神宮寺勇太 関連記事

  • 3月20日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!SP』(フジテレビ系)に登場する、有村藍里

    有村藍里、整形告白後テレビ初出演 今夜『梅ズバSP』に登場

    エンタメ

     タレントの有村藍里が、今夜20日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!SP』(フジテレビ系/21時)に出演。有村にとって整形を告白して初めてのテレビ収録での出演となる。@@cutter MCを梅沢富美男が務め、楽屋で聞いたうわさ話を直接本人に聞いて確かめるというトークバラエティー『梅沢富美男のズバッと聞きます!』。  2時間スペシャルとなる今夜のゲストは女優・有村架純の姉でタレントの有村藍里。藍里は同局のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』で美容整形を告白し、頭蓋骨を6分割する「顎矯正手術」に挑んだ。今回の番組は、有村にとって整形を告白して初めてのテレビ収録となる。  番組ではニューヨーク発のダイエット法「ゼロトレ」を特集。考案者の女優・石村友見がスタジオに登場し、肩こりと腰痛改善に効果が期待できる最新ゼロトレをテレビ初公開。ゲストとして登場するKing & Princeの神宮寺勇太と永瀬康が最新ゼロトレに挑戦する姿も放送される。  『梅沢富美男のズバッと聞きます!SP』は、フジテレビ系にて今夜20日21時放送。

  • 映画『うちの執事が言うことには』ポスタービジュアル

    『うちの執事が言うことには』King & Princeの主題歌解禁 90秒予告&新ビジュアル公開

    映画

     King & Princeの永瀬廉が初主演を務める映画『うちの執事が言うことには』の主題歌が、King & Princeの『君に ありがとう』に決定。同曲の初お披露目となる最新の予告編映像とポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、2014年3月に刊行された小説シリーズをはじめ、2015年11月からはコミックスになり、2017年3月からは新シリーズ『うちの執事に願ったならば』が刊行されるなど、シリーズ累計発行部数75万部を超える同名の人気小説を映像化した上流階級ミステリー。社交界の名門・烏丸家の御曹司・烏丸花穎(永瀬)と、彼に執事として仕える仏頂面の新米執事・衣更月蒼馬(清原翔)が陰謀に立ち向かう姿を描く。  本作のために書き下ろされた主題歌『君に ありがとう』は、「きっと君との出会いが僕を変えた 弱さ受け入れる強さの意味を 君が教えてくれた」と、自分を成長させてくれた大切な人への感謝をつづった内容。花穎&衣更月の2人が数々の事件を通じて築いていく信頼関係を思わせる歌詞とさわやかなメロディーが作品を彩る。  予告編は、永瀬演じる若き当主・花穎と、清原演じる仏頂面の執事・衣更月が、不本意ながら主従関係を結ぶ羽目になるところから始まる。「烏丸家のご当主としての分別をお忘れなきよう」と衣更月に小言を言われる花穎。一触即発のピリピリモードの状況が映し出されている。そして次々と起こる不可解な事件。花穎が当主になって初めて招待された芽雛川家次男のバースデーパーティーでは女性の悲鳴が。そこで出会った神宮寺勇太演じる赤目はなぜか親しげに花穎に近づいてきて…。さらに、烏丸家にも事件が起こり始める。上流階級を舞台に個性豊かなキャラクターたちが織りなすストーリー展開に期待が高まる映像に仕上がっている。  また、最新のビジュアルでは、妖艶な花に囲まれた花穎、衣更月、赤目の3人の姿が写し出され、気品あふれる優雅な雰囲気を醸し出している。  映画『うちの執事が言うことには』は、5月17日より全国公開。

