知英 関連記事

  • 『連続ドラマW そして、生きる』に出演する知英

    有村架純×坂口健太郎『そして、生きる』、追加キャストに知英

    エンタメ

     女優の有村架純と俳優の坂口健太郎が共演し、岡田惠和が脚本を担当する『連続ドラマW そして、生きる』より、追加キャストとして女優の知英が出演することが発表された。自身にとっては初となる韓国人役を演じる。@@cutter 本作は東北と東京を舞台として、東日本大震災を背景に、過酷な運命を生きた2人の男女、そして彼らと巡り合う人々の人生を描く。主人公・瞳子役の有村は、連続ドラマWに出演するのは『海に降る』以来4年ぶり。岡田とは、主演を務めたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』でもタッグを組んだ。もうひとりの主人公、清隆役を演じる坂口は、WOWOWのドラマ出演は初。監督は、映画『君の膵臓をたべたい』などでメガホンをとった月川翔が担当する。  3歳の時に交通事故で両親を亡くした生田瞳子(有村)は、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。天真爛漫に育った瞳子は、時に地元のアイドルとして活躍することもあり、女優を志すようになっていた。19歳になった瞳子は、東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、本番前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。  その年の秋、瞳子はカフェで一緒に働く韓国人のハン(知英)と共に、気仙沼でのボランティア活動に参加し、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆(坂口)と出会う。穏やかで整然と現場を取り仕切る清隆だったが、彼自身も過酷な運命を背負っていた。気仙沼での日々を共に過ごした瞳子と清隆は、いつしか互いに特別な感情を抱いていく―。  知英が演じるハン・ユリは、いろいろな国を転々とし、働きながら文化を感じ吸収していくという自由な人生を生きる女性。日本の盛岡を訪れた時に瞳子と出会い、しばらく暮らすことになるが、そこで人生で初めての地震を経験し、共に気仙沼のボランティア活動に参加することになる。  劇中で、独特な日本語で常に場を和ませる愛くるしい演技を披露する知英は「韓国人役として演じることに深い意味も感じていますが、初めて言葉の壁を気にせずに演じられる役でもあるので思い切り役に挑んでいます。私自身、3.11の日に日本にいて地震を経験しました。ドラマの中でもハンがこの日を経験することになりますが、その思いを投影し共有できるような感じがしています」とコメント。  そして「いい人生って何だろう? 誰もが考えるテーマだと思います、このドラマはすべてのキャラクターがもがきながら葛藤し自分の生きる道を探すことが描かれているヒューマンドラマです。演じていてすごく気持ちがいいですが、この期間私はハンと一緒に生き、自分も成長していきたいです」とメッセージを寄せている。  『連続ドラマW そして、生きる』は、WOWOWプライムにて夏放送。

  • 映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』イトリ役で出演する知英

    知英、『東京喰種 トーキョーグール2』新キャストに セクシーな喰種・イトリ役

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』に、女優の知英(ジヨン)が出演することが発表された。妖しい色香を漂わせる謎の喰種(グール)・イトリ役を演じる。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を誇る石田スイによる人気コミックを実写映画化する作品の第2弾。東京を舞台に、人間でありながら、人間を食らう種族・喰種としての能力に目覚めた金木研(窪田)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描く。主演の窪田のほか、カネキの最大の宿敵である喰種・月山習を松田翔太、ヒロインの霧嶋董香を山本舞香が演じる。  食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種が潜む街・東京。大学生のカネキ(窪田)は、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカ(山本)らと生活している。そんな中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山(松田)が、人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、自ら主宰する「グールレストラン」へカネキを招き入れる。  知英が演じるイトリは、バー「Helter Skelter」を経営している情報通の喰種。カネキが必要とする情報の交換条件として、月山が主宰する「グールレストラン」の調査を依頼するという役どころだ。原作コミックでも人気のキャラクターで、映画では初登場となる。  知英は役作りに関して「本番前のリハーサルでは監督と主役の窪田さん他キャストさんたちとシーンについてじっくり話し合いました。窪田さんには現場でイトリのキャラクターとしての細かい提案をしてもらったりと、とても助けられた部分があり感謝してます」と明かし、「読者の皆さんから愛されてるキャラクターの一人でもありますのでプレッシャーもありましたが、現場のみんなでイトリを作り上げられたのかもしれません」と話している。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は7月19日より全国公開。

  • 『家売るオンナの逆襲』第5話場面写真

    『家売るオンナの逆襲』北川景子の過去発覚!? ゲストに柄本時生&知英

    エンタメ

     女優の北川景子が主演を務めるドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第5話が今夜放送される。第5話では、北川演じるヒロイン・三軒家万智の過去が明らかになる。@@cutter 本作は、2016年7月期と2017年5月のSPドラマで放送された『家売るオンナ』シリーズの続編。伝説の不動産屋・三軒家万智を主人公に、彼女が顧客の個人的な悩みや問題にも容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法でダイナミックに売りまくる姿をコミカルに描いていく。  留守堂(松田翔太)に敗北を喫した万智(北川)は休暇を取り、屋代(仲村トオル)の前からも姿を消す。そんな中、庭野(工藤阿須加)は残念な容姿の客・田部竜司(柄本時生)とその婚約者で奥ゆかしい美人・宮寺奈々(知英)を担当。見栄えのいい家が欲しいという竜司は、チラシに載っていた万智の似顔絵を見て小学校の同級生『マンチッチ』だと言い出す。  その夜、庭野と屋代は留守堂の正体をつきとめるため、フェンシングに向かう足立(千葉雄大)を尾行。しかし、一人になった留守堂に尾行がバレてしまう。万智との関係を尋ねる屋代に、留守堂は同級生だった万智に「愛情を抱いている」のだと話す。万智の同級生・竜司が留守堂のことも知っていると思った庭野と屋代は竜司の家へ。そこで二人が見たのは卒業アルバムに写った衝撃的な万智の姿だった。  翌日、竜司と奈々に内見案内をしていた庭野は、シャワーの誤作動で奈々をびしょ濡れにしてしまう。化粧が落ちた奈々はさっきとは別人のような容姿。実は奈々は神がかった化粧で素顔を隠していた偽装美人。その正体を知った竜司は婚約を破棄すると言い出すが、そこに姿を消していた万智が現れ、家を売ると宣言し…。  ドラマ『家売るオンナの逆襲』第5話は、日本テレビ系にて今夜2月6日22時放送。

