井上小百合 関連記事

  • 乃木坂46メンバーが大ブーイング

    乃木坂46メンバーが『乃木坂工事中』スタッフに大ブーイング! そのワケは?

    エンタメ

     乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京/毎週日曜24時)で、乃木坂46メンバーが、同番組のスタッフに大ブーイングする場面があった。@@cutter 13日の放送分。乃木坂メンバーが日村軍と設楽軍に分かれてさまざまなゲームで対決した新春SPの未公開シーンを放送。「イノシシ鬼」対決では、盛り上がったために行われた第2回戦の模様が放送された。この対決は、今年の干支イノシシに扮した鬼が、四つん這いのままお尻歩きをする相手チーム全員を捕まえるまでのタイムで競うもの。スタート時は鬼が1匹で、30秒ごとにほら貝の音とともに鬼が1匹ずつ追加されていく。  2回戦は設楽軍が1分1秒56、日村軍が58秒13で、僅差で日村軍の勝利がアナウンスされた。ところが、設楽軍の面々は納得いかない様子。自分たちのチームは、3匹目のイノシシ追加のほら貝が鳴る前、つまり1分がたたないうちに相手チームを全員捕まえた、というのだ。    設楽が「(タイムが)反対じゃないかって」とスタッフの方を向いて尋ねるとスタッフが「逆だ…」がミスを認めた。これには設楽軍の面々から一斉に「ほらーーー」と声が上がり、大ブーイングがぼっ発。設楽が笛を吹いて制止しようとするも、収拾がつかない状況に。  設楽は「みんなが真剣になってる証拠だよ。井上とかすげえ」と指摘すると、井上が口を真一文字に閉じてスタッフの方を睨みつけている様子が映し出され、ほかのメンバーを笑わせていた。

  • ファースト写真集『存在』発売記念お渡し会に出席した井上小百合

    乃木坂46・井上小百合、初写真集で「最初で最後」の水着にチャレンジ

    エンタメ

     乃木坂46の井上小百合が14日都内で、ファースト写真集『存在』(発売中)の発売記念お渡し会前に行われた囲み会見に出席。同作にまつわるエピソードなどを語り、初挑戦した水着シーンなどに関して「たぶんこれで最初で最後だな、と思いながら撮影していた」と話した。@@cutter 井上は、 3月放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で「写真集を作りたい」とプレゼンし、ロケ地に“ずっと行ってみたかった場所”として挙げたスイスにて、9月にオールロケを敢行。約1週間かけてチューリッヒ、マイエンフェルト、ローザンヌ、モルジュ、ジュネーブをめぐって撮影した。  本日14日に24歳の誕生日を迎えた井上。本作について「24年間分の私の生きざまが詰まっている」とアピール。タイトルの由来については「自分って、みんなの存在のおかげで完成している。みんなの思いの寄せ集めが、ここに詰まればいいなと思った」と解説した。  スイスは「想像をはるかに越えて美しい国だった。仕事で行けなかったら一生行けなかったかもしれないので、うれしかったです」とニコリ。お気に入りのカットは、「ずっと行きたかったハイジ村」でスイス伝統のチーズ料理・ラクレットをワクワクしながら待っている最中のシーン。初めて食べたと言い、「メチャクチャおいしくて感動しました」と笑顔をこぼした。  今回は、水着やランジェリーに挑戦した。井上は「『乃木坂工事中』で、“7年目に叶えたい夢”ということでプレゼンして写真集を出した。むしろ7年間は出したくないとずっと思っていたんです、ずっと。それくらい水着とかで人前に出るのも苦手だった。今回は自分の殻を破って頑張った。『たぶんこれで最初で最後だな』と思いながら撮影していた」とコメント。本作の自己評価を尋ねられて「いろんな人の気持ちを込めて100点」と述べた。  また、新しい4期生らに会ったと明かし、「すごいかわいくてビックリした。新しく14歳の子とか入ってきた。10歳くらい年が離れている。そんな年下の子とどんな会話ができるのか不安だったけど、みんなしっかりしている。一生懸命頑張っていて、『インフルエンサー』とか踊っているのを見て感心している」と話した。  今年のクリスマスは「24(日)も25(日)も両方、今のところお仕事」。「毎年、みんなでたくさんお寿司とかケーキとか買ってきて分けて食べるのが楽しい。今年もそういうのができるかなと思って楽しみにしている」と白い歯をこぼした。

