城島茂 関連記事

  • 「ふくしまプライド。」新CM発表会2019に登場した(左から)城島茂、松岡昌宏

    TOKIO松岡昌宏、ジャニー喜多川さんの家族葬に「笑顔で送り出したい」

    エンタメ

     TOKIOの城島茂と松岡昌宏が12日、都内で開催された「『ふくしまプライド。』新CM発表会2019」に登壇。9日に亡くなったジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんに向けて、追悼のコメントを寄せた。@@cutter 福島県産農林水産物の風評払拭(ふっしょく)を図り、県産農林水産物の魅力と安全・安心を伝える活動を行ってきたTOKIO。CMキャラクター就任8年目を迎え、7月13日から放送される「ふくしまプライド。」新CM『桃』篇と『夏野菜』篇がお披露目された。イベントには内堀雅雄福島県知事、箭内道彦福島県クリエイティブディレクターも登壇した。  イベント終了後、記者陣に囲まれた2人。松岡は目を潤ませながら、「ジャニーさんは親ですから、本当に感謝してもしきれない。うちのタレント全員同じ気持ちだと思います」と感慨深い様子で明かし、「今日もそうですけど、僕らはこういう風にお仕事させていただくことが、うちのジャニーへの何よりのお供養だと思っています。これからもプレイヤーとして、ジャニーさんに教えてもらったことを貫きたいと思っています」と故人を偲び、決意を新たにした。  一方、城島も「ジャニーズのタレント一同、うちの社長に見い出さられて、今この場所にいます。単純でありきたりなことかもしれないですけど、笑顔で頑張っていくことがジャニーズのアイドルの使命だと思う」と言い、「今後もいろんなエンターテインメントの思いや何を届ければいいのか、考えらながら頑張っていけたらと思っています」と凛々(りり)しい表情で明かした。  本日、ジャニーズタレントたちが出席するジャニー喜多川さんの家族葬が執り行われるが、松岡は「しんみりしたのは多分苦手だと思いますんで、笑顔で送り出したいと思います」と胸を張り、城島は「ジャニーさんに見いだされたタレント一同が集まることはなかなかないので、最後の最後でジャニーさんらしい粋な演出といいますか、最高の舞台を仕立ててくれたんじゃないかなと思います。楽しいって言ったら普通は不謹慎なんですけど、社長らしく、社長の子どもたちらしく、いい時間を過ごせたら。それが一番何よりの供養だと思っています」とほほ笑んだ。  またイベントの冒頭、内堀福島県知事も「TOKIOの皆さんは、震災の前も後も福島県の人々、農産物に熱い思いを持って、ずっと応援し続けてくれました」と感謝し、「ジャ二ーさんはそのTOKIOさんを育て、そしてこうした活動に理解を示して応援してくださいました。ジャニーさんのご逝去に接し、改めて心からお悔やみの思いを申し上げたいと思います」と追悼の言葉を述べた。  「ふくしまプライド。」新CM「桃」篇と「夏野菜」篇は7月13日より順次放送。

  • フォートナイト×TOKIO CMプレス発表会にて

    47歳・城島茂、久々のダンス仕事は「右肩が上がらなかった」

    エンタメ

     TOKIOのリーダー・城島茂が7日都内で、「フォートナイト×TOKIO CMプレス発表会」にメンバーの長瀬智也と共にコスプレで登場。CM撮影で久々にダンスをしたことに関して「右肩が上がらなかった」と告白した。@@cutter 『フォートナイト(FORTNITE)』は、世界中で1億2500万人がプレイする人気バトルロイヤルゲーム。最大100人でのプレイが可能で、各種ゲーム機(PS4/Xbox One/Nintendo Switch)やPC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS)にてクロスプラットフォームで展開している。  城島と長瀬はこの日、出演する新CMで着用したゲーム内キャラクターのコスプレで登場。城島はランドセルを背負った恐竜風コスチュームに「普段なかなかこういう格好はできない」と笑って、まんざらでもない様子を見せた。  城島は、同ゲームをメンバー全員でプレイしたと明かして「メンバー4人そろうと、子供に戻ったみたいな感じになって、ギャーギャー言いながら楽しんでゲームをした」とほほ笑み、さらに「『島に降り立つ』という設定が大好物。島で何をするかとなった時に『生き残る!』という単純明快なアイデアが最高」と自身の“実体験”を交えてゲームの魅力をコメント。長瀬も「40代の男たちが全員コスプレして、一つの部屋でゲームをするのはなかなかレアなシチュエーション」と白い歯をこぼした。  CM内で披露する“エモートダンス”について、長瀬が「皆はじけていた。ジャニーズでもなかなか見ないダンスで、本当に体が踊っているような感じ。皆、頭のリミッターをカットしてやっていったのが面白かった」と振り返ると、城島は肩をさすりながら「久しぶりに踊った。右肩が上がらなかった」と47歳ならではの苦労を語り、報道陣の笑いを誘った。  TOKIOの二人が出演する『フォートナイト』の新CM「しナイト」篇、「プレイ」篇は、8月10日より全国放送スタート。

