本当に愛らしい人懐っこい方で、会う前はクールなイメージがあったんですけど、実際はチャキチャキした女の子でした」と中条の印象を語った。  本作は、夏と冬の2回行われたフィンランドでの撮影も見どころとなっている。中でも夏のロケで撮影された「ふいに手をつないでしまうシーン」が、登坂と中条のお気に入りだという。@@separator 「疑似恋愛で異国の地まで行って、どこか気持ちも通いつつある曖昧な関係な2人なんですけど、余命もあって素直に気持ちを伝えてくる美雪に対し、それを知らない悠輔は『期間限定の恋人契約だから』と素直に乗っかっていけない。そのドギマギしている感じを思い出します」とはにかむ登坂。中条も「ちょっと日が沈みかけたフィンランドの街を、手をつないで恥ずかしがりながら歩く…好きなシーンですね。景色もすごくキレイで」と重ねる。 @@insert3  その上で中条が、「デートを終えた2人が、ホテルの互いの部屋の前で手を放して、寂しそうに自分の部屋に戻っていく場面も好き。現場では、橋本(光二郎)監督が思わず『もう付き合っちゃえよ!』って叫んでいました(笑)」と明かすと、登坂も「確かにそんなに別れ惜しいんだったら、もう付き合っちゃえよって思うよね」と笑顔でテンポよく応じる。  もどかしい関係の美雪と悠輔だが、その始まりは、ひったくりに遭った美雪を悠輔が助けたこと。そのとき悠輔に掛けられた「声出してけよ、声!」というひと言が、美雪を動かしたのだ。 @@insert4  普段は「変に『やらなきゃ!』『うお~っ!』と気合を入れるより、『いつも通りに』と思うほうがフラットになれて、自然と自分の尻を叩ける気がします」というスタンスの登坂と、それにうなずく中条。だが、美雪を演じ終えた中条は「美雪は悠輔の言葉に救われた。そのときの美雪を思うと泣きそうになります」と語る。  登坂も「響く言葉ですよね。悠輔も美雪に言いながら、自分自身に対しても言っているのかなと感じました」と感慨深げ。中条は「日常でもついつい伝え忘れてしまってなかなか言えないことってたくさんあると思うんですけど、ちゃんと声に出して伝えていかなきゃいけないですし、そう気付かされる作品だったなと思います」としみじみと続けていた。(取材・文・写真:望月ふみ)  映画『雪の華』は2月1日より全国公開。

  • 映画『雪の華』ジャパンプレミアにて

    『雪の華』登坂広臣&中条あやみ、海外での“モイモイ”交流を告白 中島美嘉もサプライズ登場

    映画

     三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの登坂広臣と女優の中条あやみが、24日に都内で開催された映画『雪の華』ジャパンプレミアに出席。登坂はフィンランドで撮影が行われた本作について、スタッフへ感謝を示しながら「本当に熱い作品になったと思います」と語った。@@cutter ガラス工芸家を目指す、ぶっきらぼうだが実は優しい青年・悠輔(登坂)と、余命1年を宣告され、悠輔に100万円で1ヵ月限定の恋を持ちかける美雪(中条)が織りなす恋模様を描く本作。ジャパンプレミアには、共演者の高岡早紀、浜野謙太、田辺誠一、そしてメガホンを取った橋本光二郎監督も出席した。  中条は初めて訪れたというフィンランドでの撮影を「スタッフの方にも、フィンランド人の方がいて。朝、現場に入ると、『おはよう』の代わりに『モイモイ』って言ったりとか」と回想し「お互い(言葉を)覚え合って、挨拶を交わしたりするのが、すごく楽しかったです」とニッコリ。  これを聞いた登坂も「会えばみんな『モイモイ』と言ってくるので、『モイモイ』って言って返して」と懐かしそうに振り返り「(現地のスタッフとの)距離感も近かったですし、本当に皆さん、この作品をいい作品にしようとして、全力で取り組んでくれていたので、本当に熱い作品になったと思います」白い歯を見せた。  当日は、一同が撮影中の思い出をイラストにして発表する一幕も。中条は劇中で悠輔が工房で作るガラス球を、登坂はフィンランドのサンタ村を訪れる中条との様子をかわいらしく描いた。一方、その独特なタッチから“画伯”と称される田辺は「オーロラ」の絵を見せ、登坂は「字、書くのずるくないですか?(笑)」とツッコミを入れていた。また、この日は映画が生まれるきっかけとなった主題歌『雪の華』で知られる歌手・中島美嘉がサプライズで登壇。「一番最後に、これはすごい!っていう台詞が私の中であって。そこでウルっとして帰りました」と映画の感想を語った中島は『雪の華』を熱唱して会場を感動に包み込んでいた。  映画『雪の華』は2月1日より公開。