  • 『うちの執事が言うことには』ポスタービジュアル

    King & Prince・永瀬廉主演『うちの執事が言うことには』特報映像初解禁

    映画

     King & Princeの永瀬廉が初主演を務める映画『うちの執事が言うことには』より、永瀬本人がナレーションを務める特報映像が解禁された。原作小説でも話題を呼んだ、主人公・花穎と無愛想な新米執事・衣更月の、そりの合わなそうな出会いの場面などが描かれている。@@cutter 本作は、2014年3月に刊行された小説シリーズをはじめ、2015年11月からはコミックスになり、2017年3月からは新シリーズ『うちの執事に願ったならば』が刊行されるなど、シリーズ累計発行部数75万部を超える同名の人気作品を映像化した上流階級ミステリー。社交界の名門・烏丸家の御曹司・烏丸花穎(永瀬)と、彼に執事として仕える仏頂面の新米執事・衣更月蒼馬(清原翔)が陰謀に立ち向かう姿を描く。  監督は、映画『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』(2016年)やWEBドラマ『火花』(2016年)でメガホンをとった久万真路。脚本は、『ツレがうつになりまして。』(2011年)、『グラスホッパー』(2015年)、『追憶』(2017年、原案・脚本)の青島武。  特報は、烏丸家第27代当主となる主人公・花穎と新米執事・衣更月の出会いから始まり、「烏丸家のご当主として…」「僕に、指図をするな!」と、不本意ながら主従関係を結ぶ羽目になった2人の一触即発な状況が映し出される。続いて、芽雛川家次男のバースデーパーティーに招待され、ある事件に巻き込まれる花穎。人並外れて優れている“色彩感知能力”がこの事件解決の鍵を握るのか? さらには、現役大学生でありながら起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)も「はじめまして、花穎」と、初対面のはずなのにどこか親しげな態度で登場。「誰かが烏丸家を陥れようとしている気がする」という、これから烏丸家に降りかかる最大の危機を暗示させる言葉で締められ、今後のストーリー展開に期待が高まる映像に仕上がっている。  映画『うちの執事が言うことには』は2019年5月17日より全国公開。

  • 『うちの執事が言うことには』撮影現場より

    キンプリ永瀬廉、驚がくした映画初主演への不安と現場で育まれた自信

    映画

     2019年公開の映画『うちの執事が言うことには』で映画初主演を務めるKing & Princeの永瀬廉。高里椎奈のミステリー小説を実写映画化した本作で永瀬が演じるのは、留学から帰国したばかりの名家の御曹司で、突然家督を継ぐことになった烏丸花穎(からすま・かえい)。花穎に仕える新執事の衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま)役に清原翔。花穎に近付く、スイーツ店のオーナーを務める赤目刻弥(あかめ・ときや)役でKing & Princeの神宮寺勇太も出演。撮影現場は楽しそうな笑い声が飛び交い、フレッシュな演技に期待が膨らむ。@@cutter この日撮影されていたのは、神宮寺扮する赤目が、永瀬扮する花穎の屋敷を訪ねてきたシーン。高級な調度品が並ぶ豪華な応接室で、大きなソファにゆったり腰掛けて向き合う御曹司の花穎と赤目。でもその会話は、「うわ〜、おいしそ〜!」「花穎が気に入ってくれるとうれしいな」と、キュートなスイーツ男子のそれだ。  監督とのディスカッションでセリフが加わったり、アドリブで会話を続けたりすることも多い現場で、永瀬は「どれにしようかな〜、これもおいしそう!」と目をキラキラさせて新たなセリフを紡いでいく。神宮寺は急きょケーキの説明をすることになり、オシャレなチーズケーキの名前に四苦八苦。何度も1人でブツブツ呟いて練習し、OKが出ると「言えたー!」と笑顔でホッと一息。  撮影の合間にはしりとりで遊んだり、ケーキに勝手に人の名前をつけて遊んだり、慣れないはずの映画の現場でもリラックスした表情を見せていた永瀬と神宮寺。清原も「2人とも、基本的に子どもっぽいんですよ!」と2人の印象を明かす。「僕がお菓子を食べていたら『なんで食べてるんですか?』って横取りされて、それから取り合いになりました。この2人がすぐふざけるので、僕はまあ…付き合ってあげてるんです」と清原が暴露すると、「ウソだ! 翔くんもノリノリ」(神宮寺)、「めちゃめちゃ精神年齢が近い」(永瀬)と2人から容赦ないツッコミが入り、意気投合した3人のチームワークの良さが伝わってきた。@@separator とはいえ永瀬は映画初主演。最初はプレッシャーを感じていたようで、「最初にお話を聞いたときは、まずびっくりして、疑いから入りました。『ほんまに?』みたいな。あまり演技経験もない方ですからなおさら。もちろんうれしかったですけど、聞いた日は何も手につかなかったです」と繊細な一面も。「でも撮影をしていくうちに、“楽しい”っていうのがどんどん大きくなって。毎日、スタッフさんを含め、翔くんや神宮寺の顔を見られるのを楽しみに撮影しています」と語る姿からは、大きな一歩を踏み出した自信と、主演としての気遣いが感じられた。  現場での監督とのディスカッションに関しても「まずは監督に教えていただいたことをやってみて、『ここはもう少しこうしてみるのはどうですかね?』って感じで言うことは結構多いかもしれないです」と、積極的に提案しているという永瀬。「もちろん間違えていることもあるのでちゃんと確認はしているんですけど、監督が受け止めてくださるので言いやすい。そこは、自分でも成長できたところがあるんじゃないかなという収穫です。初めての経験なのでどんどん新しい部分が学べている気がしてうれしいです!」と、演技の楽しさに目覚め、ハマっていっているようで、役者・永瀬廉の躍進が楽しみになる。(取材・文:関亜沙美)  映画『うちの執事が言うことには』は、2019年5月17日より全国公開。

