畠中祐 関連記事

  • フジテレビ「アニメラインナップ発表会2019」にて

    『甲鉄城のカバネリ』新作は5月公開、畠中祐「思い入れがある作品」

    アニメ・コミック

     テレビアニメ『甲鉄城のカバネリ』の後日譚を描く、劇場中編アニメ『甲鉄城のカバネリ ~海門(うなと)決戦~』が5月10日より、2週間限定で劇場公開される。14日、都内で開催されたフジテレビ「アニメラインナップ発表会2019」で発表された。@@cutter 『甲鉄城のカバネリ』は、『進撃の巨人』などの荒木哲郎監督が手がけたオリジナルアニメ。蒸気機関を動力とする装甲機関車「甲鉄城」を舞台に、不死の怪物・カバネと生存を賭けて激しい戦いを繰り広げる少年・生駒や謎の少女・無名らの姿を描いた。2016年4月から6月にかけてテレビアニメが放送され、その後2本の総集編が劇場公開された。  『海門決戦』は本編から半年後を描く。生駒役の畠中祐は「キャラクターの成長が見られる映画です。思いっきり演じさせていただきました。思い入れがある作品なので、こうして劇場に戻ってこれて、仲間に再び会えることうれしかった」と熱い思いを口にした。  劇場公開と同時にNetflixでも配信される。畠中は「世界中の人にも観てもらいたい。独特の世界観は国境を越えると思う」と呼び掛けた。

  • TVアニメ『ダイヤのA actII』、沢村栄純と御幸一也が叫ぶディザービジュアル公開

    『ダイヤのA actII』TVアニメ化、沢村栄純と御幸一也が叫ぶディザービジュアル公開

    アニメ・コミック

     漫画『ダイヤのA』の続編となる、『ダイヤのA actII』のTVアニメ化が決定。出演は、逢坂良太、櫻井孝宏らに加え、新たに由井薫役の村瀬歩、浅田浩文役の畠中祐のキャストも発表され、ティザービジュアルがお披露目となった。@@cutter 『ダイヤのA』は、週刊少年マガジン(講談社刊)にて連載され、主人公・沢村栄純が名門野球高校で甲子園出場をめざし成長していく姿を描いた高校野球漫画。2013年10月から2016年3月まで、TVアニメ版が放送された。そして、その続編として同誌で連載中の『ダイヤのA actII』では、沢村を中心とした高校球児たちの新たな物語が紡がれる。  キャストは、逢坂良太、島崎信長、櫻井孝宏、内田雄馬、浅沼晋太郎、花江夏樹、武内駿輔、山下大輝、村瀬歩、畠中祐ら豪華声優陣が集結。また、解禁となったティザービジュアルでは、ピッチャーの沢村とキャッチャー御幸の2人が汗を流し、拳を突き上げて叫ぶ、力強いビジュアルとなっている。  TVアニメ『ダイヤのA actII』は2019年放送。

  • 『星合の空』ティザーイメージ

    赤根和樹オリジナル新作アニメ『星合の空』始動 キャスト情報解禁

    アニメ・コミック

     ソフトテニスを題材に、少年たちによる等身大の青春ストーリーが紡がれるオリジナル新作アニメーション『星合の空』が本格始動。スタッフ・キャスト情報も一挙に発表され、メインキャストには桂木眞己役・花江夏樹、新城柊真役・畠中祐が決定した。@@cutter 『星合の空』は、『コードギアス 亡国のアキト』『天空のエスカフローネ』など数々の名作オリジナルアニメを世に送り出した赤根和樹が監督を務める新作アニメーション。廃部寸前の男子中学ソフトテニス部を舞台に物語が展開する。  本作は8月18日に開催された「TBSアニメフェスタ2018」にて発表となり、併せて3分を超えるPVが公開された。映像の前半では、作品が出来上がるまでの“舞台裏”が描かれ、後半にはメインキャラクターたちによる物語の始まりが垣間見える内容に仕上がった。  また、スタッフ情報も明らかになり、キャラクター原案には、ツイッター連載漫画『君まであともう少しで』を手掛けた、人気イラストレーター・いつかを起用。赤根が紡ぐ物語を、繊細に描いていく。  2019年の放送に向け、赤根監督は「ドラマ的にも、絵的にも新しいチャレンジをして、新しい世界観を構築しようと思っている」と意気込みを語っている。  『星合の空』は、TBSほかにて2019年放送予定。

