ジョーダン・ピール 関連記事

  • 映画『アス』メインビジュアル

    自分たちとそっくりな“わたしたち”が出現…『アス』予告&不気味なメイン写真解禁

    映画

     オスカー女優ルピタ・ニョンゴが主演を務める映画『アス』より、予告編とメイン写真が解禁された。予告編では、家族の楽しい夏休みが一転して、自分たちとそっくりな“わたしたち”の出現による恐怖へと塗り替えられていく様子が映し出される。@@cutter 本作は、映画『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタが主演を務め、映画『ゲット・アウト』で第90回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督がメガホンを取るサプライズ・スリラー。ジョーダンが監督のほか脚本・製作を手掛け、アカデミー賞作品賞にノミネートされた『セッション』『ゲット・アウト』『ブラック・クランズマン』のジェイソン・ブラムが製作を務める。全米初登場1位を記録し、オリジナル・ホラー作品&オリジナルR指定作品のオープニング記録で歴代1位を更新した。  アデレード(ルピタ)は夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。早速、友人達と一緒にビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われた事で、過去の原因不明で未解決なトラウマがフラッシュバックする。やがて、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分たちとそっくりな“わたしたち”がやってくる…。  予告編は、アデレード(ルピタ)と家族たちが夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいた家へ向かう楽しげな場面から始まる。その夜、家の前に自分たちとそっくりな“わたしたち”が出現し、「私たちと見た目も考え方も同じ。彼らは何者なの? 何が目的なの? 彼らを止めるには殺すしかない」という言葉とともに、アデレードが家族を守るため勇敢に彼らに立ち向かう姿が描かれている。  また、メイン写真には、無表情で座るルピタ、金属バットを持つウィンストン・デューク、不敵に笑うシャハディ・ライト・ジョセフ、マスクを被るエヴァン・アレックスという“わたしたち”の、そろいの赤いつなぎ服を着た不気味な姿が写し出されている。  映画『アス』は9月6日より全国公開。

  • 映画『アス』ポスタービジュアル

    全米初登場1位!『ゲット・アウト』監督最新作『アス』公開決定

    映画

     映画『ゲット・アウト』で第90回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピール監督最新作『Us(原題)』が、邦題を『アス』として9月6日に公開されることが決定。併せて主人公を演じるオスカー女優ルピタ・ニョンゴを写したポスターも解禁された。@@cutter 本作は、映画『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタが主演を務めるサプライズ・スリラー。ジョーダンが監督・脚本・製作を手掛け、アカデミー賞作品賞にノミネートされた『セッション』『ゲット・アウト』『ブラック・クランズマン』のジェイソン・ブラムが製作を務める。全米初登場1位を記録し、オリジナル・ホラー作品&オリジナルR指定作品のオープニング記録で歴代1位を更新した。  アデレード(ルピタ)は夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。早速、友人達と一緒にビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われた事で、過去の原因不明で未解決なトラウマがフラッシュバックする。やがて、家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分達とそっくりな“わたしたち”がやってくる…。  ポスターは、自身の顔にそっくりな仮面を手に、目を見開き涙を流すルピタの姿を捉えたもの。その横には「“わたしたち”がやってくる」というキャッチコピーが添えられており、ヒロインを待ち受ける恐怖とその結末に興味がそそられるポスターとなっている。  映画『アス』は9月6日より全国公開。

  • 『名探偵ピカチュウ』ピカチュウ役のライアン・レイノルズ

    『名探偵ピカチュウ』、話題のピカチュウダンスは『ゲット・アウト』監督のパクリ!?

    映画

     日本で大ヒット中の映画『名探偵ピカチュウ』。現地時間10日の全米公開に先駆け、ピカチュウの声を務める俳優のライアン・レイノルズが本編の流出動画と見せかけて、実はピカチュウが延々と踊っている釣り動画のYouTubeリンクをシェアして話題を振りまいた。踊っているピカチュウが「とにかくかわいい」と大評判だが、実はピカチュウの踊り、日本劇場未公開のコメディ映画『キアヌ』のコンビ、ジョーダン・ピールとキーガン=マイケル・キーのコメディ・スケッチ(寸劇)の一部から来ているらしい。@@cutter いわゆる“リックロール”と言われる釣り動画。関係ない映像に突如、歌手リック・アストリーの1987年のヒット曲『ギヴ・ユー・アップ』のミュージックビデオを挿入して視聴させたり、ミュージックビデオへのリンクを開かせたりするネット上のイタズラが発祥だ。今回はピカチュウなので、 “ピカロール”といったところだろうか。  今や、ホラー映画『ゲット・アウト』を大ヒットさせた監督としても有名なジョーダンだが、根はコメディアン。キーガンと共に冠番組の『Key&Peele(原題)』で、さまざまなコメディ・スケッチを披露していた。  ScreenRantによると、ハンドル名Lulu(@luulubuu)というツイッターユーザーが2人のファンで、ピカチュウの踊りとの類似性に気づき、同じ振りの部分の映像を合わせたミニ動画を投稿したという。動画を見ると、「なるほど」と思えるパクリぶり。ジョーダンも反応を示し、「Cease and desist」と、知的財産権の侵害に対する行為をやめさせる時に発動する停止命令に使われる言葉をツイートした。  このツイートに対し、ライアンはしれっと「同感だ。昨日からあの映像を削除させようと頑張ってるんだけどね」とユーモアで返し、ジョーダンから「ライアン、ホント君のせいだからな。やってくれたな」と、笑いの分かる2人のやり取りが続いた。  ちなみにピカチュウダンスのもとになったキー&ピールのスケッチ『Key & Peele - Aerobics Meltdown(原題)』は、米コメディセントラル局のYouTubeチャンネルに上がっているので、見てみるのも楽しいかもしれない。

  • 往年のSFドラマシリーズ『トワイライト・ゾーン』がリブート

    SFシリーズ『トワイライト・ゾーン』、『ゲット・アウト』監督で再ドラマ化へ

    海外ドラマ

     米CBS局で1959年から1964年にかけて放送されたSFドラマ『トワイライト・ゾーン』(日本での放送名は『ミステリー・ゾーン』)を、日本でもヒット中のホラー映画『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督が製作を務め、再ドラマ化することがわかった。E!Newsが伝えた。@@cutter SF、ホラー、ファンタジーの要素が掛け合わさった不可解な怪奇現象や事件を描く『トワイライト・ゾーン』シリーズ。1983年にはスティーヴン・スピルバーグ監督やジョン・ランディス監督らがメガホンを取り、オムニバス映画化された人気シリーズだ。11月にCBS局の動画配信サービスCBS All Accessでリブート企画が進んでいると伝えられたが、正式にゴーサインが出たとのこと。  新シリーズを手がけるのは、クチコミで広がり大ヒットしたインディーズ系ホラー映画『ゲット・アウト』の監督、ジョーダン・ピール。映画『デッドプール』『LOGAN/ローガン』のサイモン・キンバーグ、海外ドラマ『Marvel デアデビル』のマルコ・ラミレスと共に、製作総指揮を務める。  オリジナルシリーズのように1話完結のドラマになると予想されるが、製作話数やキャスト、監督などの詳細は不明。リリース時期も伝えられていない。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access