ライアン・レイノルズ 関連記事

  • 子煩悩なイケメンパパ、ヒュー・ジャックマン、ライアン・レイノルズ、デヴィッド・ベッカム

    ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ベッカム…子煩悩なイケメンパパたちに胸キュン

    セレブ&ゴシップ

     撮影やPR活動などで、長い間、家を留守にすることがあっても、仕事と家庭のバランスをうまく取り、子育てに積極的なセレブパパたち。6月16日の父の日に向けて、そんなイクメンのすてきなパパたちをクローズアップ! SNSに投稿した写真や、レッドカーペットなどで子どもたちといる姿が、またカッコイイのだ。@@cutter 海外セレブで“子煩悩なイケメンパパ”と言えば、多くの人がパッと思いつくのは、『X‐MEN』シリーズの俳優ヒュー・ジャックマンや元プロサッカー選手のデヴィッド・ベッカムではないだろうか。  女優の妻デボラ・リー・ファーネスとの間に養子の息子オスカー(19)と娘のアヴァ(14)がいるヒューは、SNSに子どもたちの写真を投稿することはない。でも子どもたちが小さい頃は肩車をして街を歩いていたり、一緒に自転車に乗ったりと、ほのぼのする姿をパパラッチされていた。いつも陽気で頼もしいパパといった感じだ。 @@insert1  一方、元スパイスガールズの妻ヴィクトリア・ベッカムとの間に、男の子3人と女の子1人を授かったデヴィッド。長男のブルックリンが20歳、次男のロメオと三男のクルスがティーンになったが、一緒にワークアウトしたりサッカーをしたりと、パパは慕われている様子だ。唯一の娘で末っ子のハーパー(7)もパパ大好きで、家族写真の時はデヴィッドの隣にいる割合が高い!? @@insert2  『デッドプール』でおなじみの俳優のライアン・レイノルズはメガネが似合う、オシャレなイクメン。女優の妻ブレイク・ライヴリーとの間に、娘のジェームズ(4)とイネス(2)がいる。4人兄弟の末っ子のライアンは、かつてインタビューで“大声では認めない”が、女の子が欲しかったと語っていた。娘をネタにしてツイートすることもあるユーモアたっぷりのパパだ。今秋以降に第3子が誕生する予定。 @@insert3@@separator こんなパパがいれば、“怖いものなし”と思えるマッチョ系イクメンは、『アベンジャーズ』のクリス・ヘムズワース、『ワイルド・スピード』のドウェイン・ジョンソン、そして『アクアマン』のジェイソン・モモア。  女優の妻エルサ・パタキーとの間に娘インディア(7)と双子の息子サシャ&トリスタン(5)がいるクリス。娘のために誕生日ケーキを作ったり、背中にぶらさげてサーフィンしたり。その太い腕に軽々と双子を抱えて歩いたりと、たくましいパパぶりがステキだ。今年は「子どもたちと過ごしたい」と、1年間休業して家族サービスするそうだ。 @@insert4  ライアン同様に家庭で女性に囲まれているドウェイン。前妻との間に娘シモーヌ(17)、現在の恋人ローレンさんとの間にジャスミン(3)とティアナ(1)という娘がいる。ドウェインは以前、ジャスミンを喜ばせようと、ジャスミンが大好きなピカチュウの着ぐるみを着て大奮闘。娘たちを「僕の小さな女王様たち」と呼んで、溺愛しているようだ。5月の母の日には子作り宣言していたので、近いうちにおめでたいニュースが届くかも?  ワイルドマッチョなイクメンのジェイソンには、女優の妻リサ・ボネットとの間に娘のロラ(11)と息子のナコア・ウルフ(10)がいる。アクティブなジェイソンと一緒に、ハイキングやキャンピング、ロッククライミング…と、さまざまなことに挑戦する子どもたちもワイルド&アクティブだ。映画『アクアマン』のLAプレミアでは、ジェイソンの“ハカ”のパフォーマンスに子どもたちも参加していて、ほほえましかった。  ほかにも海外ドラマ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』の俳優ジェンセン・アクレスやジャレッド・パダレッキ、54歳で初めてパパになった『フルハウス』の俳優ジョン・ステイモス、破局が報じられたモデルのイリーナ・シェイクとの間に2歳の娘がいる俳優のブラッドリー・クーパー…と、ハリウッドはクールなイクメンの宝庫だ。 @@insert5

  • 『名探偵ピカチュウ』ピカチュウ役のライアン・レイノルズ

    『名探偵ピカチュウ』、話題のピカチュウダンスは『ゲット・アウト』監督のパクリ!?

    映画

     日本で大ヒット中の映画『名探偵ピカチュウ』。現地時間10日の全米公開に先駆け、ピカチュウの声を務める俳優のライアン・レイノルズが本編の流出動画と見せかけて、実はピカチュウが延々と踊っている釣り動画のYouTubeリンクをシェアして話題を振りまいた。踊っているピカチュウが「とにかくかわいい」と大評判だが、実はピカチュウの踊り、日本劇場未公開のコメディ映画『キアヌ』のコンビ、ジョーダン・ピールとキーガン=マイケル・キーのコメディ・スケッチ(寸劇)の一部から来ているらしい。@@cutter いわゆる“リックロール”と言われる釣り動画。関係ない映像に突如、歌手リック・アストリーの1987年のヒット曲『ギヴ・ユー・アップ』のミュージックビデオを挿入して視聴させたり、ミュージックビデオへのリンクを開かせたりするネット上のイタズラが発祥だ。今回はピカチュウなので、 “ピカロール”といったところだろうか。  今や、ホラー映画『ゲット・アウト』を大ヒットさせた監督としても有名なジョーダンだが、根はコメディアン。キーガンと共に冠番組の『Key&Peele(原題)』で、さまざまなコメディ・スケッチを披露していた。  ScreenRantによると、ハンドル名Lulu(@luulubuu)というツイッターユーザーが2人のファンで、ピカチュウの踊りとの類似性に気づき、同じ振りの部分の映像を合わせたミニ動画を投稿したという。動画を見ると、「なるほど」と思えるパクリぶり。ジョーダンも反応を示し、「Cease and desist」と、知的財産権の侵害に対する行為をやめさせる時に発動する停止命令に使われる言葉をツイートした。  このツイートに対し、ライアンはしれっと「同感だ。昨日からあの映像を削除させようと頑張ってるんだけどね」とユーモアで返し、ジョーダンから「ライアン、ホント君のせいだからな。やってくれたな」と、笑いの分かる2人のやり取りが続いた。  ちなみにピカチュウダンスのもとになったキー&ピールのスケッチ『Key & Peele - Aerobics Meltdown(原題)』は、米コメディセントラル局のYouTubeチャンネルに上がっているので、見てみるのも楽しいかもしれない。

