ブルゾンちえみ 関連記事

  • (左から)橋本マナミ、のん、ブルゾンちえみ

    橋本マナミ、のん、ブルゾンちえみ…2019年芸能人の晴れ着姿を一挙紹介

    エンタメ

     新年を迎え、女優ののんや橋本マナミ、お笑い芸人のブルゾンちえみら数々の女性芸能人が、自身のインスタグラムで新年のあいさつと晴れ着ショットを投稿している。@@cutter 水色を基調とした、こちらも華やかな晴れ着ショットを披露したのんは「あけましておめでとうございます。年が明けました。2019年!すごい!はやい。今年は猪年。ますます楽しく突き進んでいける気がします」と、挨拶「2018年、みなさん沢山応援してくれてありがとう!2019年も、一緒に楽しみましょ~~。ことよろ!」と新年の抱負とファンへの感謝を語った。  現在放送中のNHKの連続テレビ小説『まんぷく』に出演中の橋本は「#2019年」「あけましておめでとうございます 今年も宜しくねん」「#謹賀新年」と絵文字をふんだんに使ったコメントを投稿。同時に白をベースとした華やかな晴れ着を着用したショットをアップし、気品漂う姿を披露している。  一方ブルゾンは、レトロな柄のシックな晴れ着を着用。新年の挨拶と共に、「めちゃカワイー着物を着せてもらいました!ありがたい」「柄も色もパキッとしててソーキュート。このままディズニーランドにも行けそうね」と、新年からハッピーな気分を報告している。  そのほかにも、『まんぷく』で主演を務める安藤サクラ、叶姉妹、黒柳徹子、熊田曜子、飯豊まりえ、鈴木紗理奈、平祐奈、橋本環奈、SKE48須田亜香里など、名だたる女性芸能人が続々と晴れ着ショットを投稿している。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/    https://www.instagram.com/non_kamo_ne/    https://www.instagram.com/manami84808/    https://www.instagram.com/kano_sisters007/    https://www.instagram.com/tetsukokuroyanagi/    https://www.instagram.com/kumadayoko/    https://www.instagram.com/munehirovoice/    https://www.instagram.com/yunataira_official/    https://www.instagram.com/akarisuda/

  • 『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』公開記念舞台挨拶に登壇したブルゾンちえみ

    ブルゾンちえみ、サプライズ訪問した友人宅で「ワオっ!」な光景を目撃

    アニメ・コミック

     お笑い芸人のブルゾンちえみと俳優の小栗旬が15日、都内で行われた『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』公開記念舞台挨拶に登壇。ブルゾンはサプライズで訪れた友人宅で起きた海外ドラマのような展開を明かした。@@cutter 小栗、ブルゾンのほか、本作の製作総指揮、脚本の日野晃博レベルファイブ社長らが登壇したイベント。映画化5周年となる本作では人気キャラ・エンマ大王の誕生の秘密が描かれるが、その座を狙う最強の敵妖怪・紫炎を演じた小栗は今回のゲスト声優としての出演について「甥っ子と姪っ子が非常に喜んでくれたのでよかったです」と明かす。  日野は小栗について「迫力とクールさの両面を出せるところがポイントで、非常にぴったりの役を演じていただけて満足しています」と称賛。小栗は「後半で、ずっとうめくところがあって大変でした(苦笑)」と振り返り、日野は「天下の小栗旬がずっとうめいていまして…申し訳ない」と謝罪していた。  ブルゾンは人間の魂を喰らう妖怪・玉藻前を演じたが「私もほぼ『ギャー』とか『ウェー』とか、普段は出さない声ばかりで、サンシャイン池崎さんになったつもりでやってました」と語り、会場は笑いに包まれた。  ブルゾンは映画のテーマである友情にちなんだエピソードを尋ねると、以前からアポなしで友人の家をサプライズ訪問することをやってきたと明かしたが「あるとき、アポなしで(家に)入ったら、彼氏とイチャこきまくってまして、海外ドラマみたいに『ワオっ!』てなりました」と子どもたちにはやや刺激の強いエピソードを告白し「友達の家に行くときは『今から行くよ』と伝えるべき。約束は大事です」と子どもたちに呼びかけていた。  小栗は来年、挑戦したいことを尋ねられ「これまで絶叫系の乗り物に乗れなかったけど今年から急に乗れるようになったんです。高所恐怖症だったのに麻痺したんですかね?」と明かし「すごく怖い絶叫系に乗りたい!」と語っていた。  『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』は公開中。

  • ブルゾンちえみ

    ブルゾンちえみ、幼少期の姿がかわいい 隣の雪だるまにも注目集まる

    エンタメ

     お笑い芸人のブルゾンちえみが10日、インスタグラムに自身の幼少期の写真を投稿。そのかわいらしい姿に、ファンからさまざまな感想が集まっている。@@cutter 「小ブルゾン、その前髪、誰に切られたんや」という言葉とともにブルゾンが投稿しているのは、雪景色にたたずむ自身の幼少期の写真。長靴姿のブルゾンは手作り感満載の雪だるまの横で楽しそうな表情を浮かべている。  髪型は今のおかっぱ頭に通じるものがあるが、自身でも「誰に切られたんや」とツッコんでいる前髪は、現在のようにきれいにそろったものとはいえず、独特の段差を描いている。ファンからはそんなブルゾンの子どものころの写真に「めっちゃかわいい」といった声が殺到している。  一方、ブルゾンの隣にたたずむ雪だるまにも注目が集まっている。そのフォルムが映画『アナと雪の女王』(2013)に登場する雪だるまのオラフに似ているというのだ。写真は『アナ雪』公開よりかなり前に撮られたとみられ、ファンは「雪だるま、まるで、アナ雪のオラフやん」「先読み!?オラフみたい」「完全にオラフw」といった注目している。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/

