杉野遥亮 関連記事

  • 映画『羊とオオカミの恋と殺人』メインカット

    杉野遥亮×福原遥W主演『羊とオオカミの恋と殺人』公開決定

    映画

     俳優の杉野遥亮と女優の福原遥がダブル主演を務め、朝倉加葉子がメガホンを取る映画『羊とオオカミの恋と殺人』が11月に全国公開されることが決定。併せて特報映像と場面写真が解禁された。杉野は自殺志願の引きこもりを、福原は美しき殺人鬼を演じる。@@cutter 本作は、漫画アプリ『マンガボックス』で連載され閲覧数1位を獲得した、裸村によるスプラッター・ラブコメディ漫画『穴殺人』の実写映画化。映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』や現在放送中のドラマ『スカム』に出演する杉野が映画初主演し、自殺志願の男の子・黒須越郎役を演じる。映画『4月の君、スピカ。』やドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』で話題を呼んだ福原が、殺人鬼の美少女・宮市莉央役を務める。メガホンを取るのはスラッシャー・ホラー映画の『クソすばらしいこの世界』『女の子よ死体と踊れ』を手掛けた新鋭・朝倉加葉子。  人生に絶望した黒須(杉野)は、首吊り自殺を図るもあえなく失敗。その弾みで偶然空いた壁の穴を覗くと、美人で清楚な隣人・宮市(福原)の生活が丸見えとなる。その日から穴を覗くことが生き甲斐になり、宮市の虜になっていく黒須。しかし、ある日彼女が部屋で行っている凄惨な殺人行為を目撃し、覗き見がバレてしまう。殺されるかと思う黒須だったが、彼女への愛を告白し、結果付き合うことに。アルバイトも始め、デートをし、部屋では宮市の手料理を食べ、幸せ絶頂の黒須。しかし宮市は、黒須とのデート中も構わず殺人を犯し…。  杉野は「周りから観たら煙たがられ、理解してもらえないのかもしれないけど、彼らの前にあるのは愛しかない。他の人と何一つ代わり映えもない世界だからです。普遍的な異世界です。全ての人でなくても誰かの心に刺さる作品になっていたら嬉しいです」とコメント。福原は「独特な2人だけの世界観に、私自身感銘を受けました。この作品が、皆さんにどんな風に受け取っていただけるのか少し不安はありますが、愛というものの尊さ、そして美しさを存分に感じ取っていただけたら嬉しいです!」と語っている。  特報映像は「人生なんてクソだ」のテロップと共に、黒須が自殺を図るも未遂に終わるシーンから始まり、偶然見つけたアパートの隣室の覗き穴から、隣人・宮市の生活を覗き見すると一転、「いや、人生は素晴らしい。」のテロップが。さらに、黒須と宮市の仲睦まじいシーンから突如、宮市にカッターで襲われそうになる黒須のシーンなど、映画の展開が気になる映像となっている。  同時に解禁された場面写真6点は、黒須が自殺を試みている衝撃的なカットから、カッターを片手に何かと対峙する宮市など、謎めいたシーンが収められている。  映画『羊とオオカミの恋と殺人』は11月29日より全国公開。

  • 『山本周五郎ドラマ さぶ』にダブル主演する(左から)杉野遥亮、森永悠希

    杉野遥亮×森永悠希、『山本周五郎ドラマ さぶ』でダブル主演

    エンタメ

     俳優の杉野遥亮と森永悠希が主演するスーパープレミアム『山本周五郎ドラマ さぶ』(NHK BSプレミアム/2020年1月以降)が制作されることが発表された。@@cutter 本作は山本周五郎が昭和38年に発表した同名小説のドラマ化。山本の小説の中でも人気の高い作品で、これまでに幾度となく舞台化・ドラマ化されている作品だ。20歳の青年2人が、社会の理不尽に押しつぶされそうになりながらも、友情を見失うことなく懸命に生きぬいてゆく物語で、今も昔も変わることのない、幸せを求めてあがくひたむきな姿を描く。生一本な性格の「栄二」を杉野が、栄二の幼友達でぐずでお人よしな「さぶ」を森永が、ダブル主演で演じる。  ヘマをして叱られ、奉公先の経師屋を飛び出した15歳のさぶと、同い年の友人・栄二。5年経っても失敗続きのさぶを「いつか一緒に店を持とうぜ」と励ます栄二だったが、盗みのぬれぎぬを着せられ、人足寄場(罪人などの更正施設)へ送られる。 栄二は復讐を誓い、さぶが面会にきても会おうとしない。だが、一方のさぶは、罪人である栄二との関係をとがめられ奉公先をクビになってしまう。それでも面会をやめようとしないさぶ。そんなある日、人足寄場を嵐が襲い、栄二は仲間と協力しながら寄場を守り、救出活動をすることで、人は見返りを求めない結びつきによって支えられていることを学ぶ。果たして栄二はさぶとの友情を復活できるのか? そして、栄二を陥れた真犯人の正体とは…。  スーパープレミアム『山本周五郎ドラマ さぶ』は、NHK BSプレミアムにて2020年1月以降放送予定。

  • ドラマイズム『スカム』場面写真

    杉野遥亮が詐欺稼業でのし上がる! 連ドラ初主演作『スカム』スタート

    エンタメ

     俳優の杉野遥亮が主演を務めるドラマ『スカム』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)。第1話では、親友から持ちかけられた怪しいバイトに乗った主人公の誠実(杉野)が、振り込め詐欺の実行現場に送り込まれてしまうことに。@@cutter 本作は、「犯罪現場の貧困」「犯罪する側の論理」をテーマに取材活動を続けるルポライター・鈴木大介が、振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した『老人喰い』が原案の社会派エンタテインメント。リーマンブラザーズの経営破綻により日本でも多くの失業者が生まれ、若者の貧困率が高齢者を大きく上回るなど「世代間格差」という言葉が取りざたされた2008年の東京近郊を舞台に、さまざまな動機で振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちの“転落”模様を、激しくもユーモラスに活写する。  2008年、草野誠実はリーマンショックの影響で新卒切りにあい、学生ローンの支払いや大病を患った父の治療費に苦しめられる。  そんな誠実に、親友の祥太郎(戸塚純貴)は怪しいバイトを持ちかける。誠実は幼なじみの美咲(山本舞香)の忠告を無視して話に乗るが、そのバイトは振り込め詐欺の現金引き落とし役だった。  犯行当日、誠実は警察に追われた祥太郎を助けようとして事故を起こしてしまう。そして集金屋の山田(山中崇)に捕らえられ、振り込め詐欺の実行現場に送り込まれてしまう…。  ドラマ『スカム』第1話は、MBSにて6月30日25時50分、TBSにて7月2日25時28分放送。

  • ドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合)に出演する長谷川京子と杉野遥亮

    『ミストレス』最終回、長谷川京子と杉野遥亮の“別れ”に視聴者「めっちゃ切ない」

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合)の最終回が21日に放送され、香織(長谷川)と貴志(杉野遥亮)が別れるシーンに、視聴者から「切なすぎて泣いた」「めっちゃ切ない」などの声がSNSに寄せられた。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)@@cutter 香織は自殺ほう助の罪で、貴志の母・佳恵(麻生祐未)から訴えられ警察の取り調べを受ける。友美(水野美紀)は香織を守ろうとするが、彼女も生きていた夫・俊哉(吉沢悠)とどう決着を付けるかで悩んでいた。冴子(玄理)は1人で子どもを産み育てていく決意をし、玲(篠田麻里子)への愛に目覚めた樹里(大政絢)は人生初の純愛に苦しむ。  京都に戻るという貴志と会うことになった香織。「あなたに伝えたいことがあって」と切り出すと、光一郎(橋本さとし)に頼まれモルヒネを処方したことを認めながらも「でも、渡してないの…渡せなかった」と告白する。貴志は目に涙を浮かべる香織を見つめながら「あなたの言葉を僕は信じます」と断言すると、彼女の手を握る。  すると香織は「あなたに出会えて幸せだった」と言いながら手を握り返し「好きよ…今でもあなたが」と思いを告げる。この言葉に一瞬うつむいた貴志だったが「さよなら」と言い放つと、香織の目から一筋の涙がこぼれる。この別れのシーンにネット上には「あ〜!!切なすぎる~!!号泣!!」「別れのシーン切なすぎて泣いた」などのコメントが多数寄せられた。  貴志の言葉を受け取り、香織も「さようなら」と別れを告げると、お互いに握り合っていた手を、名残を惜しみつつゆっくりと離していく。お互いに別れがたい心情を象徴するような、2人の手の演技にSNS上には「手を握り合うだけの愛情表現。めっちゃ切ない」「手だけのシーンは素晴らしかった」「最後切なくて悲しかったけど本当に杉野くんと京子さんのシーン美しかった」などの称賛が投稿された。  それぞれに問題やトラブルを抱えながらも新たな人生を歩み出した4人のヒロインたち。放送終了後には「不倫ってほんとよくないっていうのが凝縮されているドラマ」「いつまでも続く女友達っていいよね」「それぞれの未来の幸せを信じてます」「4人の幸せがこれからもずっと続きますように…」などの声がネット上にあふれていた。

  • 『ミストレス~女たちの秘密~』最終回場面写真

    今夜『ミストレス』最終回、長谷川京子ら4人は人生の分岐点に立ち…

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)の最終話が今夜放送。最終話で香織(長谷川)は警察の取調べを受け…。@@cutter 本作は、英国BBCのヒットドラマ『Mistresses』を原作とする現代群像劇。幸せをテーマに、4人の女性たちが現代日本の生きづらさや焦燥感に向き合う様を描く。主演を長谷川が務めるほか、女優の水野美紀、玄理、大政絢らが出演する。  香織は自殺ほう助の罪で、貴志(杉野遥亮)の母・佳恵(麻生祐未)から訴えられ、警察の取り調べを受けることに。友美(水野)はそんな香織を守ろうとするが、彼女自身も、生きていた夫・俊哉(吉沢悠)とどう決着を付けるかで悩んでいた。  一方、冴子(玄理)は一人で子供を産み育てていく決意をし、樹里(大政)は玲(篠田麻里子)への愛に目覚め、人生初の純愛に苦しむことに。  4人はそれぞれ、自らの幸せをつかみ取るための人生の分岐点に立つのだが…。  『ミストレス~女たちの秘密~』最終話は、NHK総合にて今夜6月21日22時放送。

  • 『スカム』メインビジュアル

    杉野遥亮がクレーンで宙づりに 『スカム』予告映像解禁

    エンタメ

     俳優の杉野遥亮が主演を務める新ドラマ『スカム』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)より、主人公の草野誠実(杉野)がクレーンで宙づりにされる姿を収めた予告映像が、メインビジュアルと共に解禁された。また、俳優の大谷亮平が詐欺師たちを束ねる番頭役で出演することも発表された。@@cutter 本作は、ルポライター・鈴木大介が振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した『老人喰い』が原案の社会派エンターテインメント。主人公・草野誠実(杉野)は、順風満帆な勝ち組人生から一転して新卒切りによって無職となり、時を同じくして発覚した父親の難病治療のため振り込め詐欺を始める。草野を中心に、振り込め詐欺の巧妙な手口や、民間企業以上の規律で運営される詐欺組織の実態を交えながら、さまざまな動機で振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちの“転落”模様を、激しくもユーモラスに活写する。杉野は連続ドラマ初主演。  予告映像は、主人公・草野が地上から約15メートルの大型クレーンにつるされ、「なんでもしますからああ!」と懇願する衝撃のシーンで始まり、草野が戸塚純貴演じる悪友から怪しいバイトの紹介を受け、詐欺被害者が振り込んだお金をATMから下ろし警察から逃走を図るシーンや、営業会社の研修と称して行われた電話アポイント営業の様子、和田正人演じる詐欺の店長による気合のこもった朝礼など、振り込め詐欺に巻き込まれていく草野の人生と共に、リアルな詐欺の実態が描かれている。  メインビジュアルでは、1500万ドル相当分に値する紙幣の山の上に無造作に座る杉野と相棒役の前野朋哉を中心に、2人の頭上に差し込む光と黒く暗い地面のコントラストで<若者たちの成功と転落>を表現し、「ワケあって!オレオレ詐欺始めました」というキャッチコピーと共に、ブラックでユーモラスな本作の世界観を写し出す。  大谷は詐欺師を束ねる組織のボスである番頭役で、詐欺稼業の資金源である金主たちからの重圧に耐えながら、現場の詐欺師たちを信用し守り抜こうとする義理堅い男を熱演する。  ドラマイズム『スカム』は、MBSで6月30日より毎週日曜24時50分放送(6月30日は25時50分~)。TBSで7月2日より毎週火曜25時28分放送。