  • 兄妹ラノベ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』10月TVアニメ放送

    兄妹ラノベ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』10月TVアニメ放送

    アニメ・コミック

     兄妹ラブコメディ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』が10月よりTVアニメ放送が決定。キービジュアルと畠中祐、近藤玲奈演じるメインキャラクターの設定画も公開された。@@cutter 『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』は恵比須清司による、ファンタジア文庫で刊行中の同名ノベルが原作。ライトノベル作家を目指す高校生・永見祐と、妹・涼花による“兄妹がラノベで繋がるラブコメディ”だ。  今回アニメ化にあたって主演の二人からコメントが到着。妹思いの優しい兄・永見祐役の畠中は原作を読み「電車の中で読みながら、何度も迫り来る笑いをこらえるのが大変でした。でも本当に、、、涼花が、、、可愛い、、、。 いや、ダメですね。涼花の兄として、そして、 妹の代理の永遠野誓として、しっかりと物語の中に生きられるように準備したいと思います」と意気込みを語っている。  また容姿端麗、成績優秀、 家事万能という完璧な少女・永見涼花を演じる近藤は「涼花役に決まった時は、え!私でいいのかな ……!と、嬉しさと同時に少しソワソワした気持ちがありましたが、このかわいすぎる妹がアニメで動くなんて最高だな……と思ったら、涼 花のかわいさを表現したい!と強く思いました。『いもいも』の萌えポイントを研究し、精一杯演じさせていただきます!」と気合十分なコメントを寄せている。  TVアニメ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』は、2018年10月放送開始。

  • イケメンアイドルを脱衣させるアプリゲーム『高速脱衣育成リズムゲーム アイドルD・T・I』登場

    イケメンアイドルを“脱がせる”リズムゲーム登場! 脱衣の美しさを競う

    アニメ・コミック

     リズムに合わせてタップするとキャラクターが「高速」で「脱衣」していき、そのポイントやランキングによってキャラクターを育成するという、前代未聞のアプリゲーム『高速脱衣育成リズムゲーム アイドルD・T・I』(仮)が2017年春にサービス開始されることがわかった。@@cutter 本ゲームは、「月刊LaLa」(白泉社)で連載中の冬夏アキハルによる漫画『アイドルD・T・I』を原作とした、リズムゲームとアイドル育成を融合した新ジャンルのゲーム。原作では、「脱衣アイドル」と称された男性2人組のアイドルコンビが、相方を脱がせ脱がされながら、ライバルたちと「脱衣の美しさ」などを競い合い、アイドルとして昇華していく姿を描く。  ゲームには、緋ノ瀬灯役で八代拓、黄金尊役で畠中祐、藍崎海人役で鳴海和希、深紫塩音役で濱野大輝、桜白波光貴役で花江夏樹、宝生翡翠丸役で子安武人といった若手からベテランまで人気声優が出演。  八代は、「これから寒くなりますが、むしろ皆さんも脱衣させるくらい熱い作品にできるよう頑張ります!」と意気込み、畠中も「気持ちに服を着ずに、脱いで脱いで脱ぎまくった心で演じたいです!! 全力でいきます!!」と本作にかける思いを語った。  リズムゲームだけに、使用される楽曲も大いに気になるところだが、ゲーム内容の詳細も含め、まだまだ謎は多い。さらなる続報に注目したい。