  • 『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』完成披露舞台挨拶に出席したブルゾンちえみ

    ブルゾンちえみ、『妖怪ウォッチ」声優起用の理由に「初めて聞きました」

    アニメ・コミック

     ブルゾンちえみが2日、都内で開催された映画シリーズ5周年を迎えた『妖怪ウォッチ』の最新第5弾『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』完成披露舞台挨拶に登壇。本作でゲスト声優を務めたブルゾンがジバニャン、今回の映画で登場する猫又とともに舞台挨拶を行ない“ブルゾンちえみ with B”ならぬ“ブルゾンちえみ with N(ニャン)”を結成し、会場をわかせた。@@cutter ジバニャンは今回の映画の説明を求められるとハイテンションで「ゾンビがいっぱい出てきて、俺っちが『カメラを止めるな!』と叫ぶ映画ニャン」「俺っちがひげを生やして、バンドを結成して大きな会場でボヘミアンをラプソディしちゃう映画ニャン!」など今年のヒット作『カメラを止めるな!』『ボヘミアン・ラプソディ』をネタにして笑いを誘った。  本作で、人の魂を喰らう妖怪・玉藻前(たまものまえ)の声を担当したのがブルゾン。製作総指揮の日野晃博氏はブルゾン起用について「玉藻前は人間離れした強さを持つので…」と説明したが、すかさずブルゾンが「人間離れ…?(笑) 妖怪っぽいってことですか?」と問い詰める。これに日野氏が思わず「そう」と答えてしまい、あわてて「(玉藻前は)元は美人だったという表現もあるので…」と釈明するも、ブルゾンは「いま初めて聞きました…」と苦笑していた。  またブルゾンは、ほしいクリスマスプレゼントを尋ねられると「好きなときにイケメンを呼び寄せられるイケメンウォッチがほしい」と語り、日野が「バンダイさんにお願いしましょう」と語ると「大人用に売れると思います!」とノリノリ。  さらに、最近妖怪の存在を感じたエピソードとして、ライブのネタで使う小道具の買い出しをwith Bに頼んだが、違うものを買ってこられたことを明かし「wirh Bをポンコツにしちゃう悪い妖怪がついていたみたいで…」とあきれ顔。従えたい妖怪を問われると、本作に登場する2人の少年を指名し「伸びしろを感じる若い子を育てたい」と語り、with Bについて「限界を感じますね。切り替えちゃおうかな?(笑)」と語り、笑いを誘っていた。

  • ブルゾンちえみ with B

    ブルゾンちえみ、妖艶なクレオパトラ風メイクを披露し反響

    エンタメ

     お笑い芸人のブルゾンちえみが25日、自身のインスタグラムにクレオパトラ風の メイクを披露し、話題となっている。@@cutter 彼女の単独ライブである『ブルゾンちえみ本能ライブ~記憶のこたえあわせ~』の告知とともに投稿されたのは、クレオパトラ風の衣装とメイクを施されたブルゾンとWith Bの3ショット。妖艶な姿を披露した3人に、ファンからは大きな反響を呼んでいる。コメントには単独ライブチケットを予約した人への感謝の言葉がつづられ、続いて「平日ですみません!平日なのに皆さんありがとうございます」と呼びかけた。  このインパクト大の画像に、コメント欄には、「最高です!!!!」「一瞬、劇団四季のライオンキングかと思った!」といった称賛の声が殺到。そのほかにも「仕事ですが有給を取って北海道から行きますー」「見に行くよ~」と、現場に駆け付けることを報告しているファンも多数見受けられた。なお、ブルゾンは別投稿でもクレオパトラショットを披露しており、そちらにも好評の声が相次いでいる。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/

  • ブルゾンちえみ

    ブルゾンちえみが2人!? ガリットチュウ福島のものまねに反響

    エンタメ

     お笑い芸人のブルゾンちえみが6日、インスタグラムにブルゾンのものまねをするお笑いコンビ、ガリットチュウ福島善成との2ショットを投稿。ファンの間で似ていると話題だ。@@cutter ブルゾンが「11/12(月)19:00〜有吉ゼミ 福島さん、 私よりブルゾンちえみ」との言葉とともに投稿しているのは、自身のものまねをする福島との2ショット。来週12日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系/毎週月曜19時)で、2人は共演する。  投稿されている写真は、全く同じ柄のシャツを着た2人の姿を捉えたもの。福島はおかっぱのブルゾンヘアはもちろん、あの特徴的なアイメイクなどもほぼ完全に再現している。投稿ではそのほかに、スーパーと思しき場所で仲良くショッピングカートを押す2人や、素顔の福島との2ショットも公開している。  ファンからは「福島さんめっちゃ似合ってる」といった声のほか、「姉妹!?」「ちえみちゃんのお姉さんですか?」といった反応もあり、コメント欄は大盛り上がりだ。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/

  • (左から)『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』にゲスト声優として参加する小栗旬、ブルゾンちえみ

    『映画 妖怪ウォッチ』敵役に小栗旬&アニメ声優初挑戦のブルゾンちえみ

    アニメ・コミック

     アニメーション映画『妖怪ウォッチ』シリーズの5周年の記念作品となる最新作『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』に、ゲスト声優として、俳優の小栗旬と、お笑い芸人で女優としても活躍するブルゾンちえみが出演することが決定。ブルゾンは本作でアニメ声優初挑戦となる。@@cutter 『妖怪ウォッチ』は、株式会社レベルファイブが企画・原作を行い、ゲーム、アニメ、漫画、玩具とクロスメディア展開している作品。劇場シリーズ5作品目にあたる本作は、1960年代を舞台に、少年と妖怪の出会いから友情、見たことのない世界への旅立ち、そして成長が描かれる。  本作で小栗が演じるのは、閻魔大王の座を奪うという野心を抱く妖怪・紫炎。最強の力を手にし、主人公の前に立ちはだかるキャラクターだ。小栗は本作への出演について「甥っ子と姪っ子も大好きなので、映画に出ることを話したら大喜びしていました」と告白。さらに「キャラクターの中では個人的にウィスパーも面白いので演じてみたいです」と明かすと、続けて「今年の映画はスケールが大きいですし、未知の世界の話ですし、ホロっとくるような話にもなっています」と語っている。  ブルゾンが演じるキャラクターは、人の魂を喰らう恐ろしい女妖怪・玉藻前。アニメ声優初挑戦となるブルゾンは「昔からの憧れでもあり、すごく嬉しかったです!」と喜びをあらわにすると、「思った以上に妖怪っぽい声が出せて、『あれ? 私こんな声出せるんだ!』と自分でもビックリしました」とコメント。さらに「え? 映画を何回観るべきかって?……35回!!」とおなじみのフレーズで締めくくった。  『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』は、12月14日より全国公開。

