清野菜名 関連記事

  • 清野菜名

    清野菜名の身体能力がすごい! 連続バク転にファン仰天「CG?」

    エンタメ

     女優の清野菜名が20日、自身のインスタグラムを更新し、連続バク転などを決める動画を投稿。ファンからは「カッコいい」「まじすげぇ…」と大きな話題を呼んでいる。@@cutter 「やっぱり体を動かすのは気持ちいい。おつかれーらいす」というコメントとともに投稿されたのは、5連続でバク転を行う清野を撮影した数秒の動画。美しく回転する彼女に、思わず見入ってしまったファンも多い様だ。  清野は現在、ドラマ『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系/毎週月曜から金曜12時30分)の薙刀を得意とするヒロインを務めており、投稿では「本日のやすらぎもみてね」とアピールしている。  バク転のほかにも、勢いある助走からひねりを加えたバク宙を決める動画なども披露している清野。コメント欄には「かっこいい!」「CG?」「かわいい、キレイ、運動神経抜群、尊敬でしかない」「カッコいい」「憧れる」といった反響が殺到している。 引用:https://www.instagram.com/seinonana/

  • 清野菜名、『やすらぎの刻~道』インタビュー

    清野菜名、人生を変えた倉本聰との出会い “アクション女優”に苦しんだ過去も

    エンタメ

     倉本聰が手がけるドラマ『やすらぎの刻~道』でヒロインを演じる清野菜名。近年、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』から福田雄一脚本・演出のコメディ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)まで、幅広い作品で存在感を示しているが、まさにこうした活躍のきっかけともなったのが、本シリーズ1作目となる2017年放送の『やすらぎの郷』での倉本との出会いだったという。@@cutter 『やすらぎの郷』撮影前に、初めて倉本と顔を合わせたという清野。「それまで私は、“役作り”というものが分かっていなくて、台本を読んでセリフを覚えて現場に行き、そこで感じたままに演じていたんです。倉本さんから役柄の履歴書、その人物がどういう人生を送ってきたのかを考えるという役の作り方を教わって、その後のお仕事でもそのやり方を続けていく中で、すごくお芝居が楽しくなりました」。  放送後には、倉本から感想をつづった自筆の手紙が届いた。前作での活躍が認められての今回の主演抜てきと言えるが、最初に聞いたときは「え? 私? という感じで、うれしさの前に驚き、『私で大丈夫ですか?』と思った」と明かす。 @@insert1  とはいえ撮影に入ってすでに約半年、「プレッシャーはあまり感じていません」とも。山梨の山間の集落で養蚕業を営む根来家に引き取られた少女・しのが、激動の昭和を生きるさまが描かれるが「根来家で過ごす時間が長いんですが、“主演”という感じではなく、家族の中でみんなで楽しく一緒にいるという感じなんです。家族の中で(序列などが)誰が一番とかってないじゃないですか? すごく楽しくみんなと過ごしています」とリラックスした表情で笑う。  しのはやがて、根来家の次男で風間俊介が演じる公平と夫婦になり、家庭を築き、共に人生を歩んでいく。「演じていて『家族を作る』ということは簡単じゃないなと感じてます。公平のことはそれまでは弟としか見てなかったのに、急に夫という違う関係になるんです。現代のように恋愛結婚が主流じゃないし、価値観やいろんなことが違う中で私自身『幸せって何だろう?』と考えさせられたし、それでもしのたちがちゃんと『幸せだった』という答えを出すのなら、どういう風に家庭を、愛の形を作っていけばいいのか? 風間さんと2人でいま、それを考えながら作っています」。  本シリーズのほか、黒柳徹子を演じた『トットちゃん!』(テレビ朝日系)、『半分、青い。』など近年、昭和の女性を演じる機会が多いが、本人は「自分でもなんでだろう? って不思議です。『昭和が似合う』とか『昭和顔』って言われるんですけど…(笑)。生まれる時代を間違えたかなぁ?」と首をかしげる。@@separator もっとも、少し前までは園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』(2014)、押井守監督による『東京無国籍少女』(2015)などで見せた華麗なアクションのイメージも強く“アクション女優”という枕詞をつけて紹介されることも多かったが、同時にその称号に苦しめられることにもなったという。  「“アクション女優”と言われるたびに、アクションなしでもちゃんとお芝居できるようになりたいって思ってました。でも、アクションが自分の強みで、アクションがあると安心して、逆にないとどこかで不安だったのも事実で…。そんな中で、ケガをしたこともあって、一度アクションをストップしてお芝居だけに集中していく中で、やっと自信がついてきました」。 @@insert2  だからこそ、その頃にあった倉本との出会いを「人生を大きく変えた出会い」と語る。近年の幅広い活躍で人気、知名度も確実に上がってきたが、本人は「まだまだですね」と首を振る。  「いやぁ、街中でもっと声を掛けられるようになりたいですね。たまに確認のために渋谷を歩いてみるんですけど(笑)、全然なんですよ! そのたびに『まだまだだな』って思ってます」。(取材・文・写真:黒豆直樹)  ドラマ『やすらぎの刻~道』は、テレビ朝日系にて毎週月曜~金曜12時30分放送。

