甲斐翔真 関連記事

  • 『君は月夜に光り輝く』初日舞台挨拶に登壇した永野芽郁

    永野芽郁、北村匠海の手紙に涙「幸せな気持ちでいっぱい」

    映画

     女優の永野芽郁が、15日都内で開催された、北村匠海とのダブル主演映画『君は月夜に光り輝く』の初日舞台挨拶に登壇。北村による手紙のサプライズを受けて、涙をこぼした。@@cutter 同作は、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)の大賞作品『君は月夜に光り輝く』(佐野徹夜著)を原作とする青春ラブストーリー。不治の病“発光病”を患い、外出を許されていない余命ゼロの少女・渡良瀬まみず(永野)と、彼女の願いを“代行体験”する少年・岡田卓也(北村)が織りなす恋愛模様を描く。  今回のイベントには永野や北村の他、甲斐翔真、月川翔監督が出席した。  永野は、本作は「自分が出ている作品なのに変に心が暖かくなったり泣けたりする」と評価。無事公開の日を迎えて「ドキドキしている」と心境を吐露した。  また、本作にちなんで“人生を変えた出会い”を問われた永野は「スカウトマンの人」と回答。「小学校3年生の夏、吉祥寺のアーケードの下の靴屋で、『瞬足(編注:子供向けシューズブランド)がいいかな~』とか思いながら、運動会で履く靴をお母さんと選んでいた。その時、声をかけてくれたスカウトマンの人がいなかったら、私は今ここにいない。(声をかけてもらえなかったら)おそらく…大学生とかしてたのかな。全く違う人生を歩んでいたんだろうなと真剣に思う」と話した。  イベント終盤には、北村が永野に「今日…あなたに手紙を書いてきました」と明かし、撮影から公開までの想いを告白。「あなたを尊敬している。常にどっしり構えて、いつも変わらない芽郁ちゃんにいろんなことを学んでいる。現場では太陽のようだった」と語りかけ、「カメラマンの柳田さんが泣きながらカメラを回しているのも、監督が泣きながらカットをかけるのも、スタイリストの…」と関係者の名前を挙げ始めると、永野は両手で顔を隠して涙。その後、北村からハンカチを受け取って涙を拭きながら、「(関係者らの)名前を出してくれた時に、皆の顔が急にポンポンポン!と浮かんで…」と漏らした。  さらに、客席が黄色のサイリウムで包まれるサプライズを目の当たりにして永野は「この光景、ずっと忘れないな。今、スゴく温かい気持ち。今日、眠れるかな…という感じ。映画と同じ気持ちをもらえた。幸せな気持ちでいっぱい」と感無量の様子を見せた。そこへ北村が、手紙を差し出して「これ、いる?」と尋ねると「いるいるいる! 額に入れるよ、ありがとう!」と喜びを口にした。

  • 『君は月夜に光り輝く』完成披露舞台挨拶にて

    永野芽郁、北村匠海の“光り輝く”シチュエーションにダメ出し!?

    映画

     女優の永野芽郁が19日、都内で行われた映画『君は月夜に光り輝く』完成披露舞台挨拶に出席。舞台挨拶では作品名にちなみ、キャスト陣が光り輝くエピソードを発表。永野とダブル主演を務めた北村匠海の「磯遊びをしている瞬間の自分が輝いています」との発言から、司会者が永野に磯遊びの話題を振ると「私は磯遊びしなくて大丈夫です」と笑顔で断り会場は笑いに包まれた。@@cutter 本作は第23回電撃小説大賞を受賞した、佐野徹夜の同名小説が原作。死期が近づくにつれて肌が光る原因不明の不治の病“発光病”を患う少女と、彼女が叶えることのできない願いを“代行体験”という形で叶えていく少年の純愛物語。  この日の舞台挨拶には永野と北村のほか、甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、及川光博、月川翔監督も登壇した。  不治の病である発光病を患う渡良瀬まみず役を演じる永野は「余命が0だから悲しいっていうヒロインにはしたくなくて、笑って過ごせたり、北村くん演じる岡田卓也くんを好きになっていく過程で自分の命と向き合ったり、自分の心情と戦っている女の子の存在を表現できたらなと思いました。お芝居をしているときは結構苦しかったんですけど、楽しい時間もいっぱいありました」と振り返った。  北村は初共演となる永野の印象について「とにかくすごい方です。芽郁ちゃん演じるまみずがいろいろな感情をさらけ出すので、僕は受け皿になろうと考えていました。でも、僕が受け取るっていう作業をせずとも、芽郁ちゃんがきれいに投げてくれて、受け取った僕がまた投げたものを、芽郁ちゃんが自身にしっかりと溶け込ませてお芝居をしてくれました」と絶賛。  永野は作品名にかけた“〇〇で光り輝く”については「“空気”に光り輝くです。空気がきれいなところに行くとテンションが上がるんですよ。山奥だったり星がきれいなところだったり、こうしてカメラを向けてもらえて舞台挨拶をやったりとかもですね。なかなかない機会は敏感に反応してテンション上がります」と答えた。  映画『君は月夜に光り輝く』は3月15日公開。