  • ドラマイズム『スカム』出演キャスト

    杉野遥亮初主演連ドラ『スカム』、前野朋哉&山本舞香ら追加キャスト発表

    エンタメ

     俳優の杉野遥亮が主演を務める新ドラマ『スカム』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)より、追加キャストとして前野朋哉、山本舞香、戸塚純貴、和田正人、杉本哲太ら12名が出演することが発表された。@@cutter 本作は、ルポライター・鈴木大介が振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した「老人喰い」が原案の社会派エンタテインメント。物語の主人公・草野誠実(杉野)は、順風満帆な勝ち組人生から一転し新卒切りによって無職となり、時を同じくして発覚した父親の難病治療のため振り込め詐欺をはじめる。草野を中心に、振り込め詐欺の巧妙な手口や、民間企業以上の規律で運営される詐欺組織の実態を交えながら、さまざまな動機で振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちの“転落”模様を、激しくもユーモラスに活写する。  今回、本作に出演する総勢12名の新キャストを発表。草野の詐欺の相棒・清宮役を前野が、草野の幼なじみであるヒロイン・美咲役を山本が務める。また、草野が振り込め詐欺の道に進むキッカケを作ってしまう悪友役に戸塚、草野の上司で詐欺師になるための地獄の研修を行う鬼店長役に和田、被害者から振り込まれたお金を集める集金屋役に山中崇、息子の窮地を見かねて思わぬ決断をする草野の母親役に西田尚美、草野の詐欺グループに資金提供して詐欺ビジネスを牛耳る金主役に杉本が扮する。そのほか、草野の詐欺グループに所属する同僚役を福山翔大、水間ロン、若林拓也、草野の友人役を華村あすか、裏稼業で起こるトラブルを解決する謎の便利屋役を柳俊太郎が務める。  前野は本作の台本について「オレオレ詐欺の加害者側の事がメインで描かれていて、凄く興味深く読みました。正義や悪というものがいかに危ういものかという事も考えさせられました」とコメント。撮影では「自分を奮い立たせる存在の草野と、劇的に変わって行く環境を楽しもうと思いました」と語り、「目まぐるしく変わっていく若者の環境と心情をお楽しみください。きっとオレオレ詐欺は他人ごとには思えないはずです。そして悪の根源は何なのか…見つけられたら今後の人生のヒントになるかもしれません。ギラギラ…いやこれはキラキラの青春ドラマです」と視聴者にメッセージを寄せている。  山本は本作の台本を読んだ際「破茶滅茶な作品だと思いましたが、撮影が楽しみだなと思いました」と振り返り、美咲を演じる際は「杉野さんが演じる誠実が詐欺をしていることを一切知らない子なので、常に明るくてまっすぐな子を意識しました。役が引っ張られないように、他のシーン(の台本)は読まないようにしていました」と語っている。  ドラマイズム『スカム』は、MBSで6月30日より毎週日曜24時50分放送(6月30日は25時50分~)。TBSで7月2日より毎週火曜25時28分放送。

  • 『ミストレス~女たちの秘密~』第9話場面写真

    今夜『ミストレス』、父の死に関わった長谷川京子を杉野遥亮は許せず…

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)の第9話が今夜放送。第9話では、父の自殺に関わったことを認めた香織(長谷川)を貴志(杉野遥亮)は許せないでいるのだが…。@@cutter 本作は、英国BBCのヒットドラマ『Mistresses』を原作とする現代群像劇。幸せをテーマに、4人の女性たちが現代日本の生きづらさや焦燥感に向き合う様を描く。主演を長谷川が務めるほか、女優の水野美紀、玄理、大政絢らが出演する。  貴志は、過去に父親の愛人だった香織が、その父の自殺にまで関わったことを許せないでいた。  一方、7年前に死んだはずの夫の俊哉(吉沢悠)が生きていると知った友美(水野)は、一度会ってミキ(筧美和子)との関係を問いただしたいと願う。樹里(大政)は玲(篠田麻里子)に対する恋心が再燃し、密かに逢瀬を重ねるようになった。冴子(玄理)は夫との関係が決裂し、樹里の家に転がり込む。  そんな時、香織は警察の取り調べを受けることに…。  『ミストレス~女たちの秘密~』第9話は、NHK総合にて今夜6月14日22時放送。

  • 『ミストレス~女たちの秘密~』第8話場面写真

    今夜『ミストレス』、長谷川京子は麻生祐未に呼び出され…

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)の第8話が今夜放送。第8話では、自分が父親の愛人だったと告白し貴志(杉野遥亮)との関係を終わらせた香織(長谷川)は、佳恵(麻生祐未)から突然の呼び出しを受ける。@@cutter 本作は、英国BBCのヒットドラマ『Mistresses』を原作とする現代群像劇。幸せをテーマに、4人の女性たちが現代日本の生きづらさや焦燥感に向き合う様を描く。主演を長谷川が務めるほか、女優の水野美紀、玄理、大政絢らが出演する。  香織が父親の愛人は自分だったと貴志に告げ、二人の関係はあっけなく終わった。  一方、友美(水野)から避けられていると感じた安岡(甲本雅裕)は身を引く決意をする。悟史(佐藤隆太)の音頭で冴子(玄理)の妊娠を祝う女子会が開かれ、樹里(大政)たちは夫に真実を打ち明けられない冴子の相談に親身に乗ってやる。  そんな中、香織は佳恵から突然自宅に呼び出され戸惑う。  『ミストレス~女たちの秘密~』第8話は、NHK総合にて今夜6月7日22時放送。

  • ドラマイズム『スカム』主演の杉野遥亮

    杉野遥亮、詐欺師役で連続ドラマ初主演 『スカム』6月スタート

    エンタメ

     俳優の杉野遥亮が、6月スタートのドラマイズム『スカム』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)で連続ドラマ初主演を務めることが分かった。ワケあって裏社会に身を落とすも、詐欺の才覚でのし上がっていく詐欺師を演じる。@@cutter 本作は、週刊モーニングで連載中の「ギャングース」の共同原作者を務め、「犯罪現場の貧困」「犯罪する側の論理」をテーマに取材活動を続けるルポライター・鈴木大介が、振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した「老人喰い」が原案の社会派エンタテインメント。映画『孤高の遠吠』『全員死刑』を手掛けた映画監督の小林勇貴が演出を務める。  物語の舞台は、リーマンブラザーズの経営破綻により日本でも多くの失業者が生まれ、若者の貧困率が高齢者を大きく上回るなど「世代間格差」という言葉が取りざたされた2008年の東京近郊。振り込め詐欺の巧妙な手口や、民間企業以上の規律で運営される詐欺組織の実態を交えながら、様々な動機で振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちの”転落”模様を、激しくもユーモラスに活写する。  杉野が演じる主人公・草野誠実は、順風満帆な勝ち組人生を歩んできたが新卒切りにより無職に。時を同じくして発覚した父親の難病治療のため振り込め詐欺を始めるが、やがて詐欺師としての才覚を発揮し、詐欺グループのリーダーへと成長していく。  杉野は本作への出演オファーを受けた当時を「嬉しさと巡り合わせを感じました。杉野遥亮としても一俳優としても、今後の財産になる方との出会いや経験がここにあるんじゃないか、と思いました」と振り返る。  主人公の誠実に対しては「誠実の深い想いに同調できる部分が多々あります。社会に対して思うこと、不条理、悔しさが誠実の反骨心に繋がりますが、僕自身も納得できない事や悔しさが前に進むきっかけにもなっています。その根底にあるものは今を生きる人々に突き刺さると確信しています」と共感できる部分が多い様子。  視聴者に向けて「社会の不条理に対する考え方とそれに立ち向かう手段としての詐欺、何が正解で何が不正解かわからないパラドックスですが、そこに懸命に生きる僕たちを笑っているうちに、気がついたら切なくなってくれたら勝ちだなと思っています。誠実たち詐欺グループの姿を通してカタルシスを感じて欲しいです」とメッセージを寄せている。  小林監督は杉野について「その役の気持ちに寄り添いながら、役の痛みを受け取りながら、演技をするという共感能力の高さが監督として本当に嬉しいですし、役者として非常に信頼しています」と賞賛している。  ドラマイズム『スカム』は、MBSで6月30日より毎週日曜24時50分放送。TBSで7月2日より毎週火曜25時28分放送。