  • (左から)「ふくしまプライド。」新CM発表会に登場した城島茂、国分太一

    TOKIO城島茂、4人でも「変わらず頑張る」 浪江町への思いも明かす

    エンタメ

     TOKIOの城島茂と国分太一が11日、都内にて開催された「ふくしまプライド。」新CM発表会2018に出席した。城島は4人体制のTOKIOについて「変わらず。頑張っていくだけです」と語ったほか、東日本大震災で被災した浪江町について「いつか浪江の村にも戻りたい」と思いを明かした。@@cutter CMキャラクター就任7年目を迎えたTOKIO。新CMは、『あたらしいポスター』篇、『うまい! 福島の夏野菜』篇、『うまい! 福島の桃』の3篇で、地元生産者たちと触れ合う城島や松岡昌宏の姿が描かれる。この日は城島と国分に加えて、箭内道彦福島県クリエイティブディレクター、内堀雅雄福島県知事、福島県の農産物生産者も出席した。  城島はCMの撮影を「(合間に)生産農家の皆さんと喋りました。野菜の話とか、きゅうりはどんなきゅうりですか?とか。和気あいあいと」と回想。一方の国文は「箭内さんにちょっと聞きたいんですけど、なぜ城島さんと松岡さんだったんですか?」とモノ申し、「二人よりはいい顔できると思うんですけど…」と不満げな表情を見せた。箭内から「まだまだこのあと、秋にね。新しいCMを用意していますので。太一くんには、米を食べてほしいな」と言われると、国分は「いつでも行きます!」と笑顔を見せていた。  TOKIOを代表して「ふくしまプライド。」という言葉にかける思いを聞かれた城島は、東日本大震災で被災した福島県の浪江町に言及し「いつか浪江の村にも戻りたい。3.11以降、心はあそこに残したままですね。」とコメント。続けて「安心・安全を絶対に打ち出す。当たり前なんですが、食べていただきたい、本当においしいんだと。そこが自分たちのプライドでもあります」としたうえで「自分たちのやることが、福島の皆さんの代表として恥ずかしくないよう、頑張っていけたら」と話していた。  「ふくしまプライド。」新CMは、7月14日より放映。

  • 『徹子の部屋』に出演した島茂子

    島茂子、『徹子の部屋』で徹子と夢の共演 “友人”城島茂も登場

    エンタメ

     先月デビューを果たした話題の遅咲き新人歌手・島茂子が、『徹子の部屋』(テレビ朝日系/月曜~金曜12時)に初登場することが分かった。茂子の“友人”という城島茂も登場するという。@@cutter 島茂子は、昨年8月にリリースされたTOKIOのシングル『クモ』のカップリング曲『女の坂道』を歌う女性歌手として突然現れた人物。今年5月にリリースしたデビューシングル『戯言』は、TOKIO・松岡昌宏主演『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の主題歌にも起用されている。そんな彼女にとって今回は初の『徹子の部屋』。緊張気味にスタンバイしていた茂子の前に現れた黒柳徹子は「あっ、茂子だ~!」と満面の笑みを見せ、現場が和やかな空気に包まれた。  トーク本番では黒柳が「TOKIOの城島(茂)さんにちょっと似ていると言われるんじゃない?」と、切り込んだ質問。「けっこう言われますね」と笑顔で返す茂子は、さらに黒柳から「(城島は)タイプ?」と聞かれ「だったら長瀬智也さんの方が(笑)」とキッパリ。現在47歳の茂子の人生に興味津々な黒柳に、茂子が思わず「ある意味(茂子は)去年、誕生したばっかりと言いますか」と本音を見せる場面も。  加えて黒柳が「年齢も血液型なども全部、城島さんと同じらしいですね」「城島さんにお会いになったことは?」「城島さんの魅力は?」といった質問を矢継ぎ早にぶつけ、茂子は「これは…ものすごくやりづらい回ですね」と思わず苦笑い。その後も“美空ひばりの『川の流れのように』や近藤真彦の『愚か者』を歌って!”など無茶ぶりを繰り返す黒柳に茂子は動揺を隠しきれない様子を見せる。  番組後半で、茂子と入れ替わりに登場した城島は15歳でジャニーズ事務所に入った際の写真を披露した後、茂子にもつながるという自身の母親とのやり取りについて語る。さらに、デビュー前の会食の席で黒柳と一緒になった際に起こったという“フィンガーボール”をめぐる騒動についても明かし、黒柳を「知らなかった~!(笑)」と驚かせた。  島茂子&城島茂が出演する『徹子の部屋』は、テレビ朝日系にて6月6日12時放送。

