高山一実 関連記事

  • 『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』完成披露上映会にて

    乃木坂46・与田祐希、西野七瀬の姿を収めた映像に「泣きそうですね」

    映画

     乃木坂46の齋藤飛鳥、秋元真夏、梅澤美波、高山一実、与田祐希、そして岩下力監督が25日、都内で開催された映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』完成披露上映会に登壇した。与田は昨年に同グループを卒業した西野七瀬の姿が収められた予告編を見ると「ちょっと涙が出そうになりました。七瀬さんの卒業は、私にとってもすごく大きなこと」と語った。@@cutter 本作は、『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』から4年を経て公開となる乃木坂46のドキュメンタリー第2弾。乃木坂46が歩んできた軌跡を辿る。齋藤は「1(弾)の時は、割と個人のことにフォーカスを当てていて。育った環境だったり、個人個人のことに踏み込んでいた印象」としたうえで「個人のこともだけど、グループの良さみたいな、皆でいることの良さみたいなものがすごく全面に出ているような気がしたので、同じグループのドキュメンタリーなのに違うものになるんだなっていう、不思議な感覚でした」と本作を鑑賞しての感想を明かした。  この4年間でのグループの変化を問われた秋元は「気をすごく使ったりっていうところは減ってきて」と言い「冗談を言い合えるよね」とニッコリ。これに頷いた高山は「何やっても許してもらえるっていう安心感もある」としたうえで「『この子のここ好きだな』とか昔は思っていたかもしれないですけど、『この子がコンプレックスを抱えている部分すら好きだな』みたいな。全部好きみたいな感じになりましたね」と、メンバー同士の絆が深まったことを明かした。  「4年前の映画が公開されたときは、私は乃木坂46のファンだった」と振り返った梅澤は「スクリーンに映っているのは間違いなく自分なんですけど、今見ている自分と本当に同一人物なのかな?と思うくらい、すごく不思議な感じ」としみじみ。  当日は、昨年に卒業した西野七瀬の姿も収められた予告編が解禁に。与田は西野の姿を映像で見ると「この映画を初めて見たときも、スクリーンの中でも泣いていたんですけど、実際に見ているときも、もう涙が止まらなくて。それくらい大きな存在だったので…もう泣きそうですね」と西野への思いを明かし、目を赤くしていた。  映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は7月5日に全国公開。

  • 高山一実、小説『トラペジウム』トークイベントに登場

    小説大ヒットの乃木坂46高山一実、生田絵梨花からの“逆オファー”明かす

    エンタメ

     乃木坂46高山一実が19日、都内にて自身の小説『トラペジウム』のトークイベントを開催。同作を実写化した場合について聞かれ、グループのメンバー・生田絵梨花から「実写化したら絶対言ってね」と“逆オファー”を受けていることを明かした。@@cutter 同イベントは同作が「2019年上半期文芸書ベストセラー」3位(日販調べ)、および「平成世代が買った本」1位(日販WIN+調べ)を獲得したことを記念したもので、“トラペジウム ベストセラーへの軌跡”と題し、高山がトークを展開した。  同作の執筆時を振り返った高山は「不安だったんですよね。テレビでは、いろいろ葛藤して話すのを抑えてしまうことがあるんですけど、紙の上では全部出している。ファンの方も減ってしまうだろうなっていう覚悟のうえで出版しました」と明かした。  また、作中に登場する楽曲『方位自身』に関して「本の中に出てくる曲は、メロディーは浮かんでるんですよ。いつか楽曲になったらいいなと思っているけど、自分で歌うのは違和感がありますね」と語った。  イベント後に行われた囲み取材では「最初にランキングを聞いたときは、自分のことのような感じがしなかったです。何度かこの現象が起きるんですけど、これほど信じられないことはないくらい。身体が宙に浮いている感じで、短く言えば“アメイジング”ですね」とコメント。  「実写化もあるのでは」という声には「生田絵梨花ちゃんがずっと『スケジュール空けてあるから、実写化したら絶対言ってね』って言ってくれているんですよ」と生田の名前を挙げ、配役は「(登場人物を)特別に作ったりしたいですね」とプランを披露した。一方主役については「本当にアイドルを目指してる子が(ヒロインの)東になったら面白いなって思います。ギラギラした目をオーディションとかで見てみたいな」と目を輝かせた。  今後については「アイドルの活動を頑張りたいです。アイドルになれる人生だと思っていなかったので、基礎的なことをちゃんとやっておけば良かったって思います。遅いかもしれないですけどダンスとか頑張ろうって思っています。やっぱりアイドルは期限が…。いつかは終わってしまうし、今できる、自分が思うキラキラしたアイドル像を頑張りたい」とアイドル活動に意欲を燃やしていた。  乃木坂46高山一実の小説『トラペジウム』はKADOKAWAより発売中。価格は1512円(税込み)。

  • (左から)真野恵里菜、高山一実(乃木坂46)