  • ブルゾンちえみ

    ブルゾンちえみ、セクシーな美脚を披露 10代の写真にファンびっくり

    エンタメ

     お笑い芸人のブルゾンちえみが14日、自身のインスタグラムに19歳のときの写真を投稿。小麦色に焼けた美脚を組む姿に、ファンからは「セクシー」「かわいい」といった声が相次いだ。@@cutter 「『誰だって波瀾爆笑』 ありがとうございました 過去のブルゾンやら、今のブルゾンやら、丁寧にご紹介して頂きました! ありがとうございました」と、同日ゲスト出演した番組への感謝を示したブルゾン。投稿しているのは、ティーンエージャーだったころの自身の写真だ。  写真の中のブルゾンは、緑あふれる風景をバックに知人と共にベンチに腰をかけてくつろいでいる。「陸上やってて黒肌まゆ細かおイカツ時代(19歳)」とあるように、その肌は日に焼けており、眉毛は細く、今の特徴的なアイメイクとは一線を画する素顔に近い表情。さらに体型も今より細身で、服装はTシャツにデニムのショートパンツ、サンダル履きという涼し気なものとなっている。  ファンからは「セクシー」「美脚!!」といった声が殺到。また「ブルゾンちゃん痩せてる~」といった驚きの声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/

  • 「VOGUE JAPAN」2018年10月号で対談した(左から)黒柳徹子、ブルゾンちえみ

    二人ともかっこいい! ブルゾンちえみ&黒柳徹子の2ショットに称賛の声

    エンタメ

     タレントのブルゾンちえみが、発売中の「VOGUE JAPAN」2018年10月号の誌面上で黒柳徹子と対談した。ブルゾンは自身のインスタグラムで黒柳への思いをつづり、ファンからは「お2人ともかっこいい」「素敵」といった声が届いている。@@cutter 同号では「YOUNG HEART」をテーマに、若さという感性や青春について総力取材。企画の1つで、黒柳とブルゾンの世代を越えた対談が実現している。それぞれのエネルギーの源や人生の楽しみ方について語り合った。  ブルゾンは、発売日の28日に自身のインスタグラムで同号を告知した。プライベートでは、その特徴的なメイクを男性に笑われることもあるというブルゾン。黒柳は会うたびにそんなメイクを褒めてくれるそう。「理解されない状況の方が多かったとしても、 理解してくれる人はちゃんと理解してくれるんだなあ、と、 黒柳さんに会うたびに、そう、改めて確信できる、自分がいます」と、黒柳に感謝した。「徹子さんの話を永遠に聞いてたいと思う、そんな時間でしたが、 またお話しする機会があればいいなあ、と願いながら終わりました」と振り返り、実りのある会話になったようだ。  写真では、黒柳が真っ白な、ブルゾンが真っ赤な衣装を着用してポージング。二人のリラックスした表情や、黒柳が伸ばした腕にブルゾンがそっと手を添えている様子から、世代は違うものの仲の良さが伝わってくる一枚になっている。  ファンからは2ショットに「2人とも素敵、かっこいい〜!!」「トットちゃんとちえみちゃんの素敵さが引き立てあってどちらも負けていない!素晴らしい!」といった声が殺到。また、男性に笑われることもあるというブルゾンのメイクについては、「わたしもブルゾンさんのメイクめっちゃいいと思います~」「ブルゾンさんのメイクめっちゃ好きです 憧れです!」といった好意的な声が届いていた。   引用:https://www.instagram.com/buruzon333/

  • ドラマ『人は見た目が100パーセント』での共演以来仲のいい、(左から)水川あさみ、桐谷美玲、ブルゾンちえみ

    桐谷美玲&水川あさみ&ブルゾンちえみ、三者三様仲良しカット公開

    エンタメ

     女優の桐谷美玲が20日、自身のインスタグラムを更新し、タレントのブルゾンちえみと女優の水川あさみとの仲良しカットを投稿した。ファンからは「久しぶりのスリーショット」「このメンバー懐かしい」などのコメントが寄せられた。@@cutter 桐谷が投稿した写真は、桐谷と水川が中央にいる笑顔のブルゾンを挟んでいるという並びのスリーショット。現場の賑やかな雰囲気が伝わってくるような楽しそうな写真だ。2017年に放送されたドラマ『人は見た目が100パーセント』で共演した3人の、久々のそろい踏みに、ファンからは「久しぶりのスリーショット」「このメンバー懐かしい」「さいこー!!」などのコメントが寄せられた。  一方、ブルゾンは自身のアカウントからも、「真剣にごはんを食べ 真剣に人と話し 真剣に時間を過ごし 私はいつも真剣だ!」とのコメントとともに同じ時に撮影されたスリーショット写真を投稿。満面の笑みでカメラを見る桐谷と、キメ顔のブルゾンに、ブルゾンの服で半分顔が隠れながらも笑顔で頬を寄せる水川といった3人の仲良しぶりが感じられるこの写真に、ファンからは「みんないつも通り超カワイィ」「ほんとこの3人好き」などの声が投稿されていた。  そして水川も負けじと自身のアカウントからスリーショット写真を投稿。しかし「なんで?」というコメントとともに投稿された写真は、桐谷とブルゾンのキメ顔がバッチリ写っているにも関わらず、水川だけシャッターを切る瞬間に動いてしまったのか、顔がブレブレ。ファンからは「なんで?笑」「ブレブレあさみ様笑笑」「最高すぎます」など、彼女のお茶目な一面を称賛する声が寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/mirei_kiritani_/    https://www.instagram.com/buruzon333/    https://www.instagram.com/mizukawa_asami/