  • 西野七瀬、『おしゃれイズム1時間SP』ゲスト 乃木坂46囲み取材に登場

    西野七瀬、卒業前にメンバーとクリスマスを堪能「ロケを忘れて楽しんだ」

    エンタメ

     アイドルグループの乃木坂46が7日、都内にて開催された『おしゃれイズム1時間SP』(日本テレビ系/12月23日23時)番組収録後の囲み取材に出席。年内いっぱいで同グループを卒業する西野七瀬が、「ロケを忘れて、メンバーと初めてクリスマスっぽいことを楽しめた」と笑顔で語った。@@cutter この日の収録には、西野のほかに白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、梅澤美波、与田祐希、星野みなみ、堀未央奈、秋元真夏、松村沙友理、衛藤美彩、大園桃子、伊藤理々杏、佐藤楓、新内眞衣、井上小百合、高山一実、斉藤優里、山下美月の選抜メンバー19名が勢ぞろい。『おしゃれイズム』史上最多人数の出演となった。  同番組では、クリスマス・スペシャルということで、3チームに分かれて横浜・みなとみらいや赤レンガ倉庫でショッピングや食べ歩きを楽しんだり、江ノ島でプレゼント作りに挑戦したり、ロマンチックなイルミネーションもたっぷり堪能。さらに、千葉県でもみの木をゲットしたメンバーは、乃木坂46オリジナルのクリスマスツリーを制作し、完成作品をスタジオで披露した(集合写真・後ろのツリー)。  クリスマスの雰囲気をたっぷり楽しんだメンバーは、収録後、それぞれがロケの思い出を語ったが、中でも、年内いっぱいで同グループを卒業する西野は、「ロケをしていることを忘れて、純粋に(赤レンガ倉庫の)クリスマス・マーケットを楽しんじゃいました」と満面の笑顔。「今までクリスマスの思い出がほとんどないまま生きてきたので(笑)、ようやくみんなとクリスマスっぽいことができて、本当に楽しかった」と胸の内を明かすと、同行していた高山が、「一緒に歩いているときに、なーちゃん(西野)が自然に腕に絡みついてきて胸がキュンとした」と思い出をかみしめた。  白石は、「前回は1人で出させていただいたのですが、今回はクリスマス・スペシャルということで、大人数のメンバーで出演することができたので、すごくうれしかったし、楽しい会になったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです」と真摯にアピール。生田は、「乃木坂のメンバーは、結構、ボケてる人が多くて(笑)、それをすかさず司会の上田(晋也)さんが拾ってくれて、それを投げ返してくれたので、収録中、ずっと笑っていました」と収録を心から楽しんだ様子だった。  『おしゃれイズム1時間SP』は、日本テレビ系にて12月23日23時放送。

  • ミュージカル「愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』」キャスト

    山本耕史、レキシの名曲でつづるミュージカルに主演 共演に松岡茉優ら

    エンタメ

     俳優の山本耕史とが、ミュージシャンのレキシの名曲をもとにしたミュージカル「愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』」に主演し、女優の松岡茉優らと共演することが発表された。@@cutter 『きらきら武士』や『狩りから稲作へ』など、ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、ユーモアあふれるステージングで話題を呼んでいるレキシ(池田貴史)。その音楽をベースに、河原雅彦が原案・演出を手がけるのが本作だ。レキシは、河原を「たいらのまさピコ」と命名し、「まさピコワールド超楽しみにしております!」と期待を込める。  主演を務める山本は、「これまで数多くの舞台に立たせていただきましたが、正直、どんな作品になるのか見事に予測がつきません」とベテラン俳優の自身から見ても、未知の作品になりそうなことを示唆。「責任を果たせるか不安でいっぱいですが、未知との遭遇と言ってもいいようなワクワク感も同時に感じています。初めてご一緒させていただくアーティストさんとの作品、精一杯務めます!」と意気込む。  河原は、「『実現させない限り死ねない』と心に決めてる企画が自分にはいくつかあって、その筆頭がレキシアターでした。死なずに済んでよかった。。。」と胸をなでおろしている様子。「どんな舞台になるのかって? 抜群に甘く切なくファンキーな曲達に誘われ『愛の始まり』にゆる~くたどり着く、愉快なイベントっぽくなるんじゃないですか? この機会を僕もうんと楽しみます。めちゃめちゃ気楽に遊びにきてもらえたら。池田さんから素敵なレキシネームももらえたことですし、うんと頑張ります!」と宣言している。  ほかに、佐藤流司、高田聖子、井上小百合(乃木坂46)、藤井隆、八嶋智人らが共演、振り付けは梅棒が担当する。  愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』は、2019年3月10日~24日に東京・TBS 赤坂ACTシアターにて、3月30日~31日に大阪・オリックス劇場にて上演。