  • 『君は月夜に光り輝く』にダブル主演する北村匠海×永野芽郁

    永野芽郁×北村匠海W主演『君は月夜に光り輝く』実写化決定

    映画

     女優の永野芽郁と俳優の北村匠海が、ベストセラー小説を実写映画化する『君は月夜に光り輝く』でダブル主演を務めることが発表された。朝ドラ『半分、青い。』放送終了後、初の映画主演となる永野は「なんだか朝ドラのテンポ感に慣れてしまって、久々の映画の現場に緊張しています」と語っている。@@cutter 本作は、第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて、応募総数4878作品の中から大賞を受賞した佐野徹夜の同名小説を、『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督のメガホンで実写化する青春純愛映画。  高校生の岡田卓也(北村)は、クラスの寄せ書きを届けるために訪れた病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野)と出会う。彼女は、不治の病「発光病」を患っていた。発光病は細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。そして、成人するまで生存した者はいない。病院を出ることを許されず、“籠の中の鳥”であるまみずのために、卓也は彼女の“叶えられない願い”を代行することに。代行体験を重ねるごとに惹かれ合う2人に死の恐怖が迫るなか、卓也の隠された“ある過去”が呼び覚まされる。  まみずを演じる永野は「月川監督の作品に出演できるという喜びと、まみずという、色んな時間を重ねていく度に魅力的な儚さを持つ女の子を演じることができるのが本当に嬉しいです」とコメント。  月川監督と『君の膵臓を食べたい』以来のタッグとなる北村は「原作、台本を読んでみて、すごく純度の高い、そして人として大事なテーマである“命”を扱う映画に再度起用して頂けたことについてとても感慨深く、“卓也”を精一杯生き抜きたいと思います」と語り、決意をあらわにした。  本作には、永野と北村のほか、まみずと卓也が出会うきっかけを作る同級生・香山彰役に甲斐翔真、卓也の亡き姉・鳴子に松本穂香、卓也のバイト先の先輩・平林リコに今田美桜をキャスティング。さらに、まみずの担当看護師・岡崎役に優香、まみずの母・律に生田智子が扮し、卓也の母・恭子に長谷川京子、ある事情でまみずに会うことが出来ない父・真役を及川光博が演じる。  映画『君は月夜に光り輝く』は2019年3月15日より全国公開。