  • 「2018年大活躍した女優」(上段左から)浜辺美波、今田美桜、松本まりか、(下段左から)広瀬アリス、杉咲花、清野菜名

    浜辺美波、今田美桜、松本まりか、広瀬アリス…2018年大活躍した女優たち

    エンタメ

     2018年もあとわずか。今年も数多くのドラマ、映画が私たちを楽しませてくれた。じんわりと目頭が熱くなった場面、あっとうなった驚きの展開など、さまざまなシーンが思い浮かぶ中、平成最後のこの年に大活躍、ブレイクした女優たちをクローズアップしてみたい。@@cutter■天性のヒロイン感! 浜辺美波  まずは浜辺美波。昨年、映画『君の膵臓をたべたい』でヒロインを演じ、日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ数々の新人賞に輝いた勢いそのままに、2018年を迎えた。今年はレギュラーを務めたドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)でのパティシエ・鳳来ハル役が多くの人の目にとまった。清潔感ある制服姿は、浜辺のルックスの良さを際立たせた。演技には元々定評がある上、天性のヒロイン感が“毎週会える”連ドラで本領を発揮。中村倫也との掛け合いが多かったが、共に今年大いに跳ねた2人。来年公開の映画『屍人荘の殺人』では神木隆之介を含め共演が決まっており、浜辺は女子大生探偵という役どころ。さらに飛躍するのは必至だ。 ■Yahoo!検索大賞も受賞、今田美桜  月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)への出演を果たした今田美桜は、今年のYahoo!検索大賞女優部門でトップに立った。昨年春ごろ“福岡で一番かわいい女の子”と紹介されて以来、潜在的な人気はあったが、今年の春ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)で原作コミックの再現率の高さが絶賛されたツインテールの真矢愛莉役が、大きなブレークポイントとなった。「#愛莉ヘア」のハッシュタグでまねる女子が続出、インスタグラムのフォロワーも急増して100万を突破した。クリっとした目が特徴の愛くるしいルックスは、本当にコミックのキャラクターが3次元に抜け出してきたようだ。ポテンシャルの高さを思うと、来年は演技の幅を広げて欲しい女優の筆頭格だ。 ■遅咲きブレイク! 松本まりか  今年のブレーク女優を語る上で絶対外せない1人が、松本まりか。年明け1月期の『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)での壊れた悪女っぷりが“あざとかわいい”と大反響を呼んだ。表面的にはストーカー的に他人の夫を奪い取ろうとする嫌われ役だが、そこに純粋な恋心を貫くしかない不器用な生き方を重ね合わせて見せ、回を追うごとに支持を得たのは女優としての力量だ。そして今年後半は『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系)で、復しゅうに駆られた女優役を熱演し、強い印象を残した。女優デビューは2000年のドラマ『六番目の小夜子』までさかのぼる。18年という長いキャリアを経て、ようやく咲いた遅咲きの花だ。@@separator■松本穂香、杉咲花、広瀬アリスも人気が上昇  ほかにも『この世界の片隅に』(TBS系)で、ヒロインすず役を務めた松本穂香は印象的だった。auのCM「意識高すぎ高杉くん」シリーズでは神木隆之介と共演。利発そうな女子高生役で人気を上昇させてきたが、『この世界の片隅に』では一転、ぽけっとしたすずのキャラクターをよくつかんでいた。  『花のち晴れ~花男 Next Season~』に主演した杉咲花は同作で人気が上昇、バラエティー番組などでも見かけるようになった。2016年度上半期のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロインの妹役が当たり、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では日本アカデミー賞をはじめ各映画賞の助演女優賞を受賞。来年は『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で大河ドラマ初出演も決まっており、実力の高さを発揮してくれそうだ。  広瀬アリスも、途切れない活躍ぶりで2018年を駆け抜けた1人。2017年度下半期のNHK連続テレビ小説『わろてんか』から『正義のセ』(日本テレビ系)、『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系)と出演。映画でも『旅猫リポート』をはじめ順調にキャリアを重ねている。妹すずとはまた異なる、きれいなお姉さん的雰囲気で独自の存在感を放ち始めている。 ■『今日俺』清野菜名、『けもなれ』伊藤沙莉も  『半分、青い。』で脚光を浴びる存在になった清野菜名も見逃せない。おとなしげなルックスに似合う静かなブレークを果たした印象だが、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)では一転、橋本環奈らと80年代風味のヤンキー少女を演じ、派手なアクションが注目を集めた。高校時代にアクション養成所に通った筋金入り、かなり振り幅の広い女優になりそうだ。  ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で、ヒロイン晶の同僚役・夢子を演じた伊藤沙莉は、主演タイプではないものの、今年は『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)、『いつまでも白い羽根』(東海テレビ・フジテレビ系)、『この世界の片隅に』、『恋のツキ』(テレビ東京系)、 そして“けもなれ”と、子役時代から培った実力で助演女優としての評価を高めた。来年はぜひ、主演作も見てみたい。  『わろてんか』でヒロインを務めたほか、4月期のドラマ『ブラックペアン』(TBS系)では新人看護師役を好演した葵わかな、同じく『ブラックペアン』でのクールな主任看護師役が人気を高めた趣里なども強い印象を残した。  冒頭の浜辺をはじめ、長年の演技経験が実を結んだ女優の活躍が目立った2018年。来年はまた、どんな女優たちと出会えるだろうか。(文:志和浩司)

  • 『今日から俺は!!』最終回場面写真

    『今日から俺は!!』今夜最終回、最強のヤクザ・城田優登場も賀来賢人は…

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の最終回が今夜放送される。最終回では城田優扮する“最強のヤクザ”月川が登場するほか、賀来賢人演じる三橋が“ツッパリをやめる”と言い出してしまう。@@cutter 本作は、累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒットコミックが原作。“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマの三橋貴志(賀来)が相棒の伊藤(伊藤健太郎)と共に最強ツッパリコンビとして大暴れする。メガホンをとるのは実写版『銀魂』シリーズでもおなじみの福田雄一監督。  三橋と伊藤は、谷川(矢本悠馬)から“今井(太賀)がヤクザに襲われ意識不明の重体になった”と聞き、怒りに震える。谷川に仇をとってほしいと頼まれた二人は思案するが、次は伊藤が一人夜道でヤクザたちに囲まれ、圧倒的強さのヤクザ・月川(城田優)が姿を現す。  そんな最終決戦のさなか、なぜか三橋が突然「今日から俺はツッパリやめます」宣言!? 黒髪にメガネ、普通丈の学ランに身を包み「東大を目指す!」と豪語する三橋。理子(清野菜名)も風紀委員として怒る理由が見つからず、ただただ動揺してしまう…。  『今日から俺は!!』最終回は、日本テレビ系にて今夜12月16日22時30分放送。

  • (左から)ムロツヨシ、清野菜名

    ムロツヨシ&清野菜名 『今日から俺は!!』クランクアップショット

    エンタメ

     ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の公式インスタグラムが9日、女優の清野菜名、俳優のムロツヨシのクランクアップショットを動画で投稿。残すところ最終回のあと1話となったドラマを名残惜しむファンからの反響コメントが届いている。@@cutter 三橋(賀来賢人)&伊藤(伊藤健太郎)の軟高と、智司(鈴木伸之)&相良(磯村勇斗)の開久高による全面戦争が描かれた第9話放送の同日、「#今日から俺は!!まであと2時間!!‬ ‪風呂入れよ?歯磨けよ?宿題やったか?風邪ひくなよ?寝る準備万端でTV前、10時半だよ全員集合」と放送の告知とともに投稿されているのは、左から伊藤健太郎、清野、ムロ、須賀健太、そして賀来が役衣装で映っている動画だ。  清野の「今日から!」の掛け声のあとに、ほか4人が「俺は!!」と力強く続いている。クランクアップショットらしく、清野とムロは贈呈された花束を抱えている。投稿によると、2人の撮影最終日は、第8話で描かれた須賀扮する“危険な新入生”とのバトルシーンとなった模様だ。  ファンからは2人に対する「お疲れ様です」といった労いの声のほか、あと1話となったドラマに対しての「終わるのがさみしいです」「終わらないで」「今日俺ロスが怖い」「終わったらロスになる」といった終了を惜しむ声も届いている。 引用:https://www.instagram.com/kyoukaraoreha_ntv/

  • 『今日から俺は!!』第8話場面写真

    『今日から俺は!!』清野菜名と“ヘルメット男”須賀健太のバトル勃発!?