  • 長谷川京子

    長谷川京子の覚悟の“告白”に視聴者騒然 『ミストレス~女たちの秘密~』第7話

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)の第7話が5月31日に放送され、香織(長谷川)が貴志(杉野遥亮)に、自分が父親の愛人だったことを告白するシーンに、視聴者から「つらーーー」「恋は病だなあ」「勇気と覚悟も相当なものだったと思う」などの声がSNSに寄せられた。@@cutter 香織は貴志の母・佳恵(麻生祐未)に2人の交際がばれるのではと気をもんでいた。安岡(甲本雅裕)の離婚が成立していなかったことを知ってショックを受けた友美(水野)は緊急の女子会を招集。そこで冴子(玄理)はおなかの子が悟史(佐藤隆太)の子ではないと告白する…。  冴子が明かした衝撃の事実に思わず沈黙してしまう一同。そんな中、香織が「打ち明けてみたら…?」と切り出すと「悟史さんのことを愛しているなら本当のこと、話すべきなんじゃないかしら?」と持論を語る。貴志に、自分が父・光一郎(橋本さとし)の愛人だったという事実を隠している香織のこの言葉に、ネット上には「嘘ばっかりのあなたが言うのー???」「香織、自分に言い聞かせてるんだよね。貴志に洗いざらい告白したいんだ」「話すべきなのどうなの」などの意見があがった。  その後、香織は貴志に連れられて光一郎の墓参りへ。その帰り道、香織は「私、ずっと嘘付いてた…」と口を開くと、貴志に自身が光一郎の愛人であったことを打ち明ける。香織の言葉に「どういうこと…?」と狼狽する貴志。弁解するため「聞いて!」と貴志に歩み寄った香織だったが、彼は後ずさりしながら「聞きたくない!!」と彼女のことを拒否してしまう。このやりとりにSNS上には「息子、マジで信じてたのか。ピュア過ぎ」「知ってるのかと思ってた」「貴志、まじで気付いてなかったんか…」などの反響が投稿された。  また香織の告白に視聴者からは「大体ねー愛人してた相手の息子と関係持つなんて正気の沙汰じゃないのよ」「つらーーー」「そりゃそうなるわな」「寂しさ故の恋。恋は病だなあ」「香織の勇気と覚悟も相当なものだったと思う」などのツイートも寄せられていた。

  • 『ミストレス~女たちの秘密~』第6話場面写真

    今夜『ミストレス』、杉野遥亮と結ばれた長谷川京子 さらに深みにはまっていき…

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)の第6話が今夜放送。とうとう貴志(杉野遥亮)と結ばれた香織(長谷川)は、彼のとりこに。一方、友美(水野美紀)の前にはミキ(筧美和子)が現れ…。@@cutter 本作は、英国BBCのヒットドラマ『Mistresses』を原作とする現代群像劇。幸せをテーマに、4人の女性たちが現代日本の生きづらさや焦燥感に向き合う様を描く。主演を長谷川が務めるほか、女優の水野美紀、玄理、大政絢らが出演する。  とうとう香織は貴志と結ばれ、より一層彼のとりこになっていく。一方、死んだ夫の愛人と名乗るミキから、保険金を分けて欲しいと言われた友美は恐怖と怒りに震える。  悟史(佐藤隆太)は妻が妊娠したのが自分の子だと勘違いして大喜びするが、その姿に冴子(玄理)は何も言えなくなる。そして玲(篠田麻里子)の結婚前夜、やっと樹里(大政)は自分の素直な気持ちを玲に伝えるのだが…。  『ミストレス~女たちの秘密~』第6話は、NHK総合にて今夜5月24日22時放送。

  • 長谷川京子

    長谷川京子と杉野遥亮の濃厚ラブシーンに視聴者「美しすぎて…」『ミストレス』第5話

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)の第5話が17日に放送され、ヒロインを演じる長谷川と、ヒロインに想いを寄せる青年に扮する杉野遥亮が濃厚なラブシーンを展開すると、SNSには「エロいんだわぁぁぁ」「美しすぎて…」などの声が殺到した。@@cutter 貴志(杉野)が京都の大学に戻り、香織(長谷川)は寂しい毎日を送っていた。一夜の過ちで坂口(細田善彦)の子を身ごもった冴子(玄理)は悟史(佐藤隆太)に真相を打ち明けられずに苦しみ、毎日無言電話に悩まされる友美(水野美紀)は樹里(大政絢)と一緒にその犯人捜しにやっきになる。  かつての恋人の息子である貴志への想いが募るばかりの香織。彼女はある夜、貴志への恋心を断ち切るためにスマートフォンに登録していた彼の電話番号を削除する。とその瞬間、リビングにインターホンのチャイムが鳴り響く。香織がインターホンの画面に目をやるとそこには貴志の姿が写っていた。このシーンにネット上には「貴志が来た!!」「杉野くん来たやん!」「インターホン越しでもイケメン笑」などの反響が寄せられた。  インターホン越しに「どうしてもあなたのことが忘れられなくて…」と語る貴志を走って出迎えた香織。2人は玄関で見つめ合うと熱い抱擁を交わし、どちらともなく唇を求めて貪るようにキスをする。お互いに服をはだけながらソファに腰を下ろすと、香織はウットリとした表情で「あなたが好き…」とささやき「どこにも行かないで…」ときつく貴志を抱きしめる。貴志はそのままソファに香織を押し倒すと、彼女の言葉に応えるように首筋に唇を這わせる。  香織と貴志の濃厚なラブシーンに視聴者からは「激しいな、おい」「待って濡れ場がもう美しすぎて…」「R‐18じゃなくていいんですか??(笑)」などのツイートが殺到。さらに「長谷川京子のアヒル口がなんとも色っぽいよなー」「ハセキョーの唇がエロすぎ」という感嘆の声や、「杉野くんのキスエロすぎて今夜は眠れない」「木戸くんの横顔美しすぎる」といった反響も寄せられていた。