  • 映画『雪の華』場面写真

    『雪の華』劇中カット初公開 音楽は葉加瀬太郎が全編担当

    映画

     ヴァイオリン奏者の葉加瀬太郎が、中島美嘉のヒット曲を映画化した『雪の華』の劇中音楽を手がけることが発表された。葉加瀬にとって、映画全編の音楽を担当するのは今回が初となる。また、併せて劇中カットが初公開された。@@cutter 本作は、三代目 J Soul Brothersの登坂広臣と中条あやみが共演するラブストーリー。登坂は、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔を、中条は幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらもフィンランドに行って赤いオーロラを見ることを夢見る平井美雪を演じる。メガホンを取るのは映画『orange‐オレンジ‐』『羊と鋼の森』の橋本光二郎監督。脚本を『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『ひよっこ』の岡田惠和が手がける。  音楽を手掛けた葉加瀬は、同名の楽曲が映画のモチーフになっていることについて、「『雪の華』のメロディを何とか僕のヴァイオリンで表現したいと考え、オープニングとエンンディングにもってくることにしました」とコメント。  今回、初めて全編を通して映画音楽を手掛けることについて、「同じ曲が調を変えテンポを変えて、何度も出てくることによってどんどん心に積まれていき、最後にクライマックスを迎えるというのが僕の好きな映画音楽です。作品全体を通して、徐々に心に染みていくのが理想ですね。それは、すべての音を手掛けるからこそ初めて出来ることで、とても楽しい作業でした」と、喜びを語っている。  併せて初公開された劇中カットでは、悠輔が笑顔でクリスマスツリーを運ぶ姿、美雪が満開の桜の枝を掴もうと手を伸ばす姿、フィンランドの雪景色の中で見つめ合う2人の姿が収められており、フィンランドと東京で織りなす2人のラブストーリーの一端を見ることができるものとなっている。  映画『雪の華』は2019年2月1日より全国公開。

  • 『雪の華』第1弾ビジュアル

    登坂広臣×中条あやみ『雪の華』、あの名曲が流れる特報公開

    映画

     三代目J Soul Brothersの登坂広臣と女優でモデルの中条あやみが共演する映画『雪の華』の公開日が2019年2月1日に決定し、第1弾ビジュアルと特報映像が解禁となった。中島美嘉の歌う『雪の華』が流れる特報映像には、登坂と中条が東京とフィンランドを舞台に織りなす期間限定の恋模様が収められている。@@cutter 本作のヒロインは、余命を宣告された美雪(中条)。彼女は両親が出会った約束の地・フィンランドでオーロラを見ることと、人生で初めての恋をすることを願っていた。ある日、ひったくりにあった美雪は、ガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂)に助けられる。悠輔が男手一つで兄弟を育てており、働く店が危機に陥っていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヵ月、私の恋人になってください」と、期間限定の恋人になることを持ちかける。  解禁となったビジュアルでは、本編の半分が撮影されたフィンランドの美しい雪景色の中で、さまざまな思いを胸に切ない表情を浮かべる悠輔と美雪の姿が対になり、壮大なラブストーリーの幕開けを予感させるデザインとなっている。  特報映像は、余命宣告を受けた美雪が、差し迫った声で「1ヵ月…1ヵ月でいいので、私の恋人になってください」と悠輔に切願する“2人のはじまり”、そして「余命1年、私の夢――恋がしたい。」という、胸を締め付けるような美雪の思いを映し出す。  また、ハンバーガーを食べる悠輔とそれを楽しそうに見守る美雪、帰りに最後まで美雪を見送る悠輔、フィンランドで初めて手をつなぐ二人…といったデートシーンも。一見そっけない態度とは裏腹に優しさを見せる悠輔に、期間限定と知りつつ惹かれていく美雪と、美雪の明るさや純粋な想いにどんどん心が溶かされていく悠輔。ぎこちなくも初々しい想いを互いに募らせていく二人の姿に、中島の透んだ歌声と歌詞が重なる映像となっている。  映画『雪の華』は、2019年2月1日より全国公開。

  • (左から)映画『雪の華』に出演する登坂広臣、中条あやみ

    中島美嘉のラブソング『雪の華』、登坂広臣&中条あやみ主演で映画化

    映画

     歌手・中島美嘉の冬のラブソングの定番『雪の華』が、登坂広臣と中条あやみ主演で映画化されることが発表された。登坂は「僕自身が普段アーティストとして活動しているからこそ、中島美嘉さんの楽曲『雪の華』をモチーフとした作品に携われることを光栄に思います」とコメントを寄せている。@@cutter 登坂が演じるのは、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔。中条は幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドに行くことを夢見る平井美雪に扮する。また、美雪の母親・平井礼子役で高岡早紀、悠輔らを見守る先輩・岩永役で浜野謙太、美雪の担当医師・若村役で田辺誠一も出演。監督は『orange‐オレンジ‐』や『羊と鋼の森』で知られる橋本光二郎。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』などの岡田惠和が担当する。  解禁になった20秒の超特報映像は『雪の華』のイントロに乗せて「神様、どうか一度だけ、私に恋をください。」という美雪の願い、そしてフィンランドと東京それぞれの美しい景色、さらには雪の中で切なげに見つめ合う悠輔と美雪の姿を映し出す。登坂はフィンランドでの長期ロケを敢行した本作での撮影を「同じアーティストとして楽曲に対して感じたことを、自分なりに落とし込みながら、作品の世界観や悠輔という役と向き合ってきました」と回想している。  一方の中条は「美雪を演じていて、人は誰かを一生懸命愛し、愛される為に生まれてきたんだなと感じました。そんな美雪の姿に私自身も、勇気付けてもらったように、1人でも多くの方に美雪のパワーが届きますように」と願いを込める。  また、中島も「私がこの曲をはじめて歌ったのは丁度15年前で、映画になると知ったときはビックリしましたが、良い曲というのは時代を超えるんだなということを今、あらためて感じています」とコメント。さらに「登坂さんと中条さんが演じることで『雪の華』という曲自体にも新しい見え方が生まれると思いますし、本当にこの曲を歌わせてもらって良かったと改めて感じています」と作品の出来に期待を寄せている。  映画『雪の華』は2019年2月に全国公開。