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』完成披露上映会にて

    中川大志がエア壁ドン 男性キャスト陣の“愛の告白”にファン大興奮

    映画

     俳優の中川大志が、12日に都内で開催された映画『覚悟はいいかそこの女子。』完成披露舞台挨拶に出席。中川は「馬鹿な男子たちが一生懸命ガムシャラに恋をする姿を見て、恋したいなと思ってもらえたらうれしい」とアピール。また、ゲームで愛の告白を披露し、会場に集まったファンを大興奮させた。@@cutter 『マーガレット』(集英社)に掲載された椎葉ナナの同名漫画を実写化した本作は、超絶イケメンだが恋愛経験ゼロの“究極ヘタレ男子”、斗和(中川)の初恋を描く痛快青春コメディ。舞台挨拶には、唐田えりか、伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英、小池徹平、井口昇監督も登壇した。  中川や伊藤らイケメンキャストが客席から登場すると、ファンからは割れんばかりの大歓声が。それを受けて、中川は「すごい熱気で迎えていただいてうれしい」と喜び、「今日は初めて見てもらえるので緊張しているけど、楽しんでほしい」とニッコリ。ヒロインの唐田も「今日を迎えられてうれしい」と笑顔を見せた。  キャスト陣はとても仲がよかったそうで、教師役を務めた小池は「大志とか一回りくらい違うけど、一緒にお弁当を食べてくれて。すごく和気あいあいとした現場でした」と回顧。また、中川も「久々にそろったけど、一瞬で撮影していたときの雰囲気に戻れる。そんな仲のいいメンバーで作った映画です」と明かした。  イベントでは、主人公の斗和が愛され男子ということにちなみ、中川、伊藤、甲斐、若林の4人の中で“No.1愛され男子”と“No.1ヘタレ男子”を決めるべく、3本勝負を実施。ストップウォッチジャスト時間当て対決やビリビリペン対決、そして告白対決が行われた。  くじで決められたシチュエーションと相手にあわせて告白することになり、若林はバイト先で部活のマネージャーに、甲斐は家で先輩に、伊藤は遊園地で同級生への告白をそれぞれ披露。そして、最後に中川が後輩相手に放課後というシチュエーションで挑戦し、エア壁ドンをしながら「俺の彼女になってくれない?」と一言。会場からは「かっこいい!」と大歓声が沸き起こったが、伊藤らからは「何をおさえてるの?」と突っ込まれ、中川は照れ笑い。  最後の結果発表では中川はヘタレ男子に選ばれてしまい、「役に選ばれた時から、監督は僕のヘタレな部分を見抜いていたのかも」と苦笑するも、手を掲げながら「胸を張っていきます!」と振り切った様子を見せ、会場の笑いを誘っていた。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • 映画『覚悟はいいかそこの女子。』新場面写真

    ヘタレ男子が恋に一喜一憂『覚悟はいいかそこの女子。』新カット到着

    映画

     俳優の中川大志が主演を務める映画『覚悟はいいかそこの女子。』の場面写真が解禁。公開された場面写真には、中川演じる主人公がヒロインのために一喜一憂する姿が収められている。@@cutter 本作は、少女漫画雑誌「マーガレット」(集英社)で連載された椎葉ナナによる同名コミックを原作にした青春ラブコメディ。“超絶イケメン”で生まれながらの“愛され男子”にも関わらず、実は恋愛経験ゼロのヘタレ男子・古谷斗和(中川)を主人公に、彼が学年一の美女に恋する姿を描いていく。  6月から7月に放送されたテレビドラマ版では、常に女子に囲まれちやほやされていた斗和。“超絶イケメン”で、自身を生まれながらの“愛され男子”と豪語する斗和だったが、10月公開の映画版では、彼女を作ろうと告白をした学年一の美少女、三輪美苑(唐田えりか)にこっぴどく振られてしまい、自分が実は今まで女性と一度も付き合ったことがない「ヘタレ」であると自覚する。  このたび公開された場面写真には、斗和の親友、新見律(伊藤健太郎)、澤田惟智也(甲斐翔真)、久瀬龍生(若林時英)の3人が、美苑に振られた斗和をなぐさめる姿や、副担任の美術教師・柾木隆次(小池徹平)に対し、美苑が自分には見せないような表情で話をしている姿を斗和が目撃して落ち込む姿などが収められている。  さらに斗和が美苑の家に上がり込み手料理を振る舞うシーンのほか、本気で美苑のことを好きになった斗和が、美苑のために一喜一憂する姿も確認できる。さらに、劇中で斗和の想いに対してクールに振る舞う美苑が、実は想いを寄せている柾木と、斗和が対峙するシーンも披露された。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日より全国公開。

  • 『覚悟はいいかそこの女子。』に主演する中川大志

    花晴れとのギャップ! 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』初回

    エンタメ

     俳優の中川大志が主演するドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)の第1話が26日深夜に放送され、中川が演じる“愛され系男子”っぷりに「とにかくかわいいイケメン」」「馳天馬からのギャップがw」などの声が上がった。@@cutter 本作は“ヘタレ男子マンガの先駆け”と言われる椎葉ナナの同名コミックを実写化した10月12日公開の映画『覚悟はいいかそこの女子。』の前日譚を描いた学園ラブコメディ。中川が演じる主人公・古谷斗和(とわ)をはじめとしたヘタレ男子たちが学園中で起こる様々な恋に巻き込まれていく。  超絶イケメンの愛され男子・斗和は、幼なじみの新見律(健太郎)、澤田惟智也(甲斐翔真)、久瀬龍世(若林時英)らとともに学園中の“恋という名の悶絶地獄”に巻き込まれる。超肉食男子の内藤冬馬(杉野遥亮)は、女子から人気の斗和をライバル視。斗和に奪われた女子人気を取り戻すために「顎クイ」「なろ抱き」なんでもありの作戦で手当たり次第に女子にアプローチしていくのだが…。  同日に最終回を迎えたドラマ『花のち晴れ 〜花男 Next Season〜』(TBS系)では、文武両道の生徒会長・馳天馬を演じた中川。本作では『花晴れ』で見せた王子様イケメンキャラから一転、女子から人気だけど、交際経験ゼロの“ヘタレ男子”を熱演している。  斗和が親友たちとハシャギまくる等身大の男子っぷりには「とにかくかわいいイケメン」「馳天馬からのギャップがw」「て、、てん、、じゃなくて、また違う中川大志」など、そのギャップを指摘する声がSNSに殺到。  また、斗和の親友、奥手男子の律を演じた健太郎についても「健太郎くんの表情の演技最高」「メガネやばない?」「律くんやっぱかわいい」などの投稿がネット上に寄せられていた。

