磯村勇斗 関連記事

  • 2019年に注目したい若手俳優(左から:町田啓太、佐野勇斗、伊藤健太郎)

    佐野勇斗、伊藤健太郎、町田啓太…更なる飛躍へ!2019年も注目の俳優たち

    エンタメ

     2018年はドラマ『中学聖日記』のメインキャストに抜擢された新人・岡田健史、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の中村倫也、志尊淳など、様々な若手俳優が話題となり、エンタテインメント業界を盛り上げた。2019年はどんな俳優がテレビ・映画を賑わすのか、昨年の活躍を元に今年注目したい俳優をご紹介したい。@@cutter まず1人目が、映画を中心に活躍が目立った佐野勇斗だ。『ちはやふる -結び-』で、瑞沢かるた部にデキる後輩として入部し、プライドの高い嫌味な奴を熱演したかと思えば、初めての主演映画『青夏 きみに恋した30日』では、田舎に暮らす、無愛想だけど実は優しい純朴な青年を好演し、多くの女性たちに爽やかな感動と胸キュンを与えることに成功。さらに、『走れ!T校バスケット部』では部活の仲間を大切にする弱小バスケット部のキャプテン役、『3D彼女 リアルガール』では2次元を愛する超絶オタクでコミュ障な高校生と、佐野は同世代のキャラクターを演じることを得意とする。2月には又吉直樹の原作を実写化した主演映画『凜-りん-』が公開予定。この作品でも高校生を演じるが、これまでと違って物語はサスペンス。佐野の新たな魅力が発見できそうだ。  2人目は昨年6月に健太郎から、本名へと改名した伊藤健太郎だ。なんと言ってもブレイクのきっかけとなったのは、福田雄一が演出を手がけたドラマ『今日から俺は!!』での伊藤真司役。見た目はトゲトゲ頭のツッパリだが、生真面目で義理堅く、曲がったことが大嫌いという“ザ・漢”のような人物なのに、好きな女子の前ではデレデレというギャップが話題に。ファンを一気に増やす形となった。このほかにも、昨年はゲスト出演を含む9本のドラマと、5本の映画に出演という、超売れっ子ぶり。今年は累計発行部数300万部を突破した押見修造の漫画を実写化した『惡の華』(今秋公開)に主人公・春日役で出演。演じた本人が、「春日を理解するのは難しいかもしれません」と説明するキャラクターだけあって、どのように仕上がっているのか期待したい。  3人目が劇団EXILEのメンバー、町田啓太。自身がずっとやりたかった時代劇をNHK大河ドラマ『西郷どん』で実現。小松帯刀という実在した人物を演じるにあたり、手当たり次第に資料を読み込み、撮影前に鹿児島へ入って現地の人と話すなど、猛勉強した結果、「時代劇が初めてとは思えない」と評判は上々。さらに『中学聖日記』では、有村架純演じる主人公・末永聖の元婚約者、川合勝太郎役の“お人好しキャラ”で多くの視聴者の気持ちを掴んだ。今年は、壁ドンブームの火付け役『L・DK』の2度目の実写化映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(3月21日公開)をはじめ、1月5日スタートのWOWOW連続ドラマW『盗まれた顔 〜ミアタリ捜査班〜』に出演。連続ドラマWは丁寧な作りで好評を博すことが多いため、町田の評価も高まるだろう。  彼らのほかにも、中島哲也監督の映画『来る』で壮絶な死を遂げた高梨役を筆頭に、6本の映画と2本のドラマで大活躍だった太賀、ドラマ初主演『わたしに××しなさい!』やNHK連続テレビ小説『半分、青い。』など、話題作への出演が続き、現在公開中の映画『春待つ僕ら』で多くの女性をキュン死させている小関裕太の2人にも注目。また、4月にスタートするNHK連続テレビ小説『なつぞら』への出演が決まっている清原翔、ドラマ『今日から俺は‼』や映画『ういらぶ。』に出演した磯村勇斗も有望な2人。  昨年すでに“ブレイク”を果たした俳優たちだが、今年もさらに活躍の場を広げていく姿に注目をしていきたい。(文:安保有希子)

  • 今田美桜、磯村勇斗

    中島裕翔&今田美桜&磯村勇斗の仲直りに喜びの声 『SUITS/スーツ』最終回

    エンタメ

     俳優の織田裕二主演のドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の最終回が17日に放送され、大輔(中島裕翔)と遊星(磯村勇斗)が和解し、砂里(今田美桜)と共に食卓を囲むシーンに、視聴者から「かわいいが止まらねえ」「3人が元通りになってよかった」「いつまでも見ていたい」などのツイートが殺到した。@@cutter 甲斐(織田)は、検事時代に担当した殺人事件が冤(えん)罪だったことを知る。世田谷で発生した女子高生殺人事件で逮捕されたのは、前科がある男だったが、重要な証拠が、柳慎次(國村隼)によって隠されていたのだった。  甲斐はもしこの再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、また大輔は無資格であることがチカ(鈴木保奈美)にバレたため最後の案件であるという覚悟で、共に13年前の事件に臨んでいく…。  大輔は、仲違いしていた遊星の協力も得て、再審請求のための重要な証言を得ることに成功。その夜、大輔は自宅で遊星と砂里の幼なじみ3人で、食卓を囲むことに。大輔は遊星に「ありがとな遊星」と感謝を述べると、遊星は笑顔で「やめろよ、アレくらいどーってことねえよ」と一言。すると砂里が大輔に「本当に弁護士やめちゃう気?」と尋ねる。大輔は納得の表情で「これで俺の冒険は終了。悔いはないよ」とつぶやくものの、遊星はそんな大輔を心配そうに見つめる。  このやりとりに視聴者から「あ〜たまらんかわいい!」「かわいいが止まらねえ」「この3人可愛すぎて可愛すぎていつまでも見ていたい」などのツイートが殺到。さらに「3人が元通りになってよかった」「3人仲良くなって本当に良かった」などの声も寄せられていた。  後日、砂里は大輔の同僚で恋のライバルでもある真琴(新木優子)に「大輔に弁護士を続けるように説得してほしいんです」と直談判。戸惑う真琴に対して砂里は「あなたの言葉なら、思い留まると思うんです」と言葉を重ねる。砂里のこの行動に対して、ネット上には「砂里ちゃん恋敵に頼むなんて、良い子」「砂里ちゃんがとっても切ない」「砂里ちゃんつらいだろうな...いい女だよ...」などの投稿も寄せられていた。

