新音 関連記事

  • 草なぎ剛、映画『まく子』公開記念舞台挨拶に登壇

    草なぎ剛、元気の源はステージに立つこと! 「元気や笑いを撒いていきたい」

    映画

     俳優の草なぎ剛が16日、都内で行われた映画『まく子』公開記念舞台挨拶に登壇した。自身の元気の源は「ステージに立つこと」と明かした。@@cutter 本作は、直木賞作家・西加奈子の同名小説を映画化した再生と感動の物語。草なぎは、ひなびた温泉街に一人息子のサトシ(山崎)と一緒に住む女好きの父親・光一を演じている。イベントには草なぎのほか、主人公を演じた山崎光、新音、須藤理沙、鶴岡慧子監督が登壇した。    息子役を務めた山崎が「とても大切な1年でした。この作品で主演をやらせていただたいことは、これからの俳優人生に糧になると思います」とあいさつすると、草なぎは「立派だね。山崎くんからも新音ちゃんからも、学ぶことがいっぱいあった。これからも一緒にお仕事できたらいいなと思います」と俳優の先輩としてエールを送った。    さらに草なぎは、上映後の舞台挨拶ということで、ネタバレトークを展開。特に山崎とのラストシーンには、きわどい下ネタを披露し客席を盛り上げる一方、「この作品は、子どもだけではなく大人も再生できるというのがテーマ。年をとるということは、老いていくことでもありますが、朽ち果てるだけではなく、どこか再生しながら生きていきたいと気づかせてくれる」と真摯な目で語るなど、緩急自在のトークで会場を魅了していた。    また「まく子」というタイトルにちなみ、どんなことを“撒いて”いきたいかという問いに、草なぎは「笑うって大事ですよね」とつぶやくと「たくさんの作品を通じて、元気や笑いを撒いていきたい」と宣言。そんな草なぎにとって「こういう場に立つと元気になれます。ステージに立つことが僕の元気の源なんです」と、今後も意欲的に作品に向き合っていくことを誓っていた。    鶴岡監督は、立ち見も出るなど超満員の客席を見渡すと「昨日この作品が公開になったことが、いまの私を形成しています。1人でも多くの人に届くことを祈っています」と熱い思いを吐露していた。  映画『まく子』は公開中。

  • 映画『まく子』完成披露上映会舞台挨拶に登壇した草なぎ剛

    草なぎ剛、女好きなダメ親父役で新境地 40過ぎての“成長”も明かす

    映画

     草なぎ剛が20日、都内で行われた映画『まく子』完成披露上映会に山崎光、新音、須藤理彩、鶴岡慧子監督と共に登壇。草なぎは劇中、女好きなダメ親父ながらも、息子の成長を温かいまなざしで見つめる父・光一に扮しているが「新境地を切り開くことができたのかな」と満足そうな表情を浮かべていた。@@cutter 本作は、直木賞作家・西加奈子の同名小説を映画化。小さな温泉街に住む少年・サトシ(山崎)が、転入してきた不思議な少女・コズエ(新音)との出会いを通じて、成長していく姿を描いた人間物語。草なぎは「ピュアな心が詰まった映画」と強調するも「僕は浮気するダメ男なんです」と苦笑い。  とは言いつつも、この日は息子役を演じた山崎や謎の美少女役の新音に対して、常に優しく声をかけるなど優しい心配りを見せる。そんな草なぎに山崎は「すごくオーラがあって現場では頼りになりました。初めての主演でしたが、とても心強かった」と感謝の言葉を述べる。  さらに撮影時より8センチも身長が伸び、声変わりもしている山崎に対して草なぎは「撮影のときと違いすぎ。時間が経っているんだなと実感した」としみじみ語るが「でも僕も最近身長が2センチ伸びたんです。40歳を過ぎても成長するんだよ」と発言し、会場を笑わせていた。  また山崎や新音らがしっかり原作を読んで作品に臨んだことを明かすなか、草なぎは昨日、飛行機のなかで原作を読破したことを明かす。須藤が「今なの?」と突っ込みを入れると、草なぎは「逆から行くみたいな…。でもやっぱり鶴岡監督はすごい。原作をこんな素晴らしい形で映像化するなんて」と映画の出来に太鼓判を押していた。  映画『まく子』は、3月15日公開。