  • 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂広臣

    三代目JSB・今市隆二&登坂広臣、初の単独アリーナツアー開催決定

    エンタメ

     三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのボーカルを務める今市隆二と登坂広臣が、初の単独ソロツアーを開催することが発表された。本ツアーは全国のアリーナで8月から開催され、今市・登坂ともに20万人動員規模のツアーとなる見込み。日程や会場の詳細は追って発表されるという。@@cutter 今市は2018年に入ってソロ活動を本格始動。1月から4ヵ月連続で配信限定デジタルシングルをリリースするなど精力的に活動している。登坂も世界的に活躍するプロデューサー・Afrojackによる楽曲プロデュースのもと、2017年にソロ活動を始動させた。6月に発売される三代目J Soul Brothersのニューアルバム『FUTURE』には、今市と登坂にとって自身初となるソロアルバムが収録されることも決定している。  昨年に開催された三代目 J Soul Brothersのドームツアーは188万人を動員するなど、グループとして数々の記録を更新。同時に、近年では個人の活動にも力が注がれており、パフォーマーのELLYは7月にラッパー名義のCRAZYBOYとして初のソロホールツアーを開催。同じくパフォーマーの山下健二郎は、役者活動のほかにも、情報番組のMC就任やラジオパーソナリティなど、多岐にわたって才能を発揮している。  さらに、EXILEを兼任するNAOTO、小林直己、岩田剛典は、2018年に入り再始動を果たしたEXILEとして、3年ぶりとなるドームツアーを今秋に控えており、スキルアップした活動が期待されている。

  • フィンランドで2回の長期ロケを敢行!登坂広臣&中条あやみのラブストーリー始動

    三代目・登坂広臣&中条あやみ、恋愛映画で主演 フィンランドで大型海外ロケ

    映画

     三代目J Soul Brothersの登坂広臣と女優の中条あやみが、2019年公開の映画に主演することが分かった。本作はフィンランドで長期ロケが行われるラブストーリーで、タイトルやストーリー、その他のキャストについては未解禁となっている。@@cutter 現時点では多くの部分がベールに包まれている本作。邦画ラブストーリー史上まれにみる大型海外ロケとなるフィンランドでの撮影は、長期かつ冬・夏の2回に分けて実施、実に本編の約半分を担うことになるという。  2月上旬のクランクインから約1ヵ月のロケを終えた登坂は「本当に寒い中での撮影でしたが、キレイな街並みと雄大な自然に力をもらいながら、中条さんやスタッフの皆さんと共に日々の撮影に臨みました。ストーリーや役柄については改めてお伝えしますが、演じている僕自身もどんな作品になるのか今から楽しみにしています。すべての撮影が終わり次第追って続報もご報告できるかと思いますので、ぜひ続報にも期待していてくださればと思います」とコメント。  中条も「今の私が役を介して感じた気持ちを素直に表現したいです。フィンランドの雪も溶けてしまうほどの熱い心を持ってこの作品をつくっていきたいです」とし、「映画のタイトルについてはみなさんに知ってほしくてうずうずしていますが、またご報告しますので楽しみにしていてくださいね!」と期待をあおっている。  この度到着したファーストカットは、登坂と中条が、首都ヘルシンキの美しい冬の街で微笑む印象的な1枚。2月にフィンランドにてクランクインし、6月下旬にオールアップの予定となっている。

  • 岩田剛典、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』完成披露プレミアイベントに出席

    三代目・岩田剛典、まさかの結婚宣言!? 天然ボケに『HiGH&LOW』キャストも爆笑

    映画

     映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』の完成披露プレミアイベントが9日に都内で実施され、岩田剛典、TAKAHIRO、登坂広臣らが登壇。現場で印象に残っていることを聞かれた岩田は、バースデーケーキをウェディングケーキと言い間違える天然ボケを炸裂させ、会場を大いに沸かせた。@@cutter 5つのチームの頭文字をとって、「SWORD」地区と呼ばれるエリアを舞台に、覇権を争う男たちの闘いを描く本作。山王連合会の総長・コブラ役の岩田は、同グループのメンバーに現場で誕生日を祝われたことを報告。さらに「その次の現場で、まさかの久保(茂昭)監督とアクション監督の大内(貴仁) 監督が、撮影用の大型の車に、ちっちゃくウェディングケーキを乗っけて(お祝いしてくれた)」とニッコリ話す岩田だったが、すかさずNAOTOに「ウェディングケーキではないですよね?(笑)」と突っ込まれると、「あ~!間違えちった」と照れ笑いを見せた。  一方、ムゲンの琥珀役を務めたAKIRAは、九鬼源治役の小林直己について、「声がかけられないですよね(笑)」と役作りを絶賛。最強の兄弟・雨宮兄弟の雅貴を演じたTAKAHIROも、「緊張しました」と笑顔を見せ、広斗にふんした登坂も、「今回の作品は源治さんの迫力が半端じゃない」と称賛した。役作りを振り返った小林は「けっこうあの~、苦情をいただきました(笑)」と告白して会場を沸かせた。  当日は、岩田、TAKAHIRO、登坂らのほか、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、八木将康、岩谷翔吾、山本彰吾、黒木啓司、遠藤雄弥、稲葉友、栁俊太郎、廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、青木健、清原翔、陳内将、窪田正孝、佐野玲於、ZEN、佐野岳、林遣都、阿部亮平、小澤雄太、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴、中村蒼、秋山真太郎、武田航平、関口メンディ―、岩永ジョーイ、中谷太郎、JAY、武尊、城戸康裕、ELLY、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY、LIKIYAAKIRA、青柳翔、橘ケンチ、小野塚勇人、企画プロデュースを務めたEXILE HIRO、久保監督、中茎強監督、脚本の平沼紀久と登壇者が60名を超える圧巻のプレミアイベントとなった。  『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』は8月19日より公開。