  • ドラマ『サバイバル・ウェディング』に主演する波瑠

    波瑠『サバイバル・ウェディング』の放送前カウントダウン動画が人気

    エンタメ

     女優の波瑠が主演する7月14日スタートのドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系/毎週土曜22時)公式インスタグラムが、9日より放送開始までのカウントダウン動画を毎日投稿している。ファンからは波瑠に対する「かわいい」といった声のほか、優雅な吉沢亮の姿に「カッコいい」という声が相次いでいる。@@cutter カウントダウン初日となる9日には、主人公の黒木さやかを演じる波瑠と、さやかの同僚役を演じる高橋メアリージュンが登場。二人が画面下から飛び出してきて高橋が「『サバイバル・ウェディング』スタートまで!」と声をあげるも、続く波瑠は肝心の「あと何日」をど忘れしたようで「あと…何日だっけ?」と天然ボケをさく裂させている。  「あと4日」の動画には、さやかの上司で、毒舌でナルシストな編集長を演じる伊勢谷友介が登場。「あと3日」には、さやかの同僚役のブルゾンちえみと須藤理彩が登場し、リズムネタでブレークしたブルゾンらしく、須藤と「あと3日」「あと3日」とウィスパーボイスでささやきながら踊っている。  「あと2日」に迫った12日には、さやかが憧れる「年下イケメン王子」を演じる吉沢が登場。椅子がくるり回転すると、足を組んだ吉澤が登場し、優雅に「『サバイバル・ウェディング』、スタートまであと2日」とアナウンスした。  いよいよ「あと1日」となった13日の動画には、再び波瑠と伊勢谷が登場し、「#完成度高すぎて」「#ノープラン感全くない」とハッシュタグにあるが、息の合ったポージングを披露している。  ファンからは、「あと5日」をど忘れした波瑠に対して「かわいい」といった声が殺到したほか、優雅な吉沢の姿には「かっこいい」「王子さまだ…」「だいすき」といった声も。「早く見たい~」「もう録画予約もしてます!」という声も多く、ファンは放送開始を心待ちにしているようだ。 引用:https://www.instagram.com/survivalwedding/

  • 『サバイバル・ウェディング』に出演する吉沢亮(左)と風間俊介(右)

    波瑠主演7月新ドラマに吉沢亮、風間俊介、ブルゾンら追加キャスト発表

    エンタメ

     女優の波瑠が主演する7月スタートのドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に吉沢亮、風間俊介らの追加キャストが発表された。@@cutter 本作は大橋弘祐の小説『SURVIVALWEDDING』が原作。波瑠が演じる出版社に務める黒木さやかは、3カ月後に挙式をひかえて寿退社をした日に、フィアンセの浮気が発覚した上に婚約破棄を突きつけられる。そんな彼女を拾ってくれたのが人気雑誌の編集長で伊勢谷友介が演じる宇佐美博人。毒舌でナルシストな宇佐美が「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件でさやかを復職させ、拒否権なしのスパルタ婚活がスタートする。  今回追加で発表された吉沢が演じるのは、広告代理店に務める年下イケメン王子。「連ドラに出演させて頂くのは個人的に久々なので緊張してます」という吉沢だが、「波瑠さん演じる主人公が憧れる年下の男ということで、爽やかに、見てくださる皆様にも愛していただけるように頑張ります」と意気込んでいる。  一方、風間が演じるのは、さやかに自身の浮気がばれて逆ギレした末に自ら婚約破棄を言い渡す婚約者で、一方的に婚約を破棄するも、その後再三さやかの前に現れる身勝手な男という設定。風間は「この作品は、登場人物が個性的なのに身近に感じられ、ドラマとして面白く、自分とも重なる」とし「そんな物語の中で『あぁ、私の周りにもこういう人、いる』と感じて貰えるキャラクターを演じられるように、全身全霊で挑もうと思います」と語っている。  さらに、さやかの編集部の同僚役で、高橋メアリージュン、ブルゾンちえみ、須藤理彩、前野朋哉、小越勇輝が出演。そのほか、石田ニコル、山根和馬、野間口徹、生瀬勝久、財前直見、荒川良々ら豪華キャストが名を連ねている。

  • 仲里依紗&ブルゾンちえみ、ドヤ顔ツーショット披露 ※「ブルゾンちえみ」インスタグラム

    ブルゾンちえみ&仲里依紗、意外なツーショットで“女心あるある”暴露

    エンタメ

     タレントのブルゾンちえみが3日深夜、自身のインスタグラムに女優の仲里依紗とのツーショット写真を投稿。意外な組み合わせが「里依紗ちゃんのインスタかちえみちゃんのインスタか一瞬わからなかったよ」「めちゃ可愛い!」「この2人のコラボ最強♪」と大きな反響を呼んでいる。@@cutter 「おのおの、携帯の中の、自分を見てる」というコメントにスマートフォンの絵文字を添えて投稿されたのは、スマートフォンを構えた仲と、彼女の後ろからひょっこりと顔を出したブルゾンの姿を収めた一枚。意外な2人のツーショットにファンからは「里依紗ちゃんのインスタかちえみちゃんのインスタか一瞬わからなかったよ」「めちゃ可愛い!」「この2人のコラボ最強♪」「めっちゃ好きなコンビ!」などの声が殺到した。  さらにブルゾンのコメントと添えられた「#女子の写真撮る時はみんなそう」のハッシュタグの通り、2人の目線はスマートフォンの画面に。鏡を使った自撮りでやりがちなことに「あるあるだね」「私もよくやりますww」など共感のコメントも寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/