    真野恵里菜&高山一実、セーラー服姿 「似合う」の声集まる

    エンタメ

     女優の真野恵里菜が1日、自身のインスタグラムに乃木坂46の高山一実、安田大サーカスのクロちゃんとの3ショットを掲載。セーラー服を着用した真野と高山がファンの間で「かわいい」と話題になっている。@@cutter 「しくじり先生が帰ってきました4月1日深夜0:20から」という報告とともに投稿されたのは、真野、高山が共にセーラー服を着用し、真ん中ではクロちゃんがウインクをしている3ショット。同日よりレギュラー番組に復帰する『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系/毎週月曜24時20分)の記念すべき第1回目に教壇に立つクロちゃんについて、真野は「いや、もうねとんでもない授業でしたよ」「とにかく面白かった」と振り返っている。  続いて「この番組に出演させてもらえると乃木坂46の高山一実ちゃんとも会えるので嬉しい」と明かし番組をアピール。高山が所属する乃木坂46の公式ツイッターもセーラー服姿の高山と、3ショットを投稿している。  コメント欄には2人のセーラー服に対する「可愛い」といった声のほか、「楽しみにしてますっ!!かずみんとの共演嬉しい」「絶対面白いでしょw 見ます!!」といった放送を待望する声。また、現在27歳の真野だが、「セーラー服まだ余裕」といった称賛の声が上がっている。 引用:https://www.instagram.com/erinamano_official/    https://twitter.com/nogizaka46

  • 『高山一実写真集 独白』発売記念お渡し会に登場した高山一実

    乃木坂46・高山一実、写真集発売に「ただただ幸せ」 西野七瀬にも言及

    エンタメ

     乃木坂46の高山一実が27日、都内で開催された自身の写真集『高山一実写真集 独白』出版記念お渡し会に出席。高山は写真集の思い出を振り返ったほか、先日同グループ卒業コンサートを実施した西野七瀬について語った。@@cutter フィンランドのヘルシンキでロケを行った本作は、図書館、トラム(路面電車)、大聖堂などを楽しむ高山の姿を収めている。発売を迎えた心境を聞かれた高山は「楽しい思い出としても宝物ですし、こうして一冊、たくさんこだわらせていただいて。紙質ですとか、中の特典ですとか。自分の中では幸せ、ただただ幸せという気持ちです」としみじみ。  フィンランドでの一番の思い出を問われると、付録の冊子に使用されている写真に言及し「表紙がポラロイドを使って風景を撮っている私なんですけど、この風景が一番忘れられません」と回想。「言ってみたら、驚きましたね。こんなに日本から離れているはずなのに、少しだけ、(出身地の)千葉を思い出す」と続け、「第二の故郷かなという風に、勝手に思ってしまって」とも。どこが似ているのか追求されると「友達の家らへんに似てて」とのこと。「うちの家の一番近くのセブン‐イレブンさんから、自転車で30分くらいかけたところの景色に似ています」と明かして会場を沸かせた。  西野七瀬の卒業に話が及ぶと「(卒業コンサートの)最終日は、本当に顔がぼろぼろになるくらい泣いてしまって。次の日も実は涙が止まらなくて。いろいろお仕事ではご迷惑をかけてしまったんですけれど、ちょっともう二日経って、今日、元気になってます」とコメント。「ありがたいニュースがたくさんあるので、そのお陰で元気になっているなって思いますし、人はこうして強くなっていくのかなっていう風に思っていますね」と白い歯を見せていた。  高山は、発行部数17万部を超える自身が手掛けた小説『トラぺジウム』にも触れ「(書店で)文章と写真が並ぶっていうのは、それだけでもう胸がいっぱいなので、(写真集が)売れるに越したことはないですけれども、これが残せたということが、私の中では一つの達成だなって思っています」と思いを明かしていた。  『高山一実写真集 独白』は、徳間書店より発売中。

  • 高山一実、2nd写真集より先行イメージカット

    乃木坂46・高山一実、2nd写真集発売決定 ランジェリー姿も披露

    エンタメ

     乃木坂46の高山一実の2冊目となる写真集が、2月26日より発売されることが決定。北欧を舞台に水着やランジェリー姿も披露している。@@cutter 高山は、乃木坂46きってのバラエティキャラ。近年はMC出演に加え、処女作『トラペジウム』にて乃木坂46メンバー初となる小説家デビューを果たすなど、マルチな才能を発揮している。  そんな高山の2nd写真集のテーマは「愛しさ」。地元・千葉から離れ、高山が乃木坂46加入直後から、いつか行きたいと願っていたフィンランドの港町・ヘルシンキが主な舞台となっている。撮影前、「ずっと憧れていた街に到着した瞬間の私の気持ちが、どうなるのか。それを考えているこの瞬間までも楽しいです」と語った高山。  現地では図書館を探検し、トラム(路面電車)ではしゃぎ、老夫婦とバーで盛り上がるなど、満喫した模様。さらにヘルシンキから古都ポルヴォー、森と湖の町ハメーンリンナにも足を運んだとのこと。  本写真集では、均整の取れたボディラインが美しい水着姿やランジェリー姿も披露する。  高山一実写真集『タイトル未定』は、徳間書店より2月26日発売。価格は1800円(税別)。