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第8話が今夜放送される。第8話では、清野菜名演じる理子と須賀健太演じる“危険な新入生”を巡るエピソードが描かれる。@@cutter 本作は、累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒットコミックが原作。“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマの三橋貴志(賀来)が相棒の伊藤(伊藤健太郎)と共に最強ツッパリコンビとして大暴れする。メガホンをとるのは実写版『銀魂』シリーズでもおなじみの福田雄一監督。  晴れて3年生となった三橋は、新入生からアイドル的な扱いを受ける。伊藤は、三橋のような振る舞いができず、新入生からの「つまらない」という声に傷ついてしまう。そんな中、軟高で頭をはる三橋を倒してテッペンを取ろうという血の気の多い1年生が三橋に挑戦。思わず拳を握る三橋だが、咄嗟に理子(清野菜名)に止められて喧嘩を回避すると、三橋の大人な対応を見た新入生からさらなる人気を得る。  そのうち、今度は徒党を組んだ新入生3人組が三橋を倒そうとやってくる。突然手に入れたファンの人気を失いたくない三橋は、佐川(柾木玲弥)ひとりに3人の相手を任せて静観。しかし、そこにやってきた理子が、一方的にやられる佐川を助けるため、3人をやっつけると、三橋に向けられていた歓声はあっという間に理子のものに。さらに理子の方が三橋より強いという噂が立ち始め、ふてくされる三橋。  同じ頃、軟高の廊下ではフルフェイスのヘルメットに金属バットを持った新入生(須賀健太)が軟高で「一番つええヤツ」を探し暴れていた。そんな時、理子の名前を聞いたヘルメット男は彼女を探し始める。  ドラマ『今日から俺は!!』第8話は、日本テレビ系にて今夜12月2日22時30分放送。

  • (左から)太賀、清野菜名

    清野菜名&太賀 『今日から俺は!!』大反響のパロディ場面オフショット

    エンタメ

     ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の公式インスタグラムが27日、力石徹に扮する太賀と、白木葉子に扮する清野菜名の2ショットを投稿。劇中で往年の人気漫画『あしたのジョー』のパロディを熱演した2人に、ファンからは大きな反響が寄せられている。@@cutter 「もはやブロマイド」という突っ込みコメントとともに投稿されたのは、漫画『あしたのジョー』パロディを見事に演じきった太賀と清野菜名の2ショット。力石としての今井(太賀)の色気溢れるソロショットも続いて披露されている。  先週放送の第7話では、原作ファンの間で“神回”と称されるエピソードを映像化。賀来賢人が演じる主人公・三橋と太賀扮する今井が壮絶な戦いを展開したが、その中でファンが盛り上がったのが、喉の渇きに苦しむ今井が見た夢の中での今井と理子による『あしたのジョー』パロディのシーン。過酷な減量に取り組む力石徹に扮した今井(太賀)の前に、彼を心配する白木葉子に扮した理子(清野)がさゆを持って登場し、減量を止めようとする。  「乾きに乾ききった体がいきなり冷たい水を飲むと、体を壊すと先生から注意されていたので」とさゆを勧める理子。『あしたのジョー』の名ゼリフだが、力石が拒否するところを、夢の中の今井は「さゆを捨てると見せかけて、飲む!」とごくり。「うんめぇ! さゆ超うめえ!」と思う存分さゆを飲むというギャグになっていた。  同作の福田雄一監督は自身のツイッターで、この「渾身の『あしたのジョー』」について言及。選曲の担当者にわざわざ「力石徹のテーマ」を探してもらい、放送に限って使わせてもらうことになったそう。「音入れ作業中、若い女子スタッフが全くテンション上がらない空気の中、おっさんだけで盛り上がって作り上げた」と、当時の現場を振り返っている。  コメント欄には、視聴者からの「太賀さんはもうどんな格好しても今井になっちゃう」「2人のクオリティーの高さに驚きです」といった称賛や、「子どもと一緒に観ててお腹よじれるほど笑いました」「今回はくだらなすぎて面白かった」など、好評の声が相次いでいる。 引用:https://www.instagram.com/kyoukaraoreha_ntv/

  • (左から)橋本環奈、清野菜名

    『今日から俺は!!』橋本環奈&清野菜名、道着姿の正拳突きがかわいい

    エンタメ

     ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の公式インスタグラムが7日、本作に出演する女優の橋本環奈と清野菜名の道着姿の2ショットを投稿し、ファンの反響を呼んでいる。@@cutter 4日放送の第4話では、京子(橋本)が、街中で伊藤(伊藤健太郎)と理子(清野)が2人で歩いている姿を目撃。伊藤に二股をかけられていると勘違いした京子は、理子にタイマンを挑むことに。結局誤解は解けたが、本編では2人のハードなアクションシーンが放送されてファンを喜ばせた。  「4話でタイマンして仲良くなりました」という言葉とともに投稿されているのは、タイマンシーン撮影時のオフショット。道着姿の橋本と清野がそろって正拳突きを繰り出しているほか、両手の拳を握って「押忍」のポーズもとっている。  ファンからは写真に対しての「2人ともかわいい!!」といった感想のほか、「タイマンかっこよかったです!!」といったアクションシーンへの感想も見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/kyoukaraoreha_ntv/

  • (左から)橋本環奈、清野菜名

    橋本環奈×清野菜名の“タイマン”にファン熱狂 『今日から俺は!!』

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演するドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第4話が放送され、橋本環奈と清野菜名が演じたハードな“タイマン”シーンにファンから「ふたりともかっこいい!女神!!」といった反響が寄せられた。@@cutter 理子(清野)にフラれ、女子と縁のない青春を送ることに絶望する今井(太賀)は、校門で待ち伏せしていた明美(若月佑美)から突然告白を匂わせる呼び出しの手紙を渡される。  一方の京子(橋本)は、街中で伊藤(伊藤健太郎)と理子が2人で歩いている姿を目撃。伊藤に二股をかけられていると思い込み激しく落ち込んでしまうのだが…。  今井に彼女ができることがどうしても許せない三橋貴志(賀来)。公園を連れ立って歩く今井と若月の目の前に立ちふさがった三橋は、いきなり華麗なバク転を披露。三橋を演じる賀来の華麗な身のこなしにSNSには「賀来賢人ってバク転できるのね〜!すごい!めっちゃ惚れた!」「今期ドラマ一の衝撃」「イケメンすぎ」「かっくん、いつからバク転できるようになったんだ?」などの声が殺到。  さらに、賀来が2010年4月期に放送された新体操を題材にしたドラマ『タンブリング』(TBS系)で、バク転を披露していたことを知る視聴者からは「かっくんのバク転、タンブリング以来に見た~」「タンブリング仕込みのバク転」などのツイートも寄せられていた。  伊藤が理子と歩いているところを目撃し、二股をかけられていると思い込んだ京子は、ショックから教室の机に突っ伏して動けなくなってしまう。そんな京子を演じる橋本は、豪快な白目を披露。彼女のコミカルな演技にネット上は「橋本環奈ちゃん、白目をむいても可愛い」「福田組は白目必須なの?」などの反響が。  勘違いした京子は、理子にタイマンを挑み、理子の自宅の道場で勝負をすることに。橋本と清野によるハードなアクションシーンに「女子2人のアクションいい」「最高!!」などの声がSNSに寄せられた。