  • 『コンフィデンスマンJP』に出演する長澤まさみ

    長澤まさみの“ブルゾンちえみポーズ”から本人登場 『コンフィ~』3話

    エンタメ

     女優の長澤まさみが主演を務めるドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第3回が23日に放送され、長澤演じるヒロインが劇中でブルゾンちえみの“3.5億ポーズ”を披露。その直後のCMにブルゾン本人が登場した。この一連の流れにSNSでは「見事すぎる」「流れが完璧すぎた」などの声が寄せられた。@@cutter 第3回はボクちゃん(東出昌大)が画家志望の美大生・ユキ(馬場ふみか)と出会うシーンからスタート。ある日、ボクちゃんはユキが美術評論家・城ヶ崎(石黒賢)に弄ばれ、自殺未遂にまで追い詰められていたことを知り、城ヶ崎から金を奪おうと決意。内緒にしていたはずのダー子もいつの間にか作戦に加わり、城ヶ崎の裏社会とのつながりも明らかになる。ダー子は美術バイヤーになりすまし、城ヶ崎のオークションハウスに潜入。さらに旧知の贋(がん)作画家にある作品の制作を依頼するのだが…。  旧知の贋作作家が逮捕されたことで、ダー子たちは自ら無名の天才画家とその作品を一からでっち上げるという展開に。まんまとダー子の作戦に乗せられた城ヶ崎は、ダー子たちが作った絵画作品を「3.5億、3億5千万円で私に売ってください!」と宣言。するとダー子は「ブルゾンちえみWith B」の肩を動かす決めポーズを披露した。これにSNSでは「地味にツボる」「ブルゾンちえみ匂わせててウケるww」などの反応が。  このカットの直後にブルゾンちえみとコシノジュンコ共演のCMが流れると、ネット上には「3.5億→ダー子のブルゾンポーズ→ブルゾンちえみのCM!」「見事すぎる」「流れが完璧すぎた」などの大反響が巻き起こっていた。

  • サブカル好きなカップル感がある ※「ブルゾンちえみ」インスタグラム

    ブルゾン、ひょっこりはんと“しっぽりはん” 私服姿に「いけめん」の声

    エンタメ

     芸人のブルゾンちえみが16日、自身のインスタグラムに、芸人ひょっこりはんとのツーショットを投稿。ファンから「私服オサレ」「ひょっこりはん、意外といけめん…?」という声が寄せられている。@@cutter 「しっぽりはん」というキャプションで投稿されたのは、丸いカフェテーブルに横並びで頬杖をついて座り、顔を見合わせるトボけた1枚と、そのままカメラ目線でキメた1枚。「#私服はん」「#ひょっこりさせてあげないはん」というハッシュタグどおり、ひょっこりはんがいつもと違う表情を見せている。  これに対しファンは、「ふ、普通に私服姿かっこいいひょっこりはんw」「ひょっこりはん、意外といけめん…?」「ガッツリ系男子に囲まれたちえみちゃんも好きだけど、ちょっとクールフェイスのひょっこりはんとも、なんだか似合ってる」「デートみたいですね」と反応。  また、ブルゾンは2017年、ひょっこりはんは2018年元旦の『ぐるナイ おもしろ荘』(日本テレビ系)をきっかけにブレイクしていることから、「おもしろ荘コンビ」「2人とも大好き」「すごい相席」「ネタでもコラボしてほしいな~」といった声も見られた。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/

  • オースティン・マホーンとラブラブ(に見える)ツーショット ※「ブルゾンちえみ」インスタグラム

    ブルゾン、オースティン・マホーンへ誕生日メッセージ 「お似合い」の声

    エンタメ

     タレントのブルゾンちえみが、自身のインスタグラムで米国の歌手オースティン・マホーンとのツーショットを披露。4月4日に22歳となったオースティンにバースデーメッセージを贈るブルゾンに「カップルですよね?」「素ッ敵~」「2人ともお似合いだなぁ~」といったコメントが寄せられている。@@cutter ブルゾンのヒットネタ“キャリア・ウーマン”のBGMにオースティンの『Dirty Work』が選ばれたことが縁となり、これまでもたびたび対面を果たしている二人。オースティンが22歳の誕生日を迎えたこの日、ブルゾンは「Happy Birthday @austinmahone」と宛先付きでインスタグラムを更新し、「Hope to see you again sometime soon!(近いうちまた会いたいです!)」とメッセージを送った。  併せて披露されたのは、水上を走るボートの上でソファに並んで座る二人の姿が写った1枚。さわやかなブルーストライプのノースリーブワンピースを着たブルゾンが、オースティンの左手をマッサージするように握っている。緑のアロハシャツにダメージジーンズ、サングラスをかけたオースティンは痛がる素振りだ。  コメント欄には「オースティンさん、お誕生日おめでとう」といったオースティンへのお祝いメッセージや、「素敵ですね ウラヤマ~」とブルゾンをうらやむ声のほか、「もうとっくにラブラブでしょー?どうなのどうなのー?」「オースティンお似合いだよー」「もう付き合っちゃえよ~」と二人が付き合うことを望むようなコメントも多数見られた。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/

  • 「第27回 東京スポーツ映画大賞」助演男優賞受賞者4人に囲まれる審査委員長兼監督。左から大森南朋、ピエール瀧、ビートたけし(北野武)、松重豊、金田時男(全員『アウトレイジ 最終章』で受賞)

    ビートたけしら『アウトレイジ』出演陣、大杉漣さんを悼む 香取慎吾は「次は映画で」

    映 画

     ビートたけしが、25日に都内で開催された「第27回 東京スポーツ映画大賞」「第18回 ビートたけしのエンターテインメント賞」の授賞式に出席。西田敏行、塩見三省ら『アウトレイジ』キャストと共に21日に急逝した大杉漣さんをしのんだ。@@cutter 「東京スポーツ映画大賞」は、同紙の客員編集長であるたけしが審査委員長となって1992年に発足。たけしは自身がメガホンを取った『アウトレイジ 最終章』で、作品賞、監督賞(北野武名義)、主演男優賞(西田、塩見)、助演男優賞(大杉漣、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、金田時男)、新人賞(金田がW受賞)の五冠を達成した。  大杉さんのことを踏まえ、「あまりくだらないことばかり言っている場合じゃない」と複雑そうな表情を見せたたけしだったが、この日もいつも通りのたけし節を見せ、会場を沸かせた。また『アウトレイジ 最終章』で大杉さんと共演した西田は、天に向かって「漣ちゃん、これからはあなたがずっと出演していた北野作品に、私がスライドすることになりました」とジョークを飛ばし、大杉さんの死を悼んだ。また同作の撮影前に脳出血を起こしていた塩見は「大杉、俺はこんな体になったけど、もうちょっとやってみるよ。ありがとう」と感慨深そうに語りかけていた。  続いて受賞者が発表されたのは、「第18回 ビートたけしのエンターテインメント賞」。2017年9月に“新しい地図”をスタートした稲垣吾郎、草なぎ剛とともに、“元SMAP”として「話題賞」を受賞した香取慎吾が登壇した。  「まさか本当にここに来る日が来るとは」と笑顔を見せた香取は、4月公開予定の映画『クソ野郎と美しき世界』に絡め、「次回はぜひ『映画大賞』の方に参加できたらなと思っています。きっと他の賞はもらえないと思うので、ここだったら…」と語り、たけしを笑わせていた。  この日は他に、長澤まさみ(『散歩する侵略者』にて主演女優賞)、広瀬すず(『三度目の殺人』にて助演女優賞)、綾小路きみまろ、島田洋七(ともに日本芸能大賞)、ブルゾンちえみ、ゆりやんレトリィバァ(ともに日本芸能賞)、そして常連となりつつある是枝裕和監督も出席。急きょ欠席となった斉藤由貴(『三度目の殺人』にて助演女優賞)を、たけしが「あなたは不倫の挙句、パンツを…」といじる一幕もあった。