  • 西野七瀬、『おしゃれイズム1時間SP』ゲスト 乃木坂46囲み取材に登場

    西野七瀬、卒業前にメンバーとクリスマスを堪能「ロケを忘れて楽しんだ」

    エンタメ

     アイドルグループの乃木坂46が7日、都内にて開催された『おしゃれイズム1時間SP』(日本テレビ系/12月23日23時)番組収録後の囲み取材に出席。年内いっぱいで同グループを卒業する西野七瀬が、「ロケを忘れて、メンバーと初めてクリスマスっぽいことを楽しめた」と笑顔で語った。@@cutter この日の収録には、西野のほかに白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、梅澤美波、与田祐希、星野みなみ、堀未央奈、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、大園桃子、伊藤理々杏、佐藤楓、新内眞衣、井上小百合、高山一実、斉藤優里、山下美月の選抜メンバー19名が勢ぞろい。『おしゃれイズム』史上最多人数の出演となった。  同番組では、クリスマス・スペシャルということで、3チームに分かれて横浜・みなとみらいや赤レンガ倉庫でショッピングや食べ歩きを楽しんだり、江ノ島でプレゼント作りに挑戦したり、ロマンチックなイルミネーションもたっぷり堪能。さらに、千葉県でもみの木をゲットしたメンバーは、乃木坂46オリジナルのクリスマスツリーを制作し、完成作品をスタジオで披露した(集合写真・後ろのツリー)。  クリスマスの雰囲気をたっぷり楽しんだメンバーは、収録後、それぞれがロケの思い出を語ったが、中でも、年内いっぱいで同グループを卒業する西野は、「ロケをしていることを忘れて、純粋に(赤レンガ倉庫の)クリスマス・マーケットを楽しんじゃいました」と満面の笑顔。「今までクリスマスの思い出がほとんどないまま生きてきたので(笑)、ようやくみんなとクリスマスっぽいことができて、本当に楽しかった」と胸の内を明かすと、同行していた高山が、「一緒に歩いているときに、なーちゃん(西野)が自然に腕に絡みついてきて胸がキュンとした」と思い出をかみしめた。  白石は、「前回は1人で出させていただいたのですが、今回はクリスマス・スペシャルということで、大人数のメンバーで出演することができたので、すごくうれしかったし、楽しい会になったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と真摯にアピール。生田は、「乃木坂のメンバーは、結構、ボケてる人が多くて(笑)、それをすかさず司会の上田(晋也)さんが拾ってくれて、それを投げ返してくれたので、収録中、ずっと笑っていました」と収録を心から楽しんだ様子だった。  『おしゃれイズム1時間SP』は、日本テレビ系にて12月23日23時放送。

  • 『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46ガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』取材会にて

    齋藤飛鳥、“YOUは何しに”は「番組の作りがすごく良くできている」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友里、秋元真夏、与田祐希、高山一実、岩本蓮加、大園桃子、和田まあやが、お笑いコンビのバナナマン(日村勇紀、設楽統)と共に、都内で開催された『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』(テレビ東京系/11月12日18時58分)取材会に出席した。スタジオでのトークを担当した白石は、メンバーの頑張りを絶賛し「行ってみたい」とロケ参加に意欲を示した。@@cutter 空港で外国人を勝手に迎え、アポなしインタビューを行うことで知られる『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系/毎週月曜18時55分)。今回のスペシャルでは、秋元、生田、岩本、大園、高山、松村、与田、和田、阪口珠美が、空港・町中・秘境でインタビューを実行。齋藤と白石は、スタジオでその模様を見ながらバナナマンとトークする。  成田空港でロケを行った生田は「すぐ断られてしまったり、あんまりついて来ないでほしいみたいな雰囲気を醸し出されて、へこんだりすることはあったんですけど、段々へこたれない精神みたいなものがついてきて。強くなりましたね」とニッコリ。「一番は、相手に興味を持つっていうことを大事にして。いろいろな方の人生に出会うことができた」とロケを楽しんだようだった。  一方の白石は「感動しましたし、すごく面白かったり、個性が出ているそれぞれのVTRになっていた」とメンバーの頑張りを絶賛。「たくましいなって思って。同じメンバーとして、尊敬できる」と言い「私も機会があったら行ってみたいなって、ちょっと思いました」とロケに参加する意欲を示した。  齋藤は「長い時間、ずっと皆ロケに行っているから、ちょっとしたことで『あ、この子ってこういう対応するんだ』とかっていう、皆の人となりが垣間見れたような気がして。それも得だなあというか。あんまり普段は見られない姿もたくさん見られた」と満足げ。また「素人ながら、番組の作りがすごく良くできているなあと思って」と続け、メンバーやバナナマンを笑わせていた。  『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』は、テレビ東京系にて11月12日18時58分放送。