  • 橋本環奈

    橋本環奈&清野菜名の“今日俺ダンス”動画に反響「さすがアイドル!」

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の公式インスタグラムが3日、本作に出演する女優の橋本環奈と清野菜名のダンス動画を公開。2人が踊る姿に「かわいすぎる」「元アイドルの環奈ちゃんさすが」などのコメントが殺到した。@@cutter 投稿された動画は、ドラマのオープニングテーマ『男の勲章』に合わせて、橋本と清野がダンスをしている姿を捉えたもの。2人が出演しているドラマ『今日から俺は!!』のオープニングタイトルバックは、主人公を演じる賀来と彼の相棒を演じる伊藤健太郎をメインボーカルに、出演者の太賀がドラム、矢本悠馬がギター、乃木坂46の若月佑美がベース、Wヒロインの橋本、清野がコーラスという“今日俺バンド”が観客を前に『男の勲章』を演奏している映像で構成されている。  投稿された動画には「初合同練習でコレ。恐るべし!!」というコメントと共に、スポーツウェア姿の橋本と清野が本番さながらのキュートでセクシーなダンスを披露する様子が収められている。橋本は元アイドルだけあって動きがしなやかで、「環奈ちゃんがキレキレ」とファンも驚きの様子だ。  貴重な瞬間を捉えたこの動画には「かわいすぎる」「眼福!眼福!」「最高としか言いようがない」など称賛の声が殺到。さらに公式ツイッターでは、インスタグラムに投稿されたダンス動画のフルバージョンが公開されている。 引用:https://www.instagram.com/kyoukaraoreha_ntv/

  • 『今日から俺は!!』第3話場面写真

    今夜『今日から俺は!!』、今井の理子への失恋から三橋VS智司へ発展

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第3話が今夜放送される。第3話では、太賀演じる今井の恋心から、賀来演じる主人公を巻き込んだ大騒動に発展する。@@cutter 本作は、累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒットコミックが原作。“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマの三橋貴志(賀来)が相棒の伊藤(伊藤健太郎)と共に最強ツッパリコンビとして大暴れする。メガホンをとるのは実写版『銀魂』シリーズでもおなじみの福田雄一監督。  三橋(賀来)が理子(清野菜名)の父・哲夫(佐藤二朗)の営む道場の危機を救って以来、密かに三橋に惹かれる理子。そんな理子の気持ちに目をそらし、理子に想いを寄せ続ける紅高の番長・今井(太賀)は、連日の待ち伏せの末、ついに告白を決行するがフラれてしまう。ショックを受けた今井は、子分の谷川(矢本悠馬)と共に河原で途方にくれる。  やるせなくて川に投げた大きな石は、馬鹿力が災いして対岸にいた開久のヤンキーに直撃し、喧嘩が勃発。今井にやられて逃げ帰ってきた生徒の話を聞いた番長の智司(鈴木伸之)は、開久のメンツにかけ、総出で今井を探しまわる。  開久のNo.2である相良(磯村勇斗)たちに谷川が襲われている現場に鉢合わせる今井。自分が目当てと知った今井は心配する谷川を残し、一人で相良たちについて行く。そんな今井の姿を三橋が偶然見かけたことから、事態は大騒動に発展する。  ドラマ『今日から俺は!!』第3話は、日本テレビ系にて今夜10月28日22時30分放送。

  • 『今日から俺は!!』第2話場面写真

    今夜『今日から俺は!!』三橋は同級生・理子が気になって仕方がない

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2話が今夜放送される。第2話では、三橋(賀来)が同級生の理子(清野菜名)に因縁をつけられる様子や、伊藤(伊藤健太郎)が喧嘩している京子(橋本環奈)に遭遇する姿などが描かれる。@@cutter 私立軟葉高校に通う三橋と伊藤の“最強ツッパリコンビ”が繰り広げる日々を、ユーモアたっぷりに描く本作。ある日、道を歩いていた三橋は、同級生の風紀委員にして武道の達人でもある赤坂理子から、肩が当たったと難癖をつけられる。  理子の態度が気に入らず、家に帰っても落ち着かない三橋。父である一郎(吉田鋼太郎)からは「恋をしている」と指摘されるが、三橋はムシャクシャするのは理子をぶっ飛ばしたいからだと結論付ける。  翌日、伊藤は担任の椋木(ムロツヨシ)から、全員つっぱりの最強校・開久高校の生徒が、女装趣味の男子生徒・石橋と吉村を探して軟高を嗅ぎ回っている、という話を聞く。先日倒したヤクザの件で、偽名を使った自分たちが狙われていることに気づいて焦る伊藤は、三橋に危険を知らせようとするが、上の空の三橋は、理子を追いかけて街に出かけてしまう。  そんな三橋を探す伊藤は、偶然にも喧嘩している京子に遭遇。スケバンをやめたはずでは…とショックを受ける伊藤に、京子は必死に取り繕うのだが…。  一方、三橋と伊藤を探す開久の番長・片桐智司(鈴木伸之)と卑劣なNo.2、相良(磯村勇斗)は、三橋らが使っていた偽名によって難航する捜索に苛立ちを募らせていた。  その頃、街でやっと理子を見つけた三橋だったが、理子はチンピラに絡まれていた。そして三橋は、理子を倒すつもりが、なぜか理子の家の道場にやってきた道場破りと戦うことになってしまう。  ドラマ『今日から俺は!!』第2話は、日本テレビ系で今夜10月21日22時30分放送。

  • (左から)橋本環奈、若月佑美

    『今日から俺は!!』橋本環奈&若月佑美の無防備な寝顔にファン大興奮

    エンタメ

     橋本環奈が出演するドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の出演者ブログで、自身と乃木坂46の若月佑美の寝顔を公開し、ファンの反響を呼んでいる。@@cutter 「私、お昼寝大好き。。」という表題に続き投稿されたのは、同作で共演中の若月が疲れ切って寝ている姿。「だいぶ下から撮ったのに、首外れてるんじゃないかってぐらい下を向いてて、お顔が取れませんでした」とつづっている橋本は、続いて「すぐさま若にLINEで写真を送り、後で見た時の反応を楽しみに待ってました。が、しかし!!いつの間にか私は寝ていた」と寝顔を撮影した過程を説明。  その後自身も寝てしまった橋本は、知らない間に寝顔だけではなくその寝顔と若月の2ショットまで撮られてしまったようだ。披露された寝顔ショットでは、無防備な姿をさらけ出したキュートな橋本を確認することができる。  橋本はブログの締めに「女子チームの寝顔編という事で忘れてはならない、清野菜名様の寝顔も勝手にアップさせて頂きます」とつづり、こちらも無防備すぎる清野の寝顔を投稿した。  コメント欄には「なんでみんなそんなに寝顔可愛いの!?」「美女3人の寝顔ー!!」と興奮するファンが続出。その他にも「1話面白さ爆発でした!」「2話も本当に楽しみ」と、ドラマに対する期待が多数寄せられている。 引用:https://ameblo.jp/kyou-ore/

