イ・ソンミン 関連記事

  • 映画『工作 黒金星と呼ばれた男』日本オリジナルポスタービジュアル

    実在の韓国スパイが見た母国の闇…『工作 黒金星と呼ばれた男』公開

    映画

     北朝鮮への潜入捜査を命じられた実在の韓国スパイの活動と苦悩を映画化した『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が、7月19日より公開されることが決定。日本オリジナルのポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、1992年、北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島の緊張状態が高まる中、北への潜入捜査を命じられたスパイ、黒金星(ブラック・ヴィーナス)による緊迫感あふれる工作活動と、命を賭けてまで尽くした祖国の闇に気づき苦悩する姿を、実話に基づいて描くサスペンス作品。  主人公の対北工作員・黒金星を映画『哭声/コクソン』『アシュラ』のファン・ジョンミン、北朝鮮の最高位層の人物リ・ミョンウンをイ・ソンミン、工作戦の総責任者である韓国の国家安全企画部(現在の国家情報院)室長チェ・ハクソンを『お嬢さん』のチョ・ジヌン、北朝鮮の国家安全保衛部の要員チョン・ムテクを『アシュラ』でファン・ジョンミンと共演したチュ・ジフンが演じる。監督は映画『群盗』『悪いやつら』のユン・ジョンビン。  1992年、軍人だったパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は北の核開発の実態を探るため、コードネーム黒金星という工作員として北朝鮮に潜入するよう命令される。事業家にふんしたパクは、3年にも及ぶ慎重な工作活動の末、北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ所長(イ・ソンミン)の信頼を得ることに成功し、北朝鮮の最高国家権力である金正日と会うチャンスをものにする。しかし1997年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を賭けた工作活動が無になることを知り、パクは激しく苦悩する。  日本オリジナルポスターは、「誰も知らなかった南と北の裏の裏の裏」「北に潜入した工作員の見た祖国の闇には、驚愕の真実が隠されていた―」というコピーと共に、作品を引っ張っていく4人のキャラクター全員が、それぞれ異なる方向を見つめる姿がデザインされたもの。スタイリッシュで緊張感あふれる物語を予感させるビジュアルとなっている。  映画『工作 黒金星と呼ばれた男』は7月19日より全国公開。

  • 東野圭吾原作の韓国映画『さまよう刃』が9月6日日本公開決定

    東野圭吾原作の韓国映画『さまよう刃』日本公開決定 ビジュアル画像も解禁

    映画

     ミステリー小説の巨匠・東野圭吾の大ベストセラーであり最大の問題作『さまよう刃』が、実力派キャストを迎え、韓国クライム・サスペンスとして映画化。9月6日より角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷にて日本公開が決定し、ビジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、最愛の娘を未成年の少年たちに陵辱のうえに殺された父親が、激情に駆られ少年たちを追い詰めていく姿を、その父親への同情の念を持ちつつも、職業倫理を貫かねばならず、少年法の矛盾に疑問を持つ警察官を描いた戦慄の復讐劇。  「正義」とは何か? 遺族に「救済」はあるのか? 原作をより深く掘り下げ、社会の普遍的な矛盾点を浮き彫りにし、怒り、悲しみ、空しさのみならず、胸に重い何かを残す重厚な人間ドラマとして完成。今年4月に公開となった韓国では大ヒットを記録した。  本作を、一層見ごたえのある本格サスペンス映画に仕上げたのが、韓国を代表する演技派俳優の豪華共演だ。娘を殺され、悲しみと苦悩、怒りの果てに少年たちに復讐する父親に“千の顔を持つ男”チョン・ジェヨン。そして、加害者保護の「少年法」に疑問を感じ悩み葛藤する刑事を演技派俳優イ・ソンミンが熱演。  今回解禁となったビジュアルでは、男手ひとつで育てた娘を理不尽な暴力で奪われ、犯人の少年たちを激情のまま殺してしまう父親・スジン(チョン・ジェヨン)の茫然とした表情が印象的。横に添えられた「私の中の人間が、くずれていく―」というキャッチコピーから、本作の苛烈さと残酷さが伝わってくるようだ。  『さまよう刃』は9月6日から、角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷にてロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access