新津ちせ 関連記事

  • 映画『ディリリとパリの時間旅行』(左から)新津ちせ演じるディリリと、斎藤工演じるオレル

    新津ちせ&斎藤工、『ディリリとパリの時間旅行』吹き替え版声優に決定

    アニメ・コミック

     子役の新津ちせと俳優の斎藤工が、映画『キリクと魔女』『夜のとばりの物語』などで知られるフランスアニメーション界の巨匠ミッシェル・オスロ監督最新作『ディリリとパリの時間旅行』の日本語吹き替え版声優を務めることが決定。これからアフレコ収録に挑む2人からのコメントも到着した。@@cutter 本作は、新たな芸術や科学技術が花開き、美しい時代<ベル・エポック>と呼ばれた19世紀末から20世紀初頭のパリが舞台の物語。ニューカレドニアからやってきた主人公ディリリが、パリで出会った最初の友人オレルとともに、キュリー夫人やパスツール、ピカソ、マティス、モネ、ロートレック、プルースト、サラ・ベルナールら、この時代を彩った多くの天才たちと出会い、不可解な誘拐事件の謎を解いていく。  映画では、夕暮れのヴァンドーム広場、着飾った人々が集うオペラ座、チェイルリー公園や凱旋門など、オスロ監督自身が4年間撮りためた写真を元に背景を作成。映画『イングリッシュ・ペイシェント』のガブリエル・ヤレドによる美しい旋律と共に、ベル・エポックにタイムスリップするかのように美しいパリが堪能できる作品だ。  ディリリを演じる新津は「どんなときでも前を向いて、自分の気持ちにまっすぐに行動するディリリが大好きです! ディリリも私も『なわとびが好き』という共通点があって嬉しかったです」と役柄に親近感を抱いている様子。  続けて「性別や年齢や見た目で差別されることなく、みんなが自分らしく生きていける世界になるように、という願いがこめられている映画だと思います」と作品の感想を語り、「ひとつひとつの言葉を大切に、気持ちをこめてアフレコがんばります。小さなディリリの大活躍をどうぞお楽しみに!」と意気込みを見せている。  オレル役の斎藤は、今作について「麗しきベル・エポックのパリを描いた、惚れ惚れするほど美しいオスロ監督の新作に詰め込まれた大きな議題は、現代に直結していて、オスロ作品の中でも過去最大の深さや力強さを感じました」とコメント。そして「ベル・エポックがどういう意味合いの時代だったのか、優美な世界観の奥にある真実を是非見つめて頂きたいです」とメッセージを寄せている。  映画『ディリリとパリの時間旅行』は8月24日より全国順次公開。

  • 『駅までの道をおしえて』出演キャスト

    新津ちせと笈田ヨシが76歳差共演で友達役 『駅までの道をおしえて』

    映画

     アニメーション監督・新海誠の娘としても知られる子役の新津ちせが映画初主演を務める『駅までの道を教えて』の公開日が10月18日に決定。また、パリを拠点に活躍するベテラン俳優の笈田ヨシが、主人公のサヤカ(新津)と心を通わせる孤独な老人の役で共演することが発表された。@@cutter 本作は、直木賞作家・伊集院静による同名小説が原作。愛犬ルーを亡くしたショックから立ち直れない少女・サヤカを主人公に、彼女と幼い息子を亡くした老人との出会いと、二人の心の交流を温かい筆致で描いていく。主演には一般公募のオーディションを経て、映画『3月のライオン』やミュージカル『美少女戦士セーラームーン』への出演で注目を集める新津を抜てき。撮影は1年間かけて時系列で進め、彼女の成長がリアルタイムで感じ取れる作品となっている。  パリを拠点に俳優・演出家として活躍し、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 ‐サイレンス‐』でも強烈な印象を残した笈田が演じるのは、主人公サヤカと出会い、心を通わせることになる孤独な老人・フセ役。サヤカとフセの年の離れた友情が映画の見どころの一つとなるが、新津と笈田の年齢差は実に76歳。共に犬好きなこともあり、本物の友達のように仲むつまじく撮影に臨んでいたという。  また、サヤカを温かく見守る家族として、両親役を坂井真紀と滝藤賢一、近所で暮らす親類役をマキタスポーツと羽田美智子、祖父母役を市毛良枝と塩見三省が演じる。さらにサヤカを取り囲む重要人物として、柄本明が動物病院の院長役、余貴美子が病院の婦長役と、豪華ベテラン俳優陣が集結している。  映画『駅までの道をおしえて』は10月18日より全国公開。