  • 映画『春待つ僕ら』公開“Anniversary”舞台挨拶に出席した土屋太鳳

    土屋太鳳、“制服卒業”を宣言! 最新映画『春待つ僕ら』は「集大成」

    映 画

     女優の土屋太鳳が15日、主演映画『春待つ僕ら』の公開“Anniversary”舞台挨拶に出席。「高校生も3年間で卒業するし、私も女優として(映画などで)3年間制服を着続けた。『(本作は)その集大成、卒業作品なのかな』と思いながら撮影させてもらいました」と“制服卒業”を宣言した。@@cutter 本作は、あなしんによる同名漫画を原作とする青春ラブストーリー。高校に入学したものの、なかなかクラスに馴染めない女子高生・春野美月(土屋)と、個性あふれるバスケ部男子たちの交流を描く。イベントには土屋のほか、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、平川雄一朗監督が出席。キャスト陣はクリスマスを意識した衣装で登場した。  主人公を演じた土屋は、現在の心境を問われて「卒業式に参加する気分」と言い、「朝ドラが終わった後、2015年ごろからキラキラした青春映画が多かったです。そこから約3年経った。高校生も3年間で卒業するし、私も女優として(映画などで)3年間制服を着続けさせていただきました。『(本作は)その集大成、卒業作品なのかな』と思いながら撮影させてもらいました」と告白。温かい雰囲気の会場を見渡し、「(制服着用作品の最後の舞台挨拶などとして)女優人生の栄養にしていきたいです」と述べた。  朝倉永久役の北村は「敵チーム(の選手役)の小関君も含めて、本当に仲がいい」とキャスト陣の親密さを強調。「いろいろ、くじけそうになったことがたくさんある中で、稲葉君が『これ(大変な撮影など)を乗り越えられるキャスティングなんだと思う。僕らがここにいるのは、乗り越えるために選ばれたんじゃないの?』みたいな話をしてくれて、スゴく感銘を受けた。このメンバーだからこそ作れた作品」と話した。  イベント中盤には、撮影の合間に楽しんでいたというパーティーゲーム「ワードウルフ」を実施することに。「みんなとは異なるお題」を与えられた少数派の人(ワードウルフ)を多数派が探し出す、というこのゲーム。ほかの登壇者らが「3ポイントシュート」というお題を与えられた一方、北村1人だけ「ダンクシュート」のお題を与えられ、ワードウルフになることに。北村はほかのキャスト陣に合わせてトークを展開し、平川監督以外のキャストを見事だまし通した。  ワードウルフの北村を見破れなかった登壇者を代表し、土屋が小関を相手に、まるで告白するかのように、本作のメインコピーである「大事なものなんて見つからないと思っていた」というセリフを生披露。土屋が照れ笑いを浮かべる中、北村らが「エンダァァ〜!」と映画『ボディガード』(1992)の主題歌『オールウェイズ・ラヴ・ユー(英題:I Will Always Love You 』の一節を笑顔で合唱し、2人を煽っていた。  映画『春待つ僕ら』は公開中。

  • 『SUITS/スーツ』をクランクアップした(左から)新木優子、今田美桜

    新木優子&今田美桜&磯村勇斗、『SUITS/スーツ』クランクアップ

    エンタメ

     織田裕二主演のフジテレビ系月9ドラマ『SUITS/スーツ』(毎週月曜21時)で、新木優子、磯村勇斗、今田美桜がクランクアップを迎えた。新木が「もし、このメンバーが全員そろって参加できるのでしたらうれしい」と語るように、全員が続編への期待を込めている。@@cutter 本作は、織田演じる“勝つためには手段を選ばないエリート弁護士”甲斐正午と、中島裕翔演じる“その日暮らしの天才フリーター”鈴木大輔の2人がバディを組み、数々の難解な訴訟をあらゆる手段で解決していく、エンターテインメント弁護士ドラマ。  新木は、「幸村・上杉法律事務所」に勤務するパラリーガル(弁護士事務所のアシスタント)を演じきり、「ここまで豪華なキャストの皆さんの中に参加させて頂いたこと自体が光栄ですし、その皆さんと一体となって撮影できたのは幸せでした」と感無量。  中島扮する大輔の悪友で幼なじみの谷元遊星役の磯村は、「あっという間すぎて、撮影を終えた実感がないです。演じた遊星は物語の中で、常に大輔に迷惑をかけてしまう、どうしようもない奴だったので、またどこかに現れて足を引っ張ってしまうんじゃないかという思いもありますね」と笑う。  その遊星の妹・谷元砂里に扮した今田は、「早かったですね、あっという間でした。撮影当初は夏で、上着やタイツが暑くて大変でしたが、今では寒くて大変です」とおちゃめに語っている。  最終話では、織田演じる甲斐が、かつて自ら起訴した事件を 、自らが再審請求、弁護するという前代未聞の行動に出る。甲斐は弁護士をやめる覚悟、大輔は最後の案件である覚悟をもって、再審請求に向けて苦闘するふたり。新木は、「甲斐先生と大輔の二人にしか分からない気持ちのつながりが描かれています。最後の敵に立ち向かっていく二人の姿を見て、“今年もそして来年も頑張って何かに立ち向かおう!”と思えるドラマになっていますので、たくさんの方々に見て頂きたいです」と力強くメッセージを送っている。  ドラマ『SUITS/スーツ』最終話は、フジテレビ系にて12月17日21時放送(15分拡大)。