  • 『名探偵ピカチュウ』ピカチュウ役のライアン・レイノルズ

    『名探偵ピカチュウ』、ライアン・レイノルズのSNSから本編流出!? 90分以上の映像公開

    映画

     5月3日に全国公開され、初日から4日間の累計で動員67万6000人、興収9億4800万円を超える大ヒットスタートをきった映画『名探偵ピカチュウ』。5月10日からの北米での公開を前に、ピカチュウ役ライアン・レイノルズのSNSで「POKEMON Detective Pikachu:FULL MOVIE」というYoutubeの映像がシェアされ、現地メディアで「映画全編が流出か?」と話題になっている。@@cutter 「@InspectrPikachu」という謎のアカウントに投稿され、ライアン・レイノルズが「Leak…」と自身のSNSで指摘した本動画。冒頭「ワーナー・ブラザース」のイントロ映像が流れるシーンに「R.Reynolds」という透かしが入っており、いかにも流出映像という感じだが…本編が始まると突然ピカチュウが躍る映像に!  そう、この映像は流出映像ではなくプロモーション映像となっており、かわいらしいピカチュウの30秒のダンス映像が92分、延々と繰り返される。これには海外のファンも「フルムービーと同じぐらい最高」「かわいい!見続けてしまう」とコメントしており、ダンスするピカチュウのかわいさの虜になっているようだ。  80年代風の音楽をバックに、“Rick Roll”と言われる少しオヤジっぽさのあるダンスを躍るピカチュウの映像、是非ご覧いただきたい。  映画『名探偵ピカチュウ』は全国公開中。 引用:ライアン・レイノルズ ツイッター(@VancityReynolds)

  • 第3子を授かったブレイク・ライヴリー&ライアン・レイノルズ夫妻

    ブレイク・ライヴリー、夫ライアン・レイノルズとの第3子を妊娠

    セレブ&ゴシップ

     ハリウッドのおしどり夫婦、俳優のライアン・レイノルズと女優のブレイク・ライヴリーより、おめでたいニュースが届いた。ブレイクが膨らんだおなかをレッドカーペットで披露し、第3子を妊娠中であることが明らかになった。@@cutter 世界に先駆けて5月3日、日本で封切りとなった映画『名探偵ピカチュウ』。ピカチュウのボイスキャストを務める夫ライアンと共に、ブレイクはニューヨーク・プレミアに出席。ピカチュウのカラーに合わせた黄色のドレスをまとい、大きくなったおなかを披露した。  出産予定日などの詳細は不明だが、ブレイクのおなかは、はた目にもふっくらしているのが分かるほどの大きさだ。2人からは第3子の妊娠について、コメントは出ていない模様。  2012年に結婚したライアンとブレイク。現在4歳になる長女のジェームズちゃんと2歳になるイネスちゃんがいる。子供たちのプライバシーを守るため、公の場に連れてくることはあまりないが、ライアンが2016年、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムに仲間入りを果たした際には幼い子供たちも応援に駆けつけ、愛らしい姿を披露していた。  第3子は女の子となるのか、男の子となるのか。出産時期なども合わせて続報を待ちたいところだ。

  • ライアン・レイノルズ、『名探偵ピカチュウ』インタビュー

    ライアン・レイノルズ、ピカチュウ役は子どもたちに秘密! サプライズを計画

    映画

     本日より母国・日本で先行公開されるポケモン初のハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』で、メインの“名探偵ピカチュウ”役に抜てきされた俳優のライアン・レイノルズ。『デッドプール』シリーズでお下品なセリフを連発していた彼だけに、「なんで僕がピカチュウに?」と最初は戸惑ったそうだが、脚本の素晴らしさと子どもたちが大喜びする姿を見て一念発起。そんなライアンがオファーの経緯から撮影の舞台裏までを、時おりユーモアを交えながらたっぷりと語ってくれた。@@cutter ピカチュウを題材にしたゲーム『名探偵ピカチュウ』をベースに実写化された本作は、人間とポケモンが共存する街“ライムシティ”を舞台に、主人公の青年ティム(ジャスティス・スミス)が、事件に巻き込まれた父を探すため、相棒のピカチュウ(声:ライアン)と共に捜査に乗り出すミステリーアドベンチャー。かつてティムの父と同僚だったヨシダ警部補に渡辺謙、ティムに協力する野心的な新米記者ルーシーにキャスリン・ニュートンが扮し、『ガリバー旅行記』などのロブ・レターマン監督がメガホンを取る。 @@insert3  今回ピカチュウは、見た目はかわいいのに、中身はオッサン、しかも主人公ティムだけに聞こえる人間の言葉を話すという不思議なキャラクター。ピカチュウ=かわいい、くらいの知識しか持っていなかったライアンは、オファーが来たこと自体に驚いたという。「最初は『なんで僕がピカチュウなんだ? ほかに適切な人がいなかったの?』と正直思ったね。ところがある日、製作サイドからピカチュウのCGIに、『デッドプール』から抜粋した僕の声を当てた映像が送られてきて考えが変わったんだ。モフモフしたとってもかわいいピカチュウに、僕の苛立った声、落ち着きのない声がいかにもミスマッチ過ぎて、『ちょっと面白いかも!』と思ってしまって(笑)」と振り返る。 @@insert1  さらにライアンは、「脚本を読んだときに、なぜオッサンの声なのか謎が解けたし、家族愛や喪失感、希望といった人生の側面がしっかり描かれているところも気に入った。そして何より、送られてきたピカチュウのCGIを観た子どもたち(娘2人)が大興奮してくれたことが大きかったね。ただ、彼女たちは、まだ、僕がピカチュウの声を演じていることを知らないので、全米公開されたときに、妻(女優のブレイク・ライヴリー)と子どもたちを劇場に連れて行って、その場で『実はピカチュウの声はパパなんだよ』と明かそうと思っているんだ。きっと驚くと思うよ!」と微笑ましいサプライズ計画を明かしてくれた。 @@separator 撮影自体は、『デッドプール2』のクランクアップ直後に始まり、あまり準備期間はなかったそうだが、よくしゃべるキャラクターという点で共通部分もあったため、「汚い言葉を封印し、できるだけ言葉をクリーンナップして臨んだ」というライアン。「アドリブもバンバン入れていったよ。もともと即興劇で役者のキャリアをスタートさせているので、そういうのが得意だし、大好きなんだ。もちろん素晴らしい脚本があったので、それに基づいて、行ったり来たり、はみ出したり?って感じかな(笑)」と茶目っ気たっぷり。  モーションキャプチャーにも本格的に挑戦した。「『デッドプール2』でジャガーノートというキャラクターを演じたとき(ライアンが1人2役)、1時間程度は経験したけれど、ここまでガッツリやったのは初めて。今回は(フェイシャルキャプチャーによって)顔の細かい表情まで捉えていて、僕の演技の全てをピカチュウに反映させているので、映像が出来上がってきたときは、自分の魂がピカチュウの中に入ったような気がして、ちょっと妙な気持ちになったよ。もちろん今は見慣れて、親近感がすごく湧いてきているけどね」。 @@insert2  世界中の人々から愛されるポケモンの世界に命が吹き込まれた本作に、「3Dで『アバター』を観たときのような感動と衝撃を覚えた」というライアン。「ポケモンの世界を愛する人々にとって、まさに夢がかなう瞬間。ぜひ劇場で体感してほしい」と、最後は目を“ピカピカ”輝かせながらアピールしていた。(取材・文:坂田正樹 写真:高野広美)  映画『名探偵ピカチュウ』は全国公開中。