  • 乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』ゲネプロ取材に出席した(左から)山下美月、高山一実

    乃木坂46・高山一実『セーラームーン』グッズ買いすぎて「破産するかと」

    エンタメ

     乃木坂46の高山一実が7日、同グループ版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』のゲネプロ前の囲み取材に出席。乃木坂46の活動で得た給料などをつぎ込んで「一時期破産するくらい『セーラームーン』グッズを買っていた」と告白した。@@cutter 本作は、武内直子が手がけた人気同名漫画を原作とするミュージカル。同グループから選出された10名が「Team MOON」(山下美月、伊藤理々杏、高山、能條愛未、樋口日奈)、「Team STAR」(井上小百合、渡辺みり愛、寺田蘭世、梅澤美波、中田花奈)の2チームに分かれ、ダブルキャストでセーラー5戦士を演じる。また、白石麻衣が、クイーン・セレニティ役を担当し、スペシャル映像で友情出演する。  主人公・月野うさぎ(セーラームーン)役の山下は、本作について「全部と言いたいくらい、最初から最後まで愛とか夢とか友情とかずっとキラキラしている。たくさんのことが詰まった作品になっている」と語り、「それぞれ5戦士の変身シーンがものスゴいことになっている」とアピールした。  役柄にちなんで“お仕置きしたいメンバー”を問われると、水野亜美(セーラーマーキュリー)役の伊藤を名指しして「(Team MOON内での雰囲気が)愛され末っ子のベイビー。本当に叩きたくなるくらいカワイイ」と白い歯をこぼした。  山下と同じく月野を演じる井上は「うさぎちゃんがいろんな運命の人に出会って強くなっていくところが見どころ。乃木坂である自分にも重なる部分がある」とシンパシーを感じた様子を見せた一方、「うさぎちゃんは、頭にいろんなパーツが付いている。3トンくらいじゃないかってくらい重くて、首が座らなかった」と苦労を明かした。  火野レイ(セーラーマーズ)に扮する高山は、大の『セーラームーン』好き。乃木坂46の活動で得た給料などをつぎ込んで「一時期破産するかと思うくらい『セーラームーン』グッズを買っていた。稽古場に小道具として置いてあるうさぎちゃんの変身グッズとか他のメンバーの着ている、(今回の公演にあたって)配布されたTシャツとか、すでに持っているものがたくさんある」とセーラームーン愛をのぞかせた。  乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』は、6月8日~24日まで東京・天王州 銀河劇場で、9月21日~30日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで上演。

  • 白石麻衣がクイーン・セレニティ役に

    白石麻衣、乃木坂46版『セーラームーン』にクイーン役で映像出演

    エンタメ

     白石麻衣が、乃木坂46が出演するミュージカル『美少女戦士セーラームーン』に、スペシャル映像で友情出演することが発表となった。併せて、セーラー5戦士のソロビジュアルや、キャストの意気込みコメントも解禁された。@@cutter 月刊誌「なかよし」(講談社刊)にて1991年から連載を開始した、武内直子原作の少女漫画『美少女戦士セーラームーン』の第1期を描く本作では、乃木坂46から選抜された10名が「Team MOON」と「Team STAR」の2チームに分かれ、ダブルキャストでセーラー5戦士を演じる。白石は、セーラームーンこと月野うさぎの前世の母親であるクイーン・セレニティとして、セーラー戦士たちを導く。  「Team MOON」でセーラームーン/月野うさぎに扮する山下美月は、「『月にかわって、おしおきよ!』というセリフは、幼い頃より私の憧れで何度聞いても心が躍ります。登場する人物それぞれに魅力があり、愛とパワーと輝きに満ちた世界をお届けいたします」とコメント。  一方「Team STAR」で同じくセーラームーン/月野うさぎを演じる井上小百合は、「観に来てくださった方には、漫画原作作品のリアル体験に留まらず、演劇としての醍醐味を味わい、楽しめるような作品にできたらなと思います」と意気込みを語っている。  また、すべての公演で終演後に『美少女戦士セーラームーン』関連のナンバーを披露するスペシャルライブショーの開催、記念撮影会やサイン入りグッズ抽選会など回替わりでお楽しみ企画の実施も発表された。    乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』は、6月8日~24日まで東京・天王州 銀河劇場で、9月21日~30日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで上演予定。