  • 白石麻衣がクイーン・セレニティ役に

    白石麻衣、乃木坂46版『セーラームーン』にクイーン役で映像出演

    エンタメ

     白石麻衣が、乃木坂46が出演するミュージカル『美少女戦士セーラームーン』に、スペシャル映像で友情出演することが発表となった。併せて、セーラー5戦士のソロビジュアルや、キャストの意気込みコメントも解禁された。@@cutter 月刊誌「なかよし」(講談社刊)にて1991年から連載を開始した、武内直子原作の少女漫画『美少女戦士セーラームーン』の第1期を描く本作では、乃木坂46から選抜された10名が「Team MOON」と「Team STAR」の2チームに分かれ、ダブルキャストでセーラー5戦士を演じる。白石は、セーラームーンこと月野うさぎの前世の母親であるクイーン・セレニティとして、セーラー戦士たちを導く。  「Team MOON」でセーラームーン/月野うさぎに扮する山下美月は、「『月にかわって、おしおきよ!』というセリフは、幼い頃より私の憧れで何度聞いても心が躍ります。登場する人物それぞれに魅力があり、愛とパワーと輝きに満ちた世界をお届けいたします」とコメント。  一方「Team STAR」で同じくセーラームーン/月野うさぎを演じる井上小百合は、「観に来てくださった方には、漫画原作作品のリアル体験に留まらず、演劇としての醍醐味を味わい、楽しめるような作品にできたらなと思います」と意気込みを語っている。  また、すべての公演で終演後に『美少女戦士セーラームーン』関連のナンバーを披露するスペシャルライブショーの開催、記念撮影会やサイン入りグッズ抽選会など回替わりでお楽しみ企画の実施も発表された。    乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』は、6月8日~24日まで東京・天王州 銀河劇場で、9月21日~30日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで上演予定。

  • 乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』「 Team MOON」

    乃木坂46が『セーラームーン』に 出演ミュージカルのビジュアル解禁

    エンタメ

     乃木坂46が出演するミュージカル『美少女戦士セーラームーン』より、2種類のメインビジュアルと、全キャスト・公演情報が解禁となった。@@cutter 月刊誌「なかよし」(講談社刊)にて、1991年から連載を開始した武内直子原作の少女漫画『美少女戦士セーラームーン』の第1期を描く本作では、乃木坂46から選抜された10名が「Team MOON」「 Team STAR」の2チームに分かれ、ダブルキャストでセーラー5戦士を演じる。  「Team MOON」では山下美月(セーラームーン/月野うさぎ)、伊藤理々杏(セーラーマーキュリー/水野亜美)、高山一実(セーラーマーズ/火野レイ)、能條愛未(セーラージュピター/木野まこと)、樋口日奈(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)が、「Team STAR」では井上小百合(セーラームーン/月野うさぎ)、渡辺みり愛(セーラーマーキュリー/水野亜美)、寺田蘭世(セーラーマーズ/火野レイ)、梅澤美波(セーラージュピター/木野まこと)、中田花奈(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)が、6月公演と9月公演でセーラー戦士に変身する。  演出を手掛けるのは、話題の2.5次元ミュージカルをはじめ、さまざまな舞台で映像や音楽と融合した演出手法が絶賛されている劇作家・演出家のウォーリー木下。公演は、6月に東京・天王州 銀河劇場、9月に東京・TBS赤坂ACTシアターで上演され、6月と9月で一部異なった演出を楽しむことができるという。  乃木坂46が出演するミュージカル『美少女戦士セーラームーン』は、6月8日~24日まで東京・天王州 銀河劇場で、9月21日~30日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで上演予定。