  • 『名探偵ピカチュウ』ワールドプレミアイベントにて

    R・レイノルズ、巨大ピカチュウカーペットに感激「高校の卒業式にも同じものがあれば…」

    映画

     俳優のライアン・レイノルズが25日都内で、映画『名探偵ピカチュウ』のワールドプレミアイベントに、日本語吹き替えを担当した俳優の竹内涼真らと共に登場。ピカチュウの尻尾を模した稲妻イエローカーペットを練り歩き、ファンとの交流を楽しんだ。@@cutter 本作は、日本発のゲーム「ポケモン」シリーズをテーマにした実写ハリウッド映画。かつてポケモンを愛したティム(ジャスティス・スミス、吹き替え:竹内)が、父親・ハリーの行方を追って、ハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウ(ライアン)と事件に立ち向かう様を描く。  イベントには、映画に出演したライアンやジャスティス、キャスリン・ニュートン、渡辺謙、日本語吹き替え版キャストの竹内と飯豊まりえ、そしてロブ・レターマン監督が出席した。  「デッドプール」シリーズでも主演を務めるライアンは、今回のイエローカーペットに関して「もしブレイクダンスができたらカーペットでやったのにな」とニコリ。さらに「私の高校の卒業式にも同じものがあったら良かった」とジョークを飛ばし、周囲の笑いを誘った。  また本作について、最先端の技術を駆使して「(ポケモンが)私たちの住む世界にいるかのようにリアルなものを描けたのが素晴らしい」と称賛した。  ジャスティスは、日本語で「ニホンニコレテ、ウレシイデス!」と挨拶。「実は両親が日本で出会い、結婚した。私にとっても日本は特別な地」と明かし、「ポケモンの大ファンとして、小さい頃からの夢と、自分の仕事が一つになった。本当に夢のような時間だった」と笑顔を見せた。  竹内は、来日ゲストが日本語にチャレンジしたのを見て、逆に「ハローエブリワン! ウェルカム、トーキョー!」と英語で挨拶。「ポケモンが実写化するのは小さい頃からの夢。感動しながらアフレコをしていた。ライアンとジャスティスの芝居が素晴らしかった分、日本語で声をあてるのが難しかった」と語った。  映画『名探偵ピカチュウ』は、5月3日より日本先行公開。

  • (左から)竹内涼真、ロブ・レターマン監督

    竹内涼真、『名探偵ピカチュウ』本編に監督のオファーでカメオ出演

    映画

     ポケットモンスターのハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』(5月3日より日本先行公開)に、俳優の竹内涼真がポケモントレーナー役として本編にカメオ出演していることが明らかになった。竹内は日本語吹き替えでピカチュウの相棒ティムの声も演じている。@@cutter 名探偵ピカチュウが人間の相棒ティムと共に大事件に立ち向かう姿を描く本作。ロブ・レターマン監督が昨年11月に行われた製作報告会見のために来日した際、竹内を一目見てほれ込み、本編への出演をオファー。急きょスケジュールを双方調整し、ポケモントレーナー役として出演することになった。  「いつかハリウッドの現場を経験してみたいと思っていたので、今回その夢に一歩近づくことができました!」という竹内。ロンドンでの撮影を振り返り、「現場では衣裳1つとっても本当に丁寧で練られている。短い時間でしたが、とても刺激的な時間でした。モンスターボールを投げるシーンも撮影したのですが、本当にスタイリッシュでかっこいいモンスターボールで…。持って帰りたかったくらいです(笑)。この経験で、よりハリウッド作品に挑戦したいという思いが強くなりました!」とコメントしている。  かつてポケモンのことが大好きな少年だったティム(ジャスティス・スミス)は、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かったきり家に戻らなかった父ハリーとポケモンを遠ざけるようになってしまった。年月がたち、大人になったティムにある日、ハリーと同僚だったというヨシダ警部補(渡辺謙)から電話がかかってくる。「お父さんが事故で亡くなった」。複雑な思いを胸に残したまま、ティムは人間とポケモンが共存する街ライムシティへ向かう。  荷物を整理するためハリーの部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す名探偵ピカチュウ(ライアン・レイノルズ)だった。かつてハリーの相棒だったという名探偵ピカチュウは、事故の衝撃で記憶を失っていたが、一つだけ確信を持っていることがあった。「ハリーはまだ生きている」。ハリーはなぜ姿を消したのか? ライムシティで起こる事件の謎とは? ふたりの新コンビが大事件に立ち向かう。  映画『名探偵ピカチュウ』は5月3日より日本先行公開。

  • 映画『名探偵ピカチュウ』の新予告編が解禁 ※「detectivepikachumovie」インスタグラム

    実写版『名探偵ピカチュウ』、ポケモン続出の新予告編が公開

    映画

     現地時間5月11日に全米公開が迫ったポケットモンスターのハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』より、新たな予告編が公開され、劇中に登場するポケットモンスターたちが明らかになった。@@cutter 最初の予告編は、物語をけん引するピカチュウ(声:ライアン・レイノルズ)と青年ティム(ジャスティス・スミス)のほか、コダックやバリヤード、リザードン、イルミーゼ、プリン、ゲッコウガなどのポケモンが登場。今回の新しい予告編では、ルンパッパやヒトカゲ、ガーディ、カイリキー、カビゴン、ブルー、フシギダネ、カラカラ、エイパム、そしてミュウツーと、そうそうたる面々が姿を表した。  新しい予告編では、ピカチュウが記憶をなくし、コーヒー好きということも判明。コーヒー好きはゲーム版『名探偵ピカチュウ』の流れを受けている。事故死したと思われたティムの父親で刑事のハリーがまだ生きていて行方不明になっていることを突き止めたティムとピカチュウは、ハリーの行方を追ってさまざまな危機に遭遇する。ピカチュウとリザードンがケージの中で対決するシーンもあるようだ。  予告編は、『名探偵ピカチュウ』米国版インスタグラムでもセリフのキャプション付きで一部公開されている。  日本でも5月公開予定の『名探偵ピカチュウ』。渡辺謙や女優のキャスリン・ニュートン、歌手のリタ・オラなどもキャストに名を連ねる。日本の吹替版では、俳優の竹内涼真がティムの声を担当する。

  • ライアン・レイノルズ&ヒュー・ジャックマン、いたずら合戦で“停戦合意” ※「ヒュー・ジャックマン」インスタグラム

    ライアン・レイノルズ&ヒュー・ジャックマン、いたずら合戦で“停戦合意”

