吉村界人 関連記事

  • 『ハッピーアイランド』メイキング写真

    吉村界人主演、3.11後の福島農家を描く『ハッピーアイランド』予告到着

    映画

     俳優の吉村界人の主演で、原発事故の風評被害に立ち向かう福島の農家の姿を描く映画『ハッピーアイランド』より予告編が公開。「もう後ろを見ることはしない」という福島の人々の生の声を伝える映像となっている。@@cutter 本作は、東京から福島の農家にやってきた23歳の青年が、3.11の風評被害で行き場を失った野菜たちや、そこで生きる人々の姿を目の当たりにし、自ら成長していく物語。福島県須賀川市出身の渡邉裕也監督が、原発事故による風評被害を受けながらも農業を営み続けた自身の祖父の姿を見て映像化を決めた。主演の吉村のほか、萩原聖人や大後寿々花が共演。監督の出身地・須賀川市の市民もエキストラとして多数出演し、福島の生々しい実情を語っている。第1回四万十映画祭の長編部門最優秀賞や、福岡インディペンデント映画祭2018の100分ムービー部門最優秀作品に輝くなど、国内外の映画祭で評価を受けている。  2015年、東京で中途半端な生活を過ごしていた真也(吉村)は、知人の紹介により、福島の農家で農作業を手伝いながら暮らすことに。しかし、待っていた現実は「寒い」「朝が早い」「つらい」。そんな中、震災で妻を失いながらも農業で地元の人々に尽くす正雄(萩原)の姿を見たり、保育士をする里沙(大後)への恋心もうっすら芽生え、段々とやりがいを見つけていく。しかし、県外で出会った福島県産の野菜を毛嫌いする人々に思わず手を挙げてしまった真也。3.11の風評被害の中で野菜を作る人々に違和感も感じてきてしまい、地元の人々との心の溝を埋められない彼は、耐えられず東京へ帰ろうとするが…。  予告編は「もう後ろを見ることはしないもんね」「とにかくやるしかない」という福島の人々の前向きな言葉で始まる。知人から「東京から来たって言えば、もてるよ」と誘われ、軽い気持ちで福島の農家にやってきた真也。初めは仕事のつらさに音を上げたものの、次第に地域の暮らしになじんできた彼が、やがて原発事故のもたらした風評被害の現実を目の当たりにする様子が映し出される。  主演の吉村は、完成から2年半を経ての劇場公開決定に「すごく嬉しい限りです。この映画は過去の天災へのお涙頂戴ではなく、未来があるから信念を曲げない大人たちの話です。泣いてばかりの東京人が成長できました」と話している。  映画『ハッピーアイランド』は3月2日より全国順次公開。