  • 乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』「 Team MOON」

    乃木坂46が『セーラームーン』に 出演ミュージカルのビジュアル解禁

    エンタメ

     乃木坂46が出演するミュージカル『美少女戦士セーラームーン』より、2種類のメインビジュアルと、全キャスト・公演情報が解禁となった。@@cutter 月刊誌「なかよし」(講談社刊)にて、1991年から連載を開始した武内直子原作の少女漫画『美少女戦士セーラームーン』の第1期を描く本作では、乃木坂46から選抜された10名が「Team MOON」「 Team STAR」の2チームに分かれ、ダブルキャストでセーラー5戦士を演じる。  「Team MOON」では山下美月(セーラームーン/月野うさぎ)、伊藤理々杏(セーラーマーキュリー/水野亜美)、高山一実(セーラーマーズ/火野レイ)、能條愛未(セーラージュピター/木野まこと)、樋口日奈(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)が、「Team STAR」では井上小百合(セーラームーン/月野うさぎ)、渡辺みり愛(セーラーマーキュリー/水野亜美)、寺田蘭世(セーラーマーズ/火野レイ)、梅澤美波(セーラージュピター/木野まこと)、中田花奈(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)が、6月公演と9月公演でセーラー戦士に変身する。  演出を手掛けるのは、話題の2.5次元ミュージカルをはじめ、さまざまな舞台で映像や音楽と融合した演出手法が絶賛されている劇作家・演出家のウォーリー木下。公演は、6月に東京・天王州 銀河劇場、9月に東京・TBS赤坂ACTシアターで上演され、6月と9月で一部異なった演出を楽しむことができるという。  乃木坂46が出演するミュージカル『美少女戦士セーラームーン』は、6月8日~24日まで東京・天王州 銀河劇場で、9月21日~30日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで上演予定。

  • 白石麻衣、「はるやま/P.S.FA フレッシャーズキャンペーン」新CM発表会に出席

    白石麻衣、生駒里奈の卒業は「まだ早いんじゃないかな」と本音吐露

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣が7日都内で、西野七瀬、生田絵梨花、若月佑美、松村沙友理、高山一実とともに、イメージキャラクターを務める「はるやま/P.S.FA フレッシャーズキャンペーン」の新CM発表会に出席した。白石は、グループ卒業を発表した生駒里奈について「まだ早いんじゃないかな、と思った」と本音を吐露しつつ、「私たちも背中を押して応援していけたらと思う。残りの時間を楽しく過ごせれば」と話した。@@cutter 乃木坂46は今回、同キャンペーンの新CM「春イチバンになれ。」篇にて凛々しいメンズスーツ姿を披露する。男装に関して白石は「気持ちもいつもと違った、ビシっと男っぽい感じになった。仕草とかも大げさにカッコよくしちゃったりした」とニコリ。西野は「皆ウィッグを着用して男の人になりきっていたので、まわりを見渡したり楽屋をガチャっと開けると男の人がいるみたいな感じだった。しかも皆カッコいい。すごく不思議な感じでした」と感想を述べた。  CMでは、4月にリリース予定の新曲『シンクロニシティ』を採用。白石は「疾走感があるすごく気持ちのいい楽曲」と評し、「私たちもまだレコーディングくらいでしか歌っていない。『どんな感じなんだろう』と楽しみにしてもらえれば」とアピールした。  白石のことが大好きな松村は、普段の白石と男装の白石との違いを問われると、ニヤつきながら「白石さんはアイドルとしても好き。同じ女として全部好き。男装するとキレイさが際立つ。男装すると顔がキレイ過ぎてより神聖化、より神の位置にいった感じがする」と絶賛。白石は顔を隠して恥ずかしそうに笑っていた。  1月末にグループ卒業を発表したメンバーの生駒里奈について、白石は「私たちも直前に知った感じ。本当にビックリした」と率直な思いを吐露し、「まだ早いんじゃないかな、と思ったりもしたんですけど、生駒ちゃんなりに新しい道で輝いていけるように、私たちも背中を押して応援していけたらと思う。残りの時間を楽しく過ごせれば」と話した。  昨年2月7日に発売した写真集『パスポート』は、16度目の重版がかかり、累計発行部数はついに28万部を突破。白石は、大ヒットするとは「全く思っていなかった。1年経ったんだなとあっという間の出来事で、本当に信じられない感じ。たくさん応援してくれている方がいると実感してるので、嬉しい気持ちでいっぱいです」と顔をほころばせた。  「はるやま/P.S.FA フレッシャーズキャンペーン」の新CM「春イチバンになれ。」篇は、2月9日より全国放送(北海道エリアを除く)。