  • (左から)賀来賢人、伊藤健太郎

    賀来賢人&伊藤健太郎の女装が「かわいすぎる」 『今日から俺は』初回

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第1話が14日に放送され、主人公を演じる賀来と、相棒役の伊藤健太郎が女装姿を披露。視聴者から「かわいすぎる」「似合う」「美人ー!!」などの声がSNSに殺到した。@@cutter 本作は、累計発行部数4000万部を超える西森博之の同名コミックを原作に“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマ・三橋貴志(賀来)が、相棒のトンガリ頭・伊藤(伊藤)と共にツッパリコンビとして大暴れする姿を描く。実写版『銀魂』シリーズの福田雄一監督がメガホンをとる。  高校生の三橋貴志は、転校を機に金髪パーマにイメチェン。しかし、登校初日、同じく転校生として現れたトゲトゲ頭の伊藤とひょんなことからコンビを組むことに。2人は成蘭女子高校の早川京子(橋本環奈)から“しつこく学校に訪れる不良を追い払ってほしい”と依頼される…。  冒頭には、三橋と伊藤の担任となる椋木先生(ムロツヨシ)が登場。演じるムロは10月期のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系/毎週金曜22時)のシリアスな芝居で新境地を切り開いたことでも話題となっているが、本作では金八先生を彷彿させる長髪を振り乱し、コミカルな演技を披露。SNSに視聴者から「ムロちゃんはこうでなきゃ!」「大恋愛からの振り幅がすごい笑」などの投稿が寄せられた。  転校早々、三橋と伊藤は2人で10人の不良を倒したことから、他校の生徒からも目をつけられてしまう。京子からの依頼を引き受け、成蘭女子高校の制服に着替えてスケバンに変身した2人。演じる賀来と伊藤が女装を披露すると、視聴者から「かわいすぎる」「似合う」などのツイートが殺到。イケメン俳優のハイクオリティな女装に「美人ー!!」「女装レベル高っっ!!」などの反響が巻き起こった。  本編の後半、三橋と伊藤はヤクザに誘拐された京子を奪還。しかし満身創痍の2人は、不良に絡まれてしまう。そんな彼らのピンチを救ったのは、同級生の赤坂理子。理子に扮する清野菜名がハードなアクションを披露すると。SNS上には視聴者から「アクションがすげぇ」「一番のイケメンがきた」などの投稿が上がっていた。

  • 『今日から俺は!!』第1話場面写真

    『今日から俺は!!』今夜スタート 賀来賢人&伊藤健太郎の最強コンビ誕生

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)が今夜スタート。第1話では、賀来演じる主人公と伊藤健太郎扮する相棒によるツッパリコンビ誕生の瞬間が描かれる。@@cutter 本作は、週刊少年サンデーなどに約10年連載され、累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒットコミックが原作。主人公の三橋貴志(賀来)は、“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマの規格外ヒーローで、トンガリ頭・伊藤(伊藤健太郎)と共に最強ツッパリコンビとして大暴れする。メガホンをとるのは実写版『銀魂』シリーズでもおなじみの福田雄一監督。  “ツッパリ”全盛期の1980年代。平凡な日常に疑問を感じていた高校生・三橋貴志は、転校を機に金髪パーマにイメチェンし、生粋のツッパリを装って転校デビューをする。しかし、転校先への登校初日、同じく転校生として現れたトゲトゲ頭のツッパリ・伊藤の姿を見た三橋は愕然。実は伊藤も前日に同じパーマ屋で鉢合わせた「今日からツッパリ」として転校デビューを狙う同類だったのだ。  昨日までツッパっていなかった自分の正体を伊藤にバラされないかと焦る三橋だが、早速クラスの不良たちに目をつけられ、屋上に連れ出される。得意の卑怯な手で相手の隙を突こうとしたその時、正義感が強く弱い者いじめを嫌う伊藤が助けにやってくる。  偶然とラッキーが重なって、気づけば2人は10人の不良を相手に勝利! これを機に「今日からツッパリ」という同じ秘密を共有する三橋と伊藤は相棒としてツッパリ道を歩むことに…。  ドラマ『今日から俺は!!』第1話は、日本テレビ系にて今夜10月14日22時30分放送。