  • 『居眠り磐音』初日舞台挨拶にて

    松坂桃李、自身のヒーローは父親「磐音みたいに、ものすごくおっとり」

    映画

     俳優の松坂桃李、木村文乃、芳根京子が17日、都内で開催された映画『居眠り磐音』の初日舞台挨拶に出席。松坂は自身にとってのヒーローは父だと言い「磐音みたいに、ものすごくおっとりしているんですよ」と、本作で演じた主人公との共通点を語った。@@cutter 佐伯泰英による小説『居眠り磐音 決定版』(文春文庫刊)を映像化した本作は、昼間はうなぎ屋で働く一方で、夜は両替商の用心棒として悪と戦う坂崎磐音(松坂)の活躍を描く。この日は共演者の柄本佑、杉野遥亮、石丸謙二郎、谷原章介、そしてメガホンを取った本木克英監督も出席した。  左利きの松坂は、劇中の殺陣を右手で行ったことについて「実はそんなに問題ではなく」と回想。その理由を「今までの日常生活で、例えばモノを書くとか食べるとかで右を使うっていうのは大変なんですけど、刀の場合は今まで生まれてきて、左でやってなかったっていうのが、功を奏したといいますか。そんなに違和感なく、右で刀の稽古はできたかなっていうのはありましたね」と明かした。  その後、磐音が新しいヒーロー像を提示することにちなみ、それぞれにとってのヒーローは誰かに話が及ぶと、松坂は「父ですかね」と回答。「磐音みたいに、ものすごくおっとりしているんですよ。声も小さいし、僕の母親の方がワーッと喋って、それを『うんうん…』みたいな。武士か!みたいな感じのテンションなんですけど」としたうえで「僕や姉、妹が悪さをしたりとか喧嘩をしたりすると、ものすごい勢いでガーっと怒ったりする。この緩急が、背筋がピッとなるというか、ちゃんとしたところに正してくれる」と明かした。  一方の杉野は、事務所の先輩である松坂だと言い「優しいですね。本当に。拙い僕をいつもフォローしてくれて。ヒーローだなって、すごい思います。ありがとうございます」とコメント。これを受けた松坂は「いやいや、こちらこそ」と頬を緩めつつ「うちの事務所はそういう教育のもとでやっておりますので。いずれ杉野も、そういう風に。後輩ができたら、やるようになるんではないでしょうか」と返していた。

  • 映画『居眠り磐音』完成披露試写会に出席した松坂桃李

    松坂桃李、令和の抱負は「豊かに」 後輩・杉野遥亮へも期待

    映画

     俳優の松坂桃李が、6日、都内で開催された映画『居眠り磐音』完成披露試写会に出席。共演の木村文乃、芳根京子、杉野遥亮、南沙良らと令和の抱負を明かした。@@cutter 佐伯泰英の小説『居眠り磐音 決定版』(文春文庫刊)を基に、昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替商の用心棒として悪と戦う坂崎磐音の活躍を描く本作。時代劇初主演を務めた松坂は「磐音は壮絶な過去を、運命を背負わなければいけなくなるんですけども、その運命とともに、向き合いながら、日々撮影に臨んでいましたね。その気持ちを大事に大事にしながら、最後まで撮影を駆け抜けていった思い出があります」と撮影を振り返った。  その後、一同が令和の抱負を掛け軸で発表する一幕があり、松坂は「豊かに」という文字を披露し「仕事も生活も豊かに。自分自身、周りも含めて豊かになれるようにやっていきたい」とコメント。  具体的にどんな部分を豊かにしたいか問われると「もっと事務所が豊かになればいいかな。ちょっとね、人数少ないので。うちの事務所(笑)」と明かして会場を沸かせ「後輩も含めて頑張っていただいて」と、事務所の後輩である杉野に期待を寄せた。これを受けた杉野は「無言の圧をすごく感じて。ギラっていう目線が怖かったです」と白い歯を見せた。  一方、おこん役の木村は、3年ほど前から始めたダイビングに触れ「64本しか行っていなくって。ダイバーの大人になったねって言う本数が100本らしいんですね。なので、令和元年中に100本を目指したい」と宣言。  また、磐音の許嫁・奈緒を演じた芳根は「海外旅行」と回答。母とともにタイ料理が好きだそうで「一緒にタイに行きたいねと言っているので、まずは母にパスポートを更新してもらうところから始めようと思っています」と笑顔で抱負を語った。  この日は石丸謙二郎、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木克英監督も出席した。  映画『居眠り磐音』は5月17日より公開。

  • 長谷川京子

    長谷川京子と杉野遥亮のキスに「エロい」の声殺到 『ミストレス』第2話

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)の第2話が26日に放送され、長谷川と杉野遥亮のキスシーンに、SNS上には「エロいな」「キスシーン綺麗」「芸術的すぎる…」などの声が寄せられた。@@cutter 同作は、英国BBCのドラマ『Mistresses』を原作とする群像劇。幸せをテーマに、4人の女性たちが現代日本の生きづらさや焦燥感に向き合う様を描く。  香織(長谷川)は死んだ父の愛人ではないかと貴志(杉野)から疑われるが、シラを切り通す。友美(水野美紀)は安岡(甲本雅裕)とデートの約束をして舞い上がったものの、キャンセルされてしまう。悟史(佐藤隆太)と子作りのことで意見が合わずにもめている冴子(玄理)は、同僚の坂口(細田善彦)と急速に接近。そんな中、貴志が香織の前に再び現れ、付き合って欲しい場所があると香織を誘い出し…。  ある日、貴志はランニング中の香織と接触。貴志は「今夜少しだけ時間をもらえませんか?聞きたいことがあるんです」と願い出る。これに香織が「お父様のことを思うなら、あなたも早く元の生活に…」と断ろうとすると、貴志は真剣な表情で「これで最後にします」と一言。貴志を演じる杉野の姿に、SNS上には「杉野君顔が綺麗だからミステリアスな色気が凄いな」「杉野くん怖いがそれ以上に綺麗」などの反響が。  夜、迎えにきた貴志に言われるまま、亡くなった光一郎の車に乗り込む香織。貴志は香織を光一郎の別荘に連れて行こうとするが、香織はそれを拒否。貴志は彼女を自宅まで送り届けると、玄関の前で「自分で自分のしていることがわからないんです」と胸の内を明かす。  続けて彼は「ごめんなさい、あなたにひどいことを…」と香織に謝罪。彼女を見つめる貴志は顔を近づけると、そのまま唇を重ね、香織もそれを受け入れる。このキスシーンにネット上には「ハセキョー、エロっ」「杉野くんのキスもエロいな」「キスシーン綺麗」「芸術的すぎる…本当にお綺麗…」などの声が殺到した。

