種崎敦美 関連記事

  • 『リズと青い鳥』種崎敦美×東山奈央インタビュー

    『リズと青い鳥』種崎敦美×東山奈央、“画面全てから感じ取る作品”

    アニメ・コミック

     京都アニメーションの山田尚子監督を筆頭に、映画『聲の形』のメインスタッフが勢揃いし、少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を切り出した『リズと青い鳥』が公開中だ。メインキャラクターである2人の少女、みぞれと希美を演じるのが人気声優の種崎敦美と東山奈央。TVアニメ『響け!ユーフォニアム』から引き続き、同キャラクターを演じる種崎と東山に、劇場版の魅力、そしてみぞれと希美の日常と重なるように思い起こしたという自分たちの学生時代について振り返ってもらった。@@cutter 本作は、高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部 波乱の第二楽章』を原作としたアニメーション映画。高校3年生となったみぞれと希美、2人の少女の儚く美しい一瞬を描き出す。みぞれと希美の日常と、童話「リズと青い鳥」の世界が音楽を通して重なり、一瞬一瞬を丁寧に紡いでいく。  吹奏楽部を舞台に高校生たちの青春を描いた本作。“吹奏楽”が舞台であるため、様々な楽曲が劇中に登場する。その中で「この映画のためだけの劇伴がある」と明かす東山。「足音と音楽が融合しているシーンなどもあって、すごく素敵です。2人の異なる足音が奏でるリズムを感じていただけたら」と魅力を力説する。一方、種崎は童話の世界とみぞれと希美の日常を描く“実写”の世界の描き方に注目する。「童話『リズと青い鳥』の世界観と、“実写”の世界の描き方が全く違っていて、その2つの世界が並行して進んでいくことで、よりストーリーが伝わると思いました」。  東山は「TVアニメでキャラクターを丁寧に描いてもらいましたので、あれが全てだと思っていました」と正直に打ち明けた。劇場版は、2人の姿を“解像度”を上げて描き出されたことで「より細やかな感情が見えてきた」とも。「純粋に(再び)演じられることが嬉しかった」という種崎は、「TVアニメでは見られなかった2人の瞬間が繊細に描かれていました」と笑みを見せた。また、「映画はモノローグがほとんどない」そうで、「台詞も多くはないので、画面全てから感じ取る作品だと思いました」と分析する。@@separator 種崎がいう“TVアニメでは見られなかった2人”というのは、みぞれと希美の互いに対する思いに直結する。「(みぞれは)ブレていない」という種崎と、気持ちの変化が描かれ「(希美の)真っ直ぐではない、人間味の姿に驚いた」という東山。東山は、「役を解きほぐすことが大変でした」とアフレコ前の思いも吐露した。  本作は些細な日常を描き出し、アニメとはいえ“リアル”さが追求されている。ゆえに、種崎は「自分の青春時代を、思い出すというよりは、もう一度みぞれを通して過ごしているという思いがありました」と目を細める。「こんな景色みたな、こんな経験したな、こんな会話したなということが(劇中に)溢れていたので、懐かしさもありつつ、再びあの頃を経験できるなんて幸せだなと思っていました」と感慨深い様子でアフレコを振り返る。東山は、自身の経験と重ねることはなかったそうだが「まずみぞれに共感できたんです」と告白する。「私の気質自体は、みぞれのほうに近いと思います。多くの友人に囲まれて過ごすという感じではなく、仲良くなった友人を大切にするタイプなので、本作を観ると“あるある”と感じるシーンがたくさんありました」。(取材・文・写真:ほりかごさおり)  誰もが経験した高校時代の儚い“一瞬”を繊細な映像と音楽と共に描き出す『リズと青い鳥』は公開中。