  • 三代目JSB最新曲MV解禁に「ホントっヤバイ」とファン歓喜! MVショットも公開 ※「登坂広臣」インスタグラム

    三代目JSB最新曲MV解禁に「ホントっヤバイ」とファン歓喜! MVショットも公開

    エンタメ

     三代目 J Soul Brothersの公式ツイッターにて13日、新曲『J.S.B. LOVE』のミュージックビデオが解禁。ファンからは「ホントっヤバイ」「何回も見ちゃった」などの反響があった。@@cutter 白い衣装に身を包んだメンバーが激しいダンスを披露するミュージックビデオには、スカルや自動車、積み上げられたタイヤ、特徴的なメイクを施したセクシーな女性などが映し出されており、映画のような完成度の高い世界感になっている。  ミュージックビデオを見たファンからは、「ホントっヤバイ」「かっこよすぎるぞ!!」「何回も見ちゃった」「ずっと聞いていたい」といったコメントが寄せられている。同日には、メンバーの登坂広臣も自身のインスタグラムを更新。ミュージックビデオ内における今市隆二との2ショットも公開している。 引用:https://www.instagram.com/3jsb_hiroomi_tosaka/ https://twitter.com/jsb3_official

  • 『Born in the EXILE ~三代目J Soul Brothersの奇跡~』ブルーレイ&DVD発売日決定

    三代目JSBの1年を追いかけた初のドキュメンタリー映画、BD&DVD発売

    エンタメ

     三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE初のドキュメンタリー映画で、劇場公開時50万人を動員、興行収入は7億円を超える大ヒットを記録した『Born in the EXILE ~三代目J Soul Brothersの奇跡~』のブルーレイ&DVDが2017年2月1日に発売されることがわかった。@@cutter 2010年に結成し、数々のライブを経てその実力を蓄え、2014年に『R.Y.U.S.E.I.』の大ヒットでブレイクした三代目JSB。2015年には単独の全国ドームツアー「BLUE PLANET」を開催し、120万人を動員。2014年と2015年には2年連続で日本レコード大賞を受賞する偉業も成し遂げた。  本作では、そんな三代目JSBの2014年秋から2015年秋までの1年間に完全密着。単独ドームツアー、初の日本レコード大賞獲得、初の東京ドーム公演など、時代の頂点へと駆け上ってゆく、メンバー7人の姿を余すところなく収録している。  また、映画『ホットロード』で多くの新人賞を獲得した登坂広臣の授賞式の様子や、この映画で初公開された楽曲『Born in the EXILE』の作詞を手掛ける今市隆二と登坂があふれる思いを持て余しながら言葉を紡ぎ出す様子など、ファンにとってはたまらない映像も多数収録されている。  監督は、伝説のダンス&ボーカルユニットZOOのヴィジュアルプロデューサーとしても知られる保母浩章。デビュー当時から三代目JSBを間近で見てきた彼だからこそキャッチできた映像と言葉の数々は、この映画でしか見ることができない。  なお、本商品を先着で予約、購入した人にはオリジナルポストカードがプレゼントされる先着予約購入者特典も用意されているので、こちらも要チェックだ。  『Born in the EXILE ~三代目J Soul Brothersの奇跡~』初回生産限定版ブルーレイ(価格5800円・税抜)、初回生産限定版DVD(価格4800円・税抜)は2017年2月1日発売(レンタルは2017年3月8日からスタート)。

  • デビュー6周年を記念して“懐かしい写真”をアップした三代目JSBの登坂広臣

    三代目JSB、6周年を迎えファンからお祝いメッセージの嵐 “懐かしい写真”も公開

    エンタメ

     三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)の登坂広臣が10日に自身のインスタグラムを更新。この日、メジャーデビュー6周年を迎えた三代目JSBとメンバーのNAOKIの誕生日を祝い、初々しさが残る“懐かしい写真”をアップした。これを受けてファンからは「おめでとう」「これからもずーっと応援しています」など、多数のお祝いメッセージが寄せられている。@@cutter 登坂は、この日、「6th Anniversary&NAOKIさんBIRTH DAY」というコメントと共にメンバー7人が体を寄せ合っている若かりし頃の写真を公開。メンバー全員が、笑顔や変顔で写る、仲の良さを感じさせる1枚に、ファンからは「懐かしい、感動で涙が出ます!」「その写真好き」「みんないい笑顔。これぞ三代目。こんなにいいグループ世界中どこ探してもいないよ」と、喜びの声が溢れた。  さらに、「6周年おめでとうございます。これからも全力で応援し続けます」「おめでとうございます。この先もずっと仲良しな三代目で」とデビュー6周年を祝うメッセージと共に、「NAOKIさんお誕生日おめでとう」「最高に愛してます、直己さん。ハピバスデ」とNAOKIへの誕生日メッセージも寄せられ、大反響を巻き起こした。  三代目JSBは、EXILEの想い・信念を受け継ぐダンス&ヴォーカルグループとして誕生し、2010年11月10日にデビュー。2012年に『花火』でNHK紅白歌合戦に初出場を果たすと、2014年にリリースしたベスト&オリジナルアルバムが、オリコンウィークリーチャートで4週連続1位を記録するという快挙を成し遂げた。  なお、三代目JSBの公式ツイッターでは、メンバーからの6周年を記念したスペシャルメッセージ動画も公開中。お祝いメッセージが続々と届いている。