  • 映画『うちの執事が言うことには』場面写真

    『うちの執事が言うことには』King & Prince神宮寺勇太の場面写真到着

    映画

     King & Princeの永瀬廉が初主演を務める映画『うちの執事が言うことには』から、映画初出演となる同グループの神宮寺勇太が出演するシーンを収めた場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、2014年3月に刊行され累計35万部を突破した高里椎奈による人気小説シリーズを映像化した上流階級ミステリー。社交界の名門・烏丸家の御曹司・花穎(永瀬)と、彼に新しく執事として仕える衣更月蒼馬(清原翔)が陰謀に立ち向かう姿を描く。  本日30日は、神宮寺の21歳の誕生日。バースデーを記念し公開されたのは、大学生でありながらパティスリー「アントルメ・アカメ」オーナーの赤目刻弥を演じる神宮寺の姿。神宮寺演じる赤目は本作の物語の鍵を握るミステリアスなキャラクターで、気さくで人懐っこい一面を見せながらも、ときに独特の空気感をまとい、緊張感ただよう言動で周囲の人間を動かしていく。  神宮寺は今回の役柄を演じるにあたり、髪を赤くし前髪を上げ、普段より大人っぽい雰囲気を作り上げている。  映画『うちの執事が言うことには』は2019年全国公開。

  • (左から)ドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』に出演する岩橋玄樹、高橋海人、神宮寺勇太

    King & Prince・高橋海人&神宮寺勇太&岩橋玄樹、10月連ドラ初主演

    エンタメ

     King & Princeの高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹が、日本テレビで10月より放送開始となる新ドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』で主演を務めることが決定。ドラマ初出演で初主演を務める高橋は「フツーの部活男子のパートと青春・漫画キャラのようなパートを演じるんですけど、それぞれ役のギャップを自分の中で把握して、楽しみつつ、面白い形で視聴者の方に届けられたらいいなと思います」とコメントを寄せている。@@cutter ガンガンONLINE(スクウェア・エニックス)で連載された、いづみかつきの人気コミックを、最注目の若手演出家・加藤拓也が脚本化した本作。劇中では、部活をサボることに命をかけたリアル部活男子の日常が描かれ、理想まみれのフィクション部活像を、現実(リアル)な本音でイジり倒す。  西野役の高橋は「僕の演じる西野は自信家で学校にこんな奴いるなって感じもします。自分に自信を持って部活をサボろうとしてるみたいな」と語る。続けて「西野は僕にはない部分があるので、憧れるなっていうのはあります。この作品を通してちょっと憧れだった人生をアナザーストーリーのように演じたいです」とコメントした。  窪田役の神宮寺は「僕が演じる窪田は、真面目で三人の中でも一番まとも。サッカー部の中でも『一番サッカーが好きだ』と自分では思っているけど、サッカーは苦手で。西野と大山が部活をマジメにやらずふざけてるのを改心させて、マンガのように部活を頑張り、一緒に大会に出て熱い青春を送りたいって思っている役ですが、窪田は本当にピュアな人でその部分をしっかり演じていきたいです」と意気込みを明かす。  一方、大山役の岩橋は「僕の演じる大山には、共感できる部分がいっぱいあるので、高校時代はこんなことしてたなぁと懐かしさを感じました。大山を演じるには、もしかしたら素の自分のように演じた方がやりやすいのかなって思っていますが、監督とも相談しながら皆さんから愛される大山を演じていけたらと思っております」と話している。  また主題歌はKing & Princeが歌う『Memorial』(10月10日発売)に決定した。  ドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』は、日本テレビにて10月22日より毎週月曜24時59分放送。