  • 映画『殺る女』より

    『殺る女』殺し屋・知英のアクション&浴衣姿の武田梨奈…新カット公開

    映画

     女優の知英が主演を務め、武田梨奈が出演する映画『殺る女』から、知英と武田の場面写真が到着。銃を構え鋭い視線を向ける知英や、武田の浴衣姿が公開された。@@cutter 本作は、知英を主演にした日米合作のバイオレンス・エンターテインメント。共演に、アクション女優として活躍する武田や、映画やドラマへの出演が相次ぐ駿河太郎、元K‐1選手のニコラス・ペタス、そして歌手のシャリースといった国際色豊かなキャストが顔をそろえる。  幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)。成長した愛子は殺し屋となり、犯人への復讐を虎視眈々と狙っていた。彼女は、自分の家族を殺害した、腕にサソリのタトゥーのある男を探し続ける…。  今回、解禁された場面写真は、殺し屋を演じる知英がピストルを構え、ターゲットに狙いを定めるスタイリッシュなカットから、彼女が黒いタイトなワンピースに身を包んだセクシーなシーンまで、知英の魅力が収められたものとなっている。  知英は自身の役柄について「今までにない心の闇をかかえている役どころだったので、顔から出る表情でアイコの人生の痛みの部分や、冷ややかな目つきなどを顔で表現しました。殺し屋として生きていますが、寂しげな顔の演技に注目してほしいです」とアピール。  さらに、本作で孤児院育ちの看護師・加賀由乃を演じる武田が、着物姿で物憂げな表情を浮かべる姿を収めた場面写真も公開された。  映画『殺る女』は10月27日より全国公開。

  • 『レオン』完成披露試写会 舞台挨拶にて

    知英、山崎育三郎と入れ替わり希望「誕生日が一緒で兄弟みたいな感じ」

    映画

     歌手で女優の知英が24日、主演映画『レオン』の完成披露試写会に登壇。竹中直人らと笑いを交えてトークを展開し、知英は「誕生日が一緒の1月18日で、兄弟みたいな感じ」の山崎育三郎と入れ替わりたいと希望した。@@cutter 本作は、同名漫画を原作とするコメディムービー。知英演じる地味な派遣OLの小鳥遊玲音(たかなし・れおん)と、竹中演じる年商500億円のワンマン社長・朝比奈玲男(あさひな・れお)の心と身体が入れ替わって起きるドタバタ劇を描く。  完成披露試写会には知英や竹中、山崎のほか、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、塚本連平監督が出席した。  知英は今回、劇中で竹中と入れ替わる設定でオヤジ演技にチャレンジ。「入れ替わり物は今回2回目(前回はテレビ朝日系列の連続ドラマ『民王』)。(入れ替わるキャラが)エロ社長ということが難しかった。皆さんに助けられて、楽しんで撮影できた」と話し、「笑いもたくさんあって、意外な展開で感動することもあるかもしれない。楽しみにしてほしい」と本作をアピールした。  竹中は開口一番、「知英が最高でしたね」と述べて「二人でセリフや入れ替わったときの声のトーンとか合わせたりした。日本語の上手さも感動した」と絶賛。その後、竹中は事あるごとに斉藤ら共演者のコメントに割り込んだり壇上を動き回ったりしてハッスル。会場が笑いに包まれた。  登壇者の誰かと1日だけ入れ替われるならと問われると、知英は「山崎さんと入れ替わりたい。誕生日が一緒の1月18日で、兄弟みたいな感じ」と答え、「男の声でしゃべってみたい」と願望を語った。  竹中は斉藤を指差して「この男になってみたい」と言い、「この顔で街を歩いてみたい。どういう風を感じたり街の匂いを感じたりするのか…」と珍獣扱い。たまらず斉藤が「一生懸命、人間やってるんだぞ!」と竹中に食ってかかっていた。  映画『レオン』は、2月24日より全国公開。

  • 知英&竹中直人、入れ替わりコメディ映画『レオン』メインビジュアル解禁

    知英と竹中直人が入れ替わっちゃう!? 『レオン』メインビジュアル解禁

    映画

     知英が映画初主演を務め、竹中直人と共演するコメディ映画『レオン』の公開が来年2月に決定し、本作の世界観を表現したポップなカラーのメインビジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、“地味でナイスバディな派遣OL”と、“女大好きセクハラオヤジ社長”が入れ替わる、ハチャメチャなスイッチングエンタテインメント。原作はスマホマガジン『Hot-DogPress』(講談社)で連載された同名のオリジナル漫画。  年商500億を超える老舗の食品会社朝比奈フーズに勤める派遣OLの小鳥遊玲音(知英)と、朝比奈フーズを引っぱるやり手のワンマン社長・朝比奈玲男(竹中)。玲音は美人でナイスバディながらネガティブ思考のイケてない存在、玲男は仕事は一流なものの根っからの女好きと何もかも正反対の二人であったが、ある車の事故をきっかけに、心が入れ替わってしまう羽目になる。  主演を務めるのは、一世を風靡した韓国の人気ユニットKARAで活躍後、2014年に活躍の場を日本へ移した知英。完璧な日本語を習得した彼女が、弾けきった見事なエロオヤジっぷりを披露する。社長の朝比奈を演じる竹中直人は、入れ替わった地味でナヨナヨの乙女OLになりきる。二人を取り巻く共演者に、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、山崎育三郎。  公開されたメイン写真では、にぎやかなピンクの背景をバックに、困惑した表情を浮かべる玲音と、今にもあごがはずれそうな驚きの表情を浮かべる玲男が登場。入れ替わった二人のギャップが笑いを誘う一枚で、破天荒な展開を期待させるビジュアルとなっている。  映画『レオン』は、2018年2月24日から全国公開。