    セレブ&ゴシップ

     ツイッターやインスタグラムでいたずら合戦を繰り広げている俳優のライアン・レイノルズとヒュー・ジャックマンが、停戦することで合意したという。これまで主にライアンがデッドプールとして、ヒューのSNSをオチャメに荒らし、ヒューが応報する形だったが、2人ががっちり手を組んで笑んでいる写真をそれぞれSNSに投稿し、“停戦”を宣言した。@@cutter 2009年の映画『ウルヴァリン:X‐MEN ZERO』で共演したデッドプール役のライアンとウルヴァリン役のヒュー。ライアンのデッドプール単独映画が決まった2015年頃から、2人の間でおかしなやり取りが始まった。  もちろん、本当に相手の邪魔をしていたわけではなく、完全なジョークを楽しんでいた2人だが、まるで広報用の写真向けに、がっちり手を組んでいる姿は笑いを誘う。  ヒューは写真に「正式に停戦! Aviation Gin向けにすばらしい広告を作るよ」と、ライアンが経営するジン会社の名前を出してコメント。「お返しに彼が何を考えてくれるのか、楽しみだ」と続けた。一方ライアンは「ヒュー・ジャックマンと正式に停戦! 善意のしるしに彼の会社Laughing Man Coffee向けに美しい広告を作るよ。待ち遠しいね!」とコメントしている。  2人は本気で互いの会社のために、ひと肌脱ぐのか。それともジョークの延長なのか。真意は不明だが、写真はやはり広報を意識していたようだ。この展開に続きがあることに期待したい。 引用:https://www.instagram.com/thehughjackman/

  • 2018年に来日した海外スターの過ごし方は?

    お寺、相撲観戦、ハリネズミカフェ…海外スターの日本での過ごし方を紹介

    映画

     興収80.8億円を記録した『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を筆頭に、現在進行形で好評の『ボヘミアン・ラプソディ』『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』など、2018年もさまざまなヒット作が誕生した。作品がヒットするには、作品自体の面白さもそうだが、来日するスターの存在も欠かせない。今年はどのようなスターが来日し、分刻みのスケジュールの合間をぬって、日本で何をしていたのか。来日時のアテンドを担当する宣伝マンに聞いた。@@cutter 2018年に来日した『グレイテスト・ショーマン』のヒュー・ジャックマン、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のクリス・プラット、『デッドプール2』のライアン・レイノルズなど、最近のスターは自分のインスタグラムに写真をアップする人が増えている。そのため、昔に比べると、スターの行動を把握しやすくなった。だが、インスタグラムやフェイスブックをやっていないスターも多い。そんな時、頼りになるのが宣伝マンだ。  まず、サービス精神旺盛だったのが、人気海外ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のデレク・モーガン役でお馴染みのシェマー・ムーア。映画『S.W.A.T』で来日した彼は、ジャパンプレミアの1日前に日本入りし、浅草寺をお参り。さらに原宿でスニーカーを物色。また、取材の際は記者と握手をし、女性記者の場合はハグも! ジャパンプレミアでは見事な腹筋も披露していた。これはかなりのサプライズだったに違いない。  同じく、原宿を満喫したのが、2度目の来日となった『ワンダー 君は太陽』のジェイコブ・トレンブレイ。彼は、「HARRY ハリネズミカフェ」や「KAWAII MONSTER CAFE」など、いろいろなカフェを巡り、「キディランド 原宿店」でお土産におもちゃを購入。ほかにも、「東京ディズニーランド」や「手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷」などを訪れ、浅草でおみくじを引いた際は大吉で大喜びと、子どもらしい一面も。取材時の飲み物がホットチョコレートというのも、ジェイコブのイメージにぴったりだ。  また、日本文化を満喫したのが『パディントン2』のヒュー・ボネヴィル。1月中旬に両国国技館で相撲を観戦し、目黒では茶道体験も。一方、同じ作品で来日したヒュー・グラントは滞在していたホテルからあまり出なかったそうだ。  そして、6月のフランス映画祭で『2重螺旋の恋人』をひっさげ、5年ぶりの来日を果たしたのが、フランス出身のフランソワ・オゾン監督。来日すると和食器類を買いこんで帰るほど、大の日本好きの彼は、ダイエットにもいいと、お寿司を始めとする和食に精通し、箸の使い方も完璧。取材の休憩時間にもお寿司を度々要求した。ただ、ダイエット中とのことで、シャリを残して、上の刺身部分を美味しそうに食していたとのこと。さらに気に入ったのが、「おもちのアイスが食べたい」とのリクエストで出された「雪見だいふく」。もちろん、ぺろりと平らげたそうだ。  同じくフランス出身のジャンヌ・バリバールは、全ての取材を終えて帰国する前日に築地へ。味見をしたり、買い物をしたりと、築地近辺を堪能した彼女は、来日のきっかけとなった主演作『バルバラ~セーヌの黒いバラ~』のマスコミ試写があると知り、会場にサプライズ登場してくれた。  彼ら以外も、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品された『THE WHITE CROW(原題)』のレイフ・ファインズは南青山にある根津美術館で展覧会を鑑賞し、『宵闇真珠』のアンジェラ・ユンは帰国日に写真家の川島小鳥の個展へ。アーノルド・シュワルツェネッガーの息子、パトリック・シュワルツェネッガーは、ジョニー・デップやレディー・ガガ、キアヌ・リーヴスなど、来日したスターが訪れることの多い「権八」で、違うテーブルの客が誕生日を祝っているのを見て、誕生日でもないスタッフの誕生日を祝ったそうだ。  このように、日本を満喫してくれたスターたち。2019年も多くのスターが来日し、さまざまなエピソードを残すと同時に、ぜひ日本を好きになって帰国してもらいたい。誰が来るのか、今から楽しみだ。

  • 仲のいい3人組(左から、ヒュー・ジャックマン、ライアン・レイノルズ、ジェイク・ギレンホール)

    ライアン・レイノルズ、美形の友人らにだまされ悪趣味セーターでパーティーへ

    セレブ&ゴシップ

     SNSを通じてジョークをやり取りしている仲のいい俳優のライアン・レイノルズとヒュー・ジャックマン。多くの場合はライアンがデッドプール姿でヒューにイタズラをしかけているが、今回はライアンがヒューにいっぱい食わされたようだ。@@cutter ライアンへのジョークは俳優のジェイク・ギレンホールもかんでいた模様。ライアンは自身のインスタグラムにヒューとジェイクに挟まれて、ひとりだけリボンの付いたダサいセーターを着ている写真を投稿し、「最低なこいつらがセーターのパーティーだと言った」と、キャプションにつづっている。2枚目の写真では、大爆笑の2人とは対照的に、ひとり浮かない顔をしているライアンが見ものだ。  欧米ではクリスマスにわざと悪趣味なダサいセーターを着ることがあり、ライアンはどうやら「ダサいセーター着用必須」の招待状を受け取ったようだ。緑と赤のクリスマスカラーのセーターに大きなゴールドのリボンが付いた、イケてない姿をさらしている。  なんだかんだ言って仲のいい3人組にファンからは、爆笑の絵文字とともに「その表情、最高」「恥ずかしがらずに誇りを持って着るんだ!」「2人にまんまといっぱい食わされたね」といった反響が送られている。 引用:https://www.instagram.com/vancityreynolds/

  • 夫婦そろってヒュー・ジャックマンのカフェを訪問

    ライアン・レイノルズ、ヒュー・ジャックマンのカフェで妻とトラブル?