  • ブルゾンちえみ、大杉漣さんとのゴチショット公開 ※「ブルゾンちえみ」インスタグラム

    ブルゾンちえみ、大杉漣さんとのゴチショット公開「優しくしてくださって本当に、ありがとうございます」

    エンタメ

     お笑い芸人のブルゾンちえみが22日、自身のインスタグラムに、21日に急逝した大杉漣さん、渡辺直美との3ショットを投稿。「いつも、優しくしてくださって本当に、ありがとうございます」と思いを綴っている。@@cutter 北野武監督の映画への出演などで知られる大杉さんは、21日に出演していたドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(テレビ東京系/毎週水曜21時54分)の撮影を終えたのち、体調不良を訴えて病院に。同ドラマの共演者である松重豊、遠藤憲一、田口トモロヲ、光石研、制作スタッフ、そしてご家族に見守られながら亡くなった。  ブルゾンはインスタグラムで「会ったり、お話ししたり、いつ、突然できなくなるかわからないんだな、と実感しました」という言葉を添えて、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系/毎週木曜19時56分)で共演していた大杉さん、渡辺に挟まれた3ショットを投稿。「大杉さん、いつも、優しくしてくださって本当に、ありがとうございます」と思いを書き込んだ。  写真を見たファンからは、「本当に本当に悲しい…ご冥福をお祈りいたします」「突然の事すぎてまだ信じられません。存在が大きすぎます」「名俳優がいなくなって残念」「大杉さんの人柄大好きでした」「いきなりすぎて一瞬言葉失いました」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/buruzon333/

  • ブルゾンちえみ風な広瀬アリスと葵わかなとのツーショット写真※広瀬アリス公式ツイッター

    広瀬アリス、ブルゾンちえみ風?葵わかなとのツーショット投稿に反響

    エンタメ

     女優の広瀬アリスが、5日に自身のツイッターを更新し、NHK連続テレビ小説『わろてんか』で共演している葵わかなとのツーショットを公開。広瀬が見せた、妹の広瀬すずや、お笑い芸人のブルゾンちえみに似ている姿に、ファンからは「35億の動画楽しみにしてまーす」などのコメントが寄せられている。@@cutter NHKテレビ小説『わろてんか』は、いつも周りに“笑い”をふりまくヒロインの北村てん(葵)が、ひょんな事から夫の藤吉(松坂桃李)とともに、夫婦で寄席経営を始め、“笑い”をビジネスにした日本初の女性と言われるまでになる姿を描く物語。高橋一生、大野拓朗、前野朋哉、濱田岳らもキャストに名を連ねている本作で、広瀬は女優のリリコを演じている。  広瀬はツイッターに「すず、もしくはブルゾンちえみさん。わろてんか 昨日から始まりました」と言葉を添えて、葵とともに笑顔を見せる姿を収めた写真を投稿しており、広瀬の髪形は妹のすずやブルゾンに似たものになっている。  写真を見たファンからは、「35億の動画楽しみにしてまーす」「すずちゃんに見えましたよ‼︎」「たぶんみんな思ってたことw」「ブルゾンメイク似合いそう」「この髪型のアリスちゃん、すずちゃんに似てるなーって思って見てた!!」「ブルゾンありすず、または広瀬ちえみ」などのコメントが寄せられている。 引用:https://twitter.com/Alice1211_Mg/status/949198793781596160

  • 『徹子の部屋』に出演したブルゾンちえみ with B

    「普段からノーブラ!」 ブルゾンちえみが初公開ネタで黒柳徹子の秘密を暴露

    エンタメ

     タレントのブルゾンちえみ with Bが21日、『徹子の部屋』(テレビ朝日系/月曜~金曜12時)に出演し、番組のために用意したネタで司会・黒柳徹子の秘密を暴露した。@@cutter ブルゾンちえみ with B は、今年1月1日放送の『ぐるナイ! おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP』(日本テレビ)に出演し優勝したことをきっかけに大ブレイク。ブルゾンはバラエティ番組はもちろん、ドラマやファッションショーにも出演。『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ)のチャリティーマラソンではランナーを務め、さらに彼女が持ちネタで披露するセリフ“35億”が『2017ユーキャン新語・流行語大賞』のトップ10に選出されるなど、まさに“今年の顔”と呼ぶにふさわしいタレントだ。  番組の冒頭では早速、黒柳の前でおなじみのネタを披露。ネタが終わり席についた彼女は恐縮しながら、「独特な空気感でやらせていただいて…」とコメント。一方の黒柳は興奮しながら「ウァ~面白かったですね!」とご満悦の表情。この日、初めて3人のネタを見たという黒柳が「音楽とアナタの動きと全部が面白くて、新しい芸だなと思って」と感想を語ると、3人は安心した表情に。  トークでは、3人が意外と高学歴という話題から、芸人を志した経緯について展開。ブルゾンは教育関係者である両親の影響で島根大学の教育学部に進学するも、自分の将来に疑問を持ち、3年で中退後に芸人の道へ。with Bことブリリアンのコージは、大学で部員が100人を超えるアメフト部でキャプテンを務めたスポーツマン、ダイキは医師の父を持ち、理系の大学へ進学していたことを明かした。  番組の後半で3人は司会の黒柳にちなんだネタを披露。ネタの中でブルゾンは黒柳がチャーリー・チャップリンや旧ソ連のゴルバチョフ元書記長と親交があったことについて触れ、最後に「普段からノーブラ!」と暴露すると、黒柳は思わず爆笑。続いてブリリアンが黒柳を挟んでネタを披露。2人からカバンの中がグチャグチャであることをバラされ、恥ずかしそうに笑った黒柳は「あんまり本当のことだったんで…」とはにかんだ表情を見せていた。