  • 知英、オトナの土ドラ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』制作発表会見に登場

    知英、連ドラ初主演で1人7役挑戦に「3人を演じるシーンではこんがらがる!」

    エンタメ

     女優の知英が、29日都内で行われた、12月2日にスタートする大人の土ドラ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』(東海テレビ・フジテレビ系)の制作発表会見に、共演の竹中直人、西銘駿と共に出席した。連ドラ初主演で7役を演じる知英は、「プレッシャーもあって不安もあるけれど、皆さんに支えられて頑張っています」と作品への意気込みを語った。@@cutter 本作は、BBCの人気連続ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』を日本版にリメイク。負のスパイラルに陥っている元孤児のシングルマザー・青山沙羅(知英)が、飛び込み自殺した自分と瓜二つの女刑事にすり替わったことで追い詰められていく姿を描くサスペンス。  連続ドラマ初主演で1人7役に挑む知英は「私にできるのかな?というか、なんで私なんですか?と質問しました。1人の役を演じるのも大変なのに7役もできないと手を上げた」と打ち明けるも、「でも原作ドラマを見て面白いと思った。1人7役でかなりプレッシャーもあって不安もあるけれど、皆さんに支えられて頑張っています」と意気込み十分。  撮影では「CGシーンも多く、相手役がいなかったり、自分ではない相手に演技するのが大変。自分が3人を演じるシーンでは現場で一度両方を自分でやってみるけれど、こんがらがる」と苦労も多いよう。現実に自分と同じ顔の人間が出現したら「私の代わりに休んでもらったり、撮影に行ってもらったり、交互にやっていきたい。そういう風にできればいいな」と笑っていた。  映画で知英と共演済みの竹中から「知英はものすごく強いエネルギーを持っているので、なんだって出来るんだろうと思う。思いの強い、素晴らしい方。知英が1人7役をやるのを早く見てみたい。凄いことになっているはず。それがこのドラマの見どころ。僕は知英の応援団として頑張りたい」とエールを送られると、「竹中さんと一緒というだけでメチャメチャ心強い」と喜んでいた。  一方、義理の弟役を演じる西銘も「義理の弟役なので、知英さんを役でもプライベートでも支えていけたら。現場では1人7役を演じる知英さんの姿を見て圧倒されたし、お姉さんとしても女優としても尊敬しています」とリスペクト。これに対し知英は「西銘さんは可愛くて、本当の弟みたいな感じです。普段は年下の人は苦手ですが、西銘さんとは親しくできる」と撮影現場の雰囲気の良さを明かしていた。  連続ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』は、東海テレビ・フジテレビ系にて12月2日より毎週土曜23時40分放送。

  • 桐谷美玲主演映画『リベンジgirl』ポスター解禁

    桐谷美玲、雨の中ティッシュ配り&街頭演説も 『リベンジgirl』予告編解禁

    映画

     女優の桐谷美玲が2年ぶりに映画の主演を務める『リベンジgirl』の予告編映像と本ポスターが解禁された。映像では型破りなヒロインに扮する桐谷の体当たりな演技を見ることができる。@@cutter 本作は、“ミス東大”“イケメン彼氏持ち”、性格以外はパーフェクトな“イタイ女”宝石美輝(桐谷)が、フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指す異色のラブストーリー。  政治家一族の御曹司・裕雅(清原翔)にフラれた美輝は総理大臣となり見返そうと決意。やがて、秘書を務める俊也(鈴木伸之)の厳しいレッスンを受けるうち、彼女の中に別な感情が芽生えていく。  公開された予告編では、JY(=知英)が自ら作詞も手がけた主題歌『Secret Crush ~恋やめられない~』にのせて、人生最大の失恋にボロボロになりながら絶叫する美輝の姿や、「もう一度あいつを振り向かせて、ゴミのように捨ててやる!」と決意する場面が映される。さらに、雨の中でティッシュ配りをする様子や街頭演説する政治活動シーンも初解禁されている。  また、強い意志を感じさせる美輝のまなざしが印象的なポスターには、傍らで寄り添う俊也の姿が見られる。「運命の出会いが、二人を変えた―。」というキャッチコピーとともに2人の“これから”を予感させる仕上がりとなっている。  映画『リベンジgirl』は、12月23日から全国公開。

  • ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』に主演する知英

    知英、連ドラ初主演 人気海外ドラマリメイクで1人7役に挑戦

    エンタメ

     女優・アーティストの知英が、人気海外ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』の日本版リメイク作品『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』で、連続ドラマ初主演することが発表された。劇中で1人7役を務める知英は「7役を一気にやるということは女優人生でもなかなかないことですし、今後の糧になると思います」とコメントを寄せている。@@cutter アメリカ及びイギリスでシーズン5まで放送した人気海外ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』をリメイクする本作は、貧困に喘ぐ元孤児のシングルマザー・青山沙羅(知英)が、金のために自分に瓜二つな女性刑事・椎名真緒子になりすましたことをきっかけに追い詰められていく様を描くサスペンス。知英は沙羅や真緒子に加えて、大学院生や暗殺者など、計7人のキャラクターを演じる。  「主演のお話をいただいたときは、喜びよりも本当に私でいいの!?という驚きでした。BBC版オーファン・ブラックはストーリーの展開が早く、内容も衝撃的で、中毒性があり私もドキドキしながら観ていました。その作品を自分が主演でやることも信じられないですし、プレッシャーしかないですが、とにかくやるしかないという心境です」と明かす知英は、「共演者がほぼ自分というのも初めてなので、どうなっていくのか自分でもまだわかりませんが、7役を一気にやるということは女優人生でもなかなかないことですし、今後の糧になると思います」ともコメント。  さらに「もちろん等身大の大学院生もありますが、刑事だったり、暗殺者だったりと役の振り幅がかなり大きいので、この撮影期間中自分自身の人格も分からなくなりそうです」とも。それでも「この大きな試練に大きな決意をもってチャレンジしたいと思っています。まずは7人のキャラクターを自分の中で作りこみ頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。  ドラマ『オーファン・ブラック~七つの遺伝子~』は、東海テレビ・フジテレビ系にて12月2日より毎週土曜23時40分放送。

  • 知英、 ベッド上での“ニッコリ”オフショットに反響 ※「知英」インスタグラム

    知英、寝起きの一枚? ベッド上での“ニッコリ”オフショットに反響「3秒で惚れました」

    エンタメ

     女優の知英が自身のインスタグラムを30日に更新し、ベッドの上で満面の笑みを浮かべるオフショットを公開した。この投稿に、ファンからは「大好き…」「めちゃくちゃ可愛い」「Tシャツ似合ってますね!」などさまざまな反響が寄せられた。@@cutter この日の投稿で、花と笑顔の絵文字と共に、寝起きのようなオフショットをアップ。日差しの入り込んだ室内のベッドと思われる場所にカラフルなTシャツ姿で横たわり、左手でピースサインを掲げクシャッと笑う知英の表情が印象的な一枚だ。  この投稿に対して、コメント欄では「あらカワイイ」「ジヨンかわいすぎて~」「3秒で惚れました」「大好き、そして偉い」「やっぱり、お似合いですな」「ルームウェアもかわいい」「レア写真!」など、絶賛の声が相次いで届けられている。 引用:https://www.instagram.com/kkangjji_/

  • 知英が語る『カーズ/クロスロード』の魅力!

