齋藤飛鳥 関連記事

  • 『THE MUSIC DAY 2019~時代~』AKB48×乃木坂46コラボ曲でセンターを担当した(左から)AKB48小栗有以、乃木坂46齋藤飛鳥、白石麻衣

    AKB48&乃木坂46、コラボ企画に「最高!」「胸熱!」ファン歓喜

    エンタメ

     アイドルグループ・AKB48と乃木坂46が、6日放送の『THE MUSIC DAY 2019~時代~』(日本テレビ系)に出演。2つのグループが共演して乃木坂46の「裸足でSummer」をフォーマンスし、話題になっている。@@cutter 番組テーマ「時代」にちなみ、昭和から平成、令和へとつながる歴代アイドルメドレーのスペシャル企画として歴代アイドルとAKB48、乃木坂46のコラボが実現。AKB48はお腹がチラリと見える白いミニスカートなのに対し、乃木坂46は花や蝶があしらってあるふんわりとしたワンピースでそれぞれのグループの「らしさ」が際立つ衣装で登場した。  メドレーではAKB48が南沙織「17才」、天地真理「恋する夏の日」、アグネス・チャン「ひなげしの花」をアグネス本人と共に歌唱。乃木坂46がキャンディーズ「年下の男の子」、松田聖子「青い珊瑚礁」を披露。さらに、AKB48は松本伊代本人とのコラボで「センチメンタル・ジャーニー」、乃木坂46が荻野目洋子本人と「ダンシング・ヒーロー」をコラボし、会場のボルテージはMAXに。  続けて、AKB48と乃木坂46のコラボで披露したのは、「裸足でSummer」。放送前から披露曲の告知がされたこともあり、AKBと乃木坂ファンの間で期待の声が高まっていた。5日に行われた映画の舞台挨拶を体調不良で欠席した白石麻衣がセンターで元気な姿を見せると、SNS上は「まいやんきたー!!」と大盛り上がり。  またAKBでセンターを務めた小栗有以にも「裸足でSummerを踊る小栗有以めっちゃかわいいし、すごくあってる」と注目が集まった。さらに「乃木坂とAKBのコラボ最高だったー」「『裸足でSummer』でAKBと乃木坂が共演したの胸熱だなぁ。」「AKBと乃木坂が一緒に歌ってるのなんか凄いな!!」とファンが興奮する声が多く寄せられた。  メドレーは最後に、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」を全員でコラボ。新旧アイドルの夢の競演に、ネット上では大いに盛り上がりを見せた。

  • 『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』初日舞台挨拶にて

    乃木坂46・与田祐希「飛鳥さんのアレを食べている」意味深な表現にメンバー爆笑

    映画

     乃木坂46の秋元真夏、齋藤飛鳥、桜井玲香、堀未央奈、与田祐希が5日、都内で行われた映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』初日舞台挨拶に、岩下力監督とともに登場。メンバーの大園桃子と齋藤とのエピソードを意味深に話す与田に、メンバーらは「あやしい感じになってる」と大笑いした。@@cutter 本作は、乃木坂46によるドキュメンタリー映画の第2弾で、前作『悲しみの忘れ方』より4年ぶりの作品。グループのエース・西野七瀬の卒業と、それに戸惑うメンバーたちの心の葛藤や成長の物語が収められている。  堀は「西野七瀬さんが出てくるシーンがあって、当たり前だったのに懐かしく感じてしまう。映像として見たときに、私自身も頑張らなきゃいけないって思いました」と回顧。続けて「真夏さんが泣いていて、くよくよしてるんですよ」と話すと会場には笑いが。秋元は「良い話くると思ったのに!」と声を張り上げ、堀の「良いくよくよだから」との弁明には「褒められてる気がしない」と不満げだった。  また与田は「大園桃子が飛鳥さんのアレを食べているシーンがあって」と意味深な表現。「なんかヤダ!」「あやしい感じになってる」とメンバーが腹を抱えて笑っていると「髪の毛です! うらやましいなと思いました」と慌てた。  同作には、齋藤が地元の同窓会に参加するシーンも収録されているそうで、齋藤は「行ってなにかを得たいわけではなくて、そこに行って体験したっていう事実がほしかったんですよ」とコメント。これに秋元は「なんか、冷酷なこと言ってる?」と笑わせ、齋藤は「カメラが来てくれるんだったら行こうかなって」と説明した。  同窓会については「地元の友達とかもいて、話しかけてくれたりするんですけど覚えてないわけですよ。覚えてないから、ちょっとずつ後ずさりして、カメラの陰にかくれながら『私は参加できてるって』と思ってた」と独自の見解。続けて「先生も、たいしてしゃべったことないんですよ。でも酔っ払ってらっしゃったから『齋藤はこういう生徒で…』ってカメラの前で話していて。『これが同窓会だ…』って思いました。行ってよかったです」と満足げな表情を浮かべていた。

