濱津隆之 関連記事

  • (左から)ドラマパラビ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』に出演する濱津隆之、秋山ゆずき

    『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』、濱津隆之&秋山ゆずきの“カメ止め”コンビ出演決定

    エンタメ

     女優・歌手の大原櫻子主演で7月にスタートするドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』(テレビ東京/毎週水曜25時35分)に、大ヒット映画『カメラを止めるな!』への出演で注目を集めた俳優の濱津隆之と女優の秋山ゆずきがゲスト出演することが発表された。共に第3話に登場する。@@cutter 本作は、水に濡れるとタイムリープできるという特殊な能力を持つ主人公が、その能力を生かし「びしょ濡れ探偵」として毎話事件を解決へと導く異色の探偵ドラマ。大原はドラマ初主演、テレビ東京のドラマ初出演となるほか、初のドラマ主題歌も担当する。  実家のラブホテル内で兄が営む探偵事務所の手伝いをする女子大生・羽衣は、またの名を「びしょ濡れ探偵」。誰かの手によりびしょ濡れになることで過去へ、そして自らびしょ濡れになることで現在へ、タイムリープできる不思議な能力を持っている。事件の真相を突き止めるため、水をかけられタイムリープする羽衣。過去で真実を目撃した羽衣は、びしょ濡れのまま、「水を差すようですが、彼は犯人ではありません! とんだぬれぎぬです!」と告げる―。  第3話で濱津は“ずぶ濡れ探偵”として芸能活動をする水村姉妹のプロデューサー・毒島役、秋山は、水村姉妹の姉・かけみ役を、それぞれ演じる。  濱津は「びしょ濡れになるという設定が、なんとも自分の好きなヘンテコさで、そんな世界に参加出来てよかったです。今回の金井監督は、とても熱い思いを秘めた義理に厚い男でした。撮影では、秋山ゆずきちゃんと、『カメラを止めるな!』以来初めての別現場での共演で、感慨深いものがありました」と撮影を振り返る。  秋山は「濱津さん以外の方とは今回初めて共演させて頂いたのですが、皆さん本当に気さくで、たくさん話しかけて下さったので、楽しく撮影に参加できました」と語っている。  このほかのゲスト出演者として、第2話で女優の松田るかが元彼のストーカー被害に悩む小悪魔カフェ店員役、第3話で元乃木坂46の生駒里奈が水村姉妹の妹・しずる役、第7話で私立恵比寿中学の安本彩花が羽衣の所属する演劇部の副部長役、第8話でグラビアアイドルの葉加瀬マイが画家の夫のスランプに悩む人妻役で出演することも発表された。  ドラマ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』は、テレビ東京にて7月3日より毎週水曜25時35分放送。

  • 「第28回日本映画批評家大賞」授賞式にて

    平手友梨奈、日本映画批評家大賞・新人賞受賞「皆さんに感謝したい」

    映画

     欅坂46の平手友梨奈が30日、都内で行われた「第28回日本映画批評家大賞」授賞式に出席し、映画『響-HIBIKI-』で新人女優賞を受賞した喜びを述べた。@@cutter 日本映画批評家大賞は、批評家による批評家だけの目で選んだ、ほかに類を見ない映画賞として、1991年に発足された歴史ある映画賞。平手のほか、新人女優賞を受賞した南沙良、新人男優賞の佐野勇斗、主演女優賞の石橋静河、主演男優賞の柄本佑らが出席した。  平手は 、映画初出演で初主演ながら、主人公である響という難役をゆるぎない説得力を持って演じたことが受賞理由と発表されると「今回は本当にありがとうございました。撮影から約1年、改めて関係者の皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思いました」とスピーチ。記念撮影では登壇者と共に笑顔を見せる場面もあった。  同じく『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で新人女優賞を受賞した南は「すてきな賞をいただくことができて、とても光栄に思っています」と笑顔を見せると「この作品に関わったすべての皆さん、作品をご覧になった方がいなければ、この場に立っていられなかったと思います」と感謝。続けて「これからも一人でも多くの人に映画を届けていきたい」と抱負を語った。  『ちはやふる −結び−』で新人男優賞を受賞した佐野は、広瀬すずや野村周平、新田真剣佑ら、同世代の若手俳優たちの現場を振り返り「皆さん普段はすごく楽しくワイワイやっているのに、本番になると集中力がすごかった。プロ意識を感じるとともに、しっかり肩を並べられるように頑張りたい」と今後の成長を誓っていた。  『素敵なダイナマイトスキャンダル』で主演男優賞を受賞した柄本は、「15〜6年前に新人賞をいただき、今回は主演男優賞。とても光栄です」と語ると、伝説の編集者・末井昭をモデルにした作品に「末井さんは自主規制なく本を編集していた方。この作品も監督、スタッフ共に絶対自主規制せずに作るんだと悪い顔をしながら取り組んだ映画。そんな作品でここに立てたことはうれしいです」と満面の笑みを浮かべていた。