  • 乃木坂46、『アイペット損保 WEB CM発表会』に登壇

    乃木坂46・白石麻衣、渡辺麻友の卒業に言及「すごく寂しい」

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、西野七瀬、秋元真夏、高山一実、井上小百合が、27日に都内で行われた「アイペット損保 WEB CM発表会」に出席し、白石は公式ライバルであるAKB48の渡辺麻友の卒業が近づいていることについて、「すごく寂しい気持ちもあるんですけど、AKBを卒業されても、たくさん輝いていけると思う」と語った。@@cutter WEB CM第1弾の内容は、西野が愚痴をこぼすスコティッシュフォールドの「まなお」くんを占いの館に連れて行くと、白石扮する占い師がダックスフンドの「かずお」くんと共に占いをするというもの。「まなお」くんの声は秋元が、「かずお」くんの声は高山が担当している。なお、白石、西野、秋元、高山、井上、若月佑美が出演するCMの第2弾「女子会篇」は12月に、第3弾「応援篇」は2018年2月に順次公開予定となっている。  白石は会場で流されたメイキング映像を見ながら、「メンバーみんな本当に動物が好きなので、こういう休憩の合間とか、すごく『まなお』くんと『かずお』くんに目を奪われて、常に癒されていました」とニッコリ。会見には2匹も登場し、西野はおとなしく膝の上に座る「まなお」くんに「いい子です~」とメロメロな様子。飼ってみたいペットを聞かれた白石は「ハリネズミとかすごい興味があります」と明かし、西野は「エキゾチックショートヘアっていう種類の猫がいるんですけど、その子が飼いたいです。鼻がぺちゃってしてて、ブサカワな類の子なんですけど、その感じがいいなって」と明かした。  会見後の囲み取材で、AKB48の渡辺麻友の卒業が近づいていることに話が及ぶと、白石は「麻友さんって言ったら、本当に“ザ・アイドル”って感じの方なので、その方が卒業されるっていうのはすごく寂しい気持ちもあるんですけど、AKBを卒業されても、たくさん輝いていけると思うので、私たちも麻友さんのことずっと大好きですし、また応援していけたらいいなと思います」とコメントした。  乃木坂46が出演するアイペット損保 WEB CM第1弾「占い篇」は公開中。

  • “なぎなたパフォーマンス”と主題歌『いつかできるから今日できる』を披露した乃木坂46

    乃木坂46、胴着&袴姿で『あさひなぐ』主題歌初披露 なぎなたパフォーマンスも

    映 画

     乃木坂46真夏の全国ツアー2017の宮城公演が、仙台市のセビオアリーナ仙台にて8月11日に開幕し、映画『あさひなぐ』の主題歌『いつかできるから今日できる』が初めて歌唱された。@@cutter 『あさひなぐ』は第60回小学館漫画賞に輝いた、こざき亜衣の人気コミックを実写化した青春映画。なぎなたに青春を賭けた女子高校生の姿を、仲間たちとの絆やライバルとの対戦を通して描く。劇中ではヒロインとその先輩を、乃木坂46の西野七瀬と白石麻衣が担当、ほかにも桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花、中田花奈、斉藤優里らが出演している。また同作は舞台版が5月に上演され、こちらには齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子らが出演した。  ライブでは、盛り上がりを見せる中盤に、乃木坂46のナンバー『おいでシャンプー』が終わると、高山一実と秋元真夏による『あさひなぐ』プロジェクトについての紹介、その直後にステージ上には胴着&袴姿のメンバーたちが登壇し、“なぎなたパフォーマンス”が始まった。登場したメンバーは、映画版キャスト、舞台版キャストを合わせた総勢15名。  5月30日に行われた舞台『あさひなぐ』のライブビューイングイベントでは、14名による団体基本と言われる素振りを披露したが、今回は初めて曲に合わせてなぎなたを操るパフォーマンスを披露。会場に集まった5000人の観客を大いににぎわせた。  映画『あさひなぐ』は9月22日より全国公開。