  • (左から)乃木坂46・与田祐希、齋藤飛鳥

    アイドルはなぜ“泣く”のか? 乃木坂46・齋藤飛鳥&与田祐希が語る涙の理由

    映画

     乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』。グループ初のミリオンセールスを記録し、勢いを加速させた2017年から、エース・西野七瀬の卒業を境に転機を迫られた2019年までのおよそ1年強にわたる活動に密着した。その中で印象に残ることの1つに、メンバーたちがたびたび見せる涙を流す姿がある。彼女たちはなぜ“泣く”のだろうか。1期生・齋藤飛鳥と3期生・与田祐希が涙の理由を語った。@@cutter 本作は、2015年公開の『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』以来、4年ぶりとなる乃木坂46のドキュメンタリー作品。17thシングル「インフルエンサー」でグループ初のミリオンセールスを達成し、日本レコード大賞を獲得した2017年末から、史上初の明治神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時ライブ開催、20thシングル「シンクロニシティ」で日本レコード大賞連覇を達成した2018年。さらに、2月の京セラドーム大阪公演でステージを降りた西野の卒業を経て、なおも走り続ける彼女たちの“今”を切り取った。  数万人単位のファンを歌やダンスで魅了するライブや、活動の大きな軸となっている握手会。個々の活躍も目立つメディア出演時にも、笑顔で周囲を明るくしてくれる彼女たちだが、その舞台裏ではうれしいとき、悔しいとき、さまざまな場面で涙を流す。 @@insert1  齋藤は2018年末の『日本レコード大賞』放送終了後、舞台裏で後輩の3期生・大園桃子を抱きしめて涙していた。  「レコード大賞の本番後は、結果自体も純粋にうれしかったし、メンバーが一体となって喜ぶ姿にグッと来ていました。そんな気持ちをかみ締めていたところへ桃子が寄り添ってきてくれて、乃木坂への思いを吐き出す姿に心打たれてしまい…。ちょうど私たちの隣にいた(振付担当の)Seishiroさんも『分かるよ』と共感してくださって、その場にいたみんなの感情が入り込んでくるようで思わず目頭が熱くなっていました」。 @@insert2  一方の与田も福岡へ帰省する場面で“孫のため”にと、祖母が丁寧に作ったスクラップブックを手に取り大粒の涙を流していた。「気持ちは冷静なはずなのに、涙がずっと止まらなかった」と当時の様子を語る。  「おばあちゃんが『応援してるよ』と言ってくれる気持ちがうれしくて、自然と涙が込み上げていました。おばあちゃんの家には、(乃木坂46に)加入してからの約3年間に掲載された雑誌や記事があますことなく保存されていて、ページをめくっていたらいろいろな感情もよみがえってきて。自分でも理由が分からないまま泣いてしまって、心の中で『止まれ! 止まれ!』と叫べば叫ぶほどに涙があふれていました」。 @@insert3  そんな与田に齋藤は「しょっちゅう泣いてるよね」とほほえむが、自身も「加入して数年はよだっちょ(与田の愛称)みたいに、何があっても泣いていて“涙しか感情表現を知らないほど”でした」と回想する。一方、与田は大園とダブルセンターを務めた18thシングル「逃げ水」のリリース当時について「泣かないようにがんばっていました」と振り返りつつ、「気を張っていたはずなのに、いつの間にか泣き虫になっていました」と笑顔で話す。@@separator 本作でもう一つの核となるのは“卒業”というテーマ。エース・西野をはじめとするメンバーの卒業を受けてそれぞれのドラマが映し出されるが、尊敬する先輩から報告を受けた場面で大粒の涙を流していた与田は「寂しさで胸がいっぱいでした」と明かす。  「七瀬さんから『卒業します』と聞いたときは、先輩たちや同期も一緒にいたのに滝のように涙があふれてきました。でも、卒業されていった先輩方はどなたも前向きだし、自分から見るとキラキラと輝いていて。『いなくなったから乃木坂がダメになった』と言われてはいけないし、ファンの皆さんに安心してもらえるよう活動していかなければという覚悟も日に日に増しています」。 @@insert4  一方、結成時からグループを支え続けてきた一人である齋藤は、変化のさなかで「自分たちの“今”を受け止めてもらえるかが命題」とつぶやく。  「映画では卒業について語っているメンバーもいましたが、普段話さないような本音を聞いて、みんな『先を歩いているな』と思ったんです。1期生として思い出や感情を共有してきたけど、それぞれによって考え方が違うのも分かりました。ファンの皆さんの中にも、生駒(里奈)ちゃんがセンターにいた時代から好きな方もいるだろうし、きっと変化にとまどっている方もいるはずなんですよね。でも、過去から語り継げるものがあるのは美しいことだし、私たちは歴史をムダにしないためにも“今”を大切にしなければと思っています」。 @@insert5  8月21日には結成8周年を迎える乃木坂46。これからも自分たちの“坂”を登り続けるメンバーたちの表情をぜひ、記憶に焼き付けてほしい。(取材・文:カネコシュウヘイ 写真:高野広美)  映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は全国公開中。

  • 『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』完成披露上映会にて

    乃木坂46・与田祐希、西野七瀬の姿を収めた映像に「泣きそうですね」

    映画

     乃木坂46の齋藤飛鳥、秋元真夏、梅澤美波、高山一実、与田祐希、そして岩下力監督が25日、都内で開催された映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』完成披露上映会に登壇した。与田は昨年に同グループを卒業した西野七瀬の姿が収められた予告編を見ると「ちょっと涙が出そうになりました。七瀬さんの卒業は、私にとってもすごく大きなこと」と語った。@@cutter 本作は、『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』から4年を経て公開となる乃木坂46のドキュメンタリー第2弾。乃木坂46が歩んできた軌跡を辿る。齋藤は「1(弾)の時は、割と個人のことにフォーカスを当てていて。育った環境だったり、個人個人のことに踏み込んでいた印象」としたうえで「個人のこともだけど、グループの良さみたいな、皆でいることの良さみたいなものがすごく全面に出ているような気がしたので、同じグループのドキュメンタリーなのに違うものになるんだなっていう、不思議な感覚でした」と本作を鑑賞しての感想を明かした。  この4年間でのグループの変化を問われた秋元は「気をすごく使ったりっていうところは減ってきて」と言い「冗談を言い合えるよね」とニッコリ。これに頷いた高山は「何やっても許してもらえるっていう安心感もある」としたうえで「『この子のここ好きだな』とか昔は思っていたかもしれないですけど、『この子がコンプレックスを抱えている部分すら好きだな』みたいな。全部好きみたいな感じになりましたね」と、メンバー同士の絆が深まったことを明かした。  「4年前の映画が公開されたときは、私は乃木坂46のファンだった」と振り返った梅澤は「スクリーンに映っているのは間違いなく自分なんですけど、今見ている自分と本当に同一人物なのかな?と思うくらい、すごく不思議な感じ」としみじみ。  当日は、昨年に卒業した西野七瀬の姿も収められた予告編が解禁に。与田は西野の姿を映像で見ると「この映画を初めて見たときも、スクリーンの中でも泣いていたんですけど、実際に見ているときも、もう涙が止まらなくて。それくらい大きな存在だったので…もう泣きそうですね」と西野への思いを明かし、目を赤くしていた。  映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は7月5日に全国公開。