    知英「不安だった」KARA脱退の“決断”を語る 『カーズ』主人公と重なったワケとは?

    映画

     クルマたちの活躍や冒険を描くディズニー/ピクサーによる人気シリーズ『カーズ』の最新作『カーズ/クロスロード』が7月15日(土)から日本でも公開となる。女優・歌手JYとして活躍中の知英にいち早く本作を鑑賞してもらうと、拳を握りながら主人公マックィーンを応援するなど大興奮!「『カーズ』が大好き」という彼女だが、今作で“人生の岐路”に立つマックィーンと「自分自身が重なった」と告白する。@@cutter “クルマの世界”を舞台に圧倒的なスケールとアクションで“クルマなのに”人間味あふれる個性豊かなキャラクターたちを描く『カーズ』。本作では、天才レーサーのマックィーンが、新勢力の台頭やレース中のクラッシュで自信を喪失しながらも仲間たちに支えられながら再生していく姿を描く。過去作を全て見ており「『カーズ』が大好き」という知英。本シリーズの魅力を「キャラクターが本当にかわいい。クルマなのに表情が豊かで、まるで人間みたいですよね。顔や体の動きだけで感情を表現するところがまたかわいくて」と笑顔で語る。  お気に入りのキャラクターは、マックィーンの大親友のメーター。「相変わらずおとぼけで、はしゃいでいて」と楽しそうに話しつつ、「キャラクターの表情はもちろん、グラフィックがすごかったですね!アニメーションとは思えないくらい、とてもリアルで。山道を走るシーンは泥や水たまりなど、実写のようでした。本当に撮影隊が山に入って、“アクション!”と言ってマックィーンがお芝居したのかと思うくらい」とお茶目にニッコリ。映像技術についても驚きを隠せない。  レーサーとして“人生の岐路”に立つマックィーンだが、知英にとって大きな決断だったのが、2014年に韓国のアイドルグループKARAを脱退し、日本を拠点として女優という夢に向かって歩み始めたこと。マックィーンには当初からシンパシーを寄せているところがあったそうで、「シリーズの『1』では、有名なレーサーだったマックィーンが、自分のことを誰も知らない場所に行って苦労する姿が描かれていました。その時も“自分と似ているかもしれない”と思いました」と振り返る。  本作でターニングポイントを迎えたマックィーンは、“ある決断”をするが、その過程では不安に襲われる一幕も。知英は「あの不安な気持ち、すごくわかります」とうなずく。「私もKARAというグループで愛された日々があって、今は一人で活動をしています。14歳からKARAを6年間やっていたので、新しい道を選んだのは大きな決断でした。その時は、今後どうなるんだろう、何もなくなったらどうしよう、芸能界から消えていくのが怖いとか、いろいろ考えてとても不安でした」。@@separator 日本に来てからは「一人で活動することは、思ったよりも大変だった」そう。「自分の母国語ではない言葉でお芝居するのも、簡単ではなかったです。正直、諦めそうになりました」と振り返るが、そんな知英を支えたのは、「女優になりたい」という強い思いと、仲間の存在だった。  「マックィーンもメーターや師匠に会って、励まされますよね。私も同じ。KARAのメンバーも応援してくれたし、友達や家族の存在が背中を押してくれました。韓国の友達は“寂しくなるけど、頑張って”とか“誰よりも頑張っているのを知っているよ”と声をかけてくれて。日本に来てからも、スタッフさんをはじめ、たくさんの仲間ができました。年齢を重ねるごとに思うのは、周りの人たちが本当に大事だということです」。  「周りの人たちの言葉を信じる力があれば、自分のことも信じることができる」とまっすぐな眼差しで語る知英。必死に前に進もうとするマックィーンを見て、「一生懸命な姿ってやっぱりかっこいいですよね。マックィーンの姿勢や言葉に感動して涙が出そうになったシーンも何度もありました」と刺激を受けた。「私も落ち込むときだってあるけれど、夢に向かって走っているのは楽しいです。マックィーンみたいですよね(笑)。ファンの方からは、私を見ることで頑張れると言ってもらえることもあります。誰かの勇気になれていたらすごく嬉しいし、一生懸命やっていれば伝わることもあるのかな」。ひたむきに走り続ける知英のこれからがますます楽しみだ。(取材・文・写真:成田おり枝)  『カーズ/クロスロード』は7月15日(土)より全国公開。

  • 山田孝之、知英、安田顕が『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』で声優に!

    山田孝之、バットマン役に! 『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』で声優に挑戦

    アニメ・コミック

     アメコミヒーローの代表格である「DCエンターテインメント」と、日本発フラッシュアニメの人気作「鷹の爪団」がコラボレーションを果たす異色のアニメーション映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』。本作のゲスト声優として、山田孝之、知英、安田顕が出演することが分かった。@@cutter アニメ映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』の主人公は、兵器で身長600メートルに巨大化されたシン入社員。無駄な動きの多いシン入社員が暴れ始めたら街を壊滅してしまう恐れのある中、ある日、ジョーカー(CV:安田)とハーレイ・クイン(CV:知英)らが“汚く”お金を稼ごうとする。それを阻止するため、スーパーヒーローチームの“ジャスティス・リーグ”と共に戦うことになった“鷹の爪団”。しかし、資金面で問題が生じたため、アメリカで一人離れていた金持ちで暗いヒーロー・バットマン(CV:山田)を説得するハメに…。  本作の出演にあたり、山田は「小さい頃から好きだったバットマン役で参加できて嬉しいです」と思いを吐露する一方で、公開を控えて「言いたいことをガシガシ言っていく鷹の爪の気持ちよさとDCスーパーヒーローズたちの東京での活躍にご期待ください」とメッセージを寄せている。  また、知英は「自分が演じたハーレイ・クインも可愛くって大好きです」とキャラクターへの思いを伝えたほか、安田は「役者として1度はやってみたいクレイジーな憧れのジョーカー役を演じさせてもらって光栄でした。DCと鷹の爪のコラボ、毛色の違う両者が作る映画ですから何かあるかもしれないし、ないかもしれない。それを判断するのはあなた次第です!」と力強いコメントを残している。  さらに今回、本作の特報映像とティザーチラシが完成し併せて解禁となった。チラシには、2人のバットマンの姿と共に「Youは何しに東京へ?」というキャッチコピーが添えられている。  映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』は、10月21日からロードショー。