  • 『今日から俺は!!』第9話場面写真

    今夜『今日から俺は!!』、賀来&健太郎VS鈴木&磯村が全面戦争へ

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第9話が今夜放送される。第9話では、三橋(賀来)&伊藤(伊藤健太郎)の軟高と、智司(鈴木伸之)&相良(磯村勇斗)の開久高による全面戦争が勃発する。@@cutter 本作は、累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒットコミックが原作。“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマの三橋貴志が相棒の伊藤と共に最強ツッパリコンビとして大暴れする。メガホンをとるのは実写版『銀魂』シリーズでもおなじみの福田雄一監督。  持ち越されてきたケンカ最強校・開久との最終決戦の火蓋が切って落とされる。三橋と伊藤のせいで開久がナメられることが我慢ならない相良。しかし、番長の智司は、いっこうに軟高との喧嘩に腰を上げない。苛立ちが募る相良は、三橋と伊藤を潰すためのある奇策を思いつく。  智司はその相良の作戦に乗せられてしまい、集団で伊藤を袋叩きにしようと襲いかかる。しかし不利な状況でもまっすぐに自分に向かってくる伊藤に、智司はまわりの連中の手出しを禁じ、伊藤にタイマンを持ちかける。その戦いが発端となり、相良によるクーデターが勃発。開久の不良たちが大勢で軟高に押しかけてくる騒ぎに。  軟高の生徒たちに危害をくわえられたくなければ、開久に金を支払うよう要求される三橋と伊藤。次々と仕掛けられる相良の作戦に二人は追い詰められることに…。  ドラマ『今日から俺は!!』第9話は、日本テレビ系にて今夜12月9日22時30分放送。

  • 映画『春待つ僕ら』プレミア試写会イベントに出席した土屋太鳳

    土屋太鳳「卵が好きなんです」 現場でプロと遜色ないオムライスを披露

    映 画

     女優の土屋太鳳らが3日、映画『春待つ僕ら』プレミア試写会イベントに出席。監督曰く「土屋太鳳の学園ものの集大成になる」という本作において、出演者から土屋にまつわる裏話も披露された。@@cutter 「月刊デザート」(講談社)にて連載中の同名コミックを実写映画化した本作。高校入学をきっかけに“脱ぼっち”を目指すヒロイン美月(土屋)とバスケ部の人気者“四天王”、高校バスケ界のスター選手である幼なじみの青春模様を描き出す。イベントには土屋のほか、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、泉里香、佐生雪、平川雄一朗監督も登壇した。  土屋ら登壇者が劇場後方扉から客席の間を歩いて登場すると、劇場は大歓声。土屋はバスケのユニフォームをリメイクしたというかわいい衣装で登場した。平川監督は撮影前に、土屋が出演してきた学園もの作品を全て観た上で本作を撮ったことを明かし「土屋太鳳の学園ものの集大成になる」と力強く語った。  撮影中のエピソードでは、土屋扮する美月がバイトするカフェの店員を演じた泉から「オムライスを出すシーンがあって、キッチンでスタンバイしてたんですが、いっぱいオムライスが並んでて、実は太鳳ちゃんがそのうちのいくつかを実際に作っているんです」と驚きの裏話も飛び出した。料理スタッフが作ったものと区別がつかないほど上手な仕上がりだったというが、土屋は「卵が好きなんです」と照れ笑いを浮かべていた。  この日は、タイトルにちなんで登壇陣が自分なりに考えた「○○待つ…」を発表したが、土屋が主演として『初日待つ平川組』としっかり本作をアピールしたのと対照的に、北村は「飯待つ匠海」と書かれたボードを掲げ「お腹が空いたってだけなんですけど…(苦笑)」と語り、笑いを誘った。  一方の杉野は「親離れ待つ僕」と書いており「23歳なんですけど、親をメチャクチャ頼りにしてまして。こないだも税金を払い忘れて、すぐに電話して…」と語り、周囲から「それはマズい!」「ここでする話じゃない!」とツッコミを浴びていた。  映画『春待つ僕ら』は12月14日より全国公開。

  • ファースト写真集『あなたがみる僕は――』発売記念イベントに登場した磯村勇斗

    磯村勇斗、「来年は羽ばたく年に」充実の2018年を経て意気込み

    エンタメ

     俳優の磯村勇斗が1日、都内にてファースト写真集『あなたがみる僕は――』の発売記念イベントを開催、1300人のファンを集めた。イベント前の記者会見では写真集について語るとともに、2019年への意気込みとして「来年は羽ばたく年になるんじゃないかなと思います。今後露出も増えていくと思うので楽しみにしていただければ」と微笑んだ。@@cutter 『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日)、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で注目され、現在は月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)と『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)、さらに映画『ういらぶ。』『春待つ僕ら』(12月公開)に出演するなど大活躍の磯村。  そのファースト写真集は磯村自身が“いまの自分”をテーマにセルフプロデュース。沖縄でのエモーショナルな姿と、都会でのスタイリッシュなイメージの両面を表現している。  撮影期間は約1年に及んだという。「東京で仕事に追われいろんなことを考えながら生きている姿と、逆に沖縄でリフレッシュして開放している姿の、オンとオフを見せられたかなと思います」と語る。  1年前の写真と現在を比べると、「垢抜けた感はあるのかなと思います。いろんな現場でいろんな人と出会って……」と磯村。その言葉通り、2018年はさまざまなドラマ、映画への出演が相次いだが、「今年は振り幅のある役に挑戦させていただき、俳優としていい見せ方ができた1年になったと思います。舞台もやれたし、挑戦もできて、充実した大事な1年になりました」と満足げな表情を見せる。  今年はギリギリまで仕事があるようで、「クリスマスは1日撮影なので、クリスマスはないものと考えています。そのほうが幸せなので」と苦笑いしていた。  磯村勇斗ファースト写真集『あなたがみる僕は――』は、KADOKAWAより発売中。