  • 『3月のライオン』倉科カナ×清原果耶×新津ちせインタビュー

    神木隆之介に“ギャップ萌え” 『3月のライオン』倉科×清原×新津の3姉妹が告白

    映画

     羽海野チカの人気コミックを2部作で映画化する『3月のライオン』。本作で孤独だった主人公・零に温かな愛を届けるのが、川本家の3姉妹だ。演じる倉科カナ、清原果耶、新津ちせを直撃し、零役の神木隆之介の「ここが好き!」というポイントをズバリ聞いてみた。@@cutter 本作は17歳のプロ棋士・零が、数々の対局や人々との出会いを通して成長していく姿を描く人間ドラマ。後編では、愛を知った零がまっすぐに人生に向き合っていく様が感動的に綴られる。  零にとって、姉妹は愛を教えてくれる存在。棋士として厳しい闘いに挑む零を、明るく支える様子は本作の“光”ともいえる大きな魅力のひとつだ。倉科、清原、新津の3人は役作りのひとつとして撮影前に「お泊まり会を実施した」と明かす。長女・あかり役の倉科は「撮影で使わせていただいた家に集まって。モモが“カレーを食べたい”と言うので、スーパーに買い出しに行って、カレーを作って、一緒にお風呂に入って」と振り返ると、思わず笑顔がこぼれる。  三女・モモ役の新津は「カレー作りのお手伝いをしました!」と元気良く報告し、「キュウリをつまみ食いしちゃった」とはにかむ。次女・ひなた役の清原は「最初の方は零くんもいたね。モモが折り紙を持ってきて、みんなでこたつに入って折り紙をしました」と言うと、新津が「すごく楽しかった!」と3人でワイワイと思い出話に花が咲く。  新津は「お姉ちゃん二人がすごく優しくて、本当にお姉ちゃんがいたらいいのになと思いました」と二人に顔を近づけるなど、元気いっぱい。川本家の食卓風景はアドリブも多く使用されているそうだが、倉科と清原が新津を優しく見守る姿は、劇中そのもの。倉科は「私自身も妹と弟がいるので、あかりさんと共通点も多かったんです。原作を読んだのはデビュー当時ですが、実はその時に“あかりさんを演じたい”と思ったんです。やりたいと思ってそれが叶うということはなかなかないので、すごくうれしかった」とあかり役に並々ならぬ愛情を寄せていた。@@separator 清原は、そんな倉科から受け取るものも多かったと話す。「現場でもずっとモモの面倒を見ていただいたり、いつも周囲に気を配ってくださっったり、本当のお姉ちゃんみたいに優しかったです。そんな倉科さんの持っている温かな雰囲気に支えられて、最後まで撮影できました。私も年齢を重ねた時に、共演者の方を優しく支えられるような女優さんになりたいです」。  姉妹の絆を育んだ3人だが、主演の神木とも多くの時間を過ごした。2部作の座長ともなった神木の「ここが好き!」というポイントは?倉科は「ゆるさが好きです」とにっこり。「内側にお芝居へのものすごい熱さや闘志を持っているんですが、それを外には見せない。神木くんが“空き時間にカラオケに行ってきたよ”と言うので、“ひとりで!?”と驚くこともあって(笑)。ゆるさがあってかわいらしいのに、お芝居はすごい。ギャップ萌えします」。  清原は「すごく気さくで、いつも楽しませてくれるんです。常に優しいオーラをまとっていてみんなを和ませてくれる。先日ラジオの収録があったのですが、マイクが『もののけ姫』のキャラクターに似ていると神木さんがおしゃって。もうそれにしか見えなくなってしまい、笑いをこらえるのに必死でした」。新津は「細いところ!」と細身のスタイルも好きだそうで、「あとはたくさん遊んでくれるところ。一緒にゲームして、本を読んで、お話もたくさんしました。すごく面白いです」とそれぞれが神木の癒しオーラにぞっこんの様子だった。  後編でひとつの見せ場となるのが、零が家族の前でひなたに唐突な愛の告白を放つシーン。ひなたが驚きのあまり卒倒してしまうのだが、清原は「倒れる時にスカートがめくれそうになってしまって。姉妹3人でここをおさえたらスカートがめくれないんじゃないか、と会議をしました」と撮影秘話も披露。倉科は「あはは!」と笑いながら、「本作では棋士のみなさんの闘いもスパークしていますが、女子たちも闘っています。ぜひその生き様にも注目してほしいです」とアピールしていた。(取材・文・写真:成田おり枝)  『3月のライオン 前編』は公開中、『3月のライオン 後編』は4月22日より公開。

  • 神木隆之介、『3月のライオン』対局中に甘い物忍ばす 共演者にバラされ照れる

    神木隆之介、『3月のライオン』対局中に甘い物忍ばす 共演者にバラされ照れる

    映画

     俳優の神木隆之介が22日、映画『3月のライオン 前編』の完成披露試写会に登場。ステージ上で司会さながらのトーク回しを行なった一方、有村架純や奥野瑛太ら共演者から甘物エピソードを暴露され、照れ笑いを見せた。@@cutter 本作は、青年コミック誌「ヤングアニマル」(白泉社)で連載中の同名漫画(著者・羽海野チカ)を原作とする青春ドラマ。17歳のプロ棋士・桐山零と彼をめぐる人々の生き様を、前後編の2部作で描く。本試写会には神木や有村をはじめ、倉科カナ、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、染谷将太、中村倫也、前田吟、新津ちせ、奥野、大友啓史監督が出席した。  神木は今回、中学生でプロ棋士になった天才少年・桐山の役に挑戦。「作品を長期で撮ることが今までなかった。その分プレッシャーもあったけど現場も楽しかった」と言いつつも、対局シーンに言及して「正座をずっとしているわけですよ。1回の本番で10分とか15分、長く集中力切らさずに待っていたんですけど…足がしびれてしびれて」と苦労を吐露。島田開役の佐々木が「対局の後、立ち上がれなかった。本当に足腰が痛くなった」と同調した。  幸田香子を演じる有村は撮影が「ほとんど神木くんと同じシーン」と回想。「撮影の間、枕の下に“何か忍ばせているな…”と思ってパッと見たらチョコレートが隠されてた。(神木が)『食べていいよー』って。お茶目な一面も見てました」とニコリ。  山崎順慶役の奥野も、対局シーンで神木から甘い物をプレゼントされたと告白。「“オレだけに(甘い物を)くれているんだろう”と思っていた」ものの、有村のチョコレートの話を聞いて「スゲー嫉妬します」とポロリ。神木の照れ笑いを誘っていた。  映画『3月のライオン 前編』は3月18日、後編は4月22日より全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access