  • 映画『うちの執事が言うことには』場面写真

    King & Prince 永瀬廉主演『うちの執事が言うことには』クランクアップ

    映画

     King & Princeの永瀬廉が初主演を務める映画『うちの執事が言うことには』がクランクアップを迎え、映画の場面写真が解禁となった。初主演映画が無事に撮影を終えた永瀬は「僕の初主演映画がこの作品で、一緒に作り上げてくださった方々がみなさんで本当によかったと思っています!」と語った。@@cutter 本作は、2014年3月に刊行され累計35万部を突破した高里椎奈による人気小説シリーズを映像化した上流階級ミステリー。社交界の名門・烏丸家の御曹司・花穎(永瀬)と、彼に執事として仕える青年が陰謀に立ち向かう姿を描く。  5月17日にクランクインした本作の撮影は6月中旬にオールアップ。永瀬は自身初の主演映画のクランクアップに「まだまだ未熟な僕だったので、皆さんにご迷惑をおかけしたことも多々あったと思いますが、この1ヵ月間、花穎として本当に楽しく演らせていただきました」と、感極まった様子で挨拶。  そして、すでにその2日前に撮影を終えていた赤目刻弥役の神宮寺勇太(King & Prince)がサプライズで駆けつけて永瀬を労うと、永瀬の目から大粒の涙が溢れるという一幕も。  また、クランクアップ報告と併せて、烏丸家の執事・衣更月蒼馬を、モデルとしても活躍する俳優の清原翔が演じることも発表された。清原は主演の永瀬について「永瀬くんとは初対面、初共演だったんですが、すごく愛されキャラなんだと思います」と一言。さらに「僕は最初なかなか馴染めずにいたんですが、永瀬くんがどんどん話しかけてきてくれてたおかげで仲良くさせて頂きました」と主演俳優の気遣いを明かした。  解禁された場面写真では、優雅な朝食時の花穎を演じる永瀬と、彼を見つめる蒼馬役の清原の姿を捉えている。  映画『うちの執事が言うことには』は2019年全国公開。