    セレブ&ゴシップ

     映画『デッドプール』シリーズの人気俳優ライアン・レイノルズが、公私ともに交流のある俳優のヒュー・ジャックマンのカフェに顔を出した模様。しかし妻で女優のブレイク・ライヴリーとモメるひと幕があったようだ。ヒューが写真付きでブレイクに公開謝罪した。@@cutter コーヒーのフェアトレードなどを推奨する自身の非営利団体の活動の一環で、ニューヨークにコーヒーショップ「Laughing Man Coffee Company」をオープンしているヒュー。店員側のカウンターで困惑顔のライアンがコーヒーの紙カップを持ち、その反対でブレイクが何か怒っているようにジェスチャーしている写真を、自身のインスタグラムに投稿した。  「当店のポリシーはお客様に喜んでいただくことで、激怒させることではありません」とヒュー。「証拠品A=ライアン・レイノルズ。ブレイク・ライヴリーさん、あなたのコーヒーは当店のおごりです。…永遠に」と、キャプションにつづり、ライアンに不手際があったことを認め、ブレイクに生涯のコーヒー無料を約束した。  ライアンとヒューはこれまでもイタズラの応酬やコメント合戦をSNSで繰り広げており、今回の写真とコメントも2人のおふざけにブレイクを巻き込んだと見て取れる。それにしても、何とも仲のいい2人だ。  ファンからも「最近の2人のやり取りが大好き」「ライアンの表情が笑える」「この写真ですごく幸せになれる」「彼なら私のコーヒーでどんなヘマをしても、私は文句を言わない」といったウケのいいコメントが届いている。 

  • 10月23日に42歳の誕生日を迎えたライアン・レイノルズ

    ライアン・レイノルズ、亡き父との誕生日ショットにファン「そっくり」

    セレブ&ゴシップ

     23日に42歳の誕生日を迎えた俳優のライアン・レイノルズが、2015年に死去した父親ジム・レイノルズさんと誕生日を祝っている幼いころの写真を自身のインスタグラムに投稿して、反響を呼んでいる。@@cutter 父親のジムさんと共に、手作りのバースデーケーキの前で少しはにかんでいるような表情を浮かべているライアン。どうやら8歳の時の写真のようだ。ケーキには8本のローソクが刺さっている。  いつもユーモアのある投稿をしているライアンは、「誕生日おめでとう、自分。父がいつも愛情たっぷりに言っていた “コンドームが破れてできた子”」とキャプションにつづり、42歳になった自分を祝福している。  この写真はわずか6時間ほどで、120万件を超える「いいね!」を獲得。多数の「誕生日おめでとう」の言葉と共に、「破れて良かった!」「誕生日おめでとう、ハンサム」「お父さんにそっくりね!」「お父さんはちょっとラッセル・クロウに似ている」といった反響が届いている。  ジムさんはパーキンソン病の闘病の末、74歳で死去した。4人兄弟の末っ子として育ったライアンは、Mail Onlineによると、米NBC局の番組『Sunday Today(原題)』に出演した際に、ジムさんについて「元警官で、とても頭のいい人だったが、すごく厳しかった」と語ったという。  「父が部屋に入ってくると、酸素が一瞬にして消えるような感じだった」とライアン。「だから僕は空気を和らげるために、ジョークを言ってみんなを笑わせることを学んだ」と、ユーモアに磨きがかかった理由を明かしたという。  引用:https://www.instagram.com/vancityreynolds/

  • 『デッドプール2』に出損なったファンタスティック・フォー?(※2015年版『ファンタスティック・フォー』アメリカ版ポスター)

    『デッドプール2』、ファンタスティック・フォーが出演の予定だった

    映画

     第四の壁を破壊して、観客に話しかけてくる破天荒ヒーローの活躍を描く『デッドプール』シリーズ。2018年に第2弾となる『デッドプール2』が公開されたが、当初の予定どおり、第1弾の監督ティム・ミラーが第2弾を監督していた場合、同じマーベルヒーローのファンタスティック・フォーの面々が登場していたかもしれないという。@@cutter R指定のアクションコメディとして大ヒットした『デッドプール』。当初はライアンとミラー監督の再タッグで続編が製作される予定だったが、両者の間でクリエイティブ面に関し意見が分かれてしまったため、ミラー監督が降板するに至ったと報じられた。  ミラー監督とライアンの間にどのような考えの違いがあったかは不明だが、マーベル・エンターテイメントのイラストレーターで、ミラー監督版のコンセプトアートを担当していたアレクサンダー・ロザーノによると、ミラー監督版にはファンタスティック・フォーのメンバーが登場する予定だったらしい。  ロザーノ氏は自身のインスタグラムに「ティム・ミラー版『デッドプール2』のキャラクターデザイン」と題して、ドミノやケーブルなどのコンセプトアートを公開するとともに、2015年のリブート版『ファンタスティック・フォー』のインビジブル・ウーマン(ケイト・マーラ)、ヒューマン・トーチ(マイケル・B・ジョーダン)、Mr.ファンタスティック(マイルズ・テラー)、ザ・シング(ジェイミー・ベル)のコンセプトアートを公開した。ミラー監督はザ・シングに関しては特に、コミック版のザ・シングをスクリーンに蘇らせることにこだわっていたという。  ミラー監督が『デッドプール2』を撮っていたら、どのような作品になっていたか、今では知るよしもないが、ファンタスティック・フォーのカメオ出演がなくなった代わりに、デヴィッド・リーチ監督版にはパニッシャーが一瞬だけ登場。ブラッド・ピットが演じているというサプライズがあった。 引用:https://www.instagram.com/alexanderlozanoart/