  • 高橋一生、国民が選んだ賞「Yahoo!検索大賞2017」発表会に登壇

    高橋一生の“プロデュースおねだり”にブルゾンちえみ爆笑

    エンタメ

     俳優の高橋一生が6日、都内で開催された「Yahoo!検索大賞2017」発表会に出席。高橋は、壇上で「6人くらいの男の子たちを育てたい」と語ったお笑いタレント・ブルゾンちえみに対し、囲み取材で「育ててくれないんですか?」と自身のプロデュースをおねだりして、ブルゾンの爆笑を誘った。@@cutter 同賞は、今年1月1日から11月1日までの集計データをもとに、“今年の顔”として検索数が急上昇した人物・製品・作品などを部門別に表彰するもの。6日の発表会には高橋やブルゾンのほか、モデルでグラビアアイドルの泉里香、欅坂46(菅井友香、土生瑞穂、小林由依、鈴本美愉、尾関梨香、石森虹花)、プロゴルファーのアン・シネ、土田晃之(MC)らが出席した。  俳優部門賞を受賞した高橋は、今年の人気について「疎い人間ですけども、その疎さの中でも皆さんの声が耳に入ってくる年だった」とコメント。今年の出演作の中では「大河ドラマのラストのシーンは、僕の中でも印象に残っています」と明かし、印象に残った共演者も「柴咲コウさん。ずっと1年間撮影をさせて頂いた。とても印象に残っています」と話した。  自身が普段検索しているのは「『ハリネズミ 風呂』とか。ハリネズミ大好きなんです。癒やしを求めて」とニコリ。来年の抱負を聞かれると「抱負を持たないのが抱負。誘ってくださる皆さんの想像力にお任せしたい。僕自身は、自分の船の舵から手を離していたい」と述べた。  アイドル部門賞を2年連続で受賞した欅坂46からは6名が出席。キャプテンの菅井は「去年に引き続き、本当にたくさんの方々に私たちのグループを検索して頂いたのが嬉しい」と喜びを語り、来年は「どんどん新しいことに挑戦できたら。3年連続で受賞できるように精一杯頑張って参りたいと思います」と笑顔を見せた。  大賞とお笑い部門賞をダブル受賞したブルゾンは「本当に嬉しい。1年に色々なことがあって現実味がない」と感無量な様子。今後については「『こういう風に男を動かしたらすごく女子に人気が出るのに』と考えるのが好き。だから(with Bの)2人にかぎらず、6人くらいの男の子たちを育てたい。私はいなくていいから育てたい」とプロデューサー業への意欲をチラつかせた。  囲み取材では、報道陣から高橋のプロデュースはどうかと問われ、笑いながら「育ってます」とすぐ回答。「高橋さんを育てる権利もない…」と話していると、横にいた高橋が「育ててくれないんですか?」とポツリ。ブルゾンが恐縮ぎみに「育てていいんですか?」と尋ねると「はい、ぜひお願いします」と即答。ブルゾンは声を出して爆笑し、「十分カッコいいので、もうちょっと未完成な男たちを育てたい」と言いながら、笑い声を漏らしていた。  会場では女優の吉岡里帆、ノーベル文学賞を受賞した日系の英小説家であるカズオ・イシグロから届いたビデオメッセージが公開された。また、アニメ部門賞を受賞した『けものフレンズ』を代表して、サーバル役の尾崎由香が出席。「ローカルカテゴリー」では栃木県部門賞のプロバスケットチーム「栃木ブレックス」に所属する田臥勇太選手、山口県部門賞のSTU48に所属する岩田陽菜、大谷満理奈の2名が登場した。 【「Yahoo!検索大賞2017」パーソンカテゴリー部門・受賞者一覧】 大賞・お笑い部門賞:ブルゾンちえみ※ダブル受賞 俳優部門賞:高橋一生 女優部門賞:吉岡里帆 アスリート部門賞:アン・シネ モデル部門賞:泉里香 ミュージシャン部門賞:安室奈美恵 アイドル部門賞:欅坂46 声優部門賞:諏訪部順一 作家部門賞:カズオ・イシグロ スペシャル部門賞:藤井聡太/永野芽郁

  • 『2017ユーキャン新語・流行語大賞』で、年間大賞を受賞した「インスタ映え」の“CanCam it girl”白石明美、尾身綾子、中村麻美と「忖度」の稲本ミノル氏