  • 「第10回TAMA映画賞」授賞式に登場した松坂桃李

    松坂桃李、鬼マネージャーとの10年を回想「メンタルはボロ雑巾」

    映画

     俳優の松坂桃李が17日都内で、第10回TAMA映画賞授賞式に登壇。10年に及ぶ役者人生において、松坂へ厳しい言葉を投げ続けるマネージャーとの二人三脚の日々を振り返って「メンタルはボロ雑巾のようになった」と告白した。@@cutter 松坂は今回、『孤狼の血』や『娼年』『不能犯』『彼女がその名を知らない鳥たち』の演技が評価されて最優秀男優賞を受賞。  10年目を迎えた同映画祭と同じく、松坂の役者人生も10周年。特製トロフィーを握りしめて「初めてドラマが決まった時、チーフマネージャーから『松坂君はバーターだから』と言われた」と告白。壇上で「事務所の、売れている方の力を使って(ドラマなどに)出させてもらうやり方」とバーターの意味を自ら解説し、「(マネージャーから)『この現実を受け止めろ』と1年目で言われた」と述懐した。  2年目には「今年が勝負。今年、ちゃんと結果を出さないと終わり」と言われ、3年目には「ここで結果を出さなければ、本当におしまいだ」と言われたと回想。10年ずっと二人三脚でやってきた同マネージャーに「けっこう精神的に辛い言葉をかけられ続けた。おかげ様で、メンタルがちょっと強くなった」とニコリ。「感謝している。メンタルはボロ雑巾のようになったけど」と付け加えた。  『孤狼の血』については、役所広司との共演に言及。「贅沢でしたね。包み込むようで、厳しい空気もある。いてくださるだけでキュッと締まる。あの背中は大きかったなとつくづく思う」とコメント。撮影時は「役所さんの背中に食らいついていくことで精一杯だった。とにかくこの背中を追いかけていこうと思って駆け抜けた感じ」と話し、撮影終了後にもらったライターをジャケットから取り出して目尻を下げた。  『娼年』に関してコメントを求められると「たぶんもう、濡れ場はしばらくないんじゃないかというくらいスゴい濃厚な経験だった」と照れ笑いを浮かべた。  また今年10月には、30歳になった松坂。「30(歳)以降からは、たくさん受けた恩を、1個1個の作品に向き合って返していきたい」と前を向いた。 ■主催コメント(松坂桃李の最優秀男優賞受賞の理由) 「作品ごとにまったく異なる境遇に生きる若者の姿をほとばしる情熱で息衝かせた迫真の演技は、観客を魅了した」 【第10回TAMA映画賞受賞一覧】 ■最優秀作品賞 ・万引き家族 ・寝ても覚めても ■特別賞 ・沖田修一監督、山崎努、樹木希林及びスタッフ・キャスト一同(『モリのいる場所』) ・上田慎一郎監督、及びスタッフ・キャスト一同(『カメラを止めるな!』) ■最優秀男優賞 ・東出昌大 ・松坂桃李 ■最優秀女優賞 ・安藤サクラ ・松岡茉優 ■最優秀新進監督賞 ・今泉力哉監督 ・三宅唱監督 ■最優秀新進男優賞 ・吉村界人 ・吉沢亮 ■最優秀新進女優賞 ・深川麻衣 ・伊藤沙莉

  • ドラマ『獣になれない私たち』に出演する八嶋智人

    八嶋智人が『獣になれない私たち』で土下座 追加キャストに吉村界人

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平が共演する10月期ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第2話に、八嶋智人がゲスト出演することが発表された。また、追加キャストとして吉村界人の出演も明らかになった。@@cutter ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)や『アンナチュラル』(TBS系)の野木亜紀子が脚本を手掛ける本作。ECサイト制作会社の営業アシスタント・深海晶(新垣)と敏腕会計士・根元恒星(松田)が、仕事終わりにクラフトビールバーで偶然に出会ったことを機に、本音でぶつかり合うことで傷つきながらも、自分らしく踏み出していく様を描く。  八嶋が演じるのは、根元のもとを訪ねる中小企業の社長・勝俣。粉飾した税務申告書類に担当税理士として判を押してくれと、土下座して頼み込む役どころだ。松田と共演し、渾身の土下座シーンを演じた八嶋は、「(松田さんは)ただひたすらにクールな男だと思ってましたけど、なんか静けさの中に熱さがあるのを感じました。松田龍平さんのクールな芝居と、僕の昭和の芝居のぶつかり合いがみどころですね」とコメント。  また、新垣について「ガッキーはずいぶん前に一緒にお仕事をしていたので、『本当に大人の女性になられたな』と。今一番のってる女優なんじゃないかってビシビシ感じましたよ。ロケやってたら皆、新垣結衣ちゃんを見たくて続々と人が集まってくるっていうね。僕のことは完全にスルーでしたけど、、、おじさんだからいいんですけどね」と自嘲気味に語っている。  一方の吉村が第2話から演じるのは、晶の恋人で大手デベロッパーに勤務する花井京谷(田中圭)の部下・筧文彦。初登場シーンの撮影を終えた吉村は「僕はこれまで、映画だから、ドラマだからこそ、存在している少し浮世離れした役柄が多かったので、リアルな実年齢に近い役を演じられるのは純粋に嬉しいです。それこそが、俳優に与えられた使命でもあるからです」と話している。  水曜ドラマ『獣になれない私たち』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