  • 映画『春待つ僕ら』場面写真。左から北村匠海、杉野遥亮、土屋太鳳、磯村勇斗、稲葉友

    土屋太鳳との出会いは合コン!?『春待つ僕ら』磯村勇斗、真摯な役作り

    映 画

     女優の土屋太鳳がヒロインを務める映画『春待つ僕ら』から、バスケ部に所属する男子の1人・恭介を演じた磯村勇斗の真摯な役作りが明らかになった。@@cutter 「月刊デザート」(講談社)にて連載中の同名コミックを実写映画化した本作。高校入学を機に“脱ぼっち”を目指すヒロイン・美月(土屋)と、無口で天然だがいつも美月を気にかける同級生・永久(北村)、美月の幼なじみでアメリカ帰りの亜哉(小関裕太)が三角関係になるほか、永久が所属するバスケ部と亜哉が所属するライバル校の熱戦や、男同士の爽やかな友情などが描かれる。  一見チャラいが、実はバスケと仲間を愛する恭介を演じた磯村は、土屋との共演はNHK連続テレビ小説に続き2度目。「勇斗君は、『まれ』で合コンの相手役でした。とても印象的なシーンです」と振り返る土屋は、『まれ』で磯村が演じた役と今回の恭介は女性慣れしていると分析。「恭介君はクールでお兄ちゃんキャラ。女の子ともうまく話せるキャラクターです」と男女問わず頼られる存在であると語った。  一方の磯村自身も土屋の分析を認め、「恭介は、4人の中でも長男的なポジションです。他の3人のキャラクターを分かった上で引っ張っていったり、時には落ち着かせたり、バランスを取っている役割です。美月の髪を触ったり、顔を近づける行動も、いやらしくなく、凄くナチュラルです」と恭介のキャラクターを説明している。  磯村は、NHK連続テレビ小説の『ひよっこ』で、有村架純演じるヒロインの夫となる見習いコック役を演じた際、家でも自炊をして、撮影で使用した包丁は自宅に持ち帰って自分で研ぐなど役作りを徹底。当時教育係だった本物の料理人からスカウトまで受けたという。  本作でも磯村の姿勢は同様で、「3か月前くらいから、バスケの練習を始めました。他の3人も経験者だったので、今までのスキルをさらに磨いていきました」と長期にわたって高レベルの練習を続けたことを明かす。さらに「バスケの練習中だけでなく、練習後のご飯の時でも恭介ならどう思って過ごすかな? と考えてメンバーと行動して、常にみんなを包み込む優しさを意識して役を作っていきました」と真摯に役と向き合っていたことを明かしている。  映画『春待つ僕ら』は12月14日より全国公開。

  • 映画『ういらぶ。』公開記念舞台挨拶に出席した平野紫耀(King & Prince)

    キンプリ平野紫耀、主演作に満足 観客の「肌ツヤが良くなっている」

    映 画

     King & Princeの平野紫耀が10日、主演映画『ういらぶ。』公開記念舞台挨拶に出席。会場の観客をながめ「皆さんの肌ツヤが良くなっている。キュンキュンしたのではないかなと思っている」と“平野節”を炸裂させ、満足感をあらわにした。@@cutter 本作は、累計180万部を突破した星森ゆきもの人気コミック『ういらぶ。-初々しい恋のおはなしー』を原作とする学園ラブコメディ。こじらせ男子・和泉凛(平野)とネガティブ女子・春名優羽(桜井日奈子)を中心とした恋模様を描く。イベントには平野や桜井のほか、玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひより、伊藤健太郎、佐藤祐市監督が出席した。  会場では、平野が伊藤を相手に、「あいつをいじめていいのは俺だけ…」という劇中の壁ドンシーンを再現。伊藤とピッタリ息の合った演技を披露し、「あそこ好きですね。バチバチしていて、空気が悪い感じがとても好き」とイタズラな笑顔を見せた。  男女別のグループに分かれて質問に一斉回答するコーナーでは、本作にちなんで“初恋の味”を問われ、ほかの男性キャストが「イチゴ」と発言する中、平野が1人だけ「ハチミツ」と回答。さらに“初デートですること”を問われると、目を丸くして「初デートはまずいな…」と漏らし、磯村から「18歳とかに戻ろ!」とツッコまれる一幕も。共演者と和気あいあいとした様子を見せた。  最後のあいさつで平野は、天然まじりに「人生の中で、僕らのことを見てくれてとてもうれしく思っている。本当に、人生一度きり。ツイッターとかやっていないので、皆さんの感想はあまり分からないんですけど、見るからに、(会場の)皆さんの肌ツヤが良くなっている。キュンキュンしたのではないかなと思っている」とコメント。会場を笑わせた。  映画『ういらぶ。』は公開中。

  • 今田美桜、磯村勇斗

    今田美桜&磯村勇斗のブレザー&学ラン姿に「美男美女すぎ」の声

    エンタメ

     ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の公式インスタグラムが7日、本作に出演している女優・今田美桜と俳優・磯村勇斗の学生服姿での2ショットを公開した。ファンからは「美男美女すぎます」など絶賛の声が多数届いている。@@cutter アメリカの人気ドラマ『SUITS』を基にする本作は、敏腕弁護士・甲斐正午(織田)と、天才フリーター・鈴木大輔(中島)がコンビを組み、数々の訴訟を解決する姿を描くリーガルドラマ。劇中では、磯村が大貴をさまざまなトラブルに巻き込む悪友の遊星を、今田がその妹の砂里を演じている。  「谷元兄妹の2ショット」「破壊力抜群」「制服姿です」との言葉と共に投稿された写真には、今田はブレザー、磯村は学ラン姿で一緒に笑顔を見せる2人の姿が収められている。  5日に放送された第5話では、砂里が大輔の部屋にあった鞄の中から、砂里、大輔、遊星3人が一緒に写った学生時代の写真を見つけるシーンがあり、放送後にも「かわいい」と反響が寄せられていた。  今田&磯村の美男美女ショットにファンからは「美桜ちゃん可愛いすぎ」「磯村くん、まだまだ学ランいけるね」「眼福ショットありがとうございます」「美男美女すぎます」「やばいかわいさ」「めちゃめちゃいい写真じゃないですか」など称賛のコメントが相次いでいるようだ。 引用:https://www.instagram.com/drama_suits/