  • 『家政夫のミタゾノ』で、三田園薫と島茂子の共演が実現

    ミタゾノ&島茂子、“ちょっとしたご縁で”夢のツーショット今夜実現

    エンタメ

     今夜放送の松岡昌宏主演のドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第4話に、城島茂にそっくりだと噂される(?)謎の新人歌手・島茂子が出演。島は劇中で、松岡演じる三田園薫を前に歌を披露することも明らかになった。@@cutter ドラマ『家政夫のミタゾノ』は、女装の家政夫・三田園薫が派遣された家庭の“根深い汚れ”を型破りな方法でスッキリ落としていく様を描く痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。第4話では、三田園と五味麻琴(剛力彩芽)が美容界のカリスマ・山脇美子(黒田福美)の屋敷へ。しかし到着早々、山脇の秘書・沢口(天野はな)から、美子が亡くなったと聞かされる。三田園たちは、沢口から美子の家族葬を取り仕切るよう依頼を受ける。  そんな第4話には、ドラマの主題歌『戯言』で16日にデビューを果たす島が出演。三田園とは“ちょっとしたご縁”があるという島が、そのご縁をフル活用し、新人歌手ながら女優業にも進出する。劇中では、ドレスに身を包んだ島が自慢の歌声を披露する中、三田園が歌声にのって颯爽と現れる。  今回、女優業に挑戦した島は「まさか歌手デビューだけでなく女優デビューまでできるとは、とドキドキしております」と一言。続けて「今回のドラマ出演はいい親孝行になりました」と喜びを噛み締めている。一方、主演の松岡は島について「女性だから“華”があるといっても、彼女は“造花”(造り物)ですからね!」と笑いながらも、主題歌『戯言』に関しては「女性の気持ちを歌う、古き良き歌謡曲という感じで、ドラマにもぴったり。すごくいいと思います!」と絶賛した。  島茂子が出演するドラマ『家政夫のミタゾノ』第4話は、5月11日23時15分放送。

  • TOKIO 記者会見にて、深々と頭を下げた4人。左から長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏

    TOKIO、山口達也を除くメンバーが謝罪会見 松岡昌宏は涙

    エンタメ

     TOKIOのメンバーである城島茂、松岡昌宏、国分太一、長瀬智也が2日に都内で、女子高生に対する強制わいせつ罪で書類送検され、起訴猶予処分された山口達也について説明する記者会見を開いた。@@cutter リーダーの城島は、「被害に遭われた方、そしてそのご家族の皆様に、TOKIOのメンバーとして、心より深くお詫び申し上げます」と謝罪。5人で話し合った際、山口から「TOKIOを辞めます」という言葉と退職願を受け取ったことを明かし、「23年一緒にやってきた仲として、『そうか、辞めてくれ』と言えない私たちがいました」と振り返った。  会見中、たびたび涙を流した松岡は、「『まだ席があるなら、そこに帰りたい』という発言を自分で目にしたときに、彼の甘ったれた意見は、一体どこから生まれるものなんだろうと、正直思いました」と厳しい言葉を発し、「(山口の)甘えの根源が僕らTOKIOだったとしたら、これはあくまで自分の意見ですけども、そんなTOKIOは一日も早くなくした方がいいと思います」とも。それでも、すでに与えられた仕事があると言い、「辞めるのは簡単だと思います。ただ、与えられたことはきちっとやらなきゃいけないのがプロだと思ってます」と前を向いた。  自身の情報番組で本件を報道している国分は「ここ数日、複雑です」と本音を吐露。「山口が自分たちの前で辞表を出したとき、何が起きたのか分かりませんでした。それでも普通は、この辞表を認めるべきだと思います」としつつ、「自分たちもまだ冷静ではありません。山口自身もかなり憔悴しきった状況です。もし、その辞表を受理したとしても、僕は山口を見捨てることはできません」とコメント。「彼が、これから被害者の方とどう向き合っていくのか、彼自身がどうやって自分と向き合っていくのか、それをしっかりと見続けなきゃいけないと思っています」と語った。  報道を知ったときの心境を「正直、ショックという気持ちが強かったです」と明かした長瀬は、「被害者の方に純粋な気持ちがあったと思うと、胸が苦しいです。なので、被害者の方を責めたり、特定するような人が出ないことを、心から願っています」と発言した。また「個人個人の仕事もあります。今はそのいただいているお仕事を、一生懸命やらせていただきながら、今後の自分たちを考えていこうかなと思っている所存です」とも話していた。