  • 相次いで来日した(左から)ジェイコブ・トレンブレイとライアン・レイノルズ

    天才子役ジェイコブ・トレンブレイ、東京での“デップー探し”が激カワ

    セレブ&ゴシップ

     『ワンダー 君は太陽』を引っ提げ来日した子役のジェイコブ・トレンブレイが、同じ時期に来日した『デッドプール2』の俳優ライアン・レイノルズに東京で会おうと、インスタグラムで呼びかける姿が話題になった。Hello!MagazineやEntertainment Tonight Canadaの海外メディアでも報じられた。@@cutter ジェイコブは、ライアンが東京の街並みをバックにした高層ビルからの写真をインスタグラムに投稿したのを受け、同じような背景をバックにした自身の写真とライアンの写真を二段重ねにして自身のインスタグラムに投稿。「@VancityReynolds、どこにいるの!? #Deadpool探し開始だ…」と綴った。  ライアンが近くのホテルに滞在していることを知ったジェイコブ。「楽しんで」「もう見つけた?」「幸運を祈ってる」と、声援を贈るファンに見守られる中、原宿のハリネズミカフェでは「デッドプール探しの近況。いなかった」、東京ディズニーランドでは「デッドプールはマーベルのスーパーヒーローだと思ったのに?!」(マーベル映画を製作するマーベル・スタジオズがディズニー傘下であるため)と、写真を投稿してデッドプール探しを続けていることを報告。  そしてついに,ジェイコブはデッドプールことライアンを発見。証拠写真を自身のインスタグラムに投稿した。自分を見つけ出したことに驚いている様子のライアンと、ガッツポーズで満面の笑みを浮かべるジェイコブ。「彼を見つけたよ!!! 信じれば達成できるんだ!!!」と、嬉しそうにコメントしている。  ライアンを見つけ出したジェイコブに、ファンからは「すごくクールね、ジェイコブ」「夢を追い続けたあなたを誇りに思うわ」「あなたたち二人とも最高にキュートね」「こっちまで嬉しくなる」と、称賛コメントが寄せられている。  二人の遭遇は、共演者からも反応が届いている。ジェイコブと『ワンダー 君は太陽』で共演した子役のカイル・ハリソン・ブライトコフが「ははは!こりゃ驚きだ!」にコメントを残せば、エル・マッキノンはライアンとジェイコブの出身地にちなみ「イエス! バンクーバーボーイズ」と反応。一方、ライアンのインスタグラムでは、『デッドプール2』で共演したジョシュ・ブローリンが反応し「Hahahaha!」と面白がっていた。 引用:https://www.instagram.com/jacobtremblay/    https://www.instagram.com/vancityreynolds/

  • 来日したライアン・レイノルズ

    ライアン・レイノルズ、デップーに通ずるユーモアは少年時代に磨いた

    映画

     ハリウッドスターのライアン・レイノルズが、主演映画『デッドプール2』を引っさげ来日。この度、ライアンと東京都内を巡るバスツアー「ライアン・レイノルズと行く! ドキドキTOKYOバスツアー」が開催され、ツアー合間に行われたインタビューで、役どころや自身のユーモアが養われた背景、そしてアクション映画への思いを語ってもらった。@@cutter 2016年に公開した『デッドプール』の続編となる本作は、不死身で無責任な主人公デッドプールが、ミュータントの少年を守るため、“最強鬼ヤバチーム”「Xフォース」を結成して繰り広げるバトルを描く。デッドプールの魅力について「ダーティなところもあるし、道徳的にも曖昧だ。だからこそ共感できる」と解説するライアン。「キャプテン・アメリカやスーパーマンのようなタイプではないね。昨日よりは良い奴になろうという努力はしているみたいだけど(笑)」とも分析する。  映画では、デッドプールの軽妙な台詞回しが見どころだが、ライアン自身の笑いの感性は少年時代に磨かれたという。「僕は4人兄弟の末っ子」だといい、「辛い時やいじめられた時には、ユーモアで切り抜けるという術(すべ)を使っていたね」と回想。また「自己防衛手段と言っても良いかな。コメディやユーモアによって自己防衛を行うのは、デッドプールにも通じていると思うよ」と役との共通点を明かす。  本作のお気に入りシーンを聞くと、「戦いによって重傷を負ったデッドプールの元を人々が訪ねてくるところだよ」とニッコリ。「デッドプールが“あること”をするんだ」と頬を緩ませ「観客と一緒に見ていると、彼らは最初『ふふっ』と笑い出して、それから笑いが大きくなっていって、やがて爆笑するんだ。あのシーンはすごく気に入っているよ。デッドプールって、本当に恥知らずな奴だよね」と満足気に話す。  未来からやってきた“機械人間”ケーブル(ジョシュ・ブローリン)らとのバトルシーンでは、鍛え上げられた肉体美も披露している。「25歳の頃は、セメントの上で転んでもユーモアとして笑えたけど、41歳になった今は笑えないよ!」。そう苦笑いするも、近年では50歳以上のハリウッドスターがアクション映画で主演を張るのは珍しくない。そこで、何歳までアクションを続けたいか聞くと、「できるだけ続けたい」とライアン。そして「100%じゃないとやるべきではないと思うから、健康体であり続けたいと思うよ」とストイックな心構えをのぞかせた。@@separator 本作の戦いには、デッドプールの仲間になる“幸運美女”ドミノ(ザジー・ビーツ)や、キュートで謎めいた暗殺者ユキオ(忽那汐里)らも参戦。ライアンは、アクション映画における性差について「男性は60代でもアクションをしているスターがいるけど、そういった女性のスターはなかなかいないもの」と指摘。「少なくとも、知り合いの60代女性のうち3人は僕をボコボコにできちゃうから、映画界にもそういう女性たちが出てきてほしいね」と、アクション映画における女性の活躍増加に期待を込める。  ツアー当日は、渋谷のスクランブル交差点や、『ウルヴァリン:SAMURAI』の撮影が行われた増上寺など、日本の観光地を満喫したライアン。「黒沢明監督の映画の1本から、次の『デッドプール』作品のアイデアのヒントをもらったんだ」とも明かしてくれた。果たして、そのアイデアとは? 早くも次回作に期待が高まる。(取材・文・写真:岸豊)  映画『デッドプール2』は全国公開中。

  • 『デッドプール2』来日スペシャルイベントに登場した(左から)ライアン・レイノルズ、忽那汐里

    ライアン・レイノルズ、『デップー2』の日本公開に喜び爆発

    映画

     ハリウッドスターのライアン・レイノルズと女優の忽那汐里が、29日に都内で開催された映画『デッドプール2』来日スペシャルイベントに出席した。ライアンは「夢のようだよ!」と来日の喜びを語ったほか、「今までのスーパーヒーローがやれなかったことを、何でもやってしまう」とデッドプールの魅力を語った。@@cutter 2016年に公開した映画『デッドプール』の続編である本作は、不死身で無責任な主人公デッドプール(ライアン)が、ミュータントの少年を守るために、“最強鬼ヤバチーム”「Xフォース」を結成し大暴れする姿を描く。  ライアンは「『デッドプール』1作目でも来日したかったんだけど、ちょっと他の映画が撮影中で、来日できなかったんだ」と回想しつつ「『デッドプール』は2004年から作ろうとしていた映画だから、今こうして東京に立っていて、2018年になって『デッドプール2』をみんなに公開できるのは、夢のようだよ!」とニッコリ。また、デッドプールの魅力については「今までのスーパーヒーローがやれなかったことを、何でもやってしまう。コミック界でも特別なキャラクターだ」と解説した。  一方、ユキオを演じた忽那は「他のマーベル作品の、どの作品よりも、この『デッドプール2』に参加できたっていうのが本当にうれしくて。私の役柄も、今までになかった、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドちゃんの彼女役ということで、それも初めての試みなので、すごくうれしいです」と笑顔。ライアンとの共演に関しては「本当に素敵な方です。面白いですし、アドリブとかも本当に勉強になりました。見たことがなかったので。ああいう現場は」と楽しそうに振り返った。  当日は、劇中でデッドプールが「Xフォース」を結成することにちなみ、X JAPANのToshIも登場。忽那やToshIと“X”のポーズを決めたライアンは、ファンの歓声を受けながら満面の笑みを見せていた。  映画『デッドプール2』は6月1日より全国公開。5月31日に前夜祭上映。