  • 映画『レオン』で主演を務める知英

    知英、長編映画初主演! 竹中直人と入れ替わるハチャメチャコメディで“おっさん”に

    映画

     知英が映画『レオン』で初主演を務めることがわかった。知英が演じるのは地味なOL・小鳥遊玲音(たかなしれおん)。交通事故に遭った玲音は、竹中直人扮するワンマン社長・朝比奈玲男と心が入れ替わってしまう。知英は「入れ替わったときは、竹中さん演じる朝比奈玲男になりきり、エロオヤジ社長炸裂でやりきりました。気分は爽快でした」と感想をもらし、竹中は「知英は本当にチャーミングで優しく美しく時には男っぽく柔らかな女性でした。知英はたくさんの可能性を秘めた女優です。コメディエンヌとしても素晴らしいテンションを持ち備えた方だな…と感じました」と知英を評している。@@cutter 本作はスマホマガジン「Hot‐Dog PRESS」で連載し、絶大な人気を誇ったオリジナル漫画(漫画:大倉かおり、原案:清智英)の映画化。地味な派遣OL・小鳥遊玲音と女好きなワンマン社長・朝比奈玲男は、偶然同じ車の事故に巻き込まれ、心が入れ替わってしまう。ところが、この事故は社長の右腕として働いていた男たちの罠だった。2人の心が入れ替わっているため、事態はややこしくなっていく。  監督には、阿部寛主演の『アット・ホーム・ダッド』(CX‐KTV・04)や『ドラゴン桜』(TBS・05)、そして昨今では 福士蒼汰主演の『お迎えデス。』(NTV・16)といった、TVドラマを数多く手掛けている塚本連平。脚本は、2015年の映画『ヒロイン失格』やアニメ『TIGER&BUNNY』などで注目されている吉田恵里香が担当する。  映画『レオン』は、2018年全国ロードショー。

  • 桐谷美玲、『人は見た目が100パーセント』イベントに出席

    桐谷美玲、女子力30パーセントの低評価は衝撃的寝顔のせい「寝顔写真は流出厳禁」

    エンタメ

     女優の桐谷美玲、水川あさみ、芸人のブルゾンちえみが10日、都内でフジテレビ系連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』(4月13日放送開始)のトークイベントを行った。@@cutter 同作は、桐谷・水川・ブルゾンの3人が女子力ゼロの理系女子に扮し、美の研究を通してステキ女子になるべく奮闘していく姿を描くドラマ。  冴えないリケジョ役の桐谷は自身の女子力を聞かれると「30パーセント」と即答し「ずぼらで何でもいいやとなってしまうタイプ。家にいる姿はお見せできないですし、寝顔は最悪。みんなに写メを撮られるくらいガッと目が開いている」と告白。その寝顔をブルゾンは「完全に起きている」と証言し、水川も「私たちは慣れた」と何度も目撃している様子。当の桐谷は「寝顔の写真は流出厳禁」とクギをさしていた。  一方、桐谷ら冴えないリケジョ3人組の一人で女優デビューするブルゾンは「3人の中では末っ子的存在。ストレートにオシャレを…なんていうか、食べることが好きで、オシャレに興味があったわけじゃないけれど自分もオシャレを勉強しなければという役」と緊張からかしどろもどろに役柄を説明。すかさず水川から「そんな役だっけ?」とツッコミが入り、桐谷も大爆笑で、ブルゾンは「あの~、説明が難しい役です」と自らピリオドを打つ場面も。  現在3人の中でマッサージをし合うことが流行っているそうで、ブルゾンは「桐谷さんが色々なツボを知っていて、こっちが痛い!痛い!となっても弱めずにツボをずっと押し続ける」とクレームを入れるも、桐谷は「目が痛いと言っているから押してあげているんだよ?」と涼しい顔をみせた。また、同トークイベントには、主題歌「女子モドキ」を担当するJY(知英)も参加した。  新ドラマ『人は見た目が100パーセント』は、フジテレビ系にて4月13日より毎週22時放送(初回15分拡大)。

  • 知英がドラマ初主演で関西弁に挑戦『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語‐Part2‐』

    知英、ドラマ初主演で関西弁に挑戦!「違う人になれる」2日間で習得

    映画

     知英が、2017年1月から放送される連続ドラマ『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語‐Part2-』に初主演することがわかった。本作は、今年1月から3月にかけて放送され反響のあった『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語』の続編。Part2は、大阪環状線の各駅を舞台に、「愛」をテーマにした一話完結のオムニバスドラマとなっている。@@cutter 大阪・鶴橋の焼肉屋でアルバイトするジヒョン(知英)は、お金を払わずに店から出て行った少年・良介(百瀬朔)を追いかける。良介はケンカの末に財布を取られ無一文だった。お金がなく代金が支払えない良介に、ジヒョンは「地べた這いつくばって、お金手に入れなあかん」と言い、自販機の下に落ちている小銭を集め始める。二人でお金を集めるうちに、不器用ながらまっすぐに将来を夢見る良介の姿に気づいたジヒョンは、ある大きな決断をするが……。  初の関西弁への挑戦だったが、母国語以外にも日本語、英語、中国語を話す知英は、語学の才能を発揮し、関西弁を2日で習得。細かいイントネーションはスタッフに確認しながらではあったが、現地の人に関西人に間違えられるほどまでに話せるように。また、「違う人になれるのがすごく楽しくて、今度はどんな人になれるんだろうって、いつもワクワクしています」とドラマ出演に意欲を示す。    知英は、「関西弁に挑戦します!注目してください!あと、コリアンタウンをめっちゃ走りました。筋肉痛にもなったんですよ(笑)。私が演じるジヒョンはすごく前向きで明るい子なので、ドラマを見てぜひ癒されてください!」とドラマの見どころを笑顔でアピールした。  ドラマ『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語‐Part2‐』は、関西ローカルにて、2017年1月~3月火曜深夜放送。「鶴橋駅編」は、2017年1月17日深夜より放送。