  • 乃木坂46「寝顔選抜」フロントメンバーに選ばれた(左から)齋藤飛鳥、与田祐希、星野みなみ

    乃木坂46「寝顔選抜」16名発表! センターは与田祐希

    エンタメ

     乃木坂46がパーソナリティーを務めるラジオ番組『乃木坂46の「の」』(文化放送/毎週日曜18時)が16日に放送され、「寝顔選抜」に選出された16名が発表された。センターには3期生の与田祐希が選ばれた。@@cutter 「寝顔選抜」は番組内で実施されている、テーマを決めてさまざまなキャラを選抜する“勝手に選抜”の第7弾。これまで「汗かき選抜」「ぷく顔選抜」「好きな声選抜」「お姫様選抜」「妹選抜」「いじられキャラ選抜」が行われた。  ルールはリスナーが思う「乃木坂46イチの寝顔の持ち主」を1人につき3人まで投票できるというもの。  この日パーソナリティーを務めたのは、星野みなみ、伊藤理々杏、梅澤美波。センターに選ばれた与田について3人は「ホントにかわいい」「起こしたくない」「寝てるときもかわいいんですけど、寝起きっていうか、寝ぼけてるのがめっちゃくちゃ(かわいい)。トロ〜ンって目がして」「口を開けて寝る」「ぎゅってしたくなる」と絶賛していた。  乃木坂46「寝顔選抜」メンバーは以下の通り。 ★フロントメンバー 与田祐希(センター) 齋藤飛鳥 星野みなみ ★2列目メンバー(5名) 白石麻衣 伊藤理々杏 梅澤美波 井上小百合 生田絵梨花 ★3列目メンバー(8名) 岩本蓮加 桜井玲香 堀未央奈 鈴木絢音 大園桃子 渡辺みり愛 松村沙友理 新内眞衣

  • 乃木坂46「寝顔選抜」フロントメンバーに選ばれた(左から)齋藤飛鳥、与田祐希、星野みなみ

  • 「blt graph. vol.44」の別冊付録「土生瑞穂特大ポスター3種セット」

    欅坂46・土生瑞穂、胸元&背中を大胆にあらわ 抜群のスタイルで初表紙

    エンタメ

     アイドルグループ欅坂46の土生瑞穂が、発売中の雑誌「blt graph.vol.44」で初めて表紙を飾った。インタビューでは、アニバーサリーライブを終えた心境をはじめ、今現在、将来へ向けての思いを熱く語っている。@@cutter 大阪、東京でのアニバーサリーライブを成功させ、夏恒例の野外ライブ「欅共和国2019」の開催も決定するなど、デビュー4年目も異質な存在感を放ち、爆進し続けている欅坂46の土生。表紙では、ベリーショートに切った髪に、胸元と背中が大胆に開いたワンピースというスタイリングで、マニッシュで艶やかな魅力を凝縮した姿を見ることができる。  12ページにおよぶ巻頭特集グラビアでは、初夏の日差しの中、長身かつ小顔の抜群のスタイルを惜しみなく披露。弾けるような笑顔を浮かべたかと思えば、一転してしっとりとした姿も見せつけ、“イケメンな土生ちゃん”と“艶っぽい土生ちゃん”の2つの顔を見せる。  インタビューでは、アニバーサリーライブを終えた心境や、現在、将来へ向けての思いを熱く語り、普段テレビ番組で見せるおもしろキャラクターとは異なる一面も披露。「楽しくなるかどうかは自分次第なんだなって、気付くことができたんです」と、前向きになった土生らしい言葉で胸中を明かしている。別冊付録として、全3種セットの特大ポスターも実現した。  さらに誌面には、AbemaTV配信のドラマ『御曹司ボーイズ』で主演を務めている平祐奈、日本初の船上劇場「STU48号」がオープンし、7月31日には3rdシングルリリースが決定した岡田奈々(AKB48兼STU48)、多ジャンルで活躍し、今勢いのある黒木ひかり、グラビアアイドルとして活躍しながら、ドラマにも精力的に出演している都丸紗也華が登場する。  今号で第4弾となる「欅坂46二期生9カ月連続企画」では、関有美子をクローズアップ。初々しい姿とともに、20歳の少し大人な表情も捉えたグラビアが掲載。「B.L.T.7月号」からは、乃木坂46の齋藤飛鳥、北野日奈子、渡辺みり愛、賀喜遥香、田村真佑、欅坂46の石森虹花の未公開カットと希少なコメントを紹介する。  欅坂46土生瑞穂が表紙の「blt graph.vol.44」は東京ニュース通信社より発売中。価格は1000円(税別)。

