w‐inds. 関連記事

  • w-inds.(左から、千葉涼平、橘慶太、緒方龍一)

    w‐inds.が18周年! 3ショット披露に国内外のファンから祝福の声が殺到

    エンタメ

     ダンスボーカルユニットのw‐inds.が3月14日にデビュー18周年を迎えた。お祝いのケーキを前ににっこりほほ笑む3人のショットに、ファンから祝福の言葉が殺到している。@@cutter w‐inds.は橘慶太、千葉涼平、緒方龍一からなる3人組で、2001年3月14日にシングルCD『Forever Memories』でデビューした。橘は自身のインスタグラムを更新し、「#w_inds #18周年 #18thanniversary #thanks」とハッシュタグを並べて、3人のショットを投稿した。グループ公式のツイッターも同日、同じ写真とともに「祝・18周年。 今年も3人で3月14日を迎えることができました。皆様に感謝いたします!」とあいさつした。  ファンからは橘のインスタグラムなどに祝福の言葉が殺到。海外展開もしている3人だけに、「おめでとうございます。台湾から応援してますー」といったコメントや、外国語での言葉も多数書き込まれている。 引用:https://www.instagram.com/keita_tachibana_1985/    https://twitter.com/winds_tv

  • 第2子誕生を報告したw-inds.橘慶太

    松浦亜弥&橘慶太、第2子誕生を報告 ファン「ほっこりしました」

    エンタメ

     2013年に結婚した歌手の松浦亜弥とw‐inds.の橘慶太との間に、第2子が誕生したことを31日、橘が自身のインスタグラムで報告。ファンから「すてきな写真ですね」「かわいい手だね 幸せ感ぱない!!」と祝福のメッセージが寄せられている。@@cutter 橘は「家族が増えました。父親として沢山の事を学び、成長して良い音楽を届けられる様に頑張ります。これからもどうぞよろしくお願い致します」というキャプションで、生まれたばかりの子供と、2014年に誕生した長女、そして橘と松浦が手のひらを上にして重なったの写真を投稿。  これに対し、ファンから「おめでとうございます!!」「重なりあう小さな手と大きな手 すごく幸せな気持ちになりました!」「写真から幸せいっぱいなのが伝わってきてほっこりしました」と祝福の声が殺到。「あややさんお疲れ様でした!」「可愛い手 はむはむしちゃいたくなりますよね!! 是非イクメンに」「慶太くん、いいパパしてるんだろうと想像は出来ますが、あまりにも家庭の雰囲気を感じないので、こういう写真を見ると、あぁ旦那さんでありパパなんだなーと、勝手ながらしみじみ」といった声や、「慶太くんとあやちゃんの手ってめっちゃ似てますね!びっくりした」といった声もあった。 引用:https://www.instagram.com/keita_tachibana_1985/

  • 舞台『SUPERLOSERZ』への意気込みを語った、千葉涼平

    w‐inds.千葉涼平「勝ち負けは好きじゃない」 グループだからこそ成長できた理由とは

    エンタメ

     伸びやかな歌声と耳馴染みのいいサウンド、そして華やかなパフォーマンスが代名詞のダンス&ボーカルユニット「w‐inds.」。グループのリーダーとして活躍する千葉涼平が、これまでにない新しいエンターテインメントの世界に身を乗り出した。演出は数多くの有名作品を輩出してきた宮本亜門、さらには音楽界の開拓者・KREVAも特別出演する『SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う(以下:SUPERLOSERZ)』。否が応にも期待は高まる中、“パフォーマンスのみ”で挑む役作りや宮本との“共演”について語った。@@cutter 本作の舞台は、20XX年の地球。テクノロジーは進化し、豊かな自然が戻りつつある一方、富裕層と貧困層の格差が拡がっていた。ある街に暮らす青年(千葉)は、大好きなダンスでも結果が残せず、将来への不安を抱えながら過ごす日々。そんな中、ある日突然、地球を襲った史上最大の危機。謎の男・ミスターX(KREVA)らとともに、果たして彼らは奇跡を起こし、世界を救うことができるのか…。  もともとずば抜けたダンスセンスを持ち、w‐inds. の活動以外にも、5年ほど前からソロでダンス活動を行ってきた千葉。ブレイクダンスをはじめ、さまざまなダンスを踊りこなす彼だからこそ、この前代未聞の作品の主演として白羽の矢が立ったといえそうだ。『SUPERLOSERZ』は、ダンスと音楽とテクノロジーが融合するまったく新しいエンターテインメント。千葉に詳細を聞けば、「全編セリフはなく、ダンスやアクションだけでストーリーが展開されます。基本的にはストリートダンスを使いながら、テクノロジーと映像、照明の連鎖が絡み合って…、亜門さんの演出でどこまで面白くなっていくんだろうといったところですかね」と、壮大な構成をほのめかせた。  言葉を発することなくパフォーマンスのみという限られた条件の役作りは、悩ましいながらも非常に楽しいものだという。初めて宮本の演出を受けた千葉は、「亜門さんは『こうしろ』『ああしろ』と言葉だけじゃなくて、『こういうふうに見えたから、ここまでやっちゃっていいかも』と自分でやってくださるんです。当たり前ですけど、それがすっごくうまいんです!」と興奮し、「亜門さんがやると、そこにそのキャラクターが見えるっていうか…はああ~」と言葉にならない様子で、ため息を吐いた。@@separator 新しい要素のひとつに、振付演出を「WRECKING CREW ORCHESTRA (以下:レッキン)」のYOKOIが務めるということがある。レッキンとは日本を代表するダンスアーティスト集団で、ELワイヤーを使用したオリジナルの「光るダンス」が話題を呼び、一躍有名になった。千葉自身も既に公演を見ていたそうで「もともと知っていて見に行ったんですけど、素晴らしい一流のダンサーさんたちで、本当にうまくて」と熱弁。真剣な眼差しで「この動き、吸収したい、自分の中に落とし込みたいな、と思うんですよ。チラチラ自分が関係ないシーンを見て、密かにすげえ練習してます(笑)」と打ち明けた。  また、本作のタイトルには、『負け犬は世界を救う』と入っている。千葉にとっての負け犬の定義を問うと、「誰かに対して自分は勝ちだとか負けたっていうのは、あまり考えないですね。勝ち負けは、好きじゃない」と即答。「皆で楽しくやろうって共有している時間が楽しいっていうか。対人よりも対自分で、自分が思い描いているものに届かないのは悔しいです」と語った。生き馬の目を抜く芸能界に身を置けば、誰もが競争心にまみれていくのではと思うも、千葉は「皆、基本的にはそうで、“上にいってやる”って強く思うんでしょうね(笑)。僕はグループだということもあると思うんですけど、もともとワイワイしているのがデビュー当時から楽しくて。うれしいことも、それこそダメだったことも共有できるから、それがいいんです」と、清々しく微笑んだ。(取材・文・写真:赤山恭子)  『SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』東京公演は、新国立劇場(中劇場)にて12月5日から15日、大阪公演はシアターBRAVA!にて2016年1月7日から11日まで上演。さらに、本舞台の世界をさらに堪能できる「アフタートーク」が12月6日、12日、13日に開催決定。公演後、演出担当やキャストたちが、ここでしか聞けないトークを繰り広げる。詳細は公式サイトまで。