  • 『HiGH&LOW THE RED RAIN』TAKAHIRO×登坂広臣インタビュー

    TAKAHIRO、「役作りをしてません」 登坂広臣を巻き込み“女の子大好き”発言

    映画

     「EXILE」のヴォーカルTAKAHIROと「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」のヴォーカル登坂広臣が、斎藤工と共に主演を務めた映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』がいよいよ公開を迎える。累計興行収入が20.5億円を超えるという巨大プロジェクトで、日本のエンターテインメントに一石を投じることになった『HiGH&LOW』シリーズの映画第2弾ともあり、ファンならずとも気になるその行方。「僕たち、基本は映画のような感じです」と、兄弟を演じた役柄同様、距離感近い彼らに、ドラマシリーズから出演し、作品を紡いできた思いをインタビューした。@@cutter HIROが総合プロデュースを務め、ドラマ、配信、コミック、SNS、オリジナルベストアルバム、ドームツアー、映画と、数多くのメディアを巻き込み、裾野を広げている『HiGH&LOW』。劇場版第2弾となった本作『HiGH&LOW THE RED RAIN』では、SWORD地区で最強と称された雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂)が、1年前に突然姿を消した長男・尊龍(斎藤)を探しながら、過去と向き合っていく姿が描かれる。  バイクで颯爽と現れては、出現する敵を次々に打ちのめし、クールに去っていく雨宮兄弟。仲間や集合体で行動を共にする登場人物が多い中、誰ともつるまず、兄弟だけで完結している二人は、シリーズの中でも精彩を放つ存在だ。反面、素性も明かされず、いったい何者なのかという世間の声も大きいのだが、それもそのはず、これまでの撮影では「たまに出てくる死神のようなイメージで」と伝えられていたそう。  TAKAHIRO演じる雅貴は、感情を顔に出すことのない弟・広斗を無邪気に笑わせる存在。男らしい面も持ちながら、女の子には気も多いというチャーミングな一面も持っている。本人曰く、「感情むき出し、欲望むき出しというか。女性にでれっとするところは、全く役作りをしてません(笑)」と、冗談とも本気ともつかない発言をした後、「広斗のように、(登坂は)クールで女性に興味がない感じではないですよ!女の子大好きなので、それは僕越え(笑)」と、登坂を巻き込んだ。登坂は「僕越えって(笑)」と突っ込みながらも、スクリーンを離れたところでも、よき兄貴分、弟分として息の合った様子を見せる。@@separator 魅力あふれる雨宮兄弟の長男には、斎藤がキャスティングされた。もともと斎藤と親交があったという登坂は、「工さんは『この時代に日本映画界も巻き込んで、こういうビッグプロジェクトをやるというところに、すごく感銘を受けてます』といつも言ってくださっていたんです。『長男、誰なんでしょうね?』と、メールもきていて(笑)。そうしたら、工さんに決まって…!」と、驚きを隠さない。さらに、「工さんは、自分が入ることによって絶対プラスの要素しか生まれないようにと、気持ちを込めてくださいました。その思いに、もともといた僕らがグッと引っ張られました」と、存在の大きさに感謝の気持ちをにじませた。  『THE RED RAIN』とタイトルにつけられているように、本作では雨が演出として大きな役割を遂げている。雨宮兄弟の涙を優しく打つ雨、血を流してくれる雨、過去の記憶を呼び覚ます、雨――。「死神」としての立ち位置だった雨宮兄弟が、人としての心の叫びをさらけ出す効果の雨なのだ。TAKAHIROは、「雨宮兄弟は実は大きな悲しみを抱えていて、乗り越えて強くなりました。それは、誰にでも通じる部分があるのかな。何とも人間くさいところが魅力なので、今回ようやく皆さんにお伝えできると自分たちも感じながら役を演じていました」と、真摯な言葉で語り、充実した撮影をかみしめていた。(取材・文・写真:赤山恭子)  映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日より全国ロードショー。

  • 映画 『HiGH&LOW THE RED RAIN』本予告編が解禁

    『HiGH&LOW』雨宮兄弟の過去とは…固い絆描く予告解禁

    映画

     映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の本予告映像がいよいよ解禁となり、これまで謎に包まれていた、主要キャラクターである雨宮兄弟の全貌や、迫力の映像の一部が明らかとなった。@@cutter ドラマ、配信、コミック、SNS、オリジナルアルバム、ドームツアー、そして映画と、数多くのメディアやエンタテインメントを巻き込み展開するプロジェクト「HiGH&LOW」。映画プロジェクト第2弾となる本作『HiGH&LOW THE RED RAIN』は、かつて「SWORD地区」一帯を制圧したチーム「ムゲン」と、敵対する「雨宮兄弟」の抗争とともに、一年前に突如姿を消した雨宮兄弟の長男・雨宮尊龍(斎藤工)を探す姿が描かれるストーリー。  解禁された予告映像では、TAKAHIRO、登坂広臣、斎藤工演じる雨宮兄弟の華麗なアクションシーンや、先日発表となったヒロイン・成瀬愛華(吉本実憂)と共に兄を探す雅貴(TAKAHIRO)と広斗(登坂)、さらにコブラ(岩田剛典)率いる山王連合会の面々も登場と、ストーリーの展開にも期待がかかる映像となっている。  そして解禁となった本映像では、ACE OF SPADES×PKCZ(R) feat.登坂広臣の新楽曲「THE RED RAIN」が同時解禁となっており、切なくも壮大なバラードナンバーを響かせている。  映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日公開