  • 白石麻衣(乃木坂46)、『ワンダーウーマン』ジャパンプレミアにて

    乃木坂46の“最強美女“白石麻衣、黄金ティアラでワンダーポーズを披露

    映 画

     乃木坂46のメンバーが8日、アンバサダーを務める映画『ワンダーウーマン』のジャパンプレミアに登場。来日したパティ・ジェンキンス監督、チャールズ・ローブンプロデューサーと共に雨降りしきる会場を盛り上げたほか、同グループの“最強美女“白石麻衣が黄金色に輝くティアラを身に付けてワンダーポーズを披露し、会場を魅了した。@@cutter 本作は、アメコミ史上初の女性ヒーロー「ワンダーウーマン」が主人公のアクション映画。女性だけが住むパラダイス島のプリンセスであるダイアナ(ワンダーウーマン)は、島で助けたアメリカ人パイロットから、外の世界で戦争が起きていることを知る。ダイアナは世界を救うべく、故郷から旅立つ。6月に全米で先行公開されて以来、世界中でヒットしている。  今回乃木坂46や来日した二人は、雨降りしきる中、ダイアナが暮らしたパラダイス島の海をイメージしたブルーカーペットが敷かれた新宿ゴジラ・ロードに登場。  「日本が大好き」というパティ監督は、本作が全世界でヒットを飛ばす現状について「本当に信じられない状況。多くの人が感動してくださっているのは、ワンダーウーマンが75年も続いてきたという、そこ(作品やキャラクターの素晴らしさ)が全てを証明していると思います」と感慨深げ。  また同役を演じた主演のガル・ガドットについて言及。「彼女はオンの時もオフの時もいつもワンダーウーマンなんです。素晴らしい演技もするけれど、毎日強くて美しくて優しい。忍耐強く、素晴らしい方」と絶賛した。    西野七瀬は、乃木坂46が歌う本作のイメージソング『女は一人じゃ眠れない』の振り付けで「ワンダーポーズをたくさん使った」と紹介すると、パティ監督とチャールズプロデューサーが同振り付けをリクエスト。グループ全員で急遽披露すると、チャールズプロデューサーが「続きが見たいです」と茶目っ気を見せた。  本作の「美しくぶっ飛ばす」というキャッチコピーにちなんで、今ぶっ飛ばしたいものを問われた白石は「今降っている雨をぶっ飛ばしたいです!」と答えてニッコリ。イベント終盤には、パティ監督から贈呈されたティアラを頭に身に付け、ワンダーポーズを決めて会場を魅了した。  今回のジャパンプレミアには白石や西野のほか、乃木坂46から齋藤飛鳥、堀未央奈、与田祐希、大園桃子、生田絵梨花、秋元真夏、松村沙友里、高山一実、衛藤美彩、星野みなみ、桜井玲香、新内眞依、若月佑美、伊藤万里華、井上小百合が出席した。  映画『ワンダーウーマン』は、8月25日より全国公開。

  • 前列左から、北野日奈子、衛藤美彩、堀未央奈、生田絵梨花。後列左から、生駒里奈、若月佑美、新内眞衣、井上小百合、齋藤飛鳥、西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華。映画『あさひなぐ』キャスト発表会にて

    乃木坂46・生田絵梨花、実写版『あさひなぐ』に西野七瀬のライバル役で参戦!

