クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

鈴木京香 関連記事

  • 玉森裕太主演、『グランメゾン東京』Paraviオリジナルストーリー配信決定

    エンタメ

     俳優の木村拓哉が主演を務める10月20日スタートのドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)と連動した配信版オリジナルストーリー『グラグラメゾン東京 ~平古祥平の揺れる思い~』が、動画配信サービスParaviにて配信されることが決まった。主演はKis‐My‐Ft2の玉森裕太。毎週日曜、地上波ドラマ放送後の深夜に配信される。

  • 木村拓哉『グランメゾン東京』、寛一郎&朝倉あき&吉谷彩子&中村アンら出演

    エンタメ

     俳優の木村拓哉が主演を務める10月20日スタートのドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)の追加キャストとして、佐藤浩市の息子で俳優の寛一郎や、女優の朝倉あき、吉谷彩子、中村アンらの出演が発表された。寛一郎はゴールデン帯の連続ドラマ初挑戦となる。

  • 山下達郎×木村拓哉が16年ぶりタッグ! 『グランメゾン東京』主題歌を書き下ろし

    エンタメ

     俳優の木村拓哉が主演を務める、10月スタートのドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)の主題歌が、シンガーソングライターの山下達郎による書き下ろし楽曲「RECIPE(レシピ)」に決定。木村と山下のタッグは、2003年放送の日曜劇場『GOOD LUCK!!』の主題歌「RIDE ON TIME」以来16年ぶり2度目となる。

  • 木村拓哉主演『グランメゾン東京』 世界初、パリ有名三ツ星レストランで撮影実現

    エンタメ

     俳優の木村拓哉が主演を務める、10月スタートのドラマ『グランメゾン東京』(TBS系/毎週日曜21時)が、フランス・パリでクランクイン。世界で初めて、パリの三つ星レストラン「ランブロワジー」での撮影が実現した。

  • 木村拓哉、10月期TBS日曜劇場で主演 鈴木京香と12年ぶり共演

    エンタメ

     俳優の木村拓哉が、10月スタートのTBS日曜劇場(毎週日曜21時)で主演を務めることがわかった。本作で木村は、パリに二つ星の店を持つ、フランス料理の天才シェフを演じる。共演は、鈴木京香。木村とは2007年放送のTBS日曜劇場『華麗なる一族』以来、12年ぶりのタッグとなる。

  • 鈴木京香×草刈正雄、大人のラブサスペンス『モンローが死んだ日』放送決定

    エンタメ

     女優の鈴木京香と俳優の草刈正雄が、2019年1月から放送される小池真理子原作のドラマ『モンローが死んだ日』(NHK BSプレミアム/毎週日曜22時)で共演することが発表された。ヒロインを演じる鈴木は「小池さん原作の作品に出演したいと永く願っておりましたので、大変光栄です」と語っている。

  • 鈴木京香、25年ぶりテレ朝連ドラ出演 波瑠と女刑事バディ組む『未解決の女』4月開始

    エンタメ

     女優の波瑠が、4月スタートの木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)に主演し、鈴木京香と初共演を果たすことが発表された。鈴木はテレビ朝日の連続ドラマに出演するのは25年ぶりとなり、波瑠と“最強の凹凸刑事バディ”を組む。

  • 小泉今日子主演で『食べる女』映画化 共演に沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリスら

    映画

     筒井ともみが2007年に発表した短編集『食べる女』『続・食べる女』を、小泉今日子主演で『食べる女』として映画化することがわかった。筒井自身が脚本を務め、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香ら、8人の豪華女優陣が共演する。

  • 『わろてんか』第7週、てんと藤吉は寄席の開業を目指すも出演者がなかなか決まらず…

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『わろてんか』。第6週『ふたりの夢の寄席』では、てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は啄子(鈴木京香)を連れ貧乏長屋に引っ越す。寄席の開業をめざす二人は廃業した寄席小屋を見つけ出し、元席主・亀井(内場勝則)の元に何度も通った末、ついに譲り受けることに。そこは藤吉が幼少の頃訪れた寄席だと啄子から聞かされる。母を笑わせたいと一生懸命な藤吉の姿を見て、啄子は寄席の経営を認める。だが亀井から寄席に別の買い手が現れたことを告げられ、3日以内に500円を払う必要が。てんは実家の藤岡屋を訪れ、勘当されていた父・儀兵衛(遠藤憲一)と面会。お金を貸してほしいと頼むが断られる。が、追いかけて藤岡屋に来た藤吉の情熱に触れた儀兵衛はお金を貸すことに。

  • 『わろてんか』第6週、いよいよ“笑い”の道を歩み始めたてんと藤吉だが…

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『わろてんか』。第5週『笑いを商売に』では、北村屋に莫大な借金があることを知った藤吉(松坂桃李)は、自分が借金を返済することができたら、てん(葵わかな)との結婚を認めてほしいと啄子(鈴木京香)に訴える。だが番頭はじめ使用人たちが次々と店を去りさらに窮地に。そして藤吉はもうけ話にだまされさらに借金を負う。啄子は心労がたたり倒れてしまい、ついに家と土地を手放すことを決意。結婚を諦めようとする藤吉に、てんは「何があっても藤吉さんについて行きます。芸が好きやったら商売にしませんか」と告げ、寄席の経営を提案。二人の商売としての“笑い”の道が始まった。