  • 『SUITS/スーツ』第5話場面写真

    今夜『SUITS/スーツ』大輔の元に悪友・遊星が逮捕されたとの連絡が

    エンタメ

     俳優の織田裕二が主演を務める月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が今夜放送される。第5話では、中島裕翔演じる大輔が、悪友の逮捕に直面する。@@cutter 本作は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』を原作に、敏腕エリート弁護士と天才フリーターがバディを組み、数々の訴訟を解決していくリーガルドラマ。  『幸村・上杉法律事務所』で2018年上半期の決算報告会が行われた。甲斐(織田)は、扱った案件数こそ蟹江(小手伸也)に譲ったものの、売り上げはナンバーワンに。チカ(鈴木保奈美)は、甲斐と蟹江にある賞品を手渡す。  そんな折、大輔(中島)の元に悪友の遊星(磯村勇斗)が傷害事件を起こして逮捕されたとの知らせが。大輔は、祖母の結衣(田島令子)が転倒してケガをしたと嘘をつき、遊星の元へと向かおうとした。すると甲斐は、自身が個人で契約している車を使うよう大輔に指示する。  大輔は、運転手の赤城達男(ブラザートム)に事情を打ち明け、警察署へ向かった。ところがその途中、赤城がトラックと追突事故を起こしてしまう。事故の相手は、運送会社の運転手・糸井公一(半海一晃)。大輔は糸井に名刺を差し出し、体調を心配した。しかし糸井はそれには答えず、「甲斐正午はまだここにいるのか?」と返す。赤城は大輔を気遣い、車を拾って警察署に向かうよう告げる。  大輔は、遊星の身柄を引き受ける。遊星は、飲食店で他の客と口論になり暴れたらしい。店側からは壊れた食器の弁償を求められていた。しかし遊星は、マンションや車を失った上、まだ借金も抱えているという。  甲斐は、赤城から、糸井が示談を拒否しているとの報告を受ける。甲斐は、事故現場を離れただけでなく、嘘までついていた大輔を非難すると、この機会に遊星との関係を決着させるよう命じる。  ドラマ『SUITS/スーツ』第5話は、フジテレビ系にて今夜11月5日21時放送。

  • 今田美桜

    『SUITS/スーツ』今田美桜&磯村勇斗の美男美女“兄妹”ショット

    エンタメ

     ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)インスタグラムが29日、女優の今田美桜と俳優の磯村勇斗の2ショット動画を投稿。劇中で兄妹を演じる2人の笑顔に、ファンから「最高のツーショット」といった反響が寄せられている。@@cutter 同日放送の第4話の告知をした同アカウント。「谷元兄妹 の息ぴったりな 笑‬ 『今夜4話見てね』動画であと2時間、‬ ‪首を長〜くしてお待ちくださいませ」との言葉とともに、今田と磯村の動画を投稿。劇中では、磯村が中島裕翔演じる主人公・鈴木大貴をさまざまなトラブルに巻き込む悪友の遊星を、今田がその妹の砂里を演じている。  動画では、屋外での撮影の合間と見られる2人が第4話を告知。1度目は上手くいかず、ほぼ同時に笑いだしてしまう2人の姿がなんともかわいい。“2テイク”目で「ドラマ『SUITS/スーツ』今夜4話です。観てください!」と声をそろえて告知に成功している。  ファンからは「兄妹最高に可愛いぃ…!!!」「谷元兄弟最高です」「最高のツーショットありがとうごさいますみたよ!」「最高!こんな美男美女兄弟やばい!」といったコメントが集まっている。 引用:https://www.instagram.com/drama_suits/

  • 『今日から俺は!!』第3話場面写真

    今夜『今日から俺は!!』、今井の理子への失恋から三橋VS智司へ発展

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第3話が今夜放送される。第3話では、太賀演じる今井の恋心から、賀来演じる主人公を巻き込んだ大騒動に発展する。@@cutter 本作は、累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒットコミックが原作。“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマの三橋貴志(賀来)が相棒の伊藤(伊藤健太郎)と共に最強ツッパリコンビとして大暴れする。メガホンをとるのは実写版『銀魂』シリーズでもおなじみの福田雄一監督。  三橋(賀来)が理子(清野菜名)の父・哲夫(佐藤二朗)の営む道場の危機を救って以来、密かに三橋に惹かれる理子。そんな理子の気持ちに目をそらし、理子に想いを寄せ続ける紅高の番長・今井(太賀)は、連日の待ち伏せの末、ついに告白を決行するがフラれてしまう。ショックを受けた今井は、子分の谷川(矢本悠馬)と共に河原で途方にくれる。  やるせなくて川に投げた大きな石は、馬鹿力が災いして対岸にいた開久のヤンキーに直撃し、喧嘩が勃発。今井にやられて逃げ帰ってきた生徒の話を聞いた番長の智司(鈴木伸之)は、開久のメンツにかけ、総出で今井を探しまわる。  開久のNo.2である相良(磯村勇斗)たちに谷川が襲われている現場に鉢合わせる今井。自分が目当てと知った今井は心配する谷川を残し、一人で相良たちについて行く。そんな今井の姿を三橋が偶然見かけたことから、事態は大騒動に発展する。  ドラマ『今日から俺は!!』第3話は、日本テレビ系にて今夜10月28日22時30分放送。

  • 『今日から俺は!!』第2話場面写真

    今夜『今日から俺は!!』三橋は同級生・理子が気になって仕方がない

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2話が今夜放送される。第2話では、三橋(賀来)が同級生の理子(清野菜名)に因縁をつけられる様子や、伊藤(伊藤健太郎)が喧嘩している京子(橋本環奈)に遭遇する姿などが描かれる。@@cutter 私立軟葉高校に通う三橋と伊藤の“最強ツッパリコンビ”が繰り広げる日々を、ユーモアたっぷりに描く本作。ある日、道を歩いていた三橋は、同級生の風紀委員にして武道の達人でもある赤坂理子から、肩が当たったと難癖をつけられる。  理子の態度が気に入らず、家に帰っても落ち着かない三橋。父である一郎(吉田鋼太郎)からは「恋をしている」と指摘されるが、三橋はムシャクシャするのは理子をぶっ飛ばしたいからだと結論付ける。  翌日、伊藤は担任の椋木(ムロツヨシ)から、全員つっぱりの最強校・開久高校の生徒が、女装趣味の男子生徒・石橋と吉村を探して軟高を嗅ぎ回っている、という話を聞く。先日倒したヤクザの件で、偽名を使った自分たちが狙われていることに気づいて焦る伊藤は、三橋に危険を知らせようとするが、上の空の三橋は、理子を追いかけて街に出かけてしまう。  そんな三橋を探す伊藤は、偶然にも喧嘩している京子に遭遇。スケバンをやめたはずでは…とショックを受ける伊藤に、京子は必死に取り繕うのだが…。  一方、三橋と伊藤を探す開久の番長・片桐智司(鈴木伸之)と卑劣なNo.2、相良(磯村勇斗)は、三橋らが使っていた偽名によって難航する捜索に苛立ちを募らせていた。  その頃、街でやっと理子を見つけた三橋だったが、理子はチンピラに絡まれていた。そして三橋は、理子を倒すつもりが、なぜか理子の家の道場にやってきた道場破りと戦うことになってしまう。  ドラマ『今日から俺は!!』第2話は、日本テレビ系で今夜10月21日22時30分放送。