  • 『リズと青い鳥』完成披露上映会 舞台挨拶にて

    種崎敦美、フェチぶり全開 現役中学生・本田望結に“青春論”を力説

    アニメ・コミック

     アニメーション映画『リズと青い鳥』の完成披露上映会が4日都内で行われ、声優の種崎敦美、東山奈央、女優の本田望結、山田尚子監督が登場した。@@cutter アニメーション映画『聲の形』を送り出した京都アニメーションの最新作は、吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれ(種崎)と、フルートを担当する傘木希美(東山)の儚く美しい一瞬を切り取った青春ストーリー。  “青春”が好きすぎるあまり、自身のラジオ番組に青春コーナーを作るほどだという種崎。本作を通じて青春を感じたことを聞かれると、「青春への思い入れはすごいです。青春を語りだしたら止まらなくなるけれどいいですか?」と切り出し、「自分にもみぞれに似たような経験がある。同い年のすごく大事な子がいて、その子と一緒にいたいがために同じ高校を選ぶくらいだった」と明かす。さらに「その子がいるかもしれない方向を何となく見てしまうというみぞれの行動はすべて自分にも身に覚えがある。女子ってそういうところがある。それもすべて青春」と力説した。  そんな青春フェチの種崎は、現役中学生の本田から「青春とはどういうものですか? まだ自分にはわからない」と素朴な疑問を投げかけられると、「もう戻れない瞬間や戻れない過去、キラキラしている瞬間とか。一生これは忘れられないだろうなという瞬間すべてが青春です」と持論を教示。青春の概念を教わった本田は納得したように「私はフィギュアスケートと一緒に生きている気がする。練習や試合で上手くできないと落ち込むし、そんなときはスケート靴も一緒に悲しんでいるような気がする」と語り、「すべてが思い出に残るように、試合も練習も頑張りたい」と青春謳歌を誓った。  また一人二役で声優を務めた本田は、プロの声優に囲まれて「声優ではない自分の声をファンの方々に認めてもらえるのか不安」と打ち明けると、東山は「メイクさんに怒られると思いながらも、ウルウルするぐらいに見入った」と絶賛。種崎も「一言目のセリフから、本田さんありがとう!となった」と太鼓判を押していた。  映画『リズと青い鳥』は、4月21日より全国公開。

  • 『リズと青い鳥』種崎敦美&東山奈央がヒロインに! 人気声優が集結

    『リズと青い鳥』種崎敦美&東山奈央がヒロインに! 『ユーフォ』人気声優が集結

    アニメ・コミック

     京都アニメーション制作の最新作『リズと青い鳥』のふたりのヒロインのボイスキャストに、種崎敦美と東山奈央が担当することに決定。さらに、藤村鼓乃美、山岡ゆり、杉浦しおりなど人気実力派の出演も発表された。@@cutter 本作は、高校生の青春を描いた武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメーション映画化。みぞれと希美、2人の少女の儚く美しい一瞬が描かれる。制作は、映画『聲の形』で第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション賞、東京アニメアワードフェスティバル2017アニメオブザイヤー作品賞劇場映画部門グランプリなどを受賞した京都アニメーション。そして、監督・山田尚子、脚本・吉田玲子、キャラクターデザイン・西屋太志、音楽・牛尾憲輔ら、映画『聲の形』のメインスタッフが集結した。    この度、『リズと青い鳥』のふたりのヒロインで、北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれとフルートを担当する傘木希美のボイスキャストがTVアニメ『響け!ユーフォニアム』に引き続き、種崎と東山が担当することに決定。藤村、山岡も『響け!ユーフォニアム 』で演じた中川夏紀、吉川優子を演じる。剣崎梨々花役の杉浦が、本作より新たに参加する。  トップクラスの演奏技術を持ち、希美の存在が彼女の全てであり、その他のことに興味を向けることがない、オーボエ担当の鎧塚みぞれ。みぞれを演じる種崎は「今より世界が狭かったあの頃に感じていたこと、実は今もだったり…身に覚えのある、知っている感情がたくさん積み重なっていました。すごくザワザワするのにとても静かで、どこまでも繊細でした」と話し、当時自身が感じていた思いも役に重なった様子。  また、みぞれと同じ中学校吹奏楽部出身の東山演じる傘木希美は、1年生のときに一度退部したものの、2年生の夏に復帰。高い演奏技術と明るい性格で、後輩からも慕われるフルートを担当。本作について東山は「2人の表情、しぐさ、吐息まで、すべてに静謐な魅力が宿っています。言葉にするのは難しいくらい、1つ1つのことが何気なくて、なのにドラマチックで…とにかく美しい映画です」とコメント。たわいない日常が美しく、魅力的に描かれているようだ。  『リズと青い鳥』は、4月21日より全国公開。