  • 『都立水商!~令和~』に出演する濱津隆之

    “カメ止め”俳優・濱津隆之のホスト姿に視聴者驚き 『都立水商!~令和~』第3話

    エンタメ

     俳優の竜星涼が主演を務めるドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)の第3話が放送。映画『カメラを止めるな!』で主演を務めた濱津隆之演じる水商のホスト科教師・小木曽が伝説のホストだったことが明かされるシーンに、SNS上には「意外すぎて笑ってしまった」「いい味出しすぎ」などの声が寄せられた。@@cutter 本作は、2001年に小説として刊行され、猪熊しのぶ作画で漫画化もされた室積光の『都立水商!』を原作にした学園ドラマ。新宿歌舞伎町にある都立高校を舞台に、学校の実態を知らずに就職した新米教師と生徒達の姿を描いていく。  水商は学生の水商売でのバイトを禁じていた。ある日、直樹(竜星涼)は、哲太(瀬戸利樹)が小さな弟と妹達のためにホストのバイトで生活費を稼ごうとしていることを知る。しかし新人ホストの道はやはり甘くはなく、喋りが苦手な哲太は全く稼げない。悩んだ直樹は、哲太のバイトを見逃しながら、ホストが成功する秘訣を探そうとする。初めて自分を指名してくれた客がツケを踏み倒したことから70万円の借金を追うことになった哲太。  直樹は哲太が働く店に出向き、返済の猶予をもらおうと頭を下げる。その時「お金は全額払います!」と言いながら水商のホスト科教師・小木曽がやってくる。このシーンに「小木曽先生キター!」「濱津さんすげーーっ!見せ場」などの反響がSNS上に寄せられた。  小木曽は店のベテランホストに「こちらで足りると思います」と札束の入った封筒を手渡すと「教え子が迷惑をかけたなら責任を取る!ただそれだけです」と一言。ベテランホストは驚いた表情で「武者小路義経さんじゃありませんか!?」と問いかけると、小木曽は「いや…ま、その話は…」と狼狽。ベテランホストが直樹に「10年以上前、この店にいたレジェンドホストです!」と言いながら当時の写真を見せと、そこには今の髭面の冴えない風態とは大違いの茶髪&タイトなスーツで決めた小木曽の姿が。このシーンに視聴者からは「まさかの人のイケメン写真」「レジェンドホストだったカメ止めおじさん」「意外すぎて笑ってしまった」「いい味出しすぎ」などのツイートが投稿された。