  • 映画『まく子』メインカット

    草なぎ剛ら出演『まく子』、高橋優の主題歌『若気の至り』が流れる予告解禁

    映画

     草なぎ剛が出演する映画『まく子』より、予告編が解禁された。高橋優が書き下ろした主題歌『若気の至り』に乗せて、主人公サトシが不思議な転入生の美少女コズエに抱く淡い恋心や、サトシを見守る家族ら、閉ざされた小さな町で不器用に生きる大人たちの姿を、温かく映し出した映像となっている。@@cutter 本作は、直木賞作家・西加奈子の同名の児童小説を鶴岡慧子監督が映画化。温泉町を舞台に少年の成長と初恋を描く。主人公・サトシを山崎光、謎の転入生・コズエを新音(にのん)、旅館を切り盛りするサトシの母・明美をドラマ『半分、青い。』に出演した須藤理彩が演じる。そしてサトシの父・光一を草なぎ剛が務め、浮気性のダメな父親でありながら、息子の成長を見守り背中を押す役柄で新境地を見せる。  ひなびた温泉街の旅館の息子で小学5年生のサトシ(山崎)は、自分の体の変化に悩み、女好きの父親(草なぎ剛)に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエ(新音)が現れる。言動がどこか不思議な同い年のコズエは、信じがたい秘密をサトシに教えてくれる…。  予告編では、思春期ならではの葛藤や親子の確執を経験しながら、少年が成長していく姿が繊細に描写。サトシは父親・光一と隣町の女性の密会現場を偶然目撃し、大人になることへの抵抗感を一層強くするものの、「土星の近くの星から来たの」という不思議な転校生コズエとの出会いによって変わっていく。父親を不潔だと感じ、「大人になんてなりたくないよ。体がどんどん変わっちゃって」と嘆くサトシに、「体が変わるなんて面白いよ。それが大人になることなら、私は楽しい」と答えるコズエ。彼女によってサトシの世界は輝き出す。  映像のラストでは、母親とともに去って行くコズエの姿が描かれる。「コズエ、派手にまいていったな」というサトシの言葉から、何でもまき散らす少女が、この町に何か大きなものを残していったことが予感される映像となっている。  映画『まく子』は3月15日より全国公開。

  • 映画『まく子』ポスタービジュアル

    草なぎ剛出演『まく子』、ポスタービジュアル&原作者のコメント到着

    映画

     草なぎ剛が父親役で出演し、温泉町を舞台に少年の成長と初恋を描く映画『まく子』から、ポスタービジュアルと原作者・西加奈子のコメントが到着した。@@cutter 本作は、直木賞作家・西加奈子の同名児童小説を映画化。ひなびた温泉街の旅館の息子で小学5年生のサトシ(山崎光)は、自分の体の変化に悩み、女好きの父親(草なぎ)に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエ(新音)が現れる。言動がどこか不思議な同い年のコズエは「ある星から来たの」と信じがたい秘密をサトシに教えてくれる…。  監督を務めるのは、初長編映画『くじらのまち』がPFFアワード2012にてグランプリ&ジェムストーン賞をダブル受賞した鶴岡慧子監督。思春期を生きるサトシの葛藤とコズエとのせつない初恋を軸に、家族を愛しつつも浮気をしてしまう父親、それを知りながら明るくふるまう母親、道ならぬ恋をする若い女性、訳ありの親子など、小さな町のどこか不器用な人々を、優しく映し出していく。  ポスタービジュアルは「大人になりたくない僕が恋をした不思議な少女。彼女がまく奇跡に世界は美しく輝き出す―」というキャッチコピーとともに、思春期を生きるサトシと、空に向かって美少女コズエが撒いている姿、笑顔の両親、小さな町で生きる人々の姿がデザインされたものとなっている。  映画を鑑賞した原作者の西は「明日へ、そして次の世代へと繋がっていく“再生”の象徴としての『撒く』という行為が、映画の中で、はっとするくらいみずみずしく、鮮やかに描かれていて、思わず涙しました」とメッセージを寄せた。  映画『まく子』は2019年3月15日より全国公開。

  • 映画『まく子』場面写真

    草なぎ剛が父親を演じる映画『まく子』特報解禁

    映画

     草なぎ剛らが出演し、直木賞作家・西加奈子の小説を実写化した映画『まく子』から特報が解禁。特報では、子どもと大人の狭間にいる主人公をはじめ、草なぎ演じる主人公の父親の姿が描かれている。@@cutter 本作は、思春期の少年の成長を描いた西による同名小説を映画化したヒューマンドラマ。主人公は、小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧(山崎光)。不思議な魅力をもつ美少女転入生のコズエ(新音)と出会った慧は、彼女に秘められた大きな秘密を知ることで、ほんの少しだけ大人へと近づいていく。草なぎは慧の父・光一に扮し、慧の母・明美役で須藤理彩も出演する。  このたび解禁された特報映像は、山崎演じる主人公・慧の「大人の男は嫌い。うちの父ちゃんなんて最低だ」というセリフからスタート。そこから草なぎ演じる光一や、謎の美少女転校生・コズエ、主人公の母・明美の姿が瑞々しい映像で映し出される。さらに映像の中では「信じること、与えること、受け入れること、そして、変わっていくこと」という本作を象徴するメッセージがナレーションと紹介される。  そして特報のラストは、コズエが慧の耳元で囁く衝撃的なセリフで締められ、物語のキーパーソンでもあるコズエの存在を強く印象づける映像に仕上がっている。  映画『まく子』は、2019年3月全国公開。