  • 『わろてんか』第5週、北村屋に多額の借金 藤吉は返済しててんとの結婚を認めてほしいと

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『わろてんか』。第4週『始末屋のごりょんさん』では、てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は駆け落ちし、藤吉の実家・北村屋へ。藤吉の母・啄子(鈴木京香)は二人の結婚を認めず、てんを女中扱い。家には啄子が決めた許嫁・楓(岡本玲)もいた。啄子と楓はてんに冷たい態度で接する。てんを心配した母・しず(鈴木保奈美)は北村屋を訪れ啄子と対面。気丈なてんの様子を見てしずは「一人前に仕込んでやってください」と啄子に頭を下げる。てんは「覚悟を決めて頑張るように」としずから大切な着物を譲り受ける。その着物がなくなったことをきっかけに、てんは楓と腹を割って話すことができ、楓は「自分らしく生きたい」と北村屋を去る。

  • 『わろてんか』第4週、駆け落ちしたてん 藤吉の実家で女中修業が始まる

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『わろてんか』。第3週「一生笑わしたる」では、てん(葵わかな)と久しぶりに再会した藤吉(松坂桃李)は、自分が売れっ子芸人だとウソをつく。だがリリコ(広瀬アリス)から、藤吉は船場の大店の長男坊だと聞かされたてんは、長男・長女の自分たちは結ばれない関係だと知る。後日大怪我を負った藤吉をてんは蔵に匿うが、それに気づいた父・儀兵衛(遠藤憲一)は激怒。てんは藤吉に一度は別れを告げるが、2人はお互いの思いを確認。藤吉はてんに「一生笑わしたる」とプロポーズする。てんは儀兵衛に藤吉と一緒にならせてほしいと請うが、勘当され、藤吉とともに大阪船場の藤吉の実家へ。母の啄子(鈴木京香)は家出から戻った藤吉を喜んで出迎えるが…。

  • 玉木宏×鈴木京香初共演 舞台『危険な関係』で稀代のプレイボーイと妖艶な悪女に

    エンタメ

     俳優の玉木宏と女優の鈴木京香が、舞台『危険な関係』で初共演を果たすことが分かった。玉木は鈴木との共演について「今回の役の様な、品位に中に潜む狂気をどのようにアプローチされるのか楽しみにしています」と語っている。

  • 藤原竜也&鈴木京香、不朽の名作『人間の証明』SPドラマ化で13年ぶり共演

    エンタメ

     俳優の藤原竜也と女優の鈴木京香が、森村誠一原作『人間の証明』のドラマ化で共演することがわかった。本作は、孤高の刑事・棟居という名キャラクターを生み出し、最も有名な森村氏の代表作として、松本清張の『砂の器』(1961年)と双璧をなす“昭和を代表する名作ミステリー”。41年前にベストセラーとなり、現在までに単行本・文庫本で累計770万冊以上を売り上げている。

  • 豊川悦司&鈴木京香、“おとなの恋愛”語る  一目ぼれとは無縁

    エンタメ

     豊川悦司、鈴木京香共演で、禁断の恋を描いた大人の物語『連続ドラマW 荒地の恋』が完成した。役柄に感情移入させる演技には定評がある2人だが、共演はドラマ『青春の門-筑豊篇-』以来、約10年ぶり。そんな豊川と鈴木に、再共演により、新たに発見した魅力や作品の持つメッセージについて語ってもらった。

  • 豊川悦司、鈴木京香のオーラは「紅白歌合戦レベル」と絶賛

    エンタメ

     俳優の豊川悦司と女優の鈴木京香が17日、WOWOW『連続ドラマW 荒地の恋』の特別試写会に登場した。約10年ぶりの共演となった2人だが、豊川は「以前ご一緒した時はガッツリという感じではなかったので、今回が初めてという感触。なんといっても鈴木京香ですので、“紅白歌合戦レベル”と同じくらい、知らない人はいない。そのオーラにどっぷり浸って仕事するのは喜びでもありました」と振り返った。鈴木は「そんな風に言われてしまってどうしたらいいのだろうかと思ってしまう」と困惑しつつも笑っていた。

  • 土屋太鳳・永作博美・鈴木京香主演 湊かなえ・角田光代ら人気作家短編がドラマ化

    エンタメ

     湊かなえ、三浦しをん、角田光代という人気女性作家3人の傑作短編小説を映像化したオムニバスドラマ『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』が2016年1月4日に放送が決定し、永作博美、土屋太鳳、鈴木京香ら豪華キャストの出演が明らかになった。

  • 豊川悦司、鈴木京香と許されざる“大人の恋” WOWOWドラマ共演に「とても光栄」

    エンタメ

     俳優・豊川悦司と鈴木京香が、直木賞作家・ねじめ正一の長編小説を原作とした『連続ドラマW 荒地の恋』で共演することが分かった。主人公の詩人と、その親友の妻役として “大人の恋” を繰り広げる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access