  • (左から)高畑充希、橋本環奈、土屋太鳳

    橋本環奈、土屋太鳳、高畑充希…女優で選ぶ注目の秋ドラマは?【後編】

    エンタメ

     10月から続々とスタートする秋ドラマでは果たしてどんな作品、どんな俳優たちが、私たちを楽しませてくれるのか? 女優を中心にお届けしている秋ドラマ展望の後編は、前編に負けず劣らず、橋本環奈、高畑充希ら魅力的な女優たちが登場する。@@cutter■橋本環奈、清野菜名、若月佑美 80年代ヤンキー漫画に登場  累計発行部数4000万部超という西森博之の人気漫画を、ヒットメーカー福田雄一の監督・脚本で実写ドラマ化したのが10月14日スタートの賀来賢人主演『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)だ。賀来の役どころは、“どんなことをしてでも勝つ”が信条の金髪パーマのヤンキー、三橋貴志。彼と最強のツッパリコンビを組むのが、伊藤健太郎演じるトンガリ頭の伊藤真司だ。  学園モノといえば女優陣にも注目が集まるわけだが、同作では終了したばかりのNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で一躍全国区にブレークした感のある清野菜名と、橋本環奈が見逃せない。清野は髪を“聖子ちゃん風カット”にしてヒロイン・赤坂理子を、橋本は“明菜風カット”で早川京子を演じる。原作漫画は現在30代~40代男性の青春期に人気を博した作品で、80年代の時代設定ということから、当時のヤンキー文化やファッションも楽しめそう。乃木坂46の岩月佑美の、かわいいヤンキー姿を見ることもできそうだ。 ■人気シリーズに再登場 土屋太鳳は3年でどれだけ成長?  池井戸潤氏原作、阿部寛主演のヒットドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の約3年ぶりとなる新シーズンは10月14日スタート。前作から土屋太鳳、竹内涼真、真矢ミキ、木下ほうか、恵俊彰、池畑慎之介、倍賞美津子らが続投となる中、阿部演じる主人公・佃航平の娘・利菜役の土屋には、この3年で培った女優としての成長ぶりに期待したい。土屋は夏ドラマでは主演を務めた『チア☆ダン』で、チアダンスに青春のありったけのエネルギーを注ぐさわやかな美少女を熱演した。  いまやバラエティーにドラマにCMに映画と、土屋を目にする機会が目に見えて増えた。これまでは制服姿の学園モノの印象が強かったが、現在23歳。そろそろこれまでのイメージから脱却する時期なのでは? 今作の土屋が何を見せてくれるかで、女優としての“これから”も見えてきそうだ。 ■榮倉奈々が“こじらせ気味”の女性医師  高橋一生が民放ゴールデン帯連ドラ初主演で前人気の高い9日スタート『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)には、榮倉奈々が出演する。動物行動学の大学講師で、自分が好きなことや気になることについて考え始めると周囲には目もくれず没頭してしまう変わり者の主人公・相河一輝(高橋)が通う歯科の院長で、才色兼備だがこじらせ気味な一面も持つ女性医師・水本育実を演じる。  榮倉のフジ系連ドラへのレギュラー出演は7年ぶり。役柄について「働く女性が多い現代で、共感してもらえる部分をたくさん持っているようにも思えました。凝り固まった心が高橋一生さん演じる相河一輝によって解かれていく姿を見たいと思いました」とコメントを寄せている。夏ドラマでは『この世界の片隅に』の現代パートに出演したが、登場時間自体は少なかった。今回は女優・榮倉の魅力をガッツリ発揮できそうだ。@@separator■戸田恵梨香、ムロツヨシに本気で恋  戸田恵梨香がムロツヨシと共演する『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系/毎週金曜22時)も、10月12日の放送開始が待たれる注目作だ。戸田は若年性アルツハイマーにおかされた主人公の女医・北澤尚を演じる。戸田がTBSの連ドラで主演を務めるのは、2010年放送『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』以来8年ぶりだが、今作では34歳にして若年性アルツハイマー病に冒されながらも本気で一人の男性に恋をする女医を演じる。  自分を忘れていく恋人を明るく健気に支える元小説家・間宮真司役のムロとは、共に演技力には定評のある者同士、絶妙のカップリングになりそうな予感がする。漫画や小説をベースにしたドラマが多い中、同作はラブストーリーの名手・大石静が脚本を手がける完全オリジナルドラマという点も注目ポイントとなる。 ■石橋杏奈が初の刑事役 稲森いずみ、田中道子らキレイどころも  10月13日スタート『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』(日本テレビ系/毎週土曜22時)は、Sexy Zoneの中島健人と遠藤憲一の異色コンビで話題の新感覚刑事ドラマ。中島が、警察組織の現実を目の当たりにし、やる気がなくなっている新米刑事・斑目勉を演じ、遠藤が誰も姿を見たことがない幻の大泥棒ながら、その豊富な知識で斑目になぜか捜査協力をする煙鴉(けむりがらす)役で共演する。原作は、『週刊ヤングジャンプ』連載中の人気漫画『ドロ刑』(作・福田秀)とあって面白そうだ。  同作の注目女優は、刑事経験0のド天然刑事・小平美希役にキャスティングされた石橋杏奈。初の刑事役となる。映画やドラマで活躍ぶりも充実。今年1月期の『きみが心に棲みついた』で、主演の吉岡里帆を食いかねない壊れっぷりが話題になったのもまだ記憶に新しい。ほかにも江口のりこが演じる変装の達人をはじめ、稲森いずみの天真らんまんな美人係長、田中道子のスタイル抜群な美脚研究員など、個性ある女優が個性ある役どころで出演する。 ■高畑充希の演技力で魅せてくれそう  高畑充希の主演で期待がかかるのは10月12日スタート『忘却のサチコ』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)。今年の新春に放送されてすでに好評を博している作品が、今回は連ドラになって帰ってくる。阿部潤の原作漫画でもまだ取り上げられていない宮崎県を舞台に描かれるというから楽しみだ。高畑は結婚式の日に新郎に逃げられた文芸誌のアラサー編集者・幸子役。  “鉄の女”がつらいことを忘れるために“うまいもの”を探し求めて奔走するグルメコメディーで、高畑の演技力なくしては成立しない作品ともいえる。この9月に人気作『過保護のカホコ』(日本テレビ系)のスペシャル版が放送されたばかりの高畑だが、テレ東の連ドラはこれが初主演。葉山奨之、逢沢りな、重岡漠、上地春奈、ふせえり、吹越満、温水洋一ら共演陣も万全のラインアップで臨む。美食とともに、高畑の演技に期待したい。  バラエティーに富む作品が勢ぞろいする秋ドラマ。放送時期が秋からクリスマスシーズンとなるこのクール、季節の移ろいとともに各ドラマも盛り上がっていきそうだ。(文:志和浩司)

  • 志尊淳、清野菜名

    『半分、青い。』志尊淳、清野菜名と2ショット 「号泣した」と反響続々

    エンタメ

     俳優の志尊淳が26日、自身のツイッター上で、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)で共演している女優の清野菜名との2ショット写真を披露。今週の放送を見た視聴者から反響が続々と寄せられている。@@cutter 「ユーコちゃん ありがとう。」との言葉を添えて清野との2ショット写真をアップした志尊。『半分、青い。』で志尊演じるボクテと清野扮するユーコの2人は、鈴愛(永野芽郁)と共に漫画家・秋風羽織(豊川悦司)の事務所・オフィスティンカーベルでアシスタントとして切磋琢磨。その後、それぞれの道を歩み始めてからも、交流は続いていた。  しかし2011年3月11日の震災で被災したユーコは、行方不明に。無事を祈る鈴愛とボクテだったが、26日の放送のラストで、鈴愛はボクテからの電話で、ユーコが亡くなったことを知った。  志尊はそのことをふまえて、「#ユーコちゃんの想いも胸に」「#オフィスティンカーベル永遠に」「#幸せをありがとう」と書き込み、「#最後まで見届けてね」と最終回まで残りわずかとなる放送をアピールした。  ドラマの中での2人の深い絆を知る視聴者からは、「朝から涙が出てしまいました」「ボクテの涙声の電話で涙腺崩壊です」「ボクテくん、ユーコちゃん。ありがとう」といった反響が相次いでいる。 引用:https://twitter.com/jun_shison0305