  • 映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』追加キャスト、新ビジュアル

    『HiGH&LOW』、主題歌&追加キャスト発表!岩田剛典率いる山王連合会も出演

    映画

     映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』(10月8日公開)の主題歌に、TAKAHIRO(EXILE)とロックバンドGLAYのHISASHIがタッグを組むプロジェクトACE OF SPADES×PKCZ(R)feat.登坂広臣の「TIME FLIES」が起用されることが発表された。また、新たな追加キャストも解禁となった。@@cutter 本作は、EXILE TRIBEによるドラマやライブなどをメディアミックスプロジェクトとして進行する企画の映画第2作。かつて「SWORD地区」一帯を制圧していたチーム「ムゲン」と対当する雨宮雅貴(TAKAHIRO)、雨宮広斗(登坂)の「雨宮兄弟」の抗争とともに、一年前に突如姿を消した兄弟の長男・雨宮尊龍(斎藤工)を探す姿が描かれる。  ACE OF SPADESと登坂は、プロジェクトの一環としてリリースされたアルバム「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」に収録されている楽曲「SIN」で共演しており、今回はそのタッグ復活に加え、HIROが率いるグループPKCZ(R)がコラボレーションに参加。新楽曲はロックサウンドにダンスビートが加わった新感覚の楽曲となっている。  TAKAHIROは今回のコラボレーションがHIROの提案から実現したものだと明かし、楽曲については「それぞれの個性も感じられつつ、さらにこのコラボレーションならではの個性も感じられるという、非常に多様な表情を持つ作品となりました」とアピールしている。  また、追加キャストとして発表されたのは石黒賢、岩城滉一、飯島直子らの実力派俳優陣。さらにコブラ(岩田剛典)率いる山王連合会の岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹らの面々も前作に引き続き登場することが合わせて発表されている。

  • 映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』より、TAKAHIRO、登坂広臣、吉本実憂

    吉本実憂、『HiGH&LOW』ヒロインに決定! 物語の鍵を握るキーパーソンに

    映画

     「HiGH&LOW」プロジェクトの映画第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』の新キャストとして、吉本実憂がヒロイン・成瀬愛華を演じることになった。また、愛華と雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の姿を捉えた場面写真も新たに解禁となった。@@cutter 吉本は、2012年に第13回全日本国民的美少女コンテストのグランプリに選ばれたことをきかっけにデビューした、注目の若手女優。ガールズユニットX21のリーダーを務める傍ら、テレビドラマ「獣医さん、事件ですよ」を皮切りに女優としての活動を開始し、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などへの出演で注目を集めてきた。  吉本が出演する『HiGH&LOW THE RED RAIN』は、かつて「SWORD地区」一帯を圧倒的な力で支配していたチーム「ムゲン」と並び最強と称された「雨宮兄弟」雨宮雅貴(TAKAHIRO)、雨宮広斗(登坂広臣)が、一年前に突如姿を消した兄・雨宮尊龍(斎藤工)を探す姿が描かれる。吉本が演じる愛華は、尊龍の行方の手がかりを知る少女だ。  愛華の父は、悪に立ち向かう弁護士の成瀬幸雄。彼女は上園会の秘密を掴んだために殺されてしまった父から、上園会の秘密情報が入ったUSBを託されて、命からがら逃げており、上園会に見つかりそうになった時には、尊龍に助けてもらった過去がある。しかし、その尊龍も、USBを持って姿を消してしまう。愛華は負けん気が強く、明るい性格だが、繊細な一面も持っており、父を亡くした悲しさのあまり、息を殺して泣く姿も見せるという。  雨宮兄弟が1年以上探し続けてきた尊龍の行方にたどり着くキーパーソンの愛華。雨宮三兄弟の最強で最高の絆の物語の鍵を握る吉本の演技に注目だ。  『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日公開。

  • 『HiGH&LOW THE RED RAIN』ポスタービジュアル

    斎藤工、“弟”TAKAHIRO×登坂広臣との雨宮3兄弟ビジュアル&映像解禁!

    映画

     EXILEメンバーが出演する映画第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』に、俳優の斎藤工が出演することが分かり、ポスタービジュアルと斎藤がアクションを披露している特報映像が解禁となった。斎藤は、TAKAHIROと登坂広臣が演じる「雨宮兄弟」の長男・尊龍役を務める。@@cutter 『HiGH&LOW』はドラマ、コミック、オリジナルアルバム、ドームツアー、そして映画と、数多くのメディアミックスで展開されるエンタテインメントプロジェクト。映画第1弾となる『HiGH&LOW THE MOVIE』は16日より公開された。  映画第2弾で描かれるのは、かつて「SWORD地区」一帯を圧倒的な力で支配していたチーム「ムゲン」と並び最強と称された「雨宮兄弟」の隠された秘密と絆。1年前に突如姿を消した兄・尊龍を探し続けていた雄貴(TAKAHIRO)と広斗(登坂)。幼い頃に両親を失くした3兄弟の絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。そして、両親の命日、消えた尊龍が現れることを期待していたが、そこに現れたのは尊龍の行方の手がかりを知る人物だった…。  本作でアクションを含むワイルドな魅力を披露する斎藤は、「いち視聴者として勝手にキャスティング予想をしていた立場だったので、お話しを頂いた時は驚きました」と心境を明かす。「“あのお二人”の兄貴は到底務まらない。そんな不安との戦いでもありましたが、TAKAHIROさん、登坂さん、山口雄大監督に助けられながら盤石な体勢で作品に臨めたと思っています」と、強い意気みを語った。  『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日ロードショー。