    映 画

     乃木坂46の生田絵梨花、桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華が、同グループの西野七瀬、白石麻衣らと共に、30日に都内で行われた実写映画『あさひなぐ』のキャスト発表イベントに登壇。主人公に立ちはだかるライバル役を務める生田は、「テスト勉強みたいで大変だった」と役づくりを振り返った。@@cutter 本作は、こざき亜衣による同名漫画の実写版で、薙刀(なぎなた)に青春の全てをかける女子高生たちの姿を描く。主人公の東島旭(西野)が入部する二ツ坂高校薙刀部の部員・八十村将子役で出演する桜井は、「何かを一生懸命やるっていうのが、これだけ気持ち良いことなんだなっていうのを、久々に感じられたなと思ったので、すごくいい時間を過ごさせていただいた」とニッコリ。同部の紺野さくら役の松村は、「原作を読んだときに、お気に入りって言ったら変だけど、この子良いなあと思ったのがさくらちゃんだったので、映画で演じられて幸せ」と笑顔で語った。  一方、二ツ坂高校に立ちはだかる國領高校の1年生エース・一堂寧々役の生田は、「とにかく攻めて、負けず嫌いで、バンバンバン! っていうのが多かった」と撮影を述懐。続けて、「動きを紙に書いて、動画を撮って体に入れてっていう反復作業が、本当にテスト勉強みたいで大変だったなと思います」と役作りの苦労を明かした。また、白石ふんする2年生部員・宮地真春と同学年の部長・野上えり役の伊藤は、「ファンの皆さんも、見たらすごい違和感を覚えるんじゃないかなって思うんです」とコメント。「進行役でもあるので、そういう意味では自分が今までやったことはない感じ」とも話した。  当日は、千秋楽を控える舞台版キャストの齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子に、スポーツドリンクがぎっしり詰まったクーラーボックスを映画版キャストが差し入れする一幕も。また、映画と舞台のキャストが一体となって「団体基本」という薙刀の型を披露し、会場に詰めかけたファンを魅了した。  映画『あさひなぐ』は9月22日より全国公開。

  • 生田絵梨花の奇妙な素顔をメンバーが暴露

    乃木坂46・生田絵梨花、夜になると変なテンション?奇妙な素顔をメンバーが暴露

    エンタメ

     アイドルグループ・乃木坂46が歌番組『Good Time Music』(TBS系)に登場した。番組ではグループ内でアンケート調査を実施。秋元真夏が“お嫁さんにしたいメンバーNo.1”と“オンとオフに差があるメンバーNo.1”の2冠を獲得した。生駒里奈が「真夏は女の子として全部できるんですよ。和食も洋食も料理が得意で、裁縫もすごい上手なんです」と絶賛したところ、秋元は「すごいうれしいです。人に尽くすのが好きなんです」と笑顔を浮かべていた。@@cutter また、堀未央奈が「真夏さんはいつもアイドルを演じてらっしゃるんんですけど、普段になると現実志向になります」と語ると、星野みなみは「アイドルになるための“まなったんスイッチ”が必要みたいなんです」と一言。MCの及川光博は「プロだね」と感想をもらしていた。  逆に“お嫁さんにしたくないメンバーWorst2”に選ばれたのは齋藤飛鳥で、“Worst1”は生田絵梨花だった。齋藤について井上小百合が「なんでも1人でできないんですよ。ごはんもお母さんに食べさせてもらったりしてるんですよ」と明かすと、齋藤は「朝が弱くて、起きれなくて、朝の準備がいつもぎりぎりになっちゃうんですよ。だから時短したいなと思って、私がドライヤーしている間にお母さんに口にご飯を運んでもらうとちょうどいいんです」と驚きのエピソードを告白していた。  生田について秋元が「いくちゃんは見た目もよくて完璧少女に見えるんですけど、料理が不得意だったり。あと、たまに夜になると変なテンションで騒ぎ出しちゃうんですよ」と暴露。生駒が「みんな、静かにしたいときに歌っちゃうんですよ」と乗っかる。生田は「口から出るままに歌っちゃうんです」と吐露し、「争われた今日の気持ちは、妙に見事な、フーッ」と口から出るままに歌を披露していた。

  • 舞台「【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』」公開ゲネプロでエネルギッシュな演技をみせた木村了