  • 清野菜名

    清野菜名、金髪になって躍動!『半分、青い。』とのギャップに驚く声も

    エンタメ

     女優の清野菜名が27日、自身のインスタグラムを更新し、金髪を振り乱す躍動感あふれる写真を披露。ファンからは「かっこいい」「金髪も似合ってるよ」といった声のほか、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合テレビ/毎週月曜~土曜8時)で見せる姿とのギャップに驚く声も送られている。@@cutter 「see you there」というコメントとともに清野が投稿しているのは、金髪姿のショットだ。1枚目の写真には丸いサングラスの清野が写っているが、強風が吹いているのか金髪が乱れに乱れている。2枚目はどこかの観光地だろうか、滝を背景に、清野がデニムのジャケットにチノパン、サンダルというラフなスタイルでリラックスした表情を浮かべている。  清野といえば、『半分、青い。』でヒロインの鈴愛(永野芽郁)が漫画家時代に得た仲間・裕子を演じている。26日の放送は、東日本大震災で被災し安否不明となっていた裕子について、鈴愛が同じく仲間のボクテ(志尊淳)から「ダメだった」と報告を受けるところで幕を閉じていた。  ファンからは、清野の写真に対する「躍動感ダイスキ!!!!!」「かっこいい」といった感想のほか、「朝ドラとのギャップが」とびっくりする声も。また裕子の死が描かれた直後だけに「ユーコの知らせ、朝から泣きました」「ゆーこ…お願いだから生きてて欲しかった」といったドラマの感想も多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/seinonana/

  • 『今日から俺は!!』主題歌を歌う今日俺バンド

    賀来が歌い、環奈が踊る!『男の勲章』が『今日から俺は!!』主題歌に

    エンタメ

     俳優の賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名、橋本環奈らが出演する日本テレビ系10月期日曜ドラマ『今日から俺は!!』の主題歌が、1982年に大ヒットした『男の勲章』に決定し、キャストがオープニングタイトルバックのために“今日俺バンド”を結成したことも発表された。主題歌でボーカルを務める賀来は「このような経験は初めてでしたし、アーティストさんの気持ちを少しでも味わえた気がして凄く楽しかったです」と振り返っている。@@cutter 西森博之による累計発行部数4000万部を超える大ヒットコミックを基にする本作は、“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマ規格外ヒーロー・三橋貴志(賀来)が、トンガリ頭の伊藤(伊藤)と共に、最強ツッパリコンビとして大暴れする姿を、ギャグや男気とともに描く青春不良コメディー。  “今日俺バンド”では、賀来と伊藤がメインボーカルを務め、ダブルヒロインの清野と橋本がコーラスで花を添える。他にも、ドラムを太賀が、ギターを矢本悠馬が、ベースを若月佑美(乃木坂46)が務める。“今日俺バンド”の映像は、もちろん福田雄一監督が手掛けたもの。80年代のかっこよさ全開で、ダブルヒロインのカッコかわいい“ツッパリダンス”にも注目だ。  賀来は「出演者で組んだ“今日俺バンド”、歌あり楽器あり踊りありでとても斬新なオープニングになっていると思います」と言い、伊藤は「男らしい曲でありながら、オリジナルダンスもあり、みなさんノリノリになれる曲だと思います」とコメント。  清野は「誰もが聞いたことがある曲だと思いますし、私たちが担当したダンスはとても真似しやすい振りになっています」と魅力を語り、橋本は「コーラス&ダンス担当の私は、菜名ちゃんと2人一生懸命練習しました。撮影の合間にも手の高さ、タイミングなど細かい個所まで合わせたので、息が合っている2人にも是非注目してください!」と話している。  『今日から俺は!!』は、日本テレビ系にて10月14日より毎週日曜22時30分放送。

  • 『半分、青い。』第19週「泣きたい!」

    『半分、青い。』19週、律と再会した鈴愛はある事実にショックを受ける

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、6日から放送の第19週「泣きたい!」では、娘の花野(山崎莉里那)を連れて岐阜に戻った鈴愛(永野芽郁)は、律(佐藤健)と再会する。大阪にいるはずの律が地元にいる理由を知らない鈴愛は、律も離婚して実家に戻ってきたと早合点。自らの境遇を打ち明けるとともに、律からプロポーズされた夜のことを語り出し…。@@cutter 帰郷した鈴愛は母・晴(松雪泰子)からは律の母・和子(原田知世)の近況について、ブッチャー(矢本悠馬)からは律が梟町にいる理由を知らされ、ショックを受ける。実家に戻ればつくし食堂を手伝って暮らせるとほのかな期待を寄せていた鈴愛だったが、食堂は手が足りていて早く仕事を見つけて働くようにと晴から促され、困ってしまう。  律やブッチャーに相談するも、なかなか仕事は見つからない。そんなある日、ユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が、梟町にやってくる。二人との再会に鈴愛は大喜びし、律を呼んで宴会が始まる。そのうち、酔っ払ったボクテがとんでもないことをみんなに暴露し始める。  先週放送の第18週「帰りたい!」では、花野の1歳の誕生日、その体が異常に熱くなっていることに気がついた鈴愛は病院に駆け込む。なかなか連絡がとれなかった涼次(間宮祥太朗)も遅れて病院に駆けつけ、花野の熱は無事に下がった。数日後、光江(キムラ緑子)は涼次に、連絡がとれなかったことを不審に思い問いただすと、祥平(斎藤工)に呼び出され映画の打ち合わせをしていたという。涼次は人気作家の佐野弓子(若村麻由美)から新作を原作にした映画の脚本と監督を依頼されたが、一度は断る。  時は過ぎ、花野5歳の誕生日。鈴愛は涼次から突然「別れてほしい」と告げられる。4年前から書き続けていた弓子の作品の脚本が完成し、その作品で映画監督デビューするという。それを聞き感情的になる鈴愛。家族のために堅実な生活を続けてほしいと願うが、涼次の意志は固い。話を聞いた光江は今すぐ家から出て行けと言い放つ。後日光江らは祥平の家まで涼次を迎えにいくが、涼次は、このチャンスに映画一本に賭けたいと帰宅を拒否。そして鈴愛が改めて涼次を訪ね、「別れるのは嫌だ」と涙をこぼすが…、という内容だった。  NHK連続テレビ小説『半分、青い。』は、総合テレビにて月曜~土曜8時放送。

  • 清野菜名と賀来賢人

    清野菜名が賀来賢人に、飛び蹴り!

    エンタメ

     10月からスタートするドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜)インスタグラムが17日、同作に出演する女優の清野菜名が、俳優の賀来賢人に飛び蹴りを食らわせようとする写真を公開した。清野の華麗な蹴りに対して、「凄いキック」「清野菜名ちゃんジャンプ高っ!!」と驚きの声が上がった。@@cutter 『今日から俺は!!』は漫画家の西森博之の同名コミックを『銀魂』『スーパーサラリーマン左江内氏』の福田雄一監督が実写ドラマ化するヤンキーコメディー。  賀来はケンカがめっぽう強い金髪ヤンキーの三橋貴志役を、清野は三橋に思いを寄せる、武道家の一人娘・赤坂理子役を演じる。  映画『TOKYO TRIBE』でもキレの良いアクションを見せていた清野の飛び蹴りは、高い跳躍を見せており、賀来も驚きの表情を隠せない様子。また、2枚目では三橋と最強ツッパリコンビを組む伊藤真司役の伊藤健太郎がアクションの特訓をしている様子が写し出されている。  これらの写真に対して、ユーザーからは「凄いキック」「躍動感すごみ。健太郎くんかっこいい」「カッコいい!」といった声が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/kyoukaraoreha_ntv/