  • 乃木坂46、『アイペット損保 WEB CM発表会』に登壇

    乃木坂46・白石麻衣、渡辺麻友の卒業に言及「すごく寂しい」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、秋元真夏、高山一実、井上小百合が、27日に都内で行われた「アイペット損保 WEB CM発表会」に出席し、白石は公式ライバルであるAKB48の渡辺麻友の卒業が近づいていることについて、「すごく寂しい気持ちもあるんですけど、AKBを卒業されても、たくさん輝いていけると思う」と語った。@@cutter WEB CM第1弾の内容は、西野が愚痴をこぼすスコティッシュフォールドの「まなお」くんを占いの館に連れて行くと、白石扮する占い師がダックスフンドの「かずお」くんと共に占いをするというもの。「まなお」くんの声は秋元が、「かずお」くんの声は高山が担当している。なお、白石、西野、秋元、高山、井上、若月佑美が出演するCMの第2弾「女子会篇」は12月に、第3弾「応援篇」は2018年2月に順次公開予定となっている。  白石は会場で流されたメイキング映像を見ながら、「メンバーみんな本当に動物が好きなので、こういう休憩の合間とか、すごく『まなお』くんと『かずお』くんに目を奪われて、常に癒されていました」とニッコリ。会見には2匹も登場し、西野はおとなしく膝の上に座る「まなお」くんに「いい子です~」とメロメロな様子。飼ってみたいペットを聞かれた白石は「ハリネズミとかすごい興味があります」と明かし、西野は「エキゾチックショートヘアっていう種類の猫がいるんですけど、その子が飼いたいです。鼻がぺちゃってしてて、ブサカワな類の子なんですけど、その感じがいいなって」と明かした。  会見後の囲み取材で、AKB48の渡辺麻友の卒業が近づいていることに話が及ぶと、白石は「麻友さんって言ったら、本当に“ザ・アイドル”って感じの方なので、その方が卒業されるっていうのはすごく寂しい気持ちもあるんですけど、AKBを卒業されても、たくさん輝いていけると思うので、私たちも麻友さんのことずっと大好きですし、また応援していけたらいいなと思います」とコメントした。  乃木坂46が出演するアイペット損保 WEB CM第1弾「占い篇」は公開中。

  • 白石麻衣(乃木坂46)、『ワンダーウーマン』ジャパンプレミアにて

    乃木坂46の“最強美女“白石麻衣、黄金ティアラでワンダーポーズを披露

    映画

     乃木坂46のメンバーが8日、アンバサダーを務める映画『ワンダーウーマン』のジャパンプレミアに登場。来日したパティ・ジェンキンス監督、チャールズ・ローブンプロデューサーと共に雨降りしきる会場を盛り上げたほか、同グループの“最強美女“白石麻衣が黄金色に輝くティアラを身に付けてワンダーポーズを披露し、会場を魅了した。@@cutter 本作は、アメコミ史上初の女性ヒーロー「ワンダーウーマン」が主人公のアクション映画。女性だけが住むパラダイス島のプリンセスであるダイアナ(ワンダーウーマン)は、島で助けたアメリカ人パイロットから、外の世界で戦争が起きていることを知る。ダイアナは世界を救うべく、故郷から旅立つ。6月に全米で先行公開されて以来、世界中でヒットしている。  今回乃木坂46や来日した二人は、雨降りしきる中、ダイアナが暮らしたパラダイス島の海をイメージしたブルーカーペットが敷かれた新宿ゴジラ・ロードに登場。  「日本が大好き」というパティ監督は、本作が全世界でヒットを飛ばす現状について「本当に信じられない状況。多くの人が感動してくださっているのは、ワンダーウーマンが75年も続いてきたという、そこ(作品やキャラクターの素晴らしさ)が全てを証明していると思います」と感慨深げ。  また同役を演じた主演のガル・ガドットについて言及。「彼女はオンの時もオフの時もいつもワンダーウーマンなんです。素晴らしい演技もするけれど、毎日強くて美しくて優しい。忍耐強く、素晴らしい方」と絶賛した。    西野七瀬は、乃木坂46が歌う本作のイメージソング『女は一人じゃ眠れない』の振り付けで「ワンダーポーズをたくさん使った」と紹介すると、パティ監督とチャールズプロデューサーが同振り付けをリクエスト。グループ全員で急遽披露すると、チャールズプロデューサーが「続きが見たいです」と茶目っ気を見せた。  本作の「美しくぶっ飛ばす」というキャッチコピーにちなんで、今ぶっ飛ばしたいものを問われた白石は「今降っている雨をぶっ飛ばしたいです!」と答えてニッコリ。イベント終盤には、パティ監督から贈呈されたティアラを頭に身に付け、ワンダーポーズを決めて会場を魅了した。  今回のジャパンプレミアには白石や西野のほか、乃木坂46から齋藤飛鳥、堀未央奈、与田祐希、大園桃子、生田絵梨花、秋元真夏、松村沙友里、高山一実、衛藤美彩、星野みなみ、桜井玲香、新内眞依、若月佑美、伊藤万里華、井上小百合が出席した。  映画『ワンダーウーマン』は、8月25日より全国公開。