  • TOKIO 記者会見にて、言葉少なに思いを語る長瀬智也

    長瀬智也、TOKIOの音楽活動に言及「彼の音がないと全く形にならない」

    エンタメ

     TOKIOのメンバーである城島茂、松岡昌宏、国分太一、長瀬智也が、女子高生に対する強制わいせつ罪で書類送検され、起訴猶予処分された山口達也について、2日に都内で記者会見を開催した。長瀬は音楽活動における山口の存在について「TOKIOの楽曲は、彼の音がないと全く形にはならない」と語った。@@cutter 音楽活動ができないことをモバイル公式サイト「Johnny’s web」で謝罪していた長瀬は、「僕らは23年間バンドでやってきましたから、やはり1つの音がなくなってしまうということは“そういうこと”なんだと思います」とコメント。「TOKIOの楽曲は、彼の音がないと全く形にはならない」とした上で、「これから4人でまたゆっくりと考えながら、話し合いながらやっていこうと思っています」と考えを明かした。  キーボードの国分は、今年迎えるデビュー25周年に触れ「去年から25周年に向けて5人で話し合ってきました。ここ最近の僕らはツアーとかもなく、ファンの皆さんも楽しみにしていたと思います。その25年に向けて、アルバム制作をこの時期にやりましょうといろいろなことを考えてきましたが、今はすべて白紙にして。とりあえず音楽活動は考えるのはやめて、向き合えることに今は向き合っていきたいと思っています」と語った。  ギターを務める城島は「下手くそなりに、原宿の小さいスタジオを自分たちで取って、ああでもないこうでもないと言って、やっていた時代がありました」と述懐した。「その頃はまだデビューしていませんし、うちの社長からTOKIOという名前はいただいていたんですが、まだ仕事も何もない時代からやっていたので、音楽がベースにあるのは間違いないと思うんです」と明言。「ただ今回、こういうことになりまして、白紙だと。音楽活動、正直断腸の思いです」と残念そうに語った。  ドラム担当の松岡は「一番、ファンの方々がそこを気にしていたと思います。そんな声も、実は僕らにはちゃんと届いていましたし。だからこそ去年からしっかり、アルバム制作、そして25周年のライブっていうのを考えました。喜んでもらおうと思って、いろいろと考えていました。本当に申し訳ないです」と話した。

  • 城島茂、結婚会見を開いた国分太一に「TOKIOのメンバーとしても誇らしい」

    城島茂、国分太一の結婚に焦りはない!?「もう、その時期は過ぎました」

    エンタメ

     白鶴「まる」新CM発表会が15日に行われ、新CMキャラクターの城島茂が登場した。司会者から「本日、結婚会見があった国分太一さんにメッセージを」とふられた城島は「このたびは本当に結婚おめでとうございます。責任感が人一倍強い太一くんのことですから、いろんな想いがあったと思う。同じTOKIOのメンバーとしても誇らしい」と笑顔を見せた。@@cutter 誰からも親しまれる人柄が白鶴「まる」ブランドを表現するにはふさわしいということで起用された城島。司会者に「白鶴はどんな料理に合いますか?」と問われ、「プライベートでも日本酒は昔から好きだった。この間、白鶴をいただいたんですが、さんまの塩焼きとぴったりですね。自分の出ている番組の自分が作った料理を見ながら、『おいしそうだな』と思いながら、1人で飲んでました」と答える。  報道陣から「早くリーダーの“まる”が見たい」と声が掛かると、「以前は東山さんが行くまでは、メンバーが全員行くまではと思っていましたが、いつ行けばいいのか。いつになれば結婚できるのか。当面は無人島でいろんな作業が残っているので、出会いは当分先かと思うが、後に続けと報告ができるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。  また、「国分さんにプレゼントのご予定は?」という質問には「彼はなんでも持っているんで、ゆっくり考えないと」と言葉を詰まらせ、「太一くんが『リーダーが悩んでいるんじゃないか』と言ってましたよ」という声がかかると、「もうその時期は過ぎました」とさらりと交わした。  最後に、城島は「1日で同じグループで2人もの会見が行われるとは非常に珍しいことかと思います。これからもTOKIO一同、ジャニーズタレント一同、宜しくお願いします」と頭を下げた。  白鶴「まる」新CMは9月16日より全国放送開始。