  • 成田国際空港に到着したライアン・レイノルズ

    ライアン・レイノルズ、成田空港到着! 300人のファンがお出迎え

    映画

     6月1日より日本公開となる『デッドプール2』の主演ライアン・レイノルズが28日、成田国際空港に到着。初来日を果たしたライアンを一目見ようと、空港に300人以上のファンが詰めかけ出迎えた。@@cutter マーベル史上最も“過激なヒーロー”として人気を誇るデッドプール。2016年に第1弾が公開され、全世界興収850億円を超えるヒット作の続編が、いよいよ6月1日に日本公開を迎える。  ライアンは来日直前に、“俺ちゃん”が西郷隆盛の銅像に寄り添う画像をSNSに投稿して、日本へ向けて出発したことを報告した。そんなライアンを出迎えようと、到着ロビーを埋め尽くし、2階にまでびっしりと300人以上のファンが集結。  ライアンがゲートを出てファンの前に登場すると、「キャー」という黄色い声援が響き渡り、一気に熱気に包まれた。集まったファンの中には、コスプレをしているファンや、NYのプレミアにまで出向いたというファンも見受けられ、ライアンは、写真やサイン、握手など丁寧に応えた。そして「ようこそ、日本へ!」という呼びかけに対し、「Thank You」と笑顔を見せた。  ライアンは明日29日、作品の世界観をイメージした大規模なレッドカーペットイベントへの参加を予定している。  『デッドプール2』は6月1日より全国公開。5月31日に前夜祭上映。

  • 『デッドプール2』ニューヨークプレミアレッドカーペットに登場した忽那汐里

    忽那汐里、『デッドプール2』NYプレミアに登場「楽しんでいます!」

    映画

     女優の忽那汐里が、現地時間14日、ライアン・レイノルズ主演の映画『デッドプール2』のニューヨークプレミアに出席。忽那は本作への出演が決まった時の心境を「受けていたオーディションの中で一番の大作なので、受かった時はびっくりしました!」と明かした。@@cutter 無責任なヒーローのデッドプール(ライアン)が、最強“鬼やば”チーム「Xフォース」を結成する本作。ユキオ役でハリウッド・メジャー作品デビューを果たした忽那は、淡いピンクのノースリーブドレスで登場。「正式なアメリカで行われるレッド・カーペットもですが、実はNYに来るのも初めてなんです!(会場の熱気が)すごいですね!楽しんでいます!」と笑顔を見せた。  一方、デッドプールを演じたライアンは、妻で女優のブレイク・ライブリーと共に出席。忽那についてのコメントを求められると「汐里さんは素晴らしいよ!汐里さんのことは大好きだ!ユキオ役を生き生きと、楽しく描いてくれた。今後、彼女のキャラクターがさらに活躍することを楽しみにしている。今よりももっと大きなキャラクターになると思う。楽しみだ!」と絶賛した。  忽那は本作への抜擢について「オーディションは3~4回あり最終に近づいていく程、緊張しました!受けていたオーディションの中で一番の大作なので、受かった時はびっくりしました!」と回想。ライアンとの共演に関しては「ものすごく気さくな方です。主演、プロデューサー、脚本も務めているので皆に気を遣ってくれました。アットホームな雰囲気で途中から参加した私もチームの中に入れてくれて嬉しかったです」と振り返った。  映画『デッドプール2』は6月1日に全国公開。

  • ユニコーンの仮面を着けて『トゥモロー』を熱唱したライアン・レイノルズ

    R・レイノルズ『トゥモロー』熱唱、仮面姿で韓国のど自慢番組に出場

    セレブ&ゴシップ

     スーパーヒーロー映画の続編『デッドプール2』を引っ提げ、韓国入りした主演俳優のライアン・レイノルズが、仮面を着けて歌唱力だけを競う音楽コンテスト番組『The King of Mask Singer(原題)』に出場。ユニコーンの仮面を着けてミュージカル『アニー』の楽曲『トゥモロー』を熱唱し、抜群の歌唱力を見せつけて会場を沸かした。E!Newsなどの海外メディアが報じた。@@cutter グリッターでキラキラ光る、可愛らしい表情をしたユニコーンの仮面とマントを身に着けたライアン。英語の歌『トゥモロー』を歌い出すと、「発音がいい」といったコメンテーターの言葉なども飛びだした。  マイクを持ち直立不動で歌うライアン。会場にいる観客はその人がライアンであるとは気づいていない様子で、抜群の歌唱力に心からの拍手を送っている。しかし、歌い終わりにマスクを取ったライアンは、観客をさらなる熱狂の渦に巻き込んだ。  ライアンは「歌がお粗末ですまなかった」と、見事な歌声を披露したにもかかわらず謝罪。緊張のあまり、「大人用のオムツをしていたよ」「妻にも出演することを話していない」とジョークを飛ばして観客を笑わせた。  E!Newsによると、ライアンは残念ながら次のステージには上がれなかったそうだ。  5月末には来日する予定になっているライアン。日本ではどんなおちゃめな姿を披露してくれるのか、楽しみだ。

  • ライアン・レイノルズに公開説教したヒュー・ジャックマン

    ヒュー・ジャックマン公開説教 ライアン・レイノルズに「重すぎる」

    セレブ&ゴシップ

     マーベルヒーローのウルヴァリンを演じる俳優のヒュー・ジャックマンと、デッドプールを演じる俳優のライアン・レイノルズ。仲の良い二人だが、ヒューは自分のSNS投稿に反応しまくるライアン/デッドプールを少々めんどくさがっている様子。ついに「重すぎる」と公開説教を敢行した。@@cutter 先日もバスローブ姿で誕生日メッセージを録画しようとしているところを、ベッドに横たわった鼻歌交じりのデッドプールに邪魔される動画をSNSに投稿したヒュー。これまでも幾度となくデッドプール、つまりライアンからチャチャを入れられていたが、ついに朝のニュース・トーク番組『Good Morning America』で、ライアンに公開説教のようなメッセージを送った。  「よう、ライアン。元気か。君を愛してる。デッドプールを愛しているよ。最新作を早く観たくてたまらない。君は僕の親友だ」と、カメラに向かい甘い言葉で前置きするヒュー。「だけど、ちょっと抑えてくれないか。もう少し“その気”がないように振る舞ってほしい。ちょっと重すぎるってば。全然セクシーじゃないよ。悪いけど頼むね」と、ライアンにじゃれつきすぎないよう促した。  もちろんヒューからの冗談交じりの愛情たっぷりの説教。ライアンがメッセージを受け取るのは確実だろうが、果たしてヒューが望むようにアピールを控えるようになるのだろうか。今後のヒューとライアンのやり取りに注目だ。