  • 猫耳に浴衣姿の白石麻衣、“乃木夏ダンス”にマジ照れ

    猫耳&浴衣姿の白石麻衣、“乃木夏ダンス”にマジ照れ「すっごい恥ずかしかったです」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、秋元真夏、高山一実、松村沙友理、桜井玲香、星野みなみ、伊藤万理華、斉藤優里、寺田蘭世が28日、都内で行われた旅行情報サービス『じゃらん』の新CM発表会に出席。白石はCMでも踊っている“乃木夏ダンス”の披露を振り返り「沢山の方の前での披露だったので、すっごい恥ずかしかったです(笑)」と語った。@@cutter 新CMは、“クチコミ篇”と“ポイント篇”の2種類。テーマである夏旅にかけて、メンバーはとある旅館を舞台に夏の旅を満喫する。メンバーと共に、CMと同じく浴衣姿に猫耳をつけて登場した白石は、猫耳と浴衣について「気分も上がりますし、みんなそれぞれ、浴衣はシンプルなんですけど、帯にワンポイントが入ったりしてるので、とてもお気に入りです」とにっこり。  『じゃらん』の顔である猫・にゃらんとの撮影について聞かれた西野は「にゃらんと一緒にお布団で寝るシーンがあって、にゃらんがちゃんと浴衣みたいなのを着てて、すごくかわいいし癒されるしで、そのまま一緒に寝たくなりました(笑)」と撮影を述懐。猫耳については、「自分の視界には入っていないので、ついてる感はしないんですけど...周りを見たらやっぱりついてるので、自分もついてるんだなと(笑)」と照れ笑いを見せた。  イベントでは、メンバーがCMと同じオリジナル振り付けの“乃木夏ダンス”を披露。囲み取材で、「沢山の方の前での披露だったので、すっごい恥ずかしかったです(笑)」と苦笑した白石は、忙しすぎて夏休みが取れないのではないかと問われると「そんなことないですよ(笑)」と返し、「夏のツアーも控えてたりするので、具体的な夏休みっていうのはないかもしれないですけど、でも毎年ツアーでみんなで一緒にいることが多いので、一緒に色々な地方を回って、美味しいもの食べて、夜はホテルでみんなで遊びながらみたいなこともできるので、それも一つの夏休みにはなります」と笑顔で話していた。

  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』MovieNEXの発売記念イベントに登場したFUJIWARAと乃木坂46の高山一実、中田花奈、樋口日奈

    乃木坂46高山一実、FUJIWARAと新ギャグを共有!?「使ってください」

    映画

     乃木坂46の高山一実が27日、都内にて行われた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』MovieNEXの発売記念イベントに、中田花奈、樋口日奈とともに登場した。ステージでは、同じくゲストのお笑いコンビ・FUJIWARAの原西からギャグを伝授され、高山が照れながらも全力で披露する一幕があった。@@cutter 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前を描いた、もうひとつの物語。銀河全体を脅かす帝国軍の究極兵器「デス・スター」の設計図を奪うため、反乱軍の極秘チーム「ローグ・ワン」に加わった女戦士ジン(フェリシティ・ジョーンズ)が、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。  この日のステージで司会者から、乃木坂46のメンバーにギャグの伝授を促されたFUJIWARA。すると原西は「四角・三角・輪郭ぅ~」とノリノリで披露、高山が少し照れながらやってみせた。  その後の取材会では、ライブの挨拶で「ポジティブとピースを混ぜて“ポジピース”とよく言ってます」という高山に対して、FUJIWARAの藤本が「“ポジピース”からの~“四角・三角・輪郭ぅ~”。はい、つながった!」と、高山の新たな挨拶として勧めた。  「ライブでもぜひやって」というFUJIWARAに、高山から「ぜひ使ってください」と逆に勧められると、藤本は「いいの? 俺、結構人のギャグを自分のものにする傾向があるから。そっち(高山)がパクリみたいになってしまうよ」と話し、笑いを誘っていた。  また先日、10歳近く年上の俳優・村田充との結婚が明らかになった神田沙也加の話題になると「10歳くらい上でも大丈夫?」と問われた高山は「握手会ではちびっ子から80歳くらいの方まできていただけるので…」と語り、「それ恋愛対象にはならない」とツッコまれながらも「10歳上でも気になりません」と語っていた。  最後に、本作について高山は「ラストが衝撃的で、早くみなさんと語り合いたい。この作品が“エピソード4”につながるんですよね。まずは『ローグ・ワン』を観てほしい」とメッセージを送った。すると「エピソード4は観たん?」と藤本から問われ、「観てないんですよ」と返答。「観てないのにラストが衝撃的とかよう言えたな!」「なかなか図太いですね」と鋭いツッコミを受けていた。  『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』MovieNEXは4月28日発売。デジタル配信中。