    木村了、結婚後初の公の場に登場! 主演舞台でエネルギー全開

    アニメ・コミック

     俳優の木村了が17日、都内で行われた舞台「【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』‐血戦のラストダンス‐」の公開ゲネプロに登場。先日、女優・奥菜恵との結婚を発表した木村は、入江甚儀、三津谷亮、吉川純広、谷戸亮太ら出演者たちと、歌に踊りに芝居にとエネルギッシュなパフォーマンスを披露し、ほとばしる汗とともに充実感いっぱいの表情を見せた。@@cutter 本作は、古屋兎丸による人気漫画『帝一の國』(集英社)を舞台化した学園歌劇シリーズ完結編。好評を博した第1章、第2章に続き、主人公・赤場帝一役に木村が扮するほか、明るく人望の厚い好青年・大鷹弾役に入江、帝一の幼馴染みのお嬢様・白鳥美美子役には乃木坂46の井上小百合と樋口日奈がダブルキャストで参加(この日は井上が出演)。恋あり、友情あり、裏切りありの波乱に満ちた青春ドラマが展開する。  演出を担当した小林顕作が前説で登場し、「今夜、初日を迎えるわけですが、リハーサルが追いついてないところが多々ありまして」と苦笑い。「本番に向けての“追っつき公開ゲネプロ”ということで、温かい気持ちで観てほしい」とコメント。爆笑に包まれた会場は一気に緊張が解け、和やかな雰囲気の中、幕が開いた。  舞台は、木村演じる帝一を中心に、白熱する学園政権闘争、美美子を巡る四角関係、さらにはイケメンたちの入浴シーン?など、内容はまさになんでもありの超エンタテインメント。全編を通して、ハードなダンスや歌唱はもとより、ギリギリセーフの下ネタやコント風味の会話劇、爆笑パロディ、シリアスな熱演シーンなど、次から次へと繰り出される展開に、観客は瞬きさえも忘れてしまうほどだ。  なお、本舞台の大千秋楽となる3月27日には、最終章を飾るにふさわしく「卒業式」の実施が決定。その模様を本編に加えて、全国の映画館で特別にライブ・ビューイングにて生中継されることが明らかになった。  舞台『【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-』はAiiA 2.5 Theater Tokyoにて3月17日~27日まで上演。

  • 木村了、舞台『帝一の國』第二章開幕! 歌にダンスに土下座…で魅了

    木村了、舞台『帝一の國』第二章開幕! 歌に踊りに土下座で…魅了

    アニメ・コミック

     木村了主演、入江甚儀、三津谷亮、吉川純広、谷戸亮太らが出演の舞台『【第二章】學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム』の公開ゲネプロが12日、都内にて行われ、歌に踊りに芝居にと独特な世界観で観客を魅了した。@@cutter 本作は、古屋兎丸の漫画『帝一の國』(集英社)が原作の舞台化第2弾。ダークかつ濃い学園ストーリーを中心に歌と踊りで艶やかにユーモラスな歌劇が繰り広げられる。第一章に続き、本作の主人公・赤場帝一役に木村了が扮する。明るく人望厚い好青年・大鷹弾役に入江甚儀、白鳥美美子役に乃木坂46の井上小百合と樋口日奈がダブルキャストで参加。さらに本作からドラマ、バラエティで活躍中の市川知宏が参戦する。    主催者いわく、“作品における全背景を担う役であり最も過酷な役=主要キャスト以外のモブキャラも演じる”オールラウンダーズ(市川知宏、佐藤永典、佐藤流司、平沼紀久、佐藤貴史、ぎたろー)の6人が、第一章からの続きを小芝居とパメットを使い説明するシーンから始まった同舞台。第二章では、次期生徒会長の座を氷室ローランド(冨森ジャスティン)と森園億人(大河元気)が争う学園政権闘争を軸に描かれる。主人公・赤場は、いずれ生徒会長の座の禅譲を期待すべく氷室の“犬”として奔走していた…。    第二章でも第一章同様、漫画のキャラクターになりきり、歌にダンスに独特なセリフまわしなど、これでもかという熱量で演出される同舞台。木村のソロの歌や踊はもちろんのこと、お爺さんに扮したり、土下座したり、先輩の靴を舐めたりと赤場のくるくると変わる表情を演じ分ける。    また、木村だけでなく白鳥美美子役を演じる乃木坂・井上もソロパートがあるほか、大鷹弾役の入江もギターをかき鳴らしバラードを歌い上げるシーンも描かれる同舞台。    それぞれのキャラクターにスポットがあたり、大ボリュームで描かれる舞台「【第二章】學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム』は、7月12日~7月20日までAiiA 2.5Theater Tokyoにて上演。7月25日、26日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access