  • 映画『春待つ僕ら』ポスタービジュアル

    『春待つ僕ら』北村匠海らのバスケシーン収めた本予告&ポスター解禁

    映 画

     女優の土屋太鳳とDISH//の北村匠海が共演する映画『春待つ僕ら』より、本予告編とポスター画像が解禁となった。本予告編では、バスケ経験のあるキャストたちならではの白熱した試合シーンが描き出されている。@@cutter 「月刊デザート」(講談社)にて連載中の同名コミックを実写映画化した本作。高校入学を機に“脱ぼっち”を目指すヒロイン・春野美月(土屋)と、無口で天然だがいつも美月を気にかける同級生・浅倉永久(北村)、美月の幼なじみでアメリカ帰りの神山亜哉(小関裕太)が三角関係を展開するほか、永久をはじめとするバスケ部イケメン四天王と亜哉が所属するライバル校の熱戦や、男同士の爽やかな友情を描き出す。  解禁となった本予告編は、土屋扮するひとりぼっちの美月と、バスケ部男子4人の出会いの場面から始まる。自分とは正反対で全校生徒から注目を浴びる4人を、最初はチャラいと決めつけていた美月だが、彼らの素顔を知るうち次第に心を開いていく。さらに北村、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友らバスケットボール経験のあるキャストたちが魅せる白熱の試合シーン、彼らの前に立ちはだかる米国帰りの天才バスケ選手・神山亜哉(小関)の華麗なダンクシュートなど、迫力満点のシーンが収められている。  同時に解禁となったポスタービジュアルは、土屋扮する美月とバスケ部男子4人、そして小関扮する亜哉の6人の真っすぐなまなざしが印象的な仕上がりとなっている。  映画『春待つ僕ら』は12月14日より全国公開。

  • 第5回「ドラマ甲子園大賞」受賞作品『キミの墓石を建てに行こう。』にて、左から宮嵜瑛太監督、磯村勇斗、白石聖

    磯村勇斗、19歳監督を笑顔でイジる「切なさとかが何もない」

    エンタメ

     俳優の磯村勇斗と女優の白石聖、執筆当時高校生ながら監督・脚本を務めた宮嵜瑛太さんが、16日に都内で開催された第5回「ドラマ甲子園大賞」受賞作品『キミの墓石を建てに行こう。』記者発表に出席した。磯村は脚本を称賛しつつ、宮嵜監督について「切なさとかが何もない。すごく堂々としていましたし、反骨精神もある」と笑顔で語った。@@cutter 「ドラマ甲子園」は全国の高校生から1時間ドラマの脚本を募り、大賞に選ばれた1本をテレビドラマとして制作するもの。本作は、常に無気力だった青年・片瀬奏(磯村)が、自分に生きる力を与えてくれた後に病で亡くなってしまった朝田梨花(志田未来)の「お墓を立ててほしい」という願いを、梨花の後輩である石川奈々(白石)と共に叶えようと模索する姿を描く。  大賞受賞の喜びを聞かれた宮嵜監督は「多くの人に作品を見ていただけて、多くの方の協力の下、作っていけるのを体験できて、すごく幸せなことだと感じています」とニッコリ。現在は19歳の予備校生。今後については「何かを書いたりとか、ドラマとか創作に関わっていける活動や仕事を目指していけたら」と展望を明かした。  主演の磯村は「どこかファンタジーのように感じるけれども、そっと寄り添いたくなるようなドラマと言いますか。優しさもあって、すごく引き込まれる作品だと思います」と手ごたえを感じている様子。宮嵜監督の脚本が切なかったとした上で「びっくりしてるんですけど、現場の宮嵜監督と、描いている宮嵜監督が全然違うんですよ(笑)」と言い、「全然、切なさとかが何もない」と笑顔でイジっていた。  一方の白石は「この作品が10代最後の作品になって、クランクアップした8月10日が20歳の誕生日でもあって、私自身の中でも思い出深い作品というか、これからも振り返ったときに出てくる作品だなと思う」と感慨深そうに話していた。当日は、スケジュールの都合で欠席した志田からのビデオメッセージも上映された。  第5回「ドラマ甲子園大賞」受賞作品『キミの墓石を建てに行こう。』はCS放送フジテレビTWOドラマ・アニメで10月28日19時30分放送。

  • 映画『ういらぶ。』完成披露試写会にて

    平野紫耀は“こじらせ男子”真っ最中「腰痛がなかなか治らない」

    映 画

     King & Princeの平野紫耀が9日、都内にて行われた主演映画『ういらぶ。』の完成披露試写会で舞台挨拶に登壇。本作は男女の幼なじみを描いた作品となっているが、平野は「幼なじみって、男子は男子、女子は女子で集まるというイメージがあるけど、男女が一緒のグループになって幼なじみの仲といえるのは憧れはありました」と語った。@@cutter 星森ゆきもの人気漫画を基にする本作は、同じマンションに住む凛(平野)と優羽(桜井日奈子)、暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)の幼なじみ4人組と、彼らの前に現れた“好きなら好きとハッキリ言う”最強ライバル兄妹・和真(伊藤健太郎)&実花(桜田ひより)が織りなす初々しい恋模様を描く。  撮影は約1年前に岡山で行われた。桜井は「平野くんを筆頭にみんながワイワイしている現場で、常にどこかで笑いが起こっていました」と振り返ると、磯村はクランクアップの日のエピソードを告白。「夜中、ホテルの部屋のドアの下からお菓子がぴゅっと入ってきたんです。なんだ?と思って、こっそり覗いたんですよ。そしたら紫耀くんがみんなの部屋にお菓子を入れていってて、それを見て感動しちゃった。なんて可愛いやつだ!って」と明かすと、平野は「誰にもバレてないと思ってた」と照れ笑い。  このほか「この中で一番○○なのは?」の問いに、キャストたちが名前の札を上げるコーナーでは、「“こじらせ”No.1は?」の問いに“こじらせ男子”役の平野の札を上げる人が多数。そんな中、平野は「ただいま腰痛がなかなか治らなくて、こじらせています」と話し笑いを誘っていた。  最後に平野は「本当に楽しくて、キラキラした、キュンキュンした、笑った、素敵な青春映画になっています。そして僕たちKing & Princeの『High On Love!』を主題歌で使っていただきまして、キラキラした世界観が描かれているので、平成最後のキュンキュンを僕たちで飾っていただきたいなと思います」とアピールした。なお、舞台挨拶には玉城、桜田、伊藤、佐藤祐市監督も登壇した。  映画『ういらぶ。』は11月9日全国公開。