  • 「女性アイドル顔だけ総選挙2019」トップ20発表

  • (左から)佐々木琴子、白石麻衣、菅井友香

    乃木坂46・白石麻衣が1位! 「女性アイドル顔だけ総選挙2019」トップ20発表

    エンタメ

     5日放送の『レコメン!』(文化放送/毎週月曜~木曜22時)にて「女性アイドル顔だけ総選挙2019」の結果が発表された。乃木坂46の白石麻衣が1位に輝き、3連覇を達成。乃木坂46、欅坂46、日向坂46の坂道グループメンバーが上位を席巻した。@@cutter 「女性アイドル顔だけ総選挙」は『レコメン!』内で毎年行われている企画で、今年で7回目。性格は考慮せず純粋に“顔だけ”で優れているアイドルをリスナーが選び投票する。  1位は2017年、2018年に引き続き、乃木坂46の白石麻衣。2位も昨年と同じく、乃木坂46・佐々木琴子という結果に。3位は『レコメン!』でオテンキのりと毎週月曜のダブルパーソナリティーを務める欅坂46・菅井友香、4位に乃木坂46・鈴木絢音、5位には『レコメン!』水曜日ダブルパーソナリィーの乃木坂46・堀未央奈がランクインした。  乃木坂46、欅坂46、日向坂46の坂道グループが圧倒的な強さを見せ、上位20名中、18名が坂道グループメンバーという結果となった。 「女性アイドル顔だけ総選挙2019」1位~20位の結果は以下の通り。 1位:白石麻衣(乃木坂46)4811票 2位:佐々木琴子(乃木坂46)3302票 3位:菅井友香(欅坂46)2797票 4位:鈴木絢音(乃木坂46)2042票 5位:堀未央奈(乃木坂46)1845票 6位:太田夢莉(NMB48)1821票 7位:加藤史帆(日向坂46)1666票 8位:齋藤飛鳥(乃木坂46)1355票 9位:松井珠理奈(SKE48)1197票 10位:平手友梨奈(欅坂46)1068票 11位:星野みなみ(乃木坂46)1054票 12位:小坂菜緒(日向坂46)931票 13位:与田祐希(乃木坂46)901票 14位:鈴本美愉(欅坂46)750票 15位:渡辺梨加(欅坂46)663票 16位:寺田蘭世(乃木坂46)607票 17位:生田絵梨花(乃木坂46)604票 18位:渡邉理佐(欅坂46)597票 19位:松村沙友理(乃木坂46)561票 20位:長濱ねる(欅坂46)486票

  • 乃木坂46・齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥、ウエディングドレス姿に反響「結婚してください」

    エンタメ

     乃木坂46、欅坂46、日向坂46のメンバーが出演するメディアミックス作品『ザンビ』の公式インスタグラムが4日、齋藤飛鳥のウエディングドレス姿を撮影した写真を投稿。純白のドレスに身を包んだ齋藤の姿にファンからは「可愛すぎよー!」「天使降臨した!」などの反響が寄せられ、「結婚してください」とラブコールが相次いだ。@@cutter 投稿された写真は純白のウエディングドレスを着た齋藤が、ブーケを持って上目遣いにカメラを見つめている様子を収めたもの。齋藤のドレス姿は、「ザンビプロジェクト」第3弾となるスマートフォンゲーム『乙女神楽 〜ザンビへの鎮魂歌〜』の6月限定フォトメモガチャとして登場する。  ウエディングドレスに身を包みカメラを見つめる齋藤の姿に、ファンからは「えっヤバッ可愛すぎよー!」「かわいい。上目遣いはずるい」「超可愛い。それに似合ってる〜」などの声が多数寄せられ、さらに「天使マジかわいい」「天使降臨した!」「天使を超越したな」などのコメントが殺到した。 引用:https://www.instagram.com/zambi_project/

  • (左から)乃木坂46・白石麻衣、齋藤飛鳥

    白石麻衣&齋藤飛鳥ら乃木坂46メンバー、結婚への思いを告白

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏が27日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系/毎週月曜から金曜12時)に出演。自身の結婚観について語った。@@cutter 黒柳徹子から「ちょうどお年頃だと思うんですが」と切り出され、「どうですか? 結婚っていうことについては」と問われたメンバー。秋元は「願望が結構強くて」と回答。しかし、アイドルである以上、今すぐの結婚は不可能なので「国民の嫁」というキャッチフレーズを去年から自身につけ、ファンのお嫁さんとして皆を幸せにしたい思いがあると打ち明けた。  続いて齋藤は「結婚したくないわけじゃないんですけど、結婚だけが幸せじゃないから結婚して得なことがあるならばそういう制度はすてきだなとは思いますね」と告白。また、自身を「長い時間、人と一緒にいられない」とし、「一人の方が楽でいいですね」「気も使うし、使われると申し訳ない」と打ち明け、「向いてないですね、結婚は」と語った。  白石は「憧れはありますね。やっぱり同級生も友達も本当にみんなどんどん結婚してって、出産してっていう子も多くなってきたので、みんなの幸せ見てると、結婚っていいなって思うのでいつかは結婚したいなって思います」と明かした。  一方、生田は「仕事を全力で20代やったのちに結婚したいですね」と回答し、「22歳なのでしばらくは…」と続けると、黒柳に「22歳じゃ、まだね、いいと思いますよね」言われ、頷いていた。