  • 『都立水商!~令和~』に出演する松井玲奈

    松井玲奈が元カリスマキャバ嬢に『都立水商!~令和~』教師キャスト発表

    エンタメ

     俳優の竜星涼が主演するドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)より、教師キャストとして松井玲奈、升毅、濱津隆之、永尾まりやらの出演が発表された。併せて、ポスタービジュアルも解禁となった。@@cutter 本作の原作は、2001年に小学館で刊行された室積光の小説『都立水商!』で、猪熊しのぶ作画で漫画化もされ、250万部を超えるベストセラーを記録している。新宿歌舞伎町にたたずむ都立高校を舞台に、高校の実態を知らずに就職した新米教師と水商売を目指す生徒達が水商売のイロハや裏側を学んでいく姿を描くストーリー。今回のドラマ化では、元号発表を経て、タイトルを『都立水商!~令和~』とし、新感覚・本格学園ドラマとなっている。  今回、都立水商を彩る個性の強烈な教師陣キャストが発表された。  松井が演じるのは、キャバクラ科実習教師・乾千花。千花は、銀座から六本木まで数々の名店でナンバーワンを獲得してきたカリスマキャバ嬢という役どころだ。政界・財界・教育界に人脈が豊富だが、詳しい経歴は謎に包まれた都立水商の校長・玉造清を演じるのは升、やたらと腰が低く、物腰柔らかで真面目だが、シャンパンコールではキャラが豹変するホスト科教師・小木曽義和に濱津がキャスティングされた。  また、フーゾク科実習教師・坂下咲良は永尾が担当。指名記録を塗り替えることを生きがいにしてきたフーゾク界のプロを演じる。マネージャー科教師・標祐作には鈴之助が決定した。竜星が演じる直樹の恋人で、直樹が水商で働くきっかけを作る大海原春香役を堀田茜、春香の両親を村田雄浩と江藤あやが務める。  さらに、本作のエンディングテーマが、サイダーガールの新曲「クローバー」に決定したことも併せて発表された。   ドラマ『都立水商!~令和~』は、MBSにて5月5日より毎週日曜24時50分、TBSにて5月7日より毎週火曜25時28分放送。

  • 『魔法少年☆ワイルドバージン』に出演する斎藤工

    斎藤工が叫び、前野朋哉は謎の動き!『魔法少年☆ワイルドバージン』メイキング解禁

    映画

     俳優の前野朋哉が主演を務め、佐野ひなこがヒロイン役で共演する映画『魔法少年☆ワイルドバージン』のメイキング映像が解禁となった。俳優の斎藤工が演じる伝説の童貞魔法使い・高橋による衝撃の叫びから始まり、各キャストのコメントと共に、現場のユーモアあふれる雰囲気が伝わる内容となっている。@@cutter 本作は“童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになる”という都市伝説に着想を得たラブコメファンタジー。保険会社に勤めるうだつのあがらないサラリーマン役を前野と芹澤興人、2人の働く会社にやってくるOLを佐野、彼らの上司を濱津隆之、前野と芹澤に助けられる女性を田中真琴、伝説の童貞魔法使いを斎藤がそれぞれ演じる。メガホンを取るのは映画『サラバ静寂』の宇賀那健一監督。  「自分のキンタマと話し合えよ!」と斎藤が前野に向かって叫ぶ衝撃的なせりふで始まるメイキング映像。インタビューで主演の前野は笑いを交えつつ、「多くの人に見てもらえる作品になったらいいなと。最初から最後まで見てほしいです」、ヒロイン役の佐野は「過酷だった」と撮影を振り返りつつも、「本当にいい作品になったなと思います」と感慨深げな様子。  芹澤は「同世代の方が多かったので、ハイブリッドな芝居ができたんじゃないかと僕は思ってます」、田中は「初めての映画で、何年たっても話せるネタになりました」とそれぞれ出演の感想を語っている。濱津は電動マッサージ器を手でもてあそびながら、「バイト先がラブホテルなので、そこでは触ったことがあるんです」と意外な職歴を明かす。斎藤は本作について「童貞魔法使いのレジェンド、禁欲の果て」と語った上、「何かしらの影響を与えられたら」と期待する。  映像ではさらに「世界中の童貞たちが全宇宙を巻き込んで大暴れ」というナレーションとともに、覆面姿の2人の男がほうきに乗って空を飛ぶシーンの撮影風景などが映し出されている。  映画『魔法少年☆ワイルドバージン』は2019年全国公開。

  • カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』プレミアム試写会にて

    “カメ止め”上田慎一郎、スピンオフでもスタイル踏襲「リミックスをやろうと」

    エンタメ

     映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が、28日に都内で開催された『ハリウッド大作戦!』プレミアム試写会に出席。上田監督は『カメラを止めるな!』のスピンオフである本作について「新しいことはしないようにしました。リミックスをやろうと思いましたね」と語った。@@cutter 『ハリウッド大作戦!』は、大ヒット中の映画『カメラを止めるな!』のスピンオフ作品。この日は同作のメガホンを取った中泉裕矢監督、出演した真魚、濱津隆之、どんぐり、秋山ゆずき、ド・ランクザン望、チャールズ・グラバー、細井学、長屋和彰、市原洋、山崎俊太郎、そして映画コメンテーターの有村昆も出席した。  本作で製作総指揮と脚本を務めた上田監督は「『カメ止め』のメンバーで、ちょっと新しいことをすると、それこそ2みたいになってくるなあと思ったので。ゾンビっていうことも同じで、構造も全く同じで、主人公だけ、濱津さんじゃなくて、真魚にしてやろうと思いました」とコメント。「濱津さんを外す方法が大変でしたね」と白い歯を見せ「濱津さんがいれば、それこそ2みたいになっちゃうんで。主人公を変えたかったですね」と意図を明かしていた。  上田監督の助監督を務めていた中泉監督は「『カメラを止めるな!』と、8割同じことをやってちょうどいいと思っていた」と振り返り、「2割だけ自分の色というか。真魚ちゃんが主人公であるという部分と、(ド・ランクザン)望、チャールズがいることで出てくるものを、ちょっとでも出せればいいなっていうくらいだったので。まねるという言い方はあれですけど、上田君がこういうの好きだっていう好みは分かってはいたので、それを自分の中で噛み砕いて作ったという形ですね」と発言。これを聞いた上田監督は「6割くらいになっていましたけどね(笑)」としつつ「(バランスが)ちょうどよかった」と称賛していた。  カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』は、AbemaSPECIAL2にて、3月2日22時放送。

  • カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』

    『カメ止め!』初のスピンオフ 『ハリウッド大作戦!』放送決定

    エンタメ

     記録的大ヒットとなった映画『カメラを止めるな!』の初のスピンオフドラマ『ハリウッド大作戦!』が、インターネットテレビ局「AbemaTV」の「AbemaSPECIAL2」チャンネルで放送されることが決定した。『カメ止め!』の登場人物たちのその後を描いた物語で、上田慎一郎監督が製作総指揮・脚本を務めるほか、おなじみのキャストやスタッフが再び結集する。@@cutter 映画『カメラを止めるな!』は、山奥の廃虚でゾンビ映画を撮影していた撮影クルーが本物のゾンビと遭遇、襲われたスタッフが次々にゾンビ化する中、監督がひたすらカメラを回し続ける様子をユーモアたっぷりに描き出した作品。  製作費はわずか300万円、キャストはオーディションで選出された無名の俳優たちであるにもかかわらず、2018年6月に公開された直後からSNSで大きな反響を呼び、異例のロングランを記録。興行収入が30億円を超え、第42回日本アカデミー賞で8部門において優秀賞受賞を果たした。  今回放送される、「カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』」は、上田監督によると、「“あの日”から半年後。アイツらが再結集して繰り広げられる新たな物語」だという。監督は「僕自身、脚本を書きながらワクワクが止まりませんでした。アツアツポイント満載の作品になる予感…」と語っている。  なお、番組の最新情報を掲載した、「カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』」公式サイトも公開中。  「カメラを止めるな!スピンオフ『ハリウッド大作戦!』」は、「AbemaTV」の「AbemaSPECIAL2」チャンネルにて3月2日22時放送。