  • 映画『まく子』場面写真

    草なぎ剛出演『まく子』第1弾チラシビジュアル&場面写真解禁

    映画

     草なぎ剛らが出演する映画『まく子』が、2019年3月に全国公開することが決定した。また、原作者の西加奈子がインスピレーションで描いた表紙イラスト入り第1弾チラシと、女好きのダメな父親に扮した草なぎの姿を収めた場面写真も解禁となった。@@cutter 本作は、子どもと大人の狭間にいる思春期の成長物語を描いた西による同名小説を映画化。主人公は、小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧(山崎光)。不思議な魅力をもつ美少女転入生のコズエ(新音)と出会った慧は、彼女に秘められた大きな秘密を知ることで、ほんの少しだけ大人へと近づいていく。草なぎは慧の父・光一に扮し、慧の母・明美役で須藤理彩も出演する。  解禁された第1弾チラシの表面には、西によって描かれた、読者をじっと見つめる「猿」がデザインされている。併せて公開された場面写真では、慧と光一と明美、そして少し離れた場所に立つコズエを収めた一枚のほか、慧とコズエの距離が徐々に縮まっていくシーン、慧のために握りたてのおにぎりを差し出す光一の様子なども確認できる。  主演の山崎は、中学3年生の14歳。2010年に映画『ちょんまげぷりん』で映画デビューを果たし、その後は『ツナグ』『真夏の方程式』などに出演、本作で初主演を飾る。謎の転校生を原作のイメージそのままに体現した新音は、雑誌「VERY」の専属モデル、クリス・ウェブ佳子の長女。RADWIMPSの楽曲『狭心症』のミュージックビデオや、第68回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に正式招待された富名哲也監督の『Blue Wind Blows』に出演しており、映画は本作で2作目となる。  映画『まく子』は、2019年3月全国公開。

  • (上段左から)山崎光、新音 (下段左から)草なぎ剛、須藤理彩

    草なぎ剛が父親役 西加奈子原作『まく子』映画化

    映画

     『きいろいゾウ』の西加奈子原作『まく子』が、主人公に山崎光、父親役に草なぎ剛を迎え、映画化されることが分かった。草なぎは「僕もちょうど山崎君と同じくらいの時に仕事を始めているので、当時の事を思い出し、その時感じていた事は今も感じているのかなと考えたりしました」とコメントしている。@@cutter 本作は、小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧(さとし)が、不思議な魅力をもつ美少女・転入生のコズエと出会い、彼女に秘められた大きな秘密を知ることで成長していくさまを、思春期ならではの葛藤や親と子の確執と再生を交えて瑞々しく描く。  主人公の慧を、『ちょんまげぷりん』で映画デビューし、本作が初主演となる14歳の山崎が抜てき。コズエ役に、本作が映画出演2作目となる13歳の新音が決定した。慧の父親・光一には、2017年9月に「新しい地図」として始動し、オムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』に続き2作目の映画出演となる草なぎ、母親・明美に須藤理彩が扮する。メガホンを取るのは29歳の若手女性監督・鶴岡慧子。  慧役の山崎は現場を振り返り、「初めて主演という大役を頂き緊張していたのですが、鶴岡監督のわかりやすい指導と、スタッフさん達のサポートのおかげで、思い切って楽しく演技することができました」とコメント。  小学5年生の息子をもつ父親役を演じる草なぎは、「子供から『お父さん しっかりしろよ』と言われてしまう、そんな父親です」と役柄を解説。作品について「『まく子』は、誰しも持っている、どうしても失ってしまう大事な感情、想いを、もう一度取り戻してくれる作品です。僕たちの前にいきなり出てきて、花火の様に僕らの日常を映してくれて、『あいつ、バカだなぁ』って笑いながら、幸せをまいてくれる、この映画も、みなさんにとってそんな存在になる映画だと嬉しいです」と思いを明かしている。    本作が映画化3作品目となる原作者の西は、「私にとって特別な思い入れがあるこの作品を映像にしていただけることも奇跡。素晴らしいスタッフに恵まれ、それだけでこの作品は祝福されています。完成がほんとうに楽しみでなりません」と喜びのメッセージを寄せた。  『まく子』は2019年公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access