  • アニメ『シルバニアファミリー ミニストーリー』放送決定

    『シルバニアファミリー』TVアニメ化決定! 世界観そのままに日常をのぞき見

    アニメ・コミック

     子どもから大人の方まで広く愛されるロングセラー製品「シルバニアファミリー」(エポック社)のアニメ化が決定。10月よりテレビ東京にてアニメ『シルバニアファミリー ミニストーリー』が放送されることが分かった。シルバニアファミリーならではの温かい世界感をそのままに、個性豊かな登場キャラクターたちが“愛を贈る”物語となっている。@@cutter アニメ『シルバニアファミリー ミニストーリー』は、おもちゃの世界観そのままにさまざまなキャラクターたちが登場する世界を描いたファンタジー作品。自然いっぱいのシルバニア村を舞台に、心優しいショコラウサギちゃん(種崎敦美)やくるみリスくん(古木のぞみ)をはじめとした仲間たちが大活躍する。  その他のキャストとして、シルクネコちゃん役を伊達朱里紗、トイプードルちゃんを河原木志穂、クマくんを下田レイ、シマネコくんを山村響、シマネコちゃんを上坂すみれが担当。また、ショコラウサギの男の子を芹澤優、ショコラウサギのお父さんを川島得愛、ショコラウサギのお母さんを阿澄佳奈、クマのお父さんを宇垣秀成、ショコラウサギのお爺さんを鈴木清信、ショコラウサギのお婆さんを小林希唯が務める。  アニメ『シルバニアファミリー ミニストーリー』(全12回)は、テレビ東京系で10月7日から12月23日の毎週土曜6時54分から放送。

  • アニメ映画『ポッピンQ』、Anime Jpan2016ステージイベントにメインキャスト集結!

    <AJ2016>アニメ映画『ポッピンQ』、石原夏織、M・A・Oらの出演決定!

    アニメ・コミック

     東京ビッグサイトで開催された「Anime Japan2016」のGREENステージにて27日、オリジナルアニメーション映画『ポッピンQ』の作品発表会が行われ、声優の瀬戸麻沙美、井澤詩織、小澤亜李、種崎敦美、黒沢ともよが登壇。ヒロイン5人の配役が発表された。@@cutter 本作は、東映アニメーションが創立60周年の節目に贈る完全オリジナルの長編映画。思春期の真っただ中で、それぞれに悩みを抱えた5人の少女が出会い、絆を育みながら成長していく姿を綴る。華やかなダンスと音楽も加えつつ、ドラマティックに青春ストーリーを盛り上げる。『プリキュア』シリーズのダンス映像を多数手がけてきた宮原直樹が監督を務める。  個性的なヒロインの配役が決定し、瀬戸が明るい性格で人付き合いも得意な小湊伊純役、井澤が周囲に同調することを嫌い、孤立気味な日岡蒼役。種崎が、穏やかで常に笑顔のムードメーカー、友立小夏役。小澤が、真面目で曲がったことが許せない大道あさひ役。黒沢が、ダンスが得意な都久井沙紀役を演じる。また、ポッピン族のキャスティングも決定し、田上真里奈、石原夏織、本渡楓、M・A・O、新井里美が参加する。    アフレコはまだ実施していないとのことだが、すでに台本の読み合わせに挑んだという5人。目と目を合わせながらの本読みを経て、キャラクターの立ち位置や感情を確認できたそう。ステージでのトークも息ぴったりで、アフレコを心待ちにしていた。最後には瀬戸が「キャスト一同、スタッフ一同、すごく盛り上がってきています!」と笑顔でアピール。黒沢も「私自身、この作品と一緒に色々なことを乗り越えて、新たな自分を見つけるために素敵な旅をして行きたい」と意気込みを語った。

  • 『ポッピン Q』物語のはじまりを予感させる超特報映像解禁

    東映アニメーション発、オリジナル長編映画『ポッピンQ』特報公開

    アニメ・コミック

     東映アニメーション創立60周年を記念して制作される、完全オリジナル長編映画プロジェクト『ポッピンQ』が今冬、公開が決定し、特報映像が解禁された。本映像は、5人の少女たちの姿に物語の“はじまり”を予感させるものとなっている。@@cutter 本作は、様々な思いを胸に、中学校を卒業しようという5人の少女たちが出逢ったことで生まれる青春ストーリー。思春期の真っ只中、それぞれに悩みを抱えたキャラクターたちが、ぶつかり合い、絆を育みながら成長していく姿を描く。  5人のヒロインを演じるのは、井澤詩織、小澤亜李、黒沢ともよ、瀬戸麻沙美、種崎敦美。『プリキュア』シリーズのダンス映像を多数手がけてきた宮原直樹が監督を務め、TVアニメ『世界征服~謀略のズヴィズダー~』の黒星紅白がキャラクター原案を担当する。  公開された特報は、青い空の下、息を弾ませ、誰もいない堤防を走る少女の姿から始まる。その一方で、孤独、悲しみ、戸惑い、倦怠と、何かを抱えているような少女たちが映し出されていく。走る少女は、堤防の先で足を止め、胸に溜まった想いを吐き出すかのように大きな声を放つ。すると、その瞬間、一閃の光が5人の少女たちのもとへ向かうかのように放たれるのだった。  彼女たちの思いは何なのか。3月の「Anime Japan」に向けて、次々にその全容が明らかになろうとしている本作。さらなる詳報を待ちたい。

