スベリル・グドナソン 関連記事

  • 映画『蜘蛛の巣を払う女』場面写真

    『蜘蛛の巣を払う女』北欧イケメン俳優が語る「今の時代にふさわしい物語」

    映 画

     映画『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』より、ジャーナリスト、ミカエルを演じる北欧イケメン俳優のスベリル・グドナソンのコメント映像が到着。本作を「今の時代にふさわしい物語」だと熱く語っている。@@cutter 本作は全世界で累計9000万部以上の売り上げを誇るスウェーデンのベストセラー・ミステリー『ミレニアム』シリーズを映像化。特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカー、リスベットが、犯罪組織の陰謀に迫る姿を描く。監督は映画『ドント・ブリーズ』の新鋭フェデ・アルバレス。ヒロインのリスベットをイギリスの実力派女優クレア・フォイ、リスベットの双子の姉妹カミラを映画『ブレードランナー 2049』のシルヴィア・フークスが演じる。  シリーズ前作でダニエル・クレイグが演じたミカエルを演じるスベリルは、1980年にテニス界で世界的な人気を誇ったビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの世紀の対決を描いた映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』で、“氷の男”ビヨン・ボルグ役を好演し、一躍注目を集めたイケメン俳優。今作でミカエルはリスベットと数年ぶりに再会し、彼女を助けるべく事件の背後に潜む謎、黒幕を暴くため奮闘する。  コメント映像で、スベリルは本作について「今の時代にふさわしい物語だし、世の中の情勢に沿ってる」とコメント。続けてヒロインのリスベットについて「主人公は悪を懲らしめる女性ヒーローだ。彼女は時代を牽引している」と称賛している。  また、コメント映像と共に届いたメイキング写真では、クレアがさまざまな場面でリスベット役を凛々しくクールに演じる姿が捉えられている。  映画『蜘蛛の巣を払う女』は全国公開中。

  • 長編監督デビュー作『Falling(原題)』で脚本・主演を務めるヴィゴ・モーテンセン

    『ロード・オブ・ザ・リング』ヴィゴ・モーテンセン、映画監督デビュー

    映 画

     映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアラゴルン役で知られる俳優ヴィゴ・モーテンセンが、息子と年老いていく父の関係を描く『Falling(原題)』という作品で、長編監督デビューを果たすことが明らかになった。@@cutter Varietyによると、ヴィゴが自ら脚本を執筆。メインキャラクターの1人を演じ、製作も務めるという。キャストはほかに、映画『ゲヘナ~死の行ける場所~』の俳優ランス・ヘンリクセンや、映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』の俳優スベリル・グドナソンが名を連ねる。  『Falling(原題)』でヴィゴが演じるのは、南カリフォルニアで同性のパートナーと、2人の養女と暮らす男性。ランスは家族のあり方に関して昔ながらの価値観を持つ農場主を演じるという。スベリルの役は伝えられていないが、ヴィゴ演じる男性のパートナー役である可能性が高い。  ストーリーはというと、父親が隠居する場所を捜す途中でロサンゼルスにいる息子家族のもとに来るが、そこで相容れない2つの世界が衝突することになるという。    撮影時期は不明。英ハンウェイ・フィルムズが海外配給を担当し、現地時間31日からアメリカン・フィルム・マーケットで配給権を販売するとのことだ。

  • 映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』場面写真

    色気あふれる肉体美!『ボルグ/マッケンロー』しびれる場面写真解禁

    映 画

     俳優のシャイア・ラブーフとスベリル・グドナソンが共演する映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』から、スベリルが色気あふれる肉体美を惜しげなく披露した場面写真が解禁された。@@cutter 2017年のトロント国際映画祭オープニングを飾った本作は、1980年のウィンブルドン決勝戦で5度目のタイトル獲得を目指す冷静沈着で美しき“氷の男”ビヨン・ボルグと、類まれなる才能を持ちながら短気で荒々しい“炎の男”ジョン・マッケンローが繰り広げた世紀の試合を映画化したもの。  希代の名テニスプレイヤー、ボルグに扮するのは、『ドラゴン・タトゥーの女』の続編となる『蜘蛛の巣を払う女』(2019年公開)に抜てきされたスベリル。“マシーン”と呼ばれたボルグの冷たく固いよろいの下に秘めた、周囲から理解されない孤高の存在であるがゆえの怒りと悲しみ、高みを目指すことへの飽くなき情熱を体現し、トロント国際映画祭で観客賞を受賞している。  そんなボルグのライバルとなるマッケンローを演じるのは、『トランスフォーマー』シリーズに出演するシャイア。メガホンを取ったのは『アルマジロ』のヤヌス・メッツ監督だ。  今回解禁された場面写真には、筋骨隆々の裸体でベッドに横たわり、もの憂げな様子を見せるボルグの姿が。スベリルはテニスの経験どころか、観戦したこともなかった状況から、トレーナーと一緒に毎日2時間テニスをプレーし、1日7回栄養面を気遣った食事を取るトレーニングを決行。半年を費やした結果、鍛え抜かれた肉体を作り上げることに成功したという。  また、シャワー室で悲痛な表情を浮かべ、裸のままで床に身を預けるボルグ、女性と向き合い、艶を浮かべた目で見つめるボルグの姿も併せて捉えられており、その肉体美と色気にしびれる内容となっている。    映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』は8月31日より全国順次公開。

  • 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』メインビジュアル

    『ボルグ/マッケンロー』対照的な二人を描く白熱の予告&場面カット公開

    映 画

     1980年にウィンブルドンで行われたテニスの伝説的な決勝戦を描いた映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』から、ショート予告と本ビジュアルが解禁。さらに、試合の様子を収めた場面写真が公開された。@@cutter 本作は、20歳でウィンブルドン初優勝を果たし、前人未到のウィンブルドン5連覇に挑むテニス界の王者・ボルグと、「悪童」と呼ばれる新星・マッケンローが、1980年のウィンブルドン決勝戦で繰り広げた3時間55分にも及ぶ対決試合を活写する。ボルグには、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズの最新作『蜘蛛の巣を払う女』に主演として抜擢されたスベリル・グドナソン、マッケンローには、『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフが扮する。  公開された予告では、天才と称されるボルグが「5連覇を逃せば忘れ去られる」と胸の内を吐露する場面からスタート。のしかかるプレッシャーで、浴室で胸を押さえながら倒れこむボルグの姿も描かれる。続いて、決勝相手のマッケンローが登場。「異議ありだ バカ野郎!」と審判に食ってかかり、会見会場では「俺だけのやり方で倒す」と取材記者たちにかみつく様子が映し出される。この対照的なふたりの違いが浮き彫りになる仕上がりとなった。  併せて公開された場面写真では、何もかも違うような二人が固く握手をかわす場面や、ガッツポーズをするボルグの姿などが確認できる。本ビジュアルには「人生のすべてを一打に叩き込め。」というキャッチコピーとともに、コンピューターのように冷静沈着な立ち振る舞いから“氷の男”と呼ばれたボルグの苦悩を抱えた淋し気な横顔と、怒りをむき出しにした表情の“炎の男”マッケンローの二人の対照的な姿が切り取られている。  映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』は8月31日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access