  • (キャスト左から)橋本環奈、伊藤健太郎、賀来賢人、清野菜名

    『今日から俺は!!』賀来&健太郎、完全再現キャラビジュアル解禁

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務める日本テレビの10月期日曜ドラマ『今日から俺は!!』に出演する4名のメインキャストのビジュアルが解禁された。主人公・三橋貴志の金髪パーマを地毛で完全再現した賀来は「髪型や衣装のビジュアルをかなり作り込んでいただき、毎日気持ちよく三ちゃんをやれています」と語っている。@@cutter 今回、ビジュアルが公開されたのは、賀来演じる主人公・三橋と、彼の相棒・伊藤真司を演じる伊藤健太郎、さらに清野菜名と橋本環奈が演じるダブルヒロイン、理子と京子の姿。三橋の金髪パーマ同様、伊藤のツンツン頭も健太郎が地毛で完全再現。さらに理子は時代を感じさせる“聖子ちゃんヘア”に。対する京子は“明菜ヘア”で原作と80年代を感じさせるビジュアルに仕上がっている。  主演の賀来は「ストレスがあるとすれば、相棒の髪がよく顔に刺さることです」と健太郎のツンツン頭に言及すると、健太郎は「このためにひたすら伸ばした地毛で、メイクさんに早朝から作ってもらっています!」とコメント。さらに「風が吹いても全く崩れない気合いの入った伊藤の髪型も見所ですが、キャストのみんなとスタッフさんと監督と一緒に汗水流して作り上げた自信作です!」とドラマの出来をアピールした。  ヒロインの一人・理子を演じる清野は「理子は、とても真っ直ぐでかわいい80年代のヒロインを意識して演じているんですが、アクションはとてもかっこいい仕上がりになっていますので楽しみにしててください!!」と期待を煽ると、もう一方のヒロイン・京子を演じる橋本は「『元ヤンキー』というオーラと、伊藤の前ではぶりっ子という二面性を思い切り出せるビジュアルになっていると思います」と自身の役柄を語っている。  『今日から俺は!!』は、日本テレビ系にて10月より毎週日曜22時30分放送。

  • 『半分、青い。』鈴愛に大切な仲間からお祝いのメッセージが届く

    『半分、青い。』秋風先生からの“アドリブ”結婚祝メッセージに鈴愛も感動

    エンタメ

     女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時)。17日放送の第92回では、涼次(間宮祥太朗)との結婚式を終えた鈴愛(永野)の元に、秋風(豊川悦司)やボクテ(志尊淳)ら鈴愛の大好きな仲間からお祝いのメッセージが届けられる。@@cutter 16日から始まった第16週「抱きしめたい!」で鈴愛と涼次はついに結婚。新居に移るまでは今までどおりの生活を続けることになった鈴愛に、祥平(斎藤工)が撮影した結婚式のビデオが届けられる。仕事が終わり、自宅でビデオを観る鈴愛の目に飛び込んできたのは…。  このお祝いメッセージの収録は、脚本の北川悦吏子からこれだけは言ってほしいという事柄が少しと、“役の気持ちになってスズメに祝福の言葉、お願いします”というコメントのみが届けられ、セリフ無しのアドリブで行われた。秋風やボクテのほか、菱本(井川遥)、ユーコ(清野菜名)、ブッチャー(矢本悠馬)、菜生(奈緒)、貴美香(余貴美子)ら、鈴愛の成長を見守ってきた大切な仲間は、それぞれどんなコメントを鈴愛に贈るのか注目だ。  撮影を終えた永野は、「監督から『撮影本番までは、メッセージの内容は見せない』と言われていたんですが、ユーコもボクテもブッチャーも菜生ちゃんも『こんなこと言ったよ』って教えてくれるんです(笑)。しかも、ひしもっちゃんにいたっては、撮影シーンを少しモニターで見てしまいました…」と裏話を明かす。  しかし、「いざ撮影本番となると、秋風先生が映っただけで感動してしまって、すごく大変な時期を共にしたからこそ、いろんな気持ちもわいてくるし、ずっと泣いていました」と感動した様子。また、「私をとりあげてくれた貴美香先生の言葉で鈴愛の成長も実感できましたし、皆さんが本当に愛のこもったセリフをおっしゃっていて、『こんな人たちに出会えた鈴愛はとっても幸せ者だな』って思いました」と見どころを語っている。  鈴愛へのお祝いメッセージが登場する『半分、青い。』第92回は、NHK総合にて7月17日8時放送。

  • 『半分、青い。』第14週「羽ばたきたい!」

    『半分、青い。』14週、漫画家を辞める決意を伝えた鈴愛 そして…

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、2日から放送の第14週「羽ばたきたい!」では、久々の読みきり漫画掲載の締め切りが迫る中、追い詰められて己を失いかける鈴愛(永野芽郁)だったが、秋風(豊川悦司)のひと言で我に返る。ユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)も力になろうと集まってくるが、筆が進まない鈴愛は悪戦苦闘。結局、原稿を仕上げることができないまま締め切りの朝を迎え…。@@cutter 鈴愛はピンチに陥いるも、秋風によって救われる。しかし、自分の可能性を信じられなくなった鈴愛は、秋風と菱本(井川遥)に、漫画家を辞める決意を伝える。その意志の固さを感じた秋風は、はなむけに鈴愛ら弟子たちへの思いを語る。  1999年秋。秋風のもとを去り、ひとり暮らしを始めた鈴愛は、生活のため100円ショップ「大納言」でアルバイトを始める。  先週放送の第13週「仕事が欲しい!」では、岐阜に帰省した鈴愛と律はお互いの近況を報告し合う。そして別れ際、律から「結婚しないか」と告げられる。「京都に一緒に行かないか?」と。だが鈴愛は漫画の道を第一に考え、「ごめん、無理だ」と断る。鈴愛としては漫画家としてもっと売れるつもりだった。売れたら逆に律にプロポーズするということだった。  1999年、28歳になった鈴愛は、漫画の連載も打ち切られ、秋風のアシスタントとして働いていた。秋風らの口利きにより、なんとか漫画の仕事を手に入れるが、新作のアイデアがまったく浮かんでこず、アルバイトのイラストを描くことで手一杯になっていた。  そんな時、律からの結婚報告はがきを目にした鈴愛。母・晴(松雪泰子)に電話をするが、話しているうちに涙がこみ上げてくる。秋風は真相を確かめるために律の職場に電話。律が鈴愛にプロポーズするも断られたことを知るが、どうやら鈴愛の真意が十分に伝わっていなかったことを知る。秋風は「人生は一方通行だ。たとえ誤解があっても引き返せない」とつぶやく。一方鈴愛は律からのはがきを手に律の家を訪ねる、という内容だった。  NHK連続テレビ小説『半分、青い。』は総合テレビにて月曜~土曜8時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access