  • 「B.L.T. 2019年7月号」別冊付録(1)齋藤飛鳥(乃木坂46) 両面超ビッグポスター裏

    齋藤飛鳥「変わっていかなきゃいけない」 卒業が続く乃木坂46での決意

    エンタメ

     アイドルグループ乃木坂46の齋藤飛鳥が、発売中のテレビ情報誌「B.L.T. 2019年7月号」で表紙を飾った。インタビューでは、メンバーの卒業が相次ぐ中、センターという重責を担う彼女が何を考え、どのように向き合って行こうとしているのか、齋藤の“今”に迫る。@@cutter 29日発売の23rdシングル「Sing Out!」で自身4度目のセンターに抜擢された齋藤。30Pを超える巻頭特集では、都会の雑踏の片隅で静けさの中に凛と佇む彼女の横顔を丁寧に収めたグラビアのほか、齋藤の“今”に迫るインタビューも。  メンバーの卒業が相次ぐ中、センターという重責を担う彼女は何を考え、どのように向き合おうとしているのか。「私自身が変わっていかなきゃいけない」と決意を口にしながらも「こだわりは持ちたくない、“遊び”がなくなるから」とブレない胸中も告白している。「しまった思いをもう少し表に出してあげたい」という心境の変化の通り、赤裸々に本音を明かす。別冊付録として、齋藤の両面超ビッグポスターのほか、SPECIALクリアファイル(2種のうちランダムで1種)も付いてくる。  さらに誌面には、「Sing Out!」で選抜メンバー入りを果たした乃木坂46・北野日奈子と渡辺みり愛、3rdアニバーサリーライブが大盛況のうちに幕を下ろした欅坂46の石森虹花をピックアップ。また、乃木坂46を卒業した今もドラマやバラエティー、雑誌などで大活躍する西野七瀬も登場。  「B.L.T.」×「青春高校3年C組」コラボ企画では、アイドル部の生徒たちがプロカメラマンを呼び、“奇跡の一枚”を撮ってもらうというロケで見事、視聴者投票1位に輝いた“まーがりん”こと大曲李佳の“奇跡の一枚”をご褒美としてインタビューとともに掲載。巻末ページでは「令和に活躍する女優」特集を敢行。「ゼクシィ」12代目CMガールの白石聖、公開中の映画『小さな恋のうた』に出演する山田杏奈、古田新太主演で話題のドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に出演中の髙橋ひかる。今、まさにブレーク中の3人の人気若手女優がグラビアで登場するほか、令和の時代にブレーク必至の若手女優12人を厳選して紹介している。  齋藤飛鳥が表紙の「B.L.T. 2019年7月号」は東京ニュース通信社より発売中。価格は750円(税込)。

  • 「ファンタ坂学園」入学式に登場した秋元真夏

    乃木坂46・秋元真夏、CMで挑戦した“変顔”に「恥ずかしい」と照れ笑い

    エンタメ

     乃木坂46の秋元真夏、齋藤飛鳥、与田祐希、生田絵梨花、山下美月が17日、都内で開催された「ファンタ坂学園」入学式に登壇。乃木坂46のメンバーは新CMの撮影を振り返ったほか、即興芝居にも挑戦した。@@cutter 新CMに出演している乃木坂46のメンバーは、ノースリーブの涼やかな衣装で登場。ファンタを通じて楽しい学園生活を描く新CMへの出演について、生田は「子どものころから、誕生日会とか開くと、必ずそこにはファンタがあったりとか。いつもワクワクする、馴染みのある飲料だったので、すごく、ここで関わることができて、今からワクワクしています」とコメントした。  一方の齋藤は、CMの撮影を「テレビで拝見していると、ファンタのCMは楽し気なイメージがあったので、実際の撮影もすごく楽しくて。私たちもだし、スタッフさんも含めて、楽しくワチャワチャした感じでできた」と述懐。入学式ではメイキング映像も流され、秋元はCMで挑んだ変顔について「CMの中とかだと、ボトルで目が隠れているので、口しか見えなくて、そんなに恥ずかしくないんですけど、こういうメイキングで全部が見えちゃうと、恥ずかしい」と照れ笑いを見せていた。  なお、イベントに出席予定だった大園桃子は体調不良により欠席したが、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー、安藤なつが登壇。CMの内容にちなみ、乃木坂46メンバーが即興演技を行う一幕では、秋元は安藤と「なつ」繋がりでタッグを組み、「中学校時代の幼馴染と偶然再会したとき」というお題に挑戦。  カズレーザーが「幼馴染と言うにしちゃあ、生き方が違いすぎますよ」といじる中で、秋元は爽やかに「なっちゃん久しぶり!」と安藤に呼びかけたが、安藤はなぜかサンシャイン池崎をほうふつとさせる「イエーーーーイ!」で返答。カズレーザーは「なるほど。二三聞かせてもらっていいですか?(笑)」とツッコミを入れ、会場を沸かせていた。  新CM「ファンタ坂学園 変顔ボトル」篇は4月23日より放映開始。

  • 「sweet」創刊20周年イベント「sweet collection 2019」

  • 「sweet」創刊20周年イベント「sweet collection 2019」に出演した(左から)今田美桜、齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥、今田美桜 爽やかコーデでキュートにファン魅了