  • 今田美桜

    今夜スタート『SUITS/スーツ』 今田美桜&磯村勇斗の美男美女2ショット

    エンタメ

     本日10月8日より放送開始のドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の公式インスタグラムが1日、本作に出演する女優の今田美桜、俳優の磯村勇斗のツーショットを公開した。@@cutter 本作は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』を原作に、敏腕弁護士の甲斐正午(織田)と、天才フリーターの鈴木大貴(中島)がコンビを組み、数々の訴訟を解決していく姿を描くリーガルドラマ。  磯村が演じるのは、学生時代から大貴をトラブルに巻き込んできた悪友・谷元遊星。今田はその妹でありながらも正義感が強く、兄と大貴を気に掛ける谷元砂里を演じる。  公式インスタグラムは、「美男美女のご兄妹のお写真をお届けします」というコメントと共に 兄妹役である2人のツーショットを投稿。磯村はダークスーツ、今田はミニスカートに黒タイツを着こなしてソファーに座っている姿が披露されている。  2人の美しさにくぎ付けとなったファンも多く、 「美男美女すぎて目が、、、、ドラマ楽しみにしてます!」「大好きな大好きなふたり ありがとうごさいます」といった反響が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/drama_suits/

  • 『ういらぶ。』新場面写真

    平野紫耀が枕を抱えて悶絶!? 『ういらぶ。』新カット解禁

    映 画

     King & Princeの平野紫耀と女優の桜井日奈子が共演する映画『ういらぶ。』から、新たな場面写真が解禁となった。想いを伝えられないもどかしさのあまり、枕を抱き抱えてベッドで悶絶する平野のかわいらしい姿が収められている。@@cutter 星森ゆきもの人気コミックを基にする本作は、同じマンションに住む凛(平野)と優羽(桜井)、暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)の幼なじみ4人組と、彼らの前に現れた“好きなら好きとハッキリ言う”最強ライバル兄妹・和真(伊藤健太郎)&実花(桜田ひより)が織りなす初々しい恋模様を描く。  この度解禁された場面写真は、優羽のことが好きすぎて想いを伝えられず「(優羽のことが)好きすぎて死ぬ~!」と枕を抱き抱えベッドで悶絶するところを、大親友でありよき理解者でもある蛍太に見つかってしまう凛のかわいらしい姿。そんな凛を、蛍太はからかい、時にいさめながらまるで「オカン」のように見守っている。さらに、自分に全く自信のない優羽と、そんな優羽を溺愛し励ましている暦の、まるで姉妹のような2人の姿も公開されている。  一見まとまりのないように見える彼らだが、小学校からの幼なじみ。公開された場面写真には、登下校や何をするにもいつも一緒な、“超仲良し”いつメンの何気ない日常が映し出されており、凛と優羽のほかにも、個性的な面々が脇を固める映画であることが読み取れるカットとなっている。  映画『ういらぶ。』は11月9日より全国公開。

  • 磯村勇斗 ファースト写真集『あなたがみる僕は――』より

    磯村勇斗、ファースト写真集発売 沖縄と東京で今の自分を凝縮

    エンタメ

     俳優の磯村勇斗の初写真集『タイトル未定』が発売されることが決定。写真集には約90分以上の撮り下ろし映像が収録されたDVDも付属する。磯村は「役者として様々な作品を経験させて頂けた今だからこそ、さまざまな表情を見ていただける一冊になったと思います」と語っている。@@cutter 2017年放送された連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合ほか)で、ヒロインの有村架純の相手役を務め注目を集めた磯村。今秋は10月ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)、『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の連続ドラマ2本に加え、11月9日に映画『ういらぶ。』、12月14日に映画『春待つ僕ら』と、出演作の公開が控えている。  そんな磯村が、今回発売となるファースト写真集で「いまの自分」をセルフプロデュース。沖縄では「自由」をテーマに、東京では、磯村が抱く都会のイメージをそのまま表現すべくスタイリッシュな撮影が行われた。今まで見せたことのない、いくつもの“磯村勇斗の顔”を切り取ったショットが満載となっている。撮影を手がけたのは、新進気鋭のフォトグラファー・神藤剛。  さらに、付属DVDには、90分を超える撮り下ろし映像を収録。東京と沖縄での写真集撮影を追いながらも、表現者としての自身の想いを語った<ドキュメンタリー篇>と、「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA/角川マガジンズ)での1年以上にも及ぶ連載の元ネタとなった、「ハリウッドを目指す!」という磯村の意向を、コミカルに映像としてまとめた<ハリウッドへ行こう篇>の2本が収められている。  磯村勇斗 ファースト写真集『タイトル未定』(DVD付)は、KADOKAWAより11月30日発売。価格は3800円(税抜)。

  • 月9ドラマ『SUITS/スーツ』に出演する磯村勇斗

    磯村勇斗、『SUITS/スーツ』で月9初出演 中島裕翔の悪友に

    エンタメ

     俳優の磯村勇斗が、織田裕二が主演を務める10月スタートの月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に出演することが発表された。磯村は視聴者に向けて「原作ファンの方含め、見て下さる方が“SUITS”の世界を楽しんで頂けるよう原作を大切にしながら、作品に取り組んでいきます」と語っている。@@cutter 本作は、アメリカの人気ドラマ『SUITS』を原作に、敏腕エリート弁護士と天才フリーターがバディを組み、数々の訴訟を解決していくリーガルドラマ。エリート弁護士を織田裕二、天才フリーターを中島裕翔が演じる。  磯村が演じるのは、中島扮する天才フリーター・鈴木大貴の唯一の親友にして悪友の谷元遊星。あくどいやり方で金を稼ぐ天才で、大貴に替え玉受験をやらせたり、裏稼業に手を染め違法行為で金を稼いでいるという設定だ。高級マンションに住み、高級外車に乗っているが、多額の借金を抱えており、常に大貴につきまとうトラブルメーカーでもある。  大貴役の中島について磯村は「とにかく爽やかで、スマイルがステキ」と絶賛。続けて「でも、お芝居に対して真面目で熱量が高いので、一緒にシーンを作るのが楽しいです」と手応えを明かした。  また自身が演じる役柄については「闇の仕事でお金を稼ぎ、粋がっている若者」と一言。一方で「危ない仕事をしているが、根は親友思いの優しい男」と分析している。さらに初となる月9ドラマ出演については「よく見ていた“月9ドラマ”に、今回出演させて頂くことをうれしく思います。1つの作品として、“谷元遊星”を責任を持って演じます」と意気込みを語った。  磯村の出演決定と併せて、4月期放送の『コンフィデンスマンJP』で話題を集めた小手伸也の出演も発表された。小手は織田が演じる主人公・甲斐と同じ法律事務所に所属し、若手のころからしのぎを削ってきたライバル・蟹江貢役を演じる。  ドラマ『SUITS/スーツ』は、フジテレビ系にて10月8日より毎週月曜21時放送(初回は30分拡大)。