  • 知英、先輩・黒木メイサが舞台観劇 2人でニッコリ

    知英&黒木メイサ、きめポーズでにっこり 初主演舞台を観劇

    エンタメ

     歌手・女優の知英が、黒木メイサとの仲むつまじいツーショットをインスタグラムで披露した。黒木は知英が主演するブロードウェイミュージカル『スウィート・チャリティ』を観劇したようで、ファンから反響が寄せられている。@@cutter ミュージカル『スウィート・チャリティ』は1966年にブロードウェイで初演され愛され続けてきた作品。NYのダンスホールで働く不器用な女の子“チャリティ”を主人公に、ジャズやファンキーなナンバー、そして切ないバラードと、さまざまな音楽で彩る華やかなショーだ。  今回、初舞台にして初主演となった知英は「メイサさん!ありがとうございました」とのキャプションを添えて、真っ赤なワンピースにブロンドヘアといったクラシカルなスタイルを写真で披露。事務所の先輩である黒木と共に頬に手のひらを添えて顔を寄せ、にっこりと微笑んでいる。  ファンからは「2人とも美しい」「韓国デビュー当時から変わらぬ美しさ」「いい顔してる!」と写真を喜ぶ声と共に、「お疲れさま!最高だったよー」「ファイティン!」「知英ちゃん本当に素敵でした。残りあと少し頑張ってください!」と応援の声が届いている。

  • 知英とハラの姿にファンも喜ぶ

    知英、舞台初日に元KARAハラが駆けつける 2ショットにファン歓喜

    エンタメ

     KARAの元メンバーで女優の知英がインスタグラムに、自身初挑戦の舞台『スウィート・チャリティ』の応援に駆けつけた、同じく元メンバーのク・ハラとのツーショットを公開。元メンバーが同士の姿に歓喜するファンの声が多く寄せられている。@@cutter 知英は現在、天王洲・銀河劇場で上演中のブロードウェイミュージカル『スウィート・チャリティ』に、“ヒロイン”チャリティ役として出演中。写真ではそのチャリティの衣装を着た知英とハラがニッコリ微笑んでおり、「ハラ姉ちゃんが初日観に来てくれました。本当に嬉しい。これで頑張れます」と、元メンバーの激励に喜ぶ知英の思いが綴られている。  知英とハラの姿に「とてもいいツーショット」「おー、ハラだ!ハラだ!わざわざ韓国からあざーすだね」「見に来てくれたんだね! 最高だね! 知英!思いっきり頑張ってね!」「久々のツーショット。2人とも可愛い」「うれしすぎて涙出てきたよ!ツーショット最高すぎる!」と二人の久々の姿を喜ぶコメントが届いている。

  • 『全員、片想い』知英インタビュー

    知英、性同一性障害の留学生役に共感「自分らしく生きていくために…」

    映画

     トレードマークである美しい黒髪と可憐な笑顔を封印し、映画『全員、片想い』のエピソード4『片想いスパイラル』の主演を務めた知英。性同一性障害という事情を抱え、韓国から来日した留学生ソヨンになり切った。劇中では、映画では初めて見せるという激しい乱闘や喫煙シーン、さらには同性へ想いを寄せる切ない眼差しと様々な顔を見せ、新境地を開いている。「『あれ、これ知英?』と、わからない方が多いと思います。本当に別の世界の知英です」とにっこり微笑む彼女に、役にまつわる想いと「片想いの経験はない」(!)と言い切った言葉の真意に迫った。@@cutter 映画『全員、片想い』は、さまざまな形の片想いを8つのエピソードで展開するアンソロジー作品。高校生のみずみずしい初恋や奔放に見える女性の意外な純愛、そして全編台詞なしでサイレント仕立ての物語があるなど、バリエーション豊富。知英も発案自体に惹かれたと言い、「素敵な企画だなと思いました。世の中には恋している人たちがたくさんいるでしょうけど、自分はどの恋だろう、と振り返られるとも思うんです」と、作品の楽しみ方について語る。  知英が主演を務めたのは『片想いスパイラル』。知英演じるソヨンがルームメイトの女性を好きになるが、その子はソヨンの男友達に想いを寄せていき、ソヨンは複雑な気持ちを隠したまま彼女の恋を応援するという物語だ。「たった3日間の撮影だったんですけど、本当にギュッと詰まった時間でした」と、知英は濃厚な撮影期間を振り返った。  ソヨンは巷で言う“イケメン女子”。ショートカットに革ジャン姿で、発する声まで地声とは別人のように低い。知英は、「私にとっては新しいキャラクターだったからこそ、やり切った感がすごくあります。撮影前からずっと『私は男だ、男だ』と言い聞かせていました」と、徹底した役作りをしたという。普段の知英とは正反対のように映るが、「ソヨンは韓国人の留学生で、自分らしく生きていくために韓国から日本に来たじゃないですか。私も韓国から日本に来てやっているので、ちょっと似ているところもあるんです」と自国を離れ活動している、現在の自身に重ね合わせる。@@separator 作品では、ソヨンが性同一性障害という自分の状態について思い悩む姿が描かれる。現在は日本でもジェンダーレスが進み、在りし日に比べ、差別のような認識はなくなっているようにも思う。しかし、本作を見るとそれでも生きづらく、葛藤を抱えている人たちがいることをまざまざと思い知らされ、胸がざわつく。知英も「難しい問題かもしれません。あくまで私の考えですけど」と前置きした上で、「ソヨンはずっと隠してきた人物です。演じてみて、私は自分を隠すのではなく、素直になれたら周りが受け入れてくれるかもしれないと思いました。片想いですけど、正直に言えば相手はわかってくれるかもしれないと考えました」と、悩みながら演じた今だからこそ感じた想いを打ち明けてくれた。  一方、知英自身の片想いエピソードを聞けば、「考えてみたんですけど、片想いはないんですよね」と、あっけらかんとした表情。ただ、モテたので片想いの経験がない、という意味ではないらしい。「全部両想いというわけでもないですよ~。相手が自分に興味がなかったら、あまり自分も興味はないので。相手が私を好きじゃないのに何で私が好きなの?って思っちゃう」と、きっぱり。さらに、「私は好きなら好きって自分から言うタイプなので。相手が自分を好きならそれで両想いになるというか。きっと性格がせっかちというか、はっきりしたいタイプなのかもしれませんね(笑)」と、役とは異なる積極的な一面もちらつかせていた。(取材・文・写真:赤山恭子)  『全員、片想い』は7月2日より全国ロードショー。