    エンタメ

     乃木坂46の齋藤飛鳥、女優の今田美桜らが13日都内で、女性ファッション誌「sweet」(宝島社)創刊20周年イベント「sweet collection 2019」のランウェイに登場。「sweet」読者1300名を前に、清楚&キュートな装いを披露し、ファンを魅了した。@@cutter 「sweet」のモデルである齋藤は、他モデルと共に、オープニングから登場。花びらを思わせる清楚なロングドレスで現れ、来場者の歓声を受けた。  その後、1stファッションショーでは清楚なイメージから一転。ウェーブが印象的なカーリーヘア、デニムを基調としたカジュアルな装いに白いブーツを合わせて再登場。観客の注目を集めた。  現在、20歳の齋藤。やりたいことを問われて「ファッショは好きだし、海外も好き。叶うなら『sweet』の撮影で海外に行きたい」と願望を語った。  イベント中盤には、今田美桜がシークレットゲストとして登場。客席から歓声が上がる中、水玉模様の爽やかなワンピースドレスでランウェイをウォーキングし、「こんなに皆さんと近いランウェイは初めて」と白い歯をこぼした。  またゲストステージでは、小嶋陽菜と加藤玲奈のほかに、シークレットゲストとして渡辺麻友が登場。3人で『ハート型ウィルス』を歌ったほか、小嶋がセクシーなバニー姿でランウェイを闊歩し、観客の心をわしづかみにした。

  • 乃木坂46・齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥、“濡れ髪ショット”に反響「色っぽい」

    エンタメ

     ドラマ『ザンビ』(日本テレビ)の公式アカウントが12日、インスタグラムを更新し、主演を務めたアイドルグループ乃木坂46・齋藤飛鳥の“濡れ髪ショット”を公開。ファンからは「惚れる」「色っぽい」「天使過ぎる」など絶賛の声が寄せられている。@@cutter 先月、最終回を迎えた同ドラマ。初主演を務めた齋藤のほか、堀未央奈や与田祐希といった同グループの人気メンバーも登場し注目を集めていた。さらにインスタグラムでは、メンバーのオフショットを大量に投稿するなど、ファンを歓喜させていたが、同アカウントはまだまだ継続中。  今回の更新では齋藤の“濡れ髪ショット”を公開。二の腕が大いに露出されたファッションといこともあり、ちょっぴりセクシーな1枚となっている。  コメント欄には「濡れ髪あすちゃん色っぽい」「そりゃ惚れる」「可愛すぎる」「本物の天使みたい」など好評の声が相次いでいる。 引用:https://www.instagram.com/zambi_project/

  • (左から)乃木坂46・秋元真夏、齋藤飛鳥

    乃木坂46・秋元真夏と齋藤飛鳥、カメラ向けられたときのリアクションが違いすぎ!

    エンタメ

     ドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の公式インスタグラムが24日、本作に出演する乃木坂46・秋元真夏と齋藤飛鳥のオフショット動画を投稿。カメラを向けられた2人は、真逆のリアクションを見せた。@@cutter 公式インスタグラムのカメラは、劇中衣装の2人を動画で撮影。撮られていることに気づいた秋元が「動画だよ、たぶんこれは。(カメラマンの)シャッターのところに指がないもん」と話すと、斎藤は「えー、知らなかった」と驚きの表情を見せる。すると、秋元はカメラのレンズに自ら寄ってアップの表情を見せる。そんなサービス精神満点の秋元の姿を見た斎藤だったが、自身ははにかんで小さく頷くのみだった。  それぞれのキャラクターが出た映像に、ファンからは歓喜の声が寄せられ、好評を得ている。そんな2人が出演するドラマ『ザンビ』は本日27日の放送で最終回を迎える。 引用:https://www.instagram.com/zambi_project/

  • 西野七瀬&齋藤飛鳥、「GRL」ビジュアル

    西野七瀬&齋藤飛鳥、奇跡の2ショットが「天使すぎ」

    エンタメ

     ファストファッションECブランド「GRL(グレイル)」が、乃木坂46を卒業した女優の西野七瀬と現役メンバーの齋藤飛鳥のツーショット写真を公開した。@@cutter 「GRL(グレイル)」はかねてから西野と齋藤をイメージモデルとして起用しており、卒業コンサートを終えた西野と齋藤が2019年春の新作アイテムを着たツーショット撮影を敢行。2人を起用してきた同ブランドならではの、“奇跡の2ショット”となっている。  GRLの公式ツイッターでは、一足早く撮影を終えた2人のオフショットが披露されており、花束を持った2人がカメラに目線を送っている写真に、ファンからは「この2人揃うと最強ですね!」「2人とも最高に可愛い」「2人が天使すぎて...」などのコメントが殺到している。  2人が着用している洋服は3月23日の15時からGRLのサイトで順次販売がスタートする。

  • 乃木坂46・齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥、バナナマン日村に“恥ずかしい”ハプニング

    エンタメ

     乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系/毎週日曜24時)が17日に放送され、齋藤飛鳥がMCのバナナマン日村勇紀に対して“恥ずかしい”ハプニングを見せる一幕があった。@@cutter この日の放送では新しく加入した4期生メンバーをフィーチャー。「ニュー運動音痴スターを探せ! 4期生体力測定」と題して、4期生が50m走や反復横跳びなど、さまざまな体力測定に挑戦した。  番組の後半では、先輩メンバーも交えて、「運動音痴決定戦」を行うことに。ボールをキャッチして、ゴールに向かってジャンプシュートを決める「ハンドボールジャンプシュート」を実施した。  その中で、齋藤が挑戦。1度目はボールをキャッチするも、ゴールキーパーの日村に近づくだけで、シュートができず失敗してしまう。  そして2回目。ボールをキャッチした齋藤は、助走をつけてシュートをするも、慌てたためか、日村の“急所”にボールをぶつけてしまった。しかし日村は思わず「よっしゃ」とガッツポーズ。設楽統が「飛鳥ちゃん、ダメだっていくら日村さんだからって」と優しく注意すると、齋藤は恥ずかしさのあまり、手で顔を隠して笑っていた。