  • 『ミストレス~女たちの秘密~』第2話場面写真

    今夜『ミストレス』、長谷川京子は杉野遥亮に誘い出され…

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)第2話が今夜放送。第2話では、長谷川演じる主人公・香織は、亡くなった愛人の息子・貴志(杉野遥亮)と対峙。4人の女性たちの物語が動き出す。@@cutter 同作は、英国BBCのヒットドラマ『Mistresses』を原作とする現代群像劇。幸せをテーマに、4人の女性たちが現代日本の生きづらさや焦燥感に向き合う様を描く。主演を長谷川が務めるほか、女優の水野美紀、玄理、大政絢らが出演する。  香織(長谷川)は死んだ父の愛人ではないかと貴志(杉野)から疑われるが、シラを切り通す。友美(水野美紀)は安岡(甲本雅裕)とデートの約束をして舞い上がったものの、キャンセルされて落ち込む。  悟史(佐藤隆太)と子作りのことで意見が合わずにもめている冴子(玄理)は、同僚の坂口(細田善彦)と急速に接近してしまう。  そんな中、貴志が香織の前に再び現れ、付き合って欲しい場所があると香織を誘い出し…。  ドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』第2話は、NHK総合にて今夜4月26日22時放送。

  • 『ミストレス~女たちの秘密~』第1話場面写真

    長谷川京子の運命が大きく動き出す! 今夜『ミストレス』スタート

    エンタメ

     女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)が今夜からスタート。第1話では、長谷川演じる主人公・香織の元に、不倫関係にあったが死亡した元恋人の息子が訪ねてくる。香織が父の死に関与しているのではないかと疑いの目を向けられるのだが…。@@cutter 同作は、英国BBCのヒットドラマ『Mistresses』を原作とする現代群像劇。幸せをテーマに、4人の女性たちが現代日本の生きづらさや焦燥感に向き合う様を描く。主演を長谷川が務めるほか、女優の水野美紀、玄理、大政絢らが出演する。  医師の香織(長谷川)は不倫関係にあった患者の死をめぐり、その息子・貴志(杉野遥亮)から疑いの目を向けられる。女手一つで娘を育てる友美(水野)は7年ぶりの恋の予感に心が沸き立ち、キャリアウーマンの冴子(玄理)は子供を作るべきかで夫・悟史(佐藤隆太)と対立していた。奔放な恋愛をおう歌する樹里(大政)は、ある女性との出会いになぜか心がときめく。  そんな四人の女性の運命が交錯して、思いもよらない物語が始まる…。  ドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』第1話は、NHK総合にて今夜4月19日22時放送。

  • (左から)『居眠り磐音』プレミアイベントに登場した芳根京子、松坂桃李、木村文乃

    松坂桃李、闘牛士に!? 『居眠り磐音』原作者が松坂モデルの短編を執筆

    映画

     俳優の松坂桃李が4日都内で、映画『居眠り磐音』のプレミアイベントに登場。原作者である佐伯泰英が、松坂の演技に刺激を受けて、『居眠り磐音』の特別短編を手がけたと発表すると、松坂は目を丸くして驚いた。@@cutter 同作は、累計発行部数2000万部を超えた同名小説シリーズを原作とする時代劇映画。脱藩した浪人・坂崎磐音(松坂)が、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、奮闘する様を描く。  今回のイベントには松坂や佐伯の他、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮 西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、本木克英監督が出席した。  本作で時代劇初主演を飾った松坂は、“令和元年”初の時代劇だとMCに言われて「演じている時は新元号一発目とは全く思っていなかった」とニコリ。自身の役どころに関しては「僕の武士のイメージは、男たる者と、武士たる者、という強い鋭いイメージがあった。磐音の場合は、普段は肩の力が抜けて、まわりに翻弄されやすい部分がある。でも、いざ自分の正義を貫かないといけない時はしっかり武士になる。そこのギャップが、自分の持っていた武士のイメージとは違う種類だった」と話した。  磐音に好意を抱く金兵衛の娘・おこん役の木村は、本格的な時代劇は初めて。「全部が初めてで、スゴく緊張しながら毎日撮影した」と言い、5度目の共演となる松坂は「今まで見てきたどの松坂さんよりも、凛としているところが強かった」と話した。  本木監督は、やや緊張した面持ちで、本作に出演していたピエール瀧に言及。「あの一件の直後に、何人もの俳優たちが『(瀧の出演部分の代役を)自分でよければやるよ』と言ってくださったことにこの場で感謝したい」と述べた。  佐伯も「一部のマスメディアでは『一出演者と作品は別のもの』という意見がしきりに取り沙汰されている。映画の製作には、それぞれ異なった作風があり、製作事情がございましょう。個々の判断があってしかるべきだと思う」と主張し、「再撮影の決断と、スタッフの再挑戦を全面的に支持する」とコメント。これを受けて松坂は「勇気、強い気持ちが湧き上がってきた」と感謝を口にした。  イベント最後には、佐伯書き下ろしの短編小説などを収録した特別文庫『居眠り磐音 劇場版 00』を、本作の入場者特典として数量限定で配布されることが発表された。松坂を見て佐伯は「京都に行って君の演技を見ていた時に、頭の中にフゥッ!と思い浮かんだ」と告白。「僕は半世紀前、闘牛ばかり取材していた人間。その時の体験を、なんとなく君に重ね合わせた。夢と虚構を描いた短い小説ですけど、『闘牛士・桃李』…、マタドール。この短編を君に捧げます」と言うと、会場から歓声と拍手が沸き起こった。  松坂は「え!? 闘牛士の話ですか!?」と驚きをあらわに。佐伯は「映画もそうじゃないですか。現(うつつ)と夢と…まぁ、読んで!」と大笑いした。  映画『居眠り磐音』は、5月17日より全国ロードショー。