  • 『デッドプール2』日本版ポスター

    『デッドプール2』R・レイノルズが特別に認めた日本版ポスター解禁

    映画

     マーベルが生んだ破天荒ヒーローの活躍を描く映画『デッドプール2』から、主演のライアン・レイノルズが特別に認めた日本版ポスターと、前作のおさらい映像が到着した。@@cutter 到着した映像は、吹替版でデッドプール(ライアン)の声を演じた加瀬康之のナレーションにより、デッドプールを知らない人にも、30秒でその破天荒な魅力と続編の見どころが分かる親切設計。デッドプールといえば、能天気で無責任、不死身で超強いのに人類を守るなんて正義感は皆無…。マイペースで自己チューな彼は、前作で全身がメタリックな鉄人のコロッサスにX‐MENのメンバーに誘われるも、あっさりとメンバー入りを拒否。“ぼっち”街道まっしぐらだったが、なんと本作では、“最強鬼ヤバチーム”Xフォースを結成してしまう。  本作では、未来からやってきたマッチョ野郎・ケーブル(ジョシュ・ブローリン)が狙う謎の力を秘めた子供を守るため、Xフォースが立ち向かうという。しかし、到着した日本版ポスターには、左手に銃はもっているものの、股間にユニコーンを挟み、ヒーローらしからぬ可愛さMAXのおねだりポージングでこちらを見るデッドプールの姿が。その奥には、Xフォースの一員で“運”を操る能力を持ったドミノ(ザジ・ビーツ)と“マッチョなクソ野郎”ことケーブルの姿と共に、“もう、ぼっちじゃない”というキャッチコピーが確認できる。  プロデューサーのサイモン・キンバーグは「どのアメコミと比べても異質なんだ」とコメントし、主演のライアンも「ほかのアメコミ映画ではなしえないことだ」とメッセージを寄せた本作。前作に引き続き脚本を務めたレット・リースは「ライアンは“デッドプール警察”だ。デッドプールの魅力を知り尽くしたライアンは、脚本のトーンがズレたり、ぴったり来ないセリフを書いたりすると“そういうのはデッドプールらしくない”と指摘した」と回想。そんなライアンが日本だけに特別に許可したポスターは、『デッドプール2』の魅力が凝縮された仕上がりとなっている。  映画『デッドプール2』は6月1日全国公開。

  • 真の意味で理想的なカップル、理想的な人生 ※「ヒュー・ジャックマン」インスタグラム

    ヒュー・ジャックマン、結婚22周年の年上妻デボラに熱烈な愛を告白

    セレブ&ゴシップ

     かねてからハリウッドの“おしどり夫婦”として知られている、映画『ウルヴァリン』シリーズの俳優ヒュー・ジャックマンと、妻で女優のデボラ・リー=ファーネス。二人はこの4月に結婚22周年を迎えるが、ヒューはデボラへの愛が止まらない様子だ。自身のツイッターやインスタグラムに二人の写真と熱いメッセージを投稿している。@@cutter 共にオーストラリア出身のヒューとデボラ。1995年のオーストラリアのドラマ『Correlli(原題)』での共演がきっかけで恋に落ちた。当時はデボラの方が有名な女優で、ヒューがデボラに一目惚れしたことをインタビューなどで語っている。ヒューは13歳年上のデボラと翌年の1996年4月11日に結婚した。  結婚から22年経ってもいつも仲睦まじい二人だが、ヒューは今回の投稿のキャプションで「人生において必要なのは、最も大切な人々を見て、最も大切な人々に真の意味で見られることだと思う。デブ、初めて会った日から僕たちはそうだったよ。22年後…、濃密になっていくばかりだ。君と子供たちは僕にとって生涯のかけがえのない贈り物だよ。とてつもなく君を愛している」と、デボラに愛のメッセージを贈っている。  愛が冷める様子のない二人に、ファンからは「あなたは大半の男性の鏡ね。これこそ愛だわ。良くても悪くてもいつも一緒に。素晴らしい人たちね」「カップルの目標だわ」「あなたたちは二人とも、とてもラッキーよ」「結婚記念日おめでとう」といった祝福の声が多数寄せられている。  また、ヒューの“X‐MEN”仲間で、ツイッターなどで面白いやり取りを披露している俳優のライアン・レイノルズが、ヒューのメッセージに反応。「この二人は最高でも3ヵ月で終わると確信してた。俺が間違っていたよ」とツイートし、お得意のジョークで二人を祝福した。 引用:https://www.instagram.com/thehughjackman/

  • 『デットプール2』特別画像

    忽那汐里も登場、『デッドプール2』予告編解禁

    映画

     ライアン・レイノルズ主演のマーベルヒーロー映画『デッドプール2』の公開が6月1日に決定。併せて解禁されたド派手なアクションシーンと個性際立つ新キャラクター満載の予告編では、忽那汐里演じる謎のキャラクターの姿も確認できる。@@cutter 『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上、最も過激(やりすぎ)なヒーローとして、絶大な人気を誇る『デッドプール』。2016年の第1作は日本を含め世界120カ国でNo.1を獲得し、全世界興収850億円を超える世界的大ヒットとなった。  その続編にあたる今作は、レイノルズが引き続きデッドプールを演じ、プロデューサーも兼任。また監督は、『ジョン・ウィック』の共同監督デヴィッド・リーチが務めており、スタントマン出身者らしく、アクション満載な内容になっている。  解禁された予告映像は、車内で音楽を聴いてリラックスするタクシー運転手・ドーピンダー(カラン・ソーニ)のもとに、敵に追われるデッドプールが車窓を突き破って乗り込むところからスタート。続いて、今作から登場する新キャラクター、“未来からやってきたマッチョなクソ野郎”ことケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れ、謎の力を秘めた少年を狙う。  「あなたが助けてあげて、あの子を」と恋人のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)に言われたお調子者のデッドプールは、少年を守ることを決意し、仲間集めに奔走。前作から続投のネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(ブリアナ・ヒルデブランド)、運を操る能力を持ったミュータント、ドミノ(ザジー・ビーツ)らを招集し、最強“鬼やば”チーム「Xフォース」を結成する。  仲間からは、「なんか(『X‐MEN』を)パクってない?」と指摘されるも、「完璧なパクリだ」と清々しい開き直りを見せるなど、今回も小ネタとツッコミどころが盛りだくさん。クセの強いキャラクターたちの軽妙なやりとりとド派手なアクションシーンは、予告編ながら『デッドプール』らしさ全開だ。  忽那演じるキャラクターは紫色のロングポニーテール、チャイナ服をアレンジしたような戦闘服で、放電しているかのようなチェーンを振り回す見事なアクションを見せている。  映画『デッドプール2』は6月1日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access