  • 清水富美加&新川優愛が“片想い”について激論

    清水富美加&新川優愛、片想いについて激論 「3年実らず」な恋愛経験も

    映画

     8つの片思いを描いた映画『全員、片想い』の完成披露試写会が5月31日に都内で行われ、出演する伊藤沙莉、中川大志、桜田通、広瀬アリス、知英、新川優愛、志尊淳、清水富美加、千葉雄大、横浜流星、加藤雅也、そして主題歌を担当した黒木渚の全12名が登壇した。舞台上ではタイトルにかけて「片想い」の話で女性キャストが大盛り上がり。特に清水と新川は「片想いが長くなると悟りが開けてくる」「生きてるだけでいい」と持論をぶつけ合い、ヒートアップしていた。@@cutter 『全員、片想い』は主演キャスト14名が織り成す、8つの片想いを描いたオムニバス映画。誰かに恋をしている、または恋がしたい、そんな全ての人たちに送る珠玉の物語が、切なくも温かい胸キュンエピソードとして展開される。  映画の中での1エピソード目「MY NICKNAME is BUTATCHI」で主演を務めたのは伊藤&中川。中川は「この映画は幼馴染の片想いということで、学生時代に経験したことのある人もいるかもしれない、友人と好きな人の間で揺れる切ない女の子の様子が描かれた映画です」とアピール。「一番最初のエピソードなので、映画に遅刻すると終わっちゃってると思うので(笑)、間に合うように来ていただければ」と冗談交じりに挨拶し、キラースマイルで中川目当てに来ている女性観客をメロメロにしていた。  6番目のエピソード「あさはんのゆげ」に主演している清水は、挙動不審な様子でトークを始め、その様子を突っ込まれると、「小顔、小顔(の演者)が続いているので、10センチくらい後ろに下がってしゃべらせてもらっています!1ヵ月で3キロ太ったから」と、新川、志尊、千葉と芸能界きっての小顔の並びにおびえた様子を見せた。  だが、片想いのエピソードを聞かれると、「片想い期間、1年ずっとしていたときがあって、だんだん悟りが開けていて、生きてるだけでいいなって思うんです」と清水節を全開にすると、横から新川が「めっちゃわかる」と同調。清水が「片想い、されるほうでしょう」と切り返すも、新川は「全然!私、普通に3年実らず、とかがある」「同じ日本にいるだけでいいやと思うよね」と、片想い同盟を結託していた。  『全員、片想い』は7月2日、全国公開。

  • 『片想いスパイラル』場面写真

    知英、イケメンすぎる男子に変身!主演映画で喫煙、ケンカシーンを堂々披露

    映画

     元KARAで女優の知英が切ない恋に苦悩する性同一性障害のイケメン男子に扮する『片思いスパイラル』が7月2日より全国公開されることが決定した。体は女性でも心が男性という難しい役に挑んだ知英は、喫煙やケンカ、アクションなどハードなシーンをこなしながら、男性としての心の葛藤を見事に表現している。@@cutter 本作は、知英演じるイケメンの韓国人留学生ソヨン、シェアハウスで同居する女性ユキ、ソヨンの事が好きな男友達の一が織り成す三角関係を描くラブストーリー。  相手役のユキには、5月公開の映画『ヒメアノール』でヒロインを務める佐津川愛美、男友達の一役には、日本人として韓国で注目されている男性グループ・CROSS GENE(クロスジン)で活躍中のTAKUYAが抜擢され、新藤兼人賞・銀賞を受賞した『小川町セレナーデ』の俊英・原桂之介が監督・脚本を手がけている。  タバコを吸う仕草など普段から男性の動きを事細かに観察し、心の部分は監督と綿密な打ち合わせをして役づくりに努めたという知英は、「不思議なもので、男性の格好になると始めはぎこちなかった仕草が自然にしっくりくるようになり、自分が女性であることを忘れてしまいました。撮影が終わった後も歩き方が男っぽいままで、次の作品で注意されたほど」と述懐。  さらに、「家族に写真を送ったら『息子ができた』と言われました」とエピソードを明かし、「そんな私の新たな一面を観て頂けたら嬉しいです」と、演技への自信をのぞかせながら本作をアピールした。

  • 『暗殺教室~卒業編~』製作報告会見に出席した菅田将暉

    二宮和也、山田涼介に焼肉を奢りケチ返上!? 嵐・櫻井からも「嘘だろ」

    映画

     コミックス累計発行部数2000万部を超える超人気コミックの実写映画第二弾『暗殺教室~卒業編~』の製作報告会見が22日に都内で行われ、キャストの山田涼介、二宮和也、菅田将暉、山本舞香、桐谷美玲、知英、成宮寛貴、椎名桔平、さらには原作者の松井優征、羽住英一郎監督が出席した。@@cutter 本作は、2015年3月に実写映画化され興行収入27億円を超えたヒット作『暗殺教室』の完結編。1年後の地球破壊を宣言する謎のタコ型超生物殺せんせーと、破壊を阻止するため殺せんせー暗殺ミッションが課せられた生徒たちの成長を描き、続編となる今作では殺せんせーの悲しい過去が明かされていく。  撮影ではかなり本格的なアクションが繰り広げられたそうで、山田は、中でも菅田との一騎打ちのシーンが大変だったと言う。「今だから言えるけど、何発かもらいました。二人とも砂埃で目が開けられない状態でやっていたので、感覚だけでぶつかり合っていたんです」と明かすと、「反省した」と悲し気な顔を見せる菅田。それ対し「いいのよ」と笑顔で返す山田に、菅田は「優しいんですよ」と褒めるなど、仲睦まじいやり取りを繰り広げる。  また会見では、前作より殺せんせーの声を担当し、今作では殺せんせーの過去の姿である最強の殺し屋・死神役も演じた二宮。普段“ケチ”として知られている二宮だが、山田やスタッフに豪華焼肉を奢ったという話が上がる。二宮は大きな声で「やめましょうよ。えっ、山田くん、言いなさい。ちゃんと」と、山田に詳細を話すように促したが、「このエピソードを嵐の櫻井翔くんに言ったら、“嘘だろ”と言われました(笑)」と明かした。  現在22歳の山田だが、15歳の中学生の役を演じることについては、「まだまだ捨てたもんじゃないな、と。学生の役は30歳くらいまでは(できそう)」とニヤリ。二宮が「俺、この間中学生の役やったよ」と余裕をみせると、山田も「まだまだOKです(笑)」と満面の笑みを見せた。  『暗殺教室~卒業編~』は、3月25日より全国東宝系にて公開。