  • EXILE TAKAHIRO、三代目・登坂広臣のツンデレに萌える「キュンとします」

    EXILE TAKAHIRO、三代目・登坂広臣のツンデレに萌える「キュンとします」

    エンタメ

     映画『HiGH&LOW THE MOVIE』に出演しているEXILEの TAKAHIRO、橘ケンチ、佐藤大樹と、三代目 J Soul BrothersのELLY、山下健二郎、登坂広臣が、11日に日本テレビのバラエティ番組『しゃべくり007』に出演。メンバーのプライベートの素顔などが明かされた。@@cutter 普段打ち合わせなどでもよく話すというTAKAHIROと登坂だが、TAKAHIROはその際「ずっと優しいけど、たまに冷たい。デレデレにたまにツンというか」と普段のエピソードを明かす。  対して登坂は「役の話なんかをしている際に、その役の雰囲気を考えている際に、パッとTAKAHIROさんが別の話をしだすので、それになかなかついていけなくて…」とツンデレといわれる面を出す理由を告白。しかしTAKAHIROは「僕はマゾじゃないけど、その要素をたまに引き出してきて、キュンとします」と意外にもまんざらでもない様子を明かしていた。  一方登坂は、三代目 J Soul Brothersに比べてEXILEのリハーサルが以上に長いことを指摘しながら「自分たちは実はめんどくさがりで、リハーサルが短いのも、中身がスッカスカのリハをやるよりは、と考えて」とうっかり口を滑らし、MC陣から総ツッコミ。汗だくになりながら「ビックリした」と語る登坂にTAKAHIROは「こういうところがいいんですよね」とツッコミを入れ、笑いを誘っていた。  さらにTAKAHIROは、EXILEのメンバー最年少である佐藤にも言及。橘は「ドラゴンボールを知らない」ということでジェネレーションギャップを感じると語るが、TAKAHIROは「礼儀正しいけど、いい感じでナメてる。焼肉に連れて行ってもらって『好きなものは?』と尋ねられると『寿司』と。いいところで気を使えない」と、普段のエピソードを語りながら後輩を可愛がっている様子を見せていた。

  • 『ホットロード』が「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送

    能年玲奈×登坂広臣『ホットロード』 金曜ロードSHOW!で地上波初放送

    映画

     朝ドラ『あまちゃん』でブレイクした能年玲奈と「三代目J Soul Brothers」のボーカル・登坂広臣が初共演した青春ラブストーリー『ホットロード』が、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で7月15日に地上波初放送されることが決定した。@@cutter 紡木たくの名作コミックを映画化した本作は、14歳の少女・宮市和希(能年)と夜の湘南で“Nights”というバイクチームに所属する不良少年・春山洋志(登坂)とのほろ苦い青春が描かれる。能年、登坂のほかに、鈴木亮平、小澤征悦、木村佳乃といった豪華な実力派俳優も出演。  メガホンを取ったのは『アオハライド』や『ソラニン』などコミック原作の青春映画を多く手掛けてきたヒットメーカー・三木孝浩監督。湘南の美しい風景を舞台に、母との関係に苦しみ、思いがけない相手との初めての恋に飛び込んでいく14歳の少女がもがき苦しみながら、自分の居場所を見つけていくストーリーが展開する。  能年と登坂というフレッシュな顔合わせで、伝説のコミックを実写映画化した『ホットロード』は7月15日(金)21時から22時54分、地上波初放送。

  • 登坂広臣、グラミー賞を満喫

    三代目JSB・登坂広臣、グラミー賞に招待参加 「素敵な夜でした」会場で記念撮影

    エンタメ

     「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の登坂広臣が16日、自身のインスタグラムにて、「第58回グラミー賞」授賞式を訪れた様子を公開。ツイッターでも「GRAMMY AWARDS!ご招待ありがとうございました!素敵な夜でした」とコメントしている。@@cutter 「グラミー賞」は、アメリカ・ロサンゼルスで現地時間15日に開催された世界最高峰の音楽の祭典。第58回目となる今年は、小澤征爾が指揮した歌劇『こどもと魔法』を収めたアルバム『Ravel:L’Enfant Et Les Sortileges;Sheherazade』が最優秀オペラ録音賞を受賞したほか、スタジオゲストに招かれたギタリストの松本孝弘(B’z)とジョニー・デップ、ジョー・ペリー(エアロスミス)との3ショットなどが実現した。  そんな一大イベントに参加した登坂に対し、ネット上では「招待すごいですね!」「生で聴くのはまた全然違うのでしょうね!臣くんが素敵な時間が過ごせたようでなによりです」「かっこよすぎやろおい」「LAでリフレッシュして元気に帰ってきてね」「いつか三代目もグラミー賞取れると良いよね!」等のコメントが届いている。