  • (左から)花王「アタックZERO 新CM発表会」に登場した松坂桃李、菅田将暉

    菅田将暉の自室は物置状態!? 間宮祥太朗「真冬に浮き輪があった」と暴露

    エンタメ

     俳優の松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人、間宮祥太朗、杉野遥亮が1日、都内で開催された「アタックZERO 新CM発表会」に登壇。松坂や菅田らが、この春始めたいことを明かした。@@cutter 新洗濯用洗剤・ゼロ洗浄の「アタック ZERO」のCMキャラクターを務めることになった5人。全4篇にわたる新CMでは、洗濯好きな社会人サークル“#洗濯愛してる会”を発足し、5人が戯れながら洗濯をする姿が描かれる。  ドラマや映画などで共演経験のある5人は、気心知れている様子。全員と共演経験がある松坂は、今回のCMメンバーを聞いたとき「すごくうれしかった。早くやってみたかった」と明かし、菅田も「笑っちゃった。普通に楽しそうだなと思った」とニッコリ。  松坂はCMでリーダー役を演じたが、「個性豊かな皆さんが集まって、若干圧が強いかなと思って。まとめられたのかなと一抹の不安がありました」と苦笑いし、菅田も「まとめる気のないみんなだったので(笑)」としみじみ。それに対して、賀来が「まとまる気がないわけじゃない」と返すと、すかさず間宮が「まとまる気ないでしょ!?」と突っ込んだり、菅田が「一番ない人がよく言うな!」と続けたりするなど、息の合ったトークを繰り広げた。  イベントでは、この春“ZERO”から始めたいことを発表。菅田は「インテリア」と挙げ、「部屋におざなり感があって」と理由を説明。菅田の部屋を訪れたことがあるという間宮が「真冬に浮き輪があった」と明かすなど物置になっているそうで、菅田は「整理したい。DIYとかオーダーメイドとかもやってみたいですね」と宣言した。  一方、松坂が始めたいことは「体力作り」。手書きのフィリップを掲げた際、菅田に「体力なさそうな字ですね」と突っ込まれ苦笑いしながらも、「この前舞台をしたとき、セリフや立ち回りのときに体力がなくて、袖で死にそうになってた。自分が情けないので、ゼロから筋トレを始めたい」と決意を明かした。  また、杉野は「親との関係性」といい、「業務連絡しかしてなくて、ありがとうとか言えてない。これからはやりたい」と意気込みを。間宮は趣味でやっているバレーで、「レフト」のポジションに挑むこと、賀来は家族で「キャンプ」をすると明かしていた。  「アタックZERO」新CM全4篇は1日より順次全国で放送。

  • 『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』完成披露イベントにて

    上白石萌音、横浜流星は「壁ドンマスター」 杉野遥亮と胸キュン対決も

    映画

     女優の上白石萌音、俳優の杉野遥亮、横浜流星が12日、都内で行われた映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』完成披露イベントに出席した。@@cutter 渡辺あゆの人気マンガを原作に、“壁ドン”が一大ブームとなった映画『L・DK』(2014年公開)の実写化第2弾。学校一のイケメンで彼氏の久我山柊聖(杉野)と秘密の同居生活を送る女子高校生の西森葵(上白石)だったが、柊聖の従兄弟・久我山玲苑(横浜)が転校してきたことで3人で暮らすことに。揺れ動く三角関係を描く。  この日は三角関係を描いた本作にちなみ、上白石の手作りチョコを巡って杉野と横浜が“胸キュン対決”をすることに。巨大なハート型のチョコに女子をキュンとさせるメッセージを書き、どちらが上白石の心を掴めるのか競った。  杉野はシンプルに「大切」と書き「今日は大切な日。好きとか考えたけど、これが1番合っているかな」とコメント。横浜は大きく「大好き」と記して「大好き。付き合って」と生告白を披露した。これには会場も大歓声だった。  悩み抜いた上白石は勝者に横浜を選び、「絞りで書いた文字の頑張った痕跡。拭いきれないマヨネーズ感…。すごく不器用なりに頑張ったんだと感じて(選んだ)。杉野くんはまさかの熟語でドキッとしたけど、痕跡や頑張っている過程が見えたのでマヨネーズにしました」と独特な総評を語ると、横浜は「マヨネーズって…。言い方!」とツッコんでいた。  上白石は、本作で恋愛映画初挑戦となったが「最初にマネージャーさんに言われた時、絶対ウソだと。まさか私がヒロインをやるわけないと思ってしばらく信じられなかった」と素直な気持ちを吐露。クランクインまで不安な気持ちと戦い続けていたが「2人が紳士。みなさんが思っている通りのお人柄で、2人はもともと仲が良くて、私を迎え入れてくれて、なんて器が大きいんだろうと。2人に支えられましたね」と感謝した。  胸キュンシーンが多く取り入れられた本作だが、杉野と上白石は“身長差”に悩まされたという。上白石は「人生初壁ドンはとっても苦い思い出。壁ドンっていうと顔と顔が至近距離でドキッというものですけど、身長差があるのでそのまま壁ドンされると(目の前が)胸板。キュンというよりゾクッとした」と苦笑いで、「試行錯誤してどうしたら美しい壁ドンができるのか手間暇をかけた。壁ドンはアクション」と苦労を明かした。杉野も「萌音ちゃんとは身長差が大きな障害。キスシーンも大変だった」と振り返った。  また、上白石曰く横浜は「壁ドンのマスター」という。「壁ドンにスピードがある。構えるまでもないみたいな…」といい、杉野も「壁ドンでいうと玲苑が1番しているからね」と語った。横浜は「柊聖がスマートに壁ドンを決めてくれるので、玲苑は勢いよく距離感をすごく近くして、“ハイブリッド壁ドン”になりました」と新たな胸キュンシーンを創造していた。  『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、3月21日公開。