  • 『今日から俺は!!』片桐智司(鈴木伸之)&相良猛(磯村勇斗)ビジュアル

    鈴木伸之&磯村勇斗『今日から俺は!!』最強最悪コンビビジュアル公開

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務める日本テレビの10月期日曜ドラマ『今日から俺は!!』から、鈴木伸之と磯村勇斗が演じる最強最悪コンビのビジュアルが公開された。主人公に立ちはだかる不良を演じる鈴木は「沢山笑ってもらえる作品だと思います」とドラマの魅力を語っている。@@cutter 本作は、週刊少年サンデーなどに約10年連載され、累計発行部数4000万部を超える西森博之の大ヒットコミックが原作。主人公の三橋貴志(賀来)は、“どんなことをしてでも勝つ!”ことが信条の金髪パーマの規格外ヒーローで、トンガリ頭・伊藤(伊藤健太郎)と共に最強ツッパリコンビとして大暴れする。  このたびビジュアルが公開されたのは、三橋と伊藤の前に立ちはだかる、灰色の学ランに身を包んだ、開久高校・最強最悪の不良コンビ。鈴木は、男としての信念を内に秘めた最強の男・片桐智司を演じ、磯村は、片桐のそばで暗躍する相良猛に扮する。  片桐役の鈴木は、衣装やヘアメイクについて「80年代の髪型、長ランに特注で作った肉襦袢! これは試行に試行を重ね作られました!!」とコメント。ドラマについては「この作品が皆さんにとって週に一度の活力になったらと思います!!」と意気込みを語った。  一方の相良を演じる磯村は「相良の髪型、目の血走り、服装と、細かいところまでビジュアルにこだわっています」と語ると、続けて「原作ファンの方の思いも大切に、『今日から俺は!!』この非道相良がどんな行動をするのかを含め、放送までもうしばらくお待ち下さい!」とファンにメッセージを贈った。  ドラマ『今日から俺は!!』は、日本テレビ系にて10月より毎週日曜22時30分放送。

  • 『春待つ僕ら』場面写真

    北村匠海が土屋太鳳をハグ…胸キュンシーン満載『春待つ僕ら』特報解禁

    映 画

     女優の土屋太鳳とDISH//の北村匠海が共演する映画『春待つ僕ら』より、特報が解禁となった。映像には、土屋と木村、そして磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、小関裕太ら豪華キャストが織りなす、“バスケ×青春×恋”の物語の幕開けが収められている。@@cutter 「月刊デザート」(講談社)にて連載中の同名コミックを実写映画化した本作。高校入学を機に“脱ぼっち”を目指すヒロイン・春野美月(土屋)と、無口で天然だがいつも美月を気にかける同級生・浅倉永久(北村)、美月の幼なじみでアメリカ帰りの神山亜哉(小関)が三角関係を展開するほか、永久をはじめとするバスケ部イケメン四天王と亜哉が所属するライバル校の熱戦や、男同士の爽やかな友情を描き出す。  解禁となった特報映像の冒頭では「大事なものなんて見つからないと思ってた…」という言葉とともに窓越しに遠くを見つめる美月と、そんな美月に「一緒にやろう」と優しく手を差し伸べる永久の姿が映し出される。その後に、美月と永久、そして男子バスケ部四天王メンバーの出会いが描かれていく。  映像では、満員電車で永久が美月に急接近しての“電車ドアドン”や、永久とのLINEのやりとりに思わずケータイを抱きしめる美月、永久に頭をポンポンされる美月の姿など、胸キュンシーンが満載となっている。ラストでは、雨の中でタオルを頭にかけられた美月が、永久に「待ってて、絶対強くなるから」と言われながら、正面から抱きしめられる様子が収められている。  映画『春待つ僕ら』は12月14日より全国公開。

  • 解禁となった映画『春待つ僕ら』ビジュアル

    土屋太鳳×北村匠海らイケメン四天王、『春待つ僕ら』ビジュアル解禁

    映 画

     土屋太鳳とDISH//の北村匠海が出演する映画『春待つ僕ら』より、ヒロインを演じる土屋と北村ら“イケメン四天王”のビジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、「月刊デザート」(講談社)にて連載中の同名コミックの実写映画化。高校入学を機に“脱ぼっち”を目指すヒロイン・春野美月(土屋)と、いつも美月を気にかけている無口で天然な同級生・浅倉永久(北村)、美月の幼なじみでアメリカ帰りの神山亜哉(小関裕太)の三角関係が展開され、永久らバスケ部イケメン四天王と亜哉が所属するライバル校の熱戦や、男同士の爽やかな友情など、“友きゅん&スポきゅん”が描かれる。さらに、連載中のコミックでは描かれていない結末が用意されるという。  北村以外の四天王キャストは磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友が演じる。ミニバス時代からの友人というキャラクター設定通り、四人は全員バスケット経験者。本格的なバスケシーンにも注目だ。  今回解禁になった画像は、脱ぼっちを目指して高校に入学したものの、なかなかクラスに馴染めない主人公の美月が、“大事な場所”だというある公園で笑顔をきらめかせる1枚と、美月を振り回しながら共に成長していくバスケ部の“イケメン四天王”が勢ぞろいし、やんちゃな笑顔をみせる1枚。ずっと周囲に溶け込めず一人ぼっちだった美月の新生活が、この四人と出会いどうかわっていくのか、期待が膨らむビジュアルだ。  映画『春待つ僕ら』は12月14日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access