  • セブン‐イレブン「生まれ変わったセブンカフェドーナツ大試食会」イベントに出席した生駒里奈

    乃木坂46・生駒里奈、生まれ変わったら「ウーパールーパーになりたい」

    エンタメ

     アイドルグループ・乃木坂46のメンバー、白石麻衣、生駒里奈、桜井玲香、秋元真夏、高山一実が18日、都内で行われた「生まれ変わったセブンカフェドーナツ大試食会」に登場した。この日は関東地区で今年初めて雪が積もるというあいにくの天候の中での屋外イベント。5人は寒さに震えながらも元気な笑顔でドーナツを試食した。@@cutter イベントではリニューアルしたドーナツ・チョコオールドファッションを試食した5人。口々に「おいしい!」と嬉しそうな表情で感想を語る。桜井が「外側がすごくさっくりしていて最高の食感でした」と述べると、生駒は「今までオールドファッションって大人のドーナツだと思ってたんですけど食べやすかった」と満足した様子。  中でも生駒は「朝昼晩食べたいので…」ということで1日3個食べたいと話すのかと思いきや、「7個くらい食べたい!」と話し、笑いを誘う。  “生まれ変わった…”というドーナツのキャッチフレーズにちなんで、「生まれ変わったら何になりたいか」との質問には、桜井は「私はドーナツになるんだったら、きなこドーナツになりたい。和みを与えられる感じが…」と話すと、生駒は「ウーパールーパーになりたい」と超個性的な答え。「『犬になりたい』というのはよくあると思いますけど、今日はウーパールーパーが浮かんだので」とこれまた独特な理由を話した。  白石は「また女の子になりたい。ファッションなど女性ならではの楽しみもありますし、いろんな方に愛される女性になりたいです」と可憐な雰囲気で語ると、高山は「私は橋本環奈ちゃんに生まれ変わりたい」と話し、場内の笑いを誘った。「あの可愛さがあったら、人生どんなに違うんだろうと思います」という高山に対し、秋元は「生まれ変わったらもう1回自分になりたいです! 私以上に可愛い人はいないので。橋本環奈ちゃんが“千年に一人”なら私は“1万年に一人!」と自信満々に語ると、メンバーたちから「いやいや言い過ぎです」とツッコミを受けた。  この日の荒天の中でのイベントについて、白石は「2014年はすごい雨雪女で、去年は晴れ女だったけど、交互に来ているみたいなので、2016年は天気が悪い一年になりそうです」と申し訳なさそうに語っていた。  リニューアルした「セブンカフェドーナツ」は19日より全国展開される。

  • 乃木坂46、セブン-イレブンで接客・レジ打ちに挑戦!

    生駒里奈、松井玲奈との共演を希望!乃木坂46、セブンイレブンで接客&レジ打ち挑戦

    エンタメ

     乃木坂46が、13日にセブン-イレブン 新丸ビルフロアナイン店で行われた「セブン‐イレブン フェア 乃木坂46 店員が乃木坂だらけ!! 店頭接客イベント&記者発表会」に登場。セブン-イレブンの制服を着てコンビニ店員として接客を行った。@@cutter 本イベントは、最新シングルの十福神である生駒里奈、生田絵梨花ら人気メンバー10人が、招待した客に対し、実際に接客・レジ打ち・商品のお渡しを行うというもの。  生駒は「アルバイトをしたことがなかったので、初めての体験で、緊張とか怖いかなって思ったけど、すごく楽しかったです。ありがとうを直接受け取れる職業だと思ったので、それを乃木坂46の活動でも生かしていこうかなと思いました」とその感想を語る。  また、西野は「レジ打ちはしたことがあったんですけど、ピッてやるやつはやったことなくて、なかなかピッと鳴らなくて、ピー待ちみたいになることが何回かあったので、焦っちゃいました」と失敗談が明かした。  この日のイベントでは、対象商品をセブン‐イレブンで購入すると、乃木坂46の限定ブロマイドやクリアファイルなどが当たるフェアの開催が発表された。  また、7月22日に発売となる乃木坂46の12thシングルのタイトルが「太陽ノック」に決定したことも発表された。このCDは通常盤、初回仕様限定盤のほかに、セブン‐イレブン限定盤が4万枚限定で販売される。セブンイレブン限定盤には、京都・名古屋・幕張で開催される限定ライブへの参加券がついており、ファンは是が非でも手に入れたいところだ。  生駒は、新曲について「今までの曲と比べると、かわいらしい曲。今、絶賛、制作中なので期待して待っていてくれたらうれしいのです。『ノック』は打つのでヒットしてもらいたいと思います」とPRした。  先日、卒業を発表したSKE48の松井玲奈についてコメントを求められると、生駒は「短い期間でしたが、玲奈さんは乃木坂46のメンバーとして引っ張ってくださったので、卒業は寂しいのですが、玲奈さんと過ごした一年は濃かったなと思います。もう一回、アイドル時代にどこかでライブに乃木坂として遊びにきてくださったらうれしいし、卒業してからも共演できるように私たちも頑張りたいです」と胸の内を語った。  「セブン‐イレブン フェア 乃木坂46」は7月4日より開催。乃木坂46 12thシングルCDは6月14日~7月18日までセブン‐イレブン店頭で予約受付、7月22日に販売開始。乃木坂46「真夏の全国ツアー 2015」セブン‐イレブン限定 応援グッズ付チケットは、6月13日~6月21日に申し込み。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access