  • ノイタミナプロジェクト発表会 2017に出席した、吉本実憂

    吉本実憂、ドラマ版『クズの本懐』で大胆ラブシーンに挑戦!初主演の抱負語る

    アニメ・コミック

     ノイタミナプロジェクト発表会 2017が15日に都内で行われ、アニメ版が2017年1月12日より放送開始となる『クズの本懐』の実写ドラマ版にて、ともに初主演を務める吉本実憂と桜田通が出席。吉本は「実写化というものにとらわれず、この作品が伝えようとしているものを、お芝居で伝えていけるように」と抱負を語った。@@cutter 『クズの本懐』は、月刊「ビッグガンガン」にて連載中の横槍メンゴによる同名漫画を基にする作品。劇中では、誰にも言えない秘密の契約を結んだ高校2年生の安楽岡花火と粟屋麦が、不条理な感情を慰め合い、堕ちていく様が描かれる。ドラマ版で濃厚なラブシーンに挑戦している吉本は、一足先に鑑賞したアニメ版について「花火というキャラクターを良い意味で裏切られたので、改めて撮影頑張ろうって思わせていただきました」とコメント。  実写作品であることについては、「実写化というものにとらわれず、この作品が伝えようとしているものを、お芝居で伝えていけるように、表現できるように精いっぱいがんばって行きます」と語った。一方、桜田はアニメ版の質に圧倒されたそうで、「ちゃんとアニメからも良い影響をいただいて、参考にできることをして、もっと作品として『クズの本懐』のクオリティを高めていきたい」と意気込んだ。当日は、『クズの本懐』の原作が来春に完結し、テレビアニメと実写ドラマが原作のラストまで描くことも明かされた。  発表会では、新作の情報も解禁。水泳の飛び込みに青春を燃やすダイバーたちの姿を描く『DIVE!!』(原作:森絵都)は、2017年7月より放送開始。監督を鈴木薫、脚本を待田堂子が務め、主人公・坂井知季を梶裕貴が演じる。10月クール作品では、さとうけいいちが総監督を務め、籔田修平が監督を務める『いぬやしき』(原作:奥浩哉)が放送開始。同作は2018年に実写映画化も行われるという。また、『甲鉄城のカバネリ』は最終回の後日談のドラマCD化と、2018年の完成を目指して新作が制作されることが発表された。  ドラマ『クズの本懐』は、フジテレビオンデマンドで先行配信開始、1月18日25時55分より地上波放送開始。アニメ『クズの本懐』は、 1月12日25時55分より放送開始。