  • King&Prince、格差を絆で乗り越えvsから&に…上昇気流を掴んだ6人

    King&Prince、“vs”から“&”になって上昇気流を掴んだ6人の魅力

    エンタメ

     ジャニーズ事務所がこの春送り出した新星6人組ユニット・King&Prince。5月23日、メンバーの平野紫耀が出演するドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系/毎週火曜22時放送)の主題歌『シンデレラガール』でCDデビューし、1位を獲得したグループだ。表紙を飾った「anan」が、同誌の長い歴史の中で2度しかない重版となるなど、今一番勢いのある彼らを紹介しよう。@@cutter そもそもKing&Princeは、ジャニーズJr.内ユニットであった「Mr.KING」の平野、永瀬廉、高橋海人と、「Prince」の岸優太、岩橋玄樹、神宮寺勇太で構成されたグループ。関西ジャニーズJr.出身の永瀬、地元の愛知県で芸能活動を始めた後に関西ジャニーズJr.に移った平野が西、残る4人は東という振り分けで、東・名・阪の出身者がそろっている。  2015年、デビュー前に『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の応援サポーターに就任したとき、6人のグループ名は“&”ではなく“vs”でつながれた「Mr.King vs Mr.Prince」だった。しかし、2016年、2017年はPrinceがサポーターから外され、Mr.KINGのみで継続。グループ内ユニット格差が生まれたことで、本人たちはもちろん、ファンも気を揉んだという経緯がある。しかし今年、全員の強い意志で6人でのデビューを果たし、“vs”ではなく“&”でひとつになった。  現時点でズバ抜けた露出を誇っているメンバーは、やはりドラマ『花晴れ』の平野。小学2年生でダンスを始めた彼は、高校1年生のダンススクールの合宿で上京した際に少年隊や光GENJIなどを教えたインストラクターと出会ったことで人生が急変。ジャニー喜多川社長を紹介してもらい、オーディションなしで入所した。  そのわずか2年後、2014年に深夜ドラマ『SHARK』(日本テレビ系)で主役に抜擢。2016年には、弱冠19歳で舞台『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from帝劇to博多』の座長を務め、博多座の最年少座長記録を更新した。現在21歳の彼は、今春には主演映画『honey』、現在は『花晴れ』、11月にも主演映画『ういらぶ。』と出演作が目白押しだが、本人は至って天然なキャラクターだ。  同じくMr.Kingの永瀬は、関西出身だけあって話術が巧みな19歳。関西ジャニーズJr.時代にレギュラー出演していた『まいど!ジャーニィ~』(BSフジ/毎週日曜9時)では、当時高校生ながらも見事な仕切りっぷりを見せ、現在も『ザ少年倶楽部』(NHK-BSプレミアム)で力を発揮しているほか、俳優としても主演映画『うちの執事が言うことには』の公開が来年に決定している。@@separator そして高橋は、黒くて大きな瞳が魅力な19歳。グループ内最年少だが、幼稚園児の頃からダンスを習っているため、キャリアは最長と言える。ジャニーズに入所した14歳のころはまだあどけなさが残っており、声変わりもしていなかった。甘えたボイスは、弟キャラそのものだったが、現在は立派な青年に成長。ジャニーズJr.になる前、『We are SMAP! 2010 CONCERT』の中居正広のソロ曲「Memory ~June~」で幼稚園児の格好をしてダンサーに加わっていたことを本人が雑誌インタビューなどで語っている。  一方、グループ最年長、22歳の岸優太はPrinceのメンバー。本人が固辞する中、メンバーからKing&Princeの“初代”リーダーに任命された、真面目な努力家且つ天然なキャラクター。2015年の深夜ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系)で子役の鈴木梨央とW主演を努め、視聴者を感動の渦に巻き込むなど、役者としても折り紙つきだ。舞台や映画などでSexy Zone・中島健人との共演が多く、12月21日公開の中島主演映画『ニセコイ』にも出演している。  Prince内最年少の神宮寺勇太は、SMAPの木村拓哉に憧れて入所。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の“ジャニーズJr.”特集に出演した1人だ。収録中に「ギターが好き」と発言した彼は収録後に木村から呼びだされ、前室でギターを教えてもらったというエピソードが有名だ。役者としても2013年のドラマ『幽かな彼女』(フジテレビ系)などに岩橋と共に出演。永瀬主演の『うちの執事が言うことには』への出演も決定している。  前述のとおり、神宮寺と共に活動することの多い岩橋は、老舗アイドル雑誌『Myojo』の恒例企画“恋人にしたいJr.ランキング”で、前人未到の5年連続トップに輝いている20歳。これまで3連覇タイで山下智久と元KAT‐TUN・赤西仁が並んでいたが、岩橋がその記録を塗り替えた。『CDTV』(TBS系)や『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演時に“ピンクの子”としてトレンド入りし、ファンのみならず一般受けも証明。左右にできるえくぼが魅力的なピュアボーイで、A.B.C‐Zの河合郁人も、メロメロだという。  このようなメンバーで、ユニバーサルミュージックとジャニーズ事務所が初タッグを組んだ新レーベル「Johnnys’ Universe」の第1号アーティストとなったKing&Prince。デビュー曲は発売初週で累計62万枚を売り上げ、シングルの週間売り上げトップを獲得している(ビルボード調べ)。グループ内格差を絆で乗り越えた彼らの高まる気運に終わりはない。(文/伊藤雅奈子)

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access