  • 『魔法使いの嫁』アニメ化プロジェクト ビジュアル

    人気コミック『魔法使いの嫁』アニメ化始動 美麗な世界観映すPV&ビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     「月刊コミックガーデン」(マッグガーデン)にて連載中であり、単行本累計250万部突破の人気コミック『魔法使いの嫁』のアニメ化プロジェクトが始動。それに伴い、世界観と魅力が詰まったグランドPVやビジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、身寄りのない15歳の少女・羽鳥チセと、彼女を金で買ったヒト為らざる“魔法使い”エリアスを中心に描くファンタジー作品。今回のアニメ化プロジェクトでは、原作者・ヤマザキコレが原案を務め、ふたりが出会う前の前日譚を映し出す完全オリジナルアニメーション『魔法使いの嫁 星待つひと』(全3部作)をコミックス第6・7・8巻に同梱発売。また、それに先立ち『魔法使いの嫁 星待つひと 前篇』が、2週間限定でイベント上映される。  アニメーション制作は、『進撃の巨人』『終わりのセラフ』などハイクオリティな作品を輩出し注目を集める新進気鋭のWIT STUDIO。また、羽鳥チセ役として種崎敦美、エリアス役として竹内良太、ルツ役として内山昂輝、シルキー役として遠藤綾の出演も発表された。  チセの声を務める種崎は「ドラマCDに続きまして、OADでも引き続き演じさせていただきます。涙が出そうなほど美しい世界観が音だけの世界にとどまらず映像でもみられるのだと思うと、私自身期待でどうにかなりそうです!」と期待に胸をふくらませる。竹内も「アニメ化プロジェクトが始動し、グランドPVを見た時は感動の息しか出ませんでした」と明かし、「皆様がこの美しい世界を楽しんで頂けるよう、大切にエリアスを演じて参りますので、よろしくお願い致します!『魔法使いの嫁』の世界へ一緒に行きましょう…」と意気込みを語った。  『魔法使いの嫁 星待つひと』が同梱されるコミックス第6・7・8巻は、全国書店にて予約受付開始。『魔法使いの嫁 星待つひと 前篇』は、8月13日より新宿ピカデリーほか全国映画館にて2週間限定イベント上映。

  • 『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 新キービジュアル

    アニメ『すべてがFになる』木戸衣吹らメインキャスト発表! OPテーマはKANA‐BOON

    アニメ・コミック

     人気作家・森博嗣のデビュー作を原作としたTVアニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』のメインキャストとして加瀬康之、種崎敦美、木戸衣吹らの出演が発表され、最新キービジュアルも公開。さらにOPテーマを「KANA‐BOON」、EDテーマを「シナリオアート」が担当する。@@cutter 『すべてがFになる』は、“理系ミステリィ”という新しいジャンルを確立し、シリーズ累計発行部数390万部を誇る名作小説。今回のアニメ化に際し、鋭い分析と考察力で事件捜査を協力する建築学科の准教授・犀川創平役に加瀬。犀川が務める大学の学生であり、共に事件を捜査することになる好奇心旺盛な深窓の令嬢・西之園萌絵役に種崎。そして、「人類のうちでもっとも神に近い」と言われる早熟の天才プログラマ・真賀田四季役として木戸衣吹が出演決定。  原作者の森は、本作のアニメ化にあたり「『すべてがFになる』は、執筆順では第4作、出版ではデビュー作です。これまでに、ゲーム、漫画、ドラマになりましたが、アニメは初めて。既に脚本を読ませていただきました」と明かし、「丁寧にストーリィが描かれています。また、アニメ独自の設定もあって、面白くなりそう。動いている絵を見たい、と思いました。楽しみにしています」と期待のコメントを寄せた。  また、3日放送の“ノイタミナ”内でアニメ本編カットを使用したテレビCMが初公開。犀川、萌絵、四季の表情やボイスも堪能できるほか、KANA‐BOONによるOPテーマ「talking」も初解禁となる。  『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』は10月8日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始。さらに、初回放送に先駆けKANA‐BOON、シナリオアートによるLIVE付き先行上映会「すべてがFesになる」も開催決定。詳細は公式サイトまで。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access