  • NHKスペシャル『詐欺の子』主演の中村蒼

    中村蒼、振り込め詐欺の“かけ子”に NHK『詐欺の子』主演

    エンタメ

     俳優の中村蒼が、3月放送予定のNHKスペシャル『詐欺の子』で主演を務めることが決定。オレオレ詐欺に手を染める青年を演じる中村は「今回演じるにあたって、まずオレオレ詐欺などの特殊詐欺の被害総額の多さと巧妙化していく手口などにとても驚きました」と語っている。@@cutter この番組は、2003年頃から被害が本格化し、現在では被害額が毎日1億円に上るとまで言われている“振り込め詐欺”の実態について、複数の事実を基にしたドラマとドキュメンタリーで構成。格差社会が進行した現在の日本社会で、言葉巧みに洗脳され、振り込め詐欺に手を染めていく若者たちの姿を紡ぎ出していく。  舞台は2019年の東海地方。一人暮らしの光代(桃井かおり)に、娘をかたる女から電話がかかってきた。過去にもだまされた経験のある光代は、警察に通報し捜査に協力。現れた「受け子」で14歳の和人(渡邉蒼)の逮捕に貢献する。和人を送り込んだのは、幼なじみの「かけ子」の大輔(中村蒼)と「見張り」の遠山(長村航希)。二人は詐欺を“老人の『死に金』を社会に還元する義挙”と信じ「警察の捜査に協力してほしい」「被災地支援のため」などと巧みな嘘で話を持ち掛け、荒稼ぎを繰り返していた…。  本作でオレオレ詐欺をする青年・大輔を演じる中村は自身の役柄について「僕の演じる嘉川大輔はひょんなことからオレオレ詐欺に手を染めることになります」とコメント。そして「今作は事実を基にしたドラマで劇中には実際詐欺をした方の証言なども出てきますのでとても説得力のある作品になるのではと思います」と語ると、続けて「そしてその中にある家族愛や登場人物の葛藤などにも注目していただけたらなと思います」と語っている。  本作には、中村や桃井のほか、坂井真紀や、イッセー尾形といった実力派キャストも顔をそろえている。  NHKスペシャル『詐欺の子』は、NHK総合にて3月放送予定。

  • 『魔法少年☆ワイルドバージン』に出演する斎藤工

    斎藤工が伝説の童貞魔法使いに『魔法少年☆ワイルドバージン』追加キャスト発表

    映画

     俳優の前野朋哉が主演を務め、グラビアモデルの佐野ひなこが出演する映画『魔法少年☆ワイルドバージン』に、俳優の斎藤工が出演することが決定。斎藤は映画について「おそらく関わった全員が、魂を削りながら好奇心を貫いた作品です」と語っている。@@cutter 本作は“童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになる”という都市伝説に着想を得たラブコメファンタジー。映画『桐島、部活やめるつてよ』やNHK連続テレビ小説『わろてんか』などで知られる前野が、保険会社に勤めるうだつの上がらないサラリーマンを演じ、彼の働く会社を訪れるOL役に佐野が扮する。メガホンを取るのは映画『サラバ静寂』の宇賀那健一監督。  このたび追加キャストとして発表された斎藤の役どころは、伝説の童貞魔法使い。演じる斎藤は、本作を「誰も観たことの無い、しかしその先にあるモノは何処か懐かしく核心的」と評すると、続けて「宇賀那監督×前野朋哉さんと言う才能の化学反応を間近で見て胸躍りました」とコメント。  さらに映画『カメラを止めるな!』で注目された俳優の濱津隆之が、前野と佐野の上司・小池誠二郎役で出演。濱津は本作について「実は『カメラを止めるな!』のシネマプロジェクトよりも前に受けていた宇賀那監督のワークショップオーディション」と出演に至る経緯を明かし、「頂いたのは、短い役者人生、今まで一度もやったことのない役でしたが、あんな素敵なポジションを、本当に有難い限りです」と監督に謝辞を述べた。  またモデルの田中真琴は、本作で女優として映画デビュー。田中は初出演作について「個人的には強烈な映画デビューを体験でき本当に光栄です」と語っている。  映画『魔法少年☆ワイルドバージン』は2019年全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access