  • 「SUPERLUSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う」に出演する 千葉涼平(w‐inds.)と古屋敬多(Lead)

    w‐inds.千葉涼平、宮本亜門の新感覚ダンス舞台で主演 Lead古屋敬多も出演決定

    エンタメ

     w‐inds.千葉涼平とLead古屋敬多が、大阪を拠点に活動するダンスアーティスト集団「Wrecking Crew Orchestra(レッキン・クルー・オーケストラ)」と世界的演出家・宮本亜門のタッグで贈る新感覚ダンスエンタテインメント「SUPERLUSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う」に出演することが分かった。@@cutter 本作の主演には、ダンスボーカルユニット「w‐inds.」のリーダーとして、日本のみならず香港・韓国・中国など、アジアにまたがり高い評価を受ける千葉。ブレイクダンスを中心にそのテクニック、ステージ上での存在感は抜群で、自身もストリートダンサーが出演するイベントを発起するなどダンスに深い情熱を注いでいる。また、「Lead」でダンスリーダーを務める古屋も、ストーリー上重要な役を担うという。  千葉は今回の決定に、「この舞台に自分も出演できることを本当に感謝致します」と胸中を述べ、「演出の宮本亜門さんを中心に、偉大なダンス界の方々と、Leadの敬多くんと共に新たなエンターテインメントの形を皆様に届けられたらと思っています!」と意気込みを語る。古屋も「尊敬するキャストの皆さんと、持てる力を全て使って表現していきたいと思っています」と気合い十分な様子だ。  また、Wrecking Crew Orchestraのメンバーからは、本作の振付演出を務めるリーダーYOKOIを始め、世界チャンピオンの称号を持つDOMINIQUE、独特のスタイルを持つSAWADAなど実力者が出演。また、数々の大会で優勝経験を持つGLASS HOPPERのTATSUOや、ジャネット・ジャクソンやブリトニー・スピアーズに認められた女性パフォーマー・仲宗根梨乃の参戦も決定している。  「SUPERLUSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う」東京公演は、新国立劇場(中劇場)にて12月5日~15日、大阪公演はシアターBRAVO!にて2016年1月7日~11日に上演。

  • w-inds・橘慶太と結婚報告をした松浦亜弥(オフィシャルサイトより)

    w-inds.橘慶太、あややと結婚発表 「やっと報告できました」

    エンタメ

     松浦亜弥が、4日、w‐inds.の橘慶太と結婚したことをオフィシャルサイトで発表した。@@cutter これまでも何度も橘との交際に関する報道がされてきたが、今回の結婚発表が初めての正式発表となる。  オフィシャルサイトでは、「本日、8月4日にかねてから交際させていただいている橘慶太さんと入籍させていただきました」と報告。続けて「今までにも何度か交際などの報道がありましたが自分たちが発言する時は、応援してくださるファンの方含め、私に関わるすべての方にご迷惑をかけることのないよう結婚のタイミングでと決めておりましたのできちんとした報告ができず申し訳ありませんでした」とこれまでの報道に対しても謝罪。  「今年の冬で12年の付き合いになりますが、私の青春には、すべて彼がいます。悲しいこと、辛いこと、嬉しいこと、楽しいこと全部です。今までもとても幸せだと日々感じながら過ごしてきましたが、これからは、家族になり、家庭をもち、また新たな幸せを作っていけたらと思っております」と結婚生活へ向けての豊富を語っている。  最後に「今後も、松浦亜弥としてお仕事もより前向きにがんばります。応援して下さる皆様にやっと報告できました。心から感謝いたします」と綴っている。  松浦は、2011年8月に子宮内膜症と診断されたことを報告し、芸能活動を控えていた。橘との結婚を機に、今後、芸能活動がどうなるのか注目される。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access