  • (左から)堀未央奈、齋藤飛鳥、与田祐希

    乃木坂46の“寝顔シリーズ”がかわいすぎ! 天使の寝顔をまとめてチェック

    エンタメ

     ドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の公式インスタグラムにて本作に出演中の乃木坂46メンバーの寝顔が「#寝顔シリーズ」として多数披露されている。そんな彼女たちのかわいい寝顔をこれまでの投稿からまとめてチェックしてみよう。@@cutter 与田祐希は、青いベンチコートを羽織り、日傘を差しながら仮眠中。「#寝顔シリーズ #と思いきや #起きちゃった #ぷくよだ」というコメントとともに、こちらに目線を向けて頬を膨らませた表情を見せたショットが投稿された。与田はそのほかにも秋元真夏により撮影されたソファの上で熟睡しているショットや、齋藤飛鳥、堀未央奈が寝ている中、1人だけ起きている様子がキャッチされており、お茶目な後輩キャラが全開。「与田ちゃん可愛すぎる」「天使の寝顔」といったコメントが寄せられている。  続いて堀未央奈の単独ショットはふわふわの毛布を手にして頬杖をついている。「#モフモフに包まれたい」というハッシュタグの通り、とてもほほ笑ましいショットだ。  一方「#これが本当の #天使の寝顔 」と称された齋藤飛鳥のショットは誰かを枕にして熟睡している様子が激写されている。気になる「枕」となったメンバーは伊藤純奈であり2人の仲の良さが伺える1枚だ。  コメント欄には、「神に選ばれし寝顔」「なんだ、ただの天使か…」といった歓喜の声が殺到。「推しが尊い」と思わず書き込んでしまうファンも相次いでおり、各投稿には多数の「いいね!」が付けられている。 引用:https://www.instagram.com/zambi_project/    https://twitter.com/zambi_project

  • 齋藤飛鳥(乃木坂46)

    乃木坂46齋藤飛鳥、メンバーの会話に入れなくなった意外な理由

    エンタメ

     乃木坂46の齋藤飛鳥が9日、『アナザースカイ』(日本テレビ系/毎週金曜23時)に出演。番組では、齋藤が乃木坂46メンバーの会話に入ることができない意外な理由を語る一幕があった。@@cutter 今回の番組では、齋藤がお気に入りの街・ロンドンへ訪れた模様を放送。昨年は休暇を利用して2回ロンドンへ行ったという彼女は「住みたいぐらい好きな場所」と語る。齋藤は初めてロンドンを訪れた際は、当初1人で行こうとしていたそうだが、心配した母から反対され兄と行くことに。彼女が「別に兄とすごい仲良いワケではなかったんですけど…」とこぼすと、MCの今田耕司が「やめとけよ!」とツッコみ、中条あやみの笑いを誘った。ちなみに2回目のロンドンは1人で訪れたとのこと。  VTRではロンドン最古の書店を訪れた齋藤の姿に密着。小学校時代から読書が生活の一部だという齋藤は「前回はカズオイシグロの本だけ買いました」と明かした。また現在の読書ライフについて「今はそんなにジャンルにはこだわりはないです」と語ると、続けて「ちょっと前まではハッピーエンドが読めないとか、恋愛ものが読めないとか。うそくさいし、学ぶことがないというか…。“良かったねぇ〜”で終わっちゃうから」と笑顔で話した。  また齋藤はVTRの中で「メンバーがいる控え室で、本当は会話に入りたいけど入れないから手持ち無沙汰になってなんとなく本を開くときもある」と明かすと、「相手が私と接することによって“無駄な時間を過ごしたな”って一瞬でも感じちゃったら、それはもう申し訳ないから…」と、その理由を明かした。  さらに齋藤が「私だったら会話が面白くない人とは一言も話したくないから…」と話すと、スタジオの中条は思わず爆笑。今田が「いつからそんな考え方に?」と質問すると、齋藤は「分かんないんですよね…」と首を傾げつつ「ここ最近だと思いますね。昔は全然普通に、年上のお姉さんメンバーとよくお話したり、普通に自分から甘えに行ったりとか普通にやってたはずなのに、最近“会話ってどうやるんだろう?”っていう…」と自身の変化を語った。そんな彼女に今田は「本からいろんなもの学びすぎたんちゃう?」と声をかけていた。