  • 吉村界人、舞台『またここか』インタビュー

    要注目俳優・吉村界人、「怒られてばかり」の初舞台で超える“役者”の壁

    エンタメ

     脚本家・坂元裕二が今年3月、連続ドラマの脚本執筆をしばらく休むと宣言したのをご存知だろうか? 昨年の『カルテット』、今年の『anone』と常に話題作を手がける彼の今後の動向が気になる中、脚本を書き下ろした舞台がこの9月に上演される。俳優・豊原功補が演出を手がける明後日公演2018『またここか』。主演を務めるのは、ドラマ『スモーキング』や映画『モリのいる場所』での好演も記憶に新しい吉村界人だ。@@cutter 取材が行われたのは、稽古開始から2週間ほど経ったある日。稽古に入った感想を聞いてみると「……ずっと辛いです」と苦笑する。  2013年にオーディションをきっかけに今の事務所に所属し、俳優としての活動を始めて5年目。映画、ドラマと幅広く活動してきたが、実は今回の『またここか』が記念すべき初舞台だ。「自分から積極的に舞台を観に行ってはいなかったこともあり、舞台の魅力や自分が舞台に立っているということがピンとこなくて。かつ、“凄いもの”というイメージもあったから、“とりあえずやってみる”という感じで足を踏み入れるのはダメなんじゃないかなと思ってました」。しかし今回出演を決意したのは、脚本・演出の座組があまりにも魅力的だったこと、読ませていただいたプロットがとても面白かったこと、そしてここ1~2年の経験にともなう心境の変化からだった。  「樹木希林さん、山崎努さん、加瀬亮さん……魅力的な先輩たちにたくさん会ったことで、“役者”というものにもっと向き合ってもいいのかな、と思ったんです」。  俳優活動は続けてきたものの、自分が“役者”というカテゴリの中にいる実感はなかったという。しかし刺激的な出会いを得た作品を経て、改めて「自分は何なんだろう」と思ったとき、思い浮かんだのは自分の好きな人たちの姿と、彼らが“役者である”という事実だった。“役者”でありたいという決意。そして舞台には“役者”に必要なことが詰まってるんじゃないか、という思い。そこから、今回の出演を決意できたのだという。  ただ、初舞台は順風満帆とは行かないようで……。  「怒られてばかりです(苦笑)。こんなに人に怒られたことはない、というくらい。毎晩寝られないですもん。豊原さんがよく演じて見せてくれるんですけど、圧倒的に面白いんですよね。もう、豊原さんがやったほうがいいんじゃないかというくらい(笑)」。  演出家・豊原功補は、思った以上に厳しい存在だったようだ。稽古を積み重ねて1つの作品を作っていく舞台ならではのアプローチもまた、初めての体験。そんな中で、俳優人生で最大に高い“壁”を今感じているという。  「今まで自分が楽にやってきたのかな、というのを痛感しています。これまでも悩むことはありましたけど、こんなに『この壁登れねえぞ』という感覚は今回が初めて。共演している他の方たちはみんな悠々やっていて、本当にすごいなと」。@@separator それでも、この苦闘を後押しする最大のモチベーションは、なんといっても作品の面白さだ。  物語の舞台は、東京サマーランドの近くにあるガソリンスタンド。父親からこのガソリンスタンドを引き継いだ若い男のもとに中年男と連れの女が現れ、自分は異母兄弟だと名乗る。たった4人の登場人物たちが、店内で繰り広げる濃密な会話劇だ。  ただ、一見シリアスな物語設定に見えながらも「結構笑えると思いますよ」とのこと。坂元裕二脚本ならではの軽妙なやりとりは、今作でもたっぷり観られそうだ。  「僕が思う坂元さんらしい作品、といいますか。人間の弱い部分だったり、表面の裏側の部分……見えない部分を語っている気がします。その見えない部分が一番、“人間”なんじゃないか、という感じですね。僕が演じる主人公は一見生きやすそうに見えて、生きにくい人。自由自在なんだけどすぐ壊れちゃいそうで、ギリギリのところで生きてる感じがする人です。ただ、彼が抱えている“やっちゃいけないことをやってしまう”感じや、それで悩み苦しんだり、自分の生き方を肯定できない部分は、僕自身も共感できるところがある」。  今眼の前にそそり立つ壁は高くとも、越えたら“役者”として得るものが多いのでは? と聞いてみると「絶対そうだと思います」と力強くうなずく。本番ではきっと私たち観客にも、その壁の“向こう側の景色”を見せてくれるに違いない。(取材・文・写真:川口有紀)  舞台 明後日公演2018『またここか』は、9月28日~10月8日まで、東京・DDD青山クロスシアターにて上演。