  • 内山昂輝&梅原裕一郎、畠中祐のキャラ分析にツッコミ!?『バッテリー』インタビュー

    内山昂輝&梅原裕一郎、畠中祐のキャラ分析にツッコミ!?『バッテリー』インタビュー

    アニメ・コミック

     方言指導のOKが出てから監督のチェックが入る…。「珍しいですよ」と声優陣が口を揃えるほど“言葉”というものを大切に扱うアニメ、それが『バッテリー』だ。今回、その『バッテリー』にメインキャストとして出演する内山昂輝、畠中祐、梅原裕一郎の3人に話を聞いた。@@cutter 『バッテリー』は、長きに渡り愛されるあさのあつこ著作の青春文学。シリーズ累計発行部数1000万部の青春野球小説であり、このたび刊行から20年という節目の年に初のTVアニメ化となった。岡山県、新田市を舞台に主人公の天才ピッチャー・原田巧役を内山、巧とバッテリーを組む永倉豪役を畠中、巧と豪が所属する新田東野球部のキャプテンであり、二人を見守る海音寺一希役を梅原が演じる。  刊行から20年、“児童文学の金字塔”とも呼ばれる原作なだけに、読んだことがある、もしくは当たり前のようにその存在は知られている本作。ゆえに、内山は「『バッテリー』を今、このタイミングでアニメ化すると聞いた時は驚きました」と正直に明かす。その理由は「小さい頃に、原作を読んだ覚えがあるので、その記憶が色濃く残っています」と口にする。一方、読んだことはなかったものの「小学校の時に、図書室にあった作品ですし、純粋に『バッテリー』と聞いたら“あれか!?”って思いますよね」と話したのは畠中。「キャスト同士の掛け合いなどをきちんと求められる作品という予感もあったので、“やりたい!”って思いました」と目を輝かせた。  内山、畠中の言葉にもあるように「有名な作品なので、多くの人が読んでるし、それぞれが印象を持っていると思う」という梅原は、だからこそ「海音寺というキャラクターをどう作っていこうかなとは、思いましたね」と、長きに渡って愛されてきた作品との向き合い方を語る。  本作では中学生を演じている3人だが、それぞれ「違和感などはなかった」と口を揃える。内山曰く「絵(キャラクターデザイン)に助けられた」とのことで、「実際の年齢との差はあるけれど、アニメ内のリアリティといいますか、全体のバランスも含めて成立しているかなと思います」。梅原も「無理のない範囲で意識せず、“らしく”演じました」と明かす。そんな中、「途中で声変わりもするだろうし…」と、自分内キャラ設定を告白し、内山と梅原からツッコまれたのは畠中。「僕の中では若干声変わりをするだろうと予測して、声を多少低くしてもいいのかなと思っていたんです!」と2人に弁明。アタフタする畠中に内山と梅原も笑う。@@separator 野球を通じて、中学生たちの成長を描き、様々な人間関係を描く『バッテリー』。登場キャラクターも誰ひとりとして同じような性格などはおらず、一人ひとり丁寧に人物を描いている。自身が演じたキャラクターを含め、登場人物全員の中で誰が自分に似ているか、3人にズバリ聞いてみた。  「巧を演じる中で、“理解できない”という印象はなかった」と、自身が演じた巧の名をあげた内山。「気持ちの流れといいますか、言わんとするところはわかりました」。畠中は、「豪も近いのですが、豪に吉貞感を足さないと…」と少し照れた様子で口にする。「豪のように、物事を考えているのかと言ったらそうでもないので…吉貞の少しお調子者なところを足して2で割る感じです」と自身を分析する。    そんな内山、畠中から驚きの声が上がったのは梅原の発言。「似ているか似ていないかというより、共感できたのは展西です」と、巧をリンチし部の存続問題にまで発展させた人物の名を挙げた。「あれが普通の反応なんじゃないかと思ったんです。リンチはやり過ぎですけど、人間ってああいう部分もある気がします」梅原のコメントに、内山、畠中の2人も“言われてみれば…”というように顔を見合った。  物語も佳境に入り、巧と豪のバッテリーがギクシャクしてくるTVアニメ後半。畠中は「何で二人が話さなくなっていくのか…キャラクターの心の機微に注目してほしいです」。「二人の会話が減れば減るほど、海音寺がしゃべります(笑)」と梅原。「二人がギクシャクしている時の海音寺のわちゃわちゃ感が面白いと思います」とそれぞれアピールする。  最後に内山は「野球をテーマにしつつも、中学生たちの人間関係や、彼らと親との関係など、そういう人間ドラマを描いている作品です。後半は念願の試合に向けてストーリーが動いていきますが、彼らの未来に思いを馳せたくなる結末になっていると思います」。(取材・文:ほりかごさおり)  TVアニメ『バッテリー』は、フジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜24時55分放送。ほか各局でも放送中。

  • 『キンプリ』初のキャラソンアルバム発売!

    『キンプリ』初のキャラソンアルバム発売!エーデルローズ生7名がソロ曲に挑戦

    アニメ・コミック

     1月からのロングラン上映が続き、ブルーレイ&DVDも発売中の劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(通称・キンプリ)より、キンプリ初のキャラクターソングアルバム「KING OF PRISM Music Ready Sparking!」が8月31日に発売されることが決定した。@@cutter 本作は、2013年4月~2014年3月に放送されたTVアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』より誕生したボーイズユニット“Over The Rainbow”をフィーチャーした新作アニメ。コウジ(CV:柿原徹也)、ヒロ(CV:前野智昭)、カヅキ(CV:増田俊樹)の3人が、女の子をもっともトキめかせる“プリズムキング”を目指して様々な試練や困難に立ち向かっていく姿を描く。  今回発売されるアルバムは、劇場版で人気を集めている新キャラクター、一条シン(CV:寺島惇太)、太刀花ユキノジョウ(CV:斉藤壮馬)、香賀美タイガ(CV:畠中祐)、十王院カケル(CV:八代拓)、鷹梁ミナト(CV:五十嵐雅)、西園寺レオ(CV:永塚拓馬)、涼野ユウ(CV:内田雄馬)のエーデルローズ生7名の課題で初めてのソロ曲に挑戦するという意味合いを込めた内容となっている。  一条役を務める寺島は「今までとは違ったキャラクターの一面や、意外なところも感じられると思うので、また新たなキンプリの展開への期待を募らせつつじっくり楽しんでいただければと思います」と話し、待望のアルバム発売に喜びの声を寄せている。  さらに、大和アレクサンダー(CV:武内駿輔)が歌う『EZ DO DANCE アレクソロバージョン』オリジナルCDが、アニメ専門通販サイト「アニミュゥモ」での店舗特典に決定している。  アルバム「KING OF PRISM Music Ready Sparking!」は、8月31日発売。劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』ブルーレイ&DVDは好評発売中。