  • ドラマ『民王』組閣発表イベントの様子

    遠藤憲一、撮影通じて女子力UP!? 憧れは元KARAの知英「鏡の前でポーズとりたい」

    エンタメ

     テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『民王』の組閣発表イベントが21日都内で行われ、主演の遠藤憲一、菅田将暉、共演の本仮屋ユイカ、元KARAの知英、六角精児、高橋一生、金田明夫、草刈正雄が登壇した。@@cutter 『半沢直樹』などで知られる池井戸潤による、累計50万部発行の人気小説を連続ドラマ化。ある日突然互いの“心”と“体”が入れ替わってしまった内閣総理大臣の父(遠藤)と、女子力の高い大学生のバカ息子(菅田)が、日本国民を巻き込んでドタバタを繰り広げる。  役を通して女子力が染みついている様子の遠藤は、しなやかにマイクを握りながら「入れ替わった後のお父さん役の菅田君が怖い。怒鳴るわ、襟首引っ掴むわ、蹴るわ、この間は掌底を喰らいました。撮影中ビクビクするようになって、誰かの足を踏んだと思って『ごめんなさい!』と言ったら、コンセントだった」と本作を通してオネエ・キャラに。「共演者の誰と入れ替わりたいか」と聞かれると「本仮屋ちゃんか知英ちゃん。そのどちらかになって、鏡の前でポーズをとってみたい」とノリノリで腰と頭に手を当てていた。  謎の女子大生・村野エリカを務める知英は「沢山の日本の女優さんの中から選んでくれて感謝します。人の倍努力して頑張ります」と大役抜擢に意気込みながら「この夏は誠心誠意、村野エリカを演じ切る事をお約束します。よろしくお願いいたします」と所信表明。入れ替わりたい共演者の話題になると「菅田さん。一度男になってみたい。せっかくだから若い男性に……」と意外な変身願望を明かした。  テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「民王」は、7月24日23時15分スタート。

  • 金曜ナイトドラマ『民王』7月放送スタート

    遠藤憲一&菅田将暉、池井戸潤原作ドラマでW主演! 本仮屋ユイカ、知英がヒロイン

    エンタメ

     俳優の遠藤憲一と菅田将暉が、7月より放送スタートのドラマ『民王(たみおう)』(テレビ朝日系)にて、ダブル主演を務めることが分かった。池井戸潤原作の本作で、菅田は民放連続ドラマ初主演を果たす。@@cutter 原作は、大ヒットを記録した『半沢直樹』(TBS系)以来、多くの作品がドラマ化されている池井戸潤による、発行部数33万部を突破した同名小説。ある日突然、内閣総理大臣である父と、その息子が入れ替わったことにより起こる騒動を描く。  女子力の高いおとぼけな息子の心が入り込んでしまった現職内閣総理大臣・武藤泰山役を演じる遠藤は、国会でオドオドしながらおバカな発言を繰り返し、答弁で追い詰められては涙目になったりとコミカルな役どころに挑戦。  一方菅田が演じるのは、見た目は今風なのにやたらと弁が立ち、仕草もどこかオッサンくさい、就職活動では面接官を論破してしまう大学生・翔。そのギャップに注目したい。  遠藤は中身が大学生という設定に対し「僕、よく中身が小学生って言われるんです。だから素よりも少し年上を目指さないといけませんね(笑)」と意外な素顔を告白。「“女子力男子”っていうのも難しい。僕、普段でも女の子の中に居るの、緊張しちゃうしなぁ」と笑うも「菅田くんと『大真面目にやる中で面白さを出したいね』という話をしていたので、お互い同じ方向を向いて作品を作っていけるような気がしています」とユニークな役を楽しむ姿勢を見せた。  「遠藤さんを自分の息子として激励したり、ときには殴ったり、体育座りさせたり…。こんな幸せなことはない」と喜ぶ菅田。政治に関する専門用語も学ぶ必要があると苦労を明かすも「“今”やれるからこそ楽しいし、意味のあることだと思います。僕らの世代が漠然と遠い世界に置いている“世論”とか“風刺”といったようなものを至近距離で見ることが出来るいい機会。楽しみながら学んでいきたい」とコメントした。  このほか、翔の憧れの先輩・南真衣役を本仮屋ユイカが、翔の同級生で泰山の政敵である蔵本の娘・村野エリカを知英が演じる。

  • 榮倉奈々、コナン声優から「来年も出ちゃえば?」に満面の笑み

    榮倉奈々、コナン&小五郎声優から「来年も出ちゃえば?」に満面の笑み

    アニメ・コミック

     女優・榮倉奈々と知英が18日、前日にオープンにしたTOHOシネマズ新宿で行われた映画『名探偵コナン 業火の向日葵』初日舞台挨拶に登壇。2人はコナンとの“初体験”エピソードをそれぞれ披露した。@@cutter  本作は、シリーズ19作目となる劇場版『名探偵コナン』最新作。巨匠ゴッホの歴史的名画「ひまわり」を巡り、コナンと怪盗キッドが頭脳戦を繰り広げる華麗なる芸術的(アート)ミステリー。  榮倉、知英ともに大のコナン好きということもあり、榮倉は、本作の初日を迎えた今「(今日で)終わっちゃうと思うと寂しい」と口にする。また映画の出演で、よりコナンの凄さがわかったとも。知英も「韓国にいた頃からずっと(『名探偵コナン』を)見ていたので、本当に光栄でした」と本作への出演を素直に喜ぶ。加えて、知英の“初体験”は本作が「日本語でのアフレコが初めて」ということで「すごく嬉しかった」と満面の笑みを浮かべた。    一方、榮倉の“初体験”は先日行ったというコナンとの1日電波ジャック。朝からコナンと2人、各番組に出演を果たした。榮倉は、今日でコナンとの共演が終わってしまうことが「本当に寂しい」ようで、その姿を見た江戸川コナン役の高山みなみと毛利小五郎役の小山力也が「来年も出ちゃえば?」と口を揃えると、「本当ですか!? やったー」と大きな笑顔を見せた。  イベントには、榮倉、知英、高山、小山のほか山崎和佳奈、山口勝平が登壇。同イベントを開催したTOHO シネマズ新宿ではアニメ映画の初日舞台挨拶を行った映画が本作が初となり、さらに舞台挨拶に登壇したキャストは同劇場外観の屋上に顔をのぞかせるゴジラヘッドとの記念撮影を敢行。ゴジラヘッドとの撮影はコナンチームが“初めて”だったことが明かされた。    『名探偵コナン 業火の向日葵』は、絶賛上映中。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access