  • (左から)内澤崇仁(androp)、上白石萌音

    上白石萌音が歌う『L・DK』主題歌入り予告解禁

    映画

     女優の上白石萌音、俳優の杉野遥亮、横浜流星が共演する映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』より、上白石が歌う主題歌の入った予告映像が解禁となった。主題歌の『ハッピーエンド』は、andropの内澤崇仁が映画を観て書き下ろし、デモ音源を聴いた上白石の志願によって、上白石萌音×内澤崇仁(androp)名義で担当することが決まった。@@cutter 本作は累計発行部数1088万部を突破した人気少女コミック『L・DK』が原作。2014年にも実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会現象となったこの作品が、新キャストと三角関係を描くストーリーで再び映画化された。  高校3年生の西森葵(上白石)には学校のみんなに言えない秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)とナイショで付き合い、同居していること。葵は柊聖の家でボヤ騒ぎを起こして部屋をダメにしてしまい、柊聖は葵の家で暮らすことに。そんな中、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜)が突然アメリカからやって来た。同居の秘密はあっさりバレ、葵と柊聖を引き離そうとする玲苑と、まさかの3人同居が始まる!?  今回公開された予告映像では、葵と柊聖の同居生活に、柊聖のいとこである玲苑が加わって、3人の同居生活が始まってしまう様子が描かれている。葵と柊聖のラブラブなバックハグや頭ぽんぽん、さらに葵に想いを寄せる玲苑からのキスなど、女子憧れのシチュエーションが満載の映像となっている。  さらに、映像後半で流れるのは上白石が歌う主題歌『ハッピーエンド』。この曲は、内澤が映画を観て書き下ろした曲で、恋する女の子の気持ちが見事に表現された歌詞となっている。上白石の透明感のある歌声が、映画にさらに彩りを添えている。  上白石は、「初めてこの曲のメロディを聴いた時に、1回聴いただけなのにずっと頭からそのメロディが離れなくて『この曲を歌いたい』と、運命的なものを感じたのを覚えています。この曲の、歌詞が本当にかわいいんです。男性の内澤さんがなぜこんなにかわいい歌詞を書けるんだろう、なぜこんなに恋する女の子の心がわかるんだろうって」と、曲に対する思い入れを語った。  内澤は「楽曲で僕が一番に重きを置いたのは、やはり萌音さんの初キスシーン。初めてって、一度しかないですよね。その初体験を歌詞でそのまま『キス』というワードにしたり、『照れた時に髪を触るクセがある』『ハンバーグが好き』と具体的に表現していくと同時に、萌音さんがこれからもずっと歌い続けてくれる普遍的な曲にしたいという想いも込めました」とコメントを寄せた。  映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は3月21日より全国公開。

  • dejavu×CanCam「#見せたくなるまつげ」オーディション グランプリ発表会にて(左から杉野遥亮、グランプリを受賞した穴井樹乃さん、石川恋)

    杉野遥亮&石川恋、今年のクリスマスの予定は? 来年への意気込みも明かす

    エンタメ

     俳優の杉野遥亮とモデルで女優の石川恋が18日、都内で開催された『dejavu × CanCam「#見せたくなるまつげ」オーディション グランプリ発表会』に出席。近々引っ越しをするという杉野は「クリスマスを考えてる余裕がないですね。新年に向けて家具をそろえます」とニッコリ。石川は「お仕事が入ってますが、夜は友達と集まって鍋パーティーします」と笑顔で明かした。@@cutter 今回、約1000名の応募から選出された9名のオーディションファイナリストの中から、12月発売の『CanCam』誌面にデジャヴュの広告モデルとして出演するグランプリ発表が行われ、穴井樹乃さんが選ばれた。  石川は穴井さんを間近で見て「まつげが魅力的。これは1000人の中から選ばれる実力をお持ちだと思います」と太鼓判。杉野もそれに同意し、さらに「初めての場所で堂々と話せるのもかっこいいですね」と賛辞の言葉を贈った。  続いて、会場に集まった一般女性約100名の中から選ばれた1名と、杉野がにらめっこする “接キュン戦”を実施。杉野が相手に自ら顔を近づけると、会場からは大きな歓声が。挑戦者が照れて顔をそらし、杉野が見事勝利をおさめた。挑戦者から「ずるい」と言われた杉野は、「本当に落としてやるっていう気持ちでいたんで、勝ててよかったです」と笑顔を見せた。  トークでは「来年、本気を出したいこと?」という質問も。杉野は「読書」だといい、「先輩の役者さんとご一緒させていただく機会が多くて、読者が改めて大事だと感じて。みんながやってないようなところまで読んでいきたい」と意気込みを。石川は「CanCamをもっとに盛り上げたい」と専属モデルらしく明かした。  さらに、今年を漢字1字で振り返る一幕も。杉野は「貯」をあげ、「今年は来年、再来年に向けて、自分の中で蓄えるもの、出会いが多かった。貯めたもののおかげで来年はいいスタートを切れると思います」と回答。石川は「根っこの“根”」といい、「お仕事でも精神的にも“根”を張れたので、来年は“花”を咲かしたい」と意気込みを明かしていた。

  • 映画『春待つ僕ら』公開“Anniversary”舞台挨拶に出席した土屋太鳳

    土屋太鳳、“制服卒業”を宣言! 最新映画『春待つ僕ら』は「集大成」

    映画

     女優の土屋太鳳が15日、主演映画『春待つ僕ら』の公開“Anniversary”舞台挨拶に出席。「高校生も3年間で卒業するし、私も女優として(映画などで)3年間制服を着続けた。『(本作は)その集大成、卒業作品なのかな』と思いながら撮影させてもらいました」と“制服卒業”を宣言した。@@cutter 本作は、あなしんによる同名漫画を原作とする青春ラブストーリー。高校に入学したものの、なかなかクラスに馴染めない女子高生・春野美月(土屋)と、個性あふれるバスケ部男子たちの交流を描く。イベントには土屋のほか、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、平川雄一朗監督が出席。キャスト陣はクリスマスを意識した衣装で登場した。  主人公を演じた土屋は、現在の心境を問われて「卒業式に参加する気分」と言い、「朝ドラが終わった後、2015年ごろからキラキラした青春映画が多かったです。そこから約3年経った。高校生も3年間で卒業するし、私も女優として(映画などで)3年間制服を着続けさせていただきました。『(本作は)その集大成、卒業作品なのかな』と思いながら撮影させてもらいました」と告白。温かい雰囲気の会場を見渡し、「(制服着用作品の最後の舞台挨拶などとして)女優人生の栄養にしていきたいです」と述べた。  朝倉永久役の北村は「敵チーム(の選手役)の小関君も含めて、本当に仲がいい」とキャスト陣の親密さを強調。「いろいろ、くじけそうになったことがたくさんある中で、稲葉君が『これ(大変な撮影など)を乗り越えられるキャスティングなんだと思う。僕らがここにいるのは、乗り越えるために選ばれたんじゃないの?』みたいな話をしてくれて、スゴく感銘を受けた。このメンバーだからこそ作れた作品」と話した。  イベント中盤には、撮影の合間に楽しんでいたというパーティーゲーム「ワードウルフ」を実施することに。「みんなとは異なるお題」を与えられた少数派の人(ワードウルフ)を多数派が探し出す、というこのゲーム。ほかの登壇者らが「3ポイントシュート」というお題を与えられた一方、北村1人だけ「ダンクシュート」のお題を与えられ、ワードウルフになることに。北村はほかのキャスト陣に合わせてトークを展開し、平川監督以外のキャストを見事だまし通した。  ワードウルフの北村を見破れなかった登壇者を代表し、土屋が小関を相手に、まるで告白するかのように、本作のメインコピーである「大事なものなんて見つからないと思っていた」というセリフを生披露。土屋が照れ笑いを浮かべる中、北村らが「エンダァァ〜!」と映画『ボディガード』(1992)の主題歌『オールウェイズ・ラヴ・ユー(英題:I Will Always Love You 』の一節を笑顔で合唱し、2人を煽っていた。  映画『春待つ僕ら』は公開中。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access