  • 『甲鉄城のカバネリ』畠中祐&梶裕貴インタビュー

    畠中祐、梶裕貴との共演は「魂を揺さぶられる」互いに“全力”宣言『甲鉄城のカバネリ』

    アニメ・コミック

     4月7日よりフジテレビの“ノイタミナ”枠で放送予定の新作オリジナルアニメ『甲鉄城のカバネリ』。制作には、人気アニメ『進撃の巨人』を手がけた荒木哲郎監督およびWIT STUDIOがたずさわる。今回、主人公・生駒役の畠中祐(はたなか・たすく)、生駒の友人・逞生(たくみ)役の梶裕貴が、本作や共演にまつわる熱い思いを語ってくれた。@@cutter 『甲鉄城のカバネリ』は、製鉄や蒸気機関による文明が発達した極東の島国「日ノ本(ひのもと)」が舞台の冒険活劇。突如現れた不死の怪物「カバネ」を相手に、生駒たち人間が懸命に立ち向かう様を描く。  そんな本作について梶は「昔の日本を描いたような歴史モノを感じさせる雰囲気と西洋のゾンビ映画の要素など、男子の夢が詰まった作品」と評し、「(描写は)エグいです。だからこそ、生に執着しながら死と戦う彼らの強さや葛藤が見えてくると思います。生々しい演出も目をそらさないでほしい」と話す。畠中は、本作には資料が大量にあるもののカバネに関する情報はあまり渡されていないと話し、「なぜ襲ってくるのか分からない。分からない部分が多く、演じていても恐怖を感じる」と明かした。  生駒と逞生は、人々が砦として築く「駅」の一つ、製鉄と蒸気機関の生産を行う顕金駅(あらがねえき)で蒸気鍛冶を生業に生活する二人。特に生駒は、過去の無念を心に刻み、カバネの心臓を貫く武器「ツラヌキ筒(づつ)」を独自に開発する日々を送っている。畠中はそんな青年・生駒について「一つ一つの言動を見ていて、若さゆえのギリギリの危うさを感じます。でも信念があるからこその行動」と分析。梶は自身が演じる逞生について「ザ・親友。なんだかんだで生駒に巻き込まれ、友達として自分も命をかけて戦う。逞生ならではの男らしさを感じます」と説明する。  畠中と梶は、アニメ『うしおととら』の第9話ですでに、蒼月潮と妖怪かまいたちの十郎として、緊迫感あふれるシーンで対峙した経験をもつ。梶が畠中との芝居は「魂がぶつかる感じがする」と表現すれば、畠中は興奮した面持ちで「『進撃の巨人』のエレンの演技を拝見したときも驚きましたが、実際に共演させて頂きぐらんぐらん魂を揺さぶられました」と梶の演技に対する感情を打ち明け、尊敬の念をにじませた。@@separator 本作における互いの印象について、梶は「相変わらず、自分の喉や身体のことを気にすることなく(笑)、全身全霊で演じている印象があって素敵だと思います。ただ自分を顧みないほど夢中になっているところがあって危なっかしい。でもそんなところが生駒とシンクロするのかな」と評価。  一方の畠中は、「やっぱり純粋に楽しい。こっちがどんなボールを投げてもキャッチしてくださる安心感があります。魂がぶつかり合うような激しい芝居のなかにも遊び心を感じられ、共演していて本当に気持ちいい」と大絶賛。そして「この作品でいっぱい殴り合いもしたいし、キャッチボールもしたい」と“全力共演”を宣言すると、梶は「毎回、豪速球が飛んでくる感覚ですね」と笑みをこぼし、畠中のガチンコ姿勢を歓迎した。(取材・文:サクライコウジ)    TVアニメ放送前に劇場版として公開される特別先行版『甲鉄城のカバネリ 序章』は3月18日より公開。アニメ『甲鉄城のカバネリ』は、4月7日よりフジテレビ“ノイタミナ”枠にて放送スタート。(初回放送は24時25分から、2回目以降は24時55分から放送)

  • 青春野球小説『バッテリー』ノイタミナでTVアニメ化決定!