  • 2015年最も人気があった日本著名人の「インスタ」投稿 1位:渡辺直美

    渡辺直美、三代目JSB…、2015年最も人気があった著名人の「インスタ」投稿発表

    エンタメ

     写真共有アプリ「インスタグラム」が、一年を通して人気を博した写真やハッシュタグなど、2015年のハイライトを発表。日本著名人がシェアした投稿の中で、最も「いいね!」が多かった写真1位に渡辺直美、2位に三代目J Soul Brothersの登坂広臣の名が挙がった。@@cutter フォロワー数約260万とネット人気を博す渡辺。そのなかでも2015年、特に注目を集めたのは「青森りんご」のPRのため、イミテーションのリンゴを飾り付けた「林檎姫」ヘアの写真。25万9000にも及ぶ脅威の「いいね!」がついている。  続く2位は三代目JSB登坂が、「LIVE TOUR 2015 BLUE PLANET」公演終了後にメンバーと撮った写真。リーダーNAOTOへのバースデーケーキを囲む様子に19万以上の「いいね!」が。3位はNAOTO、5位は岩田剛典、7位はSHOKICHIによる投稿となっており、グループの人気がうかがえる。  このほか、4位に水原希子がロサンゼルスの「ハリウッドサイン」をバックに撮った写真、 6位にローラによる『アナと雪の女王』エルサのコスプレ姿、8位に岡村隆史、9位にE‐girlsのAmi 、10位にAKB48小嶋陽菜の写真がそれぞれランクインした。

  • 2015年日本著名人インスタグラム「いいね」獲得数ランキングTOP10

    2015年日本著名人インスタグラム「いいね」獲得数ランキングTOP10<フォト集>

    エンタメ

    写真共有アプリ「インスタグラム」が2015年12月、一年を通して人気を博した写真やハッシュタグなど、2015年のハイライトを発表。日本著名人が投稿した中で、最も「いいね!」が多かった写真をご紹介します。

  • 岩田剛典、メンバーからのクレームに当惑…

    三代目JSB・岩田剛典、メンバー登坂広臣から「年下のくせに」とまさかのクレーム

    エンタメ

     29日、日本テレビの番組『おしゃれイズム』にEXILEおよび三代目J Soul Brothersのパフォーマー、岩田剛典が登場した。番組内では、メンバー同士の熱い交流のほか、過去のマル秘写真の公開に、岩田が「会いたかった」と切望していたメンタリスト・DaiGoとのパフォーマンス共演も見られた。@@cutter 現在、EXILE、三代目J Soul Brothersに所属している岩田。メンバーとは交流が盛んなようで、先日はEXILEの先輩・AKIRAとご飯へ行ったと話す。「実は、AKIRAさんてめちゃくちゃ食べるんですよ。最初は焼き鳥屋で12時を超えるまで飲んでいたんですけど、そしたら『ガンちゃん、腹減らない?』と言われて」と言うと、MCの上田は「え?焼き鳥食べてるんだよね?」と目を丸くする。「でも『肉食いにいこうよ』と言われてステーキハウスに行きました。がっつり食べて、さらにその後『もう1件行こう』と言われて、飲み屋かと思ったら焼肉屋でした(笑)」と、AKIRAのあまりの過食に驚いたと明かし「さすがに食べられないので、後輩の皿に置きました」と、ちゃっかりした面も見せた。  さらに、今年のお正月には三代目JSBのメンバー、登坂広臣とラスベガスに1週間のプライベート旅行に行った時の2ショット写真を披露。MC陣も「仲がいいねえ~」と感心しきりだったが、登坂から意外な内容のVTRが届く。登坂はVTR内で「あの野郎(岩田)、年下のくせにチケットやホテルやスケジュールも全部俺にやらせやがって。普通手伝うとかあるのに、何もしやしないんですよ」とまさかのクレーム。上田が「君、最年少だから気を使うって言ってなかった?」とツッコむと、岩田は「え~っと、仲がいいんです。僕も入っていくところと、逆に任せたほうがいいのかなってところもあって…」と、しどろもどろになりながらも、ショーやクラブや買い物に出かけたという充実した旅行の思い出を振り返った。  また、番組後半ではメンタリスト DaiGoが登場。岩田は「実は僕、DaiGoさんのファンで、メンタリストってすげえなといつもテレビで見てたんです」と、満面の笑み。DaiGoは半透明の6色のカードを出し岩田にどれかひとつを選ぶように促した。何色を選んだかを当てるというパフォーマンスで、岩田が選んだ緑のカードを見事当てると、「(緑は)個性を表す色。ガードする人が選ぶタイプ」と分析されていた。

  • 登坂広臣、ELLY、PKCZパーティーで熱いステージ披露

    三代目・登坂広臣、ELLY、NAOTOら、PKCZパーティーに登場!

    エンタメ

     EXILE HIRO、DJ MAKIDAI、VERBAL、DJ DARUMAらによるユニット・PKCZによるパーティーが20日、都内で開催され、三代目J Soul Brothersの登坂広臣、ELLY、NAOTOが参加し、サプライズソングを披露。メンバーにより、パーティーの模様がインスタグラムに投稿され反響を呼んでいる。@@cutter この日行われたオールナイトイベント「“U・F・O” UNDERGROUND FUN ORGANIZATION MIXed by PKCZ」に訪れたメンバーそれぞれがパーティーを楽しむ様子がインスタに投稿されたほか、「OMILY サプライズ曲『BED ROOM』を披露」と投稿された写真では登坂とELLYが肩を組むステージでの様子が明らかに。  これを見たファンからは「めっちゃかっこいい」「おしぇれすぎ、反則」との絶賛のコメントのほか、イベントは未成年の参加が出来なかったことから、「会いたかった~」と惜しむ声が数多く届いている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access