    「インスタが経済活性化に繋がり嬉しい」 流行語大賞は「インスタ映え」と「忖度」

    エンタメ

     『2017ユーキャン新語・流行語大賞』の発表・表彰式が1日、都内にて行われ、年間大賞に「インスタ映え」と「忖度」が選出された。「インスタ映え」で登場した“CanCam it girl”のモデル・中村麻美は「インスタグラムが経済の活性化に繋がっているというのは、インスタを愛用している者にとって嬉しい」と喜びを表した。@@cutter 34回目を迎える同賞は、「現代用語の基礎知識」編集部の調査をもとにノミネート30語を選出。その中から選考委員会が選定した10語がこの日発表され、さらにそこから年間大賞の2語が選ばれた。  「インスタ映え」の“CanCam it girl”のモデル・尾身綾子は今回の受賞で「CanCam編集部のインスタグラムの知名度アップに繋がりそうで嬉しい」と喜びのコメント。また中村は「インスタは自分自身を表現できる場。自分の好きなものを発信して共感してくださる方がいるのが、インスタをやっていてよかったことです」と嬉しそうに語った。  もう一方の年間大賞「忖度」で登壇したのは「忖度まんじゅう」を発売したヘソプロダクション代表取締役・稲本ミノル氏。稲本氏は「まじめに『忖度まんじゅう』を売り続けていたら神風が吹いた」と驚きを見せた。今日この会場に来るか悩んだというが「お客さんや工場の人、そしてまんじゅうの気持ちを推し量ると来るべきだと思った」と話し笑いを誘った。時事ネタはこれで終わりといい、今後も「クスッと笑えて少しでも世の中を明るくできる商品を出せれば嬉しい」と語った。  その他、エンタメ系では「35億」でブルゾンちえみ、「ひふみん」で将棋棋士の加藤一二三がトップテン入りを果たした。トップテンのほか「選考委員特別賞」として「9.98」で陸上選手の桐生祥秀と、「29連勝」で将棋棋士の藤井聡太四段が選ばれた(4名とも表彰式は欠席)。  このほか、表彰式にはトップテンに選ばれた「Jアラート」のユーチューバー、クリス・ブロード氏、「睡眠負債」の早稲田大学教授・枝川義邦氏、「フェイクニュース」の明治大学准教授・清原聖子氏、「プレミアムフライデー」の日本経済団体連合会副会長・石塚邦雄氏、「魔の2回生」の産経新聞記者・森山志乃芙氏が登壇した。このほか「○○ファースト」も年間トップテン入りしている(受賞者はなし)。

  • 「第30回ジュノン・スーパーボーイ」でグランプリを獲得した綱啓永さん(中央)

    第30回ジュノン・スーパーボーイは史上初・敗者復活からのグランプリ

    エンタメ

     人気俳優を輩出してきた「第30回ジュノン・スーパーボーイコンテスト」の最終選考会が、26日、都内で行われ、グランプリに千葉県出身で18歳・大学生の綱啓永さんが受賞した。@@cutter これまで武田真治、袴田吉彦、柏原崇、伊藤英明、小池徹平、平岡祐太、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉ら数多くのスターを生み出したこのイベント。今年は開始から記念すべき30周年を迎え、過去最高応募総数17,283人から13名の最終候補者が選ばれ、この日グランプリの座を競った。  この日、アピールタイムには“ファイナリスト発表から2か月で練習した”というサックスをプレーし観衆を魅了した綱さんは、ベスト30発表の際に一度落選しており、敗者復活にてファイナリストに選ばれた。敗者復活からのグランプリは、第22回で初めて敗者復活制度が設けられて初となる。  賞をとれると思っていなかったという綱は、グランプリ発表の際には思わず口を押さえる場面も。また受賞の感想を「本当にうれしいです。無理だと思った。敗者復活で上がって、こんな自分がもらっていいものなのかと」と涙ながらにコメントした。  またゲスト審査員のブルゾンちえみは、ルックスなども称賛しながら、審査アピールの一つである告白演技で、ベンチに座るブルゾンにバックハグをしたことに大いに感銘を受け、「with Bで慣れているはずだったんですが、ジュノンのハグはやっぱり違いますね」と感激。綱にそのアイデアの出元を尋ねたところ「親から教えてもらいました。どちらかというとお父さんから」などと明かした。  将来的には役者志望という綱は、ジュノンボーイの先輩となる溝端や山崎賢人のような役者になりたいと語り、共演希望者を尋ねると「タメだと広瀬すずさん。恋人役がいいです」と希望に胸を膨らませていた。  またこの日司会を務めた中山秀征は、自身の子が綱と同世代であることをしみじみと感じながら「これからもいろんな場面でこういうことがあると思うけど、今日のことを忘れないようにすることですね」と、先輩としてのアドバイスを送っていた。

  • 吉岡里帆、VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017 授賞式・記者会見に登場

    吉岡里帆、 2017年を代表する女性に選出 「リップ一色を悩む時間にも幸せ感じる」

    エンタメ

     女優の吉岡里帆が24日、都内にて行われた「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」の授賞式と記者発表会に、お笑い芸人のブルゾンちえみ、女優の木村多江らとともに登壇した。吉岡は受賞の知らせを聞いた時のことを、「ずっと一緒に頑張ってきたマネージャーさんと『涙が出てしまうね』と話しました。仕事を頑張っていて本当に良かったと心から思います!」と語り、喜びを表した。@@cutter さまざまな分野で圧倒的な活躍をみせ、スタイル・生き方・美において雑誌「VOGUE JAPAN」読者をインスパイアした女性たちを選出する同賞。13回目の今回、女優として大躍進し選ばれた吉岡は、鮮やかな真っ白なドレスで登場し、「2017年は新しいことに挑戦させていただき、チャンスを与えていただいた年だったので、真っ白なキャンバスをイメージして白を選ばせていただきました」と説明した。  女性としてよかったと思うことを問われた吉岡は「リップ一色を悩む時間にも幸せを感じます。今年ずっと仕事をしていきたいというヘアメイクさんに出会いました。その方と、どんなメイクにしようかと話している時間が幸せで、ともに作りあげていく喜びを感じられる時に女性としての喜びを感じます」と語った。  「あー女に生まれてよかった!」と受賞の喜びを語ったブルゾンは「今年はいろいろ初めての経験をさせていただいたんですけど、2018年はプライベートでも新しいことに挑戦したいです」と告白。「楽器とか始めようかな」と意外な目標を明かしていた。  “with B”ことブリリアンのエスコートで登場したブルゾンは「自分のことを心配しなければならないのに、ブリリアンのことを『大丈夫か。緊張してないか』と心配してしまいました」と苦笑い。それを見た木村は「ブリリアンさんと“with B”とやりたかった」と話し、笑いを誘っていた。  その他、作家・恩田陸氏、ミュージシャン・コムアイ、演出振付家・MIKIKO氏が授賞式に登壇。女優・SONOYA MIZUNO、冒険家・南谷真鈴氏も同賞を受賞した。また「VOGUE JAPAN」が国内外のファッションシーンで活躍する新世代女性を応援するために贈る「Rising Star of the Year」には、デザイナーのYOON氏が選ばれた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access