  • 『覚悟はいいかそこの女子。』に主演する中川大志

    中川大志がヘタレ男子に 『覚悟はいいかそこの女子。』実写化決定

    映画

     俳優の中川大志が、映画『覚悟はいいかそこの女子。』に主演することが発表された。イケメンだけど、実はヘタレな主人公を演じる中川は「今回の主人公のように、ヘタレな役柄は前から演じてみたかった」とコメントしている。@@cutter 本作は「マーガレット」(集英社)で2014年に連載された椎葉ナナの同名コミックを、『ライヴ』『ロボゲイシャ』の井口昇監督のメガホンで実写映画化する痛快青春恋愛コメディ。超絶イケメンだけど、観賞用男子と野次られ、勢いで学年一の美女に告白し撃沈。その現実が受け入れられず、幾度となくアタックする“究極のヘタレ男子”古谷斗和が、初めての恋を成就させるために奮闘する姿を描く。  中川は「僕自身も、虫も、高い所も、お化けも、全部嫌い。怖いものが多いヘタレです」と告白。ヒロインに何度も告白するという主人公について「一度フラれても、好きな気持ちが無くならない限りは、諦めないと思います」と自身との共通点を語っている。  また本作で、斗和の同級生で幼なじみを演じるキャストも続々と決定。黒縁メガネが特徴の奥手男子・新見律役に健太郎、明るくお調子者の澤田惟智也を甲斐翔真が演じ、映画オリジナルキャラクターの久瀬龍生を若林時英が演じる。  さらに映画の公開に先駆けて連続ドラマ化も決定。ドラマでは、原作にもない、映画の“エピソード・ゼロ”ともいえるストーリーを描き、主人公をはじめとするヘタレ男子たちが、学園中で巻き起こるさまざまな恋に巻き込まれていく。  なお本作の主題歌には、ナオト・インティライミのシングル『ハイビスカス』、挿入歌にはサイダーガールの『約束』が決定した。  映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日よりロードショー。ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』は、MBSにて6月24日より毎週日曜24時50分(初回は26時10分~)、TBSにて6月26日より毎週火曜25時28分(初回は25時35分~)放送。

  • 竜星涼withミヌエット、写真展『ねこカレ』

    竜星涼らイケメン×かわいいネコの最強コンビ 写真展『ねこカレ』開催

    エンタメ

     竜星涼、佐野岳ほか映画、TV、舞台、音楽と活躍中の人気キャスト総勢13名が、かわいいネコとの共演を果たした写真展『ねこカレ』が開催中だ。竜星は「普段みられない写真に癒されること間違いなしです」と自信をのぞかせている。@@cutter 2016年10月に開催した写真展『ねこ男子』から約1年を経て開催される『ねこカレ』には、竜星や佐野に加えて、植田圭輔、染谷俊之、阪本奨悟、秋元龍太朗、西川俊介、崎山つばさ、佐藤寛太、甲斐翔真、伊勢大貴、和合真一、星元裕月ら注目の人気俳優が参加。展示では、彼らとかわいい猫たちとの完全撮り下ろしフォトに加え、撮影時のメイキング映像も上映されるほか、ムック本の先行販売も行われる。  「猫が大好きなんですが、今まで携わる機会がなかったので猫との撮影は楽しかったです」と撮影を振り返った竜星は、「僕は“こなつちゃん”という猫といっぱい写真を撮りました。普段みられない写真に癒されること間違いなしです」とコメントを寄せ、大満足な仕上がりになっているようだ。  写真展『ねこカレ』は、2017年8月11日~2017年8月27日まで、吉祥寺PARCO 7Fイベントスペースにて開催。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access