  • 櫻井翔、高校・大学の後輩 小出恵介を“小出くん”とは呼ばない

    嵐・櫻井翔、後輩 小出恵介を“小出くん”とは呼ばない「それくらいの距離があるから」

    エンタメ

     9日、『VS嵐』(フジテレビ系)にゲストとしてドラマ『ようこそ、わが家へ』チーム(相葉雅紀、寺尾聰、南果歩、有村架純、足立梨花、藤井流星(ジャニーズWEST))が出演。さらに、プラス1ゲストとして城島茂(TOKIO)と小出恵介が登場した。@@cutter 仲が良いという『ようこそ、わが家へ』チーム。相葉が「先日、控え室に寺尾さんがギターを持ってきていらして…」と話すと、寺尾が「架純ちゃんが『ギターやりたい』って言うんで、持ちやすい小ぶりのやつをプレゼントして、そしたら、お母さん(南)も『やりたい』って言うんで、お母さんにもプレゼントしたんです」と明かす。それを聞いた嵐の4人も「じゃあ、僕たちもやりたーい」と声を挙げ、笑いを誘う。    高校・大学と、櫻井翔の後輩にあたる小出に対し、松本潤が「一緒の学校にいたタイミングはあったの?」と質問。小出が「ありましたね。高校のとき、僕が1年で、櫻井さんが3年でいらっしゃって…」と答えると、櫻井は「ドラマとか出るときに、あっ、恵介だってなるよね」と先輩としての目線で見守っているらしい。櫻井の小出に対する“恵介”との呼び名に、二宮和也が「そこは“小出くん”にしてもらっていいですか?」と言うものの、櫻井は「いや。1年と3年にはそれくらいの距離があるから」として、首を縦に振らなかった。  TOKIOのリーダー・城島は嵐にそれぞれ聞きたいことを質問。松本には「どうしたら、そんなにモテるんですか? 最近、友達のメールが帰ってこない中年より」と問いかけると、松本は「いや、リーダーめっちゃモテるじゃないですか。俺、モテるイメージっスよ」と回答。城島は「過ぎた過去の話や」とかぶりを振る。  相葉には「嵐で1人だけ血液型違うみたいですが、浮いたりする瞬間はありますか?」と投げかけた城島。AB型の相葉は「皆A型なんで、打ち合わせすると長いっすね。決まって、振り出しに戻って、いや、待てよ。みたいになるのを、僕はぼーっと見てます」と明かす。松本が「そういうとき、相葉さんはどう思っている?」と聞くと、相葉は「長いなあって」と返し、笑いを誘った。

  • 人気シリーズ『奇跡の動物園』、約5年ぶりに復活!

    城島茂、山口智充と“ドラマ”初共演で飼育員役 TOKIOでは「動物は仲間」 

    エンタメ

     TOKIOの城島茂が、前作から5年ぶりに放送される山口智充主演の人気ドラマシリーズ『新・奇跡の動物園 旭山動物園物語2015~命のバトン~』に出演することが決定した。城島は本作に、“カバの飼育員”役で登場する。@@cutter 本作は、北海道・旭山動物園の飼育係たちが知恵と情熱で理想の動物園を実現していく姿を描く人気シリーズ。今回は、主人公・坂内禅(山口)が園長になった後、新たな施設“きりん舎かば館”がオープンするまでの物語。旭山動物園をずっと見守ってきた高齢のカバ・ザブコと、新たに入園してくるカバ・百吉、そして飼育員・岡村哲(城島)の姿を通して命の物語をお届けする。  主演の山口、ゲストの城島以外にも、レッサーパンダ担当・泉佐和子役の戸田恵梨香、飼育主任・中川新一役の小出恵介、飼育係・佐々木征也役の荒川良々、矢部裕司役の利重剛らお馴染みキャストが再集結。さらに、新人広報・夏木秋子役として黒島結菜の出演も明らかとなった。  今回、山口とドラマ初共演となった城島は「歌番組やバラエティーでご一緒することは多いですけど、ドラマの撮影現場で衣装を着てお会いするのは何か照れくさかったです(笑)」とコメント。  また、「TOKIOでは、ヤギとかヒツジとかアイガモなんかと一緒に暮らしてきたこともあるので、“動物は仲間”という意識があります」と話す城島。今回は役柄的にカバと接することが多く「撮影を止めて普通に餌をやったりしてスキンシップをとってました」と現場を楽しんでる様子を明かした。  スペシャルドラマ『新・奇跡の動物園 旭山動物園物語2015~命のバトン~』はフジテレビ系にて今春放送予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access