  • 明後日公演 2018『またここか』より

    『カルテット』『anone』坂元裕二書き下ろし舞台、豊原功補が演出

    エンタメ

     俳優の豊原功補が、『カルテット』の脚本で知られる坂元裕二の書き下ろし戯曲『またここか』で演出を手がけることが決定。旧知の仲である豊原と坂元のタッグは、今回が初となり、どんな化学反応が起こるか注目が集まる。@@cutter 本作は、ガソリンスタンドを舞台に展開する、男女四人の会話劇。失踪した父親の行方を追う「俺」を中心に、その異母弟、異母弟と同じガソリンスタンドで働くアルバイトの女、読者モデルの女がからみ、奇妙で危うい愛の物語を紡いでいく。  脚本は、2010年に『Mother』で橋田賞、2017年には『カルテット』で芸術選奨文部科学大臣賞放送部門賞など、数々の賞を受賞し、最近では広瀬すず主演のドラマ『anone』を手がけた坂元による書き下ろし。演出を担当する豊原は、2017年、芝居噺『名人長二』で、初の企画、脚本、演出、主演の四役を果たしている。  「俺」の異母弟には、映画『モリのいる場所』やドラマ『スモーキング』などで活躍する若手注目株の吉村界人が扮する。「俺」には、山内ケンジプロデュースの「城山羊の会」などに出演する、劇団東京乾電池出身の岡部たかし。読者モデルの女には、映画『あゝ、荒野』でヒロインを務め、第12回アジア・フィルム・アワード新人俳優賞を受賞した木下あかり。アルバイトの女には、ナイロン100℃で活躍する小園茉奈と、実力派が顔をそろえる。  舞台『またここか』は、9月28日~10月8日まで東京・DDD青山クロスシアターにて上演。

  • 『劇場版 お前はまだグンマを知らない』予告解禁! 群馬先行公開決定

    間宮祥太朗、崩壊…『劇場版 お前はまだグンマを知らない』予告解禁! 群馬先行公開

    映画

     間宮祥太朗主演の『劇場版 お前はまだグンマを知らない』の予告編が解禁された。間宮含め、登場人物たちは顔面崩壊し、最高のおバカ映画であることが予告映像からもわかる爆笑必至なものとなっている。また、舞台が“グンマ”ということもあり、群馬先行公開が決定した。@@cutter 同作は、今年3月に関東圏のみで放送され、当時リアルタイム検索で1位になるなど、話題をさらった井田ヒロト原作の同名深夜ドラマの劇場版。主人公の神月役には映画『帝一の國』などで見せた美顔を封印し、顔面崩壊、捨て身の熱演を見せる間宮が務める。また、間宮のほか、グンマ愛を炸裂させる個性的なクラスメイトに吉村界人、馬場ふみか、入江甚儀、加治将樹ら注目の若手が顔をそろえる。加えて、群馬出身のロバート・山本、某国大統領役でレイザーラモンRG、ライバル地区・栃木からはU字工事の二人、茨木からは磯山さやかが登場。群馬県の“あるある”を圧倒的熱量で描く。    公開された予告映像では、謎多き土地グンマに転校してきた、とある高校生・神月紀(間宮)が、登校初日からグンマの強烈なからっ風にフッ飛ばされそうになりながら必死にペダルをこぐシーンから始まる。新たな学校生活にワクワクドキドキだったが、意図せずして「海がない」とグンマの事を小バカにしてしまったことで、神月がグンマ人にいたぶられ、トチギ人、イバラキ人には襲われ、トイレで泣き叫ぶシーンが映し出される。そして、一目ぼれしたグンマの美少女・篠岡京(馬場)には、「むっつりドスケベ変態野郎」と罵られ、白目むくほどの大ダメージを受ける神月。イケメン間宮がこれでもかと崩れていく崩壊っぷりが見ものだ。    『劇場版 お前はまだグンマを知らない』は、7月15日より群馬先行公開。7月22日より池袋シネマ・ロサ他全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access