  • 「第5回 カバーガール大賞」大賞を受賞した大原優乃

    大原優乃、2018年最も多く雑誌の表紙を飾った「カバーガール大賞」に

    エンタメ

     2018年最も多く雑誌の表紙を飾った「第5回カバーガール大賞」が発表され、女優でグラビアアイドルの大原優乃が大賞を受賞した。また、乃木坂46の齋藤飛鳥が「エンタメ部門」で2連覇、女優の浅川梨奈が「コミック部門」で3連覇を果たし、モデルのKoki,が話題賞に輝いた。@@cutter 大賞およびグラビア部門、10代部門を制したのは、2016年までDream5としてNHK紅白歌合戦や日本レコード大賞に出場した大原。グループでの活動終了後、一昨年よりグラビアデビューし、持ち前のFカップのたわわボディを武器に、2018年最も多く雑誌の表紙を飾った。  受賞をした大原は、「写真集を出すっていう目標を昨年の3月に叶えることが出来たので、次の目標何にしようって考えてるときに、1番にこのカバーガール大賞さんで賞を取りたいっていう目標を作って、ファンの皆さんにも初めて自分の目標を公言したんですけど、一緒にこうみなさんと頑張れて取ることが出来たので本当に嬉しいです」とコメント。  大原は、現在放送中のドラマ『3年A組 –今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)にも出演し、女優としても注目を集めているが、今後のグラビア活動について、「求めていただける限りは。毎回毎回初心を忘れずに感謝を忘れずに頑張りたいなって思います!」と語っている。  エンタメ部門を受賞したのは、ファッション誌『sweet』(宝島社)でレギュラーモデルとしても活躍する乃木坂46の齋藤が昨年に続き2連覇。コミック雑誌を対象にしたコミック部門は2016年から続けて浅川が3連覇を果たした。また昨年5月発売の「ELLE JAPON 7月号」の表紙で堂々のモデルデビューを果たし、『ブルガリ』の最年少アンバサダーや『シャネル』のビューティーアンバサダーに続けて就任したKoki,が話題賞を受賞した。  「カバーガール大賞」は3月4日の『雑誌の日』を記念して、一般社団法人日本雑誌協会、株式会社富士山マガジンサービスほかが参加するカバーガール大賞実行委員会が発表したもの。対象は2018年に発売されたオンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約10,000誌を調査・集計し、表紙を飾った回数の多かった女性を選定している。 「第5回 カバーガール大賞」 <大賞> 大原優乃 <エンタメ部門> 齋藤飛鳥(乃木坂46) <コミック雑誌部門> 浅川梨奈 <ファッション部門> 井川遥 <グラビア部門> 大原優乃 <話題賞> ELLE JAPON/ Koki,(7月号) ■カバーガール トップ10 1位 大原優乃 2位 浅川梨奈 3位 齋藤飛鳥(乃木坂46) 4位 小倉優香、吉岡里帆 6位 与田祐希(乃木坂46)石原さとみ 8位 西野七瀬 9位 綾瀬はるか、白石麻衣(乃木坂46)、広瀬すず ■カバーガール 年代別トップ <10代部門>大原優乃 <20代部門>吉岡里帆  <30代部門>石原さとみ

  • 『ザンビ』第5話より

    乃木坂46・与田祐希、齋藤飛鳥を守る姿にネット感動 『ザンビ』第5話

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務めるドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の第5話が20日に放送され、与田祐希演じる聖が、ザンビに襲われた楓(齋藤)を助ける姿に、視聴者から「エモいしキュンとする」「胸を打たれました」などのツイートが寄せられた。@@cutter 多くのクラスメイトが欠席し始め、教室内はざわついていた。宮川先生(太田莉菜)は「家庭の事情でお休みしている」と答えるだけ。一連の出来事は楓の話すザンビと関係があると思い始めた瀬奈(寺田蘭世)は、屋上に亜須未(秋元真夏)の姿を見つける。柚月(大園桃子)も音楽室で鈴音(渡辺みり愛)を見たという噂を聞くなど、学校中で消えた生徒の姿を見かける奇妙な出来事が続いていた…。  楓と実乃梨(堀未央奈)、聖の3人は校内の防犯カメラの映像をチェックすることに。聖がパソコンのキーボードを器用に叩くと、スクリーンには校内の防犯カメラの映像が。楓が聖に「なんでこんなの見れるわけ?」と聞くと、聖は「この学校のセキュリティなんて楽勝だから」と笑顔で一言。与田演じる聖が学校の防犯システムに余裕でハッキングしたシーンに、視聴者からは「与田ちゃん、天才ハッカーかな?」「与田ちゃんハッカーなの?ギャップ萌え」などのコメントが寄せられた。  ゆくえが分からなくなった凛(星野みなみ)を探すため、楓たちは校内を探すことに。しかし途中でザンビが現れ、楓と聖は校舎の一室に逃れる。しかしそこに潜んでいたゾンビに襲われ楓はピンチに陥ってしまう。楓に覆いかぶさるザンビに、テニスラケットで応戦する聖だったが全く歯が立たない。聖は意を決してザンビにしがみついて動きを封じると「逃げて! お願いだから、逃げて!」と身を呈して楓を助けようとする。与田扮する聖の姿に視聴者から「与田ちゃん、かっこいい!」「飛鳥ちゃんと与田ちゃんの絆…エモいしキュンとする」「飛鳥ちゃんを守るシーンに胸を打たれました」などのツイートが寄せられた。

  • 乃木坂46・齋藤飛鳥

    乃木坂46・齋藤飛鳥の寝顔ショットにファン歓喜「癒しです」

    エンタメ

     乃木坂46・齋藤飛鳥が主演を務めるドラマ『ザンビ』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)の公式ツイッターが12日、齋藤の寝顔写真を投稿。スヤスヤの眠る姿にファンからは「愛おしい寝顔」「癒しです」「ありがとうございます!」などの歓喜の声が寄せられた。@@cutter ドラマ『ザンビ』は、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46が初競演を果たす『ザンビ』プロジェクトの第2弾。全寮制女子高校・フリージア学園を舞台に、ヒロインの山室楓(齋藤)が遭遇する不気味な現象の数々を繊細なタッチで描いていく。  12日に投稿された写真は、撮影の合間に眠る齋藤と彼女のそばでイタズラっぽい笑顔とカメラ目線を贈る秋元真夏を捉えたツーショット写真。  齋藤が眠る姿と撮影現場の和やかな雰囲気が写真にファンからは「愛おしい寝顔」「癒しです」「ありがとうございます!」「あすかちゃんかわいい」「こんなにステキな寝顔がこの世に存在するとは…」などのコメントが殺到。さらに秋元についても「どや顔まなっちゃん笑」「ナイス真夏」などの声も寄せられていた。 引用:https://twitter.com/zambi_project

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access