    野球小説『バッテリー』ノイタミナでTVアニメ化!『放浪息子』志村貴子がキャラ原案

    アニメ・コミック

     あさのあつこ原作の青春文学であり、実写映画化もされた『バッテリー』が、フジテレビ“ノイタミナ”にて7月より放送されることが決定した。主人公の天才ピッチャー・原田巧役に内山昂輝、巧とバッテリーを組む永倉豪役を畠中祐が担当することも発表。さらに監督・脚本に映画『海がきこえる』の望月智充、キャラクター原案に『放浪息子』を代表作に持つ人気漫画家・志村貴子が手掛けることも明らかとなった。@@cutter 『バッテリー』は、累計発行部数1000万部の青春野球小説。刊行から20年という節目の年にTVアニメ化が発表となった。今回、メインキャスト、監督、キャラクター原案のほか、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督にアニメ『ハイキュー!!』の草間英興、作品を彩る音楽を千住明が担当することも決定。またアニメーション制作は、気鋭のスタジオ、ゼロジーが務める。    原作のあさのは、このたびのTVアニメ化に「20年経ってなお、アニメとなったあの世界と新たに出会える。感慨深いものがあります」とコメント。密かに長く読み継がれるように祈っていたとも言い「その想いが実ったような気がします」と胸の内を明かしている。    主人公・原田巧役を演じる内山は「2年ぶりのノイタミナ作品ということでワクワクしております」と胸を膨らませる。「魅力溢れるキャスト、スタッフの方々と仕事できるのを大変嬉しく思っています。ご期待下さい」とアピールした。    TVアニメ『バッテリー』は、2016年7月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始。

  • TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』ビジュアル&PV解禁

    『進撃の巨人』チーム最新作、TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』ビジュアル&PV解禁

    アニメ・コミック

     アニメ『進撃の巨人』などで知られる荒木哲郎監督による新作オリジナルアニメーション『甲鉄城のカバネリ』が、2016年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほか各局にて放送決定。さらに、第一弾キービジュアル、PV、メインスタッフ・キャスト情報が発表となった。@@cutter 本作のスタッフは、荒木監督を筆頭に、『進撃の巨人』や『屍者の帝国』を制作したWIT STUDIO、シリーズ構成として『プラネテス』『コードギアス』の大河内一楼、キャラクター原案に『機動戦士ガンダム0080』『超時空要塞マクロス』の美樹本晴彦を迎える豪華スタッフが集結。  キャストには、主人公・生駒役として畠中祐、ヒロイン・無名役に千本木彩花、その他のキャストとして内田真礼、増田俊樹、梶裕貴、沖佳苗、伊瀬茉莉也、逢坂良太、佐藤健輔、宮野真守ら人気声優陣が脇を固める。  本作で描かれるのは、蒸気機関が発達した島国「日ノ本(ひのもと)」を舞台に、鋼鉄の心臓を持つ生ける屍「カバネ」と人との生き残りを懸けた戦い。装甲蒸気機関車「甲鉄城」に乗り込み、少年少女らが「カバネリ」に立ち向かうスチームパンク・サバイヴ・アクション作品だ。  TVアニメ『甲鉄城のカバネリ』は、2016年4月より“ノイタミナ”ほかにて放送開始。また、“ノイタミナ”史上初の試みとして、2016年4月放送直前に、特別先行版『甲鉄城のカバネリ 序章』を2016年3月18日より全国10館の劇場にて1週間限定で劇場上映決定。3月19日にはキャスト舞台